慰安婦「韓日外交で解決を」=予想どおりの韓国紙主張

勘違いしないでいただきたい、慰安婦問題は韓国の国内問題だ

昨日、自称元慰安婦らが日本政府を相手取った訴訟が却下されたことを巡り、案の定、韓国メディアからは、「とりあえず韓国の司法が日本に対して配慮を示したものだ」とでも言いたいかの社説や論説が出て来ました。酷いケースになると、「日本の謝罪の真正性が問われる」だの、「韓日外交での解決」だのとする噴飯物の主張も見られます。

判決却下は「日本に対する譲歩」?

自称元慰安婦らが日本政府を相手取って損害賠償を求めた訴訟を巡り、韓国のソウル中央地裁は昨日、原告の請求を「却下」しました。

ちなみに昨日は当ウェブサイトのコメント欄で「却下と棄却の違い」について盛り上がっていたようですが、『韓国憲法裁の慰安婦合意訴訟棄却は「譲歩」にあらず(追記:タイトルと本文に誤りあり)』で述べたとおり、ウェブ主自身も混同したことがあります。

棄却とは、裁判できちんと審理をした結果、原告側の請求に理由がないとして退ける行為であり、却下とは訴訟自体が不適法であると判断するものです。いわば、棄却は「審理の結果アウト」、却下は「門前払い」と理解すればわかりやすいでしょう。

それはともかくとして、昨日の韓国地裁の判決は、一見すると、日本政府が以前から要求していた内容と整合しています。というのも、日本政府は主権免除の原則に照らし、そもそも裁判自体が却下されるべき、と述べていたからです。

たとえば、今年1月8日に別の自称元慰安婦による訴訟で日本政府が敗訴した際、菅義偉内閣総理大臣は即日、次のように反応しました。

国際法上、主権国家は他国の裁判権には服さない。よって、この訴訟は却下されるべきと考える。日韓の慰安婦問題についても1965年の日韓請求権協定において、完全かつ最終的に解決済みである。よって、韓国政府として国際法上違反を是正する措置をとることを強く求めたい」。

つまり、慰安婦問題自体がすでに解決済みであるという点もさることながら、そもそも「主権国家が他国の裁判権に服するという事自体が違法である」というのが日本政府の一貫した立場であり、「請求棄却」ではなく「却下」判決が出たこと自体は、こうした日本政府の要求に沿ったものです。

しょせんは「ゼロ対100」理論

ただ、昨日、当ウェブサイトで懸念を示したのが、「今回、韓国が日本に対して配慮したのだから、日本も韓国に対して配慮すべきだ」とする「お互い理論」が出て来ることです。

ことに、韓国や北朝鮮が大好きな「ゼロ対100」理論、つまり「自国の方が明らかに一方的に悪いのに、相手にも『反省すべき点がある』などと言い募る屁理屈」に従えば、日本が韓国に1ミリでも譲歩したら、彼らにとってはしめたものです。

くどいようですが、そもそも国際法を守るのは国家として当たり前の行動であり、昨日の韓国国内の判決も「近代主権国家として当たり前の行動」に過ぎません。それを、取り立ててほめる必要などありませんし、ましてや韓国が日本に「譲歩した」と考えるのは大きな勘違いです。

韓国はすでに、自称元徴用工問題で2018年10月と11月、最高裁にあたる「大法院」が日韓請求権協定と国際法に違反する判決を下しており、また、いくつかの日本企業は在韓資産の差押えを喰らっている状況にあります。

さらに、自称元慰安婦問題に関連する今年1月8日の主権免除違反判決についても、韓国政府はこれを無効化する措置を一切講じていません。

昨日の『韓国地裁、日本政府からの訴訟費用取立を否定する決定』では、韓国の地裁が日本政府からの訴訟費用の取り立てを否定する決定を下した、とする話題を紹介していますが、判決自体を無効化したわけではない点には注意が必要でしょう。

韓国の反応:「わが国が日本に譲歩した」

さて、ある程度予想していたことではありますが、韓国国内では左派、右派を問わず、この判決を巡っては「日本に対する譲歩だ」と見るメディアが非常に多いようです。

たとえば、『中央日報』(日本語版)には、こんな記事が掲載されていました。

覆った慰安婦判決めぐる韓国各紙の社説

―――2021.04.22 11:09付 中央日報日本語版より

これによると、主要メディアの社説は、次のとおりだったそうです(内容については適宜要約しています)。

  • 3ヵ月前の判決を却下したものであり、主権免除の認定可否が部により異なれば、裁判所をどう信頼すれば良いのか。日本との外交的衝突に配慮したというのなら、どの国の裁判所かと問いたい(ソウル新聞)
  • 韓国の裁判所は1次裁判で国民感情に、2次裁判では世界の法廷の普遍的論理に基づいた判決を下した。反日なら国際法を無視した判決でよいという話ではない(朝鮮日報)
  • 今回の判決は1月のものと正反対で紛らわしい。政府は慰安婦被害者を積極的に救済し、韓日葛藤を解く方法の準備に万全を期すべきだ(世界日報)
  • 反人権犯罪国家責任免罪慰安婦判決(京郷新聞)

…。

すなわちこれで見ると、韓国の各メディアには、右派、左派などのスタンスの違いはあるにせよ、朝鮮日報などを除けば、ほぼどのメディアにも「日本に対して一定の配慮をした」という認識が見られるのが興味深い点です。違いがあるとしたら、それを肯定的に評価しているか、批判しているか、という程度のものでしょう。

恐ろしいことに、左派メディアの多くは、国際的な常識に反する判決が、韓国の国際的な信頼をどれほど深く傷つけるものであるかについて、ほとんど理解していないようなのです(※もっとも、この点については今に始まったことではなく、2018年の自称元徴用工判決問題の頃から見られた傾向ですが…)。

中央日報「日本の謝罪の真正性がカギ」、「韓日外交で解決を」

また、その中央日報自身は、次のような主張を掲げています。

疎外される慰安婦合意、糸口になるか…「日本の謝罪の真正性がカギ」

―――2021.04.22 08:47付 中央日報日本語版より

韓国裁判所の慰安婦解決法、韓日外交で解決を

―――2021.04.22 08:12付 中央日報日本語版より

どちらも驚くべき主張です。

「日本の謝罪」云々の方の記事では、昨日の判決を「慰安婦問題が司法の領域から外交の領域に戻ってきた」と評価する意見を取り上げつつも、ソウル大学国際大学院の朴喆熙(ぼく・てつき)教授による、こんな発言が紹介されています。

きょうの判決により韓国政府が慰安婦合意を再び水面上に引き上げて日本との対話に活用できる条件と環境が作られた。慰安婦合意当時に日本が支給した金額のうち56億ウォンが残っており、韓国政府で編成した103億ウォンも有効なだけに、これを裁判所が言及した『代替的権利救済手段』とみて活用する方法がある」。

こんな認識をする人物が、韓国の「最高学府」なる大学で教授を務めているというのも驚きです。

くどいようですが、2015年12月の日韓慰安婦合意では、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決した」ことが両国政府間で確認されており、日本と韓国が「対話」する話ではありません。すべては韓国の国内問題だからです。

しかも、申珏秀(しん・かくしゅう)元駐日大使は次のようにも述べています。

2015年の慰安婦合意で重要なのはお金ではなく日本政府の謝罪で、謝罪の精神を実現する方法が必要だ。慰安婦合意当時日本が支給したお金のうち被害者に支給して残った財源を活用して慰安婦被害者に向けた追慕記念館を作ったり、さらには戦時性暴行など女性人権問題を取り扱う研究センターに昇華させるなど、慰安婦合意を基本枠組みにするもののこれをアップグレードする案が導出されるとみる」。

駐日大使を務めておきながら、慰安婦合意の内容をまったく理解していないというのも驚きです。

安倍晋三総理大臣は謝罪し、日本政府は10億円を出しました。これで日本政府がなすべきことは終了です。慰安婦合意を韓国の側から動かすのは約束破りです。

もしかして、慰安婦合意の再交渉を狙っている?

また、「韓日外交で解決を」の記事の方は、やたらと長文であるわりに、なんだか何が言いたいのかよくわからない代物です。

中央日報は、昨日の判決自体、「慰安婦問題の解決の主体が司法府ではなく行政府であるという点を自ら明確にした」という意義があるとしつつも、裁判所が「(自称元)慰安婦被害者問題の解決は日本との外交的交渉を含めて実現すべき」とした点に注目。

「任期末に日本との関係改善に舵を切った韓国政府の立場には肯定的に作用するものとみられる」としたうえで、日韓慰安婦合意に「注目が集まる」などとしているのですが、もしかして「慰安婦合意を再交渉すべき」、などと言いたいのでしょうか。

念のために、申し上げておきます。

昨日までに、韓国の裁判所で、国際法違反の判決を通じて日本に譲歩を迫るという韓国のやり方が部分的に軌道修正された、とする見方ができる点については、当ウェブサイトとして否定するつもりはありません。

しかし、それは相手を「もう1発殴るぞ」と宣言してファイティングポーズを取っていた暴漢が拳を下げただけのようなものであり、この暴漢がこれまでに相手を殴ったことがチャラになるはずもありません。然るべき償いをしていただく必要があります。

いずれにせよ、昨日までの判決ないしは決定により、韓国が日本に「歩み寄った」と見るのは大きな間違いであり、日本は引き続き、韓国に対しては「ウソをつくな」「国際法を守れ」「約束を履行しろ」と言い続ける必要があります。

そして、くれぐれも「交渉」には応じてはならない、と申し上げておきたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 七味 より:

    どんな約束をしたとこで、「気に入らない」ってすぐに反故にするわけで、そんな相手との交渉になんの意味もないのです♪

    まずは、「約束を守る」ってことを態度で示して、信頼を積み上げて貰うしかないと思うのです♪

  2. イーシャ より:

    泥沼か海の底深くに引きずり込もうと、「韓国が差し出した手をつかめ」とほざいています。
    底が抜けた柄杓でも渡しておけば十分でしょう。

  3. だんな より:

    新宿会計士さんの
    2015年12月の日韓慰安婦合意では、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決した」ことが両国政府間で確認されており、日本と韓国が「対話」する話ではありません。すべては韓国の国内問題だからです。
    で、おしまい。
    今の日本政府が、ここからブレるとは思えないし、韓国政府もブレないでしょう。
    日本人は、最終的かつ不可逆的に解決済みの問題を解決しようとしては、いけません。
    今こそ慰安婦合意の履行、遵守を要求するニダ。

  4. めたぼーん より:

    自分で作った迷路で迷子になったから、大声で日本に助けを求めたいんでしょうけど、日本は出口に蓋をして既にの近くから去りました。助けるか気もありません。何故ならば、日本を陥れようとして迷路を複雑にしたのは韓国ですから。

  5. めがねのおやじ より:

    日韓交渉?要らん!

    とりあえず韓国は、「司法が日本に対して配慮を示したものだ」とでも言いたいらしい。日本が再度交渉とか譲歩をせよ、なんて事を求めても、今の日本の情勢、岩盤に鉄筋とコンクリートを流してます。

    微塵も動きません。ハイ。どこでも相手にしてくれる国を見つけて抱きついて下さい。サイナラ。

  6. 愛知県東部在住 より:

    訴訟却下の判決が出たとき、そしてその後の韓国内の悶着を見たとき、私の胸の内に浮かんだのは次の言葉であります。

    過ちては則ち改めるに憚ること勿れ

    或いは

    過ちて改めざる是を過ちと謂う

    いずれも出典は孔子の『論語』です。儒教の国である(らしい)韓国には、これらの言葉の意味を今一度噛みしめて貰いたいと思うところであります。

    尤も人によっては、韓国を腐れ儒教の国などと云う人もいるようですから、彼らには過ちを改めることなど不可能なのかもしれませんね。

    1. より:

      そもそも過ちだとは思ってないのですから、改めようがないということなのでしょう。
      論理的矛盾?そんなもんは、「正義」のまえには無価値だと彼らは信じてますので。

      1. 愛知県東部在住 より:

        龍 様

        なるほど、改めることのできない民族なのだなぁ~と、改めて実感致しました。(笑)

  7. iwamurasta より:

    正直な気持ち、韓国側が日本に譲歩した、と昨日の報道では感じてしまいました。そう思わせる事が韓国側の目的の一つではあるようですが、まんまとハマッてしまいました。したたかで、手強いですね。

  8. 三田会 より:

    いつも勉強させていただいてます。
    ただ一点最高学府は大学のことです。
    東大は最高学府に含まれますが、東大のみ最高学府ということにはなりません。
    三田会メンバーもみな最高学府出身です。

    1. 稲門会 より:

      稲門会もネ

    2. 匿名 より:

      そういや新宿会計士さんって三田会なんですか?

      1. シーロムの珈琲屋さん@セカンドネーム より:

        ワタシの独断と偏見ですが……

        稲門会デス……。

  9. より:

    1000年以上昔から、国内の諸問題について、殺し合い以外の方法では自力解決した試しのない国です。酷い時には、外勢を引き込んでまで殺し合います。なので、話し合いで国内の問題を解決しろと言われても、彼らはその術を知りません。どちらがより大きな声を出せるかで競うというのは、彼らにとっては最も平和的な解決法なのです。

    ……と書いてきて、「イヤハヤ南友」を思い出してしまった……

    1. 少年マガジンでしたかね? より:

      はてさてもっとも を思い出してしまった

  10. たけ より:

    海外に慰安婦像を建てまくって、
    ネットで日本の蛮行を広めて、
    国際世論で日本を圧迫して追加措置を引き出す企みをするのが、彼らの外交です。

  11. H より:

    ここで殴れる日本であって欲しい
    控訴したら「躊躇せず制裁する」ぐらいを
    言えないかなぁ~
    逆上して反日全開になってもらわないと全然
    つまらないじゃないか、三途の川に突っ込んで
    いってこそ南朝鮮なんだから

  12. G より:

    まず少なくともこの裁判が確定してから話を始めましょうよ。裁判は終わってないんです。もちろん原告は控訴するんでしょ。

    万が一間違って今の状態で交渉を始めて、結局上級審で再びひっくり返ったらどうするんですか。

    日本の論評すらしない態度こそが正解です。

    もし万が一原告が控訴せず判決が確定しても同じです。あくまでも下級審の判決だから再び覆すのは容易です。

    韓国が司法でもって歩み寄りの姿勢を見せたければ、最高裁(大審院でしたっけ)で同じ内容の判決を出すのみです

    1. JK より:

      >韓国が司法でもって歩み寄りの姿勢を見せたければ、最高裁(大審院でしたっけ)で同じ内容の判決を出すのみです

      いやいや、その程度では駄目でしょう。
      日本政府に賠償を命じた、1月に確定した裁判はどうするんですかねえ。
      今後韓国では、類似の裁判がポコポコ発生して、その都度異なる判決を出して、日本を揺さぶろうとするでしょう。
      そうさせないための立法化措置が必要です。

      まあ、韓国の国内問題なので、日本には関係のないハナシですけどね。

  13. deinei より:

    今回の判決は「追加的な外交交渉を円滑に行うためであって」と裁判官自ら述べています。
    今後上級審に舞台が移った際に、追加的な交渉を日本が受け付けないことを理由に韓国側が
    判決を逆転させるのは自明でしょう。
    日本側は、断じてこのような小手先の幻惑に乗らず、基本方針を貫徹する必要があります。

    1. JK より:

      >今回の判決は「追加的な外交交渉を円滑に行うためであって」と裁判官自ら述べています。
      それって、あの国は「三権分立じゃない」って自白したことになるのでは?
      (知ってたけど)

  14. sey g より:

    ゼロ100理論は、日本に特化した攻撃です。
    普通、相手が100の無茶を言ってきたら こちらは100以上の無茶を言い返し0近辺で折り合いをつけます。
    しかし、日本は相手がどんなに無茶を言っても、相手と同じ様な無茶を言い返すのは恥だと思う文化があります。
    なので、間を取って折り合いをつけると、どうしても日本側に50のマイナスが来ます。
    韓国は、それを知ってか知らずか利用して日本に無茶を言い続け、日本が相手して来ました。
    あと、韓国の様な小国が調子にのって無茶を言うと、普通の国ならどつかれますが 日本が手を出さないのを知ってるので、この様な行動を取り続けています。
    いわば、韓国は親に甘えて無茶を言い続ける子供なのです。
    日本が、韓国の親を辞めて80年近く経つのに。
    日本は自分の子供じやないので、どの様に成長しようとも関係ないので躾のために手を出す必要がありませんが、あまりにひつこいといっぺんしばくのもいいのかも知れません。

    1. PONPON より:

      sey g様

      そうですね、甘やかし放題で育った子供が、親(日本)に対する従来の泣きわめき攻撃が効かないと知ったとたん、今回は親に本当に見放されかけてるとのではと恐怖に陥り、愕然として右往左往している状況が今回の判決といったところでしょう。

      親として重要なことは、本気で子離れを促すやめに決して甘い顔をしないことです。
      少し反省して首を項垂れるかもしれませんが、子離れを促して子トラを攻撃する親トラの如く、命を奪う覚悟で生物界の自然法則に従う必要があります。

      親(日本)に見放されかけ、泣きわめいて言うことを聞いてもらおうとした

      1. PONPON より:

        すいません、加筆です。

        (誤)
        親(日本)に見放されかけ、泣きわめいて言うことを聞いてもらおうとした

        (正)
        親(日本)に見放されかけ、泣きわめいて言うことを聞いてもらおうとしてももはや無駄です。

      2. PONPON より:

        すいません、

        書きかけの最後の文章は無視してください。

      3. sey g より:

        PONPON様

        子育てをした事あるなら、理解出来ると思いますが、甘やかし過ぎても駄目、厳しくし過ぎても駄目、言葉が通じ無い事も多々あり、また、失敗しない様に助け過ぎても駄目。
        そして、甘やかせ過ぎた後で軌道修正しようとしても、もう手遅れと本当に難しいです。
        特に韓国は他人の子供。日本が責任をとらんくてもエエんじゃないか。
        鉄は早いうちにうて、三つ子の魂百まで、もう韓国は手遅れですよね、

  15. 名無しの権兵衛 より:

     今年1月8日の原告勝訴判決から昨日の原告敗訴判決までの間に、ソウル中央地裁では、次のような動きがあったそうです。
    (1月11日)1月13日予定の判決を延期し、3月24日に弁論再開することを決定。
    (2月初め)定期人事異動により、1月8日の原告勝訴判決を出した部署の裁判官3名が全員異動(交代)
          また、1月13日判決予定だった部署の裁判官3名のうち裁判長を除く2名が異動(交代)
    (3月29日)定期人事異動により裁判官3名全員が交代した部署が、職権で「日本政府に訴訟費用を強制執行するべきではない」という決定を下す。
     この動きを見れば、1月8日の原告勝訴判決後、ソウル中央地裁が、明確な意図をもって動き出したことが分かると思います。
     それは、当然、韓国大法院の意図でしょうし、その前に、韓国大統領府から韓国大法院に対して働き掛けがあったことも間違い無いと思います。
    (参照資料)https://jp.bunian.cn/international/27945.html

    1. PONPON より:

      名無しの権兵衛様

      今回の判決を導くために韓国大法院の意図(人事)はあったと思いいますが、大統領府はどうなんでしょうかね?

      大統領府のスタンスは基本的に変わっていないと思うのですが。。

      1. 名無しの権兵衛 より:

        PONPON様へ
         現在の韓国大法院長の金命洙氏は、文在寅大統領により、地方の裁判所長から大抜擢で大法院長に就任した人物です。
         彼は、与党「共に民主党」の国会議員達が弾劾・罷免しようと画策していた釜山高裁の部長判事が健康悪化を理由に辞表を提出された時に、「いま与党が(あなたを)弾劾しようとやきもきしているときに、わたしが辞表を受理して(あなたが)辞めたら弾劾が不可能になるではないか。与党の連中になんと言われるかわからない。辞表は受理できない」として部長判事の辞表を受理しなかったことからも分かるように、文在寅大統領や与党「共に民主党」の意向を無視した行動ができるような人物ではないと思います。
        (参考)https://www.mag2.com/p/news/486706

  16. GEHA より:

    確か徴用工判決について文在寅は韓国はれっきとした三権分立の国であり行政が司法に介入することは許されないと言っていました、しかし今回の慰安婦訴訟却下について韓国メディアによれば日本に対する一定の配慮の結果だとことですが知恵遅れの韓国メディアがどう言おうと勝手ですが、少なくとも行政府たる文政権がこの司法による裁定を声高に配慮だの譲歩だのということは冒頭の発言と矛盾し許されることではありません、そもそも日本にとって慰安婦問題はすでに解決済みの事案であり裁定がどうであれ「へ~そうなの・・・」程度の反応しかしようがないわけで、文在寅が何かのカードに使えるなどと思うなら毎度のことながらそれは大きな勘違いというほかありません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。