甘利明氏「自由民主主義か共産主義」に立憲民主党反論

今回の総選挙は、自由民主主義か、共産主義が初めて入ってくる政権下、そのどちらを選ぶのかという選択肢だと喝破したのは、自民党の甘利明幹事長です。この「自由民主主義対共産主義」という軸に対し、立憲民主党のツイッター・アカウントが、日本共産党との協力を「限定的な閣外協力だ」と反論するツイートを発しているようです。もしそうだとしたら、日本共産党に対しても大変失礼ですね。

自由民主主義vs共産主義

昨日の『衆議院解散で問われる有権者の見識は「最大野党選び」』では、自民党の甘利明幹事長による、こんな発言を紹介しました。

われわれの自由民主主義の思想で運営される政権と、共産主義が初めて入ってくる政権とどちらを選ぶのかという政権選択だ」。

発言の出所は、産経ニュースの次の記事です。

甘利幹事長、衆院選争点 「自由民主主義か、共産主義が入ってくる政権か」

―――2021/10/14 11:02付 産経ニュースより

甘利氏がいう「共産主義が入ってくる政権」とは、立憲民主党が日本共産党と「限定的な閣外協力」で合意していることをさします。

ただ、『連合新会長が立憲民主に「共産と閣外協力あり得ない」』でも触れたとおり、立憲民主党の支持基盤のひとつである、労組の中央組織である「日本労働組合総連合会」(連合)の芳野友子会長あたりは、こうした閣外協力について「あり得ない」としたうえで、選挙協力を巡っても、次のように牽制しています。

「(立憲民主党には)現場で混乱を来さないよう(=日本共産党が入り込まないよう)選対をコントロールしていただきたい」。

正直、そこまで言い切るなら、連合には立憲民主党にさっさと見切りをつけて、支持先を同じ旧民主党系の国民民主党などに乗り換える、くらいの決断をしてほしいものです(※ただし、彼らにそこまでの決断ができるかどうかは微妙ですが…)。

立憲民主党ツイッターからの反論

こうしたなか、甘利氏の発言に対しては、立憲民主党の公式ツイッター・アカウントで、こんな「反論」がなされたようです。

立憲民主党#変えよう

「自由民主主義か共産主義が入ってくる政権か」
違います。私たちは共産党とは連立を組むのではなく、限定的な閣外からの協力です。そもそも、今の自民党は自由民主主義なんでしょうか。私たちは、自衛隊は合憲という立場であり日米同盟を基軸とした現実的な外交を進めます。
―――2021年10月14日 18:10付 ツイッターより

これはこれで、なかなか強烈なツイートです。野党共闘を叫びながら、選挙後に日本共産党を切り捨て、次の選挙でまた日本共産党と組む、という意味でしょうか。

「限定的な閣外協力」とは、要するに、日本共産党に対しては「票だけ寄越せ」と言っているようなものでしょう。あまり日本共産党の肩を持つつもりもないのですが、協力相手である日本共産党に対し、大変に失礼なツイートです。

どうせなら「限定的な選挙協力」などと断言してしまえば良いのに、という気もしますね。

自衛隊は「違憲です」――日本共産党

さて、ついでに指摘しておくならば、日本共産党は自衛隊の存在を「違憲」と考えています。

香西かつ介 日本共産党衆議院東京3区(品川区、大田区、島嶼)予定候補

Q.自衛隊は合憲ですか?
A. 日本共産党としては違憲と考えます。同時にアジア情勢が平和になり国民大多数が「自衛隊なしでも大丈夫」という合意に達するまでは保持する立場です。したがって野党共闘の政権ができたら当面、自衛隊を容認するし、政府判断としては「合憲」の立場をとります
―――2021年10月15日 7:23付 ツイッターより

「アジア情勢が平和になり国民大多数が『自衛隊なしでも大丈夫』という合意」とありますが、志位和夫委員長自身が20年以上独裁している、実質的に民主主義を完全に否定している日本共産党のことですから、日本共産党が政権に入ったら、民主的な手続によらず自衛隊も廃止されるかもしれません。

さまざまな災害からの復旧支援、地下鉄サリン事件などのテロ活動での救援活動、最近だとコロナ禍における大規模ワクチン接種会場の設営など、自衛隊は私たち日本国民にとっては欠かすことができない組織だと考えている日本国民は多いのではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、個人的に今回の選挙で、政権交代が発生する可能性は高くないとは見ていますが、それと同時に、最大野党である立憲民主党にとっては、2017年の結党以来迎える2回目の総選挙でもあります(※厳密には現在の立憲民主党の「再結党」は2020年ですが…)。

個人的には、その立憲民主党と、「希望の党」の事実上の後継政党である国民民主党をあわせた獲得議席数が、前回、旧民進党系の諸勢力(立憲民主党、希望の党、旧民進党系の無所属議員など)が獲得した議席を上回るか下回るか、という点には注目したいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    変えよう。

    最大野党を。

  2. マスオ より:

    反論の公式ツイッターを読んで愕然とした。
    なぜ、連立でなく限定的な閣外からの協力だと、共産主義が入らないのか、書いていない。
    続く言葉「そもそも」の次がまた自民党批判で、「ダメだこりゃ」と強く思った次第です。
    笑えないし、説明する気ないな、と思う。

    1. マスオ より:

      自己レスです。

      ちょっと思いましたが、
      『連立でない=共産主義が入らない』
      って事だ!それくらい知っとけよ、当たり前だろ!!

      ってことかな。。。

    2. 匿名 より:

      積極的な政党支持者の票ではなく
      反自民の票を他の政党と取り合いしない方針だと理解していました。
      合理的な戦略ですが、とんでもない話です

      ラーメンに飽きたから違うもの選びたいのに
      それ以外の外食産業が経営統合して、キムチ丼しかない状況になったら
      またラーメン食べるか、普通に一食抜きますわ…

  3. トシ より:

    トヨタ労組が立憲民主党から離れたね

    これが自動車→電力→電機と続いていくことを期待する

    立憲は失ったものの重要性を理解できているのだろうか?

    1. F6F より:

      トシさん

      本当ですか!それは朗報ですね!
      これで愛知7区も自民党安泰だ!
      … 


      誰か維新か国民の候補者の方、いませんか…?

      1. 迷王星 より:

        投稿内容と関係のない質問で恐縮ですが,ハンドル名はグラマンのからですか?

        あれは姿形に関しては当時のグラマンの艦上戦闘機らしくドラム缶にプロペラと翼を付けたような形でスマートとは言い難かったけれど,高いレベルでバランスの取れた性能を有した名機でしたね.(そのグラマンが艦上戦闘機メーカーとして最後に行き着いたのが実戦配備された全ての艦上戦闘機の中で史上最もスタイリッシュという評価の高いF-14トムキャットというのも面白い)

        1. F6F より:

          迷王星様

          はい、そのグラマン「鉄工所」のモノです。世間の評判は余り芳しくない機体ですが、おっしゃる通り高いレベルでバランスの取れた名機だと思っています。

          飛行経験の少ないパイロットでも生還出来る頑丈な機体
          にも関わらず、翼面荷重も低く機敏な運動性
          「怒れる50キャリバー」6門の強力な武装

          何かの本で読みましたが、WW2の米軍エースパイロットの一人に選べるならどの機体で出撃したいか尋ねた所、P51でもP47でもなくF6Fを選んだとか。

  4. りょうちん より:

    地下鉄サリン事件はむしろ自衛隊の関与が小規模すぎて、警察と自衛隊の長年の対立感情が取り沙汰された感がありますね。普通の国ならあのテロは軍隊が主役。
    あれがなかったら、福島原発でも自衛隊の出動規模はもっと少なかったかも。

  5. 匿名 より:

    甘利さんの発言、立憲民主党には強烈なパンチでしたね。
    立憲民主党支持者の中には打倒自民といえど、共産党と協力することに拒否感示す人が意外と大勢いるんだよね。
    だから、よく共産党とは違うよ!という発言をよく聞く。

  6. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    過去にも似たこと言ってなかったか?
    天安門事件の時とか

  7. だんな より:

    今回の総選挙で自民党は、自民対立憲では無く、自民党対共産党の構図で戦うのが、正解だと思います。
    野党の公約が実現すると思っている人は、どれくらいいるんかな。

  8. がみ より:

    まぁ立憲民主党には心外かもしれません。

    自由民主主義か共産主義か

    の二択だと立憲民主党はどちらにも当てはまらず排除されますから。

    上の二択の他に

    「ルーツ外国が多い謎出自の自称マイノリティが他人・他党に文句言ったり責めたり暴言浴びせるだけの批判評論だけでギリギリ与党になることを避けつつ政党助成金や歳費でうはうは。仲間の市民や市民団体に利益廻して日本破壊や金蔓にする成り上がり現世利益自分の財布だけじゃぶじゃぶ金満主義とその亜流の中卒こっぱはげ」

    を加えてあげないと納得出来ないのは理解出来ないでもありません。

  9. 横浜憂国士 より:

    >Q.自衛隊は合憲ですか?
    >A. 日本共産党としては違憲と考えます。同時にアジア情勢が平和になり国民大多数が「自衛隊なしでも大丈夫」という合意に達するまでは保持する立場です。

    なら何故憲法改正反対なのか、香西某に聞いてほしいな。
    違憲でも認めるという方が、何で規制されているか分からずよっぽど危険なはず。

    もっとも香西某じゃなくて、長期独裁者が考えて屁理屈を言ってくるだろうけど。

  10. マサ より:

    反論のTwitterを見て何となく思ったのが、某元セクシー大臣と似ているなと。
    自分では上手いことを言っているつもりなのでしょうが、筋が通っていないので結局支離滅裂というか。
    某レジ袋さんから以前より感じていた違和感も、野党議員っぽいと思えばこれで解決しました。
    ありがとうございました(えっ)

  11. だんな より:

    加盟戦術なる物が、有るそうな。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/加入戦術
    >加入戦術(かにゅうせんじゅつ)とは、ある勢力が他団体に構成員を入会させ、その団体を思惑通りに変質させることによって効率良く勢力拡大しようとする目的で行われる組織戦術である。

    韓国では教会が、この手を良く使うらしいです。
    起源は、ウリナラニダの一つでしょう。

    1. 赤ずきん より:

      まさに 共産党の戦術に立憲民主党が陥ったことが もう少し時間が経てばwikiにも載りそうですね。

    2. クロワッサン より:

      枝野長期政権が志位超長期政権とダブって見えますねw

    3. F6F より:

      だんな様

      共産党が労働組合を乗っ取る時の常套手段ですね。

      終戦後解放された共産党がやったことがまずこれで、メディアの組合を支配下に入れたからメディアはおかしくなったんだ、と昔民放で人事労務に携わっていた知人が言っておりました。

  12. がみ より:

    また久しぶりにみたYahoo!ニュースのアンケートで選挙後の国会で一番期待したい論議の第一位に「モリカケサクラ」が七万人位投票していて大笑い…

    複数端末からの投票も含んで立憲民主党支持者は五万人くらい活動中なんだなと。
    野田中央公園や関西生コンや関西電力への「贈賄」や小田原城周辺土地転がしや熱海人工土砂災害は消したい黒歴史のクセに。

    立憲民主党のスローガンは「変」

  13. 元日本共産党員名無し より:

    オールドスクール日共党員であった私から思うのは甘利氏の議論は日共の中では【体制選択論】と言われた部類の議論です。
    だが今の日共は【自分はロートルと言う自覚】から「とても革命政党なんて有り得ない」と感じるのだろうが外部からはそうは思われて居ません。また立民のほとんどの皆さんは日共を利用しよう程度に思う派と、日共が共闘に入った事で自分達にソンぐらいに思う派とに深刻な分裂の危機を孕むのでは無いか?
    また、立民が日共と組むと言う事への危惧は、実は公明党と組む自民党にも当てはまると言う事も忘れてはなりません。日共の中では「自民には組織戦を戦う部隊が居ない。公明党に任せて居る間に更にその傾向が強まって居る」と言う話が広まって居ました。政策に明るい頭のキレる先生は自民に居るけれど今なぜ自民党なのか?を語れる人が少なく、また末端になればなるほどそうなって居ると思われて居ます。

  14. HNどうしよう より:

    >自由民主主義か共産主義

    枝野さんがいかなる条件で
    共産党と手打ちをしたかが
    全く聞こえてこない以上
    素人のこちらとしては
    政権奪取後の政権運営に
    共産党の協力を求め、
    共産党が賛意を示した以上
    この図式以外ありえませんわ。

    閣外協力って事は大臣ポストは
    要らないからその分口は挟むよ。
    ってコトでしょ?

  15. くろくま より:

    甘利さんは、事実を述べただけですね。
    しかし、ズッポっと相手の急所を突きました。
    お前はすでに死んでいる。うきゃー。
    どの位、団塊の方々に理解してもらえるかな。
    共産党は、皇室をつぶすでしょうね。これは絶対にさせてはいけません。日本が滅びます。
    青山さんが動画で懸念していたことが、幹事長発言に繋がったことは、とても良かったと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。