野党が与党に対抗するためには「解党的出直し」が早い

毎日新聞に昨日、「与党に対抗するために野党は何をすればよい?」という記事が掲載されているようです。以前から当ウェブサイトでは、立憲民主党などの特定野党をラーメン屋にたとえるならば、「自民ラーメン店よりもさらにマズくて高く、かつ不衛生なラーメン屋」のようなものだと申し上げて来ました。そんなラーメン屋に、客が入るわけがありません。そんな簡単なことが、なぜわからないのでしょうか。

民主党、民進党、立憲民主党…

最近の政治は、私たち一般国民からすれば非常にわかり辛くなってしまっているフシがありますが、その最大の責任は、野党勢力にあります。というのもここ数年の集合離散で、気が付いたら数年前に「民主党」と呼ばれていた政党などが、「立憲民主党」や「国民民主党」などに名を変えているからです。

「など」と付けているのは、厳密に分解していくと、旧「みんなの党」の一部が旧「維新の党」などを通じて民進党に合流していたりするためであり、現在の立憲民主党や国民民主党の構成員の全員が民主党出身者であるとは限らないからです。

ただし、あくまでも両党の主力メンバーは、2009年に政権を奪取した、あの民主党の出身者であるため、当ウェブサイトとしては、事実上、「民主党」→「民進党」→「立憲民主党・国民民主党」、という流れにあると考えている次第です。

(※もっとも、民進党から国民民主党のあいだに、小池百合子・東京都知事などが関与する「希望の党」などの政党も存在していたのですが、あまりにも細かくなり過ぎるので、ここでは割愛しています。)

しかも、非常に困ったことに、立憲民主党を中心とする野党勢力は、「民主党の後継者」としての立場と、「民主党ではない新しい政党」としての立場を、都合に応じて使い分けているフシもありますが、これはなかなか興味深い点です。

たとえば、2009年からの3年3ヵ月の民主党政権については、参議院自由民主党が2012年8月付で『民主党政権の検証-迷走の3年を総括-』という資料にまとめていますが、民進党、立憲民主党、国民民主党は、これに相当する総括的な反省を行ったという形跡がありません。

もちろん、上記『民主党政権の検証-迷走の3年を総括-』は、民主党のライバル政党である自民党が取りまとめたものであるとうい時点で、その執筆者の中立性には疑問が生じ得るものです。だからこそ、本来ならば当事者による総括的な検証が必要なのだと思うのですが…。

反省しない立憲民主党、スキャンダルが大好き

いずれにせよ、当ウェブサイトとしては、2012年12月に発足した安倍晋三政権や、安倍総理の辞任にともない先月発足した菅義偉政権について、盲目的に支持するというつもりはないのですが、さすがに旧民主党の「残党」のみなさんが、旧民主党政権について反省も総括もしていないのはいただけません。

それどころか、民進党は2017年ごろ、「もりかけ問題(※)」については舌鋒鋭く批判し、追及するわりに、党代表者である村田参議院議員の二重国籍疑惑をいっさい説明せずに逃げまどい、結果的に同年10月の衆院選では敵前逃亡・瓦解を余儀なくされました。

※「もりかけ問題」とは、「安倍晋三氏が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的な友人が経営する学校法人に何らかの便宜を供与していた」疑いのこと。

実際、この「もりかけ問題」自体、舌鋒鋭く追及していたのは、当時の民進党を含めた特定野党に加え、「ATM」などと俗称される特定メディアが中心だったのですが、これを追及する側は、そもそも安倍総理が「怪しい」とする根拠どころか、いかなる法律に照らして何が問題なのかすら提示しようとしませんでした。

また、たしかに2017年7月頃の主要メディアの世論調査では、安倍政権に対する支持率は軒並み下落したのですが、そのわずか3ヵ月後に実施された衆議院議員総選挙ではむしろ自民党が快勝し、衆院の民進党は立憲民主党と希望の党に分裂する始末でした。

さらには、その後も立憲民主党などの「追及国会」という姿勢は変わらず、「桜を見る会」疑惑で国会審議を潰したり、法的根拠もない「野党合同ヒアリング大会」(『野党ヒアリングこそ「過労死ライン残業」の原因では?』等参照)などのパフォーマンスに明け暮れたりしています。

その結果でしょうか、「あの朝日新聞」の世論調査ですら、安倍政権を「評価する」と答えた人の割合が7割を超え、あわせて質問された政党支持率についても、立憲民主党は3%に過ぎませんでした(※自民党は40%。ただし、支持率調査は国民民主党との合流前の時点で実施されたもの)。

安倍政権を「評価する」が71% 朝日新聞世論調査

―――2020年9月3日 22時30分付 朝日新聞デジタル日本語版より

「9月15日に立憲民主党は生まれ変わりました」

しかも、話をややこしくしているのは、現在の立憲民主党と国民民主党は、どちらも今年9月15日に発足した政党である、という事実です。

これには多くの人が「?」となるかもしれませんが、一生懸命調べてみたところ、どうやらそのからくりは、次のとおりではないかと思われます(※ただし、情報源により若干、情報が錯綜しています)。

  • 9月11日:立憲民主党が両院議員総会で14日付での解党を承認。国民民主党も党大会で、11日付での解党と(新)「国民民主党」、「民主党」(※)の両党の分党を承認
  • 9月14日:立憲民主党が解党される
  • 9月15日:(旧)立憲民主党の大部分の議員に加え、「民主党」(※)の大部分の議員が合流する形で(新)「立憲民主党」が設立される

ちなみに9月15日付で(新)「立憲民主党」に合流した「民主党」は、9月11日付で(旧)「国民民主党」から分裂した政党のことであり、手続上、わずか数日のみ存在したようなのです。

つまり、現在の「立憲民主党」と「国民民主党」は、ほんの数ヵ月前の「立憲民主党」、「国民民主党」とは同じ名前でも別の政党だ、というわけですね。短い期間に政党を作ったり解体したりして、なんだかよくわかりません。

高くて不衛生なラーメンは要りません

さて、普段から当ウェブサイトで報告していますが、特定野党、とりわけ立憲民主党のおかしなところは、自分の政党の政策をきちんと示していないわりに、対立政党(とくに自民党)の揚げ足取りをしたり、悪口を言ったりしているだけである、という点にあります。

この点、ラーメン屋にたとえてみればよくわかります。ラーメン屋の本業は、美味しいラーメンを提供することにあるはずであり、「隣のラーメン屋の悪口ばかり宣伝するラーメン屋」が繁盛するわけはないからです(『立憲民主党:他店の悪口でラーメン屋は繁盛するのか?』等参照)。

もちろん、自民党をラーメン屋にたとえるならば、「マズくて値段も高い」、という批判もあるかもしれません。しかし、仮に自民党が「マズくて高いラーメン屋」だったとすれば、さしずめ憲民主党は「自民ラーメン店よりもさらにマズくて高く、かつ不衛生なラーメン屋」、といったところでしょう。

そもそも政党が存在する目的は、「本業」である政策立案、法律策定などを通じ、私たち有権者の役に立つことにあります。「もりかけ問題」「桜を見る会」などのスキャンダルを追及することにあるわけではありません。

正直、今日の政治に対する幻滅を招いている犯人は、自民党ではなく、どうしようもなく能力が低い立憲民主党をはじめとする特定野党であり、そうした特定野党をきちんと批判的に報じないオールドメディア(とくに特定の新聞社、特定のテレビ局)の面々であることは間違いないでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

こうしたなか、毎日新聞のウェブ版に昨日、こんな記事が出ていました。

<ご意見募集>与党に対抗するために野党は何をすればよい?/菅原琢・政治学者

安倍晋三前首相の突然の辞任と菅内閣の発足という慌ただしい政治状況の中ですっかりかすんでしまいましたが、旧立憲民主党と旧国民民主党による合流新党「立憲民主党」が誕生し、かつての民主党のような与党・自民党に対抗する大きな野党が生まれました。この動きが、政権に批判的な人々から一定の評価と期待を集めていることは間違いないでしょう。<<…続きを読む>>
―――2020年10月8日付 毎日新聞デジタル日本語版より

そんなこと、意見募集しなきゃわからないのですか?

その前に、毎日新聞の記事では、合流新党「立憲民主党」は「かつての民主党のような与党・自民党に対抗する大きな野党」だと決めつけているのですが、その事実認定自体、正しいのでしょうか。

正直、菅義偉内閣総理大臣が、いますぐ衆院の解散総選挙を決断したとしたら、立憲民主党は「自民党に対抗する」どころか、少なくとも現有勢力の維持もままならないかもしれません。

その理由は簡単で、前回の衆院選以降、立憲民主党に対する支持率はジリジリと下がり続けているからであり、また、立憲民主党などの特定野党を全力で守ってくれていたマスメディア(とくに新聞とテレビ)の社会的影響力が、よりいっそう低下しているからです。

毎日新聞の記事を、「売れないラーメン屋が売れるようになるためには、何が必要か」と読み替えると、その答えはひとつしかありません。それは、「お客さんに美味しいと思ってもらえるようなラーメンを研究し、開発すること」です。

立憲民主党にもまったく同じことが言えます。

まずは日本経済を具体的にどうやって再生したいのか、日本の安全をどうやって確保するつもりなのか、それに関して明確なビジョンを示してみてください。そして、国会における無意味なスキャンダル追及、法的根拠のない野党合同ヒアリング大会をどうにかしてみてください。

いちおう、それだけは申し上げておきたいと思います。いや、それをやるためには、現在の立憲民主党が少しずつ変わるというよりも、それこそいっそのこと、「解党的出直し」を図った方が早いのかもしれませんが…。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    そんなこと、意見募集しなきゃわからないのですか?
    でお終い。
    国民を馬鹿にするな。
    以下、新宿会計士さんと同じ意見です。

  2. 阿野煮鱒 より:

    > 国会における無意味なスキャンダル追及、法的根拠のない野党合同ヒアリング大会をどうにかしてみてください。

    これだと、「まだ足りませんか? より一層頑張ります」になります。自分で考えさせては駄目です。「やめてください」とハッキリ言わないと伝わりません。

    あの手の連中に「胸に手を当ててよく考えて見ろ」的な言い方は全く通用しないことを、胸に手を当ててどうにかしてください。w

    1. 匿名 より:

      こいつウッゼ

      1. だんな より:

        審議ですね。

  3. 門外漢 より:

    バカめ、と言ってやれ。

  4. 一見客 より:

    一般の美味いラーメンが店主にとって不味いラーメンなわけで…
    味を変えずに客に来てほしいのでしょう
    また、衛生的な店は店主にとって居心地が悪いわけで…
    不衛生な店のままでいたいのでしょう
    こんな店、誰も行かないですよ
    店主としても、できることは他店の足を引っ張ることだけです

    1. 阿野煮鱒 より:

      その通りですね。
      尾籠な比喩で恐縮ですが、ハエがうんこにたかるのは好きでやっているのですから、人間に愛されるためにはうんこにたからない方がいいよと忠告したって無駄ですよね。ハエが生きていくためには欠かせない行為です。

  5. たけ より:

    極右になって自民の中韓への弱腰や二階の妄言を批判すれば民意を得られますよ。
    簡単な事なのになんでやらないのかねー。

    1. 匿名 より:

      そりゃー
      中韓に取り込まれてますから、無理筋でしょう(笑)

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「与党に対抗する為、野党は何をすれば良いですか?」
    知らんがな。こんな事をよく紙面に載せるな〜と言った言葉しか出ません。

    更に「(野党が一つにまとまって)政権に批判的な人々から一定の評価と期待を集めていることは間違いないでしょう」というなら、毎日新聞さんと記事を書いた人、貴社らの方で政策を提言してみて下さい。いつも諍いや有らぬ嘘を煽るだけのロートルメディアには期待しませんが(嘲笑)。

  7. より:

    おそらく、毎日新聞は本当に真剣に本気で理解できないのだと思いますよ。これほど全力で応援し、自民党を叩き続けているにも拘らず、なぜ立憲民主党の支持率がちっとも上がらないのかというこの現実が。
    結局のところ、国民世論を先導しているつもりでいい気になっていたのに、実は何周も遅れていたことに未だ気が付いてないというだけのことなんですが、戸惑いを表明してるだけ、毎日新聞はまだ正直なのかもしれません。朝日新聞に至っては、「国民がバカだから、我々はますます頑張って愚民どもを導いてやらねば」という謎の使命感に満ちているようなので。

    何時の日か、日本の野党勢力が絶望的に無能なのは、メディアが甘やかし続けたせいだという簡単な真実に、メディア自身が気づくと良いんだけどなぁ。56億7千万年以内に、そんな日が来ることを期待します。

    1. 阿野煮鱒 より:

      光瀬龍先生ですか。萩尾望都先生のハードカバー全1巻を持っております。まあ、毎日君はあの作品世界におけるナザレのイエスにすらなれないでしょう。

      1. より:

        「暗黒神話」だったりして(^.^)
        あの馬頭観音像の周りで飛び跳ねてる餓鬼たちは、メディアの姿そのものかもしれません。

        なお、萩尾望都さんについては、富士山より高く、日本海溝より深い思い入れがあるので、ここでは止めておきます。

    2. だんな より:

      龍さま
      「結局のところ、国民世論を先導しているつもりでいい気になっていたのに、実は何周も遅れていたことに未だ気が付いてないというだけのこと」
      良い説明だと思います。
      理解出来ないのは、イデオロギー馬鹿、馬鹿の壁?
      私は、もう工作員でくくっちゃってるけど。

  8. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、立憲民主党と違って自分は間違う存在であると自覚しているので)
     (個人的見解ですが)そもそも、『解党的出直し』というものは、解党の危険を冒しても、(普通の方法では出来ない)問題を取り除くために行うものです。そのため、重要なのは、『解党的出直し』をすることではなく、何を残すかを決めて、それ以外は全て捨てることです。
     しかし、(立憲民主党だけとは限りませんが)人は自分が今まで行ってきたことを否定されたくありません。
    そのため、『解党的出直し』をやったことだけで満足して、実際には前と同じことを続けたいのです。
     駄文にて失礼しました。

    1. より:

      実際に行ったのが「解凍的出直し」だったからではないでしょうか。
      せめて「怪盗的出直し」だったらもう少しマシになったかもしれませんし、「回頭的出直し」ならばもっと良かったでしょう。
      ああ、「快投的出直し」だったら優勝も夢じゃなかったかも。

      1. もろこし茶 より:

        不覚にも笑ってしまいました。
        今の野党として機能していない野党には、そんなもので充分かと。

      2. 名古屋の住人 より:

        そうですね。
        <ご意見募集>に「回答」して「出直した」つもりだったのに、世間には「まるで回答になっていない!!」と一顧だにされなかったことの理由がまったく理解できないのでしょうね(棒)。

  9. ミディアムユーザ より:

    日本では、マスコミが野党の役割をはたしていますから、野党は必要ありません。というのが今日の私の答えです。(少し前まで毎日新聞の読者でした)
    ちょっと真剣な話、選挙の時により悪くない候補者を選ぶことができないフラストレーションを感じます。自民党の候補か絶対選びたくない候補かの2者選択になってしまうのです。小選挙区制になった時に期待感を感じた記憶がありますが、今は選択ができる中選挙区に戻って欲しいなと思います。
    自民党以外の候補者へも投票してみたい。中選挙区と国会議員の定数削減を同時にしてくれないかなあ。

    1. HNわすれた より:

      ミディアムユーザ様
      ボクの思ってること、そのまんまです。1CMも短くなく、1CMも長くないです。

  10. HNわすれた より:

    早く「影の財務大臣」だの「影の外務大臣」だのを任命して、経済では何をするのか、外交では何をするのか、とビジョンを掲げていただきたいですね。現政権のやってること、或いはちょっとの不手際を上げつろうばかりの政党や政治家は不要です。時間と経費と人生の無駄です。いったい何をしたいのか、野党からは何も見えてきません。その点、ルーピー鳩山は多少ともそのビジョンが見えてました。まあ、日本人をやめましょう、というようなビジョンでしたけど。

    1. type d より:

      HNわすれた様

      ビジョンというより、ピジョンですが。w

      1. カズ より:

        習近平(シー・チンピン)助太刀人
        略して、平助人(ピジョット?)

        ムリ? クルシイカナ・・。

  11. あんばさ より:

    >それこそいっそのこと、「解党的出直し」を図った方が早いのかもしれませんが…。

    「霊的に生まれ変われ」と同義ですね

  12. 自転車の修理ばかりしている より:

    >「与党に対抗するために野党は何をすればよい?」

    党紀綱領に、以下の文を入れ、厳密に守ること
    ・ひとのはなしをよくきく
    ・ひとのわるくちをいわない
    ・うそをつかない
    ・できることをやる、できることをおねがいする
    ・「きまりをまもれ」というならじぶんもきまりをまもる
    ・「だれがいっているか」じゃなく「なにをいっているか」で〇か×かかんがえる
    ・さぼらない

    でっきる~かな、でっきる~かなで、はてはてふむ~

    1. より:

      彼らはすでにやっているつもりなのです。にもかかわらず、ちっとも支持率が伸びないので、こう歌うしかないのです。
      ♪なんでだろお~なんでだろお~なんでだなんでだなんでだろお~お~

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        う~ん やとうの みなさんには すこし むずかしい おはなし だったかな。
        りゅうさまに やってるつもりで やってないと いわれているよ きをつけようね

        野党及びマスコミの皆様は、自己を客体視するために一度幽体離脱してみることをお勧めします。高所から自らを省みて、解脱した心境から反省してみてください。得心することがあれば、現生に復帰した時それを社会のために生かしましょう。現生に復帰できなかったら、それも社会のためになるので結果オーライです。

  13. たい より:

    自民党がまずいラーメン屋としたら、野党はラヌン屋かラー×ン屋です。出すものはラーメンではない。何か似て非なるものです。

    1. より:

      > 何か似て非なるものです
      似て非なるものですらないような。喩えるならば、ラーメンだと言い張ってところてんを出しているような感じ。おまけに、たれは酢醤油ではなく、100%バルサミコ酢だったりして……

      1. とある東京都民 より:

        イエイエ・・・。
        まだ、食えるモノであるウチはマジでマシジャロオ!!

        ソヤツラのは、形と見た目が、ラーメンなだけのウ○コの山盛りナンじゃないか?

        1. 名古屋の住人 より:

          この「ラー×ン・政治屋」のイチオシはこちら!!

          <ランチ限定「恭喜發財」セットメニュー 888円>
          ・大陸直輸入の「地溝油」を使った濃厚なスープのラーメン
          ・河○省食品輸出入集団天★食品廠特製-劇薬でスパイスを利かせた冷凍餃子
          ・北○鮮オリジナルの無慈悲なチャーハン

          ランチメニューとしてとってもお得でお値打ちな888円!!
          雑談専用掲示板のトップを飾る「本日のお昼」にいかがですか~?!

          余談ですが、中国語の「八(Ba)」は「発(Fa)」の発音に近く、888が三つ並ぶのは「発発発(財)」と大儲けができる縁起の良い数字と言われています。

  14. 七味 より:

    悪名は無名に勝るといいます♪

    賛同者を集めて、関係者と調整して、反対者を説得して、そうやって政策をまとめて、実現するみたいな地道な活動には光が当たらないのです♪
    そんなことするよりも、合同ヒアリングをすると言えばマスコミが集まって報道してくれる♪そこで格好良くお役人を言いまかせば喝采が降ってくる♪名前が売れる♪そしたら票が集まって次も当選できる♪

    あたしには、そんな捻くれた見方しかできないのです♪

    疑惑の追求も良いけど、そんな疑惑が起こらないようにするための議論って、過分にして聞かないのです♪

    あたしは、政治家は法律を作る立場にある以上、法に反しなければ何をしても良いとは思わないのです♪

    ある行為が今は禁止されてなくても、それは不味いというなら、禁止するための法律を作れば良いのです♪

    だからモリカケの追求も最初からやるべきじゃないとは思わないのです♪

    ただ、立法につなげる気もなく、倒閣運動・・・というか、実際には政権を取る気概もなさそうだから国会中継を使った単なる売名のためかな?・・・に、延々とやるのは良くないと思うのです♪

    かなり偏見が入ってる自覚はあるけど、野党の行動って、そんな感じに見えるのです♪
    多分、野党の中にも、小さくても大切な政策の実現に頑張ってる人もいるんだろうとは思うけど、集団としては、そんな風に見えるのです♪

  15. 七味 より:

    「与党に対抗するために野党は何をすればよい?」というお題に、戯言をひとつなのです♪

    野党(立憲民主党)の議員がすべて辞職して政界から引退すればいいんじゃないでしょうか?
    補欠選挙で当選した全く関係のない人が新たな野党となった方が与党に対抗できると思うのです♪

    1. 老害 より:

      七味 さま

      賛成です。
      いくら包装紙を替えても、中身が不人気の商品のままであることがバレバレです。
      だれも買う気が起きません。
      別の人たちに任せるしか、野盗さんたちの再生の道はないように思います。

  16. カズ より:

    >「与党に対抗するために野党は何をすればよい?」

    党内構成員の整理・整頓

    ①整理→不要なモノを処分すること
    処分のコツ→使うかも知れないモノは要らないものと判断(たぶん使わないから)
    ②整頓→使い勝手よく整えること
    そのコツ→緊急度マトリクスを用いて人員刷新順位を判断(賞味期限の徹底管理)

    *まずは、トップが支持率低迷の引責を果たすところから・・。

  17. めたぼーん より:

    立憲民主党のアンケートはチャンスかもしれません。改めて能力や考え方を探るのに。まともな提言しても採用される見込みは無いですけど。今の野党は韓国よろしく不労所得と趣味の足引っ張りしかしませんので。

  18. イーシャ より:

    毎日新聞にマジレスすれば切りがないですが、
    日本生まれ日本育ちの純粋な日本人のためになる政策を提言、実現することですね。
    ○○市民やザパニーズ寄りではダメ。
    >高くて不衛生なラーメンは要りません
    半島臭や大陸臭がする不衛生なラーメンなんて要りません

  19. ケロお より:

    まずね、人材がいない。人としてダメなんですよ(全否定)。半世紀生きてきて、自国をどういうふうにしたいという信念がない時点で、政治家として何一つ期待できない。お得意の中韓への利敵行為ですら信念持ってやってると言うより、目先の利益や自己保身が透けて見えます。国益とか国是とか真剣に考えたことないんでしょうね。
    さらに、既存権力層が全て悪で、自分たちは正義の活動家気取りで、自分たちが権力を持てば全てうまくいくという幼稚な妄想の中から、現実問題に口出しするから支離滅裂になる。もう来世に賭けるしかないですよ、人としてダメなんですよ(大事なことなので2度言いました)。

    本質的に、まずいラーメンが腐ったとかそういうレベルではないのです。ラーメンかどうかでいうとラーメンとは言えないし、そもそも食用不可以前に食べ物でないというレベル。悪臭の漂う麺状で液体に浸かった物体とでもいうんですかね。そういう物体を制作する店舗はラーメン屋とは言えないですよね。店を畳んで再出発とかそういうレベルではないのです。新宿会計士さんはあの人達に過剰な修辞で持ち上げるのはやめるべきです。
    「人としてダメ」その一言で済むレベルです。ああいうゴミに投票する有権者さんがいかに愚かなことをしているか、なぜ老人は簡単な詐欺に騙されるのかというところが問題であって、ゴミに注目するのは無駄です。ゴミに期待してしまう病理に注目するべきです。

    1. 阿野煮鱒 より:

      新宿会計士様は人として優しいのです。南北朝鮮が平和裏に統一したら「日本は喜んで統一費用を負担する」とか言っちゃうくらい。

      あくまでも推測ですが、新宿会計士様は、人間を性善説で見ている方なのだと思います。若くして辛酸をなめ、独立して成功を収めた方なので、人間は努力すれば変われるし報われるという信念をお持ちなのかもしれません。

      私なんざ、粉骨砕身で働いていたのに、社内政治・社内営業を怠ったためリストラされ、すっかりやさぐれてしまいました。立場の維持を怠ったのですから仕方ありませんが、人間不信を学習しました。辛酸を舐めても、その後の方向が逆です。

      日本のような安定した社会では、建設的・肯定的な生き方をしている人が尊敬され成功することが多いと思います。それにも関わらず、パヨチン方面には、どうしようもない人間が集結し、彼らが一定の権力と社会的影響力を持っているという現実が、私をダークサイドへ導きます。

      新宿会計士様のような無垢な魂は私を救済します。実際、このサイトを知ってから、心の奥にしまっていた情熱を自分で再発見しました。シスと戦うのは、私のようなやさぐれジジイの役割なのでしょう。あ、物理的テロはしませんよ。しかし議論の成立しない人々との戦いですから、何らかの社会的・経済的ダメージを企図しないといけません。ずっと考え続けていますが、実施可能なアイデアは未だできていません。

      1. >社内政治・社内営業を怠ったため

        「技術者の地位が低い」とのお題に付けたいところですが、まさにコレでしょう、と門外漢の私が勝手に言ってみます。
        (モノやモノの仕組みに対する関心は怠らないのに、こっちは怠ってしまう)

        1. 阿野煮鱒 より:

          社内政治・社内営業を熱心にやっていると、開発スケジュールが遅れるのです。業務怠慢で罰せられるか、営業怠慢で排除されるか、究極の選択です。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。