信頼関係は文在寅政権下で最終的かつ不可逆的に壊れた

処理水を頑なに「汚染水」と言い張る韓国政府、日本を訴えたければどうぞ

トリチウムの海洋放出を巡り、隣国で「日本非難」の声が続いているようです。ただ、ここでふと疑問に感じるのですが、1年後に発足する次期政権が「保守派」だった場合、その政権が日本に対し、水面下での関係改善を持ち掛ける、という可能性はないのでしょうか。これについては、結論的にいえば、文在寅政権下の反日があまりに常軌を逸していたためか、「最終的かつ不可逆的に」壊れたのが日韓の信頼関係である、という可能性が強まったと思います。

ALPS処理水海洋放出は国際社会の支持を得た

昨日の『処理水は「汚染水」に非ず:海洋放出は合理的な決定だ』では、菅義偉総理大臣が2年後をめどに、福島第一原発でたまり続けている多核種除去設備(ALPS)で処理した「ALPS処理水」を海洋放出する方針を決定した、という話題を取り上げました。

これについては米国務省のネッド・プライス報道官が即時、「日本政府の決定は透明で国際基準に従ったものだ」とするコメントを出したほか、国際原子力機関(IAEA)からも「国際基準に従っている」などの声明が出ています。

これについては世の中のごく一部で誤解があるようですが、そもそも菅政権が海洋放出を決めたのは「汚染水」ではありません。あくまでも原発で生じる汚染水をALPSで処理したものであり、一般に「ALPS処理水」あるいは「処理水」と呼ばれます。

ただし、処理水(H2O)の中には放射線を発する水素同位体である「三重水素」(いわゆるトリチウム)でできた水(T2O)が含まれており、これについては物理的に、完全に除去することができません。

「国際的な基準」とは、このトリチウム水の濃度についてある程度の基準を設け、その基準値以下になるよう、十分に薄めれば、海洋放出しても問題ない、とする考え方のことであり、菅総理はトリチウムの濃度を国内の規制基準の40分の1以下にする方針を示しています。

世界もトリチウムを放出している!

実際、2018年2月2日に開催された『多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第7回)』という会合で配布された『資料5-2 トリチウムの性質等について(案)』という資料の7ページ目には、こんな図表が掲載されています。

図表 世界の原子力発電所等からのトリチウム年間排出量

(【出所】経産省HP『資料5-2 トリチウムの性質等について(案)』P7)

これによると、トリチウムは海洋ないし大気中に排出されるのが世界のスタンダードであり、例えばお隣の韓国にある「月城原発」からは、2016年において、液体で17兆ベクレル、気体で119兆ベクレル、合計136兆ベクレルというトリチウムが排出されていることが示されています。

いずれにせよ、トリチウムに関しては、「原発から排出されたトリチウムの影響で健康被害が生じた」とされる事例は、今のところは報告されておらず、理論上もトリチウムから放出される放射線量の少なさ、体内に蓄積されずに水とともに排出されるという性質などから、健康被害は考え辛いとされています。

(※もっとも、将来において「トリチウムが絶対的に安全だ」と保障されているわけではありませんので、この点については注意する必要はありますが…。)

こうしたなか、米国政府が述べるとおり、日本政府が選んだ「海洋放出」とは、さまざまな選択肢を並べ、それらについて透明性が確保されたプロセスを通じて比較検討した結果のものであり、かつ、国際的なルールに従い実施されるという前提において、国際社会から支持されているものです。

付き合ってられない「韓国の反発」

当然、日本国民および近隣国に対する説明は、丁寧になされなければならないことは間違いないのですが、では、「どこまで丁寧にやるべきか」については、議論がわかれるところでしょう。

こうしたなか、昨日の『ALPS処理水を意図的に「核汚染水」と呼ぶ韓国首相』でも紹介したとおり、韓国の丁世均(てい・せきん)首相が自身のフェイスブックアカウントに、4月13日付で次のような書き込み(※原文は韓国語)をしました。

  • 日本政府の核汚染水海洋排出の決定を受け入れることはできない
  • 周囲への理解と共有なしの一方的な決断に、政府はきっぱりと反対する
  • 日本の汚染排出決定は無責任な決断であり、周囲の人々の権利を侵害している
  • 日本政府はもうひとつ、歴史的過失を犯すことになるだろう

正直、一国の首相の発言とは思いたくないほど、感情的で非科学的、かつ日本に対する恨みが込められたものです。しかも、多核種除去設備で処理されたあとのALPS処理水のことを、わざわざ「核汚染水」とウソの呼称を用いているあたり、明らかに悪意があります。

それだけではありません。

今度は「日本を国際裁判で訴える」と表明した文在寅氏』でも紹介したとおり、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領自身までもが本件を巡って、国際海洋法裁判所への提訴を検討するよう、政府に指示を出したのだとか。

韓国が日本を訴えるのは自由ですが、もし訴えるにしても、「日本のトリチウム水の海洋放出によって韓国が不利益を被る」という点については、原告である韓国が立証しなければなりません。そんな立証など不可能ですし、だからこそ、日本は「どうぞ、どうぞ」という反応で良いのです。

文在寅政権が交代すれば良くなるのか?

ただし、これについては、文在寅政権が任期を1年少々残し、ソウル市長選などで与党候補が敗北するなど、先日の補選・再選挙で大敗を喫したことが原因であろうと指摘する人もいるのですが、ものごとはそこまで単純ではありません。

ことに、わが国でもよく、一部の保守系論客ないし外務省出身者などを中心に、「韓国がここまで反日国となり、日韓関係がここまでギクシャクしたのは文在寅(氏)のせいだ」、「だから文在寅(氏)の後任に親日的な政権を発足させ、日韓関係を元通りにすべきだ」、といった主張を耳にします。

あえてきついことばで申し上げるなら、それらはすべて「与太話」に過ぎません。その証拠のひとつでしょうか、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、こんな記事が掲載されました。

韓国政界、日本の汚染水放出批判に声そろえる…「砂一握りも汚染されてはならない」

―――2021.04.14 16:44付 中央日報日本語版より

中央日報によると、韓国の政界は、与党「ともに民主党」から最大野党「国民の力」に至るまで、「日本批判」で声が一致したのだとか(※なお、具体的にどの議員がどう発言したかについては逐一取り上げませんので、ご興味があればリンク先記事で直接確認してください)。

ここでポイントは、「与野党が一致して」、という部分でしょう。もし現在の韓国が文在寅政権ではなく保守派の政権だったとしても、程度の差こそあれ、やはり日本に対してギャーギャーと大騒ぎしていたのではないか、という疑問が湧いてくるゆえんでもあります。

あるいは、この状況で「保守派」とやらが政権を獲得し、文在寅政権の後釜に座ったとしても、その「保守派」大統領は文在寅政権が表明した国際裁判手続を取り下げるわけにはいかない、という可能性が高くなったのです。

説明100回でも理解しない韓国

ちなみに昨日も紹介しましたが、中央日報に昨日掲載された次の記事によると、駐韓日本大使館側が公表した参考資料には、「東京駐在の外交団を対象にこれまで100回以上の説明会を行った」などと記載されていたのだそうです。

汚染水放出「突然だ」という韓国政府…日本は「100回説明した」(1)

―――2021.04.14 10:42付 中央日報日本語版より

日本政府がこれまで誠心誠意、韓国側に説明して来たにも関わらず、説明は韓国側にまったく理解されず、それどころか相手は日本を国際裁判に訴えるぞ、と叫んでいるわけです。

もう十分でしょう。

どんな国同士であっても、仲が悪いよりは仲が良い方が望ましいに決まっています。しかし、こちらがどれほど一生懸命、平和的・紳士的・友好的な話し合いを持ち掛けても、彼らの方にそれに応じる意思がないことは明らかであり、これ以上の関係改善努力は無駄です。

最終的かつ不可逆的な変化:古き悪しき時代には戻らない

もっとも、個人的にもうひとつ懸念していることといえば、次の政権を「保守派」が担うことになったとして、例の「古き悪しき時代」、すなわち「水面下の対韓配慮論」が復活しないか、という点です。

従来の日韓関係といえば、韓国が水面下、つまり両国民や国際社会から見えないところで、日本に対して譲歩を懇願し、日本が韓国に譲歩したところ、韓国側がハシゴを外す、というパターンが大変に多かったのです。

自称元慰安婦問題を巡る1993年の「河野談話」など、その悪い例の典型でしょう。

ただ、文在寅政権の4年間で、日韓の信頼(?)関係が踏みにじられ、粉々に砕かれたこともまた事実です。日本の側に「今回ばかりは韓国に譲歩してあげよう」という空気が芽生え辛い状況が生まれたことは間違いありません。

というよりも、日本政府が韓国に対し、またしてもくだらない譲歩をするようであれば、一般国民の間から自然発生的に怒りが湧いてくるでしょうし、その怒りの感情は2015年12月の日韓慰安婦合意のときのそれと比較にならないほど強いのではないでしょうか。

その意味では、文在寅政権の4年間における最大の功績(?)とは、日韓関係を最終的かつ不可逆的に破壊したことだったのだとしたら、これはこれで皮肉な話なのかもしれないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ちかの より:

    >歴史的過失を犯す
    日本がやった最大の歴史的過失は、あの半島と関わってしまったこと。
    シンシアリーさんのブログでは「過誤」と訳してあったようですが、過失でも過誤でも、どっちでもいいけど、関わったらロクなことないですよね。
    何でもいいから反日していないとタヒんでしまう、という特質が鬱陶しいです。

    1. sey g より:

      ちかの様

      日本は明治まで、極力半島と関わらずに来ました。
      その結果が、朝鮮併合です。
      極端に接触を無くすと 半島の面倒くささが理解されずに過ちを犯してしまいます。
      今ぐらいが、丁度良いのでは無いでしょうか?
      滅茶苦茶鬱陶しいけど、半島の真の姿を知らずに日本から関わるようになるよりかはマシかも。

  2. 匿名 より:

    T2OじゃなくてHTO(水素三重水素水)ですね。Tの天然存在比は10の-18乗なのでいくら水素イオンの交換速度が速いとはいえT2Oは確率が低すぎ(10の―36乗)です。12Nのフッ化水素も腰を抜かす不純物量だし、アボガドロもプランクもびっくり。まだDTO(重水素三重水素水)の方が可能性がある。HTOを物理的に取り除こうとすると質量がほとんど同じD2O(重水)やH218O(酸素18同位体水、天然存在比0.204%)とも分離しなきゃいけないので、質量分析器でも一苦労です。分けるなら水素に還元するかプラズマにしてからですね。

    1. 赤ずきん より:

      アボガドロもプランクもびっくり。・・・なつかしいなあ。すっかり忘れた。ところで専門家?

  3. カズ より:

    韓国政府、昨年福島汚染水放流「問題ない」としていた(wow kore a)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcd2d32e3bd56f9a9929d4f185aef694dc386f39

    >韓国政府が昨年、日本の福島汚染水放流について「科学的に問題がない」とした事実が明らかになった。

    仕組みとしては納得せざるを得ないのだけれど、「IAEAによる適正チェックに当事者として参加させろ」ってことなのかな? データカイザン ミニオボエガアルカラ・・?
    そんなこと主張すれば、相互主義の観点からも月城原発での適正チェックへの”日本の関与”を拒めなくなるんですけどね・・。

    他者の批判のためには、
    「己を知ることが大事」
    「おのれ~(恨み節)」では無い・・はず。

    1. 門外漢 より:

      >「おのれ~(恨み節)」では無い

      上手いです(^^♪

  4. 名無しさん より:

    朝鮮人の意見には辻褄が合うロジックがない。■例えば「31独立運動」の発端は次のようなものだとWikipediaにある
    「第一次世界大戦末期の1918年(大正7年)1月、アメリカ合衆国大統領ウッドロウ・ウィルソンにより”十四か条の平和原則”が発表された。これを受け、民族自決の意識が高まった李光洙ら留日朝鮮人学生たちが東京府東京市神田区(現:東京都千代田区神田駿河台)のYMCA会館に結集し、「独立宣言書」を採択した(二・八宣言)ことが伏線となったとされる。これに呼応した朝鮮のキリスト教、仏教、天道教の各宗教指導者ら33名が、3月3日に予定された大韓帝国初代皇帝高宗(李太王)の葬儀に合わせ行動計画を定めたとされる。」
    何故米大統領が【第一次世界大戦の終結に向けた宣言】を出したら朝鮮が独立しなければならないのか?それを言い始めた連中は【日韓併合の最大の受益者であり日本の高い教育水準に日本の国民として遊学する事を許された朝鮮人学生】だったのであり、起点となったのが【先の大韓帝国初代皇帝高宗(李太王)の死去を悼む葬儀の日に先王への思慕の体裁をとって、この日韓併合を日本に願い出た張本人を神輿に祭り上げる格好で期日を選んだ】のか、さっぱりわからない。それに「賛同した朝鮮人」とされる者の大半は【反対したり不参加だったら殺人放火するというテロ脅迫で有無を言わせずの動員】だったのであり、【そもそも何に対して運動しているのかすらほとんどの人が判って居ない(民族自決権などという概念の理解は大変高度な学問が必要)】。
    ■朴槿恵大統領の弾劾事件も未だに(他人事ながら)全く理解できない。朴槿恵自身は独身子無しであり、誰を利して私服を肥やしたとも立証されない。「国政壟断」という論理も良くわからない。サムスンが五輪乗馬選手に馬をプレゼントした事も「罪」とされるのは意味がわからない。朴槿恵を揶揄する韓国経済紙の記事を引用して日本語で報じた産経新聞の記者が起訴され出国禁止という不当な取り扱いを受けたが、朴槿恵弾劾に追い込んだ韓国「ろうそく革命政権」は未だに朴槿恵政権のした事としてそれを謝罪し、名誉回復する事すらしていない。たとえば私が同時代として経験した事件にフィリピンのマルコス大統領を退陣に追い込んだ運動があったが、その大義の千分の一も意義が見いだせない。
    ことほど左様に、朝鮮半島で生起する「事件」朝鮮人の「気分感情」には辻褄が合わない方向性のない突然の暴走が見られる。暴走の結末に関しても、身勝手でその場しのぎで、他者にかけた迷惑への責任も取らない。自分だけが不幸、自分だけが不遇、自分の憂さを晴らしたい、結果がどうなろうと構わない。その騒動の責任と結果はその騒動で倒された「敵」だけに属するから倒した私は無謬で、全財産を奪った後の「敵」が責任を負うので実質賠償責任も帳消し。そんな感じのやりたい放題を全世界に押し付けるのが朝鮮人。

    1. 赤ずきん より:

      気分というよりビョーキと思ったほうが少しだけ理解しやすい

  5. 匿名 より:

    処理水に関して批判してる連中の
    反対理由が何ら科学的でも論理的でもないから
    説得しようがない。

    1. 匿名希望 より:

      でも、「放射性物質が生物に悪い影響を与える場合がある」ってのは、
      科学的だし、論理的。
      で、その理屈に則れば、「処理水に関しては極めて影響が少ない」って
      ことになるのと思われるのであるが。
      斑に、「科学的で論理的」なのでしょうね。

      1. ちょろんぼ より:

        いつもお世話になっております。

         匿名希望様 ダメです。
         既に「アサヒが科学を振りかざすな」とのご託宣がありますから
        科学的という言葉に拒否感をもたないといけない人達は、処理水の放水に
        反対しなけばいけないのです。
        説得されるのは「アサヒという神」に対する不敬罪にあたるのです。 

      2. 匿名 より:

        そういう反論なら言い返し用もあるし、建設的。
        ただ、わけわからない批判が多過ぎる。
        ゆるキャラでごまかすな、
        信用できない、
        風評被害がある、
        安心できない、
        などなど。

  6. はにわファクトリー より:

    報道機関ソウル支局は「最終的かつ不可逆的に壊れて」しまっている。

    彼ら報道記者の任務は、半島人のための単なる伝言役であっていいはずがありません。巷間に理解を広め理解を深める、それがジャーナリズムの原点でありましょう。

    しかして、報道機関ソウル支局はこれまで何をしてきたのでしょうか。報道記者の不作為、報道記者の日和見、報道記者の失敗がこんにち眼前に横たわる現実を引き寄せてしまった、そのように考えるのは自然です。よって、ソウル支局は壊れてしまっている、そのように判断せざるを得ません。

    1. より:

      ソウル支局の問題ではなく、本社側の問題であると思います。
      実際、元日経の鈴置高史氏や元時事の室谷克実氏も、いずれもソウル支局勤務歴がありますし、ソウル在勤時にあれほどディープな韓国政界情報を報じていた朝日の牧野愛博氏も、帰国して編集委員なんぞになったとたん、”角度”がきつくなりました。
      以上などから考えると、各報道機関のソウル支局がどれほど「正直」な記事を書いても、本社側でボツにされるか、修正を要求されてきたと考える方が妥当だと思います。

      一例を挙げれば、鈴置高史氏はなぜ定年前に日経を去らざるを得なかったのでしょう?
      鈴置氏の日経ビジネスでの連載が突如打ち切られたのは何故でしょう?
      鈴置氏の日経ビジネス連載打ち切りとほぼ同時期に、元産経の福島香織氏の連載も打ち切られています。「本社の意向」と考えるよりありません。
      つまりは、ソウル在勤の報道記者の失態ではなく、報道機関本社の失態と見做すべきであると考えます。

  7. 七味 より:

    >将来において「トリチウムが絶対的に安全だ」と保障されているわけではありません

    本論から外れるけど、新宿会計士様の注記をみて、DHMOの話が浮かんじゃったのです♪

    多分だけど、悪性腫瘍で亡くなった方のご遺体を調べると、高い確率でトリチウムを含む三重水素水が検出できるんじゃないかと思うのです♪

  8. だんな より:

    文在寅を日韓関係を不可逆的に悪化させたと言えば、韓国は処理水放出が日韓関係を悪化させたと言うでしょう。
    また、中国が韓国の肩を持つのは、米韓離間効果を期待しての事だと思います。

    また無知な韓国人は、心配して塩を買い占める話があるようです。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c3325e17fc4dd96d7c3bb4f7a5bd592ae9f5e4a
    彼らの言う被害は、韓国国内における水産物の販売減など「韓国人の妄想における、韓国国内の風評被害」となり、それを「損害賠償汁」となります。
    韓国国内の立証に科学的根拠は不要で、情緒的に判決が出ますので、何にでも難癖付ける事が可能です。
    「日韓併合は違法ニダ、賠償するニダ。」が、「汚染水排出は違法ニダ」となって増えたと考えれば、分かりやすいと思います。
    今後の日韓は、こんな話が続いて行くんだと思います。

    1. だんな より:

      追加です。
      多分ロシアも乗って来るでしょう。
      北朝鮮も同様です。
      紅組対青組の構図になる可能性が、高いと思います。

      1. 伊江太 より:

        だんな様

        >多分ロシアも乗って来るでしょう。

        さすがにこれはないと思います。

        ガラクタ原潜の処分がまともに出来ず、沈没したまま、放射能ダダ漏れになった(多分今でも)なんて失態を、またぞろ持ち出されたら、やぶ蛇どころじゃありませんからね。

        1. だんな より:

          伊江太 さま
          話がずれます。
          日本は、金持ちで世界一の債権国との事。
          イーシャさんのゲーム理論では有りませんが、日本は自ら取り立てる手段が有りません。
          ポストコロナで、個人だけではなく、国の格差も広がると思います。
          ロシアも景気の悪い無法国家ですので、何を言い出すか分かりません。

          私が兼ねてより懸念しているのは、日本がいじめっ子に集られる、お金を持ったひ弱な優等生になるんじゃないかという事です。
          伊江太 さんは、この懸念をどう思いますか?

      2. カズ より:

        だんな様
        >多分ロシアも乗って来るでしょう。北朝鮮も同様です。

        韓国は日本海での事例(月城)を根拠に、集られるのかもですね。
        あれれ?

    2. 門外漢 より:

      電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、日本が悪いニダ。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    もしも文政権後に用日派の保守系や何派でもいいから新大統領が就任しても、また御破産で最初は「関係改善」のポーズをして来る可能性はあります。でも基本、日本が謝罪し、常に下位にあるべし、なんですが。海水の場合、彼らは途方もない賠償を言ってくるでしょう。

    その時に韓日議連や韓日商工会の顔役らが、日本の(早く辞めさせたいが)二階、河村議員と韓国べったりの企業家らが、再度結びつく可能性はあります。

    しかし、さすがにALPSを「放射能汚染水」と言い放ち、国際法廷に訴えるような非友好国と手を組むヤカラは、激しく非難されるでしょう。幸いと言ってはいけないが、コロナ禍で直接乗り込んで来る朝鮮人も居ない。万々歳です。

    外務省は何を気にしているのか、もっと下等国で反日国とは突き放すべきです。企業も撤退が正解。アソコがどうなろうが、一時の苦しみで済むはず。

    文化交流ヤメ、駐日大使不在、ビザ免除緩和措置無し。そしてブーメランを待つ(笑)。効き目薄そうなら金融制裁だ。

  10. その辺の人 より:

    韓国の原発も老朽化が進み近い将来とんでもない事が起こる可能性もある。
    そうなった場合の事も想定して日本批判をしろ。後になってどこも助けてくれないぞ。
    反日に関しては柔軟性ゼロの韓国はいずれ反日で滅びるよ。
    間違いなし。

  11. きたたろう より:

     日本が処理水に困っているのは百も承知のはず。
    それを傍観し「手伝えることがあれば言ってくれ」とは言わず、海洋投棄するといえば激怒する。中韓とはそういう国。
    うちの会社にもいるなぁ、そういうヤツ。

  12. 農民 より:

    >砂一握りも汚染されてはならない

     彼ららしい誇大表現ですね。朝鮮では新聞も政治家も、こういった”断固たる決意”をとにかく大げさに修飾表現するのが好きですが、真面目に言ってるなら、綺麗事を通り越してほとんど危険思想です。こんな発言に責任を持とうとしたら何もできなくなります。責任を持つ立場ならば軽々に用いるべきではない。
     逆に「責任を持つ気などない」から言えるのでしょう。もしくはそんなことが可能だと思えるほど知識が無いか。「相手は道徳を侵したが、我が方はこれほどに高潔なのだ」というレッテルに異常に執着するからこんな無茶な発言になる。そして実現不能なのでブーメランに。日本人も道徳は好きですが、こういった問題では「相手は非科学的だが、我が方はこれほど科学的に検証をしたのだ」という方に行くでしょう。(マトモな人は)

     ……そういえば日本にもゼロコロナとか言ってる連中も居ましたねー。

    1. 匿名 より:

      リニア新幹線で水一滴たりともとほざいている知事もいましたねえ。

  13. たか より:

    用日親米保守派が政権を取った場合、日本政府はともかくアメリカ政府が態度を変えるかもしれません。それが心配です。またぞろ日韓関係を取り持とうと余計な差し出口を挟んでくるかもしれません。

    1. PONPON より:

      たか様

      今回の韓国による「汚染水&訴えるぞ主張」により、保守派政権を誕生させて日韓関係を改善させようというアメリカの意向はほぼ実現不可能となりました。
      一部の日本人に残っていた「韓国と改善しても良い」という思いが木っ端みじんにくだかれ、最終的かつ不可逆的に壊れてしまったからです。

      その意味で、アメリカに日韓連携は不可能だと認識せしめることになった今回の韓国の妄言は、日本にとって良かったのかもしれません。

  14. 名古屋の住人 より:

    先の「今度は『日本を国際裁判で訴える』と表明した文在寅氏 に」のコメント欄に投稿した「中国外交部の趙立堅報道官が『飲めるものなら飲んでみろ』と言い放った」件、時の園田政務官が既に処理水を飲んでいたのは、なんと10年程前の2011年10月31日、それを報道したのはアカヒ新聞でした。

    ■園田政務官、原発の浄化水飲む 「飲んだら」と言われ(2011年10月31日)
    http://www.asahi.com/special/10005/TKY201110310428.html

    また、WOW!Koreaさんの記事に「2020年10月15日、K国政府が『処理水の排出がK国の国民と環境への影響がない』と判断していた」という記事を掲載しています。

    ■韓国政府、昨年福島汚染水放流「問題ない」としていた(2021年4月14日)
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0414/10295542.html

    そんなK国大統領閣下には、謹んで平櫛田中氏の名言をお贈りしたいと思います。

    ■平櫛田中 『いまやらねば』
    http://www.all-japan-arts.com/rekishi/0802rekishi.html

  15. より:

    かつては確かに存在した、水面下の日韓政治家同士のパイプが機能しなくなってしまっている以上、万が一次期大統領に保守派が選出されたとしても、韓国側が望んでいるような「30年前の日韓関係」に戻ることはもはやないでしょう。
    理由の一つ目は、水面下で調整する機能が無効になってしまっていること。河村程度の小物では、日本の政財界に影響力を及ぼすことはできません。そもそも「腹芸」のできる政治家ももはやいませんし。
    そしてもう一つの理由は、韓国という国や韓国人に関して、その実態が広く日本人に知られるようになったことです。脳天気な日本人が「憎悪する」のではなく、「嫌悪する」というのはよほどのことです。戦時中ですら、鬼畜米英は叫んでも、米英嫌悪は叫ばれませんでした。神道的コンテキストで言えば、日本人にとって韓国は「敵」ではなく「穢れ」と見做されるようになりつつあるとも言えるかもしれません。そこまで行ったら、修復はほぼ不可能です。

    日本の代表的な親韓派である武藤元韓国駐箚大使は、明らかな「反文在寅」ではあっても「反韓国」ではありません。彼が文在寅一味さえ居なくなればと考えているのは、ここ数年の彼の論説からも明らかですが、彼の懸念はまず「文在寅路線を突き進んだら、本当に韓国は滅びる」という点にあると思われます。彼の最終的な希望が日韓の善隣友好であるのは明らかですが、そこへの道のりが絶望的に遠いことも彼は十分承知していると思います。次期大統領が保守派になれば日韓関係が劇的に改善するなどとは思っていないでしょう。せいぜい、文在寅政権が連発する「反日ネタ」がこれ以上追加されなくなるのが関の山です。当面の彼の願いは、次期保守派大統領が親米路線に回帰し、韓国の消滅や滅亡が回避されることと思われます。

    1. PONPON より:

      龍様

      同感です。
      今回の韓国の妄言で、アメリカが期待した保守政権誕生による日韓関係の改善は一層不可能になりました。
      その意味で、今回の韓国の妄言は日本にとって有難いものだった言えるでしょう。

      アメリカが韓国の本質を本当に理解できるかどうか、今回の件でも日韓連携を諦めきれないのなら、アメリカの認知能力に疑問が湧きます。
      アメリカとの同盟関係も危うくなるかもしれません、日本人の気持ちのうえで。

    2. 名古屋の住人 より:

      龍様

      >神道的コンテキストで言えば、日本人にとって韓国は「敵」ではなく「穢れ」と見做されるようになりつつあるとも言えるかもしれません。そこまで行ったら、修復はほぼ不可能です。

      「穢れ」と見做す。K国に対する私の深層心理はこの表現が最もしっくりします。

    3. まんなっか より:

      韓国に限らず中国も、大国化した弊害で尊大な態度を隠す必要がなくなったと思います。
      かつて中韓の政治家は(少なくとも日本に来たときは)腹芸のひとつも出来ていたものですが、それを日本相手にする必要は無いと考えているのでしょう。
      対する日本側の政治家も良くも悪くも「党人」と呼べる人が少なくなり、かつ向こうが忖度しなくなったことで泥を浴びる必要性も無くなりました。これまでの数々の合意を踏みにじって最もつらい思いをしたのは、その合意にこぎつけるまでに尽力した方々です。現在で言うなら二階幹事長がそっぽを向いたことが全てです。二階氏でも恐らく韓国の為にはもう動きますまい。中国はまだ向こう側に計算があり、かつこちら側の脅威も段違いなのでまだ動くこともあるでしょうが。
      そして韓国はいよいよ自滅の道を歩み始めたと思います。たとえ保守派回帰しても、反日扇動で米国が日本の方を持って韓国がそれに従った場合、向こうの保守派政権は持ちますまい。
      韓国人は日本人の想いに対して無頓着でありすぎました。今回の処理水排出の件で扇動したら、丸く収めようとしたら着地点が日本の出血しかないので、国としてもう反韓の方針しかなくなってしまいます。日韓関係が米韓関係と密接にあるので、わかりやすい反撃が成されることは無いと思いますが。

    4. 匿名 より:

      「穢れ」ってのがなんかしっくりきます。
      ひと昔前ならまだ「嫌い」「キ〇ガイ」などと思ったものですが

      今はそんな気持ちすら浮かばず
      「ああ、また涌いてる。祓わないと…」
      と。

    5. 匿名 より:

      恨が恨を産み続ける朝鮮半島。100年前に手を出してみたけど、とても祓いきれるものではなかったです。

  16. りょうちん より:

    暖房器具や湯沸かし器のコロナ社やビールに続いて、またもやALPS電子への風評被害発生!

  17. 徳明 より:

    私も新宿会計士さんの懸念を大いに支持します。
    (偉そうですみません。)

    現時点でも、元韓国大使の方や、某ジャーナリストの方などの主張をつぶさに見ると「悪いのはムン氏」であり、その人が変われば話ができるようになるだろうという願望が透けて見えてきます。

    統計を取ったわけではないので実態がどうかは分かりませんが、肌感覚として、保守派=用日派を警戒する日本人は数多く存在するし、次期大統領も引き続き左派から出て関係を完全に破壊してほしいという意味で、ムン小酋長を「応援」している日本人も少なからず存在します。

    よく引き合いに出される「愛はないニカー?」という用日派の決め台詞(?)みたいなものは、ムン政権による関係破壊行為が続いた現在、ほぼ効力を失ったとは思いますが、政権が用日派に代わってちょっとしおらしくされただけで妙な仏心が湧いてくる日本の「人の好さ」こそ、今後警戒しなければいけないと思っています。

    少なくともここ30年ほどの無礼、不法行為、条約破りなど数々の蛮行に対する落とし前をつけさせない限り相手にしなこと。
    この認識を広める必要があると考えます。

  18. マイナンバー より:

    福島第一原発の処理水海洋放出についての日本政府の決定に対する韓国政府の批判は、当初は「トリチウムがぁ-」でしたが、自国内の原発からもそれ以上の放出があり、また日本海への影響が低いと科学者からの指摘もあることから、彼らお得意の論点ずらしを早速行い「日本政府の発表は信用できない」を連発しています。火器管制レーダー照射事件の時もそうでしたが、彼らは論点ずらし能力の極めて高い悪質なクレーマーだということを我が国政府や国民はしっかり認識して対処することが必要です。

    文在寅大統領が本件を国際司法に提訴することを検討指示との報道がありましたが、文在寅政権のうちに実際に提訴してくれれば、次期政権がこの国際裁判によっていわゆる用日外交はとれなくなる可能性が高いと考えます。従って、真の日韓関係改善を望む者の一人としては、なんとしても文在寅大統領には日本政府を国際司法に提訴してほしいと願うばかりです。そういう意味から、日本の政府や国会には、「韓国政府の非科学的な批判は堂々と受けて立つ」という姿勢をあえて強く押し出し、韓国政府が「日本はけしからん!」と振り上げた拳を下ろせない状況を作り続けてほしいです。

  19. Naga より:

    韓国(中国も)の政府や政治家は中身を理解していたとしても日本に嫌がらせや邪魔をするのが目的だから納得する事はありません。
    また、こやつ等の悪辣さは、日本に対して主張していることを自分たちこそやらかしているのに、それを棚に上げて非難することです。
    いちいち直接的に相手をする必要はありません。

  20. 頓珍韓 より:

    それほど韓国さんが言うのですから、排出前に韓国の官僚を呼んで「最後の説明会」を開催してあげたらいかがでしょうか。
    また、アメリカとの同盟国同士である両国の話し合いですから、環境問題を重視するバイデン大統領との共同歩調として、海洋汚染について全般的な話し合いを行うことも有意義だと思うのです。

    倉庫のような会議室に、パイプ椅子を並べて「第101回 ALPS
    処理水の海洋排出についての説明会ならびに海洋汚染に関する会議」と書かれたA4用紙をホワイトボードに貼り付けてお迎えしましょう。
    日本の水がお口に合わない韓国さんには韓国で採取した「糞尿未処理水と月城原発地下水のゴールドブレンド」を、日本の官僚は「ALPSの美味しい処理水」をお互いに何杯も飲みながら、どちらかの体調に変化が現れるまで長時間、この問題について話し合われたらいかがかでしょうか。

    科学的な根拠を基にするならば、韓国が日本を非難する権利はあります。
    しかし、逆もまた然りなのですから、近隣の海洋汚染について日本政府はしっかりとした姿勢を示してほしいものです。

  21. 頓珍韓 より:

    総じて、文在寅大統領はぶれなくて安心します。
    思惑がわかりやすくて、相手にしなければ済むような話や状況を作ってくるばかりだから、安倍総理・菅総理もカウンターパートナーとしてやりやすかったのではないかと思う。

    本当に、正常な国と国との関係、正直な日韓関係を作ってくれて大変ありがたかった。
    韓国に反して、日本では悲しみ懐かしむ人が多いのではないだろうか。
    しかし、思い返せば、
    安倍・トランプ・習・プーチン・文
    のメンバーは個性派ぞろいだったなぁ。
    日米韓のリーダーだけが交代したってところが、気になるところです。

  22. 名無しの権兵衛 より:

     ソウルの日本大使館は、そのホームページで、韓国の原発運営会社「韓国水力原子力(韓水原)」の資料を基に、2018年に韓国内の原発から合計360兆ベクレルのトリチウムが放出されており、これは福島第一原発の貯蓄量を2~3年で排出する計算になると説明しています。
     これについて共同通信が韓水原に取材したところ、「私達は被害が無いように処理しており、比較の対象にならない」と反論したそうです。
     また、韓国の原子力安全委員会関係者は、韓国メディアに「日本は『IAEAの基準に合わせているのに何が問題なのか』という態度なので周辺国の共感を得られていない」と述べ、日本政府を批判したそうです。
     要するに、➀韓国の原発ではトリチウムを適切に無害化処理しているが、日本の処理方法は不適切で信用できない、➁「IAEAの基準に合わせるだけではなく、周辺国の理解と承認を得る必要がある、ということのようです。
     このような人達との「話し合い」や「説明」は無意味ですから、国際海洋法裁判所で決着をつける以外に方法は無いと思います。

    1. 頓珍韓 より:

      韓国は「周辺国の理解と承認を得る必要がある」というが、日本が韓国の排出に理解も承認もしない、ということも有り得るのです。

      自ロ他不の極致ですよね。

  23. 伊江太 より:

    新宿会計士様

    >理論上もトリチウムから放出される放射線量の少なさ、体内に蓄積されずに水とともに排出されるという性質などから、健康被害は考え辛いとされています。

    トリチウムにも良いトリチウムと悪いトリチウムがあり、韓国原発から放出されるのは、きれいな方。福島で廃棄されようとしているのは汚い方なんてことを、平気で言うのが韓国人ですから、科学的論議などやっても無駄、いちいち相手にしても仕方がないという気もしますが、少なくともこちら側は、たとえ重箱の隅をつつく類いのものでも、揚げ足を取られないように、十分な正確性をもった議論を組み上げる必要はあると思います。

    「トリチウムから放出される放射線量の少なさ」、この表現は不適切です。放射線量というのは、単純に放射性同位元素が壊変した時間当たりの数の意味ですから、トリチウムであろうが、コバルト60であろうが、1ベクレルは1ベクレルで、違いはありません。

    「トリチウムから放出される放射線のエネルギーが非常に小さい」というのも、トリチウムの安全性を主張するときしばしば言及される点ですが、これも意味をよく理解しないまま使うと、エセ放射線専門家に論破されてしまいかねない表現です。

    放射能汚染を調べるとき、計数管に汚染物質が付着しないように、計測窓の部分にサランラップをかぶせて使用するのが普通ですが、これをやるとトリチウムの汚染があっても、ほとんど検出されなくなります。それくらい、トリチウムの放射線エネルギーは小さい、それは確かです。しかしこのことは、トリチウムから飛び出したβ線の運動エネルギーは、そっくりサランラップに吸収されるという意味でもあるのです。ですから、人体内に入ったトリチウムは、ごく狭い範囲ではあるものの、壊変すると組織を構成する物質に影響する可能性を持ちます。

    具体的には、強いエネルギーをもつ放射性同位元素に比べれば、「はるかに少ない数」ながら、周囲の分子を、「大抵は水」ですが、イオン化します。それは「ほんの短い間に消滅するできごと」ではあるのですが、「たまたま」遺伝物質DNAの「ごく一部に」突然変異という傷を与えることはありえます。そしてその傷を受けた部分が「たまたま」ガン化に関係する遺伝子に含まれる部分なら、それまた「たまたま」発がんに繋がる可能性も、理論的には排除できないのです。

    放射能の危険性を煽り立てたくて仕方がないエセ放射線専門家が使うのは、大体が上の文から「」内の部分をそっくり除いたロジックです。それぞれの要素の確率の積をとれば、天文学的に小さな可能性になろうとも、そんなことにはほっかむり。まことに無責任なものではあるのですが、理論的に排除できない、その点だけは確実に突いてきます。

    韓国人がなにを言おうが、「お前さんたちの国が垂れ流してるトリチウムには何の心配もないの?」の反論で十分なはずですが、問題は日本の国内でそれに呼応する輩です。中には少しはアタマの切れる連中も混じっていることを、計算に入れて置いてもいいかと思います。

  24. なっついーたー より:

    トリチウム以外を除去した上で薄めて海洋投棄するのも駄目と主張なさる方々は、下水を使うべきではないですね。
    人間の尿は当然トリチウムを含みますし、トリチウム以外の放射性同位元素や有害物質も含むので、ペットボトルか何かに保存してお家に保管しておいてください。
    処理水よりも有害なんだから当然ですね?
    例えば我々が日々食品から摂取しているカリウム40の半減期は12.48億年だそうです。
    当然のように尿として毎日排出されています。
    長きにわたる保管は大変でしょうがきっと皆さんならやってくれることでしょう。
    こんなに環境意識が高いんですから!がんばってね!
    僕は普通にトイレに行きますけどね。汚いし。

  25. G より:

    ベクレルという単位は、放射性物質が1秒間に崩壊する原子の個数を表しています。

    例えば話題になってるALPS処理水のトリチウム由来の放射線の量は1リットルあたり数千ベクレルといったところだそうです。
    一方、PET検査ってありますよね。あれは放射性物質を含んだ液を注射するんですけど、その放射線の量は一例で185MBqですから、1億8500万ベクレルってなかなかすごい量です。
    で、トリチウム入りの水も普通の水と化学的には区別つきませんから他の毒性物質と違って生物濃縮も起こり得ません。もし、どんな特殊な状況でも生物濃縮や化学的な濃縮現象が起こるなら、それは超ノーベル賞級の発見で(言外に「あり得ない」と匂わせてるつもり)、その現象を使ってトリチウムの除去が可能です。

    例えば直接ALPS処理水を飲んだとしても、取り入れる放射性物質の量はごくごく微量です。その水のある環境で泳いでいた魚を食べても同様です。心配な生物濃縮があり得ないんですから。

    こういう考え方が『科学』です。

  26. G より:

    韓国は日本のデータが開示されてないと言う。いや、開示してるじゃんと反論すると、数字を隠しているかも知れない、信用できない、我々にも独自に調査させろと言う。

    例えば、それを認めて彼らを調査団として受け入れるなら、日本からも韓国原発についての調査団を送るべきでしょう。相互主義として当然韓国も受け入れるべきです。お互い隠し事をせず調査して、日本の考え方がもし韓国の実地データに比べて突出してるなら考慮に値しますね。

  27. 網民 より:

    >米国務省のネッド・プライス報道官が即時、「日本政府の決定は透明で国際基準に従ったものだ」とするコメントを出したほか、
    (本文の趣旨とは少々ずれてしまいますが)わざわざアメリカが賛成のコメントを出したこと自体、アメリカ側も韓国をどの程度信頼してよいものか図ったのではないかと邪推してしまいます。
    自ら(アメリカ)がお墨付きを与えた日本の決定に騒ぎ立てる韓国を、アメリカは果たしてどのように思うのか? そう考えてしまいます。

    ちなみに台湾の国営通信・中央社によると台湾政府も「周辺各国の人々が安心し、安全が確保されるまでは決定を下すべきではない」と反対寄りの立場のようです。
    しかしながら、少なくとも汚染水などとは呼ばず「処理水」と呼称し、処理水が水産物に悪影響を及ぼした「科学的根拠がある場合は」賠償を求める考えである等、韓国とはまるでトーンが違います。
    少なくともいきなり提訴だと言い出す国よりかは遥かにお付き合いしやすいのではと思ってしまいますね。

  28. 老害 より:

    >正直、一国の首相の発言とは思いたくないほど、感情的で非科学的、かつ日本に対する恨みが込められたものです。

    いえいえ、半島の首相の場合は、例外扱いになっております。(棒)

  29. 老害 より:

    海洋放出する際は、IAEAから立会人を出してもらえばOKです。
    ついでに、半島からの「汚染水」の検査もやってもらったらどうでしょう。大腸菌の検査も同時にお願いしますね♬

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。