韓国人候補者がWTO事務局長選の最終ラウンド進出へ

以前の『WTO事務局長選、韓国人候補が「日本の支持を期待」』などでも報告しましたが、世界貿易機関(WTO)は現在、ペプシコのの副社長に就任するために8月末で辞任したロベルト・アゼベド前事務局長の後任者選びを実施しています。こうしたなか、一部報道によれば、韓国政府・産業通商資源部の兪明希通商交渉本部長がケニア人の女性候補とともに、WTO事務局長選最終ラウンドに勝ち残ったそうです。

WTO事務局長選

日本が昨年7月に韓国に対する輸出管理を適正化したところ、それに対して韓国政府側は「不当な輸出『規制』だ」などと逆ギレし、日本を相手取って世界貿易機関(WTO)に提訴している話題については、以前から当ウェブサイトでも興味深く取り上げてきたところです。

もっとも、今朝の『対韓輸出管理適正化措置、「日韓特許権戦争」に発展へ』でも触れたとおり、日本の対韓輸出管理適正化措置は安全保障上の問題から発動されたものであり、こうした日本の方針は米国も支持しています(『韓国メディア「WTO提訴で米国は韓国を支持しない」』参照)。

つまり、輸出管理の問題をWTOに持ち込むという韓国の行動自体、自由貿易のルールから逸脱するものであり、日本だけでなく米国も韓国の行動に不快感を示した、という言い方をしても良いでしょう。

ただし、韓国の自称「半万年」の歴史は、周辺の強国を騙し、ウソツキ・告げ口・食い逃げ外交などを駆使してきた歴史でもあります。韓国はときとして不正な手段を使ってでも、日本の輸出「規制」を撤回させようとして来るでしょう。

その兆候が、WTOのロベルト・アゼベド前事務局長の後任を選ぶための選挙です。

WTOの事務局長選は、加盟国すべてのコンセンサスで選ばれるのが慣例とされているそうですが、今回の選挙でも、8人が立候補しました。そのひとりが、韓国の産業通商資源部の兪明希(ゆ・めいき)通商交渉本部長です。

いかなる狙いがあるのか?

韓国は、表面上は「WTO初の女性事務局長」を売りにしているようですが、このタイミングで兪明希氏を出馬させた目的は、対日輸出「規制」撤回を巡る訴訟当事国でもある韓国自身が訴訟を有利に進めるためではないかと警戒せざるを得ません。

なぜなら、兪明希氏自身、日本の輸出管理適正化措置を巡り、国際社会に大々的に「不当な輸出『規制』だ」などと喧伝して来た人物のひとりでもあるからです。

実際、韓国政府は兪明希氏の当選に全力を尽くして来ており、『WTO事務局長選、韓国人候補が「日本の支持を期待」』などでも紹介したとおり、韓国政府や兪明希氏自身、「日本政府が支持してくれるものと確信している」、などと述べたそうです。

日本を理不尽な訴訟に巻き込んでおきながら、どの口がそう言えるのか疑問です(※余談ですが、この厚顔無恥さこそが、韓国人の韓国人たるゆえんなのかもしれません)。

いちおう、今年8月7日付の日経電子版『韓国通商トップ「WTOを復元」 事務局長選に抱負』というインタビュー記事によれば、兪明希氏は日本について、次のように述べたそうです。

韓国も日本も多国間貿易体制の健全な発展が重要だという考えに異論はなく、両国はこれまでも協力してきた。事務局長は国際機関のトップとして中立性や高い倫理を順守するのが基本。韓日の紛争に介入する余地はない

つまり、WTO事務局長に就任した際には政治的中立性を保ちながら職務執行するという宣言ですが、果たして誰がこの発言を信じるのでしょうか。

いずれにせよ、兪明希氏は能力の不透明性もさることながら、そもそもWTOを舞台としたさまざまな日韓貿易訴訟の当事者のひとりであり、その中立性には大いに疑問があります。彼女のWTO事務局長就任は、全力で阻止せねばならないでしょう。

最終ラウンドに兪明希氏が残る

もっとも、もともと兪明希氏は、一部報道では、泡沫候補のひとりと目されていましたし、当ウェブサイトとしても今年8月の時点で、日本政府が下手に兪明希氏のWTO事務局長就任を阻止しようとすれば、韓国の逆恨みを買うかもしれないから、静観が正解ではないか、と申し上げました。

しかし、ここにきて、そうも言ってられなくなりました。一部報道によると、兪明希氏が最終ラウンドに進出することになったからです。

「兪明希氏、WTO事務局長選最終ラウンドに進出」…初の韓国人トップなるか

韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長が世界貿易機関(WTO)事務局長選の最終第3ラウンドに進出したとロイター通信が複数の消息筋を引用して7日(現地時間)、報じた。<<…続きを読む>>
―――2020.10.08 07:06付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)は、ロイターの現地時間7日付の報道を引用する形で、兪明希氏がWTO事務局長選の最終第3ラウンドに進出したと報じました。兪明希氏とともに第3ラウンドに進出したのは、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョ・イウェアラ候補だそうです。

正直、韓国の国際政治における交渉力は、侮れません。

中央日報によると、両氏はともに欧州連合(EU)27ヵ国から支持を受けたものの、残りの130ヵ国あまりの加盟国はどの候補を支持しているか公開しておらず、最終結果はわからない状況だとしています。WTO事務局長は今月末から来月6日までの最終ラウンドを経て、11月初旬に確定するそうです。

しかし、一説では「泡沫候補」ともされていた兪明希氏が最終ラウンドに生き残ったこと自体、日本や米国にとっては韓国を舐めてかかってはならないという証拠でしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、中央日報の記事の末尾には、こんな記述があります。

万一、兪氏が最終的に当選することになれば、WTO初の女性事務局長になると同時に韓国人史上初のWTO首長というタイトルを付けることになる。

「WTO首長」とは、なかなか斬新な表現ですね。

潘基文(はん・きぶん)氏が国連事務総長に就任した際、一部の韓国メディアが彼を「世界大統領」と呼んだエピソードを思い出しますが、国際組織の事務総長と言う要職を担うことの意味を、彼らは真の意味で理解しているのでしょうか。

さまざまな意味で疑問に感じる記事でもあると感じる次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    お、すごいじゃん。中国みたいな政府補助金を支持する勢力が推してるのかな?

  2. 阿野煮鱒 より:

    兪明希氏が第二ラウンドに進んだ時点で悪い予感がしていました。もはや彼女がWTO事務局長に選任されることを覚悟すべきです。

    2002 FIFAワールドカップでの不正な判定、転んでも転んでも銀河点だった金妍児選手など、韓国人は裏工作で長けた民族です。WTO関係者を買収・脅迫などいかなる手段を講じても籠絡するなどお手の物でしょう。

    何度も言いますが、韓国は「二十万人の性奴隷」を世界に常識にし、世界中に「少女像」を建立することに成功しているプロパガンダの達人です。日本政府はそれに対して何らの対抗策を講じていません。

    このように日本政府は、裏工作に裏工作で対抗するだけのスキルも腹黒さもありませんので、今回の件も韓国の餌食になるでしょう。

    1. れんげ草 より:

      そうですね。
      第2ラウンドにも残れないだろうというような風潮でしたのに、よもやの最終ラウンドまで残ったということは日本も最悪のパターンを覚悟しておくべきかと思います。
      WHOと併せてWTOも脱退できないものですかね?

    2. だんな より:

      阿野煮鱒さま
      阿野煮鱒さんが、選任されると言ったから落選するんじゃ無いかなぁと、一安心。
      多分ナイジェリアの候補が、菅さん的な支持だと思います。

  3. 匿名 より:

    国連事務総長は「世界大統領」
    FTAは「経済領土」
    我田引水しか考えない人たちです

  4. しきしま より:

    前の、日本の水産物が放射能で云々、の件で韓国の主張が通ったあたりからなんか怪しい雰囲気はありました。
    もうこの手の国際組織は脱退して、G7+クアッドだけの国家間協力組織を立ち上げるべきですね。

  5. 七味 より:

    韓国もなかなかやるもんだと、感心なのです♪
    WTOの局長になると、今の本人の言葉に関係なく、利益誘導を図る(図らざるを得ない)でしょうから、外務省には全力で阻止をお願いしたいのです♪

  6. fcr より:

    相手候補もアフリカ系女性らしいですが、なんだかどっちにしろ中国の息がかかった国と言う点では変わらないような気がします。

  7. ボーンズ より:

    恐らくクアッド外相会議の中でも話し合われていて、その答えがもうすぐ出るような気が致します。
    何となく、想像がついているのだが。

  8. カズ より:

    米・日・中・韓の貿易政策

    米国の保護政策・・対米貿易の範囲(自己責任)での規制により実現。
    日本の保護政策・・原理原則の遵守。国際協定の許容範囲での実現。
    中国の保護政策・・資本移動制限等、対外的非対称協定による実現。
    韓国の反故政策・・我田引水・ルール無用・無責任主義による実現。

    *方法の是非はともかくとして、韓国だけが「何も果たさない」ことで実現している。

    *無責任国家の候補者が事務局長に選任されてしまうのであれば、WTOは発展的に解体されるべきなのかもですね・・。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「韓国人史上初のWTO酋長というタイトルを付けることになる」と読んでしまいました(笑)。当たってますよネ〜。しかしこの女史の良く使われる画像、怖いわ〜。ニラミ効かせてるやん!心が現れてるのでしょうか?

    兪明希氏とともに第3ラウンドに進出したのは、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョ・イウェアラ候補。この方に是非とも当選していただきたいです。

    韓国がWTO代表になったら、日本に否定的な決しか取りませんよ。公平なはずのレフェリーが敵チームとなる。ロビー活動もしたたかだし、残り130か国ですか、そのうち80か国取れればイウェアラ氏の勝ちですが、絶対に韓国人にならせてはなりません。韓国は、国際舞台に出るな。ゴミはゴミ箱へ!

    1. ボーンズ より:

      めがねのおやじ 様
      韓国、ナイジェリアどちらが選出されても、その後のアクションは変わらないかも知れません。

    2. だんな より:

      めがねのおやじさま
      寒くなりましたね。
      先に「酋長」書かれて間に合わなかったニダ。
      今日は、忙しくてこれから、お昼(みそそば)にするニダ。

    3. りょうちん より:

      私のラバさん、酋長の娘♪
      腹は黒いが韓国じゃ普通♪

  10. たけ より:

    しょせん、世界はそんなもの。
    そんな事より日本政府が国際機関(笑)に噛みつく度胸があるかどうかの方が気になる。
    明らかに不当だと感じたら脱退すべきであって。
    鯨の時のように。

    1. ボーンズ より:

      たけ 様
      多分抜けるのは日本だけじゃないでしょう。

  11. わんわん より:

    >一部報道によれば、韓国政府・産業通商資源部の兪明希通商交渉本部長がケニア人の女性候補とともに、WTO事務局長選最終ラウンドに勝ち残ったそうです。

    ケニア→ナイジェリアですね

     
     楽観はできない
    韓国のロビー活動は残念ながら優秀です

     日本海の表記・旭日旗・福島放射能
     日本はやられっぱなしです (怒)
    ※根拠がない問題でやられっぱなしはいかがなものかと思います

     また 日本は国際機関(国連及び下部機関)を信用し過ぎ

    https://ironna.jp/article/15359/amp#aoh=16021262829235&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s

     可能なかぎり阻止して欲しいものです

    1. 匿名 より:

      韓国のロビーをなめちゃいけない、というのは同意ですが、今回はどちらかという中国のロビーじゃないでしょうか?
      いや、韓国候補を中国が支持したんじゃなくて、ケニア候補を落とす方向にロビーしたんじゃないかと。
      それで、無印だった韓国候補が繰り上がったんじゃないかとおもうんですが、どうでしょうか?
      一次通過の時もそんな感じだったみたいですし。

  12. ちょっと待って より:

    WTOの事務局長選って全会一致じゃなかったかな。
    だから日本が強硬に反対したら無理なのに、なぜ立候補した?って記事見た気が・・・???

    1. だんな より:

      ちょっと待ってさま
      全会一致が原則で、加盟国・地域が協議して、候補者を1人に絞り込む。合意に至らない場合は、投票で決める。
      らしいです。
      韓国も譲る事は無いから、選挙になるのでしょう。

  13. 匿名 より:

    さすがに西側の大モノvs西側の小モノの対面なら大丈夫だろうとはおもいますけど、ロビー活動で中国の推薦候補を蹴落としたのは驚異的ですね

  14. 一国民 より:

    文大統領、“兪明希”WTO最終ラウンド進出に「“総力支援”を指示」=韓国
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2a4ceb80b2ea98e25fbd72bea748fd8bef22da
    だそうです。

    当選したなら、潘基文(はん・きぶん)のときと同じようなことになるでしょう。
    WTOの恣意的運営・・。

    そもそも韓国というに国には、”公正”などといった元年は育っておらず、文在寅周辺の人間はなおさら。

    米国には支持しないことを願うばかりです。

    1. 一国民 より:

      元年→ 概念 の誤りでした。

  15. クロワッサン より:

    韓国人だから腐敗した組織で上に登る術に長けているのか、
    腐敗した組織だから上に登るのは韓国人なのか。

    あの半島は世界の隠の気、不浄な気、邪な気が集まって形を為した地なのだろうなぁ…と思う次第です。

  16. ケロお より:

    全会一致まで調整し続けるという無茶苦茶な選考方法ですので、これは日本にとって超アピールタイムです。
    いかに韓国という国が信用できないか全世界に発信せざるを得ない状況になりました。他国の悪口を告げ口するようで、たいへん心苦しいのですが、しかたないです。
    じっくり時間をかけて、第3国の前で「韓国は輸出管理と輸出規制をごっちゃにして難癖をつけたりすることはしない」「韓国が日本からフッ化水素の輸出管理適正化を求められたのは、核兵器製造のための横流し疑惑があったからで、不当なものではない」という言質を兪明希からとりましょう。

    1. ちょっと待って より:

      ケロお より:様へ
      どうせなら韓国つるし上げ大会にしてほしい。
      フッ化水素をイランに横流しした事。イスラエルが証拠を持っている。
      特許侵害をしたおしている事。サムスンだけで何千もの訴訟。
      果物や野菜のローヤリティを斜め上解釈で払わない事
      イランの 原油代踏み倒している事。
      今でもブランドコピーだらけな事。
      あげたらきりないわ

  17. めたぼーん より:

    日本が正しいと思っていることは、世界中が正しいと思ってくれるわけでは無いですし、瀬戸際害交のプロの韓国は侮らない方が良い気がします。まあ、日本が同じ事を出来るかと言うことと、同じ事をやってしまうと、相手はプロですから厳しい戦いになるかと思います。

  18. パーヨクのエ作員 より:

    手は内に曲がる(某国のことわざ(笑))

    日本はWTOによる経済的な制裁を覚悟するべきですね。
    我が国は連合国から敵国として認定されたままであることを忘れてはいけません。

    1. ケロお より:

      連合国の大ボスがWTO不要論の急先鋒ですが。大ボス国家がごねているのでWTOの委員会が開けない状態と聞きました。

  19. 阿野煮鱒 より:

    楽韓さんは、予想が外れたのが悔しいのでしょうか、いまだこの話題を取り上げません。ウォッチャーの第一人者を自負する自己イメージにそぐわない事実は直視したくないのかもしれませんし、分析を練りに練って読む者が膝を打つ考察の形で取り上げるのかもしれません。

    それはさておき、私はWTO脱退には反対です。鯨問題と違って、生産財の輸出入は相手国との間で適切な管理が必要ですから、中立な裁定ができる機関の必要性があると考えます。残念ながら現状のWTOは、その期待に叶う状況にありません。米国と連携して、抜本的なWTO改革に乗り出す好機になれば、と願います。

    それでも、万が一、隣国のおばちゃんが事務局長になってしまったら、一旦は連携できる国々とWTOから脱退して機能不全にし、改めて作り直すしかないかもしれません。いやー、万が一ではなくて、結構高い可能性がある気がするんですけど… 勘弁して欲しいです。

  20. 匿名希望の平民 より:

     国粋主義と民族主義により人種差別意識の強い韓国人は、中立性が要求される
    国際公務員には、絶対に向きません。
     それにしても、残る一方が、ナイジェリアとは最悪ですね。
     どちらになってもいい結果になりません。
     米国は、チャイナマネーどっぷりのナイジェリアにはつかないでしょうし、
    「反中国」で、他の欧米諸国も韓国に票を入れる可能性が高い。
     もはや、ほとんどの国際組織は、悪徳国家に利権目的で利用されるだけで
    本来の国際機関としての機能など期待できなくなりました。

  21. 名無Uさん より:

    阿野煮鱒様のお見立てに賛成です。
    “I have a bad feeling about this…”

    ただ、韓国の腹黒さだけを問題にしておりますが、兪明希氏を最終ラウンドまで進めてしまうWTO側の腹黒さも気をつけておかなければならないと思います。
    兪明希氏や韓国の過去の判例、発言などをWTOが調査していないわけがありません。WTOがワッセナー・アレンジメントを知らないわけがありません。
    十全に知りながら、それでもなお彼女を選出するというのならば、WTOに如何なる腹黒さがあり、将来に向けてアポトーシスが仕組まれているのかを考慮してしまいます。

    現在、世界に紛争を起こし、世界をガラガラポンに引きずりこむベクトルが、世界の裏側で強力に働いているようです。ヨーダ風に格好をつければ、『ダークサイドのとばりが降りてきた。クローン戦争が始まるのじゃ』というところでしょうか?
    兪明希氏が暴走を起こし、WTOがとんでも裁定を連発し、世界の多くの国々を激怒させ、暴力的な方途にしか解決法がないと覚悟させるところまで世界各国を追い詰めていく。そんな役回りが彼女に期待されている。
    極悪なんですよ。

    https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/10/bf1769eccec45f2b.html
    米政府、「ワッセナー・アレンジメント」2019年総会での合意に基づき、輸出管理規則を一部改定

    アメリカも新COCOM発動に向けて動いておりますが、ここれに『No』の裁定が下されたならば、日米英のみならず、世界の多くの国々が激怒するでしょう。
    それは、兪明希候補であろうと、ナイジェリアのイウェアラ候補であろうと、半ば約束されたようなものです。
    アメリカを激怒させ、WTO脱退を決めさせ、その怨みを一身に引き受けさせるためには誰が良いのか?
    そんな恐ろしいヒール役を誰が引き受けてくれるのか、と待ち構えているところに、彼女に白羽の矢が立てられようとしているのかもしれません。
    国際秩序をあえて破壊するため、汎用人型決戦兵器をここで投入しておきたい。そんな役回りを韓国もしくはナイジェリアが引き受けてくれることを期待されているのかもしれません。
    日本としては、兪明希氏が選出されないことを切に願うほかないでしょう…

  22. xf より:

    白状します。 韓国がここまでくるとは予想できていませんでした。 してやられたと思っています。 悔しいです。 最終投票までもしてやられない保証はどこにもありません。

    「ロビー活動が・・・」などとすかしていても、現状に甘んじるだけです。

    おそらくロビー活動はあったのでしょう。 しかし、相手側に受け入れる理由がなければ、ロビー活動など効果がありません。 ではロビーされた相手側が受け入れた理由は何であったか。 おそらくその1つは、「韓国は中立的だ(日本以外に対しては)」というものではなかったでしょうか?

    つまり、ドイツやフランスやオランダにとっては(それらが本当に韓国に投票したかは分かりませんが、例えばです)、韓国が勝ったところで害はないのです。 韓国は、日本の “植民地” はどうこういいますが、彼らの植民地には何も言いません。 アフリカ諸国、アジア諸国も同様でしょう。 それに加えてキックバックもあるかも知れません。 アメリカと中国は、韓国であればコントロールできると思っているし、仮にできなくても潰せばいいので、あえて違をとなえるまでもないです。 そして、ロビーに投入したコストは、日本から回収すればいいです。

    こうしてみると、恐ろしいことに、韓国が勝つことを心の底から阻止したいという国は日本以外には無いかもしれないということに気付きます。 韓国の戦略はあまりにも合理的です。 彼らは日本にだけ勝てばいいと考えています。 だから他のことは犠牲にできます。

    考えてみれば、日本が韓国にしてやられたパターンは、全てこれではないでしょうか? 韓国は、産業スパイを日本だけからやりました。 だからアメリカやイギリスから今の中国に対するような反発は招かなかった。 韓国は世界中にあまたいる軍隊を相手にする売春婦に目をつぶり、日本のものだけに対して非難しました。 だから他の国からは問題視されない。 韓国は日本の哨戒機にだけレーダー照射しました。 だから他の国は「まあまあお互い気をつけて」くらいにしか思ってくれない。

    こんなときにこそ思い出しておくべきことがあります。  “徴用工” のことです。 あの判決直後、 ICJ への提訴がオプションだなどと言われていました。 しかし、もしもそれをしていたらどうなっていたでしょう?  私には、 ICJ の判事(というのか分かりませんが)が「韓国がうるさいし、どうせ困るのは日本だけでおれの国には関係ないから」と、程度の大小はともかく、韓国に対して何らかの配慮的な判決をすることが、目に浮かびます。

    韓国が、他の国の前では猫をかぶり日本に対してだけ集中的かつ選択的に敵対行為をしてくる国であり、それが極めて効果的な戦略なのだということを、あらためて噛み締める必要があります。

    韓国へ反撃するために、いつか滅ぼすために、今は、不愉快でも目の前のことをしっかり見て、韓国から謙虚に真摯に学ぶ必要があると愚考します。

  23. 奇跡の弾丸 より:

    新宿会計士様の
    >なぜなら、兪明希氏自身、日本の輸出管理適正化措置を巡り、国際社会に大々的に「不当な輸出『規制』だ」などと喧伝して来た人物のひとりでもあるからです。

    韓国だから駄目ではなく、こういう考えだから駄目という意見に共感します。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。