ALPS処理水を意図的に「核汚染水」と呼ぶ韓国首相

さきほどの『処理水は「汚染水」に非ず:海洋放出は合理的な決定だ』では、菅義偉総理が決断した、福島第一原発のALPS処理水の海洋放出に関する話題を取り上げました。これに関し、看過できない問題が出て来ました。韓国の首相がこの処理水のことを、おそらくは意図的に、「核汚染水」などと呼んでいるのです。そんな韓国とは、もう「1対1」で付き合うのではなく、「国際社会のスタンダード」で接するのが正解でしょう。

ALPS処理水放出は大正解!

さきほどの『処理水は「汚染水」に非ず:海洋放出は合理的な決定だ』で議論したとおり、菅義偉総理大臣が福島第一原発の「ALPS処理水」(以下「処理水」)を海洋に放出すると決定したことは、大変に合理的な決断だ、というのが当ウェブサイトなりの結論です。

もちろん、放射性物質の海洋への放出は「ゼロリスク」だと申し上げるつもりはありません。

ただ、日本政府の海洋放出の決定については、米国政府や国際原子力機関(IAEA)を含めた国際社会から「国際的な基準に従っていること」、「透明なプロセスで決定されていること」などの「お墨付き」を得ていることについては間違いありません。

だいいち、原発を稼働している国は海に流すというのが基本です。

復興庁ウェブサイトに掲載されている『ALPS処理水について知ってほしい3つのこと』というPDFファイルによると、世界各国の原発は基準を守ったうえで海洋放出処理がなされている、と記載されています(図表1)。

図表1 『世界でも既に海に流しています』

(【出所】復興庁『ALPS処理水について知ってほしい3つのこと』)

ちなみに、復興庁の同パンフレットにはトリチウムのキャラクターも出て来るのですが(図表2)、特段の名前はついていないようです。

図表2 復興庁のトリチウムキャラクター

(【出所】復興庁『ALPS処理水について知ってほしい3つのこと』)

いずれにせよ、日本政府(とくにまったく仕事をしていない環境相)には今回のトリチウム水放出についての説明責任をしっかり果たしていただきたいという気持ちとともに、難しい局面での菅義偉総理の決断には、個人的には全面的に支持したいと思います。

処理水をわざと「汚染水」と呼ぶ卑劣な韓国メディア

さて、非科学的で感情的な反発という意味で取り上げておかねばならないのは、隣国の異常な反応でしょう。まずは、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載されたこんな記事を紹介しておきます。

韓経:日本、原発汚染水放出強行へ…最悪の韓日関係にまた悪材料

―――2021.04.14 08:31付 中央日報日本語版より

記事タイトルに「韓経」とあるとおり、この記事は韓国経済新聞が配信したものです。

そもそも冒頭の記載に重大な事実誤認が含まれています。

日本政府が福島第1原発事故現場で発生した汚染水を太平洋に排出することを13日、公式決定した。韓国など周辺国の強い懸念にもかかわらず、日本政府が汚染水放出を強行することにし、波紋が続く見通しだ。

韓経さん、ちゃんと勉強してください。

日本政府が放出を決定したのは「汚染水」ではありません。「ALPS処理水」です。

そもそも汚染水と処理水は似て非なるものであり、このように誤った社説を掲載すること自体、韓経(やその記事を掲載した中央日報)が日本を不当に侮辱し、名誉を傷つけている不法行為なのです。あまりきついことを言いたくはないのですが、韓経の記事はデタラメの類いでしょう。

また、「強い懸念を示している周辺国」の筆頭格は、おそらく韓国と中国でしょうが、そもそも論としてあなたの国の月城原発から、2016年において液体で17兆ベクレル、気体で119兆ベクレルの放射性物質が放出されている事実を無視しないでください。

首相自身がそれを言うか…

一方、韓国の反応という意味では、丁世均(てい・せきん)韓国首相が自身のフェイスブックに書き込んだ、こんな発言についても紹介しておきたいと思います(※意訳を付しておきます)。

丁世均

海はひとつ。日本政府の核汚染水海洋排出の決定を受け入れることはできません。周囲への理解と共有なしの一方的な決断に、政府はきっぱりと反対します。日本の汚染排出決定は周囲の人々の権利を侵害している。それは無責任な決断だ。これは日本の前の海だけでなく世界中の海を汚染させる災害につながる可能性がある。もし日本政府が汚染をこの決定として見直すことができれば、日本はもうひとつ、歴史的過失を犯すことになるでしょう。我が国の政府は核汚染に関する問題について継続的に国際社会に取り組む。福島付近の魚の輸入禁止など、私たちは国家健康安全のために活発な努力をしました。国民の安全については一歩の譲歩もありません。国際機構を通じた公論化と国際社会との協力を通じて、日本の決定を阻止することができるようにします。また、汚染水放出関連のすべての情報を透明に公開することを促して、海洋環境被害防止のための具体的な措置を強力に要求します。私たちの国民の健康と安全、必ず守ります。
―――2021/04/13 15:56付 Facebookより

바다는 하나입니다.

일본 정부의 원전 오염수 해양 방출 방침 결정을 받아들일 수 없습니다.

주변국의 이해와 공유 없는 일방적 결정에

정부는 단호히 반대합니다.

일본의 오염수 방출 결정은 주변국 국민의 권리를…

정세균さんの投稿 2021年4月12日月曜日

「国際社会を味方につける」という日本の戦略は大正解!

「日本はもうひとつの歴史的過ちを犯す」とは、これもなかなか強烈な発言ですね。それに、sALPS処理水のことを、わざわざ「核汚染水」などと言い換えている点についても、看過できません。

ただ、それと同時に丁世均氏の主張の中で、個人的に深く共感できるのが、「国際社会を通じた公論化」、という表現です。

「やれるものならやってみなさい」、と言いたい気持ちでいっぱいです。

国際社会において韓国が大騒ぎしてくれることで、少なくともマトモな国からは相手にされなくなるでしょう。韓国に同調してくれる(かもしれない)国は、中国か、北朝鮮か、ロシアか、せいぜいドイツあたりが関の山ではないでしょうか。

なにより今回の件で個人的に痛感したのは、「話が通じない国の理解を得るよりも、国際社会を味方につけること」の方が、はるかに大切だ、ということです。

数日前の『日本政府は最近、韓国との一対一会談を実施していない』でも報告しましたが、少なくとも菅義偉政権発足以降、菅総理は文在寅(ぶん・ざいいん)大統領と、茂木敏充外相は鄭義溶(てい・ぎよう)韓国外交部長官と、いまだに会談を行っていません。

とくに、昨年末、韓国でしきりに話題に上っていた「日中韓3ヵ国首脳会談」については、年が明けた現時点においても開催されていませんし、それどころか開催のめどすら立っていません。

これは、決して悪い話ではありません。

なぜなら、韓国とは1対1で会談をしても、ろくなことにならないからです。2015年12月28日の日韓慰安婦合意を振り返ってみればよくわかります。

このときも安倍晋三総理が自称元慰安婦らに公式に「謝罪」し、日本政府の予算から10億円を拠出するという苦渋の決断をしたにも関わらず、結局、政権が代わると非公開の交渉記録を勝手に公表し、合意を反故にしてしまいました。

この合意も米国を巻き込みつつ、公開ベースで話を進めたから良かったようなもので、もしも日韓両国政府関係者だけで「密室で」話を進めていたとしたら、また日本がハシゴを外されてお終い、となっていたことは間違いないでしょう。

ことに、現在の日韓関係は、ある意味では米国の都合にあわせた、一種の「義理」でのお付き合い、という側面もあります。その意味で、日本政府関係者が韓国政府関係者と会うときには、少なくとも第三国(とくに米国)を同席させるべきですし、理想的には国際社会の目の届くところで話し合うべきでしょう。

もうひとつの効果

ついでにもうひとつ。

丁世均氏のフェイスブックの書き込みを眺めていて思ったのですが、丁世均氏のこの文章自体、名前を隠して読むと、日本共産党か社会民主党あたりの関係者が書いたのかと思うほど、日本の極左活動家のそれと論調がそっくりです。

要するに、日本政府がどれだけ誠心誠意、科学的に正しい説明を尽くしたとしても、韓国政府が納得することは絶対にありませんし、それどころかますます増長し、大きな声を出して日本を罵るだけ、というわけです。

ただ、こうしたことを彼らがやればやるほど、まともな日本人は眉を顰めるでしょうし、日本国内の「反原発活動家」や、日本共産党・社会民主党・立憲民主党などの関係者らも、肩身が狭くなるはずです。

その意味では、丁世均氏の発言は、逆説的には菅義偉政権に対する声援、というわけですね。

このあたりはなかなか興味深いと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ジロウ より:

    韓国よりもタチが悪いのが、意図的に汚染水と表現する福島瑞穂とNHKを筆頭とする一部マスコミだと思います。こいつら、分かっていてわざと風評被害を出そうとしています。許せません!

  2. たろうちゃん より:

    ちょっと、一言。「何にも仕事しない環境相」この指摘には100%同意しますが、だからこそ触れてほしくなかった。ポエム大臣はオツムの中がお花畑なので、やれレジ袋だぁ、やれプラッチックのスプーンだフォークだのと、簡単で目につく物の処理で仕事した気になっているンです。そこに会計士さんの影響力のあるサイトがホントのことを指摘したらポエム大臣はまたアホな政策を言い出しかねないのです。だけどやっぱし仕事しないよねぇ、、滝クリもなんであんなのがいいのか、、、わからん。

    1. 匿名 より:

      環境相へのアドバイス。外来生物法の厳格な適用。人間も生物ww。

      問題を引き起こす海外起源の外来生物を特定外来生物として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いを規制し、特定外来生物の防除等を行うこととしています。

  3. 金太郎さん より:

    処理水を流すも流さないも、すべては科学的根拠に基づいてですよね。 処理水を第三者機関のIAEA調査員(当該国の調査員は除く)が採取して、毎月の測定値をWeb上に公開すればいいだけの話だと思います。  我が国の処理水放流に異論を出される方は、自分の国の原発処理水の測定値をIAEAを通じて公開して、その比較で論じなければ、全く意味が無い議論だと思いますが如何でしょう。 だってIAEAは協力を惜しまないと言ってるんでしょ。 ただしIA汚染されずに機能していることが前提ですがね。  さて、中韓さんも是非応じてください。   

  4. うるとら より:

    原発ビジネス???

  5. しおん より:

    韓国が大騒ぎする理由を斜め上に考察。

    韓国人の『自分ならこうするから相手も同じ事をする』という行動原理から考察すると、、、

    韓国の原発は、公表している数値の何倍もの放出量がある可能性が高いのではないでしょうか?

    自分はいい加減な処理で放出している、、日本も同じ事をしている筈だ。騒いで、国際社会の注目を集めキチンと調べさせれば、デタラメがバレて日本に大恥をかかせれるはずだ。、、、

    このような可能性もあるのではないでしょうか?

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国と福島瑞穂と日本共産党と立憲民主党さらに左傾のジャーナリスト、文化人、教育者、作家、おっとNHK!何回丁寧に説明しても「福島汚染水」「放射能で汚染した水」と呼ぶ。

    中央日報の「最悪の韓日関係にまた悪材料」、丁世均氏の「日本はもうひとつの歴史的過ちを犯す」とは、何たる侮辱か。約束破りは韓国だろう。処理水を放出する事は、日本の技術の高さと、弛まぬ努力。米国もIAEAからもお墨付きを貰っている。グズグズ言うな!

  7. だんな より:

    >日本共産党・社会民主党・立憲民主党などの関係者らも、肩身が狭くなるはずです。

    そんな神経を持ってないから、生きているんだと思います。

  8. 七味 より:

    今朝の日経だったかな?処理水の放射線量が載ってて、
    福一 22兆ベクレル/年
    韓国・月城  23兆ベクレル/年
    なんだそうなのです♪(数字はうろ覚えだけど・・・・)

    まぁ、自分とこで何やってるのかを鑑みてから、モノをいうべきだと思うのです♪

    1. 七味 より:

      自己レスなのです♪

      >私たちの国民の健康と安全、必ず守ります。
      っていうなら、取りあえずは、月城原発の処理水の放出を辞めて、今回決定した処理水の排出量と釣り合いを取れば良いと思うのです♪

      それだけなら、韓国内だけで決めれるので、簡単だと思うのです♪

      1. 七味 より:

        ٩(。•ω<。)وピコーン

        ソウルにでっかいタンクを作って、そこに保管することにすれば、ソウルの地価も一気に下がるじゃないかな?
        文大統領の施策ともバッチリ噛み合うのです♪

        ↑さすがに悪ノリが過ぎたかな?
        (*ノω・*)テヘ

  9. 無病息災の男 より:

    〇昨日、『NHKが、その国際放送「NHKワールド JAPAN」での、東京電力福島第1原発から放出される処理水の英語表記を、「放射能水(radiative water)」から「処理された水」(treated water)に修正したことを明らかにした』、ということが、毎日新聞によって報道されていました。
    外部から何度も指摘されて、やっと、NHKも重い腰を上げることにしたようです。軍艦島の件で、前田会長が国会で非難を受けていることも影響したのだと思います。しかし、前田会長の「より正確な表現」という言い回しは、海外への影響への非は認めないということです。
    英文には the wrong impression を与えたかもしれない、となっていましたが。
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0413/mai_210413_4855408580.html

    〇もう一つ、毎日新聞の記事中にある「音好宏・上智大学 文学部新聞学科の教授」のコメント=「報道機関として、政府の代弁者とはならないことが、国際的な信頼につながる」 という発言にも注目したいと思います。上智大学の新聞学科では、「報道機関が国際的な信頼を得るためには、政府の代弁者になるな」と、学生に教えているのですね。私は「、信頼の根幹は、公平に中立的立場で、正しく真実を報道することであると思っていますが、この学科では、そうではないのですね。
    そして、こういうコメントを選んできて、NHKが自発的に変更したように世論を操作しようとする毎日新聞にも、辟易します。

  10. ちょろんぼ より:

    いつもお世話になっております。

     ふと思い出しましたが、東北大震災の頃、原発の至急廃止を求め、いつもの方々が
    署名活動していたおり、日本の原発を止めるのは良いが、それよりも危険な中共や
    南何とか国の原発はどうするのか聞いた事があります。
    その方々の言い分では日本の原発が問題であり、中共や南何とか国の原発がどうなろうと
    関係無いとの事でした。
     ま~言っちゃ悪いが、米国の核は侵略の核で、ソ連の核はきれいな核と言っていた
    人達とまるで変っていないと思いました。

  11. 市井の内科医 より:

    海洋放出を政府もようやく決断してくれましたね。
    ついでに、プラごみの焼却処理とコンビニ袋の再解禁をやってくれませんかね。
    科学的には、無駄の極み。

  12. 農民 より:

     難癖付けるにしても自国民だまくらかすにしても、責任もって難癖のクオリティを確保するべきだと思うんです。

    >海は一つで全て循環して汚染される
     └でも海産物禁輸は福島周辺のみ [矛盾]

    >日本は周辺国の理解了解無きまま放出した
     └韓国もどの国もそんな宣言などしない [難癖]

    >核汚染に関する問題について継続的に国際社会に取り組む
     └この件以外に何も活動は無い。というか出る幕が無い。
      どころか常に夢想的な核武装論を公言している [ウソ]

    >国家健康安全のために活発な努力
     └糞尿以下略 [ウソ]

    >国際機構を通じた公論化と国際社会との協力
     └IAEAとは一体 [痴呆]

    >私たちの国民の健康と安全、必ず守ります。
     └実害は無いので何もしなくても守られる [ここだけ成立!]

  13. 七味 より:

    処理水を放出することは良いとは思うんだけど、それを実施するのが東電だってとこは、ちょっと心配なのです♪

    ↓なんてこともあるので、東電がちゃんと基準を守ってるのかっていったことを、国にはしっかりとチェックして欲しいのです♪

    東電 柏崎刈羽原発 核燃料移動禁止の処分 テロ対策に重大不備https://www.google.com/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20210414/amp/k10012973471000.html

  14. ひろた より:

    ロイターが報道していましたね。http://reut.rs/3thf5zv

    原口議員も英語で似たようなツイートしてました。
    削除済み。
    グレタも汚染水と書いたツイートを投稿。

  15. WLT より:

    お疲れ様です。
    まぁ韓国はどうでも良いです、前から似たような事ずっと言ってますし。

    それよりも国内のオールドメディアですね。
    彼らはついに倒閣の為に福島を生贄にする事にしたようです。
    尊い犠牲、コラテラルダメージってやつですか。

    風評被害を抑えるのではなく、マスコミ的セイギの為に風評を広めるとは。
    テロリズムを行なっている自覚も無いので自制ができない、酷い状態です。

  16. ぬくぬく より:

    お怒りごもっともですが、言葉のレッテル貼りは世論戦、宣伝戦の第一歩ですからね。

    慰安婦を性奴隷と呼んだり、徴用を強制徴用、大日本帝国の朝鮮統治を朝日新聞など日本の左翼は植民地支配と呼び、韓国は日帝強制占領期などと呼びます。

    韓国を北朝鮮のような「敵」だと認識してしまえばこれは世論戦、宣伝戦での戦いだと怒ることもなくなるのではないでしょうか。

    サイトに貼った記事は今回の記事とやや違うかもしれません。

  17. 名無しのPCパーツ より:

    処理水に関してはマスコミが不安を煽るのがなぁ。
    「風評被害ガー」とか言うけど、
    それを作り出してるのはマスコミ自体だったり。

  18. 海と島 より:

    私の杞憂であればよいのですが、福島第一の膨大な処理水は炉心溶融の事故に起因するので、トリチウム以外の高レベル放射性物質等が処理しきれずに含有されている可能性はないのでしょうか?
    万一、放出する処理水に他の放射性物質が含まれていることが明らかになると、話がややこしくなるので、東京電力には処理に関して、100%の適切な対応をお願いしたいと思います。

  19. ラスタ より:

    件の丁世均氏のコメントを、趣旨を変えずに翻訳編集してみます。

     まず校正ペン入れから。

    > 海はひとつ。
    ・海は本来中華支配下に属するもの。
    > 日本政府の核汚染水海洋排出の決定を受け入れることはできません。
    ・韓国政府は日本のやることすべてに反対します。
    > 周囲への理解と共有なしの一方的な決断に、政府はきっぱりと反対します。
    ・中国や北朝鮮への挨拶もなく行動することに韓国はきっぱりと反対します。
    > 日本の汚染排出決定は周囲の人々の権利を侵害している。それは無責任な決断だ。
    ・科学データを根拠に、韓国人が日本を蔑む機会を無効化するのは、韓国人への人権侵害です。
     科学を韓国より上位に置くことは朝貢国として無責任です。
    > これは日本の前の海だけでなく世界中の海を汚染させる災害につながる可能性がある。
    ・日本が太平洋に影響力を持つことを韓国人は好まない。
    > もし日本政府が汚染をこの決定として見直すことができれば、日本はもうひとつ、歴史的過失を犯すことになるでしょう。
    ・日本が韓国の指示に従わないのであれば、イアンフチョーヨーコー念仏を、新曲イアンフチョーヨーコーオセンスイ念仏に変えて売り出します。
    > 我が国の政府は核汚染に関する問題について継続的に国際社会に取り組む。
    ・韓国政府は永遠にしつこく日本にイチャモン付けます。
    > 福島付近の魚の輸入禁止など、私たちは国家健康安全のために活発な努力をしました。
    ・私たちは小さいネタでも拾って、逐一日本を攻撃することに全力を尽くしてきました。
    > 国民の安全については一歩の譲歩もありません。
    ・いまこそ中国に身を任せましょう。
    > 国際機構を通じた公論化と国際社会との協力を通じて、日本の決定を阻止することができるようにします。
    ・今後も日本の邪魔をするためなら何でもします。
    > また、汚染水放出関連のすべての情報を透明に公開することを促して、海洋環境被害防止のための具体的な措置を強力に要求します。
    ・韓国にとって都合が悪いデータが明らかになってしまうことを強力に阻止します。
    > 私たちの国民の健康と安全、必ず守ります。
    ・どうか私の健康と安全をよろしく。

    編集後の文章は以下のような感じになろうかと。

    海は本来中華支配下に属するもの。韓国政府は日本が中国や北朝鮮への挨拶もなく行動することにきっぱりと反対します。
    科学データを根拠に、韓国人が日本を蔑む機会を無効化するのは、韓国人への人権侵害です。科学を韓国より上位に置く無責任な態度を許しません。華夷秩序において日本が太平洋に影響力を持つ現状は韓国人の好みに適っていません。
    日本が韓国の指示に従わないのであれば、イアンフチョーヨーコー念仏を強化して、イアンフチョーヨーコーオセンスイ念仏を皆で唱えましょう。
    韓国政府は永遠にしつこく日本にイチャモン付けます。私たちは小さいネタでも拾って、逐一日本を攻撃することに全力を尽くしてきました。
    いざとなったら中国に日本を懲らしめてもらいましょう。今後も日本の邪魔をするためなら何でもします。韓国にとって都合が悪いデータが明らかになってしまうことを強力に阻止します。
    どうか私の健康と身辺の保全をよろしく。

     以上、冗談ですけど。
     本質的なとこでは当たりかなと思っています。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。