存在感なき特定野党の言動を、久しぶりにまとめてみた

先月の菅義偉政権の発足以来、最近、立憲民主党を含めた野党勢力が、すっかり目立たなくなってしまいました。河野行革担当相の「ハンコ廃止」、茂木敏充外相の「クアッド外相会合」、菅義偉総理・加藤勝信官房長官の「日本学術会議任命拒否」など、さまざまな話題が政府・与党関係者にかっさらわれてしまっているからでしょうか。こうしたなか、久々に野党関係者の発言や言動などをメモ書きにしておきたいと思います。

志位和夫委員長、野合政権に前向き

ふと気になる記事を発見しました。

日本共産党の志位和夫委員長は7日、「次の総選挙で政権交代を実現し、野党連合政権を樹立することを目標に掲げ、正面から挑戦する」と述べたのだそうです。

志位氏「次期衆院選で政権交代を」 共産が都道府県委員長会議

―――2020年10月07日12時03分付 時事通信より

「野党連合政権」、なかなか良い響きです。略して「野合」、でしょうか?

ただ、ここでふと疑問が浮かびます。志位氏は、政権交代とやらを実現して、いったい何がやりたいのでしょうか。あるいは、安倍晋三前政権、菅義偉政権の、具体的にどこにどういう問題点があるというのでしょうか。

時事通信の記事によると、志位氏は「日本学術会議への違憲、違法な人事介入など前政権を上回る強権ぶりをあらわにしている」などと批判しているそうですが、「日本学術会議への違法な人事介入」が例の6人を会員に任命しなかったことを指しているならば、事実誤認も甚だしいと言わざるを得ません。

法律の条文を読むと、「日本学術会議が会員の候補を推薦し、それを内閣総理大臣が任命する」としか書かれておらず、どう頑張っても、「日本学術会議が推薦したすべての候補者を内閣総理大臣が任命しなければならない」とは読めないからです。

それよりも、志位氏自身、2000年から20年以上にわたって日本共産党の委員長として君臨している人物でもあります。日本共産党が党員などの民主的な選挙によって、党委員長を選出したという話題は聞きませんし、国政選挙で惨敗したときにも志位氏が責任を取ったという話も聞きません。

いずれにせよ、野合政権が実現したとして、この野合政権が日本をどんな方向に導こうとしているのか、明確なビジョンも示していないにもかかわらず、私たち国民の目から見て、野合政権の樹立とは唐突感があり過ぎます。

食中毒のラーメン店

さて、その立憲民主党の側は、先月15日に「新・立憲民主党」として発足してからもうすぐ1ヵ月が経過します。少々紛らわしいのですが、9月14日までの「立憲民主党」と、それ以降の「立憲民主党」は、どうも政党としては別物らしいのです。

ただ、非常に残念ながら、立憲民主党が「新生」したとも思えません。というのも、従来の「批判・追及」だけの政党から脱皮する気配は、いっさい見られないからです。現在だと、さしずめ「日本学術会議の6人」問題を手掛かりに、政権追及する構えを示していることなどが挙げられるかもしれません。

まことに失礼ながら、こうした立憲民主党の態度は、「隣のラーメン屋はマズい」と大声で悪口をいうラーメン屋のようなものでしょう(『立憲民主党:他店の悪口でラーメン屋は繁盛するのか?』等参照)。

もちろん、自民党をラーメン屋にたとえるならば、マズくて値段も高い、という面があることは否定できません。しかしながら、自民党を「マズくて高いラーメン屋」にたとえるのだとしたら、立憲民主党は「自民ラーメン店よりもさらにマズくて高く、かつ不衛生なラーメン屋」にたとえるべきでしょう。

つまり、「自民ラーメン店」の場合は、まだ食中毒を起こすことはありませんが、「立憲民主ラーメン店」の場合、食べると食中毒を起こす可能性がある、というわけです。なぜなら、日本国民は2009年以降の3年3ヵ月間、この店のラーメンを食べ続け、食中毒で死にかけたからです。

そういえば、個人的に民主党政権関係者が、あの3年3ヵ月をきちんと総括したという話は、寡聞にして知りません。2000年6月に大規模な集団食中毒事件をを発生させた某乳業会社の場合、その後継会社が現在でもウェブサイトにその事件の概要を掲載し続けているのとは対照的です。

辻元清美氏「菅氏の支持率上昇は安倍疲れ」

さて、(旧)立憲民主党で、かつては国対委員長として、徹底的な闘争路線を貫いた人物が、辻元清美氏です。その辻元氏に対するインタビュー記事が、朝日新聞系のスポーツ紙『日刊スポーツ』に昨日掲載されていました。

菅氏支持率は「安倍疲れ」逆戻りも/立憲民主辻元氏

―――2020年10月6日7時00分付 日刊スポーツより

日刊スポーツによると、菅義偉総理と辻元氏は、1996年初当選の同期であり、年齢はひと回り違うものの、どちらもねずみ年の生まれという共通点があるのだそうです。ということは、菅総理は年男、辻元氏は年女、というわけです。

その辻元氏は、菅総理について、こう述べたそうです。

菅さんの支持率が高いのは、『安倍疲れ』じゃないかなと思ってる。少なくとも世襲ではなく、大金持ちでもない。安倍政権は政策の議論に入る以前に、次から次に疑惑が出てきたし、イデオロギーに支配されていたと思うんですよ。菅さんはイデオロギーはなさそうなので、ニュートラルに個別の政策の議論ができるんじゃないかな

なんだか、これも凄い見解ですね。

もちろん、現時点におけるいくつかのメディアの調査で、菅政権に対する支持率が高いことは事実ですが、それと同時に、菅政権は高い支持率に慢心したりしてはならず、気を引き締めて職務に当たっていただかなければならないことも、また確かでしょう。

しかし、安倍晋三前政権も、安倍総理が辞任する直前の世論調査で(一時的かもしれませんが)高い政権支持率を記録したこともまた事実です(『「内閣支持率62.4%」の衝撃と解散総選挙の可能性』等参照)。

ということは、安倍前政権・菅現政権や自民党などに対する支持率が高いこと、立憲民主党に対する支持率がいまひとつ高くないことは、いずれも安倍総理の退陣と無関係に思えてなりません。

それなのに、辻元氏がこうした原因の部分について突き詰めて考えることもせず、「安倍疲れ」で済ませるあたり、思慮が浅いと言わざるを得ませんし、こんな人物が一時期でも国対委員長を務めていたということ自体、立憲民主党の腐敗体質そのものであるように思えてならないのです。

国民民主党、追及型政治から距離を置く?

さて、立憲民主党と同じ9月15日に成立した政党が、もうひとつあります。

それが、国民民主党です。

しょせん、もともとは立憲民主党と同じく、民主党の後継政党でもありますので、個人的には同党にはさほど多くを期待したくはないとも思っていたのですが、少しだけ未来に希望が持てる(かもしれない)のが、次の記事です。

国民民主は政権追及ヒアリングを2回欠席 立憲、共産の手法と距離?

日本学術会議の新会員の任命を菅義偉首相が一部見送ったことをめぐり、立憲民主党などの主要野党は6日、国会内で合同ヒアリングを開いた。<<…続きを読む>>
―――2020.10.6 18:12付 産経ニュースより

産経ニュースの記事タイトルにある「合同ヒアリング」とは、野党がときどき多忙な官僚たちを呼びつけて実施する、「ヒアリング」と称した事実上の「パワハラ大会」です。もちろん、こんな大会を実施するだけの法的根拠もないにもかかわらず、です。

これについては先月の『野党ヒアリングこそ「過労死ライン残業」の原因では?』などでも報告したとおり、霞ヶ関の公務員らは、法的根拠すらあいまいな「合同ヒアリング大会」とやらに駆り出され、日夜、体力を消耗させられているのです。

実際、産経ニュースもこの合同ヒアリング大会について、こう述べます。

野党が詰問調の言葉を官僚に浴びせ、ネットで生中継する合同ヒアリングには、以前から「公開リンチ」(与党関係者)などの批判も強い」。

しかし、産経新聞の取材によると、国民民主党がこの野党合同ヒアリング大会に、2回連続して出席を見送ったのだそうです。

国民民主党といえば、玉木雄一郎代表が、「憲法や消費税などの重要な政策課題で同意できない限り、立憲民主党との合流はできない」と述べていたことも思い出しますが、合同ヒアリングへの参加拒否も、同党が良い意味で変わろうとしている証拠なのかもしれません。

この点に関しては、決して悪い話ではありません。

もちろん、国民民主党自体、民主党の「残骸」ですので、同党に過大な期待を寄せるのもどうかと思いますが、それでももしも国民民主党が「安全なラーメン屋」を目指しているというのであれば、個人的にはあまり期待せずに、事態を見守ろうと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    当時の民主党政権関係者が3年3ヶ月を総括したものは私も知りませんが、自民党が総括したものは存在します。
    以外のURLからご覧になれます。(pdfです)

    https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/067_01.pdf

    この総括の中で述べられている各案件についてのソースは示されていませんので、列挙されている案件が事実かは要確認です。
    しかし、一つにまとめられているという点では価値ある文書であると思います。

    1. だんな より:

      匿名さま
      ざっと読みました。
      嫌な記憶が蘇ってくる感じですね。
      是非ハンネを決めて、コメントしてくださいな。

    2. 新宿会計士 より:

      匿名のコメント主様

      URLのご教示大変ありがとうございます。せっかくですので、いずれ当ウェブサイトでも取り上げたいと思います。
      引き続きのご愛読とお気軽なコメントのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. だんな より:

    セメント「菅氏の支持率上昇は安倍疲れ」
    だんな「菅氏の支持率上昇は野党疲れ」

    何故野党が、改革革新で無く守旧(保守ではなく)なのか?
    韓国と同じで、昔の方が都合が良かったからですよね。
    韓国は日韓パートナーシップ、野党は民主党政権。
    そこに戻したいんだと思います。
    まあ、もう戻らないんですが、おんなじ様な事を続けて、日本国民に飽きられ、呆れられていると言うのが、私の認識する現状です。
    どっちも無くなって困る事も無いし、清々すると思いますよ。
    賞味期限が切れてもお店に置いてある、季節限定品。

    1. 先日、いつものBS番組で橋下徹氏が「なんで野党の支持が伸びないんですかね~?」などとのたまっておられましたが、「それはあの無責任で破廉恥な旧民主党政権の残党が今ものさばってるからでしょう」と内心でつぶやいておりました。

      1. だんな より:

        現状を憂うる者さま
        橋下徹氏は、知ってて誰かに言わせたかったんじゃないんですかね。

  3. カズ より:

    過去に存在した非自民非共産のグテグテぶりに、アク抜き前の共産を加えたら・・。〔ソウゾウモシタクナイ。

    ベースの異なるラーメンを考えもなく混ぜ合わせたところでモノになるとは思えないんですけどね。

    *´蝕中毒ラーメン´の「五つ星評価☆⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎🇨🇳」に騙されてはいけないのです・・。

  4. 奇跡の弾丸 より:

    新宿会計士様いつもお疲れ様です。

    私自身はすでに興味もなく、建設的な意見を知りたいというのが本音ですが、ダメなものはダメと言い続ける事も大切ですね。

  5. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、自分でも「マサカ」と思うので)
     もしかしたら、「たとえ食中毒を起こすラーメン屋でも、ほかに食べ物がなければ、このラーメンを食べるしかない」と考えているのでは、ないでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

  6. たい より:

    マスクの着用有無でホリ◯モンとトラブルになったとされる餃子屋さんが、クレームの電話等が殺到した事で休業に追い込まれたそうです。
    少しだけ、野党とマスメディアと持病が悪化して辞職に追い込まれた某政治家の関係に相似しているかもしれません。

  7. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    立憲民主党の辻元清美氏、菅総理をニュートラルだとか好き勝手言ってますが、まず自分の関西生コン組合との関係をスッキリ白状して欲しいですね。あれだけ「モリカケ」で「ソーリ」「ソーリ」としつこく迫って、安倍総理の体調悪化の一因になったと思います。自分は釈明ナシか?

    が、菅首相は干支が同じだろうが辻元氏をバッサリやってくれるでしょう。こんなのが旧立憲民主党のエース級だったとは情けない党ですね。しゃべり方のしつこさ、出自も怪しそう(あ、エビデンス無いから止めます)。

    国会議員が15人程度に落ちた国民民主党ですが、アノ山尾志桜里議員が愛知県から東京選挙区比例区に移りました。玉木氏が「山尾なら30万票以上取れる、1議席増える」と決心したからだそうです(デイリー新潮)。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/10010600/?all=1

    国民民主党は官吏を吊し上げ、恫喝する場に不参加なのは改善された点。このままずっとその姿勢で、政策提案を出せば国民の「どうしても自民党は嫌い。公明党は学会の臭い。日本維新の会は大阪臭でイヤ」という有権者は取り込めますよ。しかし、野党絡みは大したニュースおへんな(笑)。

  8. 農民 より:

     リンク先の辻本氏の記事、かなり面白いですね。菅総理のことは褒め殺しのつもりが本当に褒めちゃっている。安倍前総理については
    >「少し気に障ることがあると、ヤジ飛ばしたり、質問に答えずに怒り出す。ああいうタイプの人って、ほかの仕事できないよね。自民党では7年8カ月持ったけど、社長とか上司があんなのだったら、その会社は持たないよ」
     つまり総裁・総理大臣で上手くいったのだから、天職だったということでしょう。社長じゃなくて総理大臣で本当に良かった!
     あと辻本氏が社長とか上司だったら、上記がそのままご本人に当てはまり、社はもたないというか多分辻本氏が逮捕されて終わりでしょう。かじりついてでも議席を手放さない方が良いかと思います。不逮捕特権的な意味で。

  9. だんな より:

    野党は、学術会議の件で、いつまでやるつもりなんだろうね。
    叩けばホコリばかりしか出て来ないのに。
    二番じゃ駄目なんですかって言って、科研費を削っていた連中が、「学問の自由」つっても、普通の先生方は、相手にしてくれないよ。

  10. だんな より:

    張本人は、ブーメランだし。
    蓮舫氏、学術会議の任命問題で呼びかけ「声を上げ続けてください。間違いは世論の力で正せます」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/53a73ce2b13d689ab13403d5564a2ca8b7c60691
    民主党が政権を失った原因は「間違いは世論(選挙)の力で正せます」なんだけどね。
    あ〜解散はよ。R4は衆議院に鞍替えして、選挙に出て来い。

  11. だんな より:

    共産党は、頭おかしいし。
    志位氏「次期衆院選で政権交代を」 共産が都道府県委員長会議
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2abf7c7408c33188b9d7850a3b24086fb92b858a
    実現出来なかったら「総括せよ」。

    1. H より:

      だんな様

      連続投稿ご苦労様です

      菅総理は選挙は先送りムードですが
      寝たフリかもしれませんし、
      敢えて野党との対立軸を作り出して
      いるのかもと想像しています

      R4は心では
      我々は二番手じゃダメなんですか
      批判出来なくなるのは嫌だ!かも

      イライラしますね
      早よ選挙しろ、同意します

    2. 七味 より:

      だんな様

      >共産党は、頭おかしいし。
      同感なんですが、それで終わるのもアレなので、ちょっと膨らませてみるのです♪

      立憲民主党が政権交代を目指すと言っても、「政権交代して、何をするのですか?どんな社会を目指すのですか?」と言って一笑に付すところなのですが、共産党は一応目指す社会がありそうなのです♪

      ただ、その目指す社会は、あんまし良さそうにはあたしには思えないし、野党連合とやらの中で共有されてるとも思えないのです♪

      単なる野合政権は、民主党で懲りたのです♪
      っo(´^`o)彡プイッ

      もうちょっと続けますね♪

      コメント書く前に、日本共産党綱領を斜め読みしてみたのです♪
      https://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Koryo/

      いろいろ書いてるけど、
      「原則としていっさいの強制のない、国家権力そのものが不必要になる社会」
      を目指して、段階を踏んで日本を変えていきたいって、ことだと思うのです♪
      ここを読んだとき、あたしには、世紀末救世主のいるヒャッハーな世界が浮かんできたのです♪
      _| ̄|○)) ムリデス ユルシテクダサイ

      そこにいくまでの次の段階としては、「社会主義的改革」というのが必要で、
      「社会主義的変革の中心は、主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化である。」
      ということなんだそうなのです♪
      ソ連とかの統制経済とかとは違うと力説してるけど、どう違うのかよく分かんなかったのです♪

      この綱領読んでて、人間を労働者と資本家に分けて、その対立を前提にした考えなんだろうなって思ったのです♪
      そう思うと、共産党が「国民の合意」とか言ってるとこも、お金持ちは排除されてるみたいな、なんていうか、共産党に賛同する人だけを「国民」って言ってるように感じるのです♪
      社会にはいろんな人がいるから清濁あわせてのみこみながら上手いこと束ねていかなきゃいけないと思うのですが、なんとなく、共産党の目指す社会ってのは、そうじゃなくて、みんなが社会主義万歳しなきゃいけない窮屈な社会のように思えるのです♪

      1. より:

        1990年にソ連が崩壊し、ソ連型社会主義がまるでダメだったことが暴露されて以降、西側諸国の共産党は片っ端から消滅しました。かつてあれほどの勢力を誇ったフランス共産党もイタリア共産党も、今や存在しません(ひょっとしたらそう名乗っている集団はまだあるのかも)。理由は簡単で、「目指すべき理想社会」としてきたものが、ちっとも理想的ではなく、目指すべきものでもないことが、誰の目にも明らかになったからです。
        本来、日本共産党もその時点で同様に消滅すべき存在でした。なぜならば、もはや目指すべきものが存在していないからです。「あるべき社会」を目指す理念型の政党が理念を失えば、もはや存在意義はありません。
        それにもかかわらず、今なお日本共産党は存在しています。ある意味とても不思議なことです。どう言い繕おうが、彼らの目指すべき社会が虚構であることが誰の眼にも明らかであるのに、なお組織として存在しているのは、単なる惰性か、あるいは伝統芸能と化しているかのいずれかでしょう。個人的には後者が実相に近いと思ってますが、いずれにしても、彼らの発言はすべて現実社会とは無関係と考えておいても問題ないと思います。

        もっとも、彼らは普通の人たちとは別の時空を生きているので、市町村議会あたりの議員としてはそう悪くありません。でも、国会議員としての存在価値はもはやないと思います。

        1. 田舎の一市民 より:

          龍様
          >彼らは普通の人たちとは別の時空を生きているので、市町村議会あたりの議員としてはそう悪くありません。
          かなり思想は偏ってますが、人としてはそれほど悪い方々ではないと思ってます。
          議会の予算委員会では最終日の一般会計が終わった後に国保会計、介護会計の審議があり、いつも共産党以外質問がなく、他会派の議員は興味がなく「はよ終わってくれや」感全開なのですが、一度理事者の準備不足で審議を止めたことがあり(資料の準備まで暫時休憩)、そんときは委員長のめちゃくちゃ叱られたそうです。
          打ち合わせしてても、突然変化球、隠し球を出してくるんですよね。
          「普段仲良くしてても、共産党の議員は絶対信用するなよ」というのが鉄則です。

  12. リバーサイドおじさん より:

    学術会議法の件で新宿会計士様も含めて皆様、「任命する」のところに着目されています。ここが曖昧な書き方なので、人によっては、任命はするが人事権はないのだと主張する訳です。しかし、次の条項を読めば、総理に人事権があることは明らかだと思います。

    第二十六条 内閣総理大臣は、会員に会員として不適当な行為があるときは、日本学術会議の 申出に基づき、当該会員を退職させることができる。

    こちらでははっきり、「退職させることができる」とうたっており、「できる」ということはしなくても良いという意味を含んでいます。つまり、人事に関与出来る権限を持つ訳です。任命と退職は対ですから、どちらも、会議側の推薦や申し出という前提条件はついていますが、その前提の下で総理が人事権を行使出来る、と考えるのが自然ではないでしょうか。

  13. 匿名 より:

    アブラソコムツ入りアブラマシマシラーメン ¥15,000

  14. 農民 より:

     議場で存在感ゼロなのですが、どうも場外に注力しているようです。
     話題になってから少し時間は経ちますが、国勢調査票を回答欄黒塗りにしたったとかいう周回遅れの抗議行動(違法)をアピールするツイートに対し、立憲民主・間山勇一議員が賛辞を送り、更に炎上している模様。またメディア出身議員か、と眩暈がします(みのもんたの長寿番組の芸能担当って時点で…)。玉石混淆のタレント出身よりダメ率高いような。検索していただければツッコミどころは大体出そろっていますので内容は割愛。

     あとこんな輩がネコ好きアピールするのは反吐が出ます。蓮舫も目ヤニを放置した猫画像アップして叩かれてたっけなぁ。

  15. 京ET より:

    よく『安倍どくさーい』という言葉・プラカードを見聞きしましたが、『志位独裁ー』と、太鼓を叩いて叫ぶ人がいないのはどうしてでしょう。

    1. だんな より:

      京ETさま
      知性が有るから、やらないんだと思います。

  16. ちょろんぼ より:

    いつもお世話になっております。

    気分転換にちょっとしたお話を。
     噂によりますと、自治労が求めていた地方公務員の定年延長法案が、立憲民主党が問題とする日本学術会議問題の論戦?の為、国会提出が見送りしそうな気配との事。 自治労の方々、立憲民主党に何か言わないといけないんじゃないでしょうか? 私は自治労の方々を心配しているんです。 前回はバカな党員のイラストレーターなる者が、訳の分からないツートで今回の日本学術会議みたいな意味の分からない騒動を起こして一年延長になったでしょう。

     又、共産主義って凄いものだと思っていると思いますが、実は違うんです。
     第二次大戦前、西洋では王様が理由は何であれ戦争すると言えば、戦争になっていたんです。
     で、党員等が考えた事は、決定権者を一人にしないで、集団で決定すれば良いと考えたんです。
    つまり、王様・貴族・その他から集団・集団の取り巻き・その他に変えようとした事なんです。
     党員の言う社会とは、集団及び集団の取り巻きの事を言うんです。 結局、上位2つは名前が変わるだけで一番下のその他(つまり庶民・民衆)は何一つ変らないんです。 これは、ロシア・中共や今は無くなった共産党国家を見れば解ると思います。

    1. だんな より:

      ちょろんぼさま
      共産主義の説明、簡単でわかりやすいですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。