韓国外相「米国が真の友人ならワクチン提供に応じよ」

政権が変わっても一方的に要求するだけである点はまったく同じ

昨日は韓国メディアに興味深い情報が掲載されていました。鄭義溶(てい・ぎよう)外交部長官が、例の「ワクチンスワップ」なる構想を巡って、米国に対し「困ったときの友人が本当の友人」としたうえで、ワクチンの提供を要求した、と述べた、というものです。はて。韓国の現在の行動は、米国の友人にふさわしいものなのでしょうか。

「日本が真の友人ならスワップ結べ」

ちょうど1年前、韓国メディアに「日本が韓国の真の友人なら韓日スワップを締結せよ」とする主張が掲載された、という話題を取り上げたことがあります。

【参考】『「日本が韓国の真の友人なら韓日スワップを締結せよ」

「日本が韓国の真の友人なら韓日スワップを締結せよ」

今になって読み返しても、凄い内容だと思います。

これは、「韓国国防外交協会」なる組織の会長と名乗る人物が執筆した主張に、こんな記述が含まれている、というものです。

困難な時に助け合うのが真の友人であり隣国であり、現時点で重要なのは韓日お互いの信頼の回復だ。信頼回復には韓日首脳の決断が重要となる。両首脳は葛藤と対立をここでやめなければいけない」。

これ、どこからどう突っ込んで良いのか悩みますが、とりあえず、現在は日韓関係が非常にギクシャクしていること自体は間違いありませんし、この点については当ウェブサイトとしても異論を差し挟むつもりはまったくない、とは申し上げておきたいと思います。

しかし、その原因を作ったのがどちら側なのか、という点については、胸に手を当ててよ~く考えていただきたいと思ってしまいます。

通貨スワップ、日本のメリット皆無

げに罪深き韓国の不法行為

さて、現在の日韓間には、さまざまなトゲが刺さっていることは事実です。

文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国が発生させたものだけを列挙しても、日韓間の諸懸案の「一丁目一番地」たる自称元徴用工判決問題や、今年1月8日の主権免除違反判決を筆頭に、大きなものだけでもいくつもの不法行為が思い浮かびます(図表)。

図表 文在寅政権下の韓国が日本に対して行った不法行為の例
時期出来事
2017年12月2015年12月の日韓慰安婦同意に関する外交機密文書を日本政府の了解なく勝手に公表
2018年9月頃旭日旗騒動
2018年10月30日、11月29日自称元徴用工判決
2018年12月20日~韓国海軍駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射事件
2019年2月頃国会議長による天皇陛下に対する侮辱発言
2019年7月頃まで慰安婦財団解散
2019年7月19日日韓請求権協定に基づく紛争解決措置の完全な無視
2019年8月22日~11月22日日韓GSOMIA破棄騒動
2019年9月11日~11月22日、2020年6月2日~日本の対韓輸出管理適正化措置を巡るWTO提訴騒動
2021年1月8日自称元慰安婦の訴訟に関連し、ソウル中央地裁が日本政府に主権免除違反の判決を下す
2021年4月14日~日本政府が決定した福島第一原発のALPS処理水の海洋放出を巡って「汚染水」と誤った用語まで用いて激しく批判する

(【出所】著者作成。肩書は当時。なお、余談ですが、2020年までの出来事については、拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』のP33にも転載しています。)

この点、『請求棄却は「韓国が日本の主張を認めたもの」ではない』などでも触れたとおり、昨日、「主権免除違反判決の第2弾」は発生しませんでしたが、仮にそうだとしても、上記の不法洪の数々が帳消しになるわけでもありません。

しかも、上記図表は「文在寅政権下の」韓国が発生させたものに限定しています。これら以外にも、李明博(り・めいはく)政権時代に発生した現職大統領による天皇陛下侮辱発言事件などを含め、日韓関係史は韓国から日本に対する一方的不法行為の歴史だった、と言っても過言ではありません。

日本の対韓支援は常に一方的だった

ただし、上記点もさることながら、韓国人が主張する「お互い助け合う」という表現にも、強い違和感を禁じ得ません。というのも、日本が韓国を危機から救ったことは過去に何度もあるのですが、その逆は、ちょっと思い当たらないからです。

たとえば、2008年、米投資銀行大手のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する世界的な金融危機に際し、日本は韓国に対する通貨スワップの上限額を合計300億ドルに増額して対応しました。

また、2011年10月、欧州債務危機における世界的な金融不安の際も、当時の野田佳彦首相が主導する形で、韓国に対する通貨スワップの規模を、総額700億ドル(!)にまで増やしたのです。

しかも、この措置によって韓国が金融不安を脱した直後、韓国ではソウルの日本大使館前に慰安婦像が設置されましたし(2011年12月)、李明博大統領(当時)自身が天皇陛下侮辱発言以外にも、島根県竹島への不法上陸や野田首相の親書返送などの無礼を働いています。

つまり、日韓通貨スワップに関しては、間違いなく、日本が韓国に対して一方的な恩を与え、韓国が日本に対し、その恩を仇で返してきた歴史だ、というわけです。

例の麻生節「頭下げれば借りてやるとぬかした」

ちなみにリーマン時に通貨スワップを対応した際に政権を担当していた麻生太郎総理は、現在、副総理兼財相を務めています。その麻生総理は昨年の国会答弁で、音喜多駿参議院議員に対し、例の「麻生節」を全開にして、通貨スワップを巡る韓国の大変無礼な態度を振り返っています。

【参考】『韓国の無礼な態度により麻生総理が席を立ったのは当然

韓国の無礼な態度により麻生総理が席を立ったのは当然

当時の麻生総理の答弁、これはこれで味がありますので、少々長いのですが、できるだけそのままの形で再掲しておきましょう。

なが~い話ですので…、え~(場内に笑いが起こる)

そうですねぇ、外務大臣の頃からですから、もう十数年、何百億ドルもありましたかね、通貨スワップは。だんだん減ってきて、随分減って来たんだと思っておりましたが、民主党政権の時代にさらにガタっと減っていますわな。そして、安倍内閣が再スタートしたときに、確か音喜多先生、150ぐらい残っていたと思うんですね。日銀で50、財務省で100ぐらい残っていたと記憶しておりますけれども。

ま、日銀の50がなくなって、最後の財務省の100になったときに、向こうの財務大臣に「大丈夫か」と、「カネ廻んなくなるだろうが」って言ったら、「いや、大丈夫だ」。「あぁそう?」とほっといたら困ったような顔になって来たんですけど、もう1回だけ「大丈夫か」と言ったら、「そっちが借りてくれといえば借りてやらないこともない」とぬかしたもんですから、「ふざけるな」と思ってそのまま席立って「はいさようなら」。それが最後。

それから今日まで、韓国の場合はウォンと元のスワップをしておられると思いますが、元とウォンとの間のスワップはもう1回やってからドルに替わりますんで、コストは上がるということで、ずいぶんと割を食っておられるんだと思いますが、その後再開というお話がありましたんで、あの、「元はといえばそっちが断ってきた話だろうが。こっちが言ったのにそっちが断ってきた話なのに、なにをいまさら頼みに来るんだよ。ちゃんとそれ、然るべき仁義は踏んでもらおう」という話ですよね。日本的に言えば。

ちゃんとやってもらおうと言ったらいきなり例の銅像ができちゃうって話ですよね。全然話になりません。いまのところ向こうが言っておられるという話は噂には聞いておりますけれども、私ども財務省としてこの話を直接聞いたことはありません。

そりゃ、「そっちが借りてくれといえば借りてやらないこともないとぬかした」(※原文ママ)のであれば、麻生総理が席を蹴って帰ってきたのもある意味では当然の話でしょう。

しかも、日韓通貨スワップが完全に失効したのは、「保守派」であるはずの朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代の話です。

安倍晋三総理大臣の日韓首脳会談の呼びかけを完全に無視するなど、日本に対しさんざん無礼な態度を取った人物が大統領を務めているような国の、いったいどこが「真の友人」なのでしょうか。

大変申し訳ないのですが、「真の友人なら通貨スワップを結べ」と言われましても、「日本は韓国の『真の友人』ではありませんので、他所を当たってください」とお伝えするのが関の山ではないかと思う次第です。

韓国人の行動は似たり寄ったり

鄭義溶氏「本物の友人ならワクチン提供せよ」

どうしてそんな話を思い出したのかといえば、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、こんな記事を発見したからです。

韓国外交部長官、「米国とワクチン協議…『困った時の友人が本当の友人』と強調」

―――2021.04.21 17:03付 中央日報日本語版より

これは、韓国の鄭義溶(てい・ぎよう)外交部長官(※外相に相当)が21日午前、討論会に参加した際、例の「米韓ワクチンスワップ」に関連し、「米国には『苦しい時の友人が本当の友人だ』と強調した」、と述べたという話題です。

これも、なんだかにわかには信じられない話です。

当ウェブサイトでも『「李氏朝鮮回帰」?文在寅氏がフォーラムで中国を絶賛』の前半などで触れたとおり、この「ワクチンスワップ」とは、米国からワクチンを緊急で提供してもらい、韓国で委託生産したワクチンが完成次第、それを米国に提供する、という構想のことだそうです。

そもそもこの構想自体、米国にいかなるメリットがあるのか理解できませんが、鄭義溶氏はこの「ワクチンスワップ」とやらを巡って、「米国とは真摯に協議中だ」などと述べたのだそうですが、同じ話題が米国の側からあまり聞こえてこないのは不思議ですね。

しかも、日米豪印などが推進する「FOIPクアッド」から距離を置いているなど、韓国が頑なに米国の側に立とうとしないことについて、鄭義溶氏は「クアッド参加とワクチン問題は直接的な関係がない」、「ワクチン問題は政治・外交的な問題と切り離すことを原則としている」と述べたのだそうです。

この点、「ワクチン問題を政治・外交的な問題と切り離すことができるかどうか」を判断するのは、まことに残念ながら鄭義溶氏や韓国政府の側ではなく、あくまでも米国政府の側ではないかと思えてなりません。

ただ、中央日報の記事を読んでいて気付くのは、鄭義溶氏の発言が短いなかに矛盾だらけである、という点でしょう。鄭義溶氏は「苦しい時の友人が本当の友人」と米国に対して述べたわりには、クアッドへの参加問題に関しては「別個の問題」と逃げているからです。

1年前の「真の友人なら韓日通貨スワップを提供せよ」という話題と、構造はまったく同じですね。

ネットで判明する、「韓国人の行動は似たり寄ったり」

さて、上記の議論は、当初、先ほどの『【総論】「4つの特徴」から見る、ネットの長所と短所』とセットで執筆していたのですが、その趣旨は、「ネットには既存メディアにはないさまざまなメリットがある」、というものでした。

ネットの主な特徴
  • ①(サイトにもよるが)情報がいつまでも残るので、過去情報の検索が簡単。
  • ②同じ話題を複数の情報源から確認することができる(メディアにより報じ方がまったく異なるため)。
  • ③他の読者の反応を知ることが比較的容易(とくにポータルサイトやSNSのコメント欄)
  • ④外国のメディアの報道も簡単かつ直接にアクセスすることが可能。

じつは、この4つの特徴、どれも本稿の話題と密接にかかわっています。

そもそも論ですが、本稿執筆時点における、中央日報の唯一(失礼!)の長所とは、「過去の記事をすべて自由に閲覧することができる」、という点にあります(ちなみに「完全無料で全記事を自由に閲覧していただいて問題ない」という点では、当ウェブサイトもまったく同じですが)。

だからこそ、今回の事例のように、鄭義溶氏の違和感に満ちた発言を読み、「そういえば過去にも同じような話題があったな」と思った際に、インターネットで気軽に検索することができる、というわけです。

次に、日韓通貨スワップについては、韓国側の学者だけでなく、日本側の当局者(この場合は財相を務める麻生太郎総理)の現実の発言をもとに、その実態を立体的に浮かび上がらせることができる、というわけですね。

また、他の読者の反響を知るという意味では、中央日報に加え、まさに当ウェブサイトに付された読者コメントを読み返しても良いでしょう(※ただし、最近の中央日報は、読者コメントが数日経過すると自動で削除されてしまうようですが)。

韓国ウォッチングもネット時代のたまもの

さて、「外国のメディア」という意味では、中央日報の場合は(ときどきおかしな表現がないではないものの)基本的にな滑らかな日本語で記事が提供されています。ネット社会化したことで、日本のメディアが隠しても、日本の読者は直接、韓国メディアの記事を読むことができてしまうのです。

いずれにせよ今回の事例は、タテ軸(時系列の報道)、ヨコ軸(同時代の多メディアの報道)、読者の反応などから物事を立体的に把握することの重要性を示す典型的なものであることは間違いないと考えて良いのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    どこでも易地思之~~!要は「お前は俺の立場を理解しろ」というだけの話。韓国では元々の言葉の意味も歪んでしまう時空の歪みがあるのです。その時空の歪みを積極的に利用して生き残ってきたのが朝鮮民族という民族でもあります。

  2. イーシャ より:

    学生時代にいませんでしたか?
    勝手なときだけ「友達だろ」ってすり寄ってくるヤツ。
    そういうヤツって、絶対に友達じゃない。

    多分、為替スワップも9月で終りでしょうね。

    1. とある福岡市民 より:

      それってどこのジャイアンですかね?

    2. 通りすがり より:

      教室で顔を見たことがあるかもしれない程度で全く話したことがないような人が、テスト前に「ノート貸して」と馴れ馴れしく接してくるアレですねw

      1. イーシャ より:

        そのくせ、テストで間違えると、こっちのせいにするヤツ。
        いや、こっちは正解してるんだけど。

    3. より:

      リスカブスの第一段階。

    4. だんな より:

      ウリは、イーシャさんの友達ニダ(^_^)

        1. だんな より:

          イーシャさま
          ワクチンと注射器を交換するニダ。

          1. イーシャ より:

            だんな 様
            ちょうど、物置に20年ほど放置してあったインフルエンザワクチンが出てきたニダ。
            なんか、濁ってるけど、きっと大丈夫ニダ。

          2. だんな より:

            イーシャさま
            じゃあ、韓国産の注射器と交換するニダ。
            これで、おあいこニダ。

            さあ、無事に済むのはどちらニカ?

  3. 匿名29号 より:

    何で自分が絶賛している中国様にお願いしないんでしょう。 スワップでなくとも供給してくれると思います。 政治とは別なんでしょ。もしかして横流し先のイランが中国製ワクチンを拒絶しているからですか?

    1. G より:

      ワクチンに関していうと評判の良いファイザーのものじゃなきゃ日本に誇れないんですよ。

      まあ、この人が助けてほしいのは、あくまで韓国じゃなくて、文大統領、現政権なんですよ。アメリカも意味のないことだと即座に判断出来るでしょう。

    2. 福岡在住者 より:

      韓国にとって中国はご主人様なので、口が裂けても「本物の友人」などとは言えません。
      最近では、テコンVならぬ「スプートニクV」も狙い始めたようですよ。

      文大統領、ロシア製ワクチンの導入検討を指示…大統領府「検証中」
      https://news.yahoo.co.jp/articles/3b75cb260a084a63b9d58d9136889c1a491f6330

      1. 匿名29号 より:

        リンクの記事に「韓国のバイオ企業と子会社はロシア直接投資基金(RDIF)と契約してスプートニクVワクチンを5月から国内で生産する予定だが、これは全量輸出用だ」とあります。
        自国生産分は輸出に回して稼ぎ、アメリカに「友達だろ。ワクチンよこせ」って、どう考えたらいいんでしょう。

  4. 七味 より:

    .
      / ̄ ̄ ̄\
      ∧∧∧∧∧∧
      |   \()/ |
      (6  (・) <) 6)
      /   ⊂⊃  ヘ
     ||\_⊥_/||
     ∧ヽ++++ノ∧
    【剛田武】心の友がたくさんいるみんなの人気者


    ・・
    ・・・

    なんとなく思いついただけなんだけど、貼っときました♪

    1. きたたろう より:

      おお!力作ですね!こういうヤツ、トゥートゥートゥーマーシェリー以来に久々に見ました。
      お疲れ様でした。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    米国は韓国の友人では無い。あくまで、今は形骸化著しいが、同盟国だ。「何か困った時に助け合う」というが、米国に何か支援なり援助した事があるのか?THAARDも汚い兵舎で文明人が生活するところじゃないし、まだ発射台数も足りないまま。

    米国を日本に置き換えても同じだ。韓国は都合の良い時だけ、「友人」を騙り、他のワル、敵対国にバラし内通している。つまり、友邦国同士の方が、ふざけた同盟国より、太い信頼関係がある場合がある。

    何処に対しても駄々をこねる建国70歳の年寄りは、鉄格子嵌った神経性病院にくくりつけた方が世界の為だろう。いずれ世界遺産に指定されるよ(笑)。世界中から無視って事!

  6. 引きこもり中年 より:

     毎度、馬鹿馬鹿しいお話を
     アメリカが韓国に、「韓国がアメリカの真の友人なら、アメリカの代わりに「韓国は台湾を独立国として認める用意がある」と明言すべきだ」と言ったんだって。
     おあとがよろしいようで。

  7. 農民 より:

     「借りてくれと言えば借りてやらないこともない」。気色悪いツンデレのようですが、意訳すると「借りたいと韓国側から言うと体面が保てないから、借りてくれと言ってください」ですかね。
     昔はこれを汲み取って日本側が配慮してさしあげたり、裏では韓国側がきっちり土下座していたかなのでしょうが。今の世代の日本側はそんな配慮はしてはいけないと方針転換し、同じく今の世代の韓国側は日本が折れるのが当たり前と思い込んでいて、裏でどうこうするスキルを知らない。
     しかし麻生氏は古い世代ですから、仁義云々は文面通りの意味と、過去の慣習を示しているのではないかと推測します。

     だとすれば、昔から真の対等の友人であった事など一度も無いのですがね。朝鮮文化では「助けさせてあげる」のもコミュニケーションツールなのでしょうけども(皮肉ではなく実際に)。

  8. だんな より:

    何回も言ってますが「この外交部長官は、千枚舌」です。これからもやらかしてくれるでしょう。

    当たり前ですがワクチンスワップなる妄言は、速攻で断られたようです。
    韓国政府が追い詰められた要因の一つに「ワクチン不足」が有りますので、政府関係者が「やってるフリ」をした一環でしょう。
    この外交部長官もワクチンスワップが、上手く行かなかったのを「アメリカのせい」にする事が出来ますので、責任は問われ無いので損は有りません。
    結果的に「友達のせい」にするんだから、友達もへったくれも有りません。
    「良い事は自分のせい、悪い事は人のせい」が、韓国の無責任文化です。
    ねぇ、元韓国在住日本人さん。

  9. G より:

    困難な時に助け合うのが真の友人

    私が最も好きな言葉をこんな場面で使われて憤慨しています。
    この言葉は、困難な時に助けてもらった感謝の言葉として使うものです。
    友人でもない輩が助け合いを強要する言葉じゃありません。美しい言葉が穢れます。

    1. より:

      朝鮮半島では『川に落ちた犬は棒でたたけ』とあったハズなんですが…

      1. G より:

        棒で叩かないと
        「困難な時に助け合うのが真の友人」
        とか言いながらまとわりついてくるという教えなんですね。なるほど

  10. きたたろう より:

    拓殖大学の呉善花先生の話によると、学生時代、鉛筆やら消ゴムを「貸してね」といわれて貸すと返ってこない。
    その事を訪ねると、「本当の友達ならその程度の物を返せなんて言わないはず」というのが韓国人らしいです。
    またある日、日本から来た留学生が寮で韓国人学生と友達になり韓国人がニコニコと「私たち友達だよね」というので「そうだね」と返すと、その日以来コーヒーや冷蔵庫の食べ物を勝手に飲み食いされ絶句したそうです。
    どうも「友人」という位置付けが世界のスタンダードと違う様です。
    そのあたり、政府の高官や大統領になってもメンタリティーは変わらないのでしょうね。
    ホント、朝鮮民族は付き合いづらい連中です。

  11. 農家の三男坊 より:

    ”親しき中にも礼儀あり”

    ”古今東西、人間の普遍の真理として各国に古くから伝わる共通の人生訓”らしいですが
    真面な国でもなく、碌な歴史もない劣化版中華には無いのでしょうね。

    1. より:

      呉善花氏の著作などによると、韓国では「親しき中には礼儀無し」なのだそうです。
      日本式に「親しき中にも礼儀あり」を実践すると、韓国人には「水くさい」とか「本当には胸襟を開いてくれてない」と感じられ、「あいつはこちらを友人と思ってないのだ」とか「裏表のある奴で信用できない」と考えるのだとか。

      まあ、韓国人同士でどのように振舞おうが知ったことではありませんが、日韓友好なるものがいかに絶望的な課題であるかをつくづく感じましたとさ。

      1. PONPON より:

        龍様

        そう言えば、30年くらい前にニューヨークに会社の研修で行った際、そのころ仲の良かった在日韓国人の同僚と同部屋になり、歯ブラシや髭剃りを貸してくれと言われました。

        持ってないんかか?、と聞いたところ、「持ってるけど、~さんと俺の仲やんか、共有しようや!」と言われて面喰いました。
        髭剃りは貸しましたが、歯ブラシは拒否しました。

        韓国人は、いったん仲が良くなると距離感が一気になくなり、性別問わず身も心も一緒となる傾向にあるようです。
        そこが良いところでも悪いところでもあるかと思いますが。。

        ちなみに私は韓国政治&文化も韓国の反日韓国人も嫌いですが、在日韓国人はそれだけで嫌うというとはありません。
        何人かと友人になりましたが、むしろ純粋で真っすぐな良い奴が多かったように思います。

        ですが現状、やはり韓国とは距離を置きお互い関わらないのが一番良いとは思っています。
        昨今は怒りしか感じません、昔は結構好きだったのですが。。

        1. より:

          なるほど。似たような話はいくつか聞いたことがありましたが、やはり実際にもそうであるということなんですね。

          なお、韓国の様々な”やらかし”について、最近ではよほどのことでもない限り腹を立てることはなくなりました。怒りを通り越したのか、それとも微塵の期待も持たなくなったのか、自分でも判然としませんが、一々腹を立てていては精神衛生上よろしくありませんし、韓国レベルに堕ちるのは御免蒙りたいので、わが国に実害が及ぶようなことでなければ「ふ~ん、またか」で極力済ませてます。韓国なんぞのためにストレスを溜めるのなんて真っ平ですから。

          1. PONPON より:

            龍様

            そうですね、ですが私は修業が足りないので韓国ニュースを読むたびに心が揺れ、大概怒りが湧きます。

            私自身がHSPということもあるのでしょうが。。

  12. たろうちゃん より:

    むかし、と云っても20年程前か。飲み屋の一階の階段下で友人と話をしていたら、階段の上から人が転がり落ちてきた。凄い音でビックリしたら階段の上で韓国クラブの女が興奮して喚いているではないか!聞くところによると「わたしのお客さんを盗った!」んだと。いや、いや、誰を指名して酒を呑もうとお客さんの自由でんがな~。瞬間湯沸し器、、初めて見た!後先考えず言葉を発し、殺人罪や傷害罪になるかもしれないにもかかわらず火病を起す奴等とは「真の友人」にはなりたくない。

    1. より:

      更に、人を傷つけておきながら被害者ぶるところがお約束。

  13. カズ より:

    時視各角】リップサービスで日本が振り向くだろうか(中央日報)
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/274563?sectcode=140&servcode=100
    >春が来たから梅が咲いたのであって、梅が咲いたから春が来たわけではないということだ。

    言い換えれば、
    信頼関係があるからこそのスワップ締結であって、スワップ締結で信頼関係が得られるわけではないのと同じ。(輸出管理・TPP加盟他の件も同じ)

    困った時だけ擦り寄ってくる者との顛末は、”お前の支援が足りないせいだ”と、私怨を募らされることになるんですよね。きっと。

    *彼らはすでに信用ゼロ。空手形を切りすぎました。

    韓国:日本が真の友人ならスワップ結べ
    韓国:米国は真の友人ならワクチン提供に応じよ
    日米:貴国は真の友人たる振る舞いをしたのですか?
    韓国:困ったとき、優先的に助けさせてあげたnida・・.
    日米:「・・。」(◞‸◟)アイサレタイノナラ、アイシナサイ。

    *アイシタクモナイカラ、アイサナイケド・・。

    1. ちかの より:

      カズ様
      「韓国に対する愛はないニカーッ?」ですね…。
      たぶん、「友人」の意味も全然違うんですよ。
      「愛」の意味も内容も、違うと思います。

      1. カズ より:

        ちかの様
        私なりに彼らの好む言葉を意訳してみました。

        (我らの為の)パートナー=パトロン(奉仕)
        (我らの為の)友人=下僕(奉仕)
        (我らの為の)協力=奉仕
        (我らの為の)共栄=奉仕
        (我らの為の)愛=奉仕

        *言外の意思が見えたような気がしました・・。

  14. G より:

    スワップとは
    「表向き対等関係を装いながら実質的には一方的援助をしてもらう仕組み」
    のこと。これが韓国の認識です。

    実はこういう意味でスワップという言葉を使い始めた「起源」は日本です。

    もともと通貨スワップ取極とは外為市場に参加する金融機関が、信用力はあるのに一時的な外貨不足でデフォルトになるのを防ぐため、中央銀行間を経由して外貨を融通する仕組みでした。
    あくまでも外国における「自国通貨」の流通を守るのが目的で外国通貨の危機を守る意図はありません。

    その仕組みを援用して、アジアの国々を通貨危機から守るスキームに仕立て直したのが日本です。もともと援助目的ですから、もっとエラそうに明確な援助をあらかじめ約束すればいいのに、被援助国の体面のことまで考えてあげるなんて、日本ならではのお人好しさが出ています。まあ、上から目線ではなかなか被援助国が言い出しにくく、危機に間に合わない可能性も考慮したかもしれません。

    そんな日本の好意をとことんまで踏み躙ったのは韓国。ここからの解説は不要ですよね。

    日本が起源であるスワップの概念をずうずうしくも使ってこともあろうにアメリカに不遜な要求をしている。現在そういう状況です。

  15. めたぼーん より:

    韓国は何せ道徳性が人類の中で飛び抜けて高いので、もはや凡人である日本や米国には全く理解できない理解をしてきますからね。約束の定義も然り、友人の定義も然り。中国もそのあたりは分かっているので会話より棒で叩くことをしてますし。

  16. だんな より:

    文大統領、バイデン大統領に「北と対話し、中国と協力せよ」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46d27d8153108998a7c8fe0ac647faa6a0e19529
    文大統領が、NYTのインタビューに応じたとの事。
    まあ、頭の悪い事。
    今日テレビ会談が有るようですので、両国の発表内容の違いが楽しみです。

    1. ちかの より:

      だんな様
      ホント、どう違っているか?
      「違い」が楽しみですね。

  17. 頓珍韓 より:

    孤立ゆえ救いを求めず求められず虚勢を張って引きこもる北と、なりふり構わず恥知らずで放言するが同盟国に相手にされない南。

    やっていることは両極だけど、根本と結果が一緒だと感じる今日この頃。

  18. だんな より:

    韓米ワクチンスワップの質問に米国務省「国内ワクチン接種が最優先」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/843ab1fbf0a9ce000e4a90eafe3c069b9e5864fe
    質問した中央日報の記者も、面の皮が厚いと思います。
    >「私からは韓国や他国との非公開外交対話には言及しない」
    韓国外交部長官への非難ですね。

    他の質問内容みると、報道官良く怒らなかったなと思います。

  19. よし より:

    日米と肩を並べ同等に会話出来ると思っているのがキショい。
    C国に対する対応のようにしていればまだ良いのに。

  20. 匿名 より:

    乞食は乞食であることを自覚しないと お恵みはもらえませんよ。
    万年乞食で 忘れちゃったのかな。

  21. 匿名 より:

    調子に乗ってそのうち「フッ化水素スワップ」、「ドルスワップ(ドル刷らせろ)」
    とか言い出しそうだ。

  22. より:

    ところで、そもそも韓国に「真の友人」ってガンビア以外にどこかありましたっけ?

  23. だんな より:

    この外交部長官の発言について韓国ネット民は、左右ともネガティブでした。
    当たり前ですが、文政権が、媚中従北であるのは、共通認識のようです。
    アメリカのせいにする為という意見も有り、その他も割と意見が近くて意外でした。

    1. より:

      右だろうと左だろうと所詮は韓国人ですから。

  24. 匿名 より:

    友達・・・なの?
    スワップって・・一方的に提供する場合も使うのでしょうか?(笑)

  25. 化外の人 より:

    主様皆様お疲れ様です。
    ちょうど最近友人に関してこのような記事を見かけたもので。
    https://karapaia.com/archives/52227373.html
    友達のフリをしたタカrいやこじk…いやいや自称友人、イヤですね。

    1. きたたろう より:

      記事読みました。悪い友人はマインドコントロールしようと試みるのでしょうか?
      子供を死なせた主婦の事件のように。
      もしかして韓国も⋅⋅⋅そんな能力の欠片もないのに⋅⋅⋅

      でもないか⋅⋅⋅鳩山のようなヤツもいるしなぁ⋅⋅⋅怖い、怖い!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。