「前夜祭問題」は秘書の収支報告書不実記載で幕引きか

本日、主要メディアがいっせいに、東京地検特捜部が安倍総理本人に対し、任意での事情聴取を求めた、などと報じていますが、これはおそらく安倍総理側に費用を補填していたという認識などがなかったことを確認するためのものでしょう。安倍総理を巡る「前夜祭疑惑」、どうやら秘書による政治資金収支報告書の不実記載ということで落ち着くのではないでしょうか。

桜を見る会の「前夜祭」疑惑のリーク情報がダラダラ出てくる理由

毎年総理大臣が新宿御苑で主催していた「桜を見る会」を巡り、安倍晋三総理(今年9月に辞任)の個人事務所が前夜祭で差額を補填していたらしい、という報道については、当ウェブサイトでも先月、ずいぶんと取り上げました。

といっても、安倍総理の疑惑、本来ならば捜査情報であるはずですが、なぜそれが主要メディアからいっせいにダラダラと出て来るのか、という疑問があります。

これについては『検察が捜査情報をリークするとしたら、その目的は何か』でも報告したとおり、大手ウェブ評論サイト『アゴラ』の新田哲史氏が先月26日付で寄稿した、「じつは官邸のシナリオ通りではないか」とする記事が非常に参考になります。

「桜」の再燃、実は官邸の“シナリオ”通り?

桜を見る会の前夜祭疑惑が3連休終わりに再燃した。安倍政権下の「モリカケ桜」の3大騒動のうち、「桜」だけは役所が関与しておらず、防御が最弱というのは以前から指摘されており、アンチ安倍の人たちも「突破口」に見立てていた。安倍シンパにとっては杞憂が的中したような構図だ。<<…続きを読む>>
―――2020年11月26日 06:01付 アゴラより

あらためて紹介しておくと、新田氏の論考の着眼点は、この「報道合戦」を主導したのがNHKと読売深部であった、という点です。具体的には、次のような流れです。

  • 読売新聞が11月23日付朝刊で「安倍総理の公設秘書らを東京地検が任意聴取」と特報
  • 同日、NHKが「800万円以上負担」と具体的な金額をスクープ
  • 翌・24日には読売新聞がNHKに続いて「800万円超を補填」と報道
  • 同日夜、日経電子版やNHKが「安倍氏周辺が(費用の)一部負担を認めた」などと報道
  • 25日には読売新聞が「安倍氏側が領収書を廃棄か」などと報道

新田氏「検察の情報リークは官邸も黙認か」

ここで疑問点が2つ湧きます。

まずはこの状況自体、「検察側が何らかの意図を持ち、情報を小出しにしている」ように思えてならない、という点です。次に、この一連の流れで、朝日新聞をはじめとする「反安倍派」の急先鋒だったはずのメディアの存在感が見えない、という点です。

この2つの疑問点を見事に説明してくれているのが新田氏の仮説です。

それは、「検察側が安倍総理周辺を捜査していて、その捜査情報を小出しにメディアにリークしているのは、(菅義偉総理自身を含めた)官邸が黙認しているからではないか」、というものです。

こうした新田氏の仮説が正しければ、「検察と官邸は、最初からこの『事件』の落としどころを、『秘書が安倍総理に虚偽報告をしていた』というシナリオに落とし込むために、数日間かけて少しずつ情報をメディアに小出しにした」、というストーリーが成り立ちます。

そして、こうしたストーリーに合致しているのが、朝日新聞の次の記事です。

政治資金規正法を軸に捜査 「桜」夕食会費問題で特捜部

―――2020年11月26日 5時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より

この問題で、朝日新聞は「東京地検特捜部は公選法違反(有権者らへの寄付の禁止)を適用することは難しいとみており、収支報告書に収支を記載しなかったという政治資金規正法違反を軸に調査を進めている」と述べています。

朝日新聞は、「前夜祭」の費用総額と、そのうち安倍総理側が負担していた金額について、具体的に「2015年から19年にかけて、5回の費用総額は2343万円で、このうち安倍氏側が負担していた金額は916万円」と報じています。

単純計算だと1人あたり2300~3800円ほどを安倍総理側が補填していた計算であり、「選挙区内の有権者に対する寄付」を禁じた公選法に違反している恐れがあるとしつつも、この公選法違反での立件は難しい、というのが朝日新聞の報道です。

この点、「寄付行為」と認定するためには、拠出する側と受け取る側の双方が「寄付」と認識していたと証明する必要がありますが、朝日新聞の記事によると、複数の参加者は地検に対し、「食事も物足りず、寄付を受けた認識はない」と説明したのだとか。

政治資金規正法違反での立件か?

したがって、今回の件は政治資金規正法第9条(会計帳簿の備付け及び記載)第1項に規定する、「政治団体の会計責任者はすべての収入・すべての支出を会計帳簿などに記載しなければならない」とする規定に違反している、と主張するのが関の山だ、ということです。

この場合、同法第24条の規定により、その責任者は「3年以下の禁錮または50万円以下の罰金」に処せられる可能性がありますが、あくまでもその罪に問われるのは「その責任者」です。

さて、本件についてはここ1週間ほど音沙汰がなかったのですが、本日になって、主要メディアがほぼ一斉に、検察が安倍総理に対する「任意の事情聴取を要請した」と報じています。ここでは産経ニュースの記事を紹介しておきましょう。

安倍前首相の任意聴取要請 本人の認識を確認 桜「夕食会」

―――2020.12.3 12:40付 産経ニュースより

記事によれば東京地検特捜部が安倍総理に対する任意聴取を要請したことが「3日、関係者の取材でわかった」としていますが、他メディアもほぼいっせいに同じ内容を報じていることから、実態はおそらく「検察からのリーク」なのでしょう。

それはともかく、特捜部は「夕食会の収支が政治資金収支報告書に記載されていなかったことが政治資金規正法に違反する」などとして捜査している、としており、先ほど紹介した先週の朝日新聞の記事にもあったとおり、「公選法違反(寄付行為)」での立件は見送る方向であることは間違いなさそうです。

おそらく今回の任意聴取も、安倍総理自身が費用補填や収支不記載の認識があったかどうかについて確認するという目的でしょう。

産経ニュースは記事の末尾で、次のようにも報じています。

関係者によると、安倍氏の資金管理団体『晋和会』の会計責任者の秘書は特捜部の調べに『補填はしていないと安倍氏に虚偽の報告をした』と供述しているという

とあります。

おそらく地検特捜部は、安倍総理の認識を確認したうえで、秘書を政治資金規正法違反で立件するのでしょう。この場合、立件できたとしても政治資金規正法違反であり、かつ、求刑も最大で禁固3年とのことですが、金額が金額だけに、さすがにそこまでの刑は難しいのではないでしょうか。

政治家の脇の甘さの問題に

もっとも、本件については正直、安倍総理も脇が甘かったのではないかと批判されても仕方がないでしょう。

ただでさえ、わが国のマスメディアは政治家の不祥事という「スキャンダル」が大好きですし、立憲民主党を筆頭とする野党勢力も、とにかくスキャンダルで与党の足を引っ張ることしか考えていないような集団です。

さらには、今回の検察による情報リークでもわかるとおり、わが国では実質的に官僚機構がさまざまな情報提供を通じてマスメディアを「コントロール」しており、そのマスメディアが野党をやたらと擁護するという、「官・メディア・野党の腐敗のトライアングル」という構図が出来上がっています。

このような状況で、まさに安倍総理は脇の甘さを突かれたようなものです。メディアの盛り上がり方にもよりますが、少なくとも来年9月の「自民党総裁としての再々登板」という可能性は非常に低くなったと言えるかもしれません。

また、安倍総理だけでなく、菅義偉総理大臣を筆頭とする現職閣僚、与党の有力政治家も、この際、しっかりと脇を締め直す必要があるでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、個人的には本件が一段落したあとで、立憲民主党の議員あたりが似たような政治資金収支報告書の不実記載事件を発生させるという「ブーメラン」を予想したりしていますが、はて、どうなることやら。

読者コメント一覧

  1. 愛知県東部在住 より:

    以前も同様の事を書いたような記憶がありますが、この事案に関しては、公職選挙法に抵触するか否かの部分にカギがあるように思います。

    どういうことかというと、招待客の内に安倍元総理の選挙区の選挙民がいたのかということでしょう。その内訳を知る手立ては現在の私にはありませんので、ここからは単なる私の憶測となるという事でお願いします。

    ご存じでしょうが、安倍氏の選挙区は山口県第4区です。この「桜を見る会」の参加者にどれぐらいこの選挙区の人がいたかがポイントになるのかもしれません。ただ、先ほどWikiで調べたところ、この選挙区は安倍元総理1強の無風地帯でもあるとのこと、当たり前ですが父上である故安倍晋太郎氏以来ずっと安倍1強で続いている選挙区なのですから、態々選挙民を買収する必要などどこにも無いのです。

    一連の「桜を見る会」にどれだけの安倍氏の選挙区の選挙民が参加していたの特定するのは、検察にとってそれほど時間のかかる作業ではないと思われます。ですからここまで時間を掛けたというのは、何か他の理由があるのではないかと思えてならないのです。

    ただこうやって検察が動いたという事は、やはり選挙区の住民もいるにはいたのではないかと考えます。ただそれが買収に相当するかどうか、検察や野党、そしてメディアそれぞれで意見の分かれる部分でしょう。

    まずは金額、参加者は一人5千円は自分で自弁で参加しています。不足分を安倍事務所で肩代わりしていますが、これは当初からその意図があったものかどうかは不明です。新宿会計士様のご意見の如く、いざ会が始まったら予想していた以上に参加者が少なく、会計に穴が開いたのかもしれませんし、何らかの理由で連絡等に瑕疵が有り予算以上の費用がかかってしまったという事もあり得ます。

    その辺りの真相は今後の事情聴取で明らかになるでしょうが、先にも書いたとおり、安倍元総理に占拠で買収をしなければ合理的な理由など全くないのですから、始めから公職選挙法での立件などあり得ません。

    ただ、検察の動きには正直云ってよく分からない部分もあります。官邸サイドのリークと云われればそうなのかとも思えてきます。ただリークなしでもこの程度の事案の調査など、検察にとっては朝飯前ではないかという気もしてきます。

    これは希望的観測も含めての私なりの予想になるのですが、検察は今回の捜査に関しては新宿会計士様が述べておられるとおり、政治資金規正法違反程度で決着ではないかと思います。

    一応検察としても動くことは動いたのだぞというメンツは保てます。何もしなければ野党始めメディアも一層大騒ぎを続けることでしょう。つまりはガス抜きは年内で収束するというシナリオなのでは?と考えているところです。

    先ほどの理由で私には、安倍元総理に買収の意思など微塵もなかったと考えるものです。ただ新宿会計士様の仰られるとおり、たしかに脇の甘さは指摘されてしかるべきだとは思いますし、今回の騒動を奇貨として菅内閣には今一度褌を締め直して頂きたいところであります。。

    1. 愛知県東部在住 より:

      占拠で買収をしなければ合理的な理由 ×
      占拠で買収をしなければならない合理的な理由 ○

      失礼しました。

      1. 愛知県東部在住 より:

        占拠 ×
        選挙 ○

        再び失礼しました。

  2. だんな より:

    知ってた。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    安倍晋三総理総裁は安倍晋太郎父上様始め、大政治一家で7年8カ月総理大臣を務められました。まさかそんな方が、たかが一人当たり2千円や3千円の寄付をせずとも、選挙では圧勝です。だいたい桜を見に山口県から何人行ったんですか。

    安倍総理側が補填していたのなら選挙区内寄付を禁じた公選法に違反。どうやらこの辺を危惧する声が以前からあったのでしょう。脇が甘かったか。

    ま、正直言って全然大した金額では無いし、安倍総理が認識してないなら、秘書が罰金刑ぐらいでしょう。

    それより某元民主党代表は、東京大学卒のエリートで、親は一部上場企業オーナー、資産は腐るほど持ってます。本人は何故か通産省辞めて、最初は自民党から出てたと思います。初選挙の時に5億円〜6億円使ったと内部の方に聞きました。

    オヤジが持つ自社株でも売ったのかな(笑)。分かります誰か?ホラ、あのスーパーチェーンの方ですよ。従業員も総動員してタダで使い、あんなのは地検は追わないのかなあ。だいぶ前の話ですけど。

    聞いた話ですが、態度横柄でオヤジの会社でも、すこぶる評判が悪いそうです(笑)。さもありなん。

  4. カニ太郎 より:

    皆さんお久しぶりです。

    とうとう安倍さんの悪行が表面化してきましたね。
    しかしながら、こちらの主さまのように、未だに応援する人も多いようです。

    でも今の安倍さんをよく見てください、ひどい有り様じゃないですか、もうあなた方も自分に嘘をつくのはやめて、正気に戻ったらどうですか?

    安倍さんが国会でついてきた嘘はいったいいくつあると思っているのですか?もう数えきれないですよ、朝鮮人は呼吸をするように嘘をつくと言いますが、安倍さんはまさに朝鮮人のように嘘をつきます。

    彼の罪は、いったいなんだと思いますか?
    政治資金規正法ですか?
    公職選挙法ですか?
    国会虚偽答弁ですか?
    秘書に罪をなすりつけるゲスな行為ですか?
    そうじゃないでしょ。
    彼の罪は、彼の愚かさを見抜けなかった我々なんです。

    彼はただの愚かなピエロで、マザコンで、腹痛を言い訳に学校を休むズル賢い子供と一緒なんです。
    そんな人間に民主主義の大事な一票を授けた我々の罪なんです。

    なんで、あんな嘘つきな坊やを支持してたんでしょ?

    我々は、もっと自分の愚かさに気づかなくてはいけません。

    今の安倍さんを見てください。
    回りの側近は全員誰も彼を守ろうとしていません、彼は本当に人望がなかったんです。
    彼自信は、自分がどんなに愚かな嘘をつき続けても、きっと誰かが守ってくれたんでしょう。
    だから自分の危機にも気づかない。

    あんな「でくの坊」に総理大臣を7年半もやらせてたなんて、我々は総白痴だったんです。
    たぶん今立件されてる公設第一秘書の次は、安倍さん自身が立件されるでしょう。
    それもたった916万円ぽっちのはした金の政治資金規正法で。
    人物同様に金額もちっぽけなものです。
    何てちんけな政治家だったんでしょう。

    安倍さんが失脚したら、私はもっとせいせいするかと思っていました。
    でも、いざ逮捕されそうになってみると、正直もうどうでもよくなってきましたよ。

    あんな汚ならしい政治家の事は早く忘れたいというのが本音です。
    だから、そんな安倍さんという政治家をヨイショしている、こんなサイトや住民にも気づいてほしいんです。

    それでは皆さんごきげんよう。

    1. 迷王星 より:

      カニ太郎殿

      >彼の罪は、彼の愚かさを見抜けなかった我々なんです。

      コメント欄への御投稿は意味の通るちゃんとした日本語を書けるようになってからになさることを老婆心ながら御忠告申し上げます。

      1. カニ太郎 より:

        そうですね、訳がわからない文章になってまった事お詫び申し上げます。

        ではあらためてカニ太郎の意見を書きたいと思います。

        私がここにコメントし出してもう2年以上になります。
        その間、私も主さまも他の常連さん達も、昔は総じて安倍応援団でした。
        実は私はその頃が懐かしい(笑)。

        それが、1年ぐらい前でしょうか、まずは私が安倍政権のフッ化水素再輸出の時点で、安倍さんに不信感を抱きはじめ、ここに決別宣言をいたしました。

        その時、私はここのコメントに安倍さんは信用できないので我々は騙されている可能性がある、各人其々が自分の判断で安倍さんに別れを告げるときを決めるべきだとコメントしました。

        そして、昨日、このサイトを久々に覗いてみたら、随分と常連さんが消えていました。
        コメント数もかなり減少しており、昔は100を越えるコメント数もちらほら見られていたものですが、どうやら最近では30前後が平均のようです。

        どうやら私が心配するまでもなく、賢明な常連さん達は、各々の判断で此方のサイトと距離を取るようになってきたように見受けられ、多少は安心しております。

        Yahoo掲示板を見ればわかるように、最近では安倍さんの記事が出ても、安倍さんに否定的なコメントが、安倍応援団のコメントの10倍近くの「いいね」を集めてる状況で、おそらく大きな地殻変動のごとき支持層の変化が見られる状況です。

        この調子ならば、東京地検が安倍さん本人を立件するのも十分有り得る話で、事件の推移次第では下関の選挙区も次回は林さんに取られ、議員辞職するんじゃないかとすら思われます。

        ところで、肝心の私の前回の意味不明のコメントに対する解説ですが、私が言いたかったのは、ここへきて安倍さんが桜を見る会に関して、国会で何百回と「収支はなかった」「安倍事務所は無関係」「補填はしてない」と虚偽の答弁を繰り返してきた。
        にもかかわらず、我々は「桜ばかりやるな」「他にやることがあるだろ」「また桜かよ」と安倍さんを擁護する発言を繰り返してきた。そんな私たちにこそ本当の罪はあるのではないか?
        というようなことを言いたかったのです。
        特にここのサイト主さまには、心からの反省を促したい。

        1. 愛知県東部在住 より:

          カニ太郎 殿

          コメントを読ませて頂きました。

          あなたが、選挙というのは正義の人に票を投じる事ではなく、よりマシなゴミ(人物)に票を投じる事である、という当サイトの主宰者である新宿会計士氏の主張を、おそらくはご理解されていないことだけは十分伝わりました。

          あなたのコメントを読んで、昔読んだある本を思い出しました。「茶の間の正義」という本です。

          私はあなたと言い争いをするつもりはありません。それは全く不毛なことだと思うからです。私が何を云わんとするのかは、この本の書名から推し量って頂きたいと思います。

          1. カニ太郎 より:

            「茶の間の正義」を持ち出して、安倍さんの行動に大義を見いだそうとするのは、著者山本夏彦さんに対して失礼ですよ。

            山本翁の言いたかったことは、物事は、全て白黒付けられるものではない「中庸」の心が大切だということです。

            安倍さんの国会での130回以上に及ぶ虚偽答弁は「中庸」を越えていると思いませんか?
            まさに「極端」な自分は嘘をついても捕まらないという「奢り」そのものではなかったのではないでしょうか。

            政治家たるもの、清廉潔白では仕事は成し遂げられません。
            生涯に数回の虚偽答弁は致し方ないのでしょう。
            しかしながら、それはやむにやまれぬ大義があって許されるものです。
            安倍さんの虚偽答弁にどこに、そのような大義があったのでしょうか?
            もし思い当たるものがあるのならば教えていただきたい。
            私には全ての安倍さんの虚偽答弁が「自己保身」、「奢り」、「横着」、「傲慢」、「怠惰」、の感情から発せられた矮小なものにしか見えません。

            山本夏彦翁の「茶の間の正義」を持ち出すのならば、安倍さんが7年間も宴会費の補填をし続けて、916万円の政治資金収支報告書への記述義務を無視し、さらに領収書はないと国会で嘘をつき、明細書も発行されてないと嘘をつき、招待客リストをシュレッダーにかける行動の、いったいどこに、彼がそうせねばならなかった大きな大義があったのか、ということを言葉で示していただきたい。

            安倍さんのとった行動は、かつての大政治家がとった疑獄事件における汚職などと比べることはできないほど矮小ではないのですか?

            安部さんの心に占めていた感情は「自己保身」「怠惰」「奢り」「傲慢」以外のなにものでもなかったのではないでしょうか。

            彼の行動の意味が日本のためという事で説明がつくのならば、ちゃんと聞きますのでここでしっかり示していただきたい。

          2. 愛知県東部在住 より:

            『茶の間の正義』山本夏彦著

            本の内容については私などが賢しらにあれこれ云うよりも、AMAZONのレビューで的確に書評されている方のモノをご紹介した方がよさそうです。

            ご興味のある方は覗いていてみて下さい。

            下記URLにある浜田山さんという方のレビューです。

            https://www.amazon.co.jp/%E8%8C%B6%E3%81%AE%E9%96%93%E3%81%AE%E6%AD%A3%E7%BE%A9-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E5%A4%8F%E5%BD%A6/product-reviews/4122042488/ref=cm_cr_getr_d_paging_btm_next_2?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&pageNumber=2

        2. 匿名 より:

          アベガー!

          1. カニ太郎 より:

            空気の読めない人ですね、「アベガー」が通用したのは、安倍さんの第一公設秘書が立件されていない場合のみですよ、公設第一秘書と言えば金庫番bで大番頭です、そんな会計担当者が罪を犯したことが立件されれば、日本国民全体が「アベガー」と言うことは「当たり前」ですよ。

        3. WLT より:

          2年以上ですか・・・
          それだけ長い間覗きながら、このブログと
          ブログ主さんの考えを何一つ理解できなかったという事ですね。

          まぁ他人の主張を安倍擁護(or安倍応援団)かそれ以外か
          という単純思考で受け取る悪い癖を今だに止められないんだから
          理解できなくて当然といえば当然でしょうけども。

          しかし、こういう方々には毎回思うのですが
          なぜ桜ばかりやっている事を批判すると安倍擁護になるのか
          私には全く理解できないんですよねぇ。
          不祥事関係は正直、国会でしか扱えない事ではなく
          国会で長々やらずとも検察やメディアの追及に任せられるものなので
          国会でしかできない事にもっと時間を使って欲しいし
          それを踏まえて、せめて時間配分と優先順位を
          もっと本気で考えてくれという意味での批判なんですけど
          何でそれがイコール擁護になるんでしょうか。

          もちろん、不祥事や疑惑がなければ圧迫される事はないというのは原則論としてわかりますが
          それを大義名分に国会でなくてもできる事を延々追求して時間を使いすぎるのは我々国民と国益のためになるのか
          という視点で考えるとまったくなってないですからね?

          私はこのやりとりを「古い国会と政治の悪しきモデル」だと思っていますので
          今後どの党が与党側になってもやめて欲しいんですよ。
          ただそれだけなんです。

          ストローマンやチェリーピッキングやレッドへリング等の詭弁を使って
          自己主張の正当性を補強しているつもりなんでしょうけど
          あなた方が主催するセイジゲームごっこに付き合うつもりは毛頭ありませんし
          勝手に巻き込むのは止めていただきたいですね。

          一人で好きなだけ罪とやらを背負って反省しといてください。

          1. カニ太郎 より:

            まあ何を言われようが消えた常連さんの数が半端ない。
            このサイトに対する評価が具現化してることは誰の目にも明らかでしょう。
            サイト主さまには、大きく減ってるであろうPV数を謙虚に受け止め、自らの運動にピリオドを打つか、大きく主旨がえするいい機会だと思います。

            それでは(笑)

          2. WLT より:

            なんというか、具現化というには
            えらくミクロな視点での判断ですね(苦笑)
            言葉とのつながりから察するに、ロジックというか
            あなたの頭の中のストーリーとしては
            こうなっているで合っていますか?

            ・このサイト運営は常連で成り立っている(はずだ)
            ・昨今は常連の書き込み数が減った
            ・つまり常連はもうアクセスしていない(はずだ)
            ・だから全体のアクセス数も大きく減っている(に違いない)
            ・そのためサイトの運営も今は成り立っていない(に違いない)

            もし合っているのなら、最初の前提が本当に正しいかを
            もう一度考え直すか、サイトが自分好みへ都合良く変わってくれる事に期待なんかせず
            清くココをおさらばして、他の心地よい場所へ行かれた方が
            良いかと思いますよ。

    2. 簿記3級 より:

      たまに街中を走っている、右翼の街宣車を思い出しました。お気持ちだけ頂いておきます。勝手にカニさんが安倍総理に期待して及第点に達しなかったので怒っているという印象です、悪夢の様な民主党時代と総理交代劇を想い比較すれば、安倍総理に後頭部を殴られた感はありませんので共感はしませんでした。安倍総理の評価は後世の歴史家と教科書に任せましょう。

    3. 匿名 より:

      元・歯医者さんの方で相手にされていないからと言ってまた戻ってきたのかww
      誰にも相手にされなくて哀れですね

      1. 匿名 より:

        しっ!相手にしない!

        1. 引っ掛かったオタク より:

          カレーにする~?

          1. 某都民 より:

            ま、ご自身が如何に井の中の蛙か分かっていないという事を自ら実証してるに過ぎませんので。

            サイト運営が如何に労力を要するかわからないにも関わらず、言いたい事だけは言うに過ぎない程度の方。

            正に相手にするだけ時間の無駄ですよ。

  5. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     安倍前総理の人気凄いな。此処でもアベガー!が湧くのだから。ニクい人ってヤツか。

     秘書がやらかしましたは与野党問わず珍しくないけど、桜を見る会の予算同様、ちゃんとしてくれるに越した事は無いですね。
     でもやっぱりこんな小事より、経済や外交等の大事をキチンとして欲しい。寒くなって武漢肺炎もインフルとコンビで頑張るかも知れないし。日本国民多数派の利益の為に動く政治家がもっと増えて欲しいです。

  6. ad より:

    リーク乞食しないと記事一つ書けないんですなあ・・・
    ネタさえあれば朝から晩まで騒ぎたい話題でしょうに
    取材なんて言葉がもはや死語になりそう

  7. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、NHKと違って自分は間違う存在であると自覚しているので)
     もはや、ファクトより『感情的に許せない』になっているのではないでしょうか。そして、もっとも『腹の虫がおさまらない』のは、NHK改革に反対しているNHKで、『安倍総理を引責辞任』に追い込められなかった朝日新聞ではないでしょうか。(ここで、他の話につながってくるのです)
     蛇足ですが、新型コロナで収益が落ちてきて、オモシロクナイ日本マスゴミ村としては、ケシカラン罪で安倍前総理を逮捕したいのでしょう。(ロス疑惑で、ひたすら、「三浦元社長を逮捕しろ」と騒いでいたことを思いだします)
     駄文にて失礼しました。

    1. ちょろんぼ より:

      いつもお世話になっております。

       ファクトより「感情的に許せない」人達を、私は「お気持ち症候群」患者と呼んでおります。
      これはどこにでも現れ、俺(私)の気持ちをどうしてくれるんだとわめきちらす症状を
      有しております。 前にSNSで話題になった「パンスト問題」も、同じ症候群の現れですし、又、違った方向で現れるのが、路上等で見かける「自粛警察」なるものです。
       でも、この人達って党員系かあっち系の人達と被って見えるのは、私の目が曇っている
      為です。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。