韓国左派メディア論考に見る「日韓関係の本質的変化」

途中の事実誤認は酷いが、結論的には同意できる箇所もある、不思議な論考

少し前から当ウェブサイトにて取り上げたいと思っている記事がありました。韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に木曜日掲載された、「日本が韓国を飼い馴らそうとしている」などとする記事です。主張自体、事実誤認もいくつか混じってはいるのですが、不思議と「結論部分」では同意できる部分もいくつかあるのです。

文在寅氏を歓待しよう!

文在寅氏は日本に来る?来ない?

先日の『菅総理、「文在寅氏来日なら「丁寧に対応」=記者会見』では、菅義偉総理大臣が緊急事態宣言に関する記者会見の場で、ジャパンタイムズの記者から文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領訪日の可能性について尋ねられた、とする話題を取り上げました。

該当する会見(※首相官邸ウェブサイト・7月8日付『新型コロナウイルス感染症に関する菅内閣総理大臣記者会見』参照)については、現時点で文字起こしがなされているため、その全文を紹介しておきたいと思います。

記者

ジャパンタイムズの杉山です。総理にお伺いします。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が五輪に合わせ訪日する意向だと一部で報道されていますが、総理として文大統領と日韓首脳会談を行いたいというお考えでしょうか。また、行うのであれば、何らかの前提条件を求めるのでしょうか。

菅義偉総理大臣

まず、開会式への韓国からの出席者については、まだ決定していない、こういうふうに承知しています。その上で申し上げれば、現在の日韓関係というのは、正に旧朝鮮半島出身の労働者問題、あるいは慰安婦問題などによって非常に厳しい状況にあるというふうに思っています。日韓両国のこうした懸案を解決するためには、やはり韓国が責任を持って対応していく、このことが重要だと思います。引き続き、韓国側に適切な対応を強く求めていくという立場に変わりはありません。ただ、その上で、訪日される場合は外交上丁寧に対応するということは、ここは当然のことだというふうに認識しています。

それって「慇懃無礼」ってことでは?

あくまで個人的印象ですが、菅総理の「外交上丁寧に対応」の部分については、「いかにも菅総理らしいなあ」、と感じました。

当ウェブサイトのコメント欄でも何人かの方が指摘されていましたが、「外交上は」丁寧に対応する、というのは、日本語でいうところの「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」という態度を連想してしまうからです。

「丁寧」が何を意味するのかはよくわかりません。

庶民派の文在寅氏を某有名チェーン店にお連れして、ビッグハンバーガー(仮)やナックマゲット(仮)、ハッピーセット(おもちゃつき)で歓待するのも、ある意味では「丁寧な対応」でしょう。

(※この記述を「冗談でしょう?」「あまりふざけないでよ」、などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような方にこそ、文在寅氏が現実に2017年12月、中国での「独りメシ」を楽しまれたというエピソードをぜひとも思い出していただきたいと思う次第です。)

あるいは、個人的に一押しでお勧めしたいのは、韓国が2013年9月、東京五輪決定直前に嫌がらせのように「輸入規制」を適用した、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県の水産物で歓待することです。

ここで、「海のない栃木県と群馬県が含まれているのはおかしいじゃないか」とのツッコミを入れたいという方もいらっしゃると思いますが、「ツッコミ」であれば当ウェブサイトに対してではなく、韓国政府に対してどうぞ、とだけ申し上げておきたいと思う次第です。

ハンギョレ新聞記事と日韓関係の変質

ハンギョレ新聞「日本は韓国を飼い馴らそうとしている」

さて、冗談はさておき、先日も少しだけ、記事タイトルのみを紹介したのが、韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に7月8日付で掲載された、次のような記事です。

「日本、韓国を飼い馴らそうと交渉拒否…“反日感情のせい”とは危険な診断」(1)

―――2021-07-08 08:39付 ハンギョレ新聞日本語版より

「日本、韓国を飼い馴らそうと交渉拒否…“反日感情のせい”とは危険な診断」(2)

―――2021-07-08 08:38付 ハンギョレ新聞日本語版より

ざっくり言えば、「日本が北東アジア秩序をめぐり『韓国を飼い馴らそう』としている」、という主張でしょう。

大変に残念ながら、初歩的な事実誤認も大変に多く、ここに書かれた内容をそのまま「是」とすることはなかなか難しい部分もあります。

ただ、それと同時に、韓国の「左派」の思考の一端に触れることができるという意味では、それなりに有益です。そういうわけで、読み方としては、事実認識の誤りの部分については「そうじゃないでしょう」とツッコミを入れつつも、どこか興味深い記述はないか、探してみる、というのが最も有益でしょう。

本稿では、この2本の記事のうち、おもに(1)に焦点を当て、韓国「左派」から見た日韓関係の終焉に関する認識をなぞってみたいと思います。

「アップグレードに失敗した韓日関係」

まずは、この記述です。

日本による韓国に対する半導体・ディスプレイ素材の輸出規制から7月1日で2年が過ぎた」。

日本が韓国に対する輸出「規制」を課した事実はありませんし、「半導体・ディスプレイ素材」と決めつけているあたりで、思考の硬直性を感じてしまう次第ですが、このあたりはべつにハンギョレ新聞だけの問題点ではありませんので、とりあえず無視しましょう。

記事はソウル大学日本研究所の「ナム・ギジョン教授」に対するインタビューで、ナム・ギジョン教授(※漢字名称が示されていないので、本稿ではこう表記します)は次のように指摘した、というものです。

韓日関係が大転換時代にふさわしいアップグレードに失敗し、日本が北東アジア秩序をめぐり『韓国を飼い馴らそう』としているのが原因。韓日関係は長期的な低強度の複合対立の時代を迎えた」。

このあたり、日本が韓国を「飼い馴らそうとしている」という指摘には同意しませんが、少なくとも日韓関係が複合的な対立関係にあるという点については、当ウェブサイトとしては全面的に同意します。

ナム・ギジョン教授の提案の要諦は、こうです(※なお、本稿では、意味を変えない範囲で、日本語表現については部分的に修正したうえで要約していることがあります)。

  • ①韓国が新たな国際秩序形成で主導的な役割を果たすにしても、中国との軍事的対決の最前線に立たないこと
  • ②朝鮮半島平和プロセスの再稼働の家庭で日本との戦略的な意思疎通を強化すること

そもそも、韓国が「新国際秩序形成」において「主導的な役割を果たす」とは思えませんが、「中国との対決を避ける」という主張が当然のように前提条件に入っている時点で、大変に興味深いと感じざるを得ません。

また、「日本との戦略的な意思疎通」云々の主張については、残念ながら、韓国人にはありがちな「日本が悪い」論に終始しているフシもありますが、ただ、逆にいえば、私たち日本の立場からすれば、韓国を国家戦略上、どう位置付けるべきかを知るうえで、間接的に有益でもります。

「日本に原因がある」論だが、主張は単純ではない

さて、このナム・ギジョン教授の「韓日関係のアップグレード」という発言は、「韓日関係がこれほど長きにわたり改善のきっかけを見出せないのは、何が原因か」とする質問に関連して出て来るものです。

現状としては、日本が『歴史問題』対立の技術的な解決策を受け入れられずにいることが原因だ」。

これは、いったいどういうことでしょうか。

ナム・ギジョン教授の指摘は、こうです。

2018年10月の韓国最高裁の強制動員賠償判決(※自称元徴用工判決のこと)と2015年の『12・28合意』(※日韓慰安婦合意のこと)以降、韓国は歴史的基本原則を損なわない程度に何度か提案を行っているが、日本は『1965年の韓日基本条約と請求権協定を揺るがすいかなるものも認めない』というひとつの立場のみを固守している」。

お言葉ですが、「1965年の日韓基本条約と請求権協定を揺るがすいかなるものも認めない」というのは、国家として当然の対応でしょう。韓国も日本と同様の「法の支配」を受け入れている国であれば、そもそもこの点に疑念をさしはさむこと自体が不自然です。

ただ、逆にいえば、こんな発言が出て来ること自体、ナム・ギジョン教授の論理が「近代法治国家」のそれとは無関係な場所にあることを示唆しています。先ほど申し上げた、「記事の主張にはおかしな点もあるが、結論的に参考になる部分もある」、というのは、そういう意味です。

要するに、「日本に原因がある」という議論ですが、その主張は決して単純ではない、ということです。

日本が韓国を「飼い馴らす」?はて、そうでしょうか?

ナム・ギジョン教授のお話は、こう続きます。

韓国最高裁の判決が履行されれば、日本の立場からは『1965年体制』が崩れると考えているのだ。多分に政治的な主張であり、歴史的な経緯や国際法の法理から見ても筋の通らない話だ」。

この発言のうち、韓国の勝手な理屈が述べられることが多い「歴史的経緯」とやらは脇に置くとして、「多分に政治的」、「国際法の法理から見て筋が通らない話」の指摘は、むしろ韓国大法院判決の方にこそ当てはまる話です。

つまり、この部分において齟齬が生じているため、どこまで行っても平行線、というわけです。

その意味では、大変、参考になります。

もっとも、ナム・ギジョン教授は「日本がそのような主張を掲げて交渉しようとしないことが今の最大の問題だ」としたうえで、次のように主張します。

日本がこのような『神経戦』を繰り広げるのは、韓国を『飼い馴らそうとしている』からだと考えられる。日本の北東アジアの秩序認識と構想に韓国が従うことを要求しているのだ」。

はて、そうですかね?

そもそも、日韓の平行線が行き着く果ては、韓国が「国際的な条約を反故にする判決を放置する国である」という事実でしょう。

事実、『深まる日台関係:5月の合計貿易高も「台湾>韓国」に』や『日本の金融機関、香港と韓国への与信額が減少傾向に』などでも述べたとおり、すでに日本企業はジワリと「脱韓国」の動きを強めています。

当ウェブサイトに言わせれば、日本が掲げているのは「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」という構想であり、「北東アジアの秩序認識と構想」など掲げていませんし、ましてや韓国に対し、FOIPを受け入れるように要求しているという事実すらありません。

おそらく日本がやろうとしていることは、「国際的な法秩序に従った国の優遇」と、「そうではない国に対する優遇措置の撤廃」だと思うのです。

日韓新時代

「朝鮮半島平和プロセス」vs「FOIP」

ただし、ナム・ギジョン教授の考え方は、結果的には当ウェブサイトとして、かなりの範囲、同意できる部分もあります。

地政学的な大変動の中で、日本の構想が朝鮮半島平和プロセスによってゆがめられている状態である」。

この記述、「日本の」を「日米の」に言い換えれば、まったくそのとおりです。

地政学的に、日米が中国との対決を選びつつあるなか、自由・民主主義陣営の国でありながらかたくなにFOIPにコミットしない、あるいは表面的にコミットしたふりをしながら頑なに中国や北朝鮮に配慮する姿勢は、日米のFOIP構想の円滑な推進を歪めているといえます。

韓国が「歴史認識」を理由に、かたくなに国際法を守ろうとしないのも、結局は韓国が「国際法を守る国なのかどうか」という「価値観」の問題でもある、というわけです。

ナム・ギジョン教授は、こう述べます。

現在の対立は歴史的な淵源が深く、地政学的にも広い」。

くどいようですが、この部分に関しても、結論的にはほぼ完全に同意します。

いや、「歴史対立」というよりも「基本的価値の対立」――、すなわち、「日米英豪」などの「海洋勢力」と「中露朝」などの「大陸勢力」の対立、とみるべきだと思うのです。

さすがハンギョレ新聞、見ている角度は異なれど、結論的には正しい部分もある、ということです。

左派から見ても「文在寅氏が日韓関係を壊した」

さて、ナム・ギジョン教授は日韓関係の問題の原因について、こう述べます。

原則論的に言うならば、問題の原因は日本の植民地支配にあり、日本が解決すべき問題だ」。

これも、普通に読めば、「聞き捨てならない発言」であることは間違いありません。

ただ、先ほど申し上げたとおり、ナム・ギジョン教授の発言自体、明らかに日本と立場が相容れないものであるため、「ナム・ギジョン教授なりの論理体系」を読む「前提条件」と位置付けるのが正解でしょう。

そして、なぜナム・ギジョン教授がこのように述べたのかといえば、それは韓国政府を批判するためです。

にもかかわらず韓国政府は、与えられた条件の中で切り得るカードを切ってきた。それをもって交渉を行うべき状況にあって、日本は交渉しないと言っている。果たして誰に問題があるのか」。

この記述、じつは当ウェブサイトのごとき「日本側の主張」を裏側から見たものでもあります。

当ウェブサイトではこれまで、「韓国政府が国際法を尊重すると述べながら、何ら具体的な解決策を出してこないこと」を批判してきたつもりですが、ナム・ギジョン教授の批判は、「歴史問題という日本が解決すべき問題に韓国が下手に関わってきたこと」に向けられているのです。

興味深いですね。

そして、こうした認識がさらに強調されているのが、「文在寅政権の対日外交」に対する批判です。いわば、「日韓関係を壊したのは文在寅氏だ」、と述べているようなものだからです。

ナム・ギジョン教授は日韓慰安婦合意が「朴槿恵(ぼく・きんけい)政権下の『ワントラック戦略』がもたらした失敗作」と舌鋒鋭く批判したうえで、文在寅政権初期の「ツートラック戦略」が「それなりの成果も収めた」と指摘。

2019年の「輸出『規制』」により「日本がワントラックを打ち出したこと」で、自称元徴用工問題を「」進展させるタイミングを逃した」、としているのです。

この点についても、当ウェブサイトとしては全面的にではありませんが、ある程度は同意します。

日本は外交交渉に応じようとしていた?

ここで、そもそも思い出しておきたいのは、自称元徴用工判決問題について、日本政府が2019年1月、韓国政府に対して日韓請求権協定(第3条1)に従った外交的協議を呼び掛けていたという事実です。

このことは、日本政府がその時点においては韓国との何らかの外交的交渉で問題を解決しようとしていたという証拠であり、そのときに韓国側が日本の協議の呼びかけに応じていれば、もしかしたら展開は異なっていたかもしれません(日本国民の1人としては、考えたくもありませんが)。

もっとも、時期的に見れば、2018年12月に石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で発生した、韓国海軍駆逐艦による自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件のため、日韓関係がかなり険悪化していたことも否定できません。

結論的に言えば、日韓関係がここまでこじれたのは、文在寅政権の無為無策だった、という点に関しては、同意せざるを得ない、というわけです。

日韓関係はどこに行く

さて、日韓関係は、どこに行くのか。

ナム・ギジョン教授は、こう指摘します。

輸出規制後に明らかになったのは、日本との緊密な経済・安保協力が必須ではなくなったということだ」。

なかなか興味深い主張です。

少なくとも韓国の半導体産業にとって、日本の半導体製造装置等は欠かせないデバイスであり、「日本の緊密な協力が必要ではない」という主張自体は統計的事実に反しますが、結論的にいえば、日韓がかつてのような蜜月関係からは脱していく、との見方でもあります。

ただ、韓国側の事実誤認よりも重要なのは、韓国側でも一種の「日韓断交論」のようなものが出てきた、という点ではないかと思います。

日本外交が「基本的価値」を共有する国との連携を強める方向に明確に舵を切ったいま、韓国の側も、日本や自由主義国家・海洋国家ではなく、中露朝などの「大陸国家」としての道を歩まざるを得なくなるのだとしたら、歴史のダイナミズムとして、まさに知的好奇心をそそられるテーマです。

その意味では、コリア・ウォッチングはジャパン・ウォッチングでもある、ということなのだと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ラスタ より:

     ムンさんがどうしてもと押しかけてくるなら。
     それなりに入国の際の隔離期間どうするとか警備体制とか、観光客扱いってわけにはいきませんから、多少は丁寧にしなきゃいけないとは思います。

     あと、飼いならすとか何とかって話。
     飼われているとやっと気付いただけでも、彼らにとっては画期的な成長でないでしょうか。

  2. ジロウ より:

    会計士様
    更新ありがとうございます。本当に不思議に思うのは、輸出管理強化よりずっと前から日本は対話での解決を促していて、全く応じなかったのに、最近になって対話をとうるさいのですが、これは完全に前の事を忘れているのか、覚えていてとぼけているのか?日本人には恥という文化があるので、全く理解できません。韓国を『飼い馴らそうとしている』ってのも、仔犬ならまだしも、犬ではなく性格のねじ曲がった他の動物なのに、そんなの無理だと思います。馴れたフリして、隙を見て噛みつくだけですね。距離を置くのがベストだと思います。

    1. 匿名 より:

      これは毎回毎回「日本は請求権協定により解決を呼びかけてきたが韓国側がこれにも応じていない」と繰り返さないことにも問題がありますね。

    2. だんな より:

      ジロウさま
      韓国は、対話などせずに日本が韓国の主張を受け入れるべきと考えていたから、協定における対話に応じなかったんだと思います。
      今は、アメリカから日韓関係を改善しろと言われて、仕方無く対話しろと言ってるんだと思います。

      1. ジロウ より:

        だんな様
        おっしゃるとおりですね。隣国は自称道徳的優位で、某赤字新聞に言わせると、兄の国らしいですから。今の政府の対応でいいと思いますが、日韓議連とか邪魔しないか心配です。よく見張っておかないと。

  3. 農民 より:

    ナム教授のありがたいお言葉の三行要約
     時代の変化についていけない。
     下位者の日本が上位者の韓国を法なんぞで飼いならそうなどと許せない。
     韓国にはカードがない。

     クレジットカードはいっぱい発行してて家計負債はすごいのにね。

  4. だんな より:

    「韓国を飼い馴らそう」としているは、「上下関係、主従関係で上に立とうとしている」と理解すると分かりやすいと思います。
    韓国は以前から「道徳的に韓国は日本の上である」というベースの基に反日をしてきました。
    当然日本が受け入れるべき事を拒否し、輸出規制をする事は、韓国という主人に日本が逆らっていると考えているのです。
    彼らの価値観では、南北関係や中韓関係の様に上下関係が安定している状態で、争いは起こりません。
    日韓関係の上下が変化する可能性について、争いが起こっていると考えているのです。
    元々日本人は、韓国を上下関係で考えることも無く、日本が韓国の下と考える人は、普通の日本人の価値観では有りません。
    この記事は「日本は韓国を飼い慣らそうとしても無駄である」=「日韓の上下関係を変更しようとしても無駄である」と、韓国の価値観で日本に対して「今まで通り韓国に従え」と言ってる記事だという事です。

    >「輸出規制後に明らかになったのは、日本との緊密な経済・安保協力が必須ではなくなったということだ」。
    事実に関係無い「韓国の真実」による現状認識です。新宿会計士さんの「韓国が無くても心配無い」という主張を合わせると、日韓両国とも相手国の価値が低下している部分の認識が、共通しています。
    日韓関係における、日本の事実による認識と韓国の真実による認識は、結論だけ見ると良く一致します。例えば、お互いが「相手は約束を守らない」、「相手が悪い」、「相手は滅びる」、「日韓は断交すべき」など、多くの事で相手と同じ結論を共有している事です。

    現実社会で事実に基づいている価値観と、真実に基づいている価値観が対立して、今後の日韓がどうなるかという視点で観察する事も重要だと思います。
    「歴史を忘れた民族に未来は無い」は、事実かどうかも分かると思います。

    1. ムッシュ林 より:

      この手の記事を読むたびに、韓国は事実を事実として認識できない、自国に都合の良い身勝手な価値観でしか物事を捉えることができないため、どこまでいっても韓国との議論は平行線にしかならないということを再認識せざるを得ませんね。

      1. だんな より:

        ムッシュ林 さま
        >韓国は事実を事実として認識できない

        韓国社会が、事実に価値が無い構造になっているから、必要無いのでしょう。

        1. 匿名希望の平民 より:

          だんな様

          韓国人「ウリの辞書には、真実という言葉はないニダ!」

  5. sey g より:

    日本が韓国に対して、国際法というオリの中にハウスと命じてるとみたら、飼いならそうと見えなくも無い。
    そして、オリに入らないとエサをやらんぞとも言ってるので、まさに調教。
    ただ、これは韓国側の勘違いで 1945年に日本は半島の飼い主をやめたんで、オリの中に入ったとしてもエサをやる義務は無いのです。
    だから、この教授はいつまで飼い犬の気分でいるんだろう。
    日本は韓国が国際法を守ったとしても、エサなんてあげないのに。
    エサを貰えると思うところが韓国脳。

    1. 埼玉県民 より:

      set g様 こんにちは
      皆さん同じような事を考えますね。
      昔投稿した犬の楽園という記事を思い出しました。
      よろしければご一読ください。
      https://shinjukuacc.com/20190821-05/

      1. 埼玉県民 より:

        sey g様 ミスタイプ失礼しました。

      2. 匿名 より:

        あはは、なつかしい。
        百田さんが現役(笑)

      3. sey g より:

        埼玉県民様

        面白かったです。
        自分は飼い慣らすという教授の言葉から思いつきました。

        自分のも埼玉県民様のもそうですが、半島の事を知ってる人間からしたら、納得出来るのですが、知らない人間に通じるのか心配です。

        でも、上手いこと書けてるなと思います。

    2. 海コン より:

      かの国は狂犬病の清浄国でさえもないので、「ハウス」と外国語で言っても聞かないかと(理解しない)。

      でも、これからも長くお付き合いさせていただくには、何かメリットが日本にあるのでしょうか?
      安全保障だけのような。

      失礼しました

      1. 赤ずきん より:

        安全保障だけでも意味はあるかと思いますが 現状は裏切り者で 安全保障上もマイナスと思えます。ただアメリカは 完全に敵方にいかないことに 意味を見出していそうですが。

      2. sey g より:

        海コン様

        日本は国際法のオリに入れようとは思ってないです。
        ただ、韓国からみたら、日本がオリに入れようとしていると見えるたけです。
        韓国が国際法を守ったとしても、守らなかったとしても、日本は害獣駆除の行動をやめないでしょう。

    3. 匿名2 より:

      >1945年に日本は半島の飼い主をやめたんで、オリの中に入ったとしてもエサをやる義務は無いのです。
      だから、この教授はいつまで飼い犬の気分でいるんだろう。
      日本は韓国が国際法を守ったとしても、エサなんてあげないのに。
      エサを貰えると思うところが韓国脳。

      メチャクチャ正鵠を得たご意見ですね。
      そもそも、今の飼い主であるアメリカ(北の場合はロシア)になぜエサを求めようとしないのか疑問です。(念願かなって飼い主交代できたのに)

      思うに、彼らにとっては歴史問題は日本にコミットしてゆく(というか甘える)ための大切な絆なのでしょう。

      しかし、一方、日本の方は、半島とはもうなるべく関わりたくないというのが基本スタンスと思えます。特に最近は世代も変わり、その傾向が著しい。見方によれば、慰安婦問題日韓合意もそうですし、日韓基本条約だって裏の顔にはその意図も多少は見えなくもありません。

      あと、彼らがことあるごとに日米に盾のごとく使用する、韓国の地政学的な立場ですが、時代は変わっていますからね。たとえば、深谷、瀬谷の米軍通信基地なんか、技術が発展してきた近年、もういらなくなったようですし。

      1. sey g より:

        匿名2様

        褒めて頂き光栄です。

        自分でも、久しぶりに上手いこと言えたなと思ってた箇所なので、とても嬉しいです。

  6. Naga より:

    「飼い慣らそうとしている」と言うような認識が出てくるのは、韓国が日本を飼い慣らしているつもりだったから(自分がやっていることは他人もやる)出ないでしょうか?

    1. 徳明 より:

      Nagaさま

      私も同じように思ってます。
      相手を飼いならそうとしているのは「オマエ」じゃん、って。

      分析しきれていないのですが、あいつらは、とにかく日本人が思っているツッコミのポイントをオウム返しで言ってくることが多く、この発言も同類でしょう。

      例えば、最近でも「首脳会談をしたがってるのは日本の方だ」とか、「輸出規制で困っているのは日本」とか、はては「日本は韓国に憧れている」まで、日本からすると逆だろ??? と思うことを平気で主張してきます。そして日本では「おま言う」案件として、ますます嫌悪感を募らせる結果になるという好循環(笑)。

      一つ言えるのは、この発言も他と同様に向こうの国内向けに出されたもので、要するに悪いのは日本で自分たちは悪くない、さらにその悪い日本と対峙している(可哀そうな)K政府およびムン災害小酋長、という構図を向こうの国民に示し、刷り込みをするのに「オウム返し」は効果的だとヤツらは考えているのではないかと推測しています。
      あとは、こちらの本音をひっくり返してズバリと突くことで、こちらの気勢を制する効果を期待しているのかもしれません。
      そして、ちょっと調べればウソだと分かることでも、簡単に信じ込まされる実にイージーな国民の責任も決して小さくはないと思います。

      いずれにしても、こういうヤツらの悪辣で不誠実で浅薄な手口が理解されると、かつてのような効果は発揮しないので、今後はどんどん苦しくなっていくんじゃないでしょうかね。

  7. G より:

    日本は韓国を飼い慣らそうとしている。

    その通りだと思います。「日本は」の直後に「アメリカや中国のように」という言葉を付け加えればより正確ですね。
    要するに韓国という国は頭ごなしに叱って飼い慣らすことでしか外交が成立しない国なんです。普通に特に何もしなくても条約や取り決めを守ってくれる普通の国ではないのです。ハンギョレの記事はそんな自己紹介だったということですね。

    正直、先進国だ途上国だという差ではありません。途上国、最貧国でも約束を守れる国はたくさんあります。超大国でも敢えて約束を破って他国に派兵をすることはあります。ただ、約束を破る意味はわかっています。ただ世界で2カ国、実質的には1つの集団だけ、約束の意味を理解しない国がある。そんな感じでしょうね。

    まあ、まだたどたどしいですが、「飼い慣らし」への道はようやく始まったばかりです。
    「飼い慣らし」というと、どうしても飼い犬や動物園での動物の飼育なんかをイメージします。もちろん違います。どっちかというと里に出てくるようになってしまった熊をなんとか山に追い返そうというイメージでしょうか。

  8. 匿名 より:

    丁寧に対応に「外交上は」と制限をつけるどころか、丁寧に対応をさせていただきます、と言う事自体日本人的にはすごく思惑がありそうで失礼なことのように感じるけど、韓国人は平気なのかな?普段は勝手にありもしない行間を読み取るくせに、こういう日本からのメッセージはきちんと伝わっている気がしない。

  9. めがねのおやじ より:

    なんとも悲しく哀れで自己中な、韓国人らしいお考えのナム教授ですね。長年、日韓問題を専門にやられた方でさえ、この程度の認識ではまったく日本とは話が噛み合わないです。

    2015年の12・28合意を文政権が反故にしたのはお忘れか?日本が1965年の日韓基本条約と請求権協定を守る、というのは基本中の基本で当然だろう。これが破られている今の状態は国交断絶迄、あと首の皮一枚です。

    徴用工最高裁判決も同じだ。そこを菅総理も「まずは韓国側から謝罪と対応策を持って来い」とクドく、何回も言ってるわけです。

    最高裁徴用工判決が履行されれば、『歴史的な経緯や国際法の法理から見ても筋の通らない話』なのは、ナム教授、日本では無く韓国ですよ。

    日本が韓国を『飼い馴らそうとしている』のは、多分過去にはあった話。それも日本だけで無く日米だ。日米韓の3か国同盟として、中国の侵食を阻もうとした。今はその方針は日米共に無いが。

    韓国は置かれた立場も見失い、G7に下衆人(ゲスト)で呼ばれたりして『もはや大国』という自惚れ、自己評価アゲアゲが止まらないのでしょう。

    しかし半島などというちっぽけな地勢学では無く、「日米英豪」などの海洋勢力・自由民主主義国側に付くのか、「中露朝」などの大陸勢力・独裁国・不自由共産主義国メンバーに入るのか、国家の体型をもう一度考えて見よ。どちらにも付かず、良い所取りは双方から信頼されない国になる。それが今の南朝鮮だ。

  10. お虎 より:

    原題に提示されたJT記者とのやりとりを読む限り、菅さんの答弁はしごく真っ当なもの。

    韓国で、過去60年にわたって愚民化政策が続けられ、それこそ保守派も親北派もこの点では一致してやってきたのだが、そうしているうちに愚民の程度が手を付けられないほど進み、くわえて指導層に至るまで愚色に染まってしまった、としか言いようのない惨状を呈している。

    北朝鮮が、秋の収穫前の食糧危機に直面しているらしいが、中国が食料の輸出を再開しても国際社会は沈黙している。国連による制裁対象国ではあるが、2000万人が飢餓に直面している以上、仕方がなかろう。
    アメリカと中国との実務者対話が始まったようだが、当然ながらその内容は伝わってこない。ということは、かなり重要な内容を含む実質的なもの・と思われるが、以後は推測で記述を進めるしかない。
    ただし推測するだけではおもしろくないから、多少なりともこれまでの援助というものを再確認しておこう。
    6年に及ぶアメリカを中心とする占領軍の日本支配は、近現代史でまれにみる成功だった。明治以降の日本の政策をおおざっぱに見れば、近代軍備を行うための経済開発であったし、教育や福祉制度もそのための従属的な量にとどまっていた。20世紀以降は軍事費が国家予算の半分を占めることが常態化していたから、第一次大戦特需のような時期をのぞけば、誰が首相になろうとまともな政策実施はむずかしかっただろう。
    アメリカからの援助は大半が有償だったのだが、巨大な軍部が消滅したことで日本社会にのしかかっていた氷河が一気に溶けたような状況が生まれ、朝鮮戦争という特需に加えて冷戦という、日本にとって追い風が吹き続けたとみることができる。その追い風が消えて以降は30年ちかい沈滞期ということになるが、為政者たちは「なんとか改革、かんとか改革」というような呪文を唱え続けて巨額の予算をつぎ込んできたのだが、「美しい日本」をつくることには効果を発揮しつつも経済成長という点では落第生ということを認識するほうがいい。社会というものが人とカネとで成立している・と簡略化すれば、人のほうは増殖せずとも日本国内に踏みとどまっているが、カネのほうはとっくに外国に飛び出してしまい、その配当を加算することでどうにかメシを食っている社会である。だからカネは慎重に使わなければならず、カネが尽きると人が出て行ってしまうことは、ロシアをみるとよくわかる。かの国では1.4億人の国民のうち、実に1000万人(特に高学歴の若い層を中心に)が国外で生活する「ロ僑」になってしまっている。

    前振りをちらっと書いたところで、日本と韓国・北朝鮮のあたりに戻ろう。
    北朝鮮というのは、巨大な軍部が国民にのしかかっている社会である。経済発展と国民福利を実現するには、その軍部を縮小するのが必須だが、不幸なことに北朝鮮にはGHQがいないから、構造改革ができないでいる。友邦である中国としても、北朝鮮が正しく発展すると将来の禍根になりうることを知っているから、今年のような状況になると2000万人が2か月食えるだけの食料を売るにとどめる。
    金王朝も心得たもので、韓国に頭を下げたりすれば自らの存在意義が消えることを知っているから、その援助を断り、協議施設を爆破するのは存在を示す重要なパフォーマンスであるから、ネタに尽きると使用期限が近づいた大型ロケット弾を発射したり、国境の島に砲撃したりもする。

    であれば、韓国は今後どうするのか。これまで60年間、「反日」をキーワードに国民を統合してきたが、その施策の効果が薄れるとなれば、それにかわる国家指針を見出さなくてはならないけれども、容易ならざるレベルにまで愚民化が進んでしまっているのみならず、日本ほどではないにせよ資本が外国へ移動しはじめ、ロシアほどではないにせよ人が流出し続けている。けれどもどうするのかは韓国自身が考えることであって、わが国としては韓国からの収益を肥大化することに集中するのが良いのだろう。「関わらず」というような意見もあるけれども、現実にはあり得ないし無理がある。

    わが国もけして楽観できる状況にはないけれども、オリンピックが終われば国や自治体による制約がゆるむ。当然、いろんな不幸のかたちが顕在化するのだが、その際にだれがどんなことを叫ぶのかをよくみて総選挙を迎えるのがいいと思う。その場限りのここちよさげな虚言や、心情にささやきかけるような甘言は、ほとんどの場合、よろしからぬことなのだと知っておきたいものだ。

  11. 名無しさん より:

    >「韓日関係が大転換時代にふさわしいアップグレードに失敗し、日本が北東アジア秩序をめぐり『韓国を飼い馴らそう』としているのが原因。韓日関係は長期的な低強度の複合対立の時代を迎えた」
    「大転換時代」とは何で「日本が意図した日韓関係のアップグレード」とは何で、「韓国側が意図した日韓関係のアップグレード」とは如何なるものであったのか?素朴にそこが知りたいです。韓国の唱える大転換時代がその肝心の部分なんですが、「力による現状の変更」を中共ばかりでなく韓国も志向して居ます。ザックリ言うと「今の韓国は昔の韓国と違うぞ!昔は(非力な韓国が)力関係のせいで(今ある日韓関係に)心ならずも同意したが韓国は経済成長(も軍事力の成長も)した今となっては従来のルールに囚われる事は不合理。日本に優越した韓国の力量に相応しい日韓関係にアップグレードするべき」と言う話になって居るのでは無いか?或いはここに中共の「崛起」が絡むのか?(韓国では永遠の「上国」である天朝中原の覇者が経済成長や軍拡やそれに伴って覇権主義を振りかざす事は性悪の帝国主義では無く「中国崛起」と言う雅語で呼ばれて居ます)。これと「上手く対処する韓国」と「飽くまで中共天朝サマに刃向かう浅はかな逆賊日本」とのコントラストと映って居るのかも知れません。更には北朝鮮も絡めて(略)。兎に角韓国が志向して居る今後も土砂降り輸出一辺倒の経済発展とそれに伴う日本を実質で追い越す国防予算や、離米従中、親北朝鮮を正しい事、「新型のアップグレードされた世界の状況」とするならば、勿論日本はそれに乗る事を潔しとせず、アップグレードに失敗して日韓間の長期的な噛み合わない関係になって居る。
    だがここではもはや「韓国から手を差し伸べて」日韓関係をアップグレードする必要はない訳で、英明なご判断により賢明な路線を歩んで居られる韓国としてはそろそろ見下げ果てた日本を見限って助ける事は止めるべき、とノドまで出かかって居る。しかし文在寅さんはそうして居ない。なのでハンギョレは「それ」はイチジクの葉で隠して言わない。だがこの「韓国大丈夫論」からは辻褄の合わない「酔狂な殿のお振舞い」こそがリアルな経済実態と韓国の立ち位置なのです。韓国大丈夫論からは「惑星の奇妙な軌道」の様に解せないこの振舞い。
    日本に引き続き先端部材を韓国の望むまま輸出して貰ってそれを活かして日本の丸パクリで整えた輸出産業を回して、今後も土砂降り輸出をし、為替操作でどんなに土砂降り輸出をしても韓ウォンが高くならない様に(でも暴落もしない様に)抑えて行く。それしか生きて行けない。天動説をひっくり返せば惑星はシンプルな軌道を運行しているのです。

    1. より:

      > 「韓国側が意図した日韓関係のアップグレード」

      ごく簡単に説明すれば、おそらく以下のようなことでしょう。

      以前:
      理念としては、「韓国が上、日本が下」という点には揺るぎはないが、現実問題として国力に大きな差が(不当にも)あるらしいので、不本意ではあるが、上位者としての振る舞いをある程度抑制せざるを得ない。(注)

      現在:
      理念は当然そのままだが、今や韓国は大きく発展し、国力でも日本と同等、もしくは凌駕するに至った。ならば、日韓関係も、本来の「あるべき姿」に修正しなければならない。

      なお、韓国人が嘘吐きなのは昔から変わりませんが、特にこの10年ほど、日本相手のみならず、他国に対しても約束や合意を守ろうとはしなくなったのは、韓国の肥大しきった自己認識に由来します。
      元々、韓国では約束は守るものではなく、(下位者が)守らされるものです。上位者は約束になど拘束されず、いつでも反故にできます。上位者が約束を”守ってやる”というのは、
      下位者に対する恩恵なのであり、下位者は感涙に咽んでますます「徳」を慕うべきなのです。なにしろ、今や韓国は(米中を除いて)上位者になったのだから、約束などいくらでも反故にできるし、たまさか”守ってやる”場合には、対価を要求して当然だとなります。

      (注)
      このように、「本来自分のものであるはずだったモノが、不当に抑圧されている、または剥奪されている」と感じられた際に持つ感情が「恨」です。けして怨念の意味ではありません。ゆえに、「恨」は晴らされるものではなく、解きほぐされるべきものなのです。
      従って、韓国の目論む「日韓関係のアップグレード」とは、「恨」を解きほぐそうとするものであると言い換えることが可能です。

    2. はにわファクトリー より:

      冷静至極な分析が続いているところに脇道へ逸れさせるようで申し訳ないのですが、インドにも言及させてください。韓国の虚構性と虚言性を見抜いているらしいのです。
      それで戦略、もしくは彼ら流の躾、とは、おだてるふりをして出資させたり、社会貢献だか住民賠償だか見分けがつかないような出費をさせたりする。日本企業だって程度の差はあれたいがい同じ目に遭ってきたわけでもありますし。

  12. iwamurasta より:

    >コリア・ウォッチングはジャパン・ウォッチングでもある
    同意します。朝鮮半島を見ることで、日本が以前より良くわかるようになった気がします。加えて、地政学的に、中国、香港、台湾、フィリピン、モンゴル、ロシア、東南アジアなど周辺国や当然アメリカについても同様に思います(あくまで私なりの感覚ですが)。
    さらに韓国は、常に自分の予想のナナメ上を行きますのから、思考訓練の教材としてなかなか優れていると感じております。サイト主さま及びこちらの古参方のように、ピタリと今後の韓国の動きを当ててしまうようなヲチャーになるには、私はまだまだ時間がかかりそうです。

  13. taku より:

    「飼いならそうとしている」という表現は妥当ではありません(この教授は必要以上の韓国民の反発を期待している)が、「加害者と被害者の関係は永遠」「合意よりも(自分たちが考える)正邪が優先」といった韓国民の考え方を、変えてもらいたい、変えなければまともな付き合いは出来ない、と菅政権が考えていることは、その通りでしょうね。そして、一部の知識人(未だにかっての占領国は譲るべきと考えている)を除く日本国民の多数派も、同じ考えだと思います。そして「輸出規制後に明らかになったのは、日本との緊密な経済・安保協力が必須ではなくなったということだ」というのは、この教授も単なる希望的観測ですね。日本が警告の意味にとどめ、規制の度合いを緩めた結果、韓国へのマイナス影響が当初想定されたものよりうんと小さくてすんだということを理解していない(理解したくない)ということでしょう。2ケ国関係の悪化は、当然双方にマイナス影響を及ぼします。しかしながらこれまた当然ですが、経済規模の小さい国の方がマイナスは大きい(麻生財務相も言っていました)。従って、日本であれば、対米、対中関係は、それなりに気を遣いながらやる。韓国も、対米、対中はそうしているのですが、日本に対してだけは、過去の経緯(日本が譲ってきた)、韓国民の対日感情から、国力対比不相応な対応に出ている。ここも気づいてしかるべき。要は正邪とかではなく、国益をきちんと考えて、判断して欲しい(真っ当な、普通の国になって欲しい)と思います。FOIPについては、韓国の参加はベターではありますが、マストではないと思います。そこに韓国を巻き込むために、日本が韓国を飼いならそうとしている=必要以上に韓国に厳しくあたっている、という解釈は、的をはずしていると思います。

    1. PONPON より:

      taku様

      >従って、日本であれば、対米、対中関係は、それなりに気を遣いながらやる。韓国も、対米、対中はそうしているのですが、日本に対してだけは、過去の経緯(日本が譲ってきた)

      その通りですね、それが韓国を勘違いさせ、増長させ、いびつな日韓関係の原因となりました、過去の日本政府に多大な責任があるかと思いますが。。
      そういった過去の過ちを反省し、態度を改めたのが安倍前首相から今に至る政府です。

      ハンギョレは色々分析していますが、日韓関係の悪化は上記理由にすぎません、単にそれだけです。それ以上でもそれ未満でもありません。

      1. taku より:

        ponpon様
        返信ありがとうございます。「過去の日本政府に多大な責任がある」はその通りですが、日本国民の多数が、韓国の対応は、加害者は忘れるが被害者は忘れない(戊辰戦争の会津藩の長州藩への意識)のようなものかとか、韓国も今は貧しいから怒っているが豊かになれば独仏のように和解できるだろうとか、勘違いしていたのです。好意で与えていたことも、長年続けば相手側は当然の権利と言い出す、ことに日本国民の多数が気づかなかったことが最大の原因だと思っています。一部の知識人と称される人たちは、未だにそのことを理解していません。安倍-菅政権の対応は正しいと思います。

  14. カズ より:

    (ハンギョレの記事より)
    >日本が韓国を「飼い馴らそうとしている」
    ???
    それはあなた達がしたいことです。
    自国が中国から繰り出された大国の振る舞いを日本に踏襲したい韓国。
    *中国から繰り出された「劇・漢方療法(THAAD報復)」を、日本に対して踏襲した「劇・韓方療法(no japan)」の効果は今ひとつだったみたいですね。

    >徐々に体質を改善していく「韓方療法」を韓日関係において試みる
    ???
    今さら欲張りすぎたから、こまめの”おかわり”に戻そうってことなのかな?
    従来の良心勢力の成果も、日本国民の”無韓心”が功を奏したものなのにね。

  15. 匿名 より:

     国交断絶が成就する迄、非韓(避韓)三原則に磨きをかけて、いつ断交が為されても、慌てぬ様に準備する事が重要と思います。

  16. 老害 より:

    日本政府に「飼い慣らす」意図は無いでしょう。
    個人的には、「飼い慣らす」よりも「躾け」が必要かなとは思います。

    物の例えですが(特に意図はありません(棒))、犬の躾けに暴力を用いるのは良くないと聞いた記憶があります。
    でも、いわゆる「バカ犬」(犬さんゴメン)や「狂犬」なら、棒を用いなければならないことはあり得ます。
    やんわり言っても理解できない対象なら、「ガツン」とやることも考えなければと思います。

    あっ、犬は大好きですよ。棒で躾けるつもりはありません。犬さんにお詫びしておきます。

  17. 匿名29号 より:

    この手の論調は、一つの文の中に矛盾があるだけでなくいたずらに難解な表現を使って知性をひけらかそうとしているのでしょうが、逆に知性を疑われます。日本語にする際の訳がおかしいのか原文がそうなのかは分かりませんが。
    例を挙げれば、抄訳の中からだけでも

    「韓日関係が大転換時代にふさわしいアップグレードに失敗し」
    「長期的な低強度の複合対立の時代を迎えた」
    「日本との戦略的な意思疎通を強化」
    「技術的な解決策」
    「日本の構想が朝鮮半島平和プロセスによってゆがめられている」
    「対立は歴史的な淵源が深く、地政学的にも広い」

    どういうことか説明せよと言われても、更にわけの分からない文言が増えるだけで本人もきちんと説明できないように思います。従って抄訳を見ただけで読む気を失ってしまいました。
    内容というより先ずは、文章中の自己矛盾を無くして、且つ独りよがりな造語は止めてもっと丁寧な説明にすることが必要です。まるで出来の悪い中学生の作文の添削をしている気分です。

    1. めがねのおやじ より:

      匿名29号様

      仰る通り、韓国人の学者、言論人にありがちな(と言うか全員)いたずらに難解な表現を使って知性をひけらかそうとしています。読み手に自慢したいのでしょう。どういう意味か?と聞けば更に知っている限りの、難字句を並べ立てる(嘲笑)。根っから論考を行う時の真摯な気持ちがありませんね。

      1. ちょろんぼ より:

        めがねのおやじ様

        同じような人達が日本にもおります。
        文章の中に一目で解らないカタカナ英語を混ぜる人達です。
        多分、その人達の「頭の中だけで完成されている言語空間」が
        外に漏れているのです。 で、それが自分では他人と比較して
        カッコイイ・知的だと思っているのかな~。
        明治期の偉人のように英語や独語等を和訳・漢訳できるだけの基礎的素養が
        足りないのだと思います。
        今、SNS等の言語空間で「義務教育等必要が無い族」や「教育なんて
        まったく不必要だ族」が溢れつつあるようです。
        早い話、「英語だけを話せる語族か金が全て族」です。 でも、英語を
        話せるだけ(英語に敬語表現が有ると知らない)の人達や金の有り無しで
        価値を判断するだけであり、社会に影響力を与える事ができるかどうか
        未だ解りません。
        過去を振り返れば、日本のヤマト政権樹立時のように外国語だけ読み書き
        できる人達が活躍できる余地はありましたが、現代に活躍できる余地は
        あるのでしょうか?

  18. 世相観望(お魚なのに 蔓防と間違えられるので) より:

    韓流総本家のメディア自身の記事で
    「日本は韓国を飼い慣らそうとしている」?
    との記事を目にした時には
    ??と意味不明で面喰いましたが、
    みなさんご指摘のように
    彼ら自身の本質の吐露だと
    理解できました。

    ところで、
    町にやってきた野良犬が
    吠えついて噛みついてきて
    迷惑するという経験を
    お持ちの方もお見えでしょう。
    隙を見せたりましてや
    可哀そうだと憐みかけては
    こちらはそのつもりはなくても
    勝手に餌をもらえるものだと
    しつこくて追い払うのに
    苦労するものです。
    「餌はたらふくいただくが
     飼いならされないぞ!」
    との野良犬さんの宣言には、
    もともとあげる気ないのですが
    憐みかけてはいけないものだ
    ・・・との犬のお話しでした(笑)

  19. H より:

    〉コリア・ウォッチングはジャパン・ウォッチングでもある

    同意いたします。
    ただ、コリアウォチングは敵を知り対策を立てる
    意味はありますがコリアを変える事は出来ません
    ジャパンウォッチングは己れを知り変化する事、
    自分が源泉となり変わる為のものですね

  20. 豆鉄砲 より:

    輸入禁止措置をしいた8県のうち、海がない県が含まれるのは恐らく。

    日本からパクった農産物の種の出処なのでは? 苺とか葡萄ですね。

  21. 名無しの権兵衛 より:

    「2018年10月の韓国最高裁の強制動員賠償判決と2015年の「12・28合意」以降、韓国は『歴史的基本原則』を損なわない程度に何度か提案を行っている」(ナム・ギジョン教授)
     ここで言う『歴史的基本原則』とは、「大日本帝国による朝鮮支配は違法・無効で、韓国は戦勝国だ」というもので、これは、大韓民国憲法前文にも明記されています。
     即ち、「悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は、3・1運動で建立された大韓民国臨時政府の法統(中略)を継承し」で、「大韓民国は、併合前の大韓帝国の法統を大韓民国臨時政府を通じて正統に継承した国家で、大日本帝国の併合・統治は違法・無効である」と、最高法規で宣言しています。
     大日本帝国による統治が違法・無効なら、大韓民国は、ナチス・ドイツに不法占領された後にレジスタンス運動で主権を回復したフランスと同様の「戦勝国」ということになり、李承晩大統領は、サンフランシスコ講和条約に「戦勝国」としての参加を要求しますが、米英などにより拒否されました。
     日韓基本条約・日韓請求権協定の締結交渉時にも、韓国政府は「大日本帝国による朝鮮統治は違法・無効」と主張し、「戦勝国」としての戦後賠償を求めましたが、日本政府は「朝鮮併合は、当時の国際法では合法」と主張して譲らず、最終的には「日韓併合条約締結以前に大日本帝国と大韓民国との間で締結されたすべての条約及び協定は、もはや無効であることが確認される。」という玉虫色の表現で決着しました。この表現について、韓国政府は、「日韓併合条約締結に遡って無効だった」と解釈しています。日本政府は、「日韓基本条約締結以後、無効になった」という解釈です。
     また、韓国は、2001年に世界の国際法学者を招いて3回に及ぶ「韓国併合再検討国際会議」を開催し、「大日本帝国による朝鮮併合は違法・無効」との主張に国際的コンセンサスを得ることを目指しましたが、国際法の権威が「当時の国際法では合法」と主張し、失敗に終わっています。
     ナム・ギジョン教授の言う韓国政府の『歴史的基本原則』は、第二次大戦後、韓国政府が国際社会に対して主張し続け、大韓民国憲法にも明記されているもので、その意味で、韓国政府の主張は首尾一貫しており、一切ブレたことはありません。
     しかし、韓国政府の『歴史的基本原則』は、国際社会から認められていないため、国内では「自称元徴用工判決」や「自称元日本軍性奴隷判決」などで『歴史的基本原則』を基礎にした判決を出しても、国際司法裁判所や第三国を含む仲裁委員会などでの解決は拒否するしかないのが現状です。
     韓国政府の作戦は、当面は『歴史的基本原則』を損なわない範囲での解決策を日本政府に飲ませることで、将来的には、南北統一後に「統一朝鮮国家」として、改めて日本政府と交渉して『歴史的基本原則』を認めさせることだと思います。
     こうした意味で、韓国政府の『歴史的基本原則』は、憲法にも明記された根の深いもので、1000年経っても譲ることは無いと思います。

  22. 無病息災の男 より:

    〇韓国側の交渉術について
    韓国側の交渉術は、協議を行うための条件として、「自分たちは協議などしたくないのだが、日本側がお願いしてきたから参加してやっている」、という上位の立場になって、その上で協議に臨もうとすることにありました。だから、過去に日本側が先に協議の呼びかけを行っても、日本側が頭を下げてお願いするか、何らかのアドバンテージを韓国に与える約束をしない限り韓国はそれに応じることはありませんでした。

    〇日本側の交渉方法について
    しかし、日本側の態度は、朴槿恵前大統領と安倍前総理の時代に変化してしまいました。もう、日本側が頭を下げてお願いすることもなければ、何らかのアドバンテージを韓国に与えることもなくなってしまったと思います。(ただし日本の政権が変わらない限り)
    ハンギョレ新聞のインタビュー記事で、ソウル大学ナム・ギジョン教授 はこう言っています。
    「日本は『1965年の韓日基本条約と請求権協定を揺るがすいかなるものも認めない』という一つの立場のみを固守している」と。
    その通りなのです。交渉術の要諦の一つに、「確実に有意な点があれば、そこを貫き通せ」 とあります。日本側は、相手が反論出来ずに困っている、この一点だけを突き続けて、「韓国側が解決策をだせ」とだけ言っていればよいのです。韓国側は、そこを崩せないから、論点をそらそうとあの手この手で言ってきます。このナム・ギジョン教授の記事もその一つです。
    交渉術の変化を比較する立場から見ても、「日韓関係は本質的に変化」した、と思います。

    1. 無病息災の男 より:

      すみません。修正させて下さい。
      (誤)確実に有意な点 ⇒(正)確実に優位な点

  23. Alternator より:

    会計士様
    更新ありがとうございます。
    あくまで個人の意見ですが
    ・皮肉で福島やその他東北の産物等でムンムンをもてなす話を書かれていますが、普通にオリンピックに来た来賓の歓迎会等でこれらが振る舞われるのではないでしょうか。来賓に美味しいと思っていただければ選手に出すより宣伝効果は高いでしょうし。日本側のホスト(菅総理?、橋本聖子組織委員会会長?)が挨拶回りで美味しかったか料理の感想をムンムンに聞くのは面白そうですが。
    ・日本としては飼い慣らすとかパートナーとするのは100年以上前に諦めているんじゃないですかね。福沢諭吉とか熱心に教育していた朝鮮人の教え子たちが改革に失敗したのが原因かと思います。本気で飼い慣らそうとしたら中国がやってきたように数百年単位で歯向かったら叩きのめすを繰り返し魂に恐怖を刻まないと無理かと思います。
    ・歴史問題はまず韓国が自国にとっての歴史の意味と日本にとっての歴史の意味を理解し、両者が違うことを認めることから始めないと絶対に解決しないと思います。
     韓国にとって歴史は自分たちを正当化するための政治の道具であり、日本はある意味教訓を得るための学問の分野と思います。このため、朝鮮人は別の見解を出されると自らの正当性が揺らぐので認められず、自分の意見に固執することになるのでしょうね。
     また個人の分類ですが歴史的事実と歴史的真実の違いを認識し、歴史的真実は立場が変われば解釈が変わることを理解し認めないとダメかと思います。
     例①:歴史的事実⇒1909年ハルビンで個人名:伊藤博文が個人名:安重根に殺された。
       歴史的真実⇒日本:伊藤博文韓国総監がテロリスト安重根に殺害された。
             韓国:侵略者伊藤博文を救国の英雄安重根が排除した。
     例②:歴史的事実⇒2001/9/11にアルカイダによってアメリカに攻撃が行われた。
        歴史的真実⇒アメリカ:テロ組織アルカイダによってテロ攻撃を受けた。
              アルカイダ:イスラムの敵アメリカに聖戦による攻撃を行った。
    あとは韓国が李氏朝鮮時代から変わらない精神水準であることを認めること、過去現在未来を区別しているようで現在しか認識していないことを理解することとか、西洋近代国家の仲間になるには不足しているところをいっぱい認識して少なくとも他国にはその基準で対応するようにしてくれないと無理でしょうね。
    長文失礼しました。

    1. より:

      > 韓国が自国にとっての歴史の意味と日本にとっての歴史の意味を理解し、両者が違うことを認めること

      韓国人が韓国人であり続ける限り、そのような日は決して来ないだろうと思います。韓国においては、歴史的な「真実は一つ!」であって、それに反するものはすべて「間違っている」とされます。複数あったりしたら、それは「真実」ではあり得ません。ゆえに、韓国側の認識が「真実」であるならば、それに少しでも反するものはすべて「間違い」なのです。視点の違いによる”真実”の違いなどという考えを容れる余地はありません。

      というわけで、「もしも韓国が……(以下略)」から導出される結論には概ね同意するのですが、韓国人が韓国人であり続ける限り、あり得ない仮定であると考えます。

      1. Alternator より:

        龍様
        コメントありがとうございます。
        自分もこのままでは韓国が認めることはあり得ないと思ってます。
        それこそ占領して世代が変わる100年くらい教育をやり続けて魂を入れ替えないとダメでしょう。
        そんな無駄なコストを負担したがる国はないでしょうね。

        1. より:

          ヨコから失礼します。
          >それこそ占領して世代が変わる100年くらい教育をやり続けて
          >魂を入れ替えないとダメでしょう。

          ローマ法王様の発言 “…hoped the South Korean people take the occasion for moral and spiritual rebirth(意訳:「バカは死ななきゃ治らない」)を思い出しました。

          但し故郷を追い出されたユダヤ教徒の実例を鑑みるに、100年どころか何千年・何十世代でも「韓国脳」は綿々と生き続ける可能性もあります。

          ユダヤ教の根幹である「契約や約束を神聖視する行動様式」は韓国脳による「上下関係=正義・悪=約束なんかхо食らえ行動様式」よりも格段に優れている事は間違いないですけど。

  24. 普通の日本人 より:

    日本が韓国を飼い慣らす。
    の記事により上下関係の意識は日本には無い.
    これにより日本人には韓国人を理解できず問題の本質に迫れない。これについて
    確かに日本文化は対等、相手をおもんばかる文化ではありますが
    少しずつではありますが私は 正しい! と極論の声を張り上げる輩が増えてきています
    このような方は行動が積極的なため、対等の考え方の日本人はまともに対応してしまいます。
    で、ますますのさばるようになってきているように思います。
    真剣に日本文化(迷惑をかけない、挨拶、いただきます)を守る事が大切です。

  25. 匿名希望の平民 より:

    韓国の「No Japan」は、
       日本の製品をボイコットするニダー!

    日本の「No Korea」は、
       教えない、助けない、関わらない、盗ませない、関わらない 

    やはり、国民性と言いますか、お互いの民度がかなり違いますね。

  26. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    韓国人は国際社会は一神教の人間観である
    「人間は創造者から塵芥から作られた」存在である意味で「相対性な不平等は些細なモノであり、絶対的には平等」である事を理解していません。
    彼らの頭には「金のスプーンを咥えて生まれた」
    存在と「銀のスプーンを咥えて生まれた」存在と「鉛のスプーン(笑)を咥えさせられて生まれた」自分たちより下位の存在しか頭にありません。
    つまり「絶対的な不平等」を前提する思考構造ではないかと思います。

    だんな様が上でされているコメントをはじめ、
    埼玉県民が寓話形式で投稿した「犬」の楽園のように「序列や絶対的な不平等を前提に」行動する国民が形成する国家を「国際社会の基本的感覚から解離」させたままで行動を許して良いモノなのでしょうか?

    当方は日本が半島の人間に責任を負うとすれば上記の人間の絶対的な平等観を身に付けないままで彼らの行動を許容してわがままを許してしまったことではないかと思います。

    今からでも遅くないので彼らから主権を取り上げて「反革命分子」のような彼らを「社会の最底辺」に置いてくれる国家の支配の下で最底辺の扱いと暮らしを与えるべきと思います。

    思考回路が「犬」の内はふさわしい躾がされる国家に支配されるのが彼らにも幸せではないでしょうか(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. より:

      なんとなく貼れと言われているような気がしたので。

      Pink Floyd: Dogs
      https://www.youtube.com/watch?v=qiaF4kuxJco

      そのまんまではないですが、部分的に韓国人の生態を活写しているような気が……

      1. パーヨクのエ作員 より:

        お上品にいえば世紀末のアメリカラストベルトのダウンタウン(の少し奥)のイメージかなぁと思いますが、当方がアメリカ人ならばF⚫ck’n Dogs!とでも感想すれば良いのでしょうか。下品でスミマセン。

        ああ。何はともあれヒアリングが落ちたのを実感(笑)

    2. だんな より:

      パーヨクのエ作員
      >「絶対的な不平等」を前提する思考構造ではないかと思います。

      この視点は、珍しいのでコメントします。
      不平等を否定して、平等を望むのとは、違うんですよね。負け組が平等を求めるんですが、自分が上になれば差別する事を望むんですわ。だから不平等が解消しないんです。

      >当方は日本が半島の人間に責任を負うとすれば上記の人間の絶対的な平等観を身に付けないままで彼らの行動を許容してわがままを許してしまったことではないかと思います。

      韓国人が、差別による不平等な社会を作る事は、韓国人の民族性からくるもので、日本とは関係有りません。

      1. だんな より:

        パーヨクのエ作員さま
        敬称が抜けておりました、
        申し訳ありませんでしたm(__)m

  27. より:

    >いや、「歴史対立」というよりも「基本的価値の対立」――、
    >すなわち、「日米英豪」などの「海洋勢力」と「中露朝」などの
    >「大陸勢力」の対立、とみるべきだと思うのです。

    『基本的価値の対立』を『基本的思考様式の対立』と言い換えれば完全に同意します。

    「韓国では一流と見做される大学教授」でさえも、「韓国大法院による根本的な国際条約・協定違反を認識できない」という現代の文明国ではあるまじき『思考様式』の未熟さを晒していて、それが問題にもならないという集団としての知性に欠落のある民族・国家です。

    韓国では人間関係とそれの延長にある国家間関係は、実証主義・論理的思考からかけ離れた『都合の良い思い込み』に過ぎない、かつ根拠と定義が曖昧な『上下関係・正義・在るべき真実』を基にしているので、『現状認識』でさえも文明社会とは共有出来ません。

    基本的な思考・行動原理が「客観的な現実の観察に対しての論理的な反応」ではなく「都合の良い妄想・格下に対する要求のゴリ押し・嫌いな相手に対する感情的な悪意の投影」に始終する民族集団とは信頼関係は築けません。

  28. パーヨクのエ作員 より:

    だんな様
    いつも知的かつウィットに富んだコメントを楽しく拝読させていただいております。

    >負け組が平等を求めるんですが、自分が上になれば差別する事を望むんですわ。だから不平等が解消しないんです。

    これは大いに同感します。自分と他者との扱いに対して平気で二重規範を適用する。
    「我が身可愛さ」と言う言葉がありますが、半島社会はあまりに酷すぎると思います。

    >韓国人の民族性からくるもので、日本とは関係有りません。

    「日本とは関係ありません」
    本当にそうでしょうか。
    当方はできるだけ「ひふみんアイ」つまり相手側の観点の検討を論ずる事を心がけますが、敢えて向こうの観点で日本が何をしたか歴史のイベントを振り返りませんか

    (日本のしたこと1)
    ・特別なんちゃらでウリナラを世襲的に特別扱いしてウリナラの同志が犯罪を犯しても国外退去させられる事はないニダ。ウリナラは高貴でチョッパリは賤しい存在だからこそ犯罪を犯しても「既得権として」日本国内に特権的に居住できるニダ。

    向こうの人間には身近な話ですので真っ先に上げて見ました。
    もう少し例として歴史のイベントを振り返りましょう。

    (日本のしたこと2)
    ・日本の閣僚がウリナラに対して腹が立つ話をしたと言うご注進をチョン・イル新聞をはじめとするマスゴミが言って来たので内政干渉だが文句を言うとその閣僚は馘にされたニダ。ウリナラは高貴でチョッパリは賤しい存在だからこそ内政干渉しても「既得権として」ウリナラの言い分が通るニダ。

    あまり昔の話で申し訳ないですが、あの風見鶏の行動と当時それを許容した日本人全ては国益を毀損した事に対してそれ以降に産まれた日本人全てに謝罪するべきと思います。
    当方は当時日本人として風見鶏に不投票若しくはその他の手段で国益を毀損した事に対して相応の言論、行動を行うと言う「成人した国民全てに課せられた義務」が有ったと思いますが自らの未熟さと無能さであの行動の意味合いの理解が不足していました。だからあの直後自民党内閣が吹っ飛ばなかったのです。
    それ以降に産まれた若い方々には心よりお詫び申し上げます。

    もう少し今に近いイベントを振り返りましょう(笑)。

    (日本のしたこと3)
    ・日本に対してイアンフと言う「御老公の印籠」で当時の日本兵に対して股を開いた「売女」だけでなくアメ公だけにも股を開いた「ウリナラ最底辺の連中」に日本の首相がお手紙を書いてウリたちの「嘘っぱち」に謝罪した!!
    ウリは高貴でチョッパリは「売女」に劣る賤しい存在だからこそ「既得権として」嘘っぱちを撒き散らしても愚か者は謝罪するニダ。

    彼らは俗に言うイアンフは日本に無関係な売春婦が多数含んでいることを自覚しています。
    しかし日本人に無関係でもイアンフを名乗れば「既得権」として日本からカネを得られることを自覚したのです。
    社会の最底辺の「売女」より高貴な存在は当然日本よりカネをより多く貰えるべきである。それは「虚偽で全然かまわない」。
    これを教えたのはまさに「日本の行動」ではないでしょうか。

    その他ウィーン条約違反の(元米軍の事故被害者である)売女像設置やEEZ内の火器管制レーダーによるロックオンも韓国からの視点では全く同じです。

    ウリナラの不法行為は力で制裁しないチョッパリは「日本が自らが下位の存在故に黙認」した。

    と言うことです。

    不法行為に対して力で制裁すること無しで「口だけ抗議」することは意味がありません。
    「アマアマ自分に甘いセルフスイーテストフィルタ」搭載の韓国にはなおさらです。
    力ずくで誤りと痛みで教え込む事がないのは日本が「下位の存在故に上位の韓国に畏れ多くて絶対的に手が出せない」と考えるからです。

    向こうは「セルフスイーテスト認識改造フィルタ」搭載です。
    これくらい自分たちに甘い見解を持って当然です。

    そんな連中に力で制裁することで韓国の過ちを痛みで認識させない。

    それが日本と言う存在ではないでしょうか(笑)。

    何でも他人のせいにする韓国ですが、これを百も承知して、50年以上一度も韓国にまともに制裁しない日本は「韓国を甘やかした」責任は一切ないのでしょうか(笑)

    当方思うにむしろ責任だらけと思います。

    当方は「自分たちが百も承知で非文明的な連中を甘やかした」のはむしろ日本に責任の大半があると思います。
    主権国家として判断責任を持てない子供が実弾入りピストルを持って殺人事故をおこしたら、子供を責めるのでしょうか?
    止めなかった周囲の大人が居れば止めて防止しなかったその大人を責めますよね。

    隣にそんな人間が住む半島が有ったのが悪いのですが(笑)、どう日本や周囲の国家に迷惑が小さな形で解決策を考えて冷徹にあるべき処理する。

    そういった責任の取り方を考えるべきではないでしょうか(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      上の投稿はだんな様の2021/07/11 16:30 投稿への返信です。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。