韓国メディア「日本が韓国に入国制限緩和協議を要請」

日本は中国や韓国とサプライチェーンで密接につながっており、昨今の武漢コロナ禍による往来の中断の長期化は、産業界にさまざまな影響を与え始める可能性があります。こうしたなか、韓国メディア『聯合ニュース』は昨日、「企業関係者の入国制限緩和に関する韓国の提案を拒んできた日本が立場を覆し、入国制限緩和に関する韓日協議が始まっている」と報じました。記事自体の信憑性もさることながら、本稿では、これとあわせて少し前から気になっている論点を紹介したいと思います。

中国で不良品頻発?

武漢コロナ禍は、私たちの生活に大きな影響を与えているだけではありません。日本と外国との人的往来が、ほとんど断絶してしまっているのです。このことで、日本のインバウンド観光産業も大きな打撃を受けていることは間違いないでしょう。

ただ、日本と外国との往来断絶で大きな影響が生じる分野が、ほかにもあります。とくに影響が大きいのは中韓両国の産業です。なぜなら、日中、日韓の産業は、基本的に、「日本が彼らの生産活動に必要な基幹部品・基幹素材を輸出するとともに技術指導する」という構造で成り立っているからです。

たとえば『産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」』でも触れたとおり、日中の移動制限が長期化してしまったがために、一部の日系企業の中国工場では不良品がたくさん出て来てしまっている、という報道もあります。

つまり、日本人の技術指導がなければ、中韓では生産活動が停滞してしまう、というわけですね。

なぜ日本人が500人も韓国に入国しているのか

こうしたなか、少し気になるのが、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に数日前に掲載された、次の記事です。

6月の訪韓外国人97.5%減 日本からは498人

―――2020.08.10 15:03付 聯合ニュース日本語版より

これによると、2020年6月に韓国を訪れた外国人は、日本人が498人だったという話ですが、これは何やら奇妙な話です。日本政府観光局の側の統計によれば、同じ時期に日本を訪れた韓国人が100人(※推計値)に過ぎなかったからです。

人口の違い、両国の往来の厳格化などを考えれば、韓国を訪れた日本人が日本を訪れた韓国人の5倍に達しているのは不自然な気がします。

もちろん、通常の国の観光統計では含まれない「乗員」が韓国では観光統計に含まれてしまっているため(『入国者数に「乗員」をカウントする韓国観光統計の実態』等参照)、その分が水増しされているという可能性はあります。

ただ、ここでもうひとつ、個人的に提示しておきたいのが、「日本人技術者の入国」という可能性です。現在、公式には日韓両国政府はお互いの国民に対するビザの免除措置を中止していますが、やはり、韓国が日本人技術者の入国を拒絶していると、生産活動に支障を来すのではないでしょうか。

だからこそ、表面上、韓国は「日本人の入国を拒否する」と言っておきながら、実際には韓国国内における生産活動に必須の日本人については入国許可を出している、という可能性があると個人的には見ているのです。

日韓が入国制限緩和へ協議中=韓国メディア

さて、入国関係では、こんな記事も紹介しておきましょう。

企業関係者の入国制限緩和へ 韓日政府が協議中

韓国と日本が、企業関係者の入国制限を緩和するための交渉を進めていることが、12日分かった。<<…続きを読む>>
―――2020.08.12 18:06付 聯合ニュース日本語版より

これも聯合ニュースの記事ですが、「韓国外交部と韓日の消息筋によると」、日韓両国政府は7月末から外交チャネルを通じて企業関係者に対する入国制限の緩和策を協議中だ、としています。

また、聯合ニュースは今回の協議が「企業関係者の入国制限緩和に関する韓国の提案を拒んできた日本が立場を覆したことで実現した」と述べていますが、情報源が韓国メディアであるため、このあたりについては100%信頼して良いのかといえば疑問でしょう。

むしろ、個人的な見立てでは、日韓両国の人的往来再開というニーズが強いのは韓国の側であり、日本の側ではありません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、逆にいえば、入国制限緩和という交渉も、韓国側が変なことをしたら止まってしまうという可能性はあると思います。

実際、2016年12月末に韓国・釜山(ふざん)の日本総領事館前に慰安婦像が設置された際には、翌週の2017年1月6日、日本政府は日韓通貨スワップ再開交渉や日韓ハイレベル経済協議などを打ち切ったという実例があります。

現在、日韓関係は人的往来が停止するなど、非常に脆弱な局面にありますが、かかる局面で自称元徴用工判決問題の資産差押え・売却、日本の対韓輸出管理適正化措置でのWTO提訴などの悪材料が積み重なっているというのも、非常に興味深い点ではあるでしょう。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    私のスマホが調子悪いのか、会計士さんの新しいサイトにまだ馴染めてないからか、スクロールが上手く行きません(爆笑)。「固まっているやん!」(驚き!)。

    先週、慰安婦像に土下座する安倍総理(擬きでは無く確信だ)を4日に公開する、なんて植物園のオヤジがほざいてましたが、僅か1週間で韓国マスゴミは「日韓は入国制限緩和に関する韓日協議が始まっている」って、ホンマかいな?(爆笑)

    それがまた日本からの要請なんて、信じられません(小笑)。日本の有能な方、行かなくていいヨ。相手が干からびる迄我慢!

    日韓来訪客はいつもの嘘発表でしょう。日本人が498人も韓国に行き、韓国人は100人来日?日本から入韓したのはパイロット、エンジニア、コパイ(今頃いないか)、CA、航空会社の乗員の移動、公館員の公務移動等をカウントすれば498人になるかもしれない。

    毎日、同じような嘘吐くな。

  2. chosenzin より:

    会話は本当に楽しいです。 両国間の戦争が起きるように願います。 憎悪が爆発するのを見たいと思います。

  3. だんな より:

    500人が、日本国籍の有る朝鮮人の可能性は、どうなんですかね。
    帰って来ないとなれば、ベストケースですが。

    1. 心配性のおばさん より:

      だんな様 本日は盆の入りらしいですよ。

      >日本国籍の有る朝鮮人の可能性は、どうなんですかね。
      >帰って来ないとなれば、ベストケースですが。

      まことに残念ではございますが、可能性は薄いと思います(笑)。なぜなら、半島の方々はとても利己的です。

      だぁ~いぶ以前になりますが、脱北した家族、たしか北朝鮮の高官だったかと思いますが、日本に船でたどり着いた彼らを同胞であるハズの在日の方々が日本国内への受入れを反対して岸壁でシュプレヒコールをあげていた報道がありました。

      つまり、脱北者家族を日本に受け入れることで自分たちの利益が損なわれると考えたらしい。報道を見て、自分達と同じ人間のすることとは思えませんでした。

      そのような方々が、故国が心配でその建設のために戻るというストーリーは呑み込めない(笑)。

    2. 墺を見倣え より:

      > 500人が、日本国籍の有る朝鮮人の可能性は、どうなんですかね。

      例えば、日本に潜入している工作員とかですか?
      背乗りしてたり、帰化してたりして、日本人に成りすましているカモ知れない。
      コロナ以前なら、青瓦台から人が来て、日本で作戦会議もありだったでしょうか、現在では、潜入工作員の幹部連中が訪韓するのかな?

      498人の内訳が知りたいですね。

  4. 匿名 より:

    シンシアリーのブログの過去記事にありましたが、日本人技術者(おそらく半導体生産設備メンテナンスのため)が、韓国に特例措置で入国してるとありました

    特例措置と言うのは、入国後の隔離期間無しということです

    だいぶ前の記事でした

  5. より:

    何時の日にか人の往来は再開するのでしょうけれども、今のところ日本側に再開を急ぐ理由は何一つありませんからね。ゆるゆると協議を進めればよろしいでしょう。

    そんなことよりも、明後日8月15日に、我らが文在寅大統領がどれほど”愉快”な演説をされるのか、期待に胸を膨らませております。

    1. だんな より:

      龍さま
      反日弱めな感じを予想します。
      去年と似たような感じじゃ無いかなぁ。
      そして、逆ギレまで。
      余り、期待していません。

    2. ちかの より:

      龍様
      ムンムンには金与正公主様への熱烈なラブレター風演説を期待したいでーす(^^;)

    3. だんな より:

      一応、去年の中央日報の記事を貼っておきます。
      https://s.japanese.joins.com/JArticle/256611?servcode=100&sectcode=110

  6. ボーンズ より:

    怪しいですね、韓国側の情報は。
    茂木外相が発言している条件を満足しそうもないので。
    いつものことですが、落ち着くまで放置で良いでしょう。

  7. 七味 より:

    紹介されている記事だけじゃないけど、入国規制の緩和について、
    「まずは企業関係者を緩和して、その後に留学生、観光客の順に順次緩和する」みたいな話を聞く度に、少し違和感を覚えるのです♪

    入国制限を緩和するのに段階を追って行うってのは分かるし、緩和する必要性の順番も、まぁそのとおりだなって思うだけど、この手の話をする時に入国を認める人数みたいな量的な話が出ないことが不安なのです♪

    今の入国制限って新型コロナ対策のためにやってるもので、外国人感染者が入国することによる医療体制とかへの負荷の増大もある訳で、どのくらいの規模なら問題ないのかって事がわからないので、ちょっと心配になっちゃうのです♪

    正直なとこ、1人2人来たところで国内の感染者数とかには対した影響ないだろうけど、1000人とか1万人が来ることになると、その人たちからの感染も無視できない数になっちゃうように思うのです♪

    「何人くらいの入国ならちゃんとコントロール出来る。企業関係者として入国を認める者は!それよりも少ないから大丈夫なんだ」みたいな話が聞けたらいいなって思うのです♪

  8. 韓国駐在って難しい より:

    入国について、6月時点の情報として、私が知っているのは以下。知り合いの知り合いとかさらにその知り合いという条件であれば、500人中5人くらいは知っている人になります。
    ①外国人登録証を持っている人
    ②ビジネスや国益に資すると判断されるなどし、VISAを取得した人
    韓国は、完全にはVISA発給を止めているわけではなく、時間がかかるだけで、取得は可能です。(韓国大使館領事部のHPに申請方法は載っていますので、隠しているわけではありません。)
    一方、日本はVISAの申請自体を受け付けていないようです。(現地社員を日本に派遣しようと、大使館領事部に電話しましたが、申請自体を受け付けてないと言われました。100人も入国しているなら、裏技ありそうですが、、)
    条件は厳しいなりに日本からの入国は受け入れているのに、緩和を要求していることから、韓国としては不況であぶれている韓国人を日本で働かせたいから緩和しろと言っているのではないかと思います。

    1. 通りすがりのA より:

      韓国駐在って難しい様

      >不況であぶれている韓国人を日本で働かせたいから緩和しろ
      朝鮮民族がどんな民族か判ってても日本企業や学校が受入しそうですね(-_-;)
      よって、日本政府で対応する場合、各種ビザおよび在留資格、帰化の資格要件を爆上げ(事実上の禁止措置)すれば良いかと思います(笑)
      ついでに、在韓大使館および公使館でのビザ等の発給業務は未来永劫終了させておき、日本本国へ必要な書類を送付させるようにすれば尚良いかと(笑)
      日本で朝鮮民族が在住可能な定員を既にオーバーしていますので(笑)

      1. 七味 より:

        韓国駐在って難しい様
        通りすがりのA様

        お二人のやりとりを見て思ったけど、新型コロナ対策のための入国制限を緩和しても、おかしな像のある大使館とかでは業務できないって言って、事務の人を日本に返せば、VISAの発給も止まるから、入国を阻止できるんじゃないかな?って思ったのです♪

    2. りょうちん より:

      コロナ以前は日本は空前の人手不足でしたが、コロナ後は、一転しました。
      大学生の娘の話では、飲食店のバイトの多い大学生は干上がっているそうです。
      コンビニバイトなどに移行しているそうですが、既に外国人バイトに占められているそうで、コンビニの外国人バイトはビザとか大丈夫なんだろうかと思いました。

  9. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    ブログ主様
    今はたまたまコロナ禍で往来が止まっておりますが、ワクチンが普及するなどして状況が改善すると人の交流も再開してしまいます。コロナ禍はダメージが大きいですが、中にあるほんのわずかのよいところを最大限に利用すべく、なんらかの法的措置(VISA厳格化など)を今のうちにやらないといけないですね。
    政府としてはその口実を待っているのだと期待しております。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。