【速報】米韓首脳会談で米国側に「日米韓」の言及なし

本日の「速報」です。本日の米韓電話首脳会談の内容が米韓両国から公表されています。これを読む限り、菅義偉総理大臣、ジョー・バイデン米大統領、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の3者のうち、「日米韓3ヵ国協力」に言及したと公式に述べている人物は、現時点では文在寅氏だけに留まっているようです。

米韓首脳会談:米側のそっけない発表

先日の『鈴置論考から考える「米国は文在寅政権を除去するか」』では、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の論考をもとに、「米韓電話会談が実現していない」と韓国側が懸念している、とする話題を取り上げました。

その「続報」でしょうか、日本時間の本日(米国時間の3日)、米韓首脳会談がやっと開催されました。日米首脳の電話首脳会談はすでに1月28日(米国時間の27日)に実施済みですので、日本より1週間後回しにされた格好です。

それだけではありません。会談内容に関する米国側の発表は、じつにそっけないものです(※この点については日米電話首脳会談でも同じことがいえますが…)。

まずは、ホワイトハウスの報道発表を原文どおり紹介しておきましょう。

Readout of President Joseph R. Biden, Jr. Call with President Moon Jae-in of the Republic of Korea

President Joseph R. Biden, Jr. spoke today with President Moon Jae-in of the Republic of Korea to stress his commitment to strengthening the United States-ROK alliance, which is the linchpin for peace and prosperity in Northeast Asia. The two leaders agreed to closely coordinate on the Democratic People’s Republic of Korea. They also agreed on the need for the immediate restoration of democracy in Burma. The two Presidents discussed a range of global issues critical to both our nations and agreed to work together to address shared challenges such as the COVID-19 pandemic and climate change.
―――2021/02/03付 ホワイトハウスHPより

主要部分について、箇条書きにして意訳します。

  • バイデン大統領は米韓同盟について、北東アジアの安定のリンチピンであるとし、同盟強化に関するコミットメントを強調した
  • 両首脳は北朝鮮について協力を強化することで合意した
  • 両首脳はミャンマーの民主主義の後退に関しても直ちに協力が必要だとする認識で一致した
  • 両大統領は両国が共有する幅広い問題について議論し、COVID19パンデミックや気候変動といった世界共通の課題について協力することで合意した

非常に短いですね。

そして、「北朝鮮についての協力」、「両国が共有する幅広い問題」が何を意味するのかはわかりませんが、少なくとも表面上は「日米韓3ヵ国連携」などには一切言及がないことがわかります。

米韓首脳会談:韓国は「日韓・日米韓」に言及

これに対する韓国大統領府の発表は、これです。

韓米首脳通話関連・姜珉碩スポークスマンによるブリーフィング【※韓国語】

―――2021-02-04付 韓国大統領府HPより

こちらはウェブ翻訳サイトを使って直訳すると1000文字を超える長文ですが、同じく意訳して箇条書きににしておきましょう。

  • 文在寅大統領はジョー・バイデン米大統領と本日午前8時25分から57分まで米韓首脳通話を行った
  • 文在寅大統領がバイデン大統領の就任演説に関し「前例のない挑戦を克服し希望に満ちた米国を完成するという大統領の意志を感じた」と述べたところ、バイデン大統領は「その希望のひとつが韓国」、「韓米両国関係は70年続いており、今後より多くの分野で関係の強化を期待する」と応じた
  • 両首脳は、韓米が域内の平和繁栄の重要な同盟であることを再確認し、価値を共有する責任同盟として、朝鮮半島とインド・太平洋地域の協力を越えて、現在の米韓同盟を民主主義・人権の増進に寄与する包括的戦略同盟に発展させていくことで合意した
  • 両首脳は、気候変動などの地球規模の課題にも深みのある意見を交わした
  • 文在寅大統領は、韓米が韓半島の非核化と恒久的な平和定着を進展させるためにともに努力していこうと呼びかけ、バイデン大統領は韓半島問題の解決の主な当事国である韓国側の努力を評価し、韓国とのような立場が重要であり、韓国と共通の目標のために緊密に協力していくだろうと応じた
  • 両首脳は、なるべく早急に包括的な対北朝鮮戦略を一緒に設けていく必要がある点で認識を共にした。
  • 両首脳は、韓日関係の改善と韓米日協力が域内の平和と繁栄に重要であることに共感した
  • 両首脳はミャンマー、中国など他の地域情勢についても意見を交わし、とくに最近、ミャンマーの状況について懸念を共有し、民主的・平和的な問題解決のために協力していくことにした

…。

これによると、韓国側の発表には「韓日関係の改善」、「韓米日協力」という文言が出て来ますが、米国側の発表にはそのような表現は出ていません。

「日米韓」言及は3人のなかで文在寅氏だけ

ちなみに、先週の日米首脳会談においても、この「日米韓協力」という文言は出て来ませんでした。

Readout of President Joseph R. Biden, Jr. Call with Prime Minister Yoshihide Suga of Japan

―――2021/01/27付 ホワイトハウスHPより

バイデン米国大統領との電話会談についての会見

―――2021/01/28付 首相官邸HPより

少なくとも菅義偉総理大臣、バイデン大統領、文在寅大統領の3者のうち、「日米韓協力」に言及したと公式に発表した人物が韓国大統領の1人だけであるというのは、いったいどういう意味があるのか、大変に興味深いところだと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    NHKのニュースでは、後者の韓国の発表をさも事実のように垂れ流してました。
    ニュース聞きながら
    「どっちから聞いた話だよ」
    とツッコミ入れてましたが。

    1. 匿名29号 より:

      NHKは日本政府の発表より韓国政府の発表を信じているということです。
      偏向報道と非難されるべきものと考えます。

      1. 心配性のおばさん より:

        仕方ございませんわ(笑)。K国はN〇Kのスポンサーですもの。

        あら、現在のK国のどこに、そんなお金があるか?ですか?

        C国かも。陰謀論ですが、潜在的なものを含めた全世界をコロナで敵に回しているC国としてはどこかに突破口が欲しい。どこかに突破口が、どこかに・・・。あった!命じてもいないのに勝手に騒いでいる国が。関わり合いはゴメンですが、裏でスポンサー料を出すぐらいなら出しとこう。日本には窓口となる政治家もいるし、足跡は消して置いてくれるだろう。とか。とか。(笑)

      2. 引きこもり中年 より:

         匿名29号様へ
         (個人的見解ですが)NHKとしては、英語の米政府の発表を日本語に直すより、韓国語を日本語に直す方が楽なのでしょう。それと韓国側の発表を採用しないと、抗議がきて五月蠅いと思っているのかも。(そういえば、ひと昔前は、朝鮮人民共和国と言わないと五月蠅い時代もありました)
         駄文にて失礼しました。

        1. 匿名29号 より:

          英語よりハングルがすらすら読めるNHKの体質改善が必要ですね。日本国民から視聴料を強制徴収しておいて、まだC国からK国経由で資金を得ているのですか? 越後屋、おぬしも相当な悪よのー、の更に上を行ってますねん。

      3. 匿名 より:

        読売新聞も「韓国大統領府の発表によりますと、両首脳は日韓関係の改善と日米韓の協力が重要との認識で一致した」。 米国側の発表は全く有りませんから対比しようがないが、一方だけを取り上げ、事実を隠蔽し、敢えて事の進展を遅らせるメディアの陽動作戦と考えられなくもありません。実態はかなり深刻だと思う。

    2. とある東京都民 より:

      NHK?!
      日本破壊教狂団だろ!

      日本放送協会ではなくて…。

  2. 匿名 より:

    米国発表の日米首脳会談内容と比較すると具体性に欠けた当たり障りのない内容で朝鮮半島問題に関してすら「協力する」とサラっと触れているだけですね。
    そしてインド太平洋構想に触れることなく唐突にミャンマーについてスポット的に書かれているだけで、米国はもはやインド太平洋構想に関わらせようともしていないのではないかという雰囲気も感じます。

  3. だんな より:

    電話があれば、こっちの物ニダ。
    好き勝手に発表するニダ。

    1. 川崎の匿名 より:

      だんな様
      冗談抜きにこれですね
      だから関わってはいけないのですが国と国の関係だと難しいのが歯がゆいです

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    バイデン大統領との文大統領電話会談。日本から見て、1週間遅れで電話して貰う(笑)。懇願したのかな?(失笑)。10分でもいいから〜って。

    しかし、米国も日本との会談の前言を作り直して、「日米韓3ヵ国連携」には一切言及がありません。今週で一番嬉しいニュースです。姜昌一氏の一件からモヤモヤしてましたので。

    とりあえずは一報入れました。さ、仕事!(笑)

  5. ken より:

    ぐだぐだのバイデン政権ですが、外交ではキッチリ詰めてる感じですね。中国に対する阿りや、普段の対米の態度に対してガツガツ締め上げてる感じです。過日の大学教授による慰安婦は売春婦の論文も、もちろん一連の流れなのでしょう。すくなくとも怪しい米大統領誕生で、世界がメチャクチャになる杞憂は少なくなった思いです。これも腐っても米国の人材の豊富さでしょうかwかたや某国の民主党には、本当に国を滅亡させられるところでした。

    1. たか より:

      油断禁物です。まだ安心できません。

  6. りょうちん より:

    英語圏でのリンチピンのニュアンスを英会話の堪能な方に教えていただきたいです。
    こんなん見つけました。
    https://japanese.joins.com/JArticle/165340?sectcode=A00&servcode=A00
    オバマ、安倍には“コーナーストーン”・朴槿恵には“リンチピン”…その意味は?

    民主党用語なんでしょうかw

    1. 矢塚 より:

      聖書の中に「家づくりの捨てた石が隅の親石となった。人の目には不思議な事」と言うような表現があったと思います。
      リンク先にあるように礎になる石ですが、ニュアンスとしては「家を建てる基礎の中でも、基準となる最も重要な石」です。
      落ちこぼれカトリック信者が思いつくくらいですから、キリスト教文化圏では「隅の親石」の事を言っていると思います。

      ...英会話は全くダメです。

    2. 無病息災の男 より:

      Collins  dictionary in American Englishによりますと、
      Cornerstoneは、
      1.‎ 建物の隅の一部を形成する石。
      ‎2.‎ ‎基本的な、‎‎必須‎‎な、または最も重要な部分

      Linchpinは、
      ‎1.‎ ‎車輪‎‎が外れないように‎‎車輪の外の車軸の端を‎‎通る‎‎ピン‎
      ‎2.‎ ‎複雑な構造の部品(複数)を一つに保持する‎‎もの
      とあり。どちらの言葉も重要なもの、重要な人などの意味を含んでいますが、読んで頂ければ分かりますように、重要といってもその意味、程度は異なるようです。Cornerstoneは建物を維持するために必須なもので、なくてはならないものですが、Linchpinは車輪を使用するときにのみに必要で、そうでない時には、なくても困らないものです。

      1. イーシャ より:

        無病息災の男 様
        Linchpinは、必要に応じて交換すべきですね。

        1. 匿名 より:

          イーシャ 様へ

          なるほど、あなたの意見には素晴らしい着眼点が含まれていると思います。そして、その通りでしょう。
          Linchpinはいくら威勢を張っても、車輪(=米国+日本)ほどには重要ではなく、そもそもそんなに価値があるものではないのです。pinは使えなくなったら交換すればよいのですから。

          1. 無病息災の男 より:

            イーシャ様

            間違えて匿名で返信してしまいましたが、返信者のH.Nameは無病息災の男です。

      2. カズ より:

        Cornerstoneは、重圧(外圧)をかけて使用します。
        Linchpinは(陣営を)抜けないように頭を叩いて使用するのかと・・。

    3. より:

      Merriam-Webster Dictionaryによると、

      Linchpin; noun
      1. a locking pin inserted crosswise (as through the end of an axle or shaft)
      2. one that serves to hold together parts or elements that exist or function as a unit

      Cornerstone; noun
      1. a stone forming a part of a corner or angle in a wall
      2. a basic element: Foundation
       なお、2の用例として”cornerstone of foreign policy”が挙げられています。

      正確な細かいニュアンスはネイティブ・スピーカーに確認しないとわかりませんが、上記英英辞書の説明を読む限り、linchpinは「放っておくとバラバラになりそうなものを一つのものとして機能させるための留め金」であり、cornerstoneは「それなくしてはそもそも存立し得ないもの」という感じに読み取れますね。
      あくまでも辞書的な解釈ではこんな感じですが、わざわざ日韓で使い分けていることを考えると、おそらくアメリカ側ではその使い分けに意味を持たせていると思われます。

      1. りょうちん より:

        そう。辞書に載っていないニュアンスがnativeでないと、わからないのですよね

  7. 頓珍韓 より:

    「韓国は日本より1週間後回しにされた?その理由は?」で答えそうな一言は。

    「一週間、受話器をとらなかっただけだ。」

  8. 農民 より:

    >両首脳は、韓日関係の改善と韓米日協力が域内の平和と繁栄に重要であることに共感した

     共感した。

     ちょっと他では使わない表現に感じます。「確認した」「同意を示した」「協力を約束した」などのいずれでもなく、ただ「共感した」。

     [会談 共感した]でググると、なぜか韓国外交ばかりです。単に朝鮮語と翻訳に法則があるだけなのかもしれませんが。
     そして内容は、上位から
    ・北の核廃棄の必要性については”共感したが”時間はかかる見通し
    ・輸出規制などの懸案への対話継続は”共感したが”合意文は出せなかった
    ・(文在寅と習近平の会談で)北朝鮮制裁緩和決議案が、北朝鮮の武力実験を止められ得る案だということで”共感した”

     など。あとG20の文在寅ヨイショ記事などが続きますが、これも「国際協力って大事だよね」などというあまりに当たり前な話に世界が共感したというお寒い記事。
     いずれも、実効性は無いけど体裁は同意したよ、て場合ばかりですね。行動に移されていないのだから、見方によっては「反論こそしないが同意はしていない」ともとれます。韓国外交の実績を考えれば「とりあえず勝手に言ってみた」だけの可能性は濃厚ですね。

  9. montecosta より:

    ホワイトハウス発表の文大統領との電話会談概要中、
    “The two leaders agreed to closely coordinate on the Democratic People’s Republic of Korea.” を「両首脳は北朝鮮について協力を強化することで合意した」とされていますが、”to closely coodinate” 「協力」というより「緊密に整合させる」との意に読めます。ということは、「勝手なことはするなよ!」とバイデンさんは文大統領に釘をさした、のではないでしょうか。

  10. 引きこもり中年 より:

     毎度、馬鹿馬鹿しいお話を。
     「韓国側の通訳は、よっぽど優秀なんだって。なにしろ、バイデン新大統領が言っていないことも、文大統領の意向を忖度して、ハングルに翻訳してくれるのだから」
     おあとがよろしいようで。

    1. 匿名29号 より:

      なるほど、文大統領の言っていないことも忖度してバイデン大統領に伝えてくれるのですね。 菅総理にもその通訳を付けましょう。

    2. H より:

      引きこもり中年様

      〉韓国の通訳は、よっぽど優秀

      はい、前外務大臣も確か通訳を務めて
      いた経歴かと、、、
      嘘が上手いほど出世できるのでしょう

  11. より:

    アメリカは今でも「ミャンマー」という国名を公式には認めてないようですね。
    しかし、ホワイトハウスの発表を見る限り、見事なまでに内容が無いですな。良く言っても儀礼的挨拶+α程度ですね。一方、青瓦台はというと、これまで人畜相手にさんざん「今や韓国は世界の一等国であり、世界をリードする領導国の一角なのだ」と喧伝してきた手前、いろいろと盛っているようですが、まともに取り合うのは頭壊文たちくらいなんじゃないでしょうか。

  12. H より:

    はよ開かれたインド太平洋を進めよう
    南朝鮮は朝鮮半島にピン止めしておけば
    いいんじゃない
    こっちに来ないで、鬼は外

    バイデン大統領とモリソン首相電話会談
    https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN2A40GI

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。