日韓「懸案」話し合うセミナーの開催自体が「懸案」だ

本日はクリスマスであるにもかかわらず、当ウェブサイトで取り上げたい話題がたくさん出て来てしまっています。そのうちのひとつが、「来年1月13日に東京で日韓議連と韓日議連が東京五輪や日韓関係の懸案などを巡り合同でセミナーを開催する」、というものです。正直、ろくに成果も見込めないばかりか、日韓ともにコロナ新規陽性者数が急増しているなかで、開催して良いセミナーとも思えません。その意味で、「懸案」はこのセミナーそのものではないでしょうか。

「韓日関係改善」に向けた韓国側の意欲

先月上旬から中旬にかけて、韓国から政府高官、与党関係者などが相次いで来日しました。

今朝の『理解に苦しむ主張「徴用工解決し日韓スワップ再開を」』でもぼやいたとおり、クリスマスだというのに、本日は当ウェブサイトで取り上げたい話題が目白押しです。

そのひとつが、その先月の『「東京五輪で韓日正常化」を一方的に議論する中央日報』でも取り上げた、「日本の『日韓議連』と韓国の『韓日議連』が来年1月、東京で『東京五輪を巡る韓日協力』のセミナー開催で合意した」、というものです。

先月12日から3日間の日程で日本を訪れた韓日議連の金振杓(きん・しんひょう)会長ら一行は、首相官邸に菅義偉総理大臣を表敬訪問したほか、日韓議連関係者らと会談し、「韓日関係打開」について話し合った、ということでしょう。

これについて、韓日議連の金碩基(きん・せきき)幹事長は11月17日、中央日報のインタビューに対し、次のように答えています(11月19日付中央日報日本語版『韓国の「五輪協力」にも…菅首相、韓日中会議への確答なし』参照)。

日韓議員連盟の河村建夫幹事長と来年1月13日に東京で五輪成功のための韓日交流協力方案セミナーを開くことで合意した」。

中央日報はこの背景について、韓国側の狙いが①年内の日中韓サミット開催で菅総理の訪韓を実現し、自称元徴用工問題でトップダウンの解決を図ること、②金正恩(きん・しょうおん)の東京五輪出席を通じて南北和平プロセスの再開を成し遂げること――にあった、としています。

日本側にできることは限界がある

もっとも、当ウェブサイトでもすでに『「年内の日中韓サミットは霧散」、徴用工も長期化へ?』などで報告したとおり、日中韓サミットの年内開催は「霧散した状況」(※東亜日報)にありますし、金正恩の五輪参加も現時点では見通せていません。

というよりも、そもそも来年、東京五輪が開催できるのかどうか自体、よくわからないという状況でしょう。

いずれにせよ、中央日報の記事では、同セミナーを巡り、次のように報じています。

  • セミナーには韓国の政治・言論・経済界の要人30~40人が出席する
  • 東京五輪支援についての討論をはじめ、韓日関係の復元とあわせて北朝鮮の東京五輪参加に向けた雰囲気づくりについて議論する予定
  • 韓日議連関係者によると、複雑化した両国関係の回復を日韓首脳が決断できるように環境を整えようという目的もある

いつもながら、「なにをムシの良いことを主張しているのか」と呆れますね。

そもそも論として、もし五輪の開催が可能となったとしても、日本はべつに韓国の「支援」など必要としていません。

というよりも、韓国は2013年9月、東京五輪を招致するための国際五輪委(IOC)総会の直前に、わざと日本産の水産物の禁輸措置を大々的に発表するなど、「東京五輪招致」自体を妨害した国であり、そのような国が「五輪支援」など片腹痛い主張と言わざるを得ません。

また、日韓間の「トゲ」である自称元徴用工問題も、国際法違反の状態を創り出しているのは韓国の側ですし、また、日本政府が昨年、日韓請求権協定に従った解決を韓国に呼びかけたにも関わらず、韓国はこれを無視しました。

こうなってしまうと、この問題を巡って日本にできることには限界がありますし、日韓関係を修復するためには、結局は韓国が「国際法違反」の状態を解消する以外に解決する以外に方法はないのです。

不要不急のセミナーをやる必要はありますか?

こうしたなか、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)や『中央日報』(日本語版)などに、例の「合同セミナー」の続報が掲載されていました。

韓日・日韓議連 来月13日に東京で合同セミナー

―――2020.12.24 16:52付 聯合ニュース日本語版より

韓経:行き詰まっている韓日関係の突破口になるか…両国議員、来月「関係改善」議論へ

韓日両国議員連盟が来月日本、東京で合同セミナーを開いて韓日関係改善方案を議論する。<<…続きを読む>>
―――2020.12.25 07:08付 中央日報日本語版より【韓国経済新聞配信】

やっぱり、やることにしたのだそうです。

ただ、普段だったら「どうせ来日したとしても成果はあがらないと思いますよ」、「それでもよければ、やりたきゃどうぞ」と冷たく突き放す局面なのですが、さすがに昨今の環境を踏まえると、そうも言っていられません。

日韓ともに新型コロナウィルスの新規陽性者数が増加している折、ほとんど何の成果も見込めないにもかかわらず、わざわざ対面でこのようなセミナーを開催する必要があるものなのかどうかは非常に疑問であり、日韓関係を巡る「懸案」を議論するためと称したこのセミナーこそが「懸案」です。

シャレにしてはきつすぎます。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、今年を振り返るにはまだ少し早いのですが、日韓関係に関する個人的印象を改めて申し上げておくと、「今年もやっぱり韓国は韓国だったな」、といったところでしょう。また、それと同時に、「中・長期的には彼らと距離を置くのが良い」という確信を強めた1年でもあります。

もちろん、大変に残念ながら、現時点において日本から見た韓国の重要性は低いとは言えません。日韓断交などが発生してしまえば、日本経済にも少なからぬ打撃が生じます。このため、「日韓断交」などと軽々しく口にすることはできません。

しかし、それと同時に日韓関係が万が一破綻したとしても、その影響を最小化するだけの布石を、今のうちに打っておくことは必要でしょう。

幸いながら日韓の経済関係は、「日本がキーデバイスを握っている」という状況に変わりありませんし、「日本が韓国の金融・経済支援を必要としている」という状況は生じていません。これからもこの状態は維持しなければなりません。

そのうえで、日本は自由主義、民主主義、法の支配(または法治主義)、人権尊重などの基本的・普遍的価値を大切にする国々との関係を深めていくべきであり、その過程で、これらの価値を共有しない人たちとは少しずつ距離を置くという努力を、国を挙げて進めていかねばなりません。

来年以降は、「基本的価値を共有しない国々と、いかにして距離を置くか」についても、当ウェブサイトの議論対象としたいと考えている次第です。

読者コメント一覧

  1. hiro より:

    切れる瞬間も、鋼鉄のワイヤーのような衝撃ではなく
    蜘蛛の糸のように「気が付いたら切れていた」みたいになると思います。

    もはや日韓は「関係が切れるか切らないか?」ではなく
     「それはいつなのか?」になりつつあると思います。
    これまで韓国に注いでいたエネルギーを他の近隣諸国に費やすのが良いと思います。

    1. 匿名 より:

      自己レスです
      (日本政府は)これまで韓国に注いでいたエネルギーを他の近隣諸国に費やすのが良いと思います。

  2. 匿名29号 より:

    セミナーの議題に4日に韓国軍が竹島周辺で行った軍事演習の件を入れなきゃセミナーをしないと回答すれば。
    日韓議員連盟の日本側の資金源はどこなんでしょう。まさか議員さんの自腹とは思えないから、誰から金を貰っているのだろ。

    1. 引っ掛かったオタク より:

      掘ってみると面白いかもしれませんね>資金源
      (掘ってみるとはry)

      1. 匿名29号 より:

        ありがとうございます。 もし、一部でも韓国筋または朝鮮関係団体からの出元であれば、セミナーなんて とんだ茶番と思いませんか。「桜を見る会」よりこっちの方がよっぽど気になります。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    こういう論壇に参加させていただくと、最近は「嫌韓嫌中の爺」(笑)とか「アンタの意見は聞き飽きた」(まそう言わず)とか言われております。ご忠告ありがとうございます。(という事は、親韓媚中派かマスコミか左傾文化人、労組族らが見てるのだろうか?爆笑)

    日韓議連と韓日議連が東京でセミナーして話し合う。ハテ?「韓日議連関係者によると、複雑化した両国関係の回復を日韓首脳が決断できるように環境を整えようという目的もある」、、何を眠たい事をのたまうのか。

    文大統領は、日韓問題に真摯に向き合って来た事が無いだろ?海自機にレーダー照射して、あわや戦闘行為と見られる事態を引き起こし、嘘ついて逃げたのを忘れたか?慰安婦(売春婦)像の撤去は何故しない?徴用工判決の日本企業資産を抑えているのは、国際法違反。まだまだあるよ。

    菅総理は、「韓国側がやる事やらないと、話してもムダ」と言っている。ボールは韓国側だよ。早く投げるなり蹴るなりしろ!マスコミはこういうセミナーに、日本側が何人来るか、写真付きでインタビューと解説して欲しいですな(笑)。

    わざわざコロナ禍の日本に来なくて良い。リモートでやんなさい!いや、やる事自体お粗末過ぎる。河村や二階などのオールド議員は、落ちて貰うのが確定。

    口酸っぱく言うが、韓国には関わるな!です。

    1. 匿名29号 より:

      めがねのおやじ様
      「という事は、親韓媚中派かマスコミか左傾文化人、労組族らが見てるのだろうか?」
      => アータ、左派政権が樹立したあかつきには獄に繋がれますよ。右派の特高、左派政権には秘密警察がつきものですから。
      斯く言う自分もさんざん悪態をついたので捕まるでしょう。もしかしたら獄中仲間になるかもしれませんね。
      ってーことは、ブログ主様は更に罪が重くて高射砲で銃殺かもしれません。

  4. きたたろう より:

    >韓日議連関係者によると、複雑化した両国関係の回復を「日韓首脳が決断」できるように環境を整えようという目的もある

    日韓首脳が決断?日本の決断はすでに伝わっているので、決断するのは韓国側のみ。土下座して、仏像返して、徴用工判決を出した裁判官は罷免⋅⋅⋅するわけはないので、永久に解決しそうにもないですね。
    韓国では反日はやめろ、というデモもあるそうですがその衣の下に「なあに、日本人なんてニコニコして近づいておだててれば、アイツらはバカだからいくらでも金出すんだよ。やり方が下手なんだよ」
    と、いわゆる「用日」的考えが見え隠れしてる気がします。

  5. 匿名 より:

    >現時点において日本から見た韓国の重要性は低いとは言えません。日韓断交などが発生してしまえば、日本経済にも少なからぬ打撃が生じます。

    「少なからぬ打撃」とは実際のところどれほどなんでしょうかね?
    ちなみ日本と台湾(中華民国)とは国交は断絶しておりますが、貿易を始めとするさまざまな交流は盛んです。
    是非お得意の数値化した日韓断交による日本が受ける打撃をご教授願いたいものです。

  6. 元マスコミ関係の匿名 より:

    現時点において日本から見た韓国の重要性は低いとは言えないとおっしゃいますが、徹底した反日と嫌がらせを繰り返している韓国とは最早断交を決断すべき時です。
    決断には多少の血が流れるでしょうが、日本の将来を考えれば致し方ありません。
    韓国がこういう反日と嫌がらせを執拗に繰り返す中で韓国においてビジネスをする方が非常識、血を流しても自業自得、自己責任です。

  7. より:

    以前にもご紹介したような気がしますが、北杜夫氏のエッセイからの孫引きになりますけど、さる高名な精神医学者がこう言ったそうです。「勤勉はバカの埋め合わせにはならない。勤勉なバカほど傍迷惑な存在はない」
    さて、日韓議連幹事長たる河村建夫氏がとても熱心に日韓関係修復のために日々努力されているということ自体は、概ね事実でしょう。しかしながら、問題は河村氏の努力が全く明後日の方向にしか向かっていないこと、国益という観点からはむしろ国益を損なう方向にしか向かっていないという点にあります。つまり、無駄な努力どころか、それを通り越して有害な努力となりつつあるのです。

    おそらく河村氏は、「いろんな雑音はあるものの、オレはこんなにも日々努力しているのだ」と思っていることでしょう。とりあえずここでは金とか利権の話はしませんし、そんなことにさしたる興味はありません。ただ、河村氏の「勤勉さ」が仇となり、もはや傍迷惑の領域を超えてきていることを残念に思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。