朝鮮日報、「韓国外交にコロナ以後はないのか」と批判

早いもので、日韓両国政府がお互いの国民に対して短期入国ビザ免除措置を停止してから1週間が経過しました。その間、韓国政府は日本政府が入国禁止措置を唐突にとった、などと言い張っています(いつもの「ウソツキ病」でしょうか?)。こうしたなか、韓国政府が日本に対して発動した「対抗措置」が、韓国の外交的ポジションを非常にまずいところに追い込んでいるのではないか、とする指摘が、韓国メディアから出てきました。

ビザ免除措置停止から1週間

日韓両国がお互いの国民に対する入国ビザ免除措置を停止してから1週間が経過しました。

措置を改めて振り返っておくと、次のとおりです。

日本側の措置
  • ①3月8日までに中国、香港、マカオ、韓国に所在する日本の大使館や領事館で発給されたビザ(一次ビザ、数次ビザ)の効力の停止(3月9日午前0時~3月31日)
  • ②香港、マカオ、韓国に対するビザ免除措置の停止(3月9日午前0時~3月31日)
  • ③中国と韓国からの入国者(日本人を含む)に対する、「検疫所長の指定する場所で14日間待機する一方、国内で公共交通機関を使用しないこと」に対する要請措置

(【出所】外務省HP『新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の抜本的強化:査証の制限等について(追加情報等)』)

韓国側の措置
  • ①9日午前0時基準ですべての有効な日本旅券(外交官旅券、官用旅券含む)所持者に対する韓国入国時の査証免除措置を停止する
  • ②日本に駐在するすべての韓国公館で日本国民に対しすでに発給した査証の効力も暫定停止し、日本国内の大使館と領事館などで発給した単数査証と複数査証とも効力を失う(※韓国で外国人登録(永住資格含む)または居所申告が有効な場合にはこの措置には該当しない)
  • ③日本に駐在するすべての韓国公館で査証を申請するすべての外国人は自筆の「健康状態確認書」を提出しなければならない
  • ④日本から入国するすべての乗客は特別入国手順を踏まなければならない

(【出所】2020.03.08 12:53付 中央日報日本語版『韓国法務部、「9日午前0時から『日本人ビザ免除入国』停止」』)

日本が取った措置は、中韓などの出身者を基本的にすべて入国拒否にするようなものであり、これ自体が防疫という観点から有効なのかどうかという点は議論があるところでしょう。ただ、少なくとも中国は今回の日本の措置に「理解を示した」そうです(※下記記事参照)。

中国、日本の入国制限強化に理解(2020/3/6 17:47付 共同通信より)

このため、「防疫措置」に「対抗措置」を発動した韓国側の反応の異常さが際立っているという言い方をしても良いでしょう。

言った、言わないの問題に

ところが、韓国政府がその後持ち出してきた「言い訳」が呆れる代物です。

日本政府が韓国からの入国制限措置を導入するにあたって、韓国側に事前通告したかどうかという点を巡って、ひたすら日本に責任を押し付けようとし続けているようなのです。

韓国外交部「日本、事前通報難しいと話した」 日本の入国制限主張に再反論(2020.03.16 06:54付 中央日報日本語版より)

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に今朝掲載された記事によれば、「両国政府」が10日間にわたり「真実攻防」を続けている、のだそうです(※それにしても「真実攻防」とは耳慣れない言葉ですね)。

中央日報によると、韓国政府・外交部は15日夕方、3月5日時点の日韓外交当局間接触過程の詳細を明らかにするという「異例の措置」を取り、「日本側から事前通報や協議がなかった点をはっきりとしておきたいと思う」と述べました。

中央日報の報道をベースに、簡単に韓国政府の言い分をまとめておきましょう(なお、前後の文脈を踏まえ、言葉を補っているほか、日本語表現を修整している箇所があります)。

  • 3月5日午前、在日韓国大使館が外務省に、韓国外交部が在韓日本大使館に、それぞれ「入国制限措置があるかどうか」を問い合わせ、「(日本がビザ免除停止との報道が)事実なら韓国側と十分な時間を取って事前協議が必要だ」とする立場を伝えた
  • 同日午後、駐日韓国大使館は再度外務省に電話で事実関係を問い合わせたところ、外務省側は「該当する報道は誤報」と述べた
  • (それなのに)同日夕方、両国外交当局者間の電話会議で日本側が「今回の事案は今日の閣僚会議で討議後に決定する。事前通報は難しい」と答えた
  • 結局、韓国外交当局が日本側から入国規制についての詳細な説明を受けたのは、安倍総理の発表があったあとの午後9時ごろであり、しかも在日大使館を通しての説明だった

ただ、これまでも韓国政府は「事前協議は一言もなかった」と発表しているのに対し、中央日報の取材に応じた日本政府の核心関係者は「ただの一言も事前協議はなかったとする韓国政府の発表は事実ではない」「初期段階で韓国外交部が大統領府に十分報告できなかったのではないか」と述べたそうです。

構造はレーダー照射事件とまったく同じ

この一連のやり取りを見ていてピンときた人も多いと思いますが、「日本が全面的に悪い」、「韓国は悪くない」と言い張るのは、前例があります。一昨年12月20日に発生した、韓国海軍駆逐艦による日本の海自P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射です。

当時、韓国政府側は

  • 悪天候のため艦に搭載していたレーダーをすべて稼働していた
  • むしろ日本側が低空威嚇飛行を仕掛けてきた

など、言い分を次々と変えたうえで見え透いたウソをつき、日本に「逆ギレ」して来ましたが、結局、日本の防衛省側がレーダー照射の証拠を公表し、日韓協議を打ち切ってしまいました。要するに典型的な「ウソツキ外交」なのです。

もともと韓国政府や北朝鮮政府には「平気でウソをつく」という特徴がありますが、韓国政府による一連の説明に接して、正直「またか」という感想しか抱きません。

もっとも、ひとつ幸いなことがあるとしたら、日本政府は今回の局面で、韓国のことをもうほとんど相手にしていない、ということでしょうか。

とくに安倍総理としては、昨年の消費増税と今般のコロナ騒動で傷ついた日本経済を回復させるために、財務省と全面的に対決しなければならない局面が到来しています(『「1兆円もの日本国債が市場にあふれるぞ!」(爆笑)』等参照)。

「1兆円もの日本国債が市場にあふれるぞ!」(爆笑)

韓国政府がウソツキだという事実はレーダー照射事件の際に日本国民に周知徹底されたということもありますので、日本政府は今後、韓国政府の発表に対し、「それは事実ではない」と述べるくらいで良いと思います。

結果的に自分で自分を追い込んだ韓国政府

「コロナウィルス禍」という、本来ならば人類が一致団結して対処しなければならない局面で、こうした非常事態においてもなお、日本を貶めることに精を出す韓国という国を眺めていると、結局のところウソツキ国家が自分で自分を追い込んでいるのではないかと思わざるを得ません。

さて、韓国メディアの報道を眺めていると、いろいろと呆れることが多いのですが、ごく稀には「参考になる」と思う記事に出会うこともあります。それが、『朝鮮日報』(日本語版)に昨日掲載された、次の記事です。

【コラム】韓国外交に「コロナ以後」はないのか(2020/03/15 10:12付 朝鮮日報日本語版より)

朝鮮日報は、康京和(こう・きょうわ)外交部長官(※外相に相当)ら韓国政府高官の発言を巡り、「あたかもコロナへの対応を最後に外交をやめる人たちのようだ」と舌鋒鋭く批判します。そのロジックは、こうです(例によって日本語表現については適宜修正しています)。

  • 康京和氏は3月4日の国会答弁で「防疫能力がない国が(韓国からの)入国禁止という『野暮な措置』を取っている」と答弁したが、これはその時点で韓国に対する入国規制を実施していた92ヵ国を「防疫能力がない野暮な国」に位置付けたのと等しい
  • ところがその翌日、豪州、シンガポール、日本などが韓国からの入国禁止という隊列に加わるなど、いまや入国統制国は100を超えた。米国も追加の措置を取るとの懸念も高まっている
  • 一方、外交部のある幹部は3月6日に記者の取材に応じ、約100の国を「自国の医療システムや防疫能力に自信がない国」と「医療システムが完備され防疫能力が相当な国」の2つのグループに分け、後者の国々については「非科学的で非友好的な措置を行った」と説明した
  • つまり、外交部のおかげで世界の半分の国が「無能」か、「韓国に非友好的な国」ということになってしまったのだ

…。

なるほど。

その場しのぎのウソを重ねた結果、論理的に韓国政府は全世界のうちの半分の国を「無能な国」か「非友好的・非科学的な国」に分類してしまった、ということですね。

朝鮮日報にいわせれば、韓国はこれまで中国からの入国を禁止しない決定を維持して来たものの、日本からの入国制限措置にはカッとなって対抗措置を発動したことで、韓国政府の論理の一貫性まで失われた、ということです。これについて朝鮮日報は、

青瓦台は日本だけに入国制限措置を取った理由を正当化し、不透明な検査方式によって「コロナ感染者の数が氷山の一角かもしれない」というCNNテレビの報道も引用した。それが理由であれば、武漢コロナの流行そのものを隠蔽(いんぺい)しようとし、感染者と死亡者の数を操作したと外信からしきりに疑われてきた中国に対しては、なぜもう少し早く入国制限をしなかったのか。

と韓国政府を咎めるのです。ナチュラルにウソばかりつく韓国政府に論理の一貫性などを求めたとしても、あまり意味はないと思うのですが…。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

つまり、韓国政府が先週、日本国民に対するビザ免除措置を停止するなどの対抗措置を発動したことは、韓国政府にとっては外交上の論理の一貫性を失わせ、結果的に対日外交以外の分野においても韓国の立ち位置を難しくした、ということでしょう。

いずれにせよ、私たち日本人がしなければならないのは、隣国の失敗事例は失敗事例として他山の石としつつ、防疫という観点から新型武漢コロナウィルスSARS-CoV-2感染者数の増え方のピークを抑え、医療崩壊を防ぐために一丸となることではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ハゲ親父🐧 より:

    多分、コロナで全滅を覚悟しているニダ。🐧(そんな訳ないか)

  2. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     おそらく韓国は、「日本の新型コロナウィルスは、他の国の新型コロナウ
    ィルスとは違う」と言い出すでしょう。

     駄文にて失礼いたしました。

  3. 匿名希望 より:

    テーマは変われど、「嘘 → 言い逃れ → 責任転嫁 → 難癖 → 逆切れ」を繰り返すのだと思います。

  4. イーシャ より:

    実体経済と金融の崩壊が近づき、武漢肺炎が蔓延するなか、世界中に絶縁宣言。
    韓国アポトーシスのときが近い。
    それだけのこと。

    1. 94110 より:

      細かいツッコミで恐縮ですが、イチ生物学徒としてはネクローシスのほうが合っている気がします。

      全体の秩序を保つために自ら死ぬ、傷ついた結果として中身ぶちまけて死ぬ(壊死)、という違いです。

      1. イーシャ より:

        94110 様

        彼らが霊的に生まれ変わる為に、そのDNAに準備された終了プログラム」発言 と、
        それに対する3つ目の私のフォローからの流れです。

  5. 一般市民 より:

    コロナ以前にも外交があった気はしないのは、私だけでしょうか?

  6. だんな より:

    朝鮮日報の記事は、韓国政府から目を付けられそうな位、良い内容の記事です。
    いずれの記事も、コメントしてますので、韓国政府が言った言わないに、何故これほど感情的になるのかを、考えてみましょう。
    1.嘘だから。
    菅官房長官が、言ってる事が事実なのは、過去に何度も同じ事が、起きてますので議論しません。
    レーダー照射事件でも、嘘だから論点を変えながら、主張を継続しました。今回も、まだ引きずるかも知れません。
    2.国民の興味を日本に向けたいから。
    韓国政府は、日本にだけ対抗措置をして、中国には何も出来ないという批判を国民から受けています。
    これに関しは、感染拡大初期に、韓国の専門家が中国からの入国禁止を主張した時に、文大統領が色々理由を付けて、規制しませんでしたので、政権の弱みとして継続しています。
    それから目を逸らす為の可能性は、あるんじゃないかと思います。
    3.馬鹿だから。
    まあ、それを言っちゃあお終いなんですが、韓国のニュースの殆どは、「馬鹿だから」に分類出来ます(というか、私は分類しています)。
    今回も韓国が、日本から入国規制を受けると、どういうメリット、デメリットが有るかを、考えられていたとは思えません。
    韓国在住日本人さんも、言ってましたが、日本人技術者の入国規制をするだけでも、韓国経済に悪影響が出ます。
    後先考えずに、感情的な対応をしてしまう所が、馬鹿だからになります。
    困るなら、困るなりにその期間を最短にするには、どうしたらいいかを考えるのが、日本人の感覚でしょう。
    とりあえず、言ってみたニダ、やってみたニダで、何も実現されていません。
    ウォンが1220を超えて来ました、コスピも下げに変わっています。
    最悪の時に最悪の選択をするのは、韓国人の特性です。
    どうなります事やら。
    知らんけど。

    1. 匿名 より:

      私も朝鮮日報は、たまに良い記事を出すとおもいます。

      それに対して、韓国のコメントは土着倭寇とディスります。
      嘘の反日教育のせいで、分断された国家がまた分断されつつある状態のように感じます。

      朝日も共産党も、フォローのしようがない状態だとおもいます。

      私は最近は、竹島返還と謝罪、嘘の反日教育を正す。
      これをやって初めて、毀損された日韓基本条約を再び考慮しても良いのではないかとおもっております。

      1. j より:

        jでございます。

      2. 越後屋お虎 より:

        結論を先に述べると、日韓基本条約の再協議は悪手だと思います。
        先の同条約締結は、米国の意向に沿ったもの。
        いまの米国は、トランプはどうあれ、国防・国務、いずれも、「韓国は中国にうちこんだくさびゆえに、死守せねば」という考えが主流です。で、あるならば、同条約再協議にでもなれば、アメリカの意向に沿って巨額の支援を負担させられるでしょう。そうなれば、日本国内の世論が、良くない方向に沸騰してしまうでしょうね。きっと。

  7. ボーンズ より:

    あれだけ感染防護をしていると喧伝しているのと裏腹に、他国から入国制限喰らっているのは滑稽としか…今更救援求めてもどこの国からも支援の手が届かないかも。
    もう国連加盟国の2/3以上から入国制限掛かっていたような…

    1. 伊江太 より:

      ボーンズ様

      >今更救援求めてもどこの国からも支援の手が届かないかも

      まあ確かに,一国の外交を預かる立場にあるほどの者が

      約100の国を「自国の医療システムや防疫能力に自信がない国」と「医療システムが完備され防疫能力が相当な国」の2つのグループに分け、後者の国々については「非科学的で非友好的な措置を行った」と説明した

      なんてことやらかしちゃ,もうどこからもまともに相手にしてもらえませんわな.どうせもうすぐクビになるんだから,これ以上外遊することなんかないと,思い定めてるんでしょうか.

      1. ボーンズ より:

        伊江太 様
        いつもの「ホルホル→アイゴー」になりそうです。

  8. 匿名 より:

    しかし改めて考えると対外的にも嘘が日常化している国・政府って凄いことですよこれは笑

  9. 老兵R2 より:

    文政権とその大統領府は信用に値しない。
    と云うよりは、韓国人は信用に値しない、と断言できそうです。
    レーダー照射やホワイト国除外のときも、そうでしたが、
    これからの二国間対話の際には、産経新聞等の信頼できるメディアを入れ、
    徹頭徹尾、可視化、公開放送させると宜しいのではないかと愚考します。
    「真実攻防」…何それ?
    そっちは生まれ変わっても嘘吐きだろうが、こっちは武士道の国だよ。

  10. 心配性のおばさん より:

    あの国のことは、どうでも、よござんす。

    この非常時です。構っている余裕は日本のみならず、どこの国にもあるとは思えません。
    見捨てて、先に進みましょう。

    1. 老害 より:

      心配性のおばさん さま

      >あの国のことは、どうでも、よござんす。
      >見捨てて、先に進みましょう。

      皆さんが半島に冷たいと、なぜだか嬉しくなってしまいます♪
      こんな私は、韓黒面に堕ちているのでしょうか…
      天国には行けない気がします。(まっ、いいか)

  11. 徳島県 より:

    韓国は、中国と一緒に「隔離」される未来しか思い浮かばない。

  12. 簿記3級 より:

    名誉欲しか持っておらず。常に場当たり的対応で信頼を失う。ただし口の上手い嘘つきは交渉力の強さでもあると思います。
    方向性と動機が完全に誤っているだけで異次元の行動力と不死身の耐久力
    日本にはない決断力の速さと変化への対応を見るとしっかりしたブレーンの国家に指示してもらえればかなりの成果を残せる民族なのではないかと思います。
    サムスンは同族なので駄目ですがイスラエル辺りにでも管理されたら面白いとことになるのでは。

  13. めたぼーん より:

    壮絶な自爆劇。これは韓国のオリジナルとして世界に誇って欲しいものです。また、この国では嘘から誠は出て来ないと思いました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。