「慰安婦訴訟」は日韓関係が破壊されるまで止まらない

自称元慰安婦問題を巡り、先月21日には日本政府に対し「主権免除」を援用し、自称元慰安婦らからの請求を「却下」した、とする話題がありました。これに関連し、昨日は韓国側で、「控訴・ICJ提訴」などの動きが出てきました。ある意味で予想されたこととはいえ、これは非常に興味深い現象です。

自称元慰安婦問題

自称元慰安婦、やっぱり控訴へ

個人的に、「そら、見たことか!」という表現は、好きではありません。

ただ、さすがにそう言いたくなるような話題も、ごくたまには(最近だと週に1~2回は)目にします。そんな記事のひとつが、これです。

李容洙さん「慰安婦損賠訴却下」で控訴へ…「正義・人権で勝つ」

―――2021.05.05 16:01付 中央日報日本語版より

これを読んだ瞬間、「やっぱり」、としか言い様がありませんでしたし、いっそのこと、「どうぞ、日韓関係を最終的かつ不可逆的に破壊するまで続けてください」と開き直って申し上げたい気持ちにならないといえばウソになります。

この4つの特徴、すべて証拠はありますか?

さて、この記事について触れる前に、慰安婦問題そのものについて、当ウェブサイトなりの見解をお伝えしておきたいと思います。

この慰安婦問題という代物が、単に日韓関係における問題を越え、いまや日本にとっても、韓国にとっても、国家そのものの存在意義を問う課題のひとつに浮上しているからです。

こうしたなか、そもそもの慰安婦問題の「定義」に関しては、すでにご存じの方も多いと思います。当ウェブサイトでこれまで何度となくお伝えしてきたからですが、改めて申し上げておくと、次の4つから構成される問題のことです。

  • ①戦時中(1941年12月9日~1945年8月15日の期間)
  • ②日本軍が組織としての正式な意思決定に基づき
  • ③朝鮮半島で少女のみ20万人を強制的に拉致し
  • ④戦場に連行して性的奴隷として使役した問題のこと。

なぜこの「定義」を何度も何度も繰り返すのかといえば、そもそも問題は「定義付けること」によって、半分解決したようなものだと著者自身が考えているからです。

慰安婦問題に関してもまったく同じであり、もし上記①~④が事実であると証明されれば、私たち日本国民はそれこそ道義的・道徳的に、韓国や北朝鮮の慰安婦とされた方々に深く首を垂れるべき筋合いのものでもあります。

場合によっては、「国際法で解決がついている」と杓子定規で対応するのではなく、私たちの国・日本の誠意として、何とか慰安婦被害者の方々が「もう良い」というまで謝罪するとともに、何らかの賠償を形にすべきかもしれません。

捏造だった場合には捏造した者の滅亡により贖わせる

しかし、「逆も真なり」、です。

私たち日本人に対し、そこまで覚悟を迫る問題であるならば、もしこの①~④のどれか1つでもウソが混じっていたのであれば、それこそこの①~④を主張する側こそ、ウソをついて私たち日本人の名誉と尊厳を傷つけたことになります。

言い換えれば、この場合の「被害者」は私たち日本人、「加害者」はこの①~④を捏造した者であり、それこそ私たち日本人のうち、最後の1人が「もう良い」というまで、謝罪しなければならないのではないでしょうか。

では、①~④にどれほどの信憑性があるのでしょうか。たとえば、次のような物証、状況証拠などはあるのでしょうか?

  • ①戦時中(1941年12月9日~1945年8月15日の期間)の事件であることが客観的な文書などにより裏付けられている
  • ②日本軍の組織としての正式な意思決定文書が大量に残されている
  • ③日本軍の兵士・軍属との混血児が多数生まれている
  • ④戦場に連行するための運搬手段、慰安所の跡地などが明確にトレース可能である

結論は、いまさら申し上げる必要もないでしょう。

「反日種族主義」著者「論文にぐうの音も出ない韓国」』、『「反日種族主義」著者、慰安婦強制連行説の崩壊を予想』等でも紹介した、韓国人学者の李宇衍(り・うえん)氏の議論によれば、いずれも最終的には(自称)元慰安婦らの「証言」以外にさしたる証拠はありません。

というよりも、20万人といえば当時の朝鮮半島の人口の1%にも相当する人数ですし、また、自称元慰安婦の証言も矛盾だらけです。

もしこの①~④が捏造だったとしましょう。

これを捏造した者は、果たしてそこまでの覚悟があってこの問題を捏造したのでしょうか。日韓関係だけでなく、自分自身の身を滅ぼしかねないという覚悟を持っていたのでしょうか?

慰安婦問題は多数の者が捏造に加担した

さて、慰安婦問題を捏造した決定的な責任者が誰だったのかについては、議論があるところでしょう。というのも、この問題は、日本国内のメディア、弁護士、市民団体、さらには韓国側の自称元慰安婦、韓国政府など、さまざまな者が関わっているからです。

ひとつ事実を述べておくならば、朝日新聞社は2014年8月5日、文筆家・吉田清治(故人)の証言に基づいた「済州島で連行」などの報道については「裏付けが得られず虚偽と判断」として、取り消しています。

「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断

―――2014年8月5日 5時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より

また、一連の慰安婦報道に関する「第三者委報告書」についても公表しています。

記事を訂正、おわびしご説明します 朝日新聞社

―――2014年12月23日付 朝日新聞東京朝刊3面より

この2つの記事を読んでも、「捏造」という表現は使われていませんが、朝日新聞による捏造報道であることは明らかでしょう。

実際、記事のひとつを執筆した朝日新聞の元記者は、自身の記事を「捏造報道」などと書かれ、名誉を毀損されたとして櫻井よしこ氏、西岡力氏らを訴えていましたが、櫻井氏は昨年11月、西岡氏は今年3月に、それぞれ最高裁で勝訴しています。

元朝日新聞記者の敗訴確定 最高裁、慰安婦記事巡り

―――2020.11.19 17:12付 産経ニュースより

元朝日記者の敗訴確定 慰安婦報道訴訟―最高裁

―――2021年03月12日16時28分付 時事通信より

したがって、一連の慰安婦報道が「捏造である」と述べても名誉棄損にならないというのは、最高裁も認めた、という話です(※というよりも、ジャーナリストを名乗る者などが言論の世界の話を裁判に持ち込むという神経も理解に苦しみますが…)。

慰安婦問題、韓国の責任

捏造に尾ひれを付けたのは韓国

ただし、慰安婦問題自体が朝日新聞の捏造記事を発端としていたことはたしかだとしても、すべての責任が朝日新聞社のみにあると見るのは、少し行き過ぎです。

これも当ウェブサイトで何度となく報告してきたとおり、日本国内にはほかにも、反日的な活動をする自称市民団体などが存在するようですし(※「反日的」というよりも「反社会的」と呼ぶべきでしょうか?)、また、日本政府の慰安婦問題に対する反論も不十分なものでした。

とくに、国連特別報告者(要するに、「国連の方から来ました」というアレです)であるラディカ・クマラスワミなる者が提出した報告書(いわゆる「クマラスワミ報告」)を含め、中立性に疑義がある者たちが日本を積極的に貶めるレポートが国連に提出された際も、日本政府は毅然と反論しませんでした。

(※なお、クマラスワミ報告に対しては、日本政府が反論文を作成したものの、なぜかそれを撤回してしまったという情報もありますが、これについてはいずれ、機会を設けて詳しく考察してみたいと思っている次第です。)

ただ、日韓関係を重視するあまり、日本政府の「外交事なかれ主義」が慰安婦問題を増長させたという側面はあったにせよ、やはりそれを積極的に利権化し、推進してきた者たちの罪こそ、最も重いことは間違いありません。

先ほど、「慰安婦問題を捏造した決定的な責任者が誰だったのかについては議論が別れる」と申し上げましたが、敢えて当ウェブサイトとしての見解を述べるならば、「最も責任を持っている者」は韓国政府と韓国社会に他ならないと考えています。

利権としての慰安婦問題

それを読み解くカギが、「利権」という考え方です。

これまで何度となく報告してきたとおり、当ウェブサイトなりの考え方に基づけば、利権には、大きく次の3つの特徴があります。

利権の3つの特徴
  • ①利権は得てして理不尽なものである。
  • ②利権はいったん確立すると、外からそれを壊すのが難しいという特徴を持つ。
  • ③ただし、利権を持っている者の怠惰と強欲で利権が自壊することもある。

(【出所】著者作成)

慰安婦問題は、まさに①②の特徴を満たしています。

そもそも自称元慰安婦らのウソから出発し、1993年に当時の官房長官だった河野洋平が出した「河野談話」や河野洋平の記者会見内容などが「日本政府自身が慰安婦の強制性を認めた」という言質に流用されてきた歴史を眺めると、「日本は韓国のウソにコテンパンにやられた」、と評すべきでしょう。

しかも、日本がこの問題を否定しようとして、国際社会に情報発信しようとすれば、そのような主張をする人が学問の世界から封殺され、排除されてしまう状況にあります。

傾聴に値するラムザイヤー教授の「日本語メッセージ」』でも触れたとおり、ハーバード大学のJ・M・ラムザイヤー教授も、今年公表した論文を巡って、誹謗中傷が殺到していると明らかにしています(ちなみにラムザイヤー教授自身、日本語に堪能です)。

これを韓国の側から見れば、何もないところから問題を捏造(つく)り出すことに成功した、というわけです。

しかも、何か困ったことがあれば、韓国は定期的に国際社会に働きかけ、「私たちは被害者なのですよ~」、「日本はそれを反省も謝罪もしてないのですよ~」、などと言い続ければ、国際社会が韓国の代わりに日本をコテンパンに叩きのめしてくれます。

まともに競争しても絶対に勝てない日本に対して、時代劇で印籠を取り出すがごとく、「慰安婦問題」を突き付け、「この慰安婦問題が目に入らぬか!」といえば、日本が韓国に対し折れてくれる。

本当に楽しくて楽しくてならないのでしょう。

誰が滅亡するか?

さて、慰安婦問題自体はすでに、「言い出しっぺ」の朝日新聞社が事実上、捏造であると認め、謝罪しました(朝日新聞社自身は大々的に「捏造」とは言っていませんが…)。

その朝日新聞社は現在、退職給付に係る負債について認識していた繰延税金資産を取り崩しました(そのことの会計上の意味合いについては、『退職給付会計と税効果会計、そして大手新聞社の経営難』などで説明しましたので、よろしければご参照ください)。

また、外交事なかれ主義だった日本外交も変わりつつあります。

日本政府はつい先日、日本維新の会の馬場伸幸幹事長の国会質問に対する答弁の形で、「従軍慰安婦」などの表現を「不適切」と閣議決定した、という話題もありました(『従軍慰安婦・強制労働は「適切でない」と政府が認める』等参照)。

なにより、日本社会自体が、確実に変わりつつあります。ひと昔前と異なり、現在の日本社会においてはマスメディアが情報発信の支配を失ってしまっているからです(『改憲賛成が多数に転じつつある、その本当の意味とは?』等参照)。

むろん、楽観はできませんが、それでも日本社会が以前のような「事なかれ主義」に戻ることはあり得ないでしょう(※少なくともウェブ主自身はそう信じています)。

そうなると、この問題を巡って日本、韓国ともに一歩も引かないという展開が続きそうですが、こんな状況は長続きしません。双方が強く相手を押す状況が続けば、いずれ、耐久度の弱い方の社会が、ある日突然クラッシュし、バラバラに壊れてしまうのではないでしょうか。

永遠に続けてください、韓国社会がぶっ壊れるまでは

さて、『慰安婦「韓日外交で解決を」=予想どおりの韓国紙主張』や『朝日新聞社説「判決を機に日韓両政府は対話本格化を」』でも紹介したとおり、韓国の各メディアや日本の朝日新聞は、21日の判決を契機に「韓日両国は対話の本格化が必要だ」、などと主張していました。

これに対し、当ウェブサイトでは、「べつに2018年の自称元徴用工判決や今年1月の主権免除違反判決が取り消されたわけではない」、「21日の判決は韓国の対日不法行為を帳消しにするものとは到底言えない」と申し上げたつもりです。

だいいち、韓国の側で何度も何度もこの手の訴訟が繰り返されるリスクや、高裁、最高裁レベルで何度も審理される可能性があることを踏まえると、たった1回の判決で韓国の対日不法行為を「なかったこと」にできるはずがありません。

以上を踏まえ、冒頭の記事に話を戻しましょう(※ついでにリンクを再掲しておきます)。

李容洙さん「慰安婦損賠訴却下」で控訴へ…「正義・人権で勝つ」

―――2021.05.05 16:01付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の報道を要約すれば、自称93歳のこの自称元慰安婦は、先月21日のソウル中央地裁の「却下判決」を不服として、上級審に控訴するのだそうです(93歳にしてはお肌もツヤツヤ、髪の毛も真っ黒に見えるのは気のせいでしょうか?)。

正直、これについては「どうぞお気の済むまで繰り返してください」、と言いたい気持ちでいっぱいですし、また、「韓日は対話せよ」という主張がいかに空虚に響くか、という典型例でもあると考えた次第です。

ICJ付託も歓迎

さて、中央日報の記事によれば、「日本軍慰安婦問題ICJ回付推進委員会」も5日、この自称元慰安婦の控訴の意思とともに、「慰安婦制度犯罪事実の認定、誠意ある謝罪、歴史教育」といった要求事項を国際司法裁判所(ICJ)への提訴を改めて主張した、などとしています。

この点、ICJが常に正しい判断を下すわけではないという点などを踏まえると、ICJを過信すべきではないことは間違いありません。

ただ、個人的には、慰安婦問題はこれまで、あの「国連独立報告者」らが執筆したインチキレポートを除けば、ろくに国際社会の目で検証されてこなかったという点について、注目する価値があると考えている次第です。

つまり、慰安婦問題自体は国際社会のスタンダードにおいて、少なくとも国際法であるICJで裁かれたことがないのです。

先ほど、利権はその怠惰や強欲により瓦解すると申し上げました。

今回の動きで瓦解するのは、この自称元慰安婦やその支援団体なのか、それとも韓国という国自体なのかは、現時点では断定的なことを申し上げるのは不適切でしょう。

ただ、意外と遠くない未来において、日韓関係が破綻するのかどうかの答えが判明するのではないかと思うのですが、その日がたのし心配でならない今日この頃です。

読者コメント一覧

  1. ジロウ より:

    お隣の国の「正義」や「道徳」は我々の知っているものとは全く別物であることを日本人もよく分かるようになったのではないでしょうか?有史以来の大半がシナの属国で、隙あらば利権をかすめ取ってやろうという汚くずる賢い考えが半島人にはDNAレベルで刻み込まれていると思います。これは、話し合いや約束では崩せないものだと思います。皆さんも思われているように、係わらないのが最善だと考えます。

  2. 匿名 より:

    >「慰安婦訴訟」は日韓関係が破壊されるまで止まらない
    破壊された後もずっと続けてくださってかまいません。生活に張りの出る、ちょうど良い生き甲斐になるのではないでしょうか。最年長の方がおいくつなのか存じませんが高齢化社会が問題の昨今、100歳でも200歳でも1000歳でも訴訟で戦ってお元気なら何よりです(笑)

  3. イーシャ より:

    > 93歳にしてはお肌もツヤツヤ、髪の毛も真っ黒に見えるのは気のせいでしょうか?
    設定と合わない程お若いという疑惑は、かねがね提起しているのですが、
    一方的な主張にならないよう、実年齢が93歳の可能性にも言及しておきますね。
    外見が若いのは、今も現役のバッカス婆として働いていらっしゃるからかも。
    韓国人のあこがれの的なんですよ、きっと。

  4. だんな より:

    控訴したという事で、判決は確定していない状況になりましたので、判決が先延ばしされたと同じ事だと思います。
    慰安婦訴訟は、婆さんが死んだら終わりかと思いますが、慰安婦問題は永遠に続くでしょう。

    おまけです。
    正義連が横領していた事により、最近は韓国内で「おばあさんを利用する人が悪い」という意見が増えています。しかしながら、おばあさんを利用して「道徳性優位」の根拠にしているのは、韓国全体ですので、そういう意見を言ってる人も悪いという事です。
    こういう意見は、自分は悪い人を批判するから善であるという、韓国(朝鮮)人特有の論理で、責任を回避する為の行為です。
    だから正義連に矛先が向かっているように見えても、反日は変わっていないんです。

    1. 理系初老 より:

      だんな様
      お世話になっております。
      「慰安婦訴訟は、婆さんが死んだら終わりかと思いますが」は甘いニダ。
      簿記三級様のおっしゃる通り、
      「慰安婦死すとも利権は死せず」ニダ。
      養子も含めてウリには子供がいるニダ。親戚・弁護士・ウリはいっぱいるニダ。ツートラックで訴え続けるニダ。

      失礼しました。連休かつコロナ下で、通院以外は自宅PC前に張り付いております。

    2. ラスタ より:

       「利用されたおばあさん」という被害者を設定し、その側に立つことで、国内での道徳的優位を獲得しようという動きでは。
       日本に対してはイアンフ、国内では「イアンフに仕立てられたおばあさん」と騒げば一挙両得。
       自家内二股外交ってことで。論理性は関係ないです。

  5. ぬくぬく より:

    >まともに競争しても絶対に勝てない日本に対して、時代劇で印籠を取り出すがごとく、「慰安婦問題」を突き付け、「この慰安婦問題が目に入らぬか!」といえば、日本が韓国に対し折れてくれる。
    >本当に楽しくて楽しくてならないのでしょう。

    慰安婦問題の本質はこれですね。韓国には慰安婦問題を解決するつもりは全くない。解決しないで永遠にごね続ければ日本は韓国に外交的にも道徳的にも屈服するのですから。

    河野談話を破棄し、慰安婦は売春婦であり、強制連行は虚偽であると宣言しなければなりません。

    闘え、日本人。

    1. きたたろう より:

      慰安婦印籠説、面白い!
      最近は印籠の効き目も薄れて来たようです。
      印籠見せただけで「へへ~っ」となった時期は過ぎましたね。

      1. 農民 より:

         気付けばもうとっく明治政府ができているのに気づかずに、偽造 葵のご紋印籠を振りかざしている、て感じですか。取り巻きの偽助・偽角もまだ諦めていないようですけど。
         …とことん、騙されてた方も大概ですか。

  6. 理系初老 より:

    お疲れ様です。韓国についてのご分析・ご提言、ありがとうございます。おっしゃるように「クマラスワミ報告」の科学砲による破壊、必須ですね。
    (1)虎ノ門出演者の受け売りですが、「河野談話の撤回」まで持っていかないとダメだと思います。害虫の餌は根こそぎ奪わなければなりません。
    (2)これも虎ノ門出演者の受け売りですが、「中国の方々ではなく中国共産党が悪い」の前置きはもはや偽善です。「悪いのはムン」が間違っているのと同じ理屈ですね。「偽善だー」はおバカ運動家のようで嫌いな言葉ですが。
    (3)私は新宿会計士様より根が下品なので、温厚な日本人の多数をぶちぎれさせた韓国人たちに、ぜひ、「ざまあ!」と言ってやりたいと思っています。

    1. きたたろう より:

      忙しい中でも虎ノ門ニュースは欠かさず見ております。大高未貴×坂東忠信の回ですね。
      坂東忠信氏の「悪いのは中国共産党で、民衆は悪くないというのは幻想。中国共産党を形成してるのも中国人である」という見解は実に明快ですね。韓国も同じでしょう。
      ただ、番組の中での「慰安婦の日本軍強制連行など嘘っぱちだ!」唱えてる韓国の学者もいるという報道は、暗闇のなかの僅かな光です。
      こういう人こそ支援すべきで、反日政府と仲良くしろという朝日や毎日新聞の主張は狂ってるとしか思えませんね。

    2. 阿野煮鱒 より:

      >「中国の方々ではなく中国共産党が悪い」の前置きはもはや偽善です。

      上念司氏がYouTubeで常用するフレーズです。彼の場合、YouTubeからbanされないように、予防線を張っているように見受けられます。
      保守系の論客がYouTubeでストレートに物を言うとbanされる事が多いので、偽善でも何でも、生き残るためには仕方がないのかもしれません。
      ネットも自由空間ではなくなってきました。

  7. クロワッサン より:

    >ただ、意外と遠くない未来において、日韓関係が破綻するのかどうかの答えが判明するのではないかと思うのですが、その日がたのし心配でならない今日この頃です。

    日韓関係の破綻は米韓関係の破綻と共に起きる気がしてて、米韓同盟が終わった時が日韓関係の終わりの始まりなんだろうなと思います。

  8. 簿記3級 より:

    慰安婦死すとも利権は死せず
    たぶん老後のサークル活動みたいなものなのでしょうね、朝から仲間とお茶をしながらチョッパリの悪口を言う生活をここ10年してるのだと思います。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    また売春婦捏造婆さんですか。棄却されたのは韓国内の裁判所でしょう?ナゼ国際法廷に上げるのかな?ま、どうぞ上級審でもICJでも何処なりとも、不毛な提訴して下さい。

    日本にとっても日韓の「友好」という言葉が聞こえなくなって、断裂が近づいて来るのは良い話です。とにかくシツコイ、クドイ朝鮮人。「河野談話は間違いでした」と本人も言えば追い風になるのに。言わんだろうな。

  10. G より:

    慰安婦問題に関しては、「欧米の厳しい目」といった誤った認識を解くことが大事です。
    日本、韓国間の問題に他の国は興味ないのです。我々がアメリカとメキシコの問題に関心がないように。トランプさんが移民が来られないように壁を作るとぶち上げた話。あれって日韓関係に置き換えれば、慰安婦問題を理由に韓国との国交断絶みたいなことを有力な保守系政治家が言い出すようなものです。そこまで言っても、もし実行しても、トランプさんのメキシコとの壁と大差ない反応しかないでしょうね。

    「欧米の厳しい目」というのは韓国がメディアを使って作りだした幻想です。ドイツ含めて欧米で慰安婦問題が知られいるなんてことはありません。みんな知らないから、旭日旗とかで韓国が暴れだすとすぐ謝ってしまうのです。とにかくあいつらウザイですから。

    ICJ、絶対に提訴されることはないですが、まあ、来るならどんとこいという態度でいればいいとおもいます。
    ICJ提訴は、韓国政府と慰安婦おばあさん側で徹底的に利害が対立する事柄です。ここについてクローズアップするだけで、彼らの動きを弱体化することが出来ます。

    あの判決、控訴するんですね。当然の動きではある一方、裁判が終結しないので、韓国側からなんら態度軟化のアピールとして使えなくなってしまいます。だから、控訴の判断が出る前にしきりに『韓国の態度軟化を期に対話再開を』とか反日メディアや韓国から話が出てたのです。控訴するまでが有効期限だったのです。

  11. 匿名 より:

    韓国はICJの強制管轄権を受諾していないので、現状のままでは従軍売春婦問題の提訴をICJに対して行うことが出来ません。
    ICJの強制管轄権を受託すれば裁判で争うことができますが、竹島問題や日韓請求権協定破りの件を日本が提訴した場合、これまでのように逃げ回ることが出来なくなります。
    文政権にとっては実に頭の痛い問題であるわけです。
    いうまでもなく文氏にはこれらの課題を解決する能力はありませんから、次期政権に巴投げすることになるでしょう。
    次期政権も自らまいた火種でもないこの問題を解決する能力もモチベーションもないでしょう。
    現在は米中を軸に新たなフォーメーションが形成されようとしています。
    民主主義陣営についてはG7、FOIP、Quad、CPTPPなどの枠組みのいずれにもその中心に日本がいて、いくらつらの厚い韓国といえどこれらの枠組みに自由に出入りすることはできません。
    韓国にとって、自由民主主義陣営にとどまりたいのであれば今以上に日本との関係を密しなければならない時期はありません。
    今から考えれば、韓国にとっては金大中のような人物を大統領にいただいていた時期が最後のチャンスだったのかもしれません。

  12. イジワルばあさん より:

    慰安婦問題というか、日韓間の歴史問題は韓国がぶっ壊れるまで解決しないと思います。また他人(他国)の主張及び行動ですから日本がそれをコントロールしたり変えさせたりするのも不可能です。我が国としては国際社会からの理解を得るべく我が国の立場を繰り返し発信していくことと、非韓三原則に立ってかの国が自滅していくのを眺めているしかないと思います。韓米関係が破綻すれば日韓関係も終焉、日韓関係が破綻すれば日米関係も終焉を迎えるというところまで来ていると思います。もちろん我が国の立ち位置から言って我が国から日韓関係の終了を言い出すことはできませんが、このまま日韓関係の膠着状態が続けば辛抱強く時間を掛けて成果を得ることが大の苦手の韓国側が切れて自滅していくしかないと思います。
    その理由は、韓国という国や韓国人の多くは自我が確立されておらず、日本が悪、韓国は被害者であり道徳的に上位にあるという幻想をアイデンティティーにしてしまっているからです。この問題を放棄したら自身の存在や立ち位置すら解らなくなってしまうという大きな不安と恐怖を抱えているのだと思います。従って彼らはこの問題に執着しより縋り付くことはあっても手放すことはできないと考えます。しかし、この問題を彼らが手放さなければ、既に米日の包容力や忍耐力を越える程拗らせてしまったので見捨てられるしかないでしょう。そうなれば韓国は自滅するしかないし、これから経済がより不安定になっていけば国内も混乱して韓国はぶっ壊れるしかないというのが私の考えです。
    本当は、こんなニセモノのアイデンティティーはさっさと捨てて本当の意味で未来志向の新たな価値観を見つけ新たな国作りをしてこそが韓国に未来があると思いますけどね。韓国がこのようになってしまったのは、日米に大きな責任があり、超過保護の親に育てられていつまでたっても大人になり切れない子供のようにある意味被害者かも知れません。

    1. じゃん🐈 より:

      その通り!悪いのはいつもニッポンだ。
      甘ったれのK
      お人よしのJ
      ホント、困ったもんだ….

      1. とある東京都民 より:

        フムフム…。
        でも・・・、コレからは…。

        おヒトよしを“ヤメタ”AとJ

        リスカブスで、キティガイストーカーを“拗らせた”K

        ウ~ン…、ホント、困ったモンだ!

  13. 名無しの権兵衛 より:

     慰安婦問題は、「利権」というよりも「誣告罪(虚偽告訴等罪)」と言った方が適切だと思います。
     慰安婦問題の「定義」➀~➃の主張は、国連人権委員会の「クマラスワミ報告書」を最大の根拠にしていると思います。
     この報告書には、「大日本帝国が20万人の朝鮮人女性を日本軍性奴隷として強制的に徴集した」という、クマラスワミ調査団が平壌で聞き取った北朝鮮政府の主張が記されています。また、平壌で4名の「元日本軍性奴隷」から証言を得て、ソウルで13名の「元慰安婦」と面会し、そのうち9名から証言を得たことが記されています。ソウルで面会した13名の「元慰安婦」の中には李 容洙の名前もありますし、ソウルで面会した非政府組織代表の中には、尹 美香(元挺対協代表)の名前もあります。
     官憲の強制連行や慰安婦業務に従事することに抵抗した多くの朝鮮人女性が、日本軍人によって惨殺されたという証言も、これらの証言の中に多く見ることができます。
     以下は、私の推測に過ぎませんが、クマラスワミ調査団がソウルと平壌を訪問することを事前に伝えられた北朝鮮政府と挺対協(北朝鮮政府との密接な関係が疑われている)が、示し合わせて「朝鮮人若年女性20万人性奴隷伝説」を偽造し、自称元日本軍性奴隷に証言させたというのが真相だと思います。
     その意味で、これは明らかに北朝鮮と韓国による日本に対する「誣告罪」であると思います。

    1. 美術好きのおばさん より:

      名無しの権兵衛さま
      ご指摘の通りです!

      日本政府は、まずこのクマラスワミ報告書の真偽を問うていくべきと思います。数年前に働きかけを一度しただけなのには、大いに不満です。

      一方、クマラスワミ報告書を元にして作られたマクドゥーガル報告書には、慰安婦は性奴隷であり、日本軍は11歳から20歳の20万の少女をレイプキャンプに拉致して虐待し、生き延びたのはそのうちの25%だったと明記されています。世界の学者3000名以上が署名したラムザイヤー論文への批判声明は、このマクドゥーガル報告書を根拠としています。(こんなお粗末な批判声明に署名した学者たちの見識を疑ってしまいますが…)

      このような捏造満載の報告書を否定・是正するためには、そもそも慰安婦問題とは何かを明確にする必要があり、それが故にブログ主さまのなされた「定義」付けがいっそう重要なものとなってきます。この「定義」に基づいて韓国側の嘘捏造を暴き、日本は言われなき誹謗中傷の被害者であると主張することができると考えられるからです。

      また、たとえこれらの報告書が否定・是正されたとしても韓国側が慰安婦問題を繰り返し持ち出してくるのは必定であり、その際にもこの「定義」付けを基にして韓国側の言いがかりを排除することができると思います。

  14. 老害 より:

    半島の集り連中は、ヤクザと同じ手口を使っていますね。相手に何も咎がないところから、謝罪・賠償を要求するところなど、ソックリです。一度弱みを見せたら、永久に集られ続けてしまいます。
    そういえば、ヤクザの構成員には半島出身者が多いそうな。親和性が高いのかな~(棒)

  15. 普通の日本人 より:

    ドイツで慰安婦像が建てられ始まった。と聞いたときに
    ドイツのユダヤ人虐殺を薄めるために、日本人も同じ事をした。
    と言いたいが為では無いか? と感じました。

    又、この様な軍事慰安所は多くの国で持っていた。当然ドイツにも
    WW2でのノルマンデー上陸後多くのフランス女性へのレイプは表沙汰にはならなかった。
    戦争とはこう言う物、生きるか死ぬかの極限なのですから。哀しいけど
    だから戦争をしてはいけないのです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。