南北経済協力で非核化努力を妨害する韓国政府

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、非常に有益な論考が掲載されました。執筆者はソウル大学経済学部のキム・ビョンヨン教授で、韓国政府が南北協力を今このタイミングで始めようとしていること自体、北朝鮮の非核化の機会を失わせることにつながりかねない、という指摘です。これについては朝鮮半島問題を巡る基本的な認識を再確認するという意味でも非常に有益な論考ですので、これを紹介するとともに、国際社会が「最大限の圧力」を採用するに至ったこれまでの経緯をあらためて振り返っておきたいと思います。

中央日報「今が南北協力を始めるときなのか」

いつも申し上げているのですが、韓国メディアの日本関連の記事には非常にトンチンカンなものが多い一方、日本以外をテーマにしたもののなかには、ごくまれに、読んでいてハッと気づかされる鋭い記事が掲載されることがあります。

こうした記事のひとつを、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に発見しました。

【中央時評】今が南北経済協力を始める時なのか(2020.01.29 15:04付 中央日報日本語版より)

記事末尾に「キム・ビョンヨン/ソウル大経済学部教授」とあります(※漢字表記がわからないので、本稿では原文どおりに「キム・ビョンヨン氏」と表記することにします)。

本文は2000文字少々と、この手の記事にしてはやや長めであり、また、学者の文章のためか、ややわかり辛い箇所もありますが、主張内容自体は非常に正当なものです。細かい表現や日本語文法の誤りと思われる箇所などについて修正し、要約しておきましょう。

  • 韓国社会の一部は、米朝非核化交渉が膠着している原因を巡り、次の3点に求めている
    • ①金正恩国務委員長の非核化意志は確実であるが、機会を逃せば失敗する
    • ②非核化交渉の膠着の原因は北朝鮮ではなく米国にある
    • ③韓国が北朝鮮に対する経済協力に動き出すことで、米国に交渉を促す必要がある
  • しかし、①②は過去2年間に観測された事実とは合わない。ハノイ会談や実務交渉で表れた北朝鮮の戦略、金正恩委員長の行動は完全な非核化という言葉とは距離があったし、交渉膠着が米国のためという主張も現実とは異なっている
  • 非核化のために制裁と経済協力のどちらかが効果的かを巡っては、実証的に評価する必要がある
  • 経済協力が非核化に及ぼす効果は実証されていないばかりでなく、現時点で北朝鮮に対する経済協力を推進すれば、北朝鮮が外貨収入を得ることで、非核化が失敗する可能性が高まる
  • とくに、もしここで北朝鮮の観光収入が急増すれば、結果的に北朝鮮の外貨準備高への打撃を半減させ、北朝鮮制裁に大きな穴が開く
  • 非核化の機会を失わせ朝鮮半島の平和を奈落に落とすかもしれないという意味で、南北経済協力を推進するという政府の発想は無謀だ

…。

いちいち、ごもっともです。

北朝鮮制裁、現在はどうなっているのか

この論考について検討する前に、なぜ国際社会が北朝鮮に対する経済制裁に踏み切ったのか、そして経済制裁は現在効いているのかどうかについて、簡単に現状を整理しておきましょう。

北朝鮮の核開発が国際的に問題となったのは、1990年代のことですが、これについて詳しく触れているのが、2017年2月7日付の中央日報日本語版『クリントン元米大統領、94年北朝鮮核危機に核施設精密打撃を準備』という記事です。

中央日報によれば、北朝鮮は1993年に核拡散防止条約(NPT)を離脱し、核実験とミサイル発射を強行。1994年には板門店で開かれた南北特使交換実務者会談で、北朝鮮の実務者が韓国側に「戦争が起こればソウルを火の海にする」と脅迫しました。

このため、当時のクリントン政権は北朝鮮の核施設の爆撃を準備したものの、「北朝鮮が報復措置として大量の長射程砲をソウルに発射する」と韓国政府が主張したため、結局は実行に移せなかった、とされています。

また、同じ中央日報の記事によれば、ブッシュ政権は2002年に北朝鮮を「悪の枢軸」と批判し、金正日(きん・しょうじつ)政権を除去するという計画を立てたものの、アフガン戦争やイラク戦争などに戦力を取られ、結局は北朝鮮攻撃を見送ってしまいました。

つまり、北朝鮮攻撃をするチャンスは過去に何度もあったにも関わらず、結果的に韓国政府の反対や中東情勢などが邪魔をした、ということです。

そして、北朝鮮は6ヵ国協議などを通じ、何度も何度も「この援助をもらえば核開発を諦める」などと国際社会を騙し続け、結局は経済協力をタダ取りしながら核開発を諦めてこなかったのです。

太陽政策はすでに破綻している

さて、「北朝鮮が国際社会を何度も何度も騙してきた」というのは、言い換えれば、「騙される側」もいた、ということです。騙された側とは、米国であり、日本であり、何より韓国でしょう。とくに、元韓国大統領だった故・金大中(きん・だいちゅう)の罪は非常に重いといえます。

金大中が掲げた「北風と太陽」理論とは、イソップ童話にちなみ、「韓国が米韓同盟を背景に北朝鮮との経済協力・支援の実績を積み上げ、南北関係を改善していけば、やがて北朝鮮が変化して改革開放に転じる」という、今になって思えば明らかに現実離れした発想です。

ただ、先ほど紹介したキム・ビョンヨン氏の論考にも出てきた、「北朝鮮に対して経済支援をすることで非核化を達成する」という構想は、あきらかにこの「太陽政策」と同じ発想に基づくものでしょう。

そして、これは「段階的非核化」という議論にもつながります。

段階的非核化とは、わかりやすくいえば、「北朝鮮がここまでやったら国際社会は経済制裁を部分的に緩和する」、という具合に、北朝鮮が少しずつ、小出しに非核化をすることを認める、という考え方のことです。これについては日本共産党が主張する「行動対行動」という考え方がよく似ています。

「行動対行動」が原則/朝鮮半島非核化 井上氏が指摘

日本共産党の井上哲士議員は19日の参院外交防衛委員会で、米朝首脳会談(12日)の歴史的意義を強調し、対話と6カ国協議の原則「行動対行動」を通じて信頼醸成を図り、朝鮮半島の非核化と平和体制構築のプロセスを前に進めるよう求めました。<<…続きを読む>>
―――2018年6月20日付 しんぶん赤旗より

そして、北朝鮮はこれまで、「段階的非核化」(または「行動対行動」)というまやかしを使い、小出しに少しずつ非核化のプロセスを国際社会に対して見せつけることで、あたかも非核化が進展しているかのごとく、うまく国際社会を騙して来たのです。

その意味で、金大中やその後継者である故・盧武鉉は、いずれも北朝鮮の「段階的非核化」というまやかしの共犯者だという言い方をしても良いかもしれません。

CVIDと「最大限の圧力」

ただ、こうした「段階的非核化」(または「行動対行動」)に対して出てきた考え方が、「CVID」、つまり核兵器の「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)です。

最近ではCVIDに代わって、FFVD、つまり「最終的かつ完全に検証された非核化」(Final, Fully Verified Denuclearisation)という表現を使うこともありますが、要するに「非核化を小出しにするな」、という意味ですね。

そして、このCVIDないしはFFVDの構想をうまく機能させるために必要なのが、「最大限の圧力」です。

現実には2017年9月11日の国連安保理決議第2375号や、同12月22日の国連安保理決議第2397号などで、北朝鮮に対する石油や石油精製品の輸出の制限、北朝鮮出身労働者などの締め出しなどが図られているのです。

先ほどのキム・ビョンヨン氏の論考でも、「北朝鮮の外貨準備高が減少している」という話題が出て来ましたが、これなどまさに、北朝鮮に対する経済制裁が強く効いている証拠でしょう。

もっとも、いくつかのメディアの報道によれば、北朝鮮では物価が非常に安定しているという、不思議な現象が報告されています(その典型例は、『アジアプレス・ネットワーク』というウェブサイトが運営する『<北朝鮮>市場最新物価情報』というページに掲載されている情報でしょう)。

しかし、当ウェブサイトでは昨年の『北朝鮮の経済制裁は「物価」だけでは測定できない』で解説しましたが、「物価が安定しているから経済制裁は効いていない」と述べるのは間違いです(人体に例えてみて、「平熱だからウィルスに感染していない」と結論付けるようなものです)。

現実には、さまざまな状況証拠から判断する限り、北朝鮮に対する経済制裁については、大なり小なり効いていることは間違いなさそうです。

なにより、『北朝鮮が韓国を痛罵するのは経済制裁が効いている証拠』で報告したとおり、北朝鮮がおりに触れて韓国を口汚く罵る理由は、北朝鮮に対する国際社会の経済制裁が強く効いている証拠だと考えて良いでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、問題は、『韓国、北朝鮮に対する経済制裁を公然と妨害し始めた?』でも報告したとおり、現在の韓国政府がなかば公然と、米国などの国際社会による北朝鮮制裁の努力を妨害し始めたことにあります。

韓国、北朝鮮に対する経済制裁を公然と妨害し始めた?

もちろん、「韓国国民の北朝鮮に対する個人旅行解禁」という構想自体、米国の反対により、おそらくは実現しないと考えて良いと思いますが、問題は、それだけではありません。

韓国政府が米国の同盟国を名乗りながらこのような構想を出すこと自体、米国など国際社会を試しているのと同じです。

こうした韓国政府の地道な行動の積み重ねが、米韓同盟を危機に晒していくのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 価値観が違いすぎる より:

    >③韓国が北朝鮮に対する経済協力に動き出すことで、米国に交渉を打名がガス必要がある

    米国に交渉をうながす?
    の変換ミスのようです。

    1. 新宿会計士 より:

      価値観が違いすぎる 様

      いつもコメントありがとうございます。
      ご指摘のとおりです。大変ありがとうございます、早速修正いたします。
      引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    キム・ビョンヨン/ソウル大経済学部教授という方、確かに言われる通りなんですが、そういうことをイキナリ新聞に掲載されると、お立場上マズイんじゃないでしょうか?(嘲笑)。

    と、言いたくなるほど今の韓国に言論の自由は無いです。皆、ソッコークビになって、唐揚げ屋ではねえ、、、。

    韓国側からよく出て来る南北交流、宥和政策ほど北朝鮮を甦らすモノはありません。白頭山観光(いったい何があるんやろ?韓国人はありがたがっているようだが)、開城工業団地の再開など、絶対駄目です。

    最高指揮者の文があの通り、金刈り上げしか見て無いので、もう最終カーブ、4コーナー回りつつあるのが現状です。はい。

  3. 豆鉄砲 より:

    北朝鮮の非核化については、北朝鮮と韓国のイランとの繋がりを断たねば成功しないと思います。アメリカが北朝鮮の非核化に大きく踏み出せば中東情勢があれる。完全に陽動ですよね。この陽動に韓国も絡んでいると思います。推測でしかありませんが。

  4. マイナンバー より:

    新型コロナウィルスの感染拡大などChinaリスクの顕在化なのか、Chinaに大きく経済を依存する韓国の為替相場で、ドル/韓国ウォン、円/韓国ウォンともに大きくウォン安傾向に。ドル/ウォン1200も目前。通貨安はキャピタルフライトのトリガーにもなり得るわけで、文在寅政権としては北朝鮮へ経済協力などと言っている場合ではないのでは?

    1. だんな より:

      マイナンバーさま
      ウォンドル1190を抜かれたようです(今1188)。
      ここからは、韓国政府の介入が入ると思います。
      来週以降は、面白くなると事を期待します。

      1. だんな より:

        今みたら、また1190抜けてました。
        明日は是非、しばらくぶりの1200攻防戦となって欲しいです。

  5. だんな より:

    北朝鮮の非核化に一番良い方法は、空爆だと思います。
    理想を言えば、朝鮮半島に国が存在しないのが、好ましいですね。

    1. ハゲ親父🐧 より:

      だんな様
      日本列島に影響の無い範囲(中露はどうなっても良い)でEMP攻撃なんて最高ですね。🐧
      一年程掛けて、半島西岸を中心に無人化すれば良いのです。🐧

      1. だんな より:

        ハゲ親父さま
        久々の悪い相談ですね。
        中露はどうなっても良いかも知れませんが、攻めて来ませんかね。
        ソウルに北からのロケット砲が降れば、十分じゃないですかね。かの国の資産の殆どは、不動産ですから。
        自分が買ったマンションに、しがみ付いて命を落とすとか、良い話ですよね。

  6. 愛読者 より:

    まず,その後の北朝鮮の分析から。
    見落としそうなニュースですが,金正恩氏の訪中計画は,やはりあったらしい。
    https://japanese.joins.com/JArticle/261989?servcode=500&sectcode=500
    分析が難しいのは,7年前に処刑されたチャン・ソンテク氏の妻であるキム委員長の叔母のキム・ギョンヒ氏が25日の公演を金正恩氏とともに観覧した,というニュース。これには諸説ありますが,個人的には,中国に対し,親中国の姿勢をアピールしたものではないかと思います。
    令和2年になってからの北朝鮮の方針は,中国の援助によって体制を守り,アメリカを中心とする経済制裁を乗り切ろう,とするものと思われます。トランプ氏のほうは,北朝鮮は選挙に役に立たないと思ったのか,関心を失っているように見えます。
    韓国が微々たる援助を北朝鮮にしようと申し出ても,北朝鮮に相手にされていません。おそらく,北朝鮮は韓国に「援助するならアメリカと縁を切って,もっと大規模な援助をしろ」と言いたいのでしょう。でも,韓国にそれだけの勇気があるとも思えません。今後も韓国は,アメリカ,中国,北朝鮮全部から圧力を受け続け,コウモリ外交を続けて,みっともない姿をさらし続けるでしょう。

  7. だんな より:

    中央日報の今朝のニュースです。
    韓国とは違ってあまりにも静かだった日本の武漢国民輸送作戦初日
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000004-cnippou-kr
    まあ、両国の民度の差をだらだらと書いて有ります。
    それよりも、韓国ネット民の反応上位3件(カイカイさんから)に、今日は特別に突っ込み付きです。
    1.日本の市民意識は想像を絶する
    192人に帰宅処分が下されても、192人が1人も欠けず、自ら選択して千葉にあるホテルに隔離された市民意識は驚くほどだ
    歯車のように精巧にかみ合って回る行政処理と比べれば、政治的な考慮で隔離施設まで選挙と結び付けて右往左往し、チャーター機の投入スケジュールも中国と調整できなかった韓国の行政府とはレベルが違う
    その差は、大企業戦略室と大学生会の格差以上だ
    共感:936|非共感:43
    >いや、韓国は幼稚園児未満です(幼稚園児さん、ごめんなさい)。
    2. 日本が憎くても国民性は本当に羨ましい
    金大中の時から人権云々し、全教祖、労組がのさばるので、明けても暮れても政策に反対する考えだけをしている
    そのまま、集まって頭に帯をまいて怒鳴って解決しようとする
    共感:488|非共感:26
    >言ってる中身は正しいんだけど、最初に日本が憎いという本音を言わないと、始まりません。
    3. 国民の差ではなく、政府の差だ…
    日本政府は、国民が信じられるようなことを今までやってきたから、国民が信じるわけだし…
    韓国政府は、やることなすことすべて国民を失望させるから、国民が政府を信じることができない…
    共感:319|非共感:174
    >まあ、なんでも人のせいにするのがお国柄です。政府の差は、国民の差です。国民のレベル範囲以上の政治家は、存在しません。韓国の国民レベルに合った政府だと思います。

    1. だんな より:

      雑談部屋と間違いました。ごめんなさい。

  8. 七味 より:

    最後の
    >地道な行動の積み重ね
    という表現に、思わず笑っちゃったのです♪

    ところで、
    >ソウルを火の海にする
    というが本当かどうかは別にしても、首都をソウルにおいてること自体がダメな気がするのです♪

    どこかの記事で、トランプ大統領が、クレイジーと言ったとの話を読んだこともありますが、韓国人だけじゃなくて、韓国に来てる外国人まで人質に差し出してるようなものだと思うのです♪

    話がそれちゃうけど、ソウルから首都移転すれば、地価も下がるだろうから、文大統領にとっても嬉しいことだと、思うのです♪

  9. 名無し元日本共産党員さん より:

    > 行動対行動
    私が日本共産党を離党する事にした最大の問題がこの「行動対行動」の主張でした。
    その他、韓国現政権にベッタリと盲従する恰好で出してきたお話で、従来の日本共産党が看板にしてきた【核兵器廃絶】のスローガン等を投げ捨てるものでした。
    世の中「貧すれば鈍する」と申します。しんぶん赤旗や共産党中央委員会も外交国際問題に割けるリソースをジリジリと失っているのではないかと思います。
    2014年の朝日虚報検証で朝日新聞が捏造記事を書いたことが判明し謝罪に追い込まれて少ししてから、赤旗紙も歯切れの悪い恰好でしたが一応「謝罪」しました。こんな謝罪が起こるのは要するに朝日が書いたらそれの裏どりもせずに安易に乗って朝日そのまんまを書いていたという事に他なりません。ところが「事実かどうか裏どりもせずに書いた事」に関しての謝罪は何一つみあたらず、しかしながら朝日の検証→捏造発覚→謝罪という事態を受けての「謝罪」であることが明々白々なのにその裏どりもしなかったいい加減さを自己批判できなかった。
    一昨年秋にその朝日虚報の張本人であった植村某元朝日記者が「名誉棄損」裁判の最高裁判決で民事における事実上の敗訴が確定しました。そうしますと赤旗は翌日に日本最高裁の確定判決に対して「不当判決」などと不遜な態度を見せました。上記2014年の赤旗謝罪は何処へ行ったのか。狂ったのではないか?植村某は党員でも何でもないはず。一般的な民事訴訟に於いて一方に肩入れする事自体が公党としてあり得ない上、自ら虚報を謝罪していた件をすっかり忘れて「不当判決」などと言いだす。
    正に貧すれば鈍する。もはやこれまでと思いました。

  10. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    当方は反日反米媚中国を旨とするATMに対して不思議に思うのですが、何故韓国に小型核弾頭と短距離ミサイルを1000発程アメリカが韓国に「フリーハンド」で供与する事を主張しないのでしょうか(笑)
    韓国の戦略的目的は日本に対して永久的な序列の上位確保です(笑)
    それならば日本で防ぎきれない程の核兵器を供与して対北朝鮮の名目で日本に主権を譲渡させるべきとATMは主張するべきではないかと思います(笑)
    ついでにイラン経由でイスラム原理勢力に核兵器が流れて欧米やイスラエルに核が使用される事は核ゲリラに対応する為にアメリカの勢力弱体化に拍車をかける事になるでしょう。

    中国への貢献もできるのです(笑)

    後、財務省は韓国の核戦力に対抗する費用を確保する為に消費税の大幅なアップを必然とするでしょう。

    国民の敵総てがWin-Winとなる韓国核大国化をATMは強く主張するべきではないでしょうか(笑)

    以上です。駄文失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。