英国にとって「日韓外相会談が行われない」ことの意味

現在、英国で開催されているG7外相会合では、英国のチョイスにより、ASEAN議長国であるブルネイに加え、豪州、インド、南アフリカ、韓国の4ヵ国が招待されているようです。こうしたなか、本稿では「小ネタ」的に、「なぜこの4ヵ国なのか」という視点に加え、もしも日韓外相会談が実現しなかった場合には、英国がどう感じるのか、という点についての主観を述べておきたいと思います。

現在、状況をまとめ中

現在、英国ではG7外相会合が開催されています(正式な会合名称は『G7外務・開発大臣会合』だそうです)。これに関連し、現時点で外務省のウェブサイトに掲載されている会談・会合は、次の6つです。

この6つの会談に加え、米国・国務省が発表している “Secretary Blinken’s Meeting with Japanese Foreign Minister Motegi” などの内容も踏まえ、現在、現時点における「途中経過」を取りまとめている最中です。

茂木外相「『7ヵ国で』ディナーを実施」

その際、参考になるのが次のリンクです。

茂木外務大臣臨時会見記録(令和3年5月4日(火曜日)5時43分 於:英国)

―――2021/05/04付 外務省HPより

リンク先では茂木外相の英国での記者会見と記者との質疑が記録されており、文章自体は2000文字少々で、その気になれば、さほどの負担なく全文をご確認いただくことができると思います。

こうしたなか、これらの記事を読んでいて、ふと引っかかったのが、次の記述です。

先ほど、G7外務・開発大臣会合の最初の行事でありますG7の外相ワーキング・ディナーを行いました。G7の外相が対面でじっくり議論するのは2年ぶりということになります(以下略)」。

G7外相会合なのだから、日米英仏独伊加の7ヵ国(+EU)でじっくり議論するのは当然じゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、ここで思い出しておきたいのは、今回のG7外相会合では、議長国である英国が豪州、インド、韓国、南アフリカの4ヵ国をゲストとして招いている、という点です。

Members & Guests

―――G7 UK 2021ウェブサイトより

(※厳密には、外務省の4月27日付資料によれば、この4ヵ国に加えてASEAN議長国であるブルネイの外相も招待されています。)

それなのに、茂木外相の発言だと、この5ヵ国は、月曜日のワーキング・ディナーには呼ばれていない、ということです。

火曜日のディナーで呼ばれるのだと思うが…

もちろん、主催国である英国がそこまで無礼な国だとは思えません。

これについて調べていくと、英メディア・BBCの5月4日付 “G7: Foreign ministers discuss global threats at London summit” には、こんな記述がありました。

“Mr Raab is expected to urge stronger co-operation between the G7 and the guest nations at a working dinner on Tuesday evening.”

要するに、ワーキング・ディナーは火曜日も行われるらしく、その際にはゲスト5ヵ国も招待されるようです。

実際、茂木外相も会見で、次のように述べています。

明日の夜からはアウトリーチ国の参加も得て、じっくりと意見を交わすことになっております」。

「アウトリーチ国」というのが、この5ヵ国のことでしょう。

英国の意図vs仏独伊の意図

では、この5ヵ国のうち、ブルネイを除く4ヵ国は、いかなる意図で選ばれたのでしょうか。

まず、4ヵ国ともにG20構成国であるという特徴があります(G7とこれら4ヵ国以外は、ロシア、中国、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、トルコ、インドネシア、サウジアラビアの8ヵ国)が、それだけではありません。

このうち豪州とインドは、日米が歓迎する、という見立てがあったのかもしれません。というのも、この2ヵ国は、日米とともに「クアッド」を構成しているからです。

しかし、豪州、インドは「クアッド」を構成する日米両国にとっては好ましいメンバーですが、それと同時にフランスやイタリア、ドイツなどからは警戒されているかもしれません。

なぜなら、豪州は英語圏、インドは準英語圏で、どちらもコモンウェルスの加盟国だからです(しかも、豪州に関しては、エリザベスⅡ世を国家元首として戴いている国でもあります)。

さらには、ブラジル、アルゼンチン、メキシコなどのラテン・アメリカにおける「地域大国」を差し置いて、コモンウェルス加盟国である南アフリカが招待されているというのも、なんだか微妙です。

やはり、欧州諸国から見れば、ただでさえ英語圏である英国、米国、カナダでG7の半数近い勢力を占めているのに、ここに英語圏・準英語圏がさらに加わるのは、決して気分の良いものではないでしょう。

韓国を招いたのは「英国の大失態」?

そこでカギとなるのは韓国です。

あくまでも主観ですが、韓国は米国の同盟国であるとともに、「日本とも非常に親しい国である」、という判断が、英国にはあったのかもしれません。要するに、コモンウェルスから3ヵ国選び、それにアジアから1ヵ国選ぶことでバランスを取ろうとした、という仮説です。

このチョイスは、結論的には大失敗だったのではないでしょうか。

米韓同盟が存在していることは事実ですが、日韓両国は同盟関係にありませんし、それどころか近年、韓国側の異常な不法行為の数々が仕掛けられていることを受け、日韓関係が破綻しそうになっている状態にあるからです。

すなわち、

  • 豪州、インド、南アフリカを招いたにもかかわらず、ブラジル、メキシコ、アルゼンチンを招かなかった→フランス、ドイツ、イタリアなどをいら立たせる行為
  • 韓国を招いた→日本をいら立たせる行為

というわけです。

いずれにせよ、もし英国が「日本に配慮する」という目的で韓国を招待したのであれば、その試みは大失敗だったといえるかもしれません。

こうしたなか、一部メディアは明日以降、ロンドンで日米韓・日韓外相会談が実現するかどうかに関心を抱いているようです。

このうち日米韓3ヵ国外相会談に関しては、実現する可能性が高いでしょう。もともと開催に向けて調整していたのですから。

しかし、日韓2ヵ国外相会談が実現するかどうかは微妙です。日本政府の立場としては、韓国が作り出した国際法違反の状態を、韓国自身が解決しない限り、首脳会談、外相会談を実施しても意味がない、と判断している可能性が非常に高いからです。

その意味で、もしも今回、日韓外相会談が実現しなかった場合には、韓国を招いたことで却って日韓間の不協和が浮き彫りになったとしたら、そのことが主催国である英国にとっての本意といえるのかどうかについては微妙だな、と思う次第です。

読者コメント一覧

  1. より:

    イギリスの諜報機関は優秀だという評判がありますが(イメージだけという説もあり)、どうも今世紀に入ってからの対アジア情報については少々怪しいものがあります。特にキャメロン内閣の頃、閣内にオズボーン蔵相などというパンダハガーを抱えていたせいかもしれませんが、無闇に中国へと傾斜していました。イギリスがAIIBに真っ先に加盟したのもキャメロン内閣の時です。
    これが諜報機関の劣化によって齎された誤判断なのか、それとも単に指導者が愚かだったのかはわかりませんが、3,4年ほど前に出たイギリスのシンクタンクによるレポート(発行元は失念)でも、「中国の未来はバラ色」と褒めちぎる内容だったので、一読して呆れた記憶があります。日本から見れば容易に看取できる中国の脆弱性について、見ないふりをしていたからです。もし、このような分析が諜報機関からも上がっていたとしたら、誤判断もやむを得ないかもしれないと思わせるものでした。
    一応、メイ内閣以降、なんとか軌道修正を図ろうとはしているようですが、どの程度正しい分析情報が上げられているのか、少々心許ないかもしれないという印象があります。

    このように考え、もしイギリス諜報機関の劣化が事実であるとすると、日韓関係の現状に関する情報もかなりいい加減なものであった可能性があります。老獪さを謳われるイギリスのことなので、「アメリカと韓国は同盟国だ。そしてアメリカと日本も同様に同盟国だ。ならば韓国を呼んでも問題あるまい」程度のナイーブな発想だったとはあまり思いたくありませんが、諜報機関からの情報がいい加減なものだったとしたら、そしてここ数年の韓国の「怪しい動き」についてまともに情報が上がってなかったとしたら、G7に韓国を呼んじゃうなどという真似をしでかしても不思議ではありません。

    しかし、日本としても、もしもイギリスの諜報能力の劣化が事実だとしたら、イギリスとの付き合い方を再検討する必要がありそうで、少々頭の痛い話だと思います。まあ、穿ちすぎや杞憂であってくれたらいいなとは思いますが。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      龍様

      龍様>日本としても、もしもイギリスの諜報能力の劣化が事実だとしたら、イギリスとの付き合い方を再検討する必要がありそう

      どうでしょうか?
      あえて今回英国が韓国(を通じた中国)を招待しているのはFOIPの中長期的な勝率を考えると「やむを得ない」と思います。

      当方は2020年代のFOIPが戦略的目標である中国の海洋支配地域を増やすことを防ぐ、ぶっちゃけ台湾と沖縄を中国の主権に取り込みを防ぐことを達成できるのはひいき目で3割、おそらく1割もないかと思います。

      成功する為の必要条件がAND条件を多数必要として、複合、補完的なOr条件があまりに少ないからです。

      アメリカがモンロー主義に転んではダメ。
      日本が台湾有事の際に報復攻撃を受けても台湾を自衛隊で直接支援できるコンセンサスが持てなくてもダメ。
      日米の防衛組織が中国の電撃的な併合作戦を阻止できなくてもダメ。
      台湾や日本に新種の伝染病が蔓延しアメリカの支援がアメリカへの伝染病の持ち込みになる形ではダメ。

      これらは全部中国の「自助努力(笑)」で勝利条件を達成可能であると思いませんか(笑)。
      向こうの手下には日米のマスゴミと言う第4の権力がついているのですから。

      その場合、欧州半島の離れ小島である英国は中国とのラインを切らないまま、韓国を通じて西側の意向を伝える方が「二枚舌」を基本とする英国外交の本領発揮ではないでしょうか(笑)。

      以上です。駄文失礼しました。

      1. より:

        いや、イギリスとの連携強化に反対したり、疑問視しているわけではありません。むしろ望ましいことだと考えています。
        しかし、アメリカの対アジア理解がダメダメなのには今更驚きませんが、もしかするとイギリスも怪しいとなれば、日本としては、そのような前提で戦略を構築していく必要がありそうだということです。

        まあ、イギリスの対アジア理解も、東南アジアまでは何とか及んでいるものの、元々東アジアまでは及んでいなかったのかもしれません。

        1. パーヨクのエ作員 より:

          龍様
          当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

          龍様>イギリスの対アジア理解

          当方は日本以外のイギリスのアジア理解は恐らく正しいと思います。

          アジア人は契約を重視しないので二枚舌を「相互主義」の観点で使ってかまわない。

          アジア人はいわば非キリスト教の人間と「救済対象外」のキリスト教の人間ですので契約無視して二枚舌を使ってかまわないと彼らは捉えているのです。

          ただし日本は国際関係の契約を重視します(笑)

          おそらく戦前も対日の最前線では正しい認識と報告がされていたはずですが、上記の意識フィルターが正しい対日政策の阻害になったと思います。

          以上です。駄文失礼しました。

  2. 迷王星 より:

    >もしも今回、日韓外相会談が実現しなかった場合には、韓国を招いたことで却って日韓間の不協和が浮き彫りになったとしたら、そのことが主催国である英国にとっての本意といえるのかどうかについては微妙だな、と思う次第です。

    ホスト国の英国のみならず英国と同じくアジアから遠く離れた仏独伊の欧州三国も日韓関係の現状を漸く理解出来るでしょうから、それで宜しいと思いますよ。

    それにしても英国も極東に虎の子の最新鋭空母QEを基幹とする空母機動部隊を展開してくれる前に、極東の国際情勢についてもう少し観察・分析して正確に理解しておいて頂きたいものです。

  3. 名無しの権兵衛 より:

     G7のうち、日米以外の英、仏、独、伊、加は、米国の同盟国であるはずの韓国が、国際法を無視して覇権主義的戦狼外交を加速させている中国や、国民の貧困や基本的人権を無視して核開発を続ける北朝鮮に対してどのような姿勢で対応しているかについては、知らないのだと思います。距離的にも遠く離れ、日頃の付き合いもほとんどないのですから、当然なのかも知れません。
     しかし、英国が、何も知らなかったとは言え今回のG7に文在寅政権の韓国を招待したことは、結果的には「怪我の功名」になる可能性が高いと思います。
     文在寅大統領様や鄭義溶外交部長官様には、是非、G7各国に遠慮や忖度すること無く、普段通りの率直な発言を積極的に行っていただくことを大いに期待しております。

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    議長国は英国なので、G7以外の国を(オブザーバー、今回限り)選ぶ権利は英国に有りますが、いかんせんこの5国のチョイスは、G7国から歓迎されざるメンバーだと思います。

    豪州とインドは、日米とともに「クアッド」を構成しているから配慮があった(英国も興味がある)。更に地域性を勘案したとしても、南アフリカの招待は、コモンウェルス国であり独、仏、伊には気分の良いメンバーでは無いです。メンバー選びで南アフリカと韓国は、どうみても失策でしょう。

    アジアからベスト2を選ぶなら日本、中国、いやもとい自由主義民主主義なら、第2位は(いちおう)韓国で「日本とも非常に親しい国である」(失笑)という認識かも知れません。

    で、会合が終わった後、日韓会談が無かったとすれば、G7+アウトリーチ国らは「日韓は近いから普段から会議体を持っているんだろう」でしょう。「いや、長い事、2国間で会った事はないよ。約束を守らないから」と帰り際に茂木大臣が言えば、韓国に対する見方も、少しはチェンジするのではないかと。少なくとも英国(と日本)はもう呼ばないでしょう。

     茂木大臣の発言で、「既にG7の外相ワーキング・ディナーを行いました。ワーキング・ディナーでは、北朝鮮とイラン、この問題も取り上げられ、北朝鮮については私が議論のリード役を務めて、突っ込んだ意見交換を行った」。

    この言い方、「既に北朝鮮については、私が説明し、各国の意見を取りまとめた」と言う事です。さあ、韓国の翌日の発言に、北朝鮮問題を再度蒸し返す事は出来るのでしょうか?それとも手ぶらでお帰りか?

  5. ダブルスタンダードは嫌い より:

    日米韓の外相会議が、終わったあと、日本の外相を拉致ろうと、策略してると思います。

  6. 匿名 より:

    まあ、トランプのG7拡大構想に乗っかったんだろうけど、韓国呼ぶんならインドネシアかマレーシア呼んでほしかったわ。ブルネイ入れたのは日本の入れ知恵なのかな?

  7. 門外漢 より:

    今回のG7(神セブン?)の主目的は対中で結束を図るという事でしょう。
    そう考えると豪印は勿論ASEANは当事者ですから当然オブザーバとするでしょうし、中国の進出著しいアフリカにも目配りと言うのも判ります。
    じゃ韓国を何故呼んだのか?難しいですね。
    日本への配慮?それはないでしょう。いくらナポレオン・ソロが無能でもそんな情報は上げないと思います。
    米としては対中国の民主主義陣営(?)で「最も弱い環」である韓国をハンドリング出来てるのを見せつけたいのでしょう。
    英もそれは判ってるので日米韓の蜜月を演出する機会を用意した。単純に考えればこんな所でしょう。
    韓国としては何らかの言質を取られては堪らないのでジタバタするでしょうが、日米がどう抑え込むか、見所はそんなところじゃ無いでしょうかね。

    尤も言質を取られても、韓国ならそんなものはいくらでも引っ繰り返すでしょうけど。

  8. だんな より:

    イギリスが韓国をゲストとした理由は、韓国の現状を理解していない国が殆どで、二股外交は韓国にとって悪影響がない事を裏付けていると思います。
    日米韓外相会談は、今日開催予定ですので、明日には結果がわかるでしょう。

  9. 赤ずきん より:

    英国の情報機関の話がありましたが それ以前に 駐英大使は日本及び周辺の状況を英国に伝えていなかったのかと大いに疑問です。

  10. 美術好きのおばさん より:

    文大統領は2018年の欧州歴訪で北朝鮮への制裁緩和を訴え、昨年の国連演説では北朝鮮、中国、日本、モンゴル、韓国が参加する「北東アジア防疫・保健協力イニシアチブ」とやらを提言しました。

    これらから、G7各国は韓国の異質さ異常さをある程度承知していると思います。そんな中で韓国をゲストに招いたのは、一種のトラップではないかと推測します。或いは、よりきつい首輪をはめるためかもしれません。もし、自由と民主主義を堅持する国々を欺く行為を取ったなら、中国側に有利な行動をしたならば……以上、勝手な想像でした。

  11. ネロテ より:

    素晴らしい考察。イギリスが日本に忖度したものの裏目に出たって事ですね。まだまだKの内在的論理を英国もわかっていないんだなぁということが分かった。

  12. 匿名 より:

    定義用外交部長官が、英国ロンドンで開かれた主要7カ国(G7)外交・開発大臣会合に出席している中、日韓外相会談の開催を置いて中を沸かしている。韓国が韓日会談の開催に積極的なのに対し、日本は確答しない場合だ。韓日間の「工数逆転」現象が明確になっているではないかという指摘も出ている。

    外交部によると、鄭長官は5日(現地時間)、トニーブルリンカーン米国務長官と茂木町ミス(茂木敏充)、日本外相と韓米日3国の外相会談に出席する。日米韓外相会談の開催は、昨年2月にドイツのミュンヘン安全保障会議(MSC)以後1年3ヶ月ぶりだ。去る2月鄭長官就任後、韓日外交首長間の初対面である。鄭長官はまだ茂木大臣との電話通話もできない。

    ただし、日韓外相会談するかどうかは、現時点で不透明である。鄭長官は前日、韓米外相会談後、取材陣に「日米韓が会った後、(韓日会談を)することになるだろう」と会談の開催に肯定的な反応を見せた。しかし、日本政府は4日までに関連し、公式立場を明らかにしている。 日韓外交筋の話を総合すると、日本は韓国の会談要請に冷ややかな態度で一貫している。外交部はG7外交・開発大臣会議に出席前から日本側に意思を打診してきたが、外務省は「茂木大臣の日程が多い」という趣旨で確答を延ばしている。これにより、日米韓外相会談後の韓日外相が立って対話する「スタンディング略式会合」や遭遇形式の簡単な会話にとどまることができる。

    外交慣例を考慮すると、日本の態度はかなり異例だ。過去の歴史を巡って日韓関係が浮き沈みを繰り返しながらも、両国はアセアン地域安保フォーラム(ARF)やミュンヘン安全保障会議などで、日米韓会談とかみ合って両者会談を開催してきた。昨年2月にミュンヘン安全保障会議でガンギョンファ当時外交部長官は、韓米日会談後茂木大臣と会談を行った。

    韓日関係に明るいた外交消息筋は「日本は今回のG7会議で韓国と会談する計画を持っていなかった」とし「強制動員と慰安婦の判決と関連跡が収容できる確実な解決策を提示する前に、韓国との距離を置くという立場がしっかりしている」と述べた。

    新ガクス前駐日大使はこれと関連し、「韓日間の空輸の位置が変わっている」とし「現政権が妙手を出さない限り、空輸逆転は続くだろう」と述べた。 1965年の韓日請求権協定と2015年の日韓慰安婦の合意など、両国間の過去の歴史の合意が韓国司法の判決で揺れている中で、私たちの政府は、「三権分立」を前面に出して関与していないのに過去の加害国である日本側の「韓国の国際法違反」という声だけ育てたということだ。

    鄭長官は先月21日、寛勲クラブの議論では、「私たちは、現実的な選択肢を複数回提示したが、日本はより良い代替手段を持ってこいた」とし「日本が果たしてこんな資格があるのか」と反問した。東京オリンピックなどを念頭に置いて関係改善のために手を出しているのに無反応で一貫した日本の態度に不満を吐露したものである。

  13. H より:

    英国情報部は今回の会議内容で表に出ない
    会議内容や各国の主張がどの程度韓国から
    中共に流れるか試しているとしたら、、、
    韓国を呼んだ理由も納得がいく
    知らんけど

    1. はるちゃん より:

      私もH様が仰る通りだと思います。
      韓国が会議の内容を北朝鮮や中国に流すかどうかを試していると思います。
      韓国は多分流すと思います。

      1. はるちゃん より:

        訂正:
        「流す」ではなく「報告する」でした。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。