【読者投稿】「ゲーム理論」で読み解く「韓国の奇行」

当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しており、投稿要領等につきましては『【お知らせ】読者投稿の常設化』、過去の読者投稿については『読者投稿一覧』にまとめています。さて、当ウェブサイトにしばしば優れた寄稿をしてくださる「イーシャ」様というハンドル名の読者様が、今回も大変に興味深い論考を寄せてくださいました。韓国の一見すると理不尽な行動を「ゲームの理論」で読み解こうとするこころみです。

2021/03/01 21:00追記

誤植を数ヵ所修正しています。

読者投稿につきまして

当ウェブサイトでは、2016年7月のサイト開設以来、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を目的に、おもに政治、経済の分野から話題を選んで執筆した論考を、日々、原則としてすべての方々に無料で提供しております。

こうしたなか、当ウェブサイトをお読みいただいた方々のなかで、「自分も文章を書いてみたい」という方からの読者投稿につきましては、常時受け付けています(投稿要領等につきましては、『【お知らせ】読者投稿の常設化/読者投稿一覧』等をご参照ください)。

こうしたなか、以前から当ウェブサイトに興味深い論考を多数寄せてくださる、「イーシャ」様というコメント主の方から、「ゲーム理論で考える日韓問題」という論考の転載以来をいただきました(原文は『ゲーム理論で考える日韓問題』)。

(【出所】投稿者撮影)

イーシャ様からはこんなメッセージが寄せられています。

本稿は、ゲーム理論の予備知識がない方にも理解していただけることを目標として、書いたものです。既にご存じの方には、「長ったらしいだけで内容が薄い」と、お叱りを受けると思います。予め、お詫び申し上げます。また、理解不足や誤り等あれば、ご指摘いただければ幸いです。

しかし、あらかじめ申し上げておきますが、大変に興味深い内容であり、また、記載もわかりやすいことから、あっという間に読めてしまうことは間違いありません。

(※当ウェブサイトの都合上、記事タイトルを変更しているほか、目次については元記事のものと異なってしまっており、また、当ウェブサイト側にてごく一部、表現を修正・削除している箇所がありますのでご了承ください。)

ゲームの理論については例の「ラムザイヤー論考」でも少し話題になったのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、これについて説明するよりも、内容を読んでいただいた方が早いでしょう。さっそくですが、イーシャ様の個人ブログの記事を転載したいと思います(転載箇所は以下です)。

ゲーム理論で考える日韓問題

ラムザイヤー論文の核心となるゲーム理論

ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授が、3月に刊行される予定の「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」(International Review of Law and Economics)」第65巻に「太平洋戦争当時の性契約(Contracting for sex in the Pacific War)」と題する論文を掲載したことで、韓国が大騒ぎしています。

「いわゆる慰安婦は強制された性奴隷ではなく、売春業者と売春婦が、与えられた条件下で各々が自己の利益を追求するゲーム理論に合致する行動をしていた」というのが論文の核心です。

この論文をご存じない方は、教授ご本人の了承を得て、要約を産経新聞が公開していますので、そちら (世界に広まる「慰安婦=性奴隷」説を否定 米ハーバード大J・マーク・ラム ザイヤー教授が学術論文発表 (産経新聞 2021.1.28) ) をご覧ください。

ラムザイヤー教授が用いたゲーム理論とは、どのようなものでしょうか。

理論と言っても、相対性理論や量子力学のように理学部や工学部で扱われるものではなく、経済学部で扱われることが多いものであり、残念ながら、著者の専門分野ではありません。

ただ、幸いなことに、ゲーム理論は難解なものでもありません。むしろ、「これが理論なのか?」と思うほど、直感的に理解し易いものなのです。

有名な囚人のジレンマは、ゲーム理論の話をする際に登場する、代表的なものの一つです。

ゲーム理論では、一回限りのゲームか、同じルールでゲームを何度も繰り返し行う「繰り返しゲーム」かも重要なポイントとなります。本稿では、一回限りのゲームを想定し、囚人のジレンマよりも簡単な例として、最近の日韓関係を、ゲーム理論の観点から論じてみたいと思います。

繰り返しゲームについては、時間が許せば、「協調」という観点から、別稿として取り上げます。

なお、ゲーム理論では、「ナッシュ均衡」という、ノーベル経済学賞を受賞したジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニア博士の名にちなんだ用語が通常用いられますが、本稿では、できるだけ専門用語を用いないようにしています。

本稿が、読者の皆様にとって、ゲーム理論を理解する助けになると共に、日韓関係をより深く考える、きっかけになれば幸いです。

韓国が日本に仕掛ける理不尽なゲーム

日本は韓国から、歴史的事実に反する捏造や、国際条約や協定で解決したはずのことの蒸し返しにより、何度も何度も繰り返し、しつこく因縁をつけられています。

直近では、

  • いわゆる慰安婦問題
  • 自称元徴用工問題

などがあります()。

韓国がしつこく因縁をつけて来る理由を、ゲーム理論の観点から、改めて考えてみましょう。

ゲームの要素と利得表

ゲームの要素の定義は、あまりにも当たり前のように広く用いられているため、これが最も適切だと言える文献を見い出すのは困難です。

ここでは、「図解ポケット ゲーム理論がよくわかる本」(清水武治 著, 秀和システム 発行, 2018年11月15日, ISBN 9784798055787) 第18ページの「①ゲームの要素」から引用します。

自分で手段や方法を選択することができる主体(プレイヤーと呼びます)、その行動(目的実現の一連の行動計画を戦略と呼びます)と、その結果を評価したもの(利得と呼びます)がゲームの要素となります。

これを箇条書きにすると、ゲームの要素は以下のようになります。

  • プレイヤー 自分で手段や方法を選択することができる主体
  • 戦略 プレイヤーの行動計画
  • 利得 戦略の結果を評価したもの(利益に相当すると言ってもいいでしょう)

また、各プレイヤーの戦略と利得を表にしたものを、利得表と呼びます(表1)利得表は、一つの枠に両プレイヤーの利得を並べて記載することが多いようですが、本稿では、日本と韓国の利得が一目でわかるよう、両者を分けて記載します。。

表1 利得表
プレイヤーBの戦略
戦略3戦略4
プレイヤーAの戦略戦略1利得(1,3)利得(1,4)
戦略2利得(2,3)利得(2,4)

(【出所】著者作成)

非韓三原則が当然の理不尽なゲーム

いわゆる慰安婦問題も自称元徴用工問題も、1965年の日韓請求権協定を始めとする国際条約や協定で、とっくに解決済みのことです。それどころか、韓国側が言う証拠は自称被害者の証言だけであり、本当に被害があったのかどうかさえ定かでない例も、少なくありません。

「証拠」という観点では、著名な韓国人作家でありブロガーでもあるシンシアリーさんが、「韓国統一部長官、『証言とは、一部の証言者の一方的主張である恐れがある』と北朝鮮の人権状態を擁護 (シンシアリーのブログ 2021年2月23日)」という記事を書かれています。タイトルを見ただけで、「その言葉を、自称元慰安婦と自称元徴用工、ならびに、担当裁判官にこそ言って欲しい」と思うのですが、この件については、本論からはずれるので、指摘するに留めます。

いわゆる慰安婦問題も自称元徴用工問題も、はっきり言って因縁でしかありません。

ゲーム理論では、これらをどうとらえるべきでしょうか。

これについては、「不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (新宿会計士の政治経済評 2020/05/28 08:00)」 で、『「ゼロ対100」理論』と名づけられています。該当部分を引用します。

重要な考え方が、『ゼロ対100』理論です。韓国は得てして『ゼロ対100』の割合で自分たちの側に問題があったとしても、これを『50対50』、あわよくば『100対0』に持ち込もうとします。つまり、彼らから見れば、

  • 勝てばプラス100%
  • 引き分けてプラス50%
  • 負けてもプラスマイナスゼロ

という勝敗表です。これを日本から見れば、

  • 勝ってもプラスマイナスゼロ
  • 引き分けてもマイナス50%
  • 負ければマイナス100%

というわけですね(日本にとってはたまったものではありません)。

これを、利得表にすると、【表2-A】と【表2-B】のようになります。

表2-A 日本の利得表
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる-50-100
折れない0-100

(【出所】著者作成)

表2-B 韓国の利得表
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる+50+100
折れない0+100

(【出所】著者作成)

表中、プレイヤーは日本と韓国とし、両国の戦略を

  • 折れる: 相手の言い分を認める
  • 折れない: 相手の言い分を認めない

で表わしています。

また、利得は、「ゼロ対100」理論の数値から%を取り除いた値を用いています。

ただし、「日本も韓国も折れない場合には、韓国は国際法も条約も無視して国内判決を優先し、強制執行する」と仮定しています。

背景を     で塗った部分については後に触れますので、今は気にしないでください。

ゲームとしては、両プレイヤーの利得の合計が常にゼロとなる、いわゆるゼロサム・ゲームであることがわかります。日本が譲った分を韓国が一方的に奪って行くことを端的に表現したのが、「ゼロ対100」理論ですから、ゼロサム・ゲームであるのは当たり前ですね。

こういう、日本が得をすることはなく損ばかりで、韓国は損をすることがなく得ばかりの一方的なゲームだからこそ、韓国は何度も何度も因縁をつけ、ゲームをしかけてくるのです。

これまで、日本は韓国に対して、アジア通貨危機時の日韓通貨スワップを初めとして、何度も助けてきました(通貨スワップ後には、「助けるのが遅い」と恨まれました)。半導体産業や自動車産業等のノウハウを、惜し気もなく教えてきました(教えた後の韓国の態度は、「もうわかった、お前は邪魔だ」という類いのものでした。シャインマスカットや苺の苗など、盗まれたものも多々あります)。それなのに、この有り様です。

本当に、韓国は、助けても、教えても、かかわってもいけない国です。

韓国を助けるな、教えるな、関わるな 古田博司氏に聞く「東アジア3カ国との付き合い方 (JB Press 2015.4.4)」」に記されている非韓三原則を、今では政治家でさえ口にするのも、理解できます。

このことは、韓国側の耳にも入っているようで、「最悪の韓日関係の中でも…韓国外交長官「ツートラック原則」ばかり反復 (中央日報日本語版 2021.02.19 08:02)」において、

朴振(パク・ジン)国民の力議員も『日本の政界では韓国を助けない、教えない、関わらないという『非韓3原則』が出ている』とし

と報じられています。
否定的なことも、はっきり言わないと都合よく勝手な解釈をしがちな韓国に、日本側の雰囲気がストレートに伝わっているのは、よいことだと思います。

支配戦略とゲームの解

話をゲーム理論に戻しましょう。

もう一度、【表2-B】を御覧ください。
日本が「折れる」「折れない」のどちらの戦略を取った場合でも、韓国は「折れる」という戦略よりも「折れない」という戦略を取る方が、利得が大きいことがわかります(背景を     で塗った部分)。

このように、相手プレイヤーがどんな戦略を選ぼうと、自分は特定の決まった戦略を取れば、他の戦略を取るよりも大きな利得を得られるならば、常にその戦略を取るのが得策だとわかります。この、相手プレイヤーの戦略にかかわらず決定できる戦略を、支配戦略と呼びます。

次に、【表2-A】を御覧ください。

韓国が「折れる」という戦略を取ると仮定した場合、日本は「折れる」という戦略を取るよりも「折れない」という戦略を取る方が、利得が大きくなります。

一方、韓国が「折れない」という戦略を取ると仮定した場合には、日本の戦略は「折れる」であっても「折れない」であっても、利得は同じで、-100 になります。

このようなときは、相手プレイヤーの戦略に関係なく自分の戦略を決められるよう、戦略の単純化を図ります。

【表2-A】では、韓国の戦略が「折れる」である場合に日本は「折れない」戦略を取る方が利得が大きいので、韓国の戦略が「折れない」である場合も、それに合わせて、「折れない」を日本の戦略として採用します。

論理回路の設計をしたことがある方には、カルノー図で、どちらでもいい部分は Don’t care として、回路の簡単化を図るイメージと言えばわかり易いでしょうか。

このようにして決まる、日本が取るべき戦略「折れない」も、韓国の戦略にかかわらずに決定できるので、支配戦略となります(背景を     で塗った部分)。

支配戦略とのうち、【表2-B】の韓国の戦略のように、支配戦略の利得が、全て不等号で有利である場合を強支配戦略と呼び、【表2-A】の日本の戦略のように、一部に等号 (カルノー図で言えば Don’t care) を含む場合を弱支配戦略と呼びます。

そして、全プレイヤーが各々最善の戦略を取った場合に、戦略が合致するところを、ゲームのと呼びます。

全プレイヤーに支配戦略が存在するならば、各プレイヤーの支配戦略が重なる部分が、解となります。

【表2-A】と【表2-B】のゲームの解は、日本と韓国の戦略は、どちらも「折れない」。

そのときの日本の利得は -100、韓国の利得は +100 となるわけです。

釈然としない結果ですね。

しかし、日本と韓国の両プレイヤーが、お互いに最善の戦略を取るならば、必然的にこの解に行き着くことは、ご理解いただけると思います。

それでも、やっぱり、釈然としませんね。

大丈夫。ゲームを引っくり返す手段はあるのです。

なぜ韓国は現金化し難い資産を差し押さえたのか

ゲームを引っくり返す手段を考える前に、もう一つ検討しておきたい問題があります。

現実の韓国の行動を思い出してください。

自称元徴用工問題では、2018年に韓国大法院は日本企業に賠償を命じ、原告はその後、日本企業の知的財産権や合弁会社の株式を差し押さえました。

しかし、これらを現金化するのは容易ではありません。

流動性が高い、市場で流通している有価証券や現預金を差し押さえる方が、よほど簡単に現金化できるはずです。

最初から、流動性が高い資産を差し押さえることを想定していれば、判決前も、判決が確定した後も、韓国は「このゲームには、必勝法がある」と断言し、平然と構えていればよかったはずです。判決に先立って、韓国は、強硬な反日政策を取る文大統領肝入りの、大法院長を新たに任命したのですから。

にもかかわらず、なぜ、わざわざ現金化し難いものばかりを選んで、差し押さえたのでしょうか。

ここからは、憶測になります。

韓国は、本当は、双方が「折れない」という解を目指していたのではなく、内心では、日本と韓国が互いに「折れる」ことを望んでいたのではないでしょうか。

これを裏づけるように、韓国側は、再三再四、話し合いによる解決を日本に呼び掛けています。

過去においては、日本が事なかれ主義で、お金で済むならばと、話し合いに応じて簡単にお金を払ってしまったことも、背景にあるのでしょう。

他にも、事前にしっかりと資料を揃えていたにもかかわらず、「韓国への愛はないニカ?」と言われ、譲ってしまったこともありました。

そうした成功体験が、「日本は話し合いに応じて、賠償金を支払うはずだ」と、韓国に信じさせてしまった面があることは間違いないでしょう。

それでも、なお、韓国が強支配戦略を最初から放棄したかのように、話し合いによる解決、すなわち、日本も韓国も「折れる」戦略に導こうとしていることには、違和感を感じずにいられません。特に今回は、文大統領が自ら大法院長を任命し、必勝体制を整えて、審理を再開したのですから。

本当の理由は、韓国にしかわかりません。

しかし、利得が一見少ない話し合いによる解決を選びたい理由が、韓国にはあるのでしょう。逆に考えれば、100% の勝ちにはしたくない理由が。

こう考えたとき、韓国の思惑が見えてくる気がするのです。

「100% 勝ってしまっては、問題を蒸し返すのが難しい。それよりも、目先は 50% の勝ちに押さえておき、『まだ完全に解決した訳ではない』と、お代わりを何度も要求する方が美味しい」と。

考え過ぎでしょうか。

もちろん、ここで述べたことは推測であり、可能性の一つに過ぎません。

他の可能性については、後にもう一度考えたいと思います。

*** コーヒー・ブレイク ***

本稿は、かなり長いので、ちょっとコーヒー・ブレイクを入れましょう。

冒頭で紹介したラムザイヤー教授の論文は、韓国と在外韓国人の間で非難の的になっており、査読も通った論文を撤回せよと要求したり、ラムザイヤー教授個人への罵倒・人格攻撃が行われるなど、感情的な反応が続いているようです。

封殺を目指すのではなく、論文には論文で反論するのが、世界の常識です。

常識的な声は、「反日種族主義」の著者である李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大学教授など、韓国内からも出ているようです。

ここでは「<W解説>ハーバード教授の「慰安婦=売春婦」論文、韓国タブー「貢女論」で韓国大学の教授2人が異例の擁護 (WoW! Korea 2021/02/22 13:14)」にて報じられた、韓国に在住する外国国籍教授の話を取り上げておきましょう。

2人の教授は自分たちを『韓国に基盤を置いている学者たち』と紹介し、ラムザイヤー教授の論文について、『非難ではなく、議論を促す』と話を切り出した。

と記されています。学者らしい、立派な姿勢です。

また、同記事には、

教授らはまた『韓国政府は高麗(918~1392年)王朝と朝鮮(1392~1910年)王朝の時、当時の韓国は数万人の『かわいい女』(貢女)を中国に送った』とし<中略>韓国歴史のタブーである『貢女論』まで言及したことで

ともあり、韓国が触れて欲しくない「貢女」にまで、話が及んでいるようです。

「貢女」については、例えば、朝鮮日報日本語版の以下の記事などにも記されています。感心がある方は御覧ください。

 他にも、『終韓論』 (黄文雄 著, KKベストセラーズ 発行, 2014年11月25日, ISBN 978-4-584-13602-7) 第92ページには、

半島の歴代王朝が宗主国に送った『貢女』以外にも、性奴隷を外交手段として利用していた。大韓民国になってからも、それは変わっていない。<中略>アメリカの連邦議会や地方議会で盛んに『反日』を主張する政治家がいるが、たいてい韓国政府から提供された韓国人の愛人を抱え込んでいる。

という記述もあります。

戦時下における売春婦を性奴隷と呼んで、日本を貶めようとするのは、韓国と韓国人の自己投影なのかもしれません。だからこそ、ラムザイヤー教授の論文が学術誌に掲載されることを、心底恐れるのかもしれませんね。

戦略を操作する

日常生活で、決してよいことではありませんが、本人の意思に反する行動を取らせるために、「何々しろ」と要求し、「さもなければ、XXするぞ」と言って強制しようとすることを、脅しと言います。

要求を明言することなく、暗黙の要求がされることもあります。この場合には、単に「XXするぞ」と言うだけで、脅しなります。

ゲーム理論にも、脅しはあるのでしょうか。

脅しと空脅し

ゲーム理論にも、「XXするぞ」と通告することにより、相手プレイヤーに、こちらが望む戦略を取るよう仕向ける概念が、取り入れられています。

いわゆる脅しが効果を持つためには、「XXするぞ」が、本当に実行できると、相手に信じさせる必要があります。

実際にはできないことを、言ってはならないわけではありません。しかし、できないと見透かされれば、相手にされず、自らの信用を失うだけで終ってしまいます。

いわゆる、こけ脅しと呼ばれるものですね。

ゲーム理論では、本当に実行できる場合だけを脅しと呼び、こけ脅しの方は空脅しと呼んで、区別しています。

脅しも空脅しも、相手プレイヤーに情報を伝えることにより、両プレイヤーの利得表、もしくは、相手プレイヤーが想定する利得表を、書き換える試みと解釈することもできます。

差し押さえが脅しや空脅しの可能性は低い

脅しと関連して、「なぜ韓国は現金化し難い資産を差し押さえたのか」について、再度考えてみたいと思います。

【表2-A】と【表2-B】に示したゲームの解は、日本も韓国も「折れない」戦略を取り、その際の利得は、日本が -100、韓国が +100 というものでした。

ただし、この解は、「日本も韓国も折れない場合には、韓国は国際法も条約も無視して国内判決を優先し、強制執行する」ことが前提でした。

この前提に含まれる「強制執行する」が、脅しまたは空脅しであった可能性はないでしょうか。

順に、検討してみましょう。

最初に、脅しであった場合、わざわざ現金化し難いものを差し押さえるでしょうか。

本気で強制執行するつもりなら、現金化し易いものを差し押さえたはずです。

しかし、そうはしませんでした。

脅しの可能性は低いでしょう。

次に、空脅しはどうでしょう。

空脅しが効果を生むためには、相手プレイヤーに、空脅しだとバレるようなことをしてはいけません。

そのためには、やはり、現金化し易いものを差し押さえたはずです(いつ現金化するかは別として)。

しかし、そうはしませんでした。

空脅しの可能性も低いでしょう。

このように考えるとき、差し押さえは、韓国の戦略に組み込まれた脅しでも空脅しでもなかった。そう判断せざるを得ないのです。

すなわち、韓国は、日本が話し合いで解決することを前提として裁判を進めた。しかし、日本が話し合いに応じないため、判決が下されるという予想外の事態に至ってしまった。今更引き返せず、原告が求める通り、何かを差し押さえざるを得ない。けれども、日本が強い姿勢に出ているので、強制執行するのは恐く、腰がひけてしまった。仕方なく、わざわざ現金化が難しいものを差し押さえて、その場を取り繕った。

そう勘繰りたくなるのです。

さらに言えば、文政権の間は現金化を避け、問題を先送りして、責任を次の政権に押し付けようとしているのではないかと。

遡って考えるなら、提訴そのものも、大法院長の交代も、日本を話し合いの場に引きずり出すための空脅しだった。

そう見るのが、著者には、最もしっくりくるのです。

利得表を変えた日本の制裁予告

いよいよ、お待ちかね、ゲームを引っくり返す手段の話です。

韓国が日本企業の資産を差し押さえると、日本政府は、すかさず、「日本企業の資産を現金化すれば、制裁する」と通告しました。

その際に上げられた制裁の例は。実行すると決めさえすれば、実行できるものばかりでした。

ゲーム理論で言う脅しです。

制裁が発動されれば、韓国経済は破綻してしまいます。

韓国は、政治判断で判決を引っくり返してでも、発動条件が満たされないようにしなければなりません。

制裁予告後の利得表

日本の制裁予告により、ゲームの利得表が変わったと解釈することもできます。

制裁予告により、日本と韓国がどちらも折れない場合の利得が変わり、利得表は、【表3-A】と【表3-B】のように変化しました。

表3-A 日本の利得表(日本が制裁する場合)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる-50-100
折れない0-10~+500

(【出所】著者作成)

表3-B 韓国の利得表(日本が制裁する場合)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる+50+100
折れない0-1000

(【出所】著者作成)

【表3-A】で、日本も韓国も折れない場合の日本の利得を、-10~+500 と幅を持たせているのには、理由があります。

韓国経済が破綻すれば、一部の日本企業は悪影響を受けざるを得ないでしょう。しかし、それは、訴訟の裏に韓国国民全員が新たな原告として控えていることまで考慮すれば、微々たるものです。そう考えて、利得の最悪値を、仮に -10 としました。

一方、日韓関係が断絶に至って、理不尽な因縁をつけられることが今後なくなり、非韓三原則を達成できるなら、その利益は計り知れないと考えることもできます。その利益は、目先の経済損失よりも遥かに大きいかもしれません。そう考えた時の利得の最大値を、仮に +500 としました。この値が大き過ぎるか小さ過ぎるかは、判断が分かれるところでしょう。

いずれにせよ、このときの日本の利得が、-100 よりはプラス側に変化したことだけは間違いありません。

日本が「折れない」という戦略は、弱支配戦略から強支配戦略に変化しました。

制裁予告が、日韓間のゲームという観点を離れて、世界に対して発っせられた面は当然あると思います。

何の予告もなく、突然制裁すれば、「日本が弱い者いじめするニダ」と韓国が被害者面して喚き散らし、日本が悪者にされてしまう恐れがあります。

予め、状況を世界中に発信することにより、制裁を発動しても、正当な行為だと理解してもらえるでしょう。

韓国の状況は深刻です。

日本も韓国も「折れない」という戦略を取り続ければ、経済が破綻してしまいます。

このときの韓国の利得を、仮に -1000 としたのが、上の【表3-B】です。

【表3-B】において、韓国には支配戦略がないことにお気づきでしょうか。

韓国が取れる最善の戦略は、日本の戦略に応じて変わってきます。

日本が「折れる」なら、韓国は「折れない」。一方、日本が「折れない」なら、韓国は「折れる」。

それが、韓国が取り得る最善の戦略になります (背景を    で塗った部分)。

しかし、日本には強支配戦略が存在し、それは「折れない」です。

双方が最善の戦略を取るならば、合致する戦略は、日本は「折れない」で韓国は「折れる」しかありません。

国益だけを冷静に考えれば、韓国側が折れることで解決すべきです。

それでも、双方の利得は 0 なのですが。

これは空脅しではない 韓国を怯えさせた輸出管理適正化措置

韓国が折れないまま、時間だけが過ぎるなか、韓国を怯えさせる事件が発生しました。

日本が韓国を「り地域」と指定して旧ホワイト国からはずし、グループBに格下げした、輸出管理適正化措置です。

輸出管理適正化措置は、韓国に輸出されたフッ化水素が多量に行方不明になっていたことで、日本が輸出管理上の責任として行ったものです。

フッ化水素は、半導体製造工程で使われるだけでなく、核兵器に用いられる高純度ウランの生産や、サリン・VXガスといった毒ガスの原料としても使用可能な、危険な化学物質です。

用途を確認できた企業にしか輸出しないことは、世界に対する日本の責任です。

しかし、フッ化水素も、共に輸出管理が強化された他の2品目も、韓国経済を支える半導体産業にとって、なくてはならないものです。これらが途絶えるだけで、韓国経済は危機に直面します。

下手をすれば、李氏朝鮮時代の世界最貧国に戻ってしまいかねません。「大韓民国」が「大貧民国」に、「り地域」が「李地域」になってしまいます。

韓国は、日本の制裁が空脅しではなく、本気で発動する気だと、さぞかし怯えたことでしょう。

利得表の上書きを狙った韓国

日本の制裁予告に対して、韓国は、利得表を更に上書きしようと試みました。

経緯を振り返っておきましょう。

日本の制裁予告に韓国は反発し、国を挙げて No Japan 運動を繰り広げました。

また、輸出管理適正化措置には、強い反発を示しました。

当時、「ホワイト国除外で日本批判 「経済報復に相応の措置」=文大統領 (聯合ニュース日本語版 2019.08.02 15:57)」は、以下のように報じています。

文大統領は「日本の措置で韓国経済は厳しい状況に困難が加わったが、二度と日本に負けない。<中略>素材・部品産業の競争力を引き上げ、技術覇権に振り回されず製造業強国としての地位を高める契機とみなしたい』と述べた。

その後、程なくして、高純度フッ化水素の国産化に成功したというニュースが、韓国で毎週のように報じられたりもしました。

他には、GSOMIA 破棄宣言なんてのも、ありました。

制裁しても、損をするのは日本だぞ」というわけです。

韓国が想定した利得表

韓国が想定した新たな利得表は、日本も韓国も折れない場合の利得が、日本は -200 に減り、韓国は +200 に増えた、【表4-A】と【表4-B】のようなものだったのでしょう。

表4-A 日本の利得表(韓国が想定する設定)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる-50-100
折れない0-200

(【出所】著者作成)

表4-B 韓国の利得表(韓国が想定する設定)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる+50+100
折れない0+200

(【出所】著者作成)

これが成立すれば、日本には支配戦略がなくなりますが、韓国には強支配戦略が存在します。

ゲームの解は、戦略は日本が「折れる」で韓国は「折れない」、利得は日本が -100 で韓国は +100 となります。

これが、韓国が想定した解でした。

これは空脅しだ 自ら後頭部を強打した韓国

しかし、残念ながら、韓国の想定は、妄想に過ぎませんでした。

日本には、空脅しだとわかっていたからです。

元々、日本経済に占める韓国の比率は、大したものではありません。

韓国人が大好きな不買運動も、対象は、一部飲料や衣料品に限られ、医療器機やカメラ、ゲーム器等は代替品がないから今まで通り日本製を買うという、選択的不買に終わりました。

(この選択的不買とやら、好みに合った商品を選ぶ普通の買い物と何が違うのか、著者には全くわかりません。例えば、日本人がサムスン製スマホを避けるのは、不買をしているのではなく、航空機搭乗時に持ち込みを禁止されるような、発火の恐れがあるものは、選択肢に入らないだけだと思うのです。)

そして、飲料や衣料品の不買は、韓国内での店舗の閉鎖と、韓国人の失業につながってしまいました。

韓国人観光客が減ったことで、日本の一部の旅行業関係者に影響があったのは事実でしょう。

しかし、京都など、過剰な観光客に悩まされていた有名観光地からは、むしろ、韓国人がいなくなったことを喜ぶ声さえ聞こえてきました。

No Japan 運動は、失敗に終わったのです。

韓国が、素材などの国産化により、製造業強国としての地位を強化する試みも、残念な結果に終わりました。

例えば、韓国が製造できる”高純度”フッ化水素は、せいぜい 5N です。
一方、日本の超高純度フッ化水素は 12N です。

手前味噌になりますが、フッ化水素の純度については、私自身の説明文が、「韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (新宿会計士の政治経済評 2020/06/24 12:30)」のなかで引用されています。

再掲すると、次のようになります。
5Nだと、不純物の割合は、100000分の1(0 が5個並ぶ)。12Nだと、不純物の割合は1000000000000分の1(0が12個並ぶ)。つまりNが1つ増えると不純物の割合が10分の1に減る。Nが1つ減ると不純物が10倍になる。5Nは12Nと比べて不純物が1千万倍も多いということ。

不純物が多い、韓国製フッ化水素を使ったことにより、「韓国部品でiPhone不良発生、やっぱりフッ化水素の国産化は困難? (ニュースイッチ 2019年12月17日)」と報じられたこともありました。

なお、元記事は、ハングルで書かれた「daily.hankooki (2019.11.08 11:47)」だと思われます。

韓国では、「嘘も百回言えば真実になる」そうですが、嘘の回数が足りなかったのでしょうか。

いいえ、百回言おうと千回言おうと、嘘は嘘。

技術の蓄積が重要な世界で嘘が通用しないことを、日本人はよく知っています。

韓国が何度も何度も国産化に成功し、精神勝利を繰り返しても、日本人は「おまエラのやってる事は、全部お見通しだ!」と、冷めた目で見ていました。

韓国政府が繰り返し、「(旧)ホワイト国に戻せ!」と喚き続けたことも、傍証になりました。

GSOMIA については、これがないと困るのは、日本ではなく米国です。

米国から、きついお叱りを受け、韓国がへたれることは予想できました。

ギリギリまで粘った挙げ句、苦しい言訳をしながら韓国が破棄を撤回したときには、正直言って、ガッカリしましたけどね。内心では、本当に破棄することを、期待していたのかもしれません。

念のために確認しておくと、GSOMIA は、「軍事情報を共有する」協定ではありません。

その前提として、「軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐ」 協定です。

破棄をちらつかせるのは、軍事情報を第三国へ流すと言うのに等しい行為です。

その時点で、韓国には機密情報を教えてはいけないと、世界中が認識したでしょう。

韓国がやっていることは、全て空脅しだと、見透かされていたのです。

それどころか、韓国自身へのブーメランとなって突き刺さりました。

いや、ここは韓国風に、「勝手にすっ転んで、後頭部を強打した」と表現しておきましょう。

プレーヤーが変われば利得も変わる

価値観は、人によって違うものです。

ゲームにおいても、プレーヤーが変われば利得も変わります。

特に、韓国の場合、国益と大統領とで、利得が大きく異なることが多いようです。

制裁予告後の文大統領の利得表

【表3-B】は、厳密に言えば、韓国の国益を表わすものでした。

そして、解となる戦略は、日本は折れず、韓国だけが折れるというものでした。

では、文大統領の利得表は、どうなるでしょうか。

韓国だけが折れるのでは、日本に負けたことになります。

「二度と日本に負けない」と豪語し、反日を煽ることで支持を得てきた文大統領にとって、致命的な痛手になます。

韓国の大統領を、退任後に待ち受けるのは、悲惨な末路です。

歴代大統領のほとんどは、投獄されるか、自殺しています。

日本に負ければ、文大統領は、任期を全うすることなく弾劾され、同じ末路をたどるでしょう。

傍から見れば、「霊的に生まれ変わるためには、それもいいんじゃない」と言いたくなりますが、本人は、絶対に受け入れないでしょう。

このような事情を勘案すると、日本が折れず韓国が折れる場合、文大統領の利得はマイナスで、その絶対値は桁違いに大きいことになります。

このときの利得を、仮に -10000 として表わしたのが【表5-B】です。
日本の利得表は【表3-A】のままですが、利便性を考えて、【表5-A】として再掲します。

表5-A 日本の利得表(日本が制裁する場合)(【表3-A】を再掲)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる-50-100
折れない0-10~+500

(【出所】著者作成)

表5-B 文大統領の利得表(日本が制裁する場合)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる+50+100
折れない-10000-1000

(【出所】著者作成)

日本・韓国共に、強支配戦略が存在します。

解は、戦略は日本も韓国も「折れない」であり、利得は日本が -10~+500で韓国は -1000 となります。

この解を文大統領が受け入れ、差し押さえた資産を現金化すれば、日本による制裁の発動条件が満たされます。制裁が発動してゲーム終了です。

が、残念なことに、韓国が差し押さえているのは、現金化が難しいものばかりです。

文大統領も、利得がマイナスになる結果は望まないでしょう。

このままでは、韓国側が動かず、膠着状態が続いてしまいます。

日本としては、こんなゲームは、さっさと終わらせたいのですが・・・

ゲームを終わらせるには

最近の韓国の動きには、明らかに焦りが見えます。日本にすり寄ってみたり、強気に出てみたり。

それでも日本が突っぱねるので、手をこまねいています。

日本としては、韓国の相手をするなんて、無駄な時間を、これ以上費やしたくはありません。

そろそろ膠着状態から抜け出し、こんな不毛なゲームを、終わらせる方法はないでしょうか?

著者はあると思うのです。

それは、「日本の制裁は空脅しだ」と、文大統領に思ってもらうことです。

この場合、利得表は【表6-A】と【表6-B】のようになります。

表6-A 日本の利得表(日本が制裁しない場合)(【表2-A】を再掲)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる-50-100
折れない0-100

(【出所】著者作成)

表6-B 文大統領の利得表(日本が制裁しない場合)
韓国の戦略
折れる折れない
日本の戦略折れる+50+100
折れない-10000+100

(【出所】著者作成)

解は、戦略は日本・韓国共に「折れない」のままですが、利得は日本が -100 で韓国は +100 となります。文大統領にとって、理想的な解ではありませんか。

幸い、韓国人には、自分に都合のよいことだけを聞き、都合のよいことだけを見て、勝手に妄想をふくらませるという特性があります。

これを利用して、「実際には日本は制裁などできない」と吹き込めば、人気がない任期が残り少ない文大統領も、「二度と日本に負けない」と豪語した頃の自信を取り戻して、日本企業の差し押さえ資産や、日本大使館跡地の現金化に、踏み切ってくれるのではないでしょうか。

文大統領さえ決断すれば、差し押さえ資産の評価など面倒な処理をすっ飛ばして、韓国の年金基金に現金化させることも可能でしょう。

文大統領の決断だけが、鍵となります。

例えば、日韓議連の日本側メンバーを通して、

日本も選挙を控えたこの時期に、制裁なんて本当はできないんだよ。武漢肺炎で実体経済はボロボロだし、東京オリンピックの開催も危うい。この状況で韓国と制裁合戦になれば、日本経済が持たない。総選挙で野党に政権を奪われかねない。今回ばかりは、韓国側が折れてくれないか

と持ちかければ、文大統領は制裁はないと信じ、ホルホルして、資産売却を命じるのではないでしょうか。

何の役にも立たないかに見える日韓議連にも、使い道は残っているのです。

XXとハサミは使いよう」、「敵を欺くにはまず味方から」と言うではありませんか。

あっ、日韓議連は、日本の敵でしたね。

なら一層、上手に利用して、早くゲームを終わらせて欲しいものです。

日本は既に、安全保障・経済共に「自由で開かれたインド太平洋」とへと歩みを進めており、韓国がなくても日本経済はまったく心配ないか、影響があるとしても微々たるものにすぎないのですから。<了>

読後感

いかがでしょうか。

「ゲームの理論」、数学を使って記述すれば大変に難しいものですが、今回のイーシャ様の論考では、長文のわりにスッと頭に入ってきたという方が多いのではないでしょうか。

なお、記事の最後にはさりげなく拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』の宣伝をして下さっています。ありがとうございます。

【参考】『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』(新宿会計士 著)

(【出所】アマゾンアフィリエイトリンク)

また、イーシャ様の論考に興味のある方は、是非、『夏は涼しく過ごそう~快適節電ライフ~』をフォローしてください。

イーシャ様、本日は興味深い論考を大変にありがとうございました。

読者コメント一覧

  1. 定年碁打ち より:

    イーシャ様

    投稿、ありがとうございました。面白かったです。
    大斜定石のアイコンなので、囲碁ではこうなると、考えてみました。

    囲碁は、「折れるvs折れる」もしくは、「折れないvs折れない」の
    両方の成り行きを想定するゲームなので、『空脅し』がありません。

    『空脅し』をすると、手抜きされて他の大場に回られ、敗着になります。
    日本も実行できる『脅し』はしても、実行不可能な『空脅し』をしていませんね。

    もしかして、韓国はプランB(日本が話し合いに応じない場合)なしで、行動しているのかな。
    「差し押さえするぞ」に手抜きすれば、いずれ『空脅し』となり、イーシャ様の投稿通りに
    韓国側の利得がマイナスになると思います。

    1. G より:

      定年碁打ちさま

      囲碁の例えものすごくすんなり入ってきました。

      確かにここは「手抜き」が有効な場面です。もっと大局を見て貴重な手番を使っていくべきかと。

      局地的には彼らのゼロ対100戦法を完封しきれずマイナスになる可能性はあります。ただ、そこは手を入れて頑張って完勝してもゼロなんです。

      手抜きする。つまり無視戦略ですが、かれらはその局地的な勝利で快哉をあげることでしょう。ただ、それに対しても「無視」が一番です。我々が悔しがったり、役人を無能と罵ったりは彼らの満足感を増幅させるだけです。なんとか感情を殺して「無視」に徹しましょう。

      そもそも囲碁で言うなら、相手に何目も置かせて勝負している状況なんです。置き碁の黒番が局地にこだわり過ぎて、せっかく置いてもらったアドバンテージをどんどん失っていく。そんな状況ですか。

      1. 門外漢 より:

        定年碁打ち 様
        G 様
        韓国の難癖を劫と考えることも出来そうですね。
        劫になると日本は律儀に劫立てして相手してたんです。まあ、指導碁ならそうするんでしょうかね。で、韓国に少しは勝たしてきた。
        調子にのって韓国は劫の種ばかり探すような癖が付いてしまったんですね。指導の仕方も不味かったんです。
        で、徴用工判決で三劫になったと思います。
        日本は「ここまでです」と言って席を立てば良いのです。
        勝負無しですから韓国の面子も多少は立つというものです。

        1. イーシャ より:

          G 様
          門外漢 様

          一部だけ見れば三劫でも、韓国の他の石が全部死んでいる場合、やはり勝負無しなんでしょうか?

    2. イーシャ より:

      定年碁打ち 様

      アイコンは当初、将棋の「羽生の5二銀」を想定していました。
      が、主催した NHK の権利など、面倒を避けるため、囲碁の大斜定石を選びました。

      囲碁の例え、わかり易いですね。
      韓国は、セキになっていても、内ダメを埋めてきそうです。
      大抵は、「眼あり眼なし」ですけど。

  2. 犬HK より:

    ゼロ対100理論において、どちらも折れない場合は引き分けではない?
    (あるいは勝負がついていないということではない?)

    2-Aと2-Bの利得表、初っ端から躓いてしまった浅学非才な自分…。
    折角の大作、なんかすいません。

    1. 農家の三男坊 より:

      犬HK様
       私も同じくどちらも折れない場合は引き分け(日本:-50、韓国:+50)だと思いますが、日韓戦ですから精神勝利そのほかのバイアスがあるのかもしれません。

    2. ぷら より:

      私も両者折れない時は引き分けで、日本の利得/韓国の利得=-50/+50では?と思いました。
      とはいえ、3-A, 3-Bの説明で両者折れない時の絶対値がいくつになるかは「判断の分かれる所」と書かれていますので、ゼロサムであれば議論の本筋は変わらないかと考えました。
      強制執行された場合のお互いの利得をどのように見積もるかは面白い議論ができそうです。

      イーシャ様
      日韓関係が数値化・可視化されることで、興味深くかつ議論の広がる論考でした。ありがとうございました。

    3. イーシャ より:

      犬HK 様
      農家の三男坊 様
      ぷら 様

      ななっしー様がコメント下さっているように、どちらも折れない場合の利得は、「強制執行」を前提として考えてみました。
      と言うか、こう仮定すると、ストーリーが見えやすいかなと考えたのですが、わかり難いかったでしょうか ?

  3. H より:

    イーシャ様

    投稿拝見しました
    分かりやすく一気に読んでしまいました

    犬にボール見せて投げたら走りだす
    ですね
    日韓議連を上手く使いこなせる政治家や
    役人がいるかどうかが鍵でしょうか
    ほんの少しだけ期待しています

    1. 門外漢 より:

      H 様
      投げる振りをしただけでも走り出しますよ。
      ちょっと走ってから気づいて振り返りますけどww

      1. イーシャ より:

        門外漢 様

        タイトルは思い出せませんが、映画のラスト近くで、女性の家政婦だったか家庭教師だったかが、車が走って来る前で、棒かボールを道路の向こうに投げたシーンを思い出しました。
        犬がそれを追い、悪ガキが追いかけて・・・
        悪ガキが韓国なら、霊的に生まれ変わる機会にいいかもしれません。

    2. イーシャ より:

      H 様

      ありがとうございます。
      一気に読めたと聞き、安心しました。

      論文やショートショートを書くときのように、枝葉を切り落としてゆけば短くすることもできたのですが、それをすると、かえって味気なく、読み難くなりそうで、素のままで投稿した次第です。

  4. だんな  より:

    イーシャさま
    分かりやすくて良かったです。
    座布団5枚。
    韓国が、不利な状況になりそうになると「一対一」の状況では無く、他国を巻き込むでしょう。
    日本経済と韓国経済が、「一対一」になった時にどうなるか、興味があります。

    1. イーシャ より:

      だんな 様

      ありがとうございます。
      座布団をいただくような、受け狙いは・・・あるかも・・・

      他国を巻き込もうにも、あらゆる国に喧嘩を売りまくって、誰も味方になってくれないのが滑稽憐れですね。
      一対一で対決する度胸のない韓国がへたれようとしても、それさえ許さないほど関係が悪化していますし。

  5. 阿野煮鱒 より:

    労作ありがとうございます。
    堪能いたしました。
    一部飲み込みきれない部分がありますが、何とか読みこなしたいと思います。

    1. イーシャ より:

      阿野煮鱒 様

      利得表を全部先に書いてからストーリーを考えたので、文字数が多い分時間はかかりましたが、武漢肺炎シリーズより気楽に書けました。人命にかかわる話でもありませんし。
      ごゆっくり、お読みいただければ幸いです。

  6. 迷王星 より:

    ゲーム理論による日韓問題の解析ごくろうさまでした。

    ですが、一言苦言を呈するのを許して頂ければ、ゲーム理論による解析が現実の問題に適用できる上で各プレイヤーは共に合理的に振る舞うという仮定が成り立つことが大前提としてあります。

    幸か不幸か韓国民の大多数は極めて情緒的・感情的であり、その極めて感情的に振る舞う韓国民によって選ばれる韓国大統領も合理的に振る舞うことは許されず韓国民の感情や情緒に添った振る舞いをせねばなりません。韓国民の感情に大きく反する選択を大統領が採れば、冗談抜きに任期途中でも罷免されかねません。ローソクデモによって。

    そして私の考えでは、日本にとって最善の戦略とは単純な非妥協ではありません。日本にとって最善の対韓戦略は(日本の国際的な名誉を損ねない形で)韓国と縁を切ること、すなわち韓国民の反日感情を徹底的に煽り立てて韓国側から日本との外交関係を断たせる方向へ持って行くことです。それにはまず米韓同盟を韓国側から終了させ、アメリカ政府が韓国(そして朝鮮半島)の放棄も止む無しと決断させる必要がありますが、これにも韓国民の反米意識を煽り立てる必要があります。

    つまり韓国民をして自分達の守護神である米軍を韓国から追い出させて、韓国政府に日本との決定的な対立の自由を与える、これが日本にとっての本当の意味で最善の対韓戦略です。そして、この戦略には韓国というプレイヤーが米韓同盟を破棄するという極めて非合理的な選択をすることが不可欠なので、プレイヤーの合理性を大前提とするゲーム理論的な分析からは出ない戦略です。

    韓国の親米保守派つまりブログ主様が用日派と呼んでおられるカテゴリの韓国人は、そういう意味では韓国人の中では最も合理的に考えられ振る舞ってきたグループです。彼ら親米保守派も韓国大衆の支持を得るために彼らの反日意識を繰り返し利用して来たことです。しかし韓国民にとって反日は最終的には反米に至る、というのが文大統領ら従北左派が実証して来た命題です。

    ですから、親米保守派つまり日本を食い物にして来た用日派の最大の弱点は、韓国民の支持を得る手段として反日を利用して来たことにより、韓国民が(従北左派による誘導によって)反米へと進む道を整備してしまい、韓国におけるアメリカの重要性という自分達が立脚する基盤そのものを崩してしまいつつあることです。

    (少しでも合理的・客観的に考えれば、アメリカが日本と韓国とで択一を迫られたならば、何れを選択するかは自明なので、親米保守派がアメリカという自分達の存立基盤を真剣に考えるならば、国民の支持を得るための手段として反日を使うのは明らかに非合理的ですが、これこそ「李承晩の呪い」とでも言うべきなのでしょう)

    と言う訳で、日本の最善戦略は韓国民が二度と親米保守派=用日派を大統領として選ばない(そして議会でも少数派に止める)ように韓国民を煽り、親北左派政権(それも可能ならばどんどん先鋭化する方向で)を継続させて、アメリカ政府に韓国を諦めさせて、韓国から断交をさせることです。

    日本からの輸出の激減によって経済的には日本にとって一時的にはマイナスになりますが、米韓同盟が終了しアメリカも韓国に対して経済制裁を行う上での心理的な抵抗がゼロになれば、日米の手で(共産チャイナの属国に戻るか北と統合するかだけの二択で何れにせよアメリカの敵側に属するしか道が残っていない)韓国の産業・経済を潰し、サムスンやLGなど韓国企業が得ていた経済的な果実の一部分を日本企業(但し日本国内での生産になるとは限らない)の手に取り戻すことは難しくありません。

    ということで話を最初に戻しますと、韓国問題に関しては一方のプレイヤーである韓国がその極めて感情的な国民性ゆえに合理的に振る舞わない(振る舞えない、と言うべきか)以上、ゲーム理論による分析には大きな限界があると考える次第です。

    1. 農家の三男坊 より:

      迷王星 様
       韓国が合理的にふるまわなかった場合は、上記、定年碁打ち 様のコメントの通り、日本側が利得を積み上げるチャンスとなるだけかと。

       ゲーム理論を現実の世界に投影する場合の限界は、
       ・多様な要素からなる利得が適切(正しくではない)に評価されているか
       ・強支配戦略が見つからなかった場合、状況(相手の出方、環境の変化等)に応じて適切に戦略を選択できるか
       ・脅しを、空脅しか否か正しく評価できるか
      にゲーム結果が依存することだと思います。
      そして、韓国は嘘等ノイズ注入による相手の攪乱(ゲーム乗り得票を複雑化する)が上手なのだと思います。
      その場合でもゲーム理論自体は結果論(後付で各要素を追加&書き換え)としては正しいのだと思います。

      上記からも、現実の対韓方針は、”原則は一切曲げず、非韓三原則”が正しい行動方針と考えます。
      そのための対米・対世界(除く中北等の独裁国)向け世論戦の準備が出来ているかがポイントかと(100億円程度の基金を作り、対韓歴史戦・世論戦専門部隊を民間に作る等)。

      1. 農家の三男坊 より:

        変換ミスを訂正します。失礼しました。
        ×ゲーム乗り得票
        ○ゲームの利得表

        1. イーシャ より:

          農家の三男坊 様

          同じく、そのように考えております。

    2. イーシャ より:

      迷王星 様

      おっしゃる通り、韓国人は、「非論理的ですね」と耳を尖らせたくなるほど、感情的な行動をとることが、自分でも最初に気になりました。
      しかしながら、韓国人が自分の財布の中身にだけは執着し、目先の利益に拘ることから、繰り返しのない一回限りのモデルなら、ゲーム理論で扱える可能性もあると考えました(一部、お代わりの話など、先のことを考える部分も入れましたが)。
      相互に、相手も自分の戦略を理解している。更に、相互にそのことを理解している。更に・・・といった仮定は成立しそうにないと感じたことも、ナッシュ均衡の話を避けた理由でした。

      最善の対韓戦略が韓国と縁を切ることという考えには同意します。
      それを実現するための、一つのストーリーとして書いてみました。

  7. ふぇぇ より:

    ゲーム理論のお話、面白かったです。
    お互いの差し手(?)が進むにつれて、ダイナミックに損得表が書き換わる所までゲーム理論解説があるサイトはあまり見なかったので新鮮でした。
    韓国側はゼロサムゲームの中で自分だけ有利になる(あるいは最悪でも0-0で引き分けになる)ように攻撃するあたり、ゲーム理論を適用していると感じますね。

    1. イーシャ より:

      ふぇぇ 様

      ありがとうございます。
      ゲーム理論を初めてかじり、「脅し」の話を知ったとき、「利得表を書き変えるという解釈ができそう」と感じたので、そのときの気持に戻って書いてみました。

  8. 伊江太 より:

    イーシャ様

    カノ国の駆使するゼロ対百戦略に辟易している向きには、「脅し」というルール変更の導入によって、同じ戦略を選んだ場合でも利得がガラッと変る(変えられる)という観点は、非常に有益ですね。

    もしドラ風に
    「もし(一応)識字能力のある韓国人がイーシャの『ゲーム理論で考える日韓関係』を読んだら」
    なんて可能性を妄想してみました。

    1. 冒頭数行を読んだだけで、「妄言ニダ」と火病ル。
    2. 文の長さ、論理の展開について行けず、「読む意味もない雑文ニダ」と無視する。
    3. 難癖を付けられそうな些細な点に飛びついて、「論破してやったニダ」と吹聴する。
    4. 匿名の筆者の正体を暴いたと称して、人格攻撃に精を出す。
    5. 「良心的」日本人の作家、言論・知識人に反論をお願いする。

    今のところ少数の人間は
    6. 腹立たしいが、まともに反論は出来ないからと、ダンマリを決め込む。

    ただし、極左おバカ政権が自壊するような事態ともなれば、
    7. あの論考くらいのことは自分はとっくに考えていたニダ。
    と言い出す輩が、続出するでしょうね。

    ずっとレアな可能性として、
    10. 高校野球の女子マネさんに習って、今すぐゲーム理論的思考を駆使し、世間にもの申す。
    なんて人物は、果たしているのかな?

    1. イーシャ より:

      伊江太 様

      基本的に、長い文章を読む根気はないと思います。
      根気があるごく少数も、貢女が出てきたところで、やめちゃうでしょう。
      コーヒー・ブレイクは、魔除けでもあるのです。

      女子マネさんに習うような親日は許さないニダ。

  9. IVD より:

    非常に興味深い論考をありがとうございました。
    日朝関係や南北関係もゲーム理論で読み解いてみたら面白そうだなと思いました。
    また、繰り返しゲームでの「協調」についての論考も密かに楽しみに待っています。

    さて、ちょっと調べただけの浅〜い知識で恐縮ですが、少し余談を。
    「繰り返し囚人のジレンマ」2004年大会で優勝した「主人と奴隷戦略」というものがあるようです。この大会で各チームは、複数の戦略、複数のプレイヤーを送り込むことができ、優勝チームは60のプログラムを投入したそうです。
    もし自チームプレイヤー同士の対戦と分かった場合、どちらかが「主人」として常に「裏切り」を、もう一方が「奴隷」として常に「協調」を選択します。「奴隷」プレイヤーの犠牲によって「主人」プレイヤーにより多くの得点を与え、最終的にチームとして上位を目指す、という戦略です。
    ここからは妄想です。
    国際社会においてアメリカというチームは、日本という「奴隷」プレイヤーと韓国という「主人」プレイヤーを投入して、最終的にチームとして上位を目指してきた、と考えたらゾッとしました。

    参考
    https://wired.jp/2004/10/15/戦略ゲーム『繰り返し囚人のジレンマ』記念大会/

    1. イーシャ より:

      IVD 様

      繰り返しゲームの論考は、この「主人と奴隷」モデルをテーマに考えています。
      たまたま仮に割り振ったアルファベットは、主人がC、奴隷がKです。

  10. とある福岡市民 より:

     イーシャ様、とってもおもしろかったです。ありがとうございました。
     それにしてもこのゲーム、さっさと終わって欲しいですね。でもイーシャ様の終盤の提案ですと最終的には韓国のボロ負けになっちゃうので、韓国側は果たして乗ってくれるでしょうか。早く乗って欲しいところですけど。

    1. イーシャ より:

      とある福岡市民 様

      楽しんでいただけて幸いです。
      ゲーム理論を主軸に置き、日韓問題を俯瞰したら、堅苦しくなるかなと最初は危惧しましたが、自分の文体で書き進めたら、意外と、軽い読み物になってしまいました。
      本当に、こんなゲームは早く終わらせたいです。非韓三原則を続ける内、業を煮やした半島民族が火の病を発症して、暴走する可能性はあるのですが。

  11. めがねのおやじ より:

    イーシャ様

    投稿を拝見しました。イーシャ様はブログをお持ちなんですネ。そういえば以前に聞いたかな〜と思いますが、あまりあちこち出歩かない無精者ですので、楽天ブログ(前はアメブロですか)で運営されているのを、初めて開きました。

    イーシャ様の論考、流石にスラスラ読めた〜訳ではありません(笑)。戻り、更に前に戻りつつ読み切りました。結構長文なので、スマホでのスクロールが面倒ですね(笑。失礼)。

    韓国は『慰安婦問題にしろ、徴用工判決にしろ、内心では日本と韓国が互いに「折れる」ことを望んでいた』なるほど。仰る通りだと思います。スグ話し合いによる解決を日本に呼び掛けていますもんネ。

    何でも穏便に済ませるのが是である日本人、でも空脅しが効かない(笑)。意外に日本が強い姿勢に出ているので、腰がひけた。現金化が難しいものを差し押さえて、その場を取り繕った。

    日本・韓国共に「折れない」のままなら韓国も顔が立つ(どうせ刑務所行きですが)。私は日本はこのまま「折れない」ですが、韓国は「折れる」と見ます。それも訳の分からない国民への説明で。愚民を怒らせずにあとの任期は適当にして、次期大統領に振ると思います。

    1. イーシャ より:

      めがねのおやじ 様

      複数画面か複数タブで、一方は利得表を表示しておくと読み易いかもしれませんね。
      自分でも、「THE LONGER 読者投稿」と呼んでいましたが、無理に短くすると固い文章になって読み辛くなるかと思い、そのままにしました、
      韓国に「折れる」意志はないと思います。あるとすれば「ヘタれる」かな。

  12. 新宿会計士 より:

    イーシャ 様

    今回は貴重なご投稿を賜り大変ありがとうございました。
    また、誤植の件につきましても大変失礼しました。
    今後ともご愛読、お気軽なコメント、そしてお気軽な投稿を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

    1. イーシャ より:

      新宿会計士 様

      返事が遅くなりました。
      長文を転載いただき、ありがとうございましいた。

      今回は、いろいろ試させていただきました。
      (1) 記述はギリギリを攻める(いつものことですが)
      (2) 書籍からの引用
      (3) 個人ブログからの引用(シンシアリーさんは、有名作家でもいらっしゃるので、普通の人の個人ブログとは異なるとは思いますが)
      (4) 本論から外れたことを、コーヒー・ブレイクとして入れてみる
      (5) 分割投稿するかどうか

      特に、(2), (5) については事前相談に応じていただき、ありがとうございました。
      ((5) は、しない方がいいと自分で判断しましたが。これにより (4)が可能になりました)

  13. 農民 より:

     ご投稿ありがとうございました、何度か読み込んでなんとか理解したいと思います。

     第二次安倍政権以降の外交は、こういった分析がなされているように感じます。
     以前の日本側(というか外務省)は「日本人が損をしてでも友好を演出できれば目標達成」、韓国側は「韓国人が損をしてでも日本に迷惑をかけて勝利感を味わえれば目標達成」という、お互いに無茶苦茶な目標設定…普通に考えたら双方敗北ラインのような…であったのも、双方が合理的に最大利益を目指すハズの理論にはまらず、意味不明な道を辿ってきた原因であると思います。
     やっと勝つことを考え出した日本と、虚飾の勝利に酔いしれる韓国という図式は以前よりは好ましいですが……結局、勝敗得点では日本+100とできても、純粋な意味では日本にプラスとは言い難いので、迷惑ですねぇ。迷惑料でも毟り取れればまだ良いですが。

    1. イーシャ より:

      農民 様

      わかり難い部分があるとすれば、私自身の理解不足や間違いがあるかもしれません。
      変なところがあれば、ご指摘くださいませ。

      純粋に日本が勝利するには、K罪破綻させて借金のカタに領土を一部取り上げ、レーダー・ミサイル基地化することを提唱します。

  14. はにわファクトリー より:

    アグレマンを日本政府は出したのか、出していないのかを、再検証してみてはいかがでしょうか。
    真実はどちらか一方に違いありません。ポイントは、アグレマンを出したかどうかは口外無用という約束になっていること。これを「ゲームの規則」としましょう。そしてスタートポイントは、韓国政府が日本側の事前了解を得ずして次期駐日大使の名を発表した「事実」です。虚々実々の掛け合いが実は今この瞬間にも繰り広げられているやもと。すなわち、出したどうかは最後にしか判明しないとすれば、真実に至る「過程」でどんな「対局」が起き得るのか。眼前で進行中なのはこうゆうことだったりはしませんか。

    1. イーシャ より:

      はにわファクトリー 様

      分析するのは面倒です。
      「このゲームには、必勝法がある」
      認証式を半万年先送りにして、飼い殺しにすればいいのです。

  15. れんげ草 より:

    日本の政府に制裁などムリだと諦めています。
    政府並びに日本企業にはプラスにならなくてもよいから、せめてマイナスにはならないように、現状がマイナスなら傷口をこれ以上広げない内に早期の全面撤退・撤収並びに日本国内の不要物の淘汰をお願いしたいものです。

    1. イーシャ より:

      れんげ草 様

      韓国が引き金を引かないと、日本は制裁できないでしょうね。
      ただ、非韓三原則を貫き、もはや日本は韓国の味方ではないと示すだけで、韓国は衰退してゆきます。
      日本だけでなく、全ての海外勢が韓国からの撤収を進めるでしょう。
      日本国内の在コ処分は、早く進めたいですね。

  16. まんなっか より:

    投稿拝見させていただきました。面白かったです。
    遊技場入り浸ってて、愛棋家でもあるので感覚的にはそれなりに日々感じているつもりですが、やはり分析・解説されたものを見るとしっくりきますね。
    ゲーム理論の運用そのものなら、韓国人の方が本能的に上手いように感じます。日本人はブラフが上手くなく、不利なゲームでも付き合っていく傾向があるのではないでしょうか。もちろんこれは利点と表裏一体でもあるでしょう。
    慰安婦や徴用工…反日ゲームとでも言いましょうか、彼らにとっては失うものなど何もない優れた土俵ですが、それが成り立つ大前提の日本人の寛容・地政学的重要性が無くなりつつあり、価値観による陣営分けが始まっていることに気が付いていないのが哀れなものです。まだまだ続くでしょう。その先には虚無があるのみですが。

    1. イーシャ より:

      まんなっか 様

      楽しんでいただけて、何よりです。
      韓国人にはブラフしかないので、「おまエラの考えていることは、全てお見通しだ!」で通すのがいいでしょう。
      緩衝地帯としての役割を否定することは、韓国の存在価値の否定に等しい、冷徹な現実を受け入れない限り、半島民族に未来はないでしょうね。

  17. カズ より:

    たしかに、当初は自称徴用工判決後、強硬にことを運んでみせたあとでの宥和(イーブンでゴネ得50)を目論んでいたのでしょうね。
    で、引っ張りすぎて手を差し伸べてみせる間もなく、日本から「匙を投げられた」のかと・・。

    個人的には、「ゼロ対100の相関にファクト(嘘つき・違法国家認定=⦅-1⦆)を乗じて総てを逆転できればいいな」と、思っています。
    もちろん、それよりも彼らと関わらないで済むのなら、それに越したことはないんですけどね・・。

    *解りやすい解説をありがとうございました。

    1. イーシャ より:

      カズ 様

      > ⦅-1⦆)を乗じて総てを逆転できれば
      日本の利得は変わらずとも、韓国の利得はそうなりつつあるのかもしれません。
      日本だけでなく、世界中に喧嘩を売りまくった結果、韓国は全面楚歌になっています。
      ラムザイヤー論文や、英国からライダイハンの追及を受けているのも、その一環かと。
      次に経済崩壊しても、面倒な連中だと知れ渡っているので、罪に溺れし業の魂が「いっぺん、死んでみる?」と宣告されても、同情さえされず、難民受け入れも拒否されるのではないでしょうか。

      1. カズ より:

        イーシャ様
        >世界中に喧嘩を売りまくった結果、韓国は全面楚歌になっています。

        遠くない未来に彼らのお望み通り、どこからの干渉も受けることのない「真の独孤立国家」が誕生するのかもですね。

        返信ありがとうございました。

  18. 農家の三男坊 より:

    イーシャ 様
      ゲーム理論の分かりやすい解説ありがとうございました。
      相手も含めて全体最適又は全体で最大利得を考えようとする日本人と、自分の利得のみに注目する韓国人では見ているゲームのルールと利得表が違うのでゲームにならないなと思ったりします。
     また、”戦略はシンプルであればあるほど優れている”は、この利得表から認識を新たにしました。
    どうもありがとうございました。

    1. イーシャ より:

      農家の三男坊 様

      日本は長期的な利益を目指して「損して得取れ」と考えますが、半島人は目先の利益しか考えないのでしょう。
      ゲーム理論的には、日本人は無期限繰り返しゲーム、半島人は一回切りのゲームを前提に、プレイしているのかも知れません。

  19. マスオ より:

    大変興味深く、楽しく読ませていただきました。
    「脅し」により利得表が変わるさまは、正にゲームの醍醐味と言えますね。

    私は、何でもすぐ顔に出てしまうたちなので、駆け引きに向かない性質ですがw

    まぁ、最初の0:100の利得表がそもそも間違いで、負けたときにそれなりの代償を払わせるような仕組みを作れば、この果てしない、終わりのない、言いがかりみたいなゲームを仕掛けてくることも無いんでしょうけどね。

    日本政府頑張れ(無理だろうなー)

    1. イーシャ より:

      マスオ 様

      中国のように、思いっきり文殴れればいいんですけどねぇ。

  20. asimov より:

    イーシャ様

    大変興味深く拝読いたしました。

    この手の理論展開は大好きです。
    何年か前に一部で流行った「センス・オブ・ワンダー」という言葉を思い出します。
    こういった感覚は久し振りです。

    その時の読後感と同じ様な、充実感が得られたことに感謝いたします。

    1. イーシャ より:

      asimov 様

      ありがとうございます。
      そう言っていただけるなら、長文を書いた価値がありました。

  21. パーヨクのエ作員 より:

    イーシャ様
    管理人様

    興味深い投稿記事を提供頂いて面白く拝読させていただきました。

    日韓関係をゲームの理論で分析する為にはもう一人のダブルミーニングのプレイヤーを想起するとより日韓関係を理解できるように思います。
    ストロングジャパンの意思を持つアメリカとウィークジャパンの意思を持つアメリカです。

    韓国が期待しているのはアメリカが韓国の意思を汲み取る形で日本政府の意思を「折る」か否かです。
    日本への警戒を持つウィークジャパンのアメリカは日本政府の意思を「折りに行きます。」

    これを理解しているのは日本の総理大臣などでなく、残念ですが我が国の「害務省」です。

    一時的に日本が優位に立ったように見えても最後は日本が負ける結果になると思います。
    韓国はウィークジャパンを志向するアメリカのいつか登場することを待つ戦略を取る形で繰り返しゲームに挑めば良いからです。

    韓国とウィークジャパンのアメリカはWin-Winの構造を持つ為に長期的には韓国と日本の∞対-∞の構造はウィークジャパンの意思を持つアメリカをどう出さない様に行動するかを考慮しないと変えることはできないと思います。

    安倍晋三前大統領補佐官と異なり、今のガースーでは荷が重いですよ(笑)

    安倍前総理でもイアンフ10億円合意で苦杯を舐めたのです。ガースーでは無理ですね(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. イーシャ より:

      パーヨクのエ作員 様

      ウィークジャパンを志向するアメリカが登場する前に、韓国を消滅させてしまうのが一番よさそうですね。

  22. 名無しの権兵衛 より:

     「これは空脅しではない 韓国を怯えさせた輸出管理適正化措置」という見出しの部分に書かれていた「韓国は、日本の制裁が空脅しではなく、本気で発動する気だと、さぞかし怯えたことでしょう。」というのは、全くそのとおりだと思います。韓国政府が、これを受けて、GSOMIA破棄事前通告、WTO提訴、WTO事務局長選挙立候補と、半狂乱になったのが何よりの証拠です。
     瀬戸際外交を得意とするような人間(民族)は、基本的に憶病なのです。金日成、金正日、金正恩と北朝鮮の支配者が、長年、政敵や部下の粛清を繰り返してきたのも、彼らが基本的に憶病で猜疑心が強いからです。
     文在寅も御多分に漏れず、底無しの臆病者で、自身が大統領退任後、逮捕・投獄されることを恐れるあまり、高位公職者犯罪捜査処を創設するなど、過剰防衛とも思われる対策を次々に実施しています。
     したがって、差し押さえた日本企業の財産を現金化したり、日本政府の在韓資産を差押えするなど、日本政府の対抗措置を招くようなことを断行できる人物ではありません。
     かといって、国際法違反を是正する措置を断行する勇気も無く、結局は、大統領が交代しても、現在のままの状態が長期間継続すると思います。
     事態が動く可能性があるとすれば、韓国経済が危機に直面し、デフォルトの可能性が高まり、韓国政府が、日本政府に通貨スワップを要請する時ではないかと思います。

    1. イーシャ より:

      名無しの権兵衛 様

      確かに、半島民族は虚勢を張るだけで、臆病そうですね。
      「弱い犬ほどよく吠える」というやつででしょうか。

      通貨スワップを要請するために、文大統領 or 韓国は、全面的に折れることができるでしょうか。
      本当に折れるなら、賭け金を上げ、竹島や仏像の変換を含めて、全面降伏させたいですね。
      逆に、現金化できるものを探して、暴走してくれてもいいんですけど。

  23. はにわファクトリー より:

    知り合いに三星で回路レイアウト技術者がいます。彼はバンガロール出身の南インド人です。水原華城の豪華新築マンションにお住まいです。温暖快適な熱帯生まれの彼は、バナナの葉っぱを食卓代わりにしながら育ちました。今年も零下20度にも達した半島生活をさぞ倦んでいることでしょう。経済危機に陥るまえに三星を去れと海峡のこちらから送出している念をきっと彼は感知しているに違いありません。エクソダス=大脱出のその日は近い。そして本邦にあっては、高度技術者多数を一気に引き受けて、社会「OS」を作り替えた21世紀型ハイテクノロジー国へと飛翔できるほかとないポジションに今このときにあることを広く認知すべきとそのように思えてなりません(弁士石鹸箱から降りる)

    1. イーシャ より:

      はにわファクトリー 様

      インド人を含め、優秀な人材なら日本が受け入れてもいいですね。
      どんなに一見優秀そうでも、韓国生活になじんだ韓国人だけは、絶対に「お・こ・と・わ・り」ですが。

  24. 頓珍韓 より:

    イーシャ様

    素晴らしい内容で楽しませていただきました。

    仰るように、5-A、5-Bの状況になってしまい、文政権は「折れる」「折れない」の選択ができなくなっています。
    イーシャ様の論では、ここで日韓議連の話がでてきますが、私はそれでも文在寅氏は動かないと思います。
    それよりも日本のスキを探すため状況の変化を待つのではないかと、まずは次の政権が左派になるように力を向けるのではないかと思います。
    そのために、彼は後先を考えないばら撒きを行い、南北統一の夢を語り、人気取り政策をすると思います・・・あまり今までと変わりありませんね。
    彼ができることは尽きているのです。
    動き出すとしたら、次の政権になるのだと思います。

    1.もしも保守派が政権を取った場合、「折れる」を選択する。
     文在寅氏を裁き左派勢力を完全に否定するため&アメリカの介入

    2.もしも左派が政権を取った場合、「折れない」を選択する。
     前政権の落とし前をつけなくては韓国民が納得しないto米韓同盟崩壊の序章

    となると思います。
    どのみち、韓国不利の状況は変わらないでしょう。

    日本としては、韓国がpost菅を狙って様々な謀略を仕掛けてくることが心配されます。

    1. イーシャ より:

      頓珍韓 様

      楽しんでいただけて、何よりです。
      文大統領は、左派政権の継続を、確実に狙っているでしょうね。
      内ゲバを繰り返し、外国を巻き込むことなく、自ら崩壊するなら、それはそれでいいのですが。

      菅さんの後には、第三時安倍内閣に期待したいところです。
      でも、安倍さんは韓国に優しいところがあるから、菅政権の内に滅韓を済ませて欲しいですね。

  25. ななっしー より:

    やっっぱり第2象限(*)の評価がキモですねえ。
    日本人はあまり考えたがりませんが。
    にもかかわらず韓国は慰安婦合意を破った。
    さすがに日本人の多くも第4象限の利得に疑問を感じ始める。
    これだけ妥協しても相手が守らないのでは第4象限も第1象限も同じではないか。
    そして第2象限の利得を検討し始める。
    韓国がなくても日本経済はまったく心配ないことがバレちゃいますね^^

    あとわたしも第2象限 (-100,+100) が一瞬気になりましたが、「強制執行」とのことで納得。
    すると韓国にヒトモノカネを置くことがいかんのですな。
    やっぱりゲーム理論的にも韓国は助けない、教えない、関わらないw

    (*)
    第4象限│第1象限
       ─┼─
    第3象限│第2象限

    1. イーシャ より:

      ななっしー 様

      やっぱり、非韓三原則ですよねぇ。
      韓国にとっては、悲観一色でしょうけど。

  26. 名無しさん より:

    今回のイーシャさまのお説を拝見して、ふと気付いたのですが。
    > なぜ、わざわざ現金化し難いものばかりを選んで、差し押さえたのでしょうか

    この訴訟の場合、訴訟の当人は数名の自称徴用公なのですが、この原告メンバーがサッサと自分の取り分だけを取ったら訴訟から抜ける、と言う事をふと考えてしましました。つまり「和解」で、判決にて勝訴結審を迎えずに【各自が自分の取り分に固執してしまう】のを抑止し、非妥協的に最終審にて確定判決を出させて(日本がそれに屈して)その後何かの基金の様なモノを設置させ、そこはATMで、朝鮮人が「市民団体」に参加したり協力金を支払ったりして、申請すれば日本からのカネが降りる。そう言う枠組み作りまで構想した遠大な計画だったのではないか?と。

    1. イーシャ より:

      名無しさん 様

      原告にとって、自分の取り分だけが大事というのは、いわゆる慰安婦裁判で、韓国最高尊厳にあたる売春婦婆さんが ICJ への提訴を求めていることからも、見えてきますね。
      このまま金を得られる終わるくらいなら、わずかな可能性に賭けてみたい。後のことはケンチャナヨ。

      おっしゃるように、韓国政府の目的は、新たなATM構築計画だったのでしょうね。
      幸い、これまでの経験で、日本も学んでいました。
      一匹見かけたら、陰に何百何千匹もうごめいている。気付かなかったらと思うと、ぞっとします。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。