読者雑談専用記事通常版 2021/07/03(土)

『読者雑談専用記事(通常版)』を更新しました。どうぞご利用ください。

読者雑談専用記事(通常版)とは

本記事は、特段のテーマを決めず、読者の皆さまがおのおの、好きなことを書き込んでいただくための「雑談専用記事」です。原則として土曜日と火曜日に新しい記事を立ち上げています。

書き込んでいただく内容
  • 読者同士の挨拶ないしは近況報告
  • 最近気になっていること、議論したいと思っていること
  • 自分自身のブログ・SNS記事等の宣伝(※)

等々、何でも結構です(※なお、ブログやSNS等の宣伝については、それ専用の記事も用意していますので、ご活用ください)。

なお、コメントを書き込む際のルールは『読者コメント要領・引用・転載等ポリシー』等のページをご参照ください。

読者投稿

読者投稿募集』のページにも示しているとおり、当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しています。

その際、読者投稿の基準を満たさない投稿記事(たとえば文字数が足りない、など)については、こちらの「読者雑談専用記事」に書き込んでいただいて結構です。その際、最初に「投稿のタイトル、投稿者の簡単なプロフィール」などについて記載してください。また、1回の投稿で書ききず、投稿を続ける場合は、「続き」とわかるように明示してください。

過去リンク/次回更新予定

次回の読者雑談記事(通常版)につきましては、『読者雑談専用記事通常版 2021/07/06(火)』を7月6日(火)正午に公表したいと思います(なお、これとは別に、テーマ別記事を公開する可能性もあります)。

過去リンクにつきまして

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. ポプラン より:

    皆様の地区の大雨如何ですか?
    こちらも雨です。
    お昼は、暖かいそばにしようと思っています。

    1. だんな より:

      ポプランさま
      一番乗りおめでとうございます。
      雨は止みましたが、涼しいのでミソラーメン屋に行きます。

    2. ちかの より:

      ポプラン様
      1番getおめでとうございます。
      明け方に激しく降りましたが、今はやんでます@京都市

    3. とある福岡市民 より:

       福岡は小雨です。
       今日も朝から夕方まで集団接種会場のバイトでしたが、急遽呼び出されて午後は日直になりました。お陰でお昼ごはんは抜きです。

    4. 七味 より:

      朝はちょっと曇ってたけど、今は晴れてるのです♪

    5. チキンサラダ より:

      日本は今、大雨なんですね。

      カリフォルニアは今年も相変わらず盛大な旱魃です。

  2. だんな より:

    世界最悪の左右対立…データで見る「分断社会」韓国との付き合い方
    https://www.fnn.jp/articles/-/204553?display=full
    昨日コメントした、韓国は葛藤の強い社会の調査結果を日本と比較した記事です。
    社会構造的にも日韓は、似ていない事を知っておく事と、韓国がその葛藤を日本に持ち込もうとしている事を理解しておいた方が、良いと思います。

    1. 農家の三男坊 より:

      だんな 様

      この保守派の御仁の言を聞くには、

      ・日韓併合は合法であったことを憲法に書き込み、併合と太平洋戦争後の支援を感謝する声明を大統領と国会決議で表明すること
      ・竹島を即時返還し、不法占拠及び数々の狼藉に対する謝罪として鬱陵島を無人にして日本国に進呈することを憲法に書き込み、大統領声明と国会決議で表明すること
      ・自称徴用工問題は日韓間は解決積みで韓国国内問題であり、政府がネコババした資金から本当の徴用工にのみ補償する
      ・自称慰安婦問題は日韓間は解決積みであり、残る売春婦像を直ちに撤去すると共に慰安婦合意後に合意やぶりをした外交部長官他を処罰すること
      ・対馬の仏像の即時返還と損害賠償及び裁判官の罷免
      ・自衛隊機への射撃管制レーダー照射事件時、韓国駆逐艦と韓国巡視船が何をしていたか真相究明と謝罪及び関係者の処罰及び再発防止策の公文書での報告

      を韓国側がやった後でしょうね。
      まず、嘘つき、ルール破りを全世界を前に韓国から日本に謝罪させた後でしょう。

    2. 七味 より:

      だんな様

      興味深い記事だと思うのです♪

      ただ、読んでて読んわかんなかったのは「分断」って言葉のか意味なのです♪

      例えば、「裕福層と貧困層」だと、「裕福層にある者が貧困層になることや、貧困層にある者が裕福層になること」が、容易に起こらないなら「分断されている」、容易におこるなら「分断されている」って言うのでしょうか?
      それとも「裕福層の者と貧困層の者が支持する政党が異なっている」のなら「分断されている」のでしょうか?
      もっと単純に、「裕福層と貧困層の者の活動場所が異なり、お互いに出会う事がない」ことなのでしょうか?

      なんとなくだけど、そういった定義がないと、「分断されているか否か」ということじゃなくて、それぞれの言語で「分断」とはどういう状態を表すのかを示す調査になっちゃうような気がするのです♪

      例えば、調査結果から、
      「日本では社会的分断とは裕福層と貧困層の格差とその固定化のように、主に経済的な側面から捉えられている。一方韓国では、それだけではなく、支持する政党による差のような政治的な考えの差としても捉えられている」みたいな分析もできんるじゃないかな?って思ったのです♪

      まぁ、言葉の意味として認識されているなら、実際の問題としても存在してるから、同じことなのかもですけどね♪

      1. だんな より:

        七味さま
        分断を一番簡単に言うと「仲が悪い」「嫌い」でしょうか。

        ちょっと考えてみます。
        元歯医者さんの話では、自分の意見に同調しない人は「敵」に分類され、「味方では無い」という立場は、存在しないようです。
        色々分断されてる部分が有り、その部分毎に敵味方が存在する事になりますので、構造としては複雑になりますが、これがベースになる葛藤です。

        その時々の利害関係が加わりますので、「敵味方」と「好き嫌い」、「それに従うかどうか」など、結果としての行動は、一貫性が無いように思います。
        「好き嫌い」が別な例としては、日本に旅行に来る韓国人が代表例、「それに従うかどうか」は、中国に対する姿勢が代表例になると思います。

        まとめますが、この価値観だと全員「敵」に分類する事が可能になり、異常に自己愛が強いように見える原因と思います(卵と鶏かも知れない)。

        1. 七味 より:

          だんな様

          返信ありがとなのです♪

          >分断を一番簡単に言うと「仲が悪い」「嫌い」でしょうか。
          こう考えるとしっくりきますね♪

          あたしは、最初、「分断」の意味を「個人の集団間の移動がないこと」(貧困層の人が裕福層になることはほとんどないみたいな状態)ないしは「異なる集団に属する個人間の交流がほとんどないこと」と捉えたのです♪

          ただ、これだと「裕福層と貧困層」とか、「大卒と非大卒」、「異なる政党支持者間」では成立しても、「若者と年長者」とか「男性と女性」では成立しないなぁ~って思ったのです♪

          それに、例えば、不特定多数の者が集まるとこでは支持政党を話題にしない、みたいな習慣があると、支持政党が違う人がいても、わかんないから、自然と自分の周囲には同じ支持政党の人が集まって見えることになって、「分断」の度合いが高まるんじゃないかと思ったのです♪

          そんなことから、この調査結果って、国ごとに経年で比較はできても、国と国の比較には、適さないんじゃないかと思っちゃったのです♪

          だんな様の言うとおりだったら、いろんな集団間での分断があるって言うことは、そんだけその国の国民が他者を敵視することが多いってことだみたいな比較もできそうですね♪

  3. だんな より:

    防疫当局「土曜日の民主労総の集会、早期解散誘導後に法的措置を講じる」=韓国
    https://s.wowkorea.jp/news/read/305833/
    民主労総というのは、親北団体で文在寅大統領の支持母体で、韓国国内では法を無視してやり放題です。

    >集会の自制を訴えるために民主労総を直接訪れたキム・プギョム(金富謙)国務総理とチョン・ウンギョン(鄭銀敬)疾病管理庁長には会おうとしなかった。

    これは民主労総が、国務総理、疾病管理庁長よりも「上」だという事です。
    今日開催されるようですから、どうなったか分かればコメントします。

    1. だんな より:

      WOW Koreaから
      コロナより解雇が怖い、民主労総8千人、ゲリラ集会強行=韓国
      https://news.yahoo.co.jp/articles/09fd0c843772a45ddc1453c35e193de81019250c
      ゲリラ集会では有りません。
      違法デモが、予想通り開催されたようです。
      >チョンノ警察署は「現在、この集会は感染病予防法、道路交通法違反、集会およびデモに関する法律に違反した事案だ」とし、3回の即時解散命令を下している。

      法律違反はしているが、逮捕者も無いようで、警察はやってるフリに終止したようです。まあ、逮捕でもしようもんなら、警察が大変な目に遭うんですけどね(署長のクビが飛ぶとか)。
      韓国は、法治国家では無い事をお忘れ無く。

  4. だんな より:

    誰か解説して下さいな。
    年金運用のGPIF、2020年度は過去最高の25%超リターン、37兆8000億円増
    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2107/02/news137_0.html

    1. とある福岡市民 より:

       GPIFはアセットロケーションを日本株式、外国株式、日本国債、外国国債、それぞれ25%と定めた上でそれぞれの指数に近い運用を目指す「インデックス投資」をしてます。指数が上がろうと下がろうと関係なく、毎月一定額に投資するのであれば、昨年が過去最高のリターンになるのは当然です。
       3月のコロナショックで大きく値下がりした時点で、今まで買っていた銘柄をかつてない程に安くたくさん仕込む事ができ、それが秋以降に起きた過去最高の値上がり幅で報われたのですから。

       私自身、昨年3月に仕込んだ個別株を10月に売って一昨年の損失を一気に解消でき、VTやVTIも最高の含み益が出ました。一個人でさえそうなのですから、年金基金であればなおさらです。

    2. カズ より:

      相場のあるものは、いずれ上がった分だけ下がるのですから、評価益に嬉々とするのではなく、配当・利息をしっかりと積み立てて欲しいですね。

  5. チキンサラダ より:

    以下の議論の続きをこちらに移させていただきます。

    https://shinjukuacc.com/20210630-02/#comment-170985

    中国、韓国では約束を破ることについて、それほど抵抗がない。
    しかし、逆に日本が約束を破った場合は大騒ぎをする。ただ、韓国が大騒ぎをするのに比べれば、中国の反応は比較的落ち着いているように見える。
    (相対的な話をしてるので、絶対的な話と勘違いしないように、お願いします)

    この原因が何かということについて、商業の発達度の違いが大きいのではないかという仮説が龍様から示されました。

    商業においては、信用とか約束が大事であり、少なからず商業が発達した中国ては信用、約束を無視することはありえず、相手との信頼関係を根本的に破壊することは起こりにくかった、と。

    一方、愛知県東部在住者様は、資本の集積度をみれば、明清時代でも中国の商業は発達していなかったと主張されます。

    そこで、私が見つけてきたのが、マクロレベルで言えば、明代はもちろん清代も康煕帝年間で人口爆発するまでは、中国は世界のGDPの2割から3割を占める超経済大国で、一人あたりの GDP も同時期の日本を上回るだったという資料です。

    https://www.businessinsider.com/history-of-chinese-economy-1200-2017-2017-1

    これに対して愛知県東部在住者様は、人口増に中国の社会システムが対応できてなかった、と指摘されてるところです。

    以下、私の反論から再開させて頂こうと思います。

    改めて議論を振り返ってみると、そもそも中国の商業発展の度合いが、江戸期後半の日本に匹敵するものだったかどうかは、焦点からそれているように思います。

    (明清や江戸期という近世は現代につながる文化の基底を形成しているので、その時代に焦点をあてるのは賛成なのですが、日本と中国を比べるのは元々の議論からそれていると思うのです。)

    中国の反応は、*韓国と比べて*、なぜマシなのか? が、ここでの焦点ではないでしょうか?
    (あるいは、中国の反応は韓国と全く同様である、という議論でもよいかと思いますが、その時もやはり比較すべきは中国と日本ではなく、中国と韓国ではないでしょうか)

    すでにご紹介したように、近世において中国は世界一ニの経済大国ですし、国民一人あたりのGDPも、産業革命前のイギリスをも凌駕します。

    資本の集積が現代資本主義の準備レベルに達しているかどうかは、信用のレベルを図る良い指標とは思うのですが、同時にそれは1か0かの絶対基準ではないと思うのですよ。

    明清時代の前近代的な商業取引でも信用は重要で、商人たちはかなりの程度信用の重要性を意識していたと思われます。

    また、康煕帝年間後の人口爆発で清の経済は苦境に陥っていきますが、モラルがない層は、大規模な商取引からも政治からも縁遠い大多数の庶民でしょう。

    つまり、政治や商業を担っていた士大夫層は信用をある程度以上は重視していたと思われます。
    そして、それは少なからず現代の中国政府の官僚、政治家にも引き継がれているのではないでしょうか。

    1. 阿野煮鱒 より:

      横から失礼します。

      私は、中国人が、日本人や欧米人と同様な意味で信用を重視しているとは思いません。以前どなたかが中国人の人間関係について「関係(グワンシ)」というキーワードで説明したくださいました。

      中国人はなぜ裏切るのか―― 裏切られることを前提とする社会
      https://www.dailyshincho.jp/article/2018/04060731/

      これは古代より「忠」よりも「孝」を重んじる儒教的価値観に由来し、法は人に守らせるもの、信頼できるのは身内だけという歴史的経験に基づいて形成された知恵だと思います。

      情誼を結んだ朋友が、「共に死地に赴くことを誓った仲」であることがよく分かるのが「香港ノワール」と呼ばれる映画ジャンルです。

      https://un-chiku.com/hong-kong_noir/
      https://news.ameba.jp/entry/20141002-665

      自分が死ぬことが分かっていても仲間のために戦う男達の姿には胸が熱くなります。
      説明文にあるように、あまり日本では劇場公開されない映画が多いのが残念です。

      > 中国の反応は、*韓国と比べて*、なぜマシなのか? が、ここでの焦点ではないでしょうか?

      少なくとも「グワンシ」を基本とする行動文法は一貫しているからでしょうか。朝鮮の場合、三人集まると七つの派閥ができると言われる彼らの気質が、人間関係を極限まで分断してしまうのではないかと思います。

      1. チキンサラダ より:

        阿野煮鱒様、

        グワンシに関するデイリー新潮の記事、拝見させて頂きました。腑に落ちる離しです。私自身が経験してきたこととも見事に一致します。一旦インサイダーになると、彼らは本当に親身になってくれます。日中双方のコミュニティに属する人間は「日本人の方が冷たい」というくらいです。
        (米国の日本人コミュニティは日本国内に比べて疎遠な関係がデフォルトですので、少し割り引いて聞く必要がありますが)

        日本が中国との約束を違えることがあっても、中国がさほど騒がない、というのはこれできれいに説明できる気がします。

        一方、中国政府は一定程度、日本政府を信用しているようにも見えることがあります。これはどうしてなのでしょうか?

        1) 日本がある程度実力があることを認識しており、一定程度の敬意をもっているから
        2) 日本国内の媚中派の忠誠と実力を信用してるから
        3) 日本はお人好しかつ弱腰なので、最終的には中国の要求を呑むとタカをくくっているから

        このどれでしょうかね。

        香港ノワール、面白いですね。こういうジャンルがあるのですね。
        刎頸の交わりを思い出します。つまり、香港ノワールは2200年の歴史があるということですねw

        1. 阿野煮鱒 より:

          > 一方、中国政府は一定程度、日本政府を信用しているようにも見えることがあります。これはどうしてなのでしょうか?

          私には確証がありませんので、「恐らく」の前置き付きで…

          中国は、日清戦争でも日華事変でも日本に散々にボコられていますから、表向きは尊大に振る舞っても、内心は日本を恐れています。日本を怒らせたらどうなるか分かっているので、超えてはならない一線は守っていると思います。

          尖閣諸島での挑発も、あれはあれでギリギリを狙っていて、「力による現状の変更」に踏み切らないようにしています。漁船体当たり→逮捕→レアアース報復→中国涙目、の流れでも、日本を怒らせると中国が酷い目に遭うことは身に染みたと思います。

          また、中国政府は日本国憲法を改憲することにも度々懸念を表明しています。これも日本を恐れていることの証左だと思います。

          つまり、「中国政府は一定程度、日本政府を信用しているようにも見える」のは、信頼に基づくものというよりも、日本との力関係を慎重に計っているからではないかと思います。

      2. チキンサラダ より:

        4) 中国に西洋のような「信用」の概念はないが、外国と接する中国人は十分に賢明なので、「信用」の重要さを理解している。そして、行動においても、少なくとも上辺は「信用」という概念を理解しているようにふるまえる。

      3. チキンサラダ より:

        阿野煮鱒さま、

        https://www.dailyshincho.jp/article/2018/04060731/?all=1

        ご紹介いただいた、上記の記事内の面白いエピソードです。

        > 中国人幹部から突然、「社長、喜んでください。同業他社が2倍の給料を出してくれます。辞職させていただきます」といわれたという話だ(これは珍しいことではないようだ)。

        > こんなときふつうの日本企業なら、「これまで育ててやったのに」と不快に思うだろう(「裏切り者」と怒鳴りつけてもおかしくない)。だがこの会社の社長はまったく逆に、「おめでとう」といっしょに喜ぶのだという。

        私の元上司が経験したことと全く同じです。会社への忠誠心はないが、身内を富ませることには非常に真摯な人たちだとはつくづく思います。(それが良いかどうかは価値の問題なのでしょう)

    2. より:

      私が提示した仮説をもう一度整理しておきます。

      1. 韓国とは「取引」が成立しないが、中国とは一定条件の下で「取引」が成立する。
      2. 韓国においては、そもそも「約束」とか「信用」という概念が、重視すべきものとして広く共有されていないため、相互に「約束」を守るという意味での「取引」が成立しない。
      3. 中国においては、文革で伝統的価値観の多くが破壊されたが、「約束」「信用」といった諸概念は、それなりに重要視すべきものとして共有されているため、一定の制約はあるものの、相互に「約束」を守るという意味での「取引」が成立する可能性がある。
      4. 中国においては、2000年以上に渡って、「商業」が存在し続けたが、韓国(朝鮮)においては、李朝500年の間、ほぼ「商業」が存在しなかった。なお、ここでいう「商業」は、あくまでも民営のものであり、官による強制的な交換行為は含まない。
      5. 「商業」においては、「約束」「信用」は非常に重要な概念であり、それなくして「商業」は成立しない。そのため、「商業」が存在し続けた中国においては、「約束」「信用」といった概念が一定程度有効であり続けたのに対し、「商業」が存在しなかった韓国(朝鮮)では忘れ去られてしまった。
      6. また、「商業」においては、売り手と買い手の対等性が前提となる。市況などにより、立場の強弱はその時々で起り得るが、取引成立の瞬間は、あくまでも対等な位置にある。しかるに、韓国(朝鮮)には「商業」が存在しなかったため、そのような「対等性」が体得されることはなく、すべては上下関係に収斂してしまった。

      元々のお題は、「約束」とか「信用」という概念理解度において、中韓を一緒くたにするべきではない、両者は違うのだという話から、ではそれは何故だというところに発展したものです。なので、商業の発達具合とか、資本主義への胎動といった話は、そもそもパースペクティブとして含まれていません。それはまた全く別の議論であろうと思います。

      1. チキンサラダ より:

        龍様、

        最初から最後まで全く同意です。また、整理していただいてありがとうございます。とてもすっきりしました。

        ただ一点、どうしても打ち消し難い疑問がわいてきます。

        朝鮮半島がいかに未開の土地だったとはいえ、中国の首都北京からは至近距離の場所で500年間、全く商業のテイストに触れずにいれたことは可能だったのでしょうか?
        李氏朝鮮の社会構造が古代的であったことは理解しているつもりですが、それでも商業の影響がここまで排除されていたことは、簡単には脳が理解できないのです。

        1. より:

          実は、高麗朝までは、中国沿海部の山東半島や浙江省あたりとの間で結構活発な交易がおこなわれていました。一部の中国商人も半島西岸に拠点を持っていた場合もあり、半島内部での規模はともかく、ある程度の商業行為が存在したことは確かです。
          しかし、明朝が海禁政策を打ち出し、朝貢以外の交易を禁止しました。さらに、朱子学を絶対的規範とした李朝が成立したため、半島と大陸との間の公認された交易は途絶してしまったのです。もちろん、なんらかの密貿易は存在し続けたでしょうし、倭寇と呼ばれた海賊の一部は半島に拠点を持っていたので(ご存知のように、当時、海賊と商人は紙一重です)、完全に交易が途絶えたということもないでしょうが、公のものではなくなりました。
          一応、李朝は対馬を通して日本とは細々と交易をおこなっていましたが、これも官衙によって完全に統制されたものであり、およそ自由な「商業」活動と呼べるものではありませんでした。
          このような李朝が500年も続いたため、半島では「商業」精神がほぼ絶滅するに至ったのではないか、というのが私の仮説になります。

          ちなみに、清朝では、当初は明朝に倣った海禁政策を続けていましたが、途中から政策を変更し、制限的ながらも外国との交易を再開しました。日本との間でも、制限的ではありましたが、牙行という組織を通した交易を行っています。ただ、日本の場合、銀や銅などの鉱物資源、俵物と呼ばれる海産物など、清に対して輸出可能なものがありましたが、半島には何もありませんでした。さらに商業を蔑視する李朝支配もあり、黄海を挟んだ交易は復活しなかったと考えられます。

      2. 門外漢 より:

        龍 様
        同意です。
        中国人の約束は日本人の約束とは違うかも判りませんが、信義というとほぼ同意で使ってるように思うのです。
        なので、まあ、そういう関係になれば、付き合う事は出来るんでしょう。

    3. だんな より:

      チキンサラダさま

      横から失礼します。
      中韓と違いは、韓国人はその場その場で短期的な視野で行動し、中国人はそのスパンが長いせいではないでしょうか。

      1. チキンサラダ より:

        だんなさま、

        一言で言えばそういうことかもしれません。

        たとえば、海外での慰安婦像設置に関しても、韓国系団体は一時の激情に流されて慰安婦像設置という目的が達成できず、韓国系団体を排除した中国系団体が単独で運動した場合は首尾よく慰安婦像を設置するのに成功していたりします。

        中国商人は得てして長期的視点で損得を考える傾向が強いように見えますし、中国人の大半は基本的に根が商人というのも聞きます。(逆に言えば、国家にとっての長期ビジョンを描くのはとても弱いように見えます。たとえば国家の長期繁栄を目指すなら、正義や国際協調は必須ですが彼らはそれを軽視しているようにしか見えません)

        中国政府のふるまいも、商人的長期ビジョンに則って行動していると解釈すればいろいろ腑に落ちますね。

    4. 名古屋の住人 より:

      韓国がすぐに大騒ぎするのに対し、なぜ中国の反応は比較的落ち着いているように見えるのか。私は韓国のことはよくわかりませんので、中国に関することのみ投稿します。

      ①阿野煮鱒様が紹介している「関係(グワンシ)」に基づくもの
       中国は有史以来4000年~5000年にもなりますが、その2/3は戦乱の歴史であったといわれています。歴代王朝は常に北方騎馬民族(匈奴、突厥、蒙古、女真等)からの圧迫にさらされており、その脅威を少しでも軽減するために生まれたのが万里の長城です。
       この法もカネも隣の人も全く信用が置けない戦乱の時代において、家族や一族郎党等を守りぬくために長年にわたって培われてきた中国人の行動原理が「関係(グワンシ)」だと言えます。
       「関係」は「外人(ワイレン)」と「自己人(ツーチーレン)」を明確に分け、外人(即ちアウトサイダー)には「兵法」を駆使して排除することを厭わず、自己人(即ちインサイダー)、つまり内輪・身内に対する時は「信用」と「信頼」を以て相対します。
       よって、中国人が「外人」と敵対する時は、「兵法」(相手を騙す、離間させる、流言を流す、一気呵成に攻め滅ぼす等)を使うことに一切の躊躇はありません。
       しかし、同じ中国人が「この人には頭が上がらない」「この人を裏切るわけにはいかない」という良好な関係性を築いている特定の日本人(即ち「自己人」)に対しては、絶対に「兵法」を使わず、「信用」と「信頼」を以て応えます。その中国人が「兵法」を使う対象は、その「特定の日本人」に危害を加えようとする赤の他人の中国人(即ち「外人」)でしょう。
       このように、日本人が会社やコミュニティ等の組織を以て関係性を築くのに対し、中国人は個人対個人で関係性を作る点が明らかに異なっています。
       同じことが中国企業と日系企業、中国政府と日本政府の間においても成り立ちます。
       ある中国企業にとって一般の日系企業は「外人」に過ぎず、「外人」には「兵法」を使うのが「当たり前」と言え、契約を守らない、技術を盗む、特許や商標を無断で利用するといったことが起きえます。
       また、99.99999%実現しえないことですが、習近平主席が菅総理大臣と「キンペー」「ヨシ」と呼び合い、家族ぐるみ(自己人)の信頼関係を構築していたと仮定した場合、習氏の力の及ぶ限り、中国政府が日本に対して攻撃的な対応を極力しない可能性が考えられます。
       但し、菅総理か習氏のいずれかが辞任した瞬間に、中国政府の対応は一変します。なぜなら、次の両国のトップは前者のような信頼関係がなく、所詮は「外人」でしかないからです。これが「個人」と「個人」で関係性を作る「関係」(グワンシ)の特徴ですね。

      ②多様性の違い
       中国は漢民族を含めて56の民族が混在している社会構成があり、北京人(標準語)と上海人(上海語)で話をすると、お互いにほぼ何も通じません(以前、上海人同士が内輪の話をしようとした時、私が標準語が理解できるため、突然上海語での会話になったことがあります)。
       どうも韓国はどうも同調性の圧力が非常に強い社会のようですが、中国は国土が広く、人口は世界一、更に56もの民族が入り乱れ、貧富の格差は私たちの想像を絶するレベルと聞きます。このように、中国社会はあまりにも多様性が凄すぎるために同調性が韓国ほど強く働かないのでしょう。
       また、「関係」(グワンシ)が「個人」対「個人」で関係性を作るという特徴があり、こちらも同調性が働きにくい理由の一つになりそうです。

      ③中国共産党一党独裁に対する関係性
       笛吹けど踊らず。中国本土の中国人は、中国共産党の政策や方針が自らにとってプラスであれば甘んじて言うことを聞きますが、そうでない場合や従わないと危害が及ぶ場合等には「面従腹背」を貫くことでしょう。
       中国人は基本的に自国の政府や人民元を一切信用していないと聞きます。これはいわゆる「関係」(グワンシ)の応用編と言え、自分や身内などにプラスか否かで個々に判断するため、中国政府が日本を叩こうと世論を誘導しようとしても、ネット上では賛否両論が沸き上がり、韓国のような形だけでも「反日一辺倒」という事態はあまり起きていないようです。

       「関係」(グワンシ)における「自己人」の世界では、「信用」と「信頼」は決定的に重要なものであり、もし軽はずみに「信用」・「信頼」を裏切る行為をした場合、それを破った者は「外人」としてつま弾きにされかねません。
       中国人コミュニティでは、「信用」や「信頼」が存在しないのではなく、適用される範囲が極めて狭い、という特徴があるものと考える次第です。

      1. チキンサラダ より:

        名古屋の住人様、

        名古屋の住人様と、愛知県東部在住者様は同一人物でいらっしゃいますか?
        これだけ中国の事情に精通し、かつ中国語にも堪能な方はそう簡単にはいないとは思いますが、ハンドルネームが微妙に違いますので一応確認させてください。

        1) 「外人(ワイレン)」と「自己人(ツーチーレン)」
        ツーチーレンとみなされたときの中国人の親切さは私自身も何度も味わってきましたが、こうはっきりと説明していただいたのは初めてです。ありがとうございます。
        断片的に理解してたことをすっきりと理解できた気がします。

        日本人のようにコミュニティ対コミュニティではなく、あくまで個人対個人で関係をとらえるというところは、わかるような気もしますが、中国人でも自分の「身内」をコミュニティと捉えているような気もします。
        ただ、彼らの心理の中には、身内と外部という2つのコミュニティしか存在しないということですかね。

        2) 多様性と同調圧力
        私を「身内」とみなしてくれた中国人の友人にこう聞いたことがあります。

        「中国人の必要要件は3つだけだ。1) 中国語を話せること 2) 身内を大事にすること 3) 教育熱心であること。この3つの条件さえみたせれば、どんな人間でも中国人として中国人に認めてもらえる」

        韓国の同調圧力は日本よりさらに強く、その点で、中国と韓国が大きく違うというのは納得です。

        3) 中国共産党
        たしかに、一般の中国人の共産党に対する支持は熱意を感じませんし、一部の熱狂的な層も日本のネトウヨのような浅はかさを感じることがほとんどです。
        この理由は、一般の中国人にとって中国共産党が身内ではないという説明にも納得です。

        > 中国人コミュニティでは、「信用」や「信頼」が存在しないのではなく、適用される範囲が極めて狭い、という特徴があるものと考える次第です。

        まさにここがツボですね。この一文で、これまでの議論を見事にまとめあげてくださった気がします。

        1. 名古屋の住人 より:

          チキンサラダ調達

          コメントありがとうございます。
          冒頭にご質問をいただきました「愛知県東部在住様」と私こと名古屋の住人は別人です!

          また、中国人に認められることの是非は脇におき、挙げられている3つの条件は納得がいきます。
          もし自己人の仲間入りをした場合、少なくともその中国人には騙されるリスクが下がり、また危ない目に合いそうな時は陰に陽に助けてもらえそうですね。

          また、今や叩かれる筆頭格のパナソニックですが、確かSARSの流行で日本人駐在員が続々と帰国した時、当時の北京松下電器の日本人総経理は北京に残る決断をしました。それに意気を感じた中国人従業員たちは、後の反日デモ発生時(だったと思います)に工場の正門をしっかり閉め、日本人総経理の身の安全を皆で守ったそうです。

          〇10年以上前のことなので、記憶がまるで定かではありませんm(._.)m

          本来の意味の自己人の範疇にまではいかなくても、日本人総経理を自分たちの仲間と見なしてして守り通したことは、「関係」が可視化された一例であり、これは朝鮮民族にはないものだと思います。

      2. たい より:

        「適用される範囲が極めて狭い、という特徴があるものと考える次第です。」
        これは何か私どものような者でも理解できそうですね。
        故伊丹十三氏の著書に「チンパン」に入った日本人の話がありました。
        詳細は忘れましたが、煩雑な手続きがいりました。ただ一旦入ってしまえば、チンパン(多分青幇)の同胞から様々な援助が得られたとの事です。
        何となくですが、侠客間の連帯みたいなのがあるんでしょうね。
        でなくては史記の刺客列伝なんて描かれないでしょうし、阿野煮鱒様ご紹介の『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』の映画ができる余地はなかろうかと思います。

        1. チキンサラダ より:

          たい様、

          チンパンはマフィアみたいなものですね。
          上で言う「身内」の強化版ですね。一般人の「身内」になっただけで、あれこれ世話をやいてもらえるのですから、マフィア(チンパン)の一人になったら、ナカマが必死で助けてくれそうです。

          刎頸の交わりで有名な弔事土な張珥と陳余は侠客ですね。ただ、刺客列伝と侠客は直接関係ないのでは?5人の主人公のうち、はっきり侠客とわかるのは、荊軻だけかと思います。

        2. 名古屋の住人 より:

          たい様

          >適用される範囲が極めて狭い

          この件について、少し補足したいと思います。

          「適用される範囲が極めて狭い」とは、中国人が「外人(ワイレン)」に対し、いつでもどこでも「契約」や「約束」を守らないということではありません。

          ◎「自己人(ツーチーレン)」に比べて、「外人」に対する「契約」「約束」「信用」「信頼」等を守る優先順位が明らかに低い
          ◎「自己人」の利益や信用を守るためなら、「外人」との「契約」「約束」を反故にすることをあまり躊躇しない
          ◎同時に、例え相手が「外人」であろうとも、「自己人」や自らにとってプラスになることであれば、当然「契約」「約束」を守る行動を選択する

          また、中国政府(中国共産党)がどれだけ反日活動に駆り立てる笛を吹こうとも、「自己人」や自らに危害が加わる(例:アリババに対する約182億元の罰金(独占禁止法違反)等)リスクがなければ、そんな無駄なことに時間とカネを費やすより、自らのビジネス拡大(例:日系企業や日本企業との安定した取引の維持等)に尽力した方がマシ、といったところでしょうか。

          そうした点が、国内の同調圧力が極めて強い(?)韓国とは全く異なる行動原理ではないかと思います。

  6. ひろた より:

    誰も書いてないから。お昼ご飯の話題で。
    今日は行きつけワインショップの併設バー。
    とりあえず。
    白ワイン2杯。
    サルシッチャ、サルミ盛り合わせ。
    ドライフルーツ。
    ここはメインがないからあと赤2杯と買い物してから別の店へ。

  7. とある福岡市民 より:

    おもしろいものを見つけました。
    「ムン苦の叫び」
    ↓ ↓ ↓
    https://mobile.twitter.com/vTxpqRVTUijcIq4/status/1410595583841030156

    1. はにわファクトリー より:

      味わい深いです。
      ただしタイトルを「壊れた上司」「謝罪社長の辞任会見」に付け替えると、冷たく笑ってばかりはいられないです。

    2. 美術好きのおばさん より:

      とある福岡市民さま、

      面白…もとい、面黒い作品(!)をご紹介くださり、ありがとうございます。特に、画面後方の安倍さんとおぼしき人物が両手を広げて「もう、お手上げ!」と呟いている(多分)姿に、なんとも言えぬ味わい深いものがあり、作者はこれを表現したかったのではと思ってしまいました。

      画面前方のメガネさんは叫びながら何処へ向かっているのでしょう? カの国では、叫ぶノムさんや叫ぶ月山さん等いろいろなバージョンがあるようです。

  8. わんわん より:

    ゴルゴ13 201巻達成
    産経新聞 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/97236ca4b6706a87bdb63245e55550bd36d0ee7d
     さいとう・たかを/さいとう・プロダクションおめでとうございます

    未完になりそう 
    冨樫義博 ハンターハンター
    美内すずえ ガラスの仮面
    青山剛昌 名探偵コナン
     コナンだけは完結して欲しい

    残念未完になってしまいました
    三浦建太郎 ベルセルク
     哀悼の意を表します
    ※敬称略

    1. りょうちん より:

      グインサーガが未完にならないことが不思議だ・・・。
      誰得なんだろう。

      1. とある福岡市民 より:

        >誰得なんだろう

         それを引き継いで書く作家さんと、売れ筋のコンテンツを終わらせたくない早川書房ではないでしょうか?
         アニメだったらよくある話ではありませんか。シンエイ動画とか。

    2. たい より:

      未完注意報追加
      岩明均 ヒストリエ 
       ディアドコイ戦争どころか、アレクサンドロスの東征はいつになるかわからないレベル。

      みなもと太郎 風雲児たち幕末編
       著者休載らしく少し心配。年数はわずかでもイベントてんこ盛りで、無事ゴールまで辿り着けるか。

      1. iwamurasta より:

        ヒストリエ、面白いですね。
        この10年ほど、話が進みませんが(笑)

        テラフォーマーズ
        第2部までは綺麗にまとまりましたが、第3部の連載が始まってしばらくしてから、さっぱりなようですが、再開されているのでしょうか。

      2. りょうちん より:

        下描きを平気で載せるのがねえ。>ヒストリエ
        原作作品はすんなり終わるのにw

    3. マスオ より:

      「未完になりそう」にしときたい作品
      原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ
      『アクタージュ act-age』
      突然の打ち切りに、打ちひしがれました。

      「世紀末リーダー伝たけし」みたいに、
      いつかどこかで復活を願います。

      1. sey g より:

        マスオ様

        アクタージュは残念でしたね。
        ジャンプ原作者が逮捕で、真っ先に予想し、ハズレてくれと祈ったが当たってしまって、絶望してしまいました。

        女優版天下一武道会。
        作画が原作者の事を毛嫌いしてるらしいし、復活したら儲けものですね。

        毎週ジャンプで唯一楽しみにしてたさく品。
        原作者なんで、後にペンネーム変えて、別の雑誌で復活するといいですね。

        1. マスオ より:

          sey g 様、レスどうもです。
          そうなんです。これから!って時だったから残念でした。
          夜凪景の成長を親心のように見守ってました。

          ちなみに、今連載中の私のジャンプの一押しは、
          宮崎周平「僕とロボコ」です。
          時々「今の若い子は知らないだろうな~」ってギャグでくすっとできます。

          アクタージュ、是非、復帰してほしいです。

      2. カズ より:

        被害当事者の承諾。執行猶予期間においての改心。社会貢献等により世の禊を受けられてこその復帰なのだと思います。(本人次第です。)

        面白かっただけに残念ですね。

        1. マスオ より:

          なるほど、復帰するにはそんなハードルがあるんですね。
          乗り越えて復帰してほしいです!

    4. より:

      「ガラスの仮面」は、どのような結末になるかは誰もが判っているのに、そこまで辿り着いてくれそうもないというあたりが…(悲)

      あとは未完の帝王とでも呼ぶべき江口寿史。
      「すすめパイレーツ」以外にちゃんと完結させたことがないという……

      1. iwamurasta より:

        ガラスの仮面
        まず妹たちが集めはじめ、その志を娘たちが引き継ぎました。このままですと、さらにその下の世代が集めそうです。もちろん、刊行されればですが。

        バガボンド
        井上雄彦氏のスラムダンクはちゃんと終わりましたが、武蔵と小次郎はいつたいいつ対決するのでしょうか?

      2. りょうちん より:

        ガラスの仮面の続き具合は話題になりますが、王家の紋章はあんまりネタにならないですね。
        まあ、途中で黒電話からスマホになったりはしないですから。

        1. カズ より:

          >王家の紋章
          途中で読まなくなったんですけど、まだ続いてたんですね。
          パタリロなんかも生き残ってるのかな??

          *携帯電話登場の衝撃は忘れられないですね。

      3. わんわん より:

         「白いワニ」ですね w
        幸か?不幸か?美少女イラスト(ひばりくんは男ですが w)大人気でしたからね

    5. 宇宙戦士バルディオス より:

      >未完になりそう 
       エロイカより愛をこめて
       を忘れています。エロイカ、ガラスの仮面、パタリロは、原作者死去以外では終わらないでしょう。

      1. りょうちん より:

        エロイカもソ連が無くなったのでミーシャの所属がややこしいことに。
        時事問題を扱うご長寿漫画の宿命です。

        1. 宇宙戦士バルディオス より:

           ミーシャや白クマの所属はFSB(ロシア連邦保安局)です。リストラはされなかったようで。個人的には、少佐よりミーシャの部下の方がいいですね。選べるとしたら。ミーシャは、少佐より部下に対する情愛がありますから(マイホーム主義者でもある。家族を大事にしない者は、部下も大事にしない)。

    6. パーヨクのエ作員 より:

      >残念未完になってしまいました

      自分の読破するのが未完になったモノ

      宇宙英雄ペリー・ローダンシリーズ。
      日本語版でもちょっと未読分を読むのが大変です(笑)。

      1. わんわん より:

        流石に無謀でしょう w

        wikiからの引用
        >ドイツ版ヘフト2巻を1巻とする形で早川書房から出版されており、2020年1月20日現在、608巻まで刊行されている。

      2. 昭和生まれ より:

        250巻位までは購入していましたが、100巻位までしか読めていません。以降は惰性で買い続けました。もう小さい字は読めません。
        当時のお金で5万円くらい積読となってしまいました。

    7. チキンサラダ より:

      諸星大二郎の西遊妖猿伝、完結を見ることはないのだろうなと諦めながら読んでます。
      一の瀬圭の鼻紙写楽も、完結を見ることはないのでしょうね。日本漫画市場屈指の名作だと思いますが…

      1. わんわん より:

        西遊妖猿伝 アクションコミック分で完結と勘違いしてました

        一ノ瀬圭 ずいぶん寡作な方のようで┅

      2. たい より:

        ええと、今は牛魔王登場で…
        原作をwikiで調べてみると…
        全100回の60回らへん。諸星大二郎氏は今71歳とのこと。
        多分大丈夫じゃないでしょうか(遠い目)
        イリューシカの再登場に期待ですが、七仙姑みたいな末路はいやだなあ(遠い目再度)

        1. チキンサラダ より:

          今調べて知ったのですが、七仙姑の最後って、アクションコミックとそれ以外で違うんですね。

  9. 阿野煮鱒 より:

    香港ノワールの中でも、割と大規模に日本で劇場公開された映画に『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』といういかにもハードボイルドな邦題を付けられた作品があります。

    中国題名は『復仇』、英語では『VENGEANCE』です。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00418546C/

    主人公はフランス人の元殺し屋。彼が復讐のためにマカオで雇った三人の殺し屋は中国系マカオ人。まあ、中国人とフランス人の間に友情が成立したわけですよ。詳しくは書けませんが、マカオの殺し屋達はフランス人のために死を覚悟したのです。

    この映画を初めて観たとき、自分の命が何より大事な中国人らしからぬ決意を不思議に思いました。その後、「共に死地に赴くことを誓った仲」という関係がある事を知って納得しました。

    香港ノワール、いいですよ。

    1. ひろた より:

      映画館で見ました。
      ジョニートー監督は、ザ・ミッション、エグザイル/絆、と見ています。
      10年くらい前には新宿武蔵野館で「ニュー香港ノワール・フェス」も観ました。
      最近だとアンソニー・ウォン主演の凛楽の人。
      ヒューマンドラマの名作だと思います。雨傘革命を支持して映画界を干されていたアンソニー・ウォンがノーギャラで出演した映画です。

      1. 阿野煮鱒 より:

        ご存じの方がいらっしゃって嬉しく思います。

        当方は地方都市在住のため、都内なら観られるであろう機会に恵まれることはありません。羨ましいです。

        > 雨傘革命を支持して映画界を干されていたアンソニー・ウォンがノーギャラで出演した映画です。

        切ないですね。今後の香港の動向を思えば、香港ノワールも衰退は免れないでしょう。

  10. だんな より:

    今日も皆さんのコメントが、勉強になりましたm(__)m

  11. sey g より:

    「室町は今日もハードボイルド」

    清水克行氏の最新刊。
    室町時代の日本人は、現代と違い 生と死が普通に隣り合わせのヤバイ時代だったというのを古文書から解き明かした名著。

    この著者の書籍は、どれも読みやすく面白い。

    「母開」という悪口があり、意味はお前の母親と寝たぞらしい。この言葉は殺されても文句言えない罵詈雑言。
    「お前の母ちゃんデベソ」も、実は同じ意味かも知れないとこの著者は記してます。

    1. とある福岡市民 より:

       新刊、ぜひ読みたいです。
       「謎の独立国家ソマリランド」の高野秀行さんとのトークから誕生した「世界の辺境とハードボイルド室町時代」もおもしろかったです。

      1. sey g より:

        とある福岡市民様

        自分も世界の辺境を読んで、ファンになったんです。

        高野氏とのコラボ2冊とも面白かったです。
        文庫になってるので、そっちも欲しいけど、ハード買ってるから迷ってます。

  12. たい より:

    こらーっ!◯ちゃん
    お父さんの目の前で、思いっきりブー二連発するんじゃありません(怒)
    せめてプーにしなさい…
    父親の目の前で二連発してキャッキャ喜ぶ4歳児を前にしての感想です。
    こうして、父親の威厳は消えていくのだなあw

    (新宿会計士注:このコメントは個人情報、名誉毀損、性的、わいせつ、低俗、公序良俗違反その他の事情に相当すると判断したため、削除しました。)

    1. たい より:

      ちょっとふざけすぎましたね。失礼しました。

    2. とある福岡市民 より:

      でもほほえましいですよ(^ ^) お姉ちゃん、お元気そうで何よりです。弟ちゃんもお元気でしょうか?

      1. たい より:

        あえて時間差で返信です。
        弟は元気は元気ですが、口唇口蓋裂でした。
        で、今付き添いの嫁と共に手術で入院です。 
        手術は先週火曜日に終わり、明日抜糸、何もなければ明後日退院。
        この後も何回か手術が必要みたいです。ただ、何故か口唇口蓋裂の子供は心臓に異常がある事が多いとの事ですが、他の異常は全くないのは幸いでした。
        あらためて日本の医療技術及び制度に感謝です。
        付き添いの嫁も大変だったと思いますし、私も生活リズムが変わり少々疲れました。
        娘は偉い事に大してむずかる事はありませんでした。
        プリキュアやクレヨンしんちゃん、ドラえもんのDVDを借りまくりましたが。

    3. 新宿会計士 より:

      (新宿会計士注:このコメントは個人情報、名誉毀損、性的、わいせつ、低俗、公序良俗違反その他の事情に相当するとは判断しなかったため、削除しませんでした)

      1. 阿野煮鱒 より:

        本日5時の投稿に備えてお休みなさいませ。
        (オレモナー AA略)

      2. たい より:

        消えてないー
        ぎゃあー

  13. より:

    なんだか、このところ殺伐とした話題に殺伐としたコメントばかり書いているような気がしてきたので、ささやかな気分転換をご提供しようかな、と思いまして。

    DIALOGUE+: あやふわアスタリスク
    https://www.youtube.com/watch?v=PomsMwiBgsw

    ちょっと小洒落たサウンドに透明感のあるヴォーカル&コーラスが乗ってきます。
    どこがと問われると答えるのが難しいのだけど、妙に引っかかるものを感じてしまう楽曲です。

    イヤホンズ: あたしのなかのものがたり Live ver.
    https://www.youtube.com/watch?v=cHrXBqYzBFM

    イヤホンズは元々「それが声優」というアニメのために組まれたユニットだったのですが、アニメ終了後も活動を続け、続けていくうちに、様々な音楽的実験を試みる特異なユニットになりました。上掲の楽曲はその典型ですが、とても緻密で構築的な楽曲をよくぞライブで歌ったなと感嘆したものです。

    1. わんわん より:

      癒やしの女子高生の声 w

      国歌独唱 野々村綾乃
      https://youtu.be/c8p0H0cwLkQ
       現在 ソプラノ歌手をなさってます
       オリンピックでは国歌独唱をしていただきたい

      栄冠は君に輝く 宮澤愛菜
      https://youtu.be/huBqdA8Fx-g
       古関裕而に聞かせたい

      ※敬称略

    2. 七味 より:

      イヤホンズの次回予告は楽しかったのです♪

  14. だんな より:

    ソウル市の人口減少幅 過去5年で最大に=15万人減
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3acfee8ba362689a8fabadab02c57ee1553d3ed0
    先日のソウル不動産投資の時に、需要が増加しているという仮定が、有りました。

    >6月の人口は、956万5990人だった。前年の972万846人から15万4856人(1.59%)減少した
    一時は998万人に達していて、減少トレンドが大きくなたという事です。

    1. りょうちん より:

      韓国と中国の人口オーナスの影響がどうなるかは興味深いところです。

      1. チキンサラダ より:

        20年くらい前、日本が人口オーナスで苦境に陥ったと騒がれだした頃、日本以上に急激に人口減になることが予想されていた韓国の社会学者は、こう答えてましたね。
        「韓国は大丈夫。日本の対応策を見て真似すれば良いだけだから」

        この本に載ってた気がします。

        デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川新書)
        Amazon.co.jpによる
        詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4047102334/ref=cm_sw_em_r_mt_imm_awdb_V8HPQZADQNXXDRA7GV98

    2. チキンサラダ より:

      あれれ?ソウルが人口減ですか。これは驚くニュースですね。
      日本全体は人口減ですが、東京、札幌、福岡などの中核都市は人口がむしろ増えていたように思います。

      韓国は日本以上にソウルへの集中が激しいですし、まだまだ人口増なのかと思っていました。

      これは掘って調べる必要ありそうですね。

  15. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     南朝鮮って今迄先進国じゃなかったのね。でもこれで自称世界最優秀民族様が他称に一歩近づいたと思うので良かった良かった。しかも南朝鮮が初めてとは。起源主張出来そうで何よりです。

    https://hosyusokuhou.jp/archives/48906449.html

     熱海の土砂崩れを喜んでる連中が居るみたいですが、これを機に内心に留める分別も身に着けて欲しいです。

    https://hosyusokuhou.jp/archives/48906505.html

     土砂崩れ、大雨は過去幾度も起きているのに何故?太陽光パネルが原因なのか知りませんが、原因の究明と対策しっかり取って欲しいです。南無。

    1. 老害 より:

      ビトウ さま

      >熱海の土砂崩れを喜んでる連中が居るみたいですが、これを機に内心に留める分別も身に着けて欲しいです。

      半島民に、そのような分別があるなら、我々から軽蔑されることもないわけでして。(分かって書かれているのでしょうけど)
      人間としては、最低レベルの言動です。(異分類への編入を目指しているのでしょうか?)

    2. 門外漢 より:

      ビトウ 様
      地すべりの起きる箇所は何度も起きるもので、熱海の当該地形もそのようです。
      が、メガソーラーの造成が引き鉄になった可能性はあります。
      地すべりを抑える方法はいろいろありますが、裾野に盛り土をして重量で抑える方法。上部を切り取って軽くする方法などがあります。
      つまり上部に盛り土するなんて論外なのです。樹林の伐採を置いておくとしても。
      以前の鬼怒川氾濫と言い、今度の例と言い、太陽光発電が環境に良いなんて嘘っぱち、少なくとも造成にはもっと規制を掛けねばなりません。
      民主党利権で中国を儲けさせるだけの事業なんです。

  16. iwamurasta より:

    オススメの過去ログを教えていただきたいと思います。
    サイト主さまの記事は数年読んでおりますが、皆様のコメントを読み始めたのはこの数ヶ月です。サイト主さまの記事は今更私が言うまでもなく、知的好奇心が刺激されとても読み応えがありますが、これら記事に劣らずとても内容の濃いコメントが数多くあり、日々関心し、学ばせていただいている次第です。
    ただ、なにせ記事数が多い。
    サイト主さまの記事の更新を、仮に1日3回としても、1年で約1,000記事、5年で5,000記事になります。膨大な量です。加えて秀逸な読者投稿群、雑談専用記事群もある。しかも私は、読むのが遅い(笑)。
    興味があるジャンルの記事をさかのぼり、コメント数が多い記事から、少しずつ過去ログを読んでいますが、5,000記事以上ありますと、コメントまで読み終えるのは、一体いつになるのやら。
    そういうわけで、この過去ログ及びコメントは、読んでおいた方がいいよ、印象に残っているよ、よくまとまっているよ、というようなオススメの記事を思いつかれましたら、教えていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

    1. たい より:

      触発されて過去記事にコメントしてらっしゃる方々のお名前をパラパラ見ていて。
      めがねのおやじ様は最古参格ですねw
      宇宙戦士バルディアス様や、(元)韓国在住日本人様、りょうちん様が続くあたりか。
      やはり、今とはメンツが違いますね。
      昔とは名前を変えて今もコメントしていらっしゃる方もいるのでしょうか?

      1. iwamurasta より:

        たい さま
        長い方、何人もおられますね。私自身、こちらを知ったのは、日経ビジネスオンラインで連載されていた鈴置さんの「早読み 深読み 朝鮮半島」の最終回ですから、先程ログを確認しましたら、2019年1月8日でした。リンクに従って、こちらのサイトを開いて読んだら面白くて、以来購読しております。

        時系列全記事一覧から、ざーっとながめてみましたら、
        2018年10月30日の記事

        「越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至」にコメントが50、
        https://shinjukuacc.com/20181030-05/

        2018年11月2日の記事
        「徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし」
        https://shinjukuacc.com/20181102-03/

        に60コメントついており、まずおさえておくべき記事かなあ、と思っております。

        1. iwamurasta より:

          時系列全記事一覧より、2021年のサイト主さんの記事で、コメントが約100以上ついている記事をざっとピックアップしてみました。これだけでも相当読み応えがあります。個人で運営されているサイトで、これだけ記事にコメントがつくのはすごいと思います。

          2021/06/16 05:00 【韓国崩壊】
          日本が何を問題としているかを理解しない韓国メディア (98コメント)
          https://shinjukuacc.com/20210616-01/

          2021/06/12 05:00 【韓国崩壊】
          どうしてもやめられない、韓国の「ツートラック外交」 (104コメント)
          https://shinjukuacc.com/20210612-01/

          2021/05/19 12:00 【マスメディア論】
          岸信夫防衛相が朝日新聞出版と毎日新聞に抗議した理由 (124コメント)
          https://shinjukuacc.com/20210519-04/

          2021/05/12 12:12 【文芸】
          漢字廃止と韓国メディア「リテラシー最下位」説の関係 (149コメント)
          https://shinjukuacc.com/20210512-04/

          2021/01/24 05:00 【外交】
          帰国済み南官杓氏を日本政府がいまだ大使扱い、なぜ? (97コメント)
          https://shinjukuacc.com/20210124-01/

        2. たい より:

          iwamurasta様
          上記リンク見てみました。
          ありがとうございます。
          個人的に滅茶苦茶面白かったです。
          常連投稿主の書き込み方や推移とかは、社会学的に一つのテーマになるかなあ。

          1. iwamurasta より:

            たい さま
            ありがとうございます。コメントを投稿される方々は、理系・文系ともに高度に専門的な知識をお持ちの方が多くいらっしゃるようで、最近個人的には、下手な新書や雑誌を読むより、こちらのコメントを読んでいるほうが面白く感じています。いろいろアイディアも思いつきそうですよね。過去ログは基本どれも面白いんですが、何しろ膨大で、いかにしてよりコアな過去ログに効率良くたどり着くか、悩ましいところです(笑)

      2. 簿記3級 より:

        最近ではシンシアリーさんの所で昔よく見た名前を拝見することが多いです。カニ男さんとハゲ親父さんのやり取りは怪獣大戦争を見ているみたいでワクワクします(笑)

        1. iwamurasta より:

          簿記3級 さま
          シンシアリーさんのブログ、コメントは読んでおりませんでした。面白そうなので、そちらも読んでみたいと思います。

        2. チキンサラダ より:

          カニ男さん、こちらから居なくなったのが残念です。

        3. たい より:

          また、よりによって濃いお二方w

  17. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう、しつこいくらいに自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
     本日の朝日新聞に、「各局の朝の番組の改編で、世代視聴率から特定の層を狙ったコア視聴率重視の番組に変えた」との記事がありました。これは、(事実上)朝日新聞の読者に対して、「コア視聴者以外のための番組は作らない」と宣言したに等しいと、考えるのは考えすぎでしょうか。(朝日新聞も、他人のことなら、よく分かるみたいです)
     といことは、韓流ドラマや中国ドラマも、それが(スポンサーが重視する)コア視聴者に突き刺さっている限り、放送され続けるのでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

  18. タナカ珈琲 より:

    藤井聡太二冠が3連勝で棋聖位を防衛しました。
    タイトル3期獲得で九段になりました。

    とある福岡市民様予言の(八段を名乗らずに)九段になると、予言⁇されました。予言的中です。お見事です。(脱帽)

    既出でしたら見落としです。ゴメンです。

    1. ちかの より:

      タナカ珈琲様
      藤井聡太二冠、九段昇格おめでとうございます!
      同時に最年少タイトル防衛!もおめでとうございます。
      ただ、得手苦手の相手がクッキリしてきているようですねー。
      王位もガンバ!です。

    2. とある福岡市民 より:

       別に予言って程では……そもそも私じゃなくTwitterで流れてた話ですし。

       それにしても、棋士に取ってはゴールの一つである九段。届かずに引退する棋士の方が多い九段、それを18歳11ヶ月で到達してしまったとはすごいです。しかも九段昇段最年少記録・21歳7ヶ月を持つ渡辺明名人に勝って塗り替えるとは。

       この調子なら谷川浩司九段が名人位を獲った21歳2ヶ月も更新するかもしれませんね。今年のB級1組残り九局を全勝で勝ち抜く事が前提ですけれども。

       不思議なのは、藤井二冠は同郷の豊島将之竜王を極端に苦手としている事です。先日の王位戦第一局もそうでした。
       渡辺名人は豊島竜王に強く、豊島竜王は藤井二冠に強く、藤井二冠は渡辺名人に強い、という状況です。この三方及びそれに次ぐ永瀬拓矢王座のトップ4がどう勢力図を塗り替えるか、今後の楽しみにしてます。

      1. チキンサラダ より:

        羽生さんが出てきた時、これ以上強い人は将棋の歴史上、後にも先にも現れない、と思ったものでした。しかし、まさか羽生さんが現役の間にそれを上回りそうな逸材が現れるとは。

        1. iwamurasta より:

          羽生さんが出てきた時の衝撃は覚えています。まず、読みが はぶ なのか、はにゅう なのか悩みました(笑)。藤井さんすごいですね。野球にしても、サッカーにしても、日本出身の人たちが世界最高峰のステージで何人も活躍していて、とても頼もしいです。

      2. 名古屋の住人 より:

        とある福岡市民 様

        藤井二冠は最年少タイトル防衛記録と最年少九段昇進の2つの記録を塗り替えましたね!
        棋聖戦タイトル防衛後の記者会見に杉本師匠の姿がありませんでしたが、おそらく熱海地区の豪雨・土砂災害で新幹線も高速道路も止まってしまい、歴史的な会見の場に立ち会えなかったのでしょう。

        熱海地区で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

        ところで、既にご存知かもしれませんが、藤井二冠が特に苦手としている豊島竜王のインタビュー記事(全3章)をご紹介いたします。
        聞き手は『りゅうおうのおしごと! 』作者である白鳥士郎氏。全3章を通じて、豊島竜王の朴訥とした口調がとても印象に残りました。

        ここで特にご紹介したいのが第2章の後半、豊島竜王が藤井二冠について語る場面(諏訪景子氏が撮影した豊島竜王の横顔の写真のすぐ下)で、聞き手の白鳥氏が豊島竜王の素顔をこう記しています。

        「豊島は気づいているだろうか?」
        「豊島が藤井について語るときは、少し表情が輝いて見える。それこそ、子供の頃に戻ったかのように。」

        これこそ、藤井二冠が棋聖戦防衛後の記者会見で記者の質問における「豊島竜王との対戦」に対する回答と一致していました。

        お二方に共通するものは、将棋の勝ち負けより、タイトルの奪取・防衛より、「将棋」に真摯に向き合うことを通じて、常に「より強い棋士を目指す」という姿勢であり、共に切磋琢磨できる稀有な存在であるということでした。

        また、棋聖戦第3局終了後の藤井二冠と渡辺名人の感想戦。
        渡辺名人が独特の愛嬌を以てあれやこれやと「最善の指し手とは何だったのか?」と、はたから見るととても楽しそうに(?)研究を重ねている姿は、将棋界の四天王同士の対決ならではの、高度な将棋の世界を垣間見た気がしました。

        私は藤井二冠の快進撃と杉本師匠の満面の笑みに感化されて俄か将棋ファンとなった新参者ですが、下記の豊島竜王へのインタビュー記事はとても興味深く読みました。もしご興味がありましたらご覧ください。

        ◎【流れゆく水のように 豊島将之竜王・叡王インタビュー 】
        第1章 なぜ豊島将之は藤井聡太に6連勝したのか?
        https://originalnews.nico/315552

        ◎第2章 最強の棋士像
        https://bunshun.jp/articles/-/45688

        ◎第3章 そして、叡王へ……
        https://originalnews.nico/315427

        1. とある福岡市民 より:

          名古屋の住人 様

           ご紹介の記事、おもしろかったです。ありがとうございます。

           実は豊島将之竜王については、最初は「なかなかタイトルに届かない非運の棋士」、名人就位からは「私の同郷同級生の佐藤天彦九段から名人位をかっさらった人(できれば佐藤天彦九段には永世名人を取って欲しかったです。もう無理でしょうけど)と思ってて、生い立ちや人柄を知りませんでした。
           これから先、藤井二冠と共にトップに君臨し続ける姿を楽しみにしています。

  19. だんな より:

    世界一で誇らしいニダ。
    「自殺大国」の汚名返上ならず 19年も死者増加=韓国
    https://s.wowkorea.jp/news/read/305980/
     
    一昨年の数字です。
    去年は、大体の国で増えているんじゃないかと、想像します。

    2019年の韓国の自殺者は前年より129人(0.9%)増加した1万3799人だった。

     人口10万人当たりの自殺者数は26.9人で前年比0.2人(0.9%)増加した。男性が自殺者の70.5%を占めたが、自傷や自殺企図で病院に緊急搬送された割合は女性が57.4%と男性を上回った。

    リスカブスは、間違いでは無さそうです。
    私は、分断社会と憤怒調整障害が関連すると思っています。

  20. タナカ珈琲 より:

    H様

    ベイスターズが巨人戦で、今年初めての勝利です。長かったけど、1勝できておめでとう。コレで1勝8敗3分です。(多分です。間違ってたらゴメン…。)
    🍾㊗️です。たったの1勝だけど、貴重な1勝です。この1勝はどんだけ褒めても褒めすぎる事は有りませんと、考えて居ます。
    キット、H様もワタシだけの考えに同意してくださると愚考して居ます。
    ゴホン、ゴホン、ゴホン……。

    蛇足です。
    チナミにどっかのチームは今日もマケました。

    1. H より:

      タナカ珈琲様

      大きな1勝ですね、ベイスターズは今季
      ジャイアンツにあと5勝ぐらいしてくれ
      ないかと夢みてます
      そしたら、もしかして、、、です
      我らが虎は正念場の夏です

      それにしても大谷選手は凄いですね
      縦じまを横じまにして阪神百貨店も
      あげるから来てくれないかなぁ
      イカ焼き食べたくなりました

  21. 匿名 より:

    こんな記事を見かけたので、韓国のフッ化水素の総使用量が推し量れるかなとちょっと中身見てみたんだけど(内容は大本営発表みたいですが)
    韓国人「フッ化水素の輸出規制から2年‥日本が韓国に敗北し、韓国のフッ化水素対日依存度も6分の1に減少」 韓国の反応
    http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/55887799.html
    https://news.v.daum.net/v/20210702113101806

    輸入価格 6686万ドル(18年)→938万ドル(20年) 86%、5748万ドル減少
    シェア 50%に肉迫(18年?)→10%台(20年) 6分の1なら17% 50%から17%で66%減少
    シェアが価格ベースだとすると18年の50%が6686万ドルなら、18年の韓国のフッ化水素利用の価格総額は13372万ドル、20年は17%が938万ドルなら5517万ドルなので18年から59%減。韓国が輸入数量を減らせないのは高価格品で、かつて森田化学から大量輸入していたものが低純度低価格品だとすると数量ベースではもっと減っていることになりますね。輸出管理強化がガッツリ効いて不適切利用が駆逐されているように見えますw シェアが数量ベースならこのサイトで紹介されている輸出統計(「輸出規制は日本企業にブーメラン」という韓国の妄想 配信日時:2021/02/08 12:00 https://shinjukuacc.com/20210208-03/ など)を使って補正する必要がありますし、大統領発表のようなので減少分をかなり盛っている可能性もありますけど、それでも価格ベースで半分に、数量ベースではそれ以下になっている可能性はありますね。

    関係ないんですけど、このサイトって記事を検索できないんですかね?前記事一覧をさかのぼって上記記事は見つかったんですけど、検索窓を見つけられませんでした。

    1. 匿名 より:

      18年と20年で数量が変わらないとすると、日本以外からの購入価格4579万ドル(5517-938)で18年の価格にして12434万ドル(13372-938)相当を購入したってことですかね。

  22. とある福岡市民 より:

    空飛ぶクルマ、35分の都市間飛行に成功 「SFが現実に」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/355b4c5529171f3a708234299efab9f4bac460bd

     このニュースを見てポルノグラフィティ「ヒトリノ夜」を思い出しました。

    想像していたよりも ずっと未来は現実的だね
    車もしばらく 空を走る予定もなさそうさ
    そして 今日も 地下鉄に乗り
    無口な 他人と 街に置き去りね
    だからロンリーロンリー 切なくて 壊れそうな夜にさえ
    ロンリーロンリー 君だけは オリジナルラブを貫いて〜♫

     「ヒトリノ夜」発売から17年、車が空を走る日が見えてきました!

    1. わんわん より:

       余談です
      「空飛ぶクルマ」って何?
      空を飛ぶなら飛行機ジャン と思ってしまうのは私だけでは無いと思います

      「空飛ぶクルマ」を勝手に定義 w
       地上走行を主目的と車両で飛行も可能な乗り物
      と言うのはいかがでしょうか?

       現代の自動車は如何に飛ばないようにするか?(ダウンフォース)と設計されています
      相反することをどのようにバランスをとるかが興味深いですね

      1. とある福岡市民 より:

        > 「空飛ぶクルマ」を勝手に定義 w
         地上走行を主目的と車両で飛行も可能な乗り物

         つまり、水陸両用車ならぬ、陸空両用車ですね。
         水空両用の飛行機か船ができる日も来そうです。水空両用ドローンはすでにありますので。

         あと、「空飛ぶタイヤ」もありますよ。
        ↓ ↓ ↓
        https://www.amazon.co.jp/空飛ぶタイヤ-長瀬智也/dp/B07VMTQWPS

  23. 匿名 より:

    都議選の結果がでました。
    さまざまな評価がありますが数字だけ見ると、都民ファは議席を減らし第二党へ、自民が第一党に返り咲くも差は二議席。
    公明は出馬候補全員当選ですが自公で過半数届かず、共産は一議席増で立民が七議席増でした。
    期日前投票は前回を上回るも、当日の天候もあってか投票率は過去二番目の低さでした。

    この結果についてみなさんの意見をお聞きしたいです。

    私はいわゆる無党派なので特に思うところはないですが、ただ特定野党は好きではないので、もうちょっと自民なりが頑張ってほしかったとは思います。

    1. 某都民 より:

      立民が議席伸ばした事と共産が前回より僅かに増となったことには若干の不安を覚えます。あとは投票率の低さですね。
      こちらのサイトでも散々仰られている様に、選挙に臨む考え方を分かっているのか、同じ都民として疑問に思います。
      多分政策なんて碌に読んでおらず、マスゴミが強調する政府批判を間に受けてイメージで投票した方々が、少なくとも我が区では多かった様です。
      あとは、城南エリアは意外と左巻きな人が多いのではないかという疑念も浮かんできました。中小零細企業が多いから?

    2. りょうちん より:

      最近は、都民ファシスト党があるのか。東京は過去に生きてんな…。と思ってしまいました>都民ファ

  24. 田舎人 より:

    珍しく、一読の価値があると思われる韓国の記事が、出ました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c42a4c7a90e9d0c6294dd63b3875a13a0ff0457
    著書『無法の時間』を出す韓国弁護士「文政権はナチズムと似ている」(1)

  25. だんな より:

    一人でやってますが、違法デモの話です。

    保守集会には「殺人者」と言った韓国大統領府、民主労総のデモには沈黙
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/280401?servcode=200&sectcode=200
    露骨なネロナムブルですが、韓国では犯罪、人権など、ウリとナムで違うのは当たり前です。

    >文大統領が民主労組に断固とした態度を取ることができない理由は、民主労組が政権創出の持分を持っているためだという観測が多い。

    ここで聞き慣れないのが「持分」という単語で、日本語で言うと「利権」のような物です。
    文大統領が誕生したのは、ご存知の通り「ロウソクデモ」のおかげです。
    ロウソクデモの主体が、親北組織の民主労組で、大統領に分前を要求する権利が有るという事です。

    デモの資金が、中朝工作機関から出ていて、文大統領は中朝工作員だというのは、私の妄想です。

  26. イーシャ より:

    韓国人って、どうしてこんなに理解力がないのでしょう。

    イタリア、日本観光客はパス・韓国観光客は隔離” (中央日報日本語版 2021.07.05 10:37) より

    グリーンパスは2回目までワクチン接種を完了し

    自分で、そう明記しているでしょう。

    日本より下の扱いをされてホルホルできないと、すぐに発狂するのは知っていますが、
    これは、それ以前の問題。

    グリーンパスが日本には適用され、韓国に適用されない点は疑問だ。英国オックスフォード大学の統計情報によると、3日基準で韓国の1回目のワクチン接種者は30%で、世界最上位圏であるカナダ(68%)、イスラエル(65%)、米国(54%)などには及ばないが、日本(23.7%)より多い。

    算数が苦手だとは聞いていますが、2回と1回の区別もできないのですね。

    そんなことでは、科学系のノーベル賞なんて夢のまた夢。
    いつまでたっても、脳減る症のままですよ。

    まぁ、欧州の立場では、韓国人なんかに来られては迷惑だと考えている可能性も排除できませんけどね。
    日本も、そう考えていますから。

    1. だんな より:

      イーシャさま
      イーシャさんが上げると思ってました。
      「キムチ臭いせいだと気付いていないから」という結論を期待してましたが、正攻法でしたね。
      この記事で出た疑問は、韓国人が日本に来てもお金を使わない説(私は滞在日数が短いからだ派)が、イタリアに行く日本人と韓国人は、どちらが消費するのか?です。

      コロナ明けに日本に来たい韓国人は60%のアンケート結果には、イラッとしました。

      1. イーシャ より:

        だんな 様
        真面目にツッコミ読みしたニダ。
        仮に使う金額が同じだとしても、敢えて韓国人なんかに来てもらう理由はあるニカ ?

    2. H より:

      イーシャ様

      脳減る症、言うた
      雀の涙ぐらいしかないのに

      1. イーシャ より:

        H 様
        寄生虫は、栄養吸収能力と生殖能力以外は退化するそうです。
        その割には 9cm ですが・・・

        おっと、お約束を忘れるとことでした。
        雀の涙に失礼ニダ。

    3. チキンサラダ より:

      すいません、本題と関係ないことなのですが、引用文を表示するのはどうやっているのですか?
      今回なら、

      > グリーンパスは2回目までワクチン接種を完了し

      の部分、どう記述すると引用ブロックで囲まれるのですか?

      1. チキンサラダ より:

        引用

        自己解決しました。お騒がせしました。

        return;

  27. だんな より:

    他で見つかりませんでしたので、別ブログです。

    【韓国】VANK、『東京オリンピックの政治利用』~日本政府批判のポスター配布
    http://hannichigukoku.info/blog-entry-29865.html

    ポスター画像のみは、
    https://blog-imgs-148.fc2.com/h/a/n/hannichigukoku/AKR20210705021300371_01_i_P4.jpg

    菅総理を使ってますので、日本政府が抗議するレベルだと思います。

  28. マスオ より:

    文大統領、オリンピック来るみたいですね。
    残念。
    首脳会談もあるかも、との事で、がっかり度2倍です。。。orz
    (ソース、プライムニュース)

    1. チキンサラダ より:

      産経でも出てましたね。

      https://www.sankei.com/article/20210706-XLTM2BN6PNK5BIXSBBRNTFVOEA/

      文大統領のこの北朝鮮にかける意気込みは凄いですね。

      まあ、日韓首脳会談が行われるかは微妙だし、ましてや北朝鮮首脳がオリンピックに来るとは思えないですけどね。

      日本としては首脳会談をすべきかどうか、もう一度確認が必要ですね。(開かないにしても今一度大義名分を明らかにする必要がある。米政権との align も必要)

      1. マスオ より:

        チキンサラダ様、ソースありがとうございます。
        昨夜、フジテレビの三田ちゃんが言ったときには記事ではありませんでした。

        今度はホントかなぁ~。ホントっぽいな・・・

    2. イーシャ より:

      万が一合うとしても、挨拶を一言交すだけでいいでしょう。
      「失せろ」と。

      偉大な大韓民国の大統領が、招かれもしないのに押し掛けるなんて恥ずかしくないのですか。

      まさか、経済崩壊しそうだから通貨スワップを結んで欲しいなんて、懇願しに来るはずないですよね。
      UNCTAD で初めて、開発途上国から先進国に昇格した誇らしい国が、経済崩壊するはずありませんよね。
      G8 入りした誇らしい国が、経済崩壊するはずありませんよね。
      米国と600億ドルもの為替スワップを結んでいるのに、日本と結ぶ必要なんてありませんよね。

      まさか、ワクチンを恵んで欲しいなんて言いませんよね。
      お金を出して購入し列に並べば入手できるものを、タダで恵んでもらおうなんて乞食根性じゃありませんよね。
      UNCTAD で初めて、開発途上国から先進国に昇格した誇らしい国が、そんな情けないことできませんよね。
      G8 入りした誇らしい国が、ワクチンさえ買えないはずはありませんよね。

      海外へ提供するアストラゼネカがあるなら、ウリにも寄越せなんて思ってませんよね。
      いまある在庫だけでも、恵んで欲しいなんて言いませんよね。
      そうそう、別の在コなら、全部持ち帰ってださい。
      売春婦から優先的に。

      1. マスオ より:

        イーシャ様、ウリの言いたいこと何で先に言うニカ!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
        謝罪と賠償を・・・(以下自粛)

        「失せろ」にはワロタ。
        私も言いたい、『失せろ』・・・カッケー!!(≧◇≦)~!

  29. チキンサラダ より:

    元共同通信記者と、元毎日新聞記者による対談です。

    日韓の歴代の政治家の繋がりや、日本の保守勢力の韓国に対する姿勢が語られてます。

    https://president.jp/articles/amp/47307?page=1

    不快な文言も多いですが、こういう議論に真っ向から反論できなければいけないですね。
    自分の脳みそを鍛える意味では読む価値ありかと思います。

    似たような意見の方々とだけ一緒に居ては、議論する力が弱まる一方なので。

    1. 農家の三男坊 より:

      チキンサラダ 様

       会計士様の仰る”ツッコミ読み”をする題材にしても”ちょっと難度が高い”ですね。

      ・何を言いたいのか不明? => 理解しようとするのが誤り。論旨などない。不平不満だけ。
      ・ツッコミどころ満載だが、いちいち指摘するのは時間の無駄。
      ・要は精神朝鮮人の発想と切り取り発言。米国の沖縄、ロシアの北方領土と韓国の竹島を同列に置きたい様だが、戦った相手とコソ泥・乞食を同列にしないのは当たり前。日本国の象徴への無礼発言を隠してのストローマン論法はあまりにも陳腐。韓国人ではないのでこんなものに騙される日本人は精神朝鮮人くらいのもの。

      と、思いましたが、都議選を見ると”こんな人達”も割合いるのかもと思ってしまいます。

    2. より:

      まあ、顔ぶれからしておよそ予想がつきましたけど、実際読んでみて、その予想の範囲を超えるようなものではありませんでした。

      総じて言えば、1980年代半ばまでは通用したであろう世界観と常識から、一歩も踏み外すことの無い時代錯誤な思考の産物ということになるでしょうか。むしろ、あの当時のサヨク的常識として、説明するまでもなく正しいとされていた思考パターンが、そのまま残されているという意味では、骨董品的な価値があるとすら言えるかもしれません。
      1994年のソ連崩壊の後、それまで考えるまでもなく正しいと信じていた社会像がただの虚構であったことを知った多くのサヨクは、人権とか環境といった方面に逃げましたが、中にはこのお二人のように、その場に立ち竦み続けた人もいるということなんでしょう。
      その理由は分かりません。自分たちが信じたものが虚構でしかなかったことを理解できなかったのか、そこまでは理解できても世界観の再構築をするだけの能力に欠けていたのか、そもそも「サヨク的常識というフィルター」を通してしか世界を見ておらず、自分の頭では何も考えてなかったのか、よくわかりませんが、いずれにしてもアウトプットは時代錯誤なものにしかなりません。そして、本人たちにその自覚が全くないということは、もはや喜劇的ですらあると思います。

    3. だんな より:

      チキンサラダさま
      >在日は怖いとか貧しいとか犯罪者が多いとか、そういうデマに基づいた上から見下す差別
      デマでは無く事実ですが。
      差別では無く恐怖だったんです。

      大体戦後生まれの大統領が、受けてもいない植民地支配の痛みを感じると主張する事が、おかしな話。
      戦後生まれの生きて来た間は、日本から援助してもらうばかりだったはずです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。