裏目に出るか?WTOがパネル設置=対韓輸出「規制」

昨日の『日本の対韓輸出「規制」、本日にもWTOパネル設置か』では、日本の対韓輸出管理適正化措置を「輸出『規制』」だと述べる韓国側が日本をWTOに提訴する手続を進めている、という話題を取り上げました。とりいそぎ、続報です。WTOは昨日、パネルの設置を正式に決定したそうですが、このことは日韓政策対話の停滞と日本の対韓輸出管理の「再厳格化」というかたちで、韓国にとって裏目に出る、という可能性はないのでしょうか。

さて、予想どおり、パネル自体は設置されたようです。

韓日の輸出規制紛争「本格化」 WTOがパネル設置を決定

世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は29日(現地時間)、スイス・ジュネーブのWTO本部で定例会議を開き、日本の対韓輸出規制強化を巡り、韓国が要請した紛争処理小委員会(パネル)を設置することを確定した。<<…続きを読む>>
―――2020.07.29 19:57付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、韓国側が日本の対韓輸出「規制」強化を不当だと訴えている問題を巡り、WTOはパネルを設置することを確定したのだそうです(※輸出「規制」という誤植は原文ママ)。

といっても、加盟国の全会一致の反対がなければ、パネルの設置自体は実現します。

問題は、韓国のこの行為が何を意味するか、でしょう。

詳しい議論は昨日の『日本の対韓輸出「規制」、本日にもWTOパネル設置か』でひととおり説明しましたが、早い話が今回のWTOパネル設置により、日韓の政策対話自体がしばらく開かれなくなる可能性が高く、その分、日本が韓国を再びランクダウンする可能性も出てきたといえます。

しかも、聯合ニュースが伝えた韓国側の訴えは、

日本政府が韓国に対し、フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)の3品目について輸出規制を強化したことで、韓国への輸出が不必要に遅れ、不確実性や費用などが増加した」(※文章中の「輸出『規制』」という誤植は原文ママ)

というものであり、日本政府のもうひとつの措置である、韓国を「(旧)ホワイト国」から除外したというものは、今回の訴えには含まれていません。

ということは、少なくとも日本政府としては、韓国を現在の「グループB」から、今度は「グループC」あたりに再ランクダウンしても、韓国政府としては文句は言えない、という話でもあります(あるいは、韓国に配慮して「グループK」または「グループ特A」でもつくってあげるべきでしょうか?)。

また、今回のWTO提訴にも関わらず、日本政府は当然、リスト規制品については個別許可の対象とする品目を増やすこともできます。

韓国の今回の決定が裏目に出る可能性は、相応にあるのかもしれませんね。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    中国に対する圧力も世界中で強まりつつあります。
    中国とその影響下にある南北朝鮮をまとめて特Aに指定する日が来るかもしれません。
    あっ、その場合には「り地域」にならって、アルファベットではなく仮名標記すべきですね。

    1. れんげ草 より:

      イーシャ様
      段階的な移行になるのでしょうか?
      先ずは【グループK】
      で、北との統一を急いだり宗主国側に靡く素振りが鮮明となったら待望の【グループ特ア】
      ところで、特アの特は特定の特?特別の特?もしくは特殊の特でしょうか?

  2. ちかの より:

    おはようございます。
    特Aグループいいですね!
    ホワイト国待遇除外が、実際の手続きの変更問題以上にアチラのプライドというか体面を痛く刺激して効果的だったように、さらなる待遇変更は制裁としては効くと思います。
    先日の菅官房長官の土下座像へのコメントのように、日本側の対韓国マニュアルに変化があるのは、やはり何かフェーズが変わったような?
    制裁発動への助走に入った?

  3. 門外漢 より:

    日「単なる管理の厳格化です」
    韓「規制だ!」
    日「規制はこんなんじゃありません、て」
    韓「規制だ!」
    日「じゃ、規制がどんなものか、試しにやって見ますか?1年くらい」
    韓「・・」

  4. ボーンズ より:

    更新ありがとうございます。
    去年の7月以来、輸出状態の監視は厳しくなっているのではないかと考えております。
    核開発や軍事関連に必要な物資はもとより、半導体生産に必要な機器や最新の高度技術などについても対象となっているでしょう。
    (この辺は、対中国が含まれる)

    今回の訴訟とは直接の関連はありませんが、国益上重要である法人に対する海外法人からの出資規制についても最近強化されました。これは大陸国対策になります。
    (昨今の世界情勢に対応したもの)

    1. ボーンズ より:

      当然おかしな動きが見えてきたら、審査が厳しくなったり、管理対象品目が増えるなどの締め付けを厳しくしていくことを躊躇無くできるような状況になったとも言えるでしょう。

      「り国」のランクが別格になる日がアルかも…

  5. カズ より:

    このことで、国際社会に「韓国の常識は世界の非常識」だと認知されればいいんですけどね。

  6. だんな より:

    この韓国側の訴えでは、例え韓国が買った場合でも、ホワイト国には戻らないですよね。
    韓国が勝った場合に、何が変わるのか分かる人、いませんか。

    1. だんな より:

      失礼、韓国が勝ったの間違いです。
      これは謝罪では無く、訂正ニダ。

      1. イーシャ より:

        だんな 様

        いえいえ、間違っていません。
        韓国が勝つとすれば、韓国が票を買った場合です。

        あっ、売春婦をあてがったり、審査員を監禁したりという手もありましたっけ。

    2. カズ より:

      何となくですが、韓国が間違って勝ってしまえば・・。

      日本は、国際社会のお墨付きで戦略物質を無制限に自由貿易できてしまうのかもですね。

      (韓国が買ってるのは「ヒンシュク」ぐらいなのかと・・。)

    3. わんわん より:

       設置されたパネル内容によるのではないでしょうか?

       日韓のバルブダンピング裁定に際し
      日韓双方が「勝利宣言」を行うと言うおかしなことが起こりました
       なぜそのようなことがことが起こったのかを解説した記事があったので参考にされたらいかがでしょうか?

    4. 伊江太 より:

      だんな様

      最近どこかで、潘基文を国連事務総長に据えたのは、自らがつくった国連という組織が全くの役立たずになったのに業を煮やしたアメリカが、その権威を失墜させるために仕組んだ高等戦術だという説を目にしました。

      真偽のほどは怪しいが、結果としてはそうなってると言えなくもなさそうですね。顰みに習って、ここは一番裏工作で、アッと驚く兪明希WTO事務局長当選なんてのを実現させてやるのも一興では?

      いっときお祭り騒ぎで大いに盛り上がるでしょうが、とどのつまりが、韓国人をトップに戴いた組織は必ず没落、結果自国への悪評だけが残るという法則がまたひとう増えるだけとなれば、さすがに少しは世界を見る目の甘さ加減を思い知るきっかけくらいにはなるかも、ですよ??? まあ、韓国人がそんな風に考えるわきゃないか(笑)

      1. だんな より:

        伊江太さま
        韓国人は、自分が悪いという考えを、しないと思います。
        潘基文元国連事務総長が、韓国内で無能だったという評価も、聞いた事は有りません。
        縁故採用などで、韓国人にとっては、都合の良い事務総長だったんだと思います。
        WTOの事務総長選挙では、有力女性候補で一番先に脱落すると思います。

  7. G より:

    じゃあWTOに訴えて、韓国はどういう救済を得たいのでしょうか。輸入するための書類をもうちょっと簡素化して欲しいということでしょうか。ただ、それってWTOの仕事なのかなと思います。

    WTOとしては、輸入障壁(あるとして)の被害額を算定して、対抗措置の関税を認めると言った措置を取るといたことが普通のように思えます。ただ、被害額っていくら?一時の遅延があっても輸出許可はおりてて、被害額なんて存在しないわけですし。

    そもそも韓国に現在行っている対応は、ごく一部を除く諸外国と全く同じわけで、「韓国だけには他の国と違った優遇措置を続ける必要がある」とかいうんですかね。

    実際のところ「判定勝ち」と勝ち誇るくらいしかできないわけですよ。日本としてはあまり真面目に取り掛からなくてもいいのかも

    1. 匿名 より:

      G様

      まさしく、「判定勝ち」を取る事が目的なのだと思われます。
      現状としては、必要な物資は輸入されている(被害が無い)はずで、無理にWTOを使ってまでグループAに戻す実務的なメリットがありません。

      判定の内容として100%負けたとしても、それっぽい文言を「一言」でも得る事が出来れば、彼らとしては判定勝ちなのです。
      それは、儀礼的な言葉や、配慮的な言葉でも構いません。
      それをもって、「日本に勝った」といえる事が最重要なのです。

      日本からした「アホか」と思えますけどね。。。
      物資自体は入ってきてますので、「日本に勝った」この一言が言えれば、内容で完敗しても、グループAに戻らなくても良いのです。
      日本は、0:100の術中に嵌っているとも言えます。

      その点も含んで日本政府には対応をしていって貰いたい所です。

      1. 一読者改め二読者 より:

        >物資自体は入ってきてますので、「日本に勝った」この一言が言えれば、内容で完敗しても、グループAに戻らなくても良いのです。
        日本は、0:100の術中に嵌っているとも言えます。

        優れた考察と思います。
        「日本に勝った」この一言が言えれば。この点ですね、これを言わせしめることがなきよう、日本政府には厳格な舵取りを期待申し上げます。
        国際世論は良く鳴く犬の声に流されガチですから。

  8. 七味 より:

    >韓国の今回の決定が裏目に出る可能性は、相応にあるのかもしれませんね。

    まあ、韓国は韓国でそのへんの損得勘定はやってるだろうし、国産化も成功したそうだし、どう転んでも問題ないって算盤弾いてるんじゃないかな?

    あとはG8に押しかけて、議論の邪魔をすれば、中国様にも良い子良い子して貰えるし、その後、北朝鮮と一緒になって核保有も実現!ヤッタネ(๑˃̵ᴗ˂̵)و✻(v^ー°)‼
    みたいな道筋なんじゃないかな〜

    (°σω°)ホジホジ(°σω°)ホジホジ

    1. より:

      > どう転んでも問題ないって算盤弾いてるんじゃないかな?
      まあ、この辺が現韓国政府が現実認識能力を完全に欠いていると言われる由縁ですわな。
      少なくとも、日本としてはWTO小委員会で審議中は、扱いを変更することも協議することも一切行わなくて良いので、楽と言えば楽な話。折角だから、対象品目を増やしてやってもいいくらいで。

      どなたかも言われている通り、韓国政府としては、裁定文のどこかワンフレーズでもいいから切り取って「日本に勝った」と国内向けにアナウンスできればそれで十分なんでしょう。ちょうど約1年半後くらいに次期大統領選挙があるので、その頃に間に合えばOKということで。穿った見方をすれば、それを見越してこのタイミングでのパネル設置を目論んだのかもしれません。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国はBグループから、Cでは他国に失礼なので「C -」で宜しいんじゃないですか?ついでに中国も。とってもお似合いです。また3品目に限らず、厳格化する品目をどしどし増やしてあげましょう。

    WTO事務局長に韓国の兪明希氏が立候補して、日本は「当然1票を投ずるだろう」って記事、間違いですよね(笑)?。百回しても0回です。あり得ない。しかしこの女史も怖い目してますねー。ガン飛ばし?半島特有の(嘲笑)。無慈悲な感、マンマン。企み事お似合いですう。

  10. 愛知県東部在住 より:

    詭弁と論点ずらしが国技である国との論戦は本当に疲れるものだと思いますが、日本政府には是非とも頑張って頂きたいと思っています。

    自由貿易と国連決議による経済制裁とは、全く別次元の領域の概念であることを知らしめる為には、韓国が行ってきた(であろう)悪事の数々を白日の下に晒すぐらいのことは当然考えているものと信じたいですね。

    こうなってくると今一番気になるのはパネルに派遣されるメンバーの構成です。まさかお公家さん集団の外務省主導なんて事にはなりはしないかと一人気を揉んでおります。是非とも経済産業省の強者を送り込んで貰いたいものです。できれば韓国をホワイト国に認定したときにあちらの官僚を教育したメンバー辺りに出張って貰うのがベストなのでしょうが、その多くはもう退官してしまっていますからこれは無理かもしれません。

    いずれにせよ、今回ばかりは前回の鉄を踏まぬよう踏ん張って貰いたい所です。

  11. 猫足らず より:

    メディアはグループと関連付けた報道をして印象操作していますが、争点は「(政治要因で)フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)の3品目の輸出が不必要に遅れ、不確実性や費用などが増加した」です。

    彼の国の目的は判決で完全敗北しない限りは、自分に有利な判定を強調して国内外に日本が不当だと宣伝する事ではないでしょうか。もちろん国内の精神勝利や国際的な日本下げも目的でしょう。
    それにより本来関係ないグループ関連でも活用しようとしているのではないでしょうか。すでに印象操作をバンバン行っています。

    日本は3品目の急な管理厳格化の正当性を示さないといけませんが、フッ化水素については話題になっていますが、フッ化ポリイミド、レジストについては話題になった記憶がありません。私が知らないだけかもしれませんがこれらはどうなんでしょうか?
    私は今までのWTOの判例を見ると日本が完全勝利する可能性は低く、日本の実績を見ると思いの他不利な判決が出るのではないかと危惧しています。

  12. 匿名 より:

    >日本が韓国を再びランクダウンする可能性も出てきたといえます。

    日本側としては目的外使用されることもなくつつがなく輸出できて日本企業が利益を上げてくれればいいので、これ以上韓国側の不買を促すような措置をする理由はないでしょうね。韓国側もつつがなく輸出されているうちはこの件で対話せずWTOで店晒しになっていても何の実害もないですし。それこそ徴用工問題と輸出管理問題と安全保障問題は別ですしね。

  13. だんな より:

    とりあえず、WTOのサイトで、韓国の訴状?までは、辿り着きましたが、ようわからん。
    https://docs.wto.org/dol2fe/Pages/SS/directdoc.aspx?filename=q:/WT/DS/590-4.pdf

    1. 阿野煮鱒 より:

      韓国の訴えは、概ねこれまで各種メディアが報道した内容と大差ないようです。

    2. より:

      韓国が主張するところの日本の不当な措置とやらの核心は”IDENTIFICATION OF THE MEASURE”に記述されてますが、要約するとこんな感じです。

      6. 2019年7月1日に日本国経済産業省(以下METI)は件の3品目の輸出について、輸出許可を得るための必要事項や手続きに関して過度に厳しい(unduly stringent)追加要求を実施するとアナウンスした。
         <註: 何をもって「過度」と言っているのか、本節では示されていない>
      7. それらの追加要求は、過去の幾つかの通達に基づいている
      8. 上記アナウンスに従って日本は韓国をホワイト国リストから除外した。そのために、日本の輸出業者は件の3品目を韓国に輸出するにあたって、過度に複雑で面倒な手続きが必要になった。
         <註: 何で韓国が日本の輸出業者の手間について心配する必要があるのか不明>
      9. 個別の輸出許可案件についても、膨大な要求事項(significant number of requirements)を満たすことが必要になったため、韓国への輸出に当たって、不要な遅延やコストが発生するようになった。
         <註: 余分な手間がかかるようになったのは、あくまでも日本の輸出業者のはず>
      10. 追加措置実施に当たり、日本は「韓国の会社による輸出後の重要物資(sensitive items)の不適切な管理が最近明らかになったので、より厳格な輸出管理が必要になった」と表明したが、韓国としてははこのような措置は政治的な意図に基づくもので、正当性を欠いていると考える。
      11. 韓国から見れば、追加措置は政治的な意図に基づくもので、事実上の輸出制限である。
      12. 2019年12月20日、METIは若干の追加措置修正を発表し、それに基づいて特定企業へのレジスト・ポリマーの輸出が実現した。しかし、依然として他2品目については、包括輸出許可(bulk license)は許可されないまま残されている。
      13. 12に示す包括輸出許可も、特別包括輸出許可であって、一般包括輸出許可ではないため、いろいろと面倒な手続きが必要となる。
         <註: 再々繰り返すけど、面倒なのは日本の輸出業者であって、韓国の輸入業者ではない>
      14. 2019年7月1日および12月20日の通達こそ、韓国が不当と見做す措置である。
      15. 以上の問題について、韓国はパネルを設定するよう要請する。

      なんとゆーか、途中で突っ込むのも馬鹿らしくなるような内容なんですが……

      1. だんな より:

        龍さま
        翻訳ありがとうございます。
        大体はGoogle翻訳で分かったんですが、何を訴えてるのかが、良く分かりませんでした(日本語で3回読んでも、今一つ分からない)。
        訴状を見ても、韓国の主張は、「韓国としてははこのような措置は政治的な意図に基づくもので、正当性を欠いていると考える。」だけで、ただの「言い掛かり」ですね。
        WTOパネルでの争点は、政治的な意図の有無と、不適切な管理になるんでしょうね。

        1. より:

          何しろ訴状には韓国がどのような被害を被ったかが全く記述されていない、強いて言えば「不要な遅延が発生した」くらいなので、何を争点としようとしているのかすら全く不明です。仮に政治的な意図があったとして、その何が悪いのか、常識的に考えれば「そんなもん二国間でやれよ」となるでしょう。

          なので、合理的な解釈を試みるのは時間の無駄と考えます。ただ、「日本をWTOに提訴してパネル設置にまで至った」という事実、そしてあわよくば裁定文の片言隻句から「日本に勝った」という、いずれも国内向けのプロパガンダができれば良いということなのだと思われます。なんとも迷惑な話ですね。

        2. ぷー より:

          そんなん言い掛かりでしょう、と一笑したいところですが、それでも韓国に負けた過去があるのですよね、日本は。日本の発信力、論破する力、ハッタリ、色々と不安要素ありです。これを機に、あの国の嘘に反論して打ち負かせていければいいですね。

      2. わんわん より:

         だんなさま

         「パネル」発掘?ありがとうございます

         龍さま

         翻訳ありがとうございます
        「バカの壁」を感じました

        1. 匿名 より:

          >「バカの壁」を感じました

          こんな風に韓国がWTO提訴しパネルが設置されたことに、日本側は「失望した」とコメントしてます。まさに「バカの壁」を感じた、おまエラの相変わらずのバカさ加減には呆れたよという意味ですが、韓国のマスコミも、ネチズンも「日本に失望させた」「韓国よくやった」という反応です。

          脱力しますが、そもそも「失望」とは、何かしらの「期待」があってそれが実現できなかった状況でしょう?日本の役人は彼らに何か「期待」してたのですか?そんな体たらくなら、そんな役人には日本国民こそ「失望」しますよ。少しは期待してるのですからw

  14. 非野阿礼 より:

    此の問題米中に置き換えて考えるとどうなるのでしょう、アメリカは良で日本は否なんて話に成ったら日本はアメリカと安保に関しても共同歩調が取れないと言う話に成るのでは無いでしょうか、間接的に中国へ戦略物資が流れるのを制御しているのですから。

  15. ねこた より:

    韓国の左翼の悲願は米韓同盟破棄と南北統一だと言われています。
    そして、韓国が米韓同盟を破棄した場合、必要になるのは自前の核兵器です。
    韓国が核兵器の開発を秘密裏に再開する場合、公的に核物質を輸入する事は難しく、他の手段で入手する事になると思われます。

    つまり、フッ化水素です。

    フッ化水素は韓国でも製造できますが、彼らからすれば、日本から輸入したフッ化水素を使用して日本に向ける核兵器を開発するのは、痛快なのではないでしょうか。

  16. 匿名@ より:

    ①「安全保障上の輸出管理」をWTOが否定する
    →核・科学・生物兵器などの開発が野放しになってしまう為、考えられない。

    ②必要条件を揃えたら、優遇措置を「与えなければならない」という裁定が下る
    →条件さえ揃えれば、イラン・北朝鮮などにも物資が渡ってしまう為、考えられない。

    ③個別の事案で、適正に輸出管理がされていない点を指摘される
    →あり得る。

    ①②は常識的に考えて難しいですが、③については具体的な事例が存在していた場合、日本に不利な裁定が下りる可能性があります。
    韓国はこの辺りを狙っていると予想します。

    1. 匿名@補足 より:

      ③は、対象品目の使用目的が明確で、過去の使用履歴等にも書類にも不備が無いにも関わらず、長期に渡って個別の輸出許可が下りていない等のケースを想定しています。

      恣意的な運用をしていると認定されると、日本が不利な立場に立たされてしまいます。

      ①②を否定されるわけではないので、「グループAに戻せ」という裁定は下らないと考えますが、K国は「日本に勝利した」と大騒ぎするでしょう。

      1. 匿名 より:

        まさに

        ・対象品目の使用目的が「不」明確で
        ・過去の使用履歴等にも書類にも不備が「あった」

        からこそのホワイトアウトだったわけでしょう?「では証拠を開示しましょうか?」「韓国側はかまわないのですか?」とはなりませんかね?

        1. 匿名 より:

          匿名 様

          ご指摘の点ですが、これこそが不安に感じる部分であります。
          管理強化措置から1年、具体的な事例が一つも示されておりません。
          全く無いとは思いませんが、内容として弱い可能性はありそうかな。

          ・他国との関係から開示出来ない
          ・充分な事例があるけど、意図的に出していない
          ・事例はあるけど弱い
          ・実は無い

          各種の状態が想定されますが、証拠を開示出来る事を絶対的な前提条件としてだけ考察するのは危険でしょう。
          K国は、「無い」「弱い」「あるけど出せない」という判断でのWTO提訴だと考えます。

          出せるのであれば、各種対応を考察するまでもなく、突きつけるだけで済みますから、それがベストというのは真理なのですけどね。

      2. より:

        輸出対象国をどのようにカテゴライズして管理するかは、完全に日本の国内問題です。なぜならば、管理対象となるのは日本の事業者だからであって、輸出対象国ではないからです。
        これで輸出を完全に停止したというのであれば問題とされうるケースもあるかもしれませんが、ご存知のように件の3品目を含め、日本から韓国への輸出は滞りなく実施されています。単に、韓国の輸入事業者が日本の輸出事業者に対して送付しなければならない資料が増えた、頻度が増したというだけのことです。これらは、例えば中国向けあるいはベトナム向け輸出管理においても同等の管理が行われている以上、韓国に対する差別的取り扱いというのも当たりません。

        ということで、ご懸念のようなことは起こり得ないと考えますが、万が一ということが仮に起きたならば、日本としてはとりあえず(機能停止中の)上級委員会への上訴はするでしょうが、アメリカと連携の上でWTO脱退という選択肢だってあり得ます。
        どの道、どのような裁定が下されたとしても、韓国は「日本に勝った」という国内向けプロパガンダを叫ぶでしょうから、そのつもりで準備を進めた方が良いでしょうね。

  17. 阿野煮鱒 より:

    我が国の離婚調停では、親権が男性に認められること滅多にありません。デフォルトは母親で、余程にその母親の育児実績や能力に問題があることを証明し、調停員に受け入れて貰わない限り、自動的といってよいほど親権は母親に与えられます。

    https://toyokeizai.net/articles/-/227742?page=6
    https://rikon.daylight-law.jp/qa/qa59/

    もしも、WTOが腐敗しきっており、偏見や買収によってバイアスのかかったメンバーがパネル(小委員会)の多数を占めているのであれば、日本がいくら正当性を訴えても聞き入れられない可能性もあります。

    福島産水産物の顛末を思い起こせば、今回もその可能性はあるかもしれません。

    パネルの裁定がどちらの言い分を認めようとも、負けた側が上級委員会に申し立てすることになるでしょう。

    現在の上級委員会(Appellate Body)のメンバーを見ると、アメリカ合衆国4名、日本3名、韓国2名、中国1名、エジプト2名、以下略。

    https://www.wto.org/english/tratop_e/dispu_e/ab_members_descrp_e.htm

    変なのが混じっているとはいえ、それ程買収されやすいメンバーばかりには見えません。それでも福島の件では負けたんですよねぇ。

    1. G より:

      上級委員リストは「過去の全て」ですね。現在任期が残ってる人は中国のお一人だけで、それも今年11月で終了。

      1. 阿野煮鱒 より:

        そうでしたね。ごしてきありがとうございます。

  18. H より:

    南朝鮮は日本との間に問題が
    あるとすることが大事
    戦ってるんですよww、日本と
    それしか精神を保てないんです
    いや、すでに狂ってる

    裏目にでようが、負けても
    誰かのせいにするか
    日本が汚い手を使ったと言う

    油断せず裁定に挑んで欲しい
    いい機会ですから南朝鮮が
    いかに異常か知らしめましょう

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。