「独裁者アベの悪行の数々を絶対に許すな!」(笑)

一部のメディアの調査によれば、安倍政権に対する支持率が急落しているようです。ただ、その急落した要因については、冷静に考えてみれば、「桜を見る会」騒動ではなく、コロナウィルス騒動にあると見た方が正しいのではないかと思います。こうしたなか、たしかに安倍政権に対する支持率は落ちているのですが、だからといって野党に対する支持率が高まっているというものでもありません。安倍政権におかれては、是非、「安心」ではなく「安全」を追求していただきたいと思う次第です。

安倍晋三という男の悪行の数々

唐突ですが、本日は皆様に、内閣総理大臣・安倍晋三がとんでもない悪行の数々を働いていることを、勇気を持って告発しなければなりません。

まず、安倍晋三は個人的な友人が経営する学校法人に対し、怪しい便宜を供与しました。

いうまでもなく、大阪府の森友学園と岡山県の加計学園です。

なにがどう違法行為だったのか、そしてその証拠については、安倍晋三が証拠を示さないで逃げたため、真相は闇の中に葬られていますが、それでも怪しいといったら怪しいのであり、疑われている側である安倍晋三が真相究明をしないことは言語道断です。

それだけではありません。

最近だと、「桜を見る会」問題でも安倍晋三はとんでもない悪行を繰り返しています。

「桜を見る会」は安倍晋三が公的なイベントである「桜を見る会」を使い、個人的な支持者を新宿御苑に招いて接待した事件であり、前夜祭では高級寿司が提供されているレベルのパーティだったにも関わらず、支持者からは5千円しか回収していなかったことが判明しています。

五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵

しかも、安倍晋三の事務所は政治資金収支報告書にこの収支を記録していません。

たとえ預り金であったとしても、おカネを受け取ったら収入に計上し、それをホテルに支払った時点で支出になります。これは簿記会計の基本です。私自身、これが「簿記会計の基本だ」という事実を知ったのはつい最近のことですが、あの毎日新聞の取締役が言うのだから間違いありません。

「会費集めただけで収入」が簿記会計の基本?まさか!

それだけではありません。安倍晋三の悪事は、ほかにもあります。「もりかけ問題」「桜問題」をごまかすために、地球に命じて地震や台風などの自然災害を発生させたうえ、新型コロナウィルスに命じて新型肺炎を中国と日本と全世界に蔓延させたのです。もう本当に許せません。

そして、安倍晋三の本当の悪事は、マスメディアや立憲民主党などの野党に対する国民の支持を失わせたことにあります。

野党の皆さんはこの期に及んで「コロナより桜が大事」を地で行く国会運営に終始していて、おそらく多くの国民は野党に対して呆れてしまっている状況であり、このことから、結果的に安倍晋三のせいで、自民党に対する支持率がかさ上げされてしまっているのです。

さらに、安倍晋三がなかなか尻尾を掴ませないため、結果的に新聞やテレビなどに対する国民の支持率が低下し、新聞社は読者を、テレビ局は視聴者を失い、どこのだれが運営しているのかわからない怪しげなウェブ評論サイトのアクセス数を増加させているのです。

もちろん、冗談ですよ!(笑)

…。

いかがでしょうか。

当ウェブサイトを訪問して下さるような方であれば、上記の「安倍晋三悪玉論」を読んで、思わずクスリと笑っていただけると思います。

「もりかけ問題」を巡っては、これを一生懸命、追及していた側である民進党(やそれらが空中分解して発生した立憲民主党など)の勢力がむしろ四分五裂してしまった状況ですし、また、「もりかけ問題」を一生懸命に追及していたオールドメディアは、軒並み部数減、視聴者減に苦しんでいるようです。

当たり前ですね。

「安倍晋三は刑法にいう『収賄罪』『斡旋収賄罪』などに抵触する行為を行った!」などと主張するなら、まだ話はわかりますが、「安倍晋三は怪しい!」などと主張するわりに、いったい安倍晋三総理大臣が何という法律の第何条に違反していたのか、という、ごく基本的なことすら指摘できないのですから。

それに、「疑われた側が無実の証拠を出せ」というのも、メチャクチャな主張です。

もし野党側が本当に安倍総理に何らかの問題があると信じているのであれば、その証拠をそろえて、検察に告発すれば良い話ですし、また、国会議員であれば国政調査権を持っているのですから、ちゃんと法律を学習したうえで、違法行為のポイントに絞って関連する資料を調べれば済む話です。

さらに、マスメディアの記者の劣化(※)については一層激しく、取材力も基本的な法律の知識もない人たちが政治記者をなさっている様子を見ると、「本当にこの国の政治記者の皆さんは大丈夫か?」と心配になってしまいます。

(※もっとも、マスメディアの記者が「劣化」したのか、もともと不勉強でレベルが低い人たちだという実情がインターネットの発達によって白日の下にさらされ始めただけなのかは存じ上げませんが…。)

つまり、2017年から足掛け約1年半、特定メディアや特定野党の皆さんが盛大に大騒ぎした「もりかけ問題」が残したものとは、国民の野党不信、メディア不信であって、昨年7月の参議院議員通常選挙でも、自民党が(圧勝とはいわないにせよ)そこそこの勝利を収めているのは、その証拠でしょう。

そして、「桜を見る会」騒動でも、結局は政権支持率を引き下げることができなかったのは、まさに特定野党や特定メディアが「もりかけ騒動」の失敗から何も学習していないからではないでしょうか。

最新調査では政権支持率が急落

もっとも、野党の皆さんが「コロナより桜」で国会を空転させているなかで、昨日公表された共同通信の内閣支持率調査によれば、政権支持率は前月比8.3ポイントも下落し、一気に支持率と不支持率が逆転してしまいました。

内閣支持率8ポイントの大幅急落で41%(2020/2/16 17:20付 共同通信より)

また、共同通信の記事に数時間遅れて公表された読売新聞の調査でも、下落幅は共同通信の調査ほどではないにせよ、やはり政権支持率が下落し、不支持率が上昇していることが確認できます。

内閣支持47%、前回より5ポイント低下…読売世論調査(2020/02/16 22:03付 読売新聞オンラインより)

さらに、共同、読売の両調査ほどではないにせよ、時事通信の先週金曜日の記事でも政権支持率は小幅下落しています(支持率と不支持率は逆転)。

内閣支持38%、不支持39% 1年半ぶり逆転―2月の時事世論調査(2020年02月14日17時03分付 時事通信より)

先月の『「桜を見る会」野党とメディアが一生懸命追及した結果』では、特定野党や特定メディアが一生懸命に「桜を見る会」を追及した結果、却って政権支持率が上昇したという現象を取り上げたのですが、今回の一連の世論調査では、これとは逆の結果が示された格好です。

「桜を見る会」野党とメディアが一生懸命追及した結果

おそらく、支持率急落の要因は、コロナウィルス騒動で政権の対応がまずい(というよりも「政権の対応がまずい」かのごとく有権者の目に映っている)ことだと思います。

あくまでも「後講釈」ですが、もしコロナウィルス問題が騒がれ始めた初期に、野党の皆さんが「桜問題」にさっさと見切りをつけ、安倍政権をこの問題で追及する戦略に切り替えることができていたならば、政権支持率はもっと下がったかもしれません。

自民党の支持率、ほとんど落ちていません

もっとも、先ほど紹介した3つの調査のうち、時事通信の記事では、2月の政党支持率についても調査結果が示されています。

これによると、自民党が前月比0.6ポイント減の24.3%、立憲民主党が前月比2.3ポイント増の5.6%などとなっているのですが、それでも全野党(プラス公明党)の支持率を合計しても、自民党一党の支持率の半分少々に過ぎません。

つまり、今回のコロナウィルス騒動で確かに政権支持率は下がったものの、その分、野党に対する支持率が顕著に上昇しているとは言い難いです(※もっとも、立憲民主党は3.3%から5.6%へ、支持率は1.7倍(!)に増えているので、「激増」といえるかもしれませんが…)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、以上を踏まえて、非常に僭越ながら安倍政権に対してひとつ、要望をさせていただくならば、「政権支持率を目的にして安心を買うために、安全を犠牲にする」、といった行動を取らないでいただきたい、ということです。

昨日の『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』でも指摘していただきましたが、「安心」と「安全」は似て非なるものであり、そして、得てして「安心」にはかなりのコストがかかることもありますし、ときとして「安全」を犠牲にすることもあります。

この点、政権によっては、「安全」を多少犠牲にしてでも「安心」を追求する、という対応をするかもしれません(とくに某政権がそうでしたね)。また、政権支持率が危険水域にあるのであれば、なおさらそのような歪んだ行動を取ってしまうかもしれません。

しかし、国益のために重視しなければならないのは「安心」ではなく「安全」です。

この点、安倍政権は現在、多少、政権支持率を犠牲にしても、「安心」よりも「安全」の確保に注力できる状況にありますので、是非、この機会を生かしていただきたいと思います。

なお、ケロお様の提言については、非常に優れたものですので、本稿にも再掲させていただきたいと思います。

  • そういう情報は今は意味ないですよ
  • 今までどおりの対策が大事ですよ
  • 風邪症状でPCRとかやるとむしろ感染者を増やすだけだよ
  • 肺炎を疑うような状態になったらできるだけ早く医療機関に相談しよう
  • でも肺炎をこじらせる前に受診してね
  • 医療関係者とか感染者とか検疫作業をしている人たちを責めても意味ないですよ

新型コロナウィルス騒動に関しても、私たちは科学的な知見に基づき、冷静に対応したいものです。

読者コメント一覧

  1. 人生休憩中 より:

    当然ですが内閣支持率が下がる/上がることと、政権交代が起こりえる確率が上がる/下がることは別物です。
    ですがこれだけ無様を晒した立憲の支持率が上がっているとは冷静じゃない日本国民が多いのだなぁ、と思うと同時にやはりまだまだマスゴミを信じ切っている人々が多いのだと思いました。

    個人的には電話調査にも思うところがあります、内容自体は正直そこまでよく覚えていないのですが…、中立的な立場からの質問ではない、と感じたことを覚えています。
    また、こちらは明確に質問に対し「はい/いいえ」で答えたのに対し「え、そうなんですか?」と不平そうな声で返答され不快でした。
    後日その調査がどうなったか結果を調べたところ有料記事でした。そんなに都合が悪かったんですかねぇ?

    調査対象に関しては妙に細かく情報を開示し、「おい信用しろ」と訴えかけているのに対し調査時質問内容に関しては全く規定がなされていない以上、はっきり言って結果の改竄と全く同じ程度に信用できません。

    「今回の政府によるコロナ対応は良いと思いますか?悪いと思いますか?」にいいえ、と答えたら内閣支持率が下がる、というようなことをしていても全く驚きません(流石にそこまではしていないと思いますが)。
    これはあまりにも極端な例ですが似た様な誘導は確実にされていると思います。

  2. クロワッサン より:

    赤松口蹄疫の時には大臣が口蹄疫対策をほっぽらかして外遊し、訪問国の方から逆に口蹄疫に対処しなくて良いのかと言われちゃうレベルだった事を思えば、担当大臣が国内に居てちゃんと対応しているのはマシだと思います。

    結局のところ、民主党政権が意味するのは、日本の野党は日本共産党同様万年野党として「無責任発言」をする存在で居続ける、って事ですね。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    共同41%、読売47%か〜。時事はええわ(笑)。当然内閣支持率は落ちるでしょうね。これはコロナウイルスのせいでしょう。桜では無い。やはり国民の生活、健康の為に直接関係のあることには、注目度は高いです。

    仕方ないですね。でも、日本はよくやっていると思います。

  4. KARUSATONOTORA より:

    今朝の朝日、毎日系の報道を見ていると
    政権支持率低下は桜を見る会問題によるものが主で
    そこに新型コロナ問題も加わった。
    そういった感じで報道しています。

    桜を見る会が本当に好きなようです。

    1. 匿名 より:

      読売もですね。

  5. だんな より:

    新宿会計士さま
    10 -12月のGDPか1.6%マイナスと出ました。
    こちらの国民や政権への影響も、まとめて頂けたらと思います。
    お忙しい事とは、存じますが、ご検討の程宜しくお願いします。

  6. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     独裁者アベの最大の悪行は、「日本社会を変えようとしている」という
    ことではないでしょうか。(もちろん、良い方向に変わるか、悪い方向に
    変わるかは分かりません)

     蛇足ですが、内閣支持率は新型コロナウイルスを防げなかった以上、下
    がるのは当然ですが、誰が総理でも事態を改善できないとなれば、安全な
    内閣支持率の値(?)が下がるだけではないでしょうか。

     駄文にて失礼いたしました。

    1. 山田内膳 より:

      引きこもり中年様

      現在の政府の対応を見た国民が「対応が甘い、遅い、危機感が無い」と感じているのが支持率下落の要因かと思います。現実の対応としては妥当なのですが、国民が「安心」を感じられないからでしょう。私も不安です。

      ただ世界各国の対応を見ると似た様なものです。ある程度時間が経って各国と比較ができて、日本の対応が標準である事が分かれば支持率は元に戻りそうです。現在は感情的な方々が多いですから。

      今回の事態の参考として、同程度の感染力を持った2009年の新型インフルエンザの場合では、国内発症者の確認から1か月で400人近くまで拡大、2か月でPCR検査を停止、9か月で収束宣言が出されました。
      今回の場合も国内で確認されてから1か月でクルーズ船と合せて感染者が400人と同じペースです。これが検査キャパの限界なのでしょう。おそらく3月下旬にはPCR検査を停止するものと見られます。数が増えすぎて対応できません。その後の経過はウイルス特性や治療薬の開発具合に左右されるので見通しは難しいです。

  7. 自転車の修理ばかりしている より:

    安倍首相は、わざと「桜を見る会」で隙を見せて、野党を桜問題追及へと拘泥させ、野党の評判を貶めようとしているのではないでしょうか。消費税率改定による経済失速や、コロナウィルスへの後手後手の対応など、真の失政から目をそらさせようとしているのではないでしょうか。(笑)

    もしそうだとすると、首相及び与党は確かに悪党です。それに乗せられる野党は阿呆です。

    私としては、無能な阿呆より有能な悪党に政権を運営して欲しいものだと思います。

    1. だんな より:

      自転車の修理ばかりしているさま
      アベ 桜をやれ
      野党 はい
      面白い想像ですね(笑)

  8. 匿名 より:

    マスコミの報道が桜を見る会により支持率下落したという解説は胸糞でしかない。
    マスコミを信じて安倍不支持に回ったわけではない。
    コロナウィルス対策で先手を打てたのに打たなかったのが問題。

  9. カズ より:

    「在日外国人からの献金問題に関しての国会での追及を躱すために、あの大震災を引き起こした」と言われかねない人たちが居た気がします。

    あの混乱が無ければ、もっと早く政権が代わってたのかもな知れないのにね。

    科学的な根拠に基づかない言動での楽観的な安心感と引き換えに、初期対応のまずさから多くの国民を生命の危機に晒した彼らは何の専門家だったのでしょうね?・・。

  10. 匿名 より:

    この期に及んでもなお 新型コロナは心配ない。安倍政権はよくやっている・・。WHOの事務局長が中国を評価しているのとそっくりですね。今回は対応が周回遅れで中途半端なのは隠しようがありません。いくら安倍支持者でも だめな時はダメだと叱咤するのが安倍首相のためでもあります。

  11. だんな より:

    今日の国会も、桜、桜、花盛りだったようですね。
    因みにお題は「集中審議(「COVID-19(新型コロナウイルス)への今後の対応」等内外の諸情勢」だそうです。
    安倍首相がやらせている説、有りかもしれません。

  12. こんとん より:

    2012年の山井和則さんのツイートです。
    立憲民主党の山井和則さんに聞かせてあげたいですw

    「審議を拒否して、国会を空転させて、政権にダメージを与え、政権を倒そうとする方法は、国民からは理解は得られないと思います。私は与党議員として審議拒否はせず、引き続き会期末までしっかり仕事を続け、法案を成立させるべく頑張ります。気に入らないことがあれば、国会に来ない。それはおかしい!」
    https://twitter.com/yamanoikazunori/status/240594162888630272

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。