昨日、『現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ』を自分自身で読み返してみて、改めて思い出したのが、「日本にとって韓国は死活的に重要だ」とする考え方にとらわれている人が多すぎるのではないか、という議論です。この「日本にとって韓国は死活的に重要だ」とする考え方を、本稿では便宜上、「朝鮮半島生命線説」とでも名付けたいと思うのですが、ここで重要なことは、「韓国は日本にとって重要だ」、で議論を済ませるのではなく、前提条件そのものを疑うことではないでしょうか。

本文の前に:ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。詳しくは『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』もご参照ください。


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮半島生命線説

日韓友好論の3類型と朝鮮半島生命線説

昨日の『現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ』を自分自身で読み返してみて、改めて思い出した論点がひとつあります。それは、日本国内(あるいは米国内)には「対韓配慮論」、あるいは「対韓追随論」などの考え方が、依然として根強い、という点です。

当ウェブサイトではかなり以前から、日韓友好を唱える意見には、だいたい次の3つのパターンがある、と申し上げて来ました。

日韓友好論の3類型
  • ①対等関係論:日韓両国は対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ。
  • ②対韓配慮論:日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。
  • ③対韓追随論:日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ。

これは、当ウェブサイトとして「賛同している」という意味ではありません。あくまでも、「わが国の論壇などを見ていると、だいたいこんな考え方があるみたいだ」、という意味です(ただ、手前味噌ながら、だいたいこの3つの類型を考えていれば、日韓関係を巡る論壇は網羅できてしまいます)。

その一方で、昨日の『現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ』を執筆していて、自分自身で気付いたのですが、この②や③の考え方は、日韓関係を巡って「日本は大人になるべきだ」、などと表現されることもあります。

この「日本が大人になれ」とは、「韓国が蒸し返してくる歴史問題などを巡っても、ある程度『大人の国』として、韓国の主張を包み込む度量を見せろ」、という意味でしょう。たとえば、上記②のなかで、「名より実を取るべきだ」といった表現が出て来ますが、これには

中国や北朝鮮などの脅威に対処するためには、日米韓が協調し行動する以外に道はない。だからこそ、日本は『大人』にならなければならない

などの用例があります。

この点は、たしかに日韓国交正常化以来、日韓関係を貫いてきた考え方でしょう。

いや、もっと遡れば、明治維新前後から、「朝鮮半島が日本の敵対国の勢力下に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす」、「だからこそ日本は万難を排して朝鮮半島を『日本側の勢力』に引き止めておかねばならないのだ」、といった考え方が存在しています。

これを、仮に「朝鮮半島生命線説」とでも名付けましょう。

朝鮮半島生命線説とは…

朝鮮半島が日本の敵対国の勢力下に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらすため、日本は万難を排して朝鮮半島を「日本の勢力」に引き止めておかねばならない、とする考え方。

そして、こうした「朝鮮半島生命線説」が、これまでの日本の外交方針を支配して来たのではないでしょうか。

ATMが③説を唱えるのは勝手にすれば良い

さて、昨日の『現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ』で紹介した記事が、これです。

「韓国が嫌いな日本人」を世界はどう見ているのか/冷静に考えるべきときが来ている

いろいろな事情が相まって、日本人の「嫌韓ムード」がかつてなく高まっている。むろん、日本なりの言い分はある。だが、それがどこまで他国の人々に理解されているのかといえば、はなはだ怪しいのだ。<<…続きを読む>>
―――2020.01.24付 現代ビジネスより

この文章自体のおかしな点については、すでに昨日、自分なりにある程度は申し上げたつもりではあります。ただし、「そもそもなんでこんな主張が出て来るのか」を巡っては、より深い考察が必要です。

これに関し、昨日は読者コメント欄に、「週刊現代の編集部も、しょせんは『ATM』(※)と呼ばれるメディアと似たような主張を持っている人たちではないか」、といったご指摘をいただきました。これはこれでひとつの見立てとしては正しいのでしょう。

(※ATMとは…朝日新聞、毎日新聞、東京新聞などに代表される左派的な論調のメディアのこと。)

正直、日本は自由な言論が保証されている国ですので、個人的には、先ほどの『日韓友好論の3類型』で紹介した『③対韓追随論』のような極論が出て来ても構わないと思います。

いや、もっと極端な話をいえば、「ATM」系のメディアがそうした極論を唱えれば唱えるほど、「ATM」自身が消費者からの支持を失い、自滅への道を突っ走るだけだと思いますので、むしろ彼らには「日本悪玉論」を一生懸命に唱えていただきたいという気持ちでいっぱいでもあります。

保守派にこそ注意が必要

しかし、ここで冷静に考えておかねばならないのは、そもそも論として、こうした「朝鮮半島生命線説」に立脚した主張を展開するのは、「ATM」や週刊現代だけではない、という点ではないでしょうか。

いや、もっといえば、この手の「朝鮮半島生命線説」、あるいは朝鮮半島と「友好関係を保っておかねばならない」、「少なくとも敵対勢力になることは避けねばならない」、といった考え方を取る人は、「保守派」を自認する人たちにも存在しています。

たとえば、当ウェブサイトでは昨年8月に『「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?』のなかで、当代を代表する高名な国際関係アナリストの方による、

文の愚かな行動のおかげで、日本は情報戦の劣勢を挽回することができた。しかし、『大局的視点』も持っておく必要があるだろう。/それは、東アジアの安全は、『中国、ロシア、北朝鮮陣営vs日本、アメリカ、韓国陣営』のバランスで成り立っているという事実だ。日本と米国は同盟国であり、米国と韓国も同盟国である。そして、米国の同盟国である日本と韓国の争いを一番喜ぶのは、いうまでもなく習近平である。

という文章を紹介したことがあります(ちなみに文中の「文」とは、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領のことであり、「習近平」とは、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席のことでしょう)。

「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?

この人物の主張こそ、まさに上記「②対韓配慮論」そのものです。

また、昨年10月には、『「日韓GSOMIA破棄は安倍外交の失敗」という珍説』のなかで、とある著名な保守派の論客が「韓国を敵陣営に回してはならない」、と主張した、とする話題を紹介しました。

「日韓GSOMIA破棄は安倍外交の失敗」という珍説

この両名の例でみるとおり、俗に「保守派」あるいはそれに類する立場だと思われている人たちにこそ、「朝鮮半島は日本の生命線だ」とする考え方が見て取れるのです。

前提を疑え!

もし朝鮮半島が日本の生命線ならば…?

さて、とりあえず、もし本当に朝鮮半島が日本の生命線だったとしましょう。

この場合には、たしかに、日本は万難を排し、朝鮮半島(あるいは朝鮮半島南部、つまり韓国)を日本の「同盟国」にしておかねばなりませんし、可能であれば軍事的にも経済的にも強い国となり、さまざまな局面で日本を助けてくれる国になってくれれば、本当にありがたい話でもあります。

考えてみればわかりますが、1965年の日韓基本条約と日韓請求権協定を皮切りに、日本が官民挙げて、有償・無償を含め、莫大な支援を韓国に対して施してきました。

その結果、韓国は1人あたりGDPですでに3万ドルを超え、日本と並ぶ、いや、分野によっては「日本以上の」先進国としての地位を確立しましたし、いまや半導体やスマートフォンなどの分野で世界シェアの多くを占めるに至ったのです。

日本にとっては、韓国がここまで豊かで強い国になってくれたこと自体が目論みどおりだったわけですが、ひとつ誤算があったとすれば、韓国が国を挙げて非合理かつ非友好的な反日行動を日本に対して仕掛けて来ている、という点です。

そういえば、先ほど紹介した高名な国際アナリストの方は、文在寅政権が崩壊した後の韓国について、こう主張していました。

日本と米国は、習近平を喜ばせすぎないよう、『文が大統領を辞めた後の韓国に親日、親米政権が立つよう』努力すべきだろう。

なるほど。

こうした考え方は、ひとつの見識ではあります。

では逆に聞きたいのですが、「次期大統領」に近い韓国の政治家の中で、「親日政権」を担ってくれそうな政治家とは、具体的にだれのことなのでしょうか。

あるいは、「次期大統領でなくても良いので、いつかは親日的な人物が大統領になってくれる」ということを目標にするということでも良いのですが、そのための具体的なプランは、提示なさっているのでしょうか。

問題を切り分けてはいかがですか?

もちろん、当ウェブサイトとしても、韓国(あるいは朝鮮半島)が日本にとって敵対的な勢力に支配されることは、非常に大きな脅威だとする見解には同意したいと思います。

韓国の天然の良港である釜山(ふざん)は対馬から最短距離で50キロも離れていませんし、そんな日本の「目と鼻の先」の場所に、中国人民解放軍、あるいはロシア海軍の基地が出来てしまえば、日本にとっての軍事的緊張の度合いは飛躍的に高まります。

しかし、それと同時に、「万難を排してその地域が敵対国の勢力下に入ることを防ぐ」ためには、極端な話、釜山市と済州島(さいしゅうとう)などの周辺部分だけでも良いので、日本が再び朝鮮半島を「侵略」(?)するくらいしか、方法はないのではないか、と感じてしまいます。

(もう少し選択肢を提示するならば、米軍が韓国の南部に集結し、それ以外の地域が北朝鮮によって軍事占領されてしまう、といったパターンでも良いかもしれませんが…。)

そもそも論として「朝鮮半島生命線説」、つまり「朝鮮半島が日本の敵対国の勢力下に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらすため、日本は万難を排して朝鮮半島を「日本の勢力」に引き止めておかねばならない」、とする考え方を、二つの部分に分けてみてはいかがでしょうか。

朝鮮半島生命線説の前半部分

朝鮮半島が日本の敵対国の勢力下に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす

朝鮮半島生命線説の後半部分

日本は万難を排して朝鮮半島を「日本の勢力」に引き止めておかねばならない

いかがでしょうか。

このように切り分けると、「朝鮮半島生命線説」の前半部分については正しいかもしれませんが、後半部分については次のような派生形が出来上がります。

朝鮮半島生命線説の後半部分の派生形①

日本は諦めて独立を捨て、朝鮮半島を支配する「敵対勢力」の支配下に入ればよい。

朝鮮半島生命線説の後半部分の派生形②

日本は朝鮮半島が敵対国の勢力下に入るという前提で、敵対勢力に備える体制を構築すべきだ。

個人的には「派生形①」の考え方にはまったく同意しませんが、「派生形②」の考え方だと、むしろスッキリするように思えてなりません。

「相手を変えることができる」という、大変な思い上がり

さて、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏は、雑誌『ボイス(2019年11月号)』のなかで、

韓国は韓国の、米国は米国の、日本は日本の、それぞれの目標に向かって『正しい道』を突き進んでおり、日韓関係の悪化を『日韓』だけから見ると判断を大きく誤る」(P65)

と指摘されました。

これこそ、現在のわが国の自称有識者たちに、根本的に欠落している視点でしょう。

じつは、冒頭に示した「朝鮮半島生命線説」も、「韓国を日本の思い通りに変えることができる」という発想から出来上がっている考え方だと思うのですが、鈴置氏のこの短い一文が端的に示すとおり、こうした発想は、あきらかな「思い上がり」です。

すなわち、私自身は鈴置氏の慧眼に基づく指摘を、

日本は相手国を変えることができないから、相手国が日本に敵対的であるという前提で国家戦略を構築すべきだ

と読むべきだと思うのです。

さて、以上の議論を踏まえ、冒頭に示した、『日韓友好論の3類型』を、もう一度示しておきましょう。

日韓友好論の3類型
  • ①対等関係論:日韓両国は対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ。
  • ②対韓配慮論:日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。
  • ③対韓追随論:日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ。

何度も繰り返していますが、この3つの考え方は、あくまでも「世の中にはこんな考え方がある」という意味で列挙したものであり、個人的に賛同して書いているものではありません。いや、むしろこの3つの考え方のすべてに賛同できない、と申し上げた方が正確でしょう。

ここで、日韓友好論に、敢えてもうひとつの考え方を追加したいと思います。

  • ④前提条件論:日本が韓国と友誼を結ぶためには、韓国が現在、日本に対して仕掛けて来ている不法行為をいっさいやめることを前提条件とすべきであり、そうでない限りは日本は韓国を非友好国、敵対国とみなすべきだ。

あたりまえですが、こんな考え方を堂々と主張する人は、現在の日本にはほとんどいません。

しかし、この「前提条件を満たさない限りは、日本は韓国との友好関係を推進すべきではない」、とする考え方こそ、今後の日本のスタンダードにしていくべきではないかと思う次第です。

(※もっとも、普段から当ウェブサイトでも報告しているとおり、現在の日韓関係は日本と韓国の間だけで決められるものではありません。厳密には、「日米韓3ヵ国連携」の従属変数だと思うのですが、この点についてはまた追々議論したいと思います。)

現代ビジネスへのツッコミ

さて、本稿はもともと、昨日の『現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ』で紹介した、次の一文に対し、あらためてツッコミを入れようと思って執筆し始めた文章です。

元米国防次官補のジョセフ・ナイ氏は「日本の人々は『嫌い』という感情に基づいて行動している場合ではない」と警鐘を鳴らす。/「これまでは、日韓の歴史的な論争が再燃するたびに、同盟国であるアメリカが水面下で状況を鎮静化し、緊張を緩和するために動いてきました。しかし、最近両国間で起こった数々の衝突については、トランプ政権は自国のことにかかりっきりでうまく処理できていない。これは、極めて危機的な状況です。なぜなら、若い独裁者が核兵器やミサイルを追求している北朝鮮と、政治経済の両面で台頭し続けている中国というスーパーパワーに対処するには、日米韓が協調し行動する以外に道はないからです。いまこそ、過去を見るのではなく、未来にフォーカスしなければいけない。両国の国民は『大人』にならなければいけません」/世界の知性たちは、日韓の対立と、互いを嫌い合う感情の行く末を、極めて冷静に見つめている。

1点目の「ツッコミどころ」は、「日米韓が協調して行動する以外にない」という主張が事実だとして、その「協調」を乱そうとしているのが韓国であって、日本ではない、という事実です。

「過去を見るのではなく、未来にフォーカスしなければならない」と主張するならば、それは日本に対して言うのではなく、韓国に対して言うべきでしょう。

2点目の「ツッコミどころ」は、「両国の国民は」、とある部分です。

「どっちもどっち」論は、じつは、韓国自身が好む論調です。

韓国は自国が100%悪いときであっても、「韓日『お互いに』反省すべき点がある」などと述べて、少なくともイーブンに、できることならば0対100に持ち込もうとします。

この場合、韓国としては「勝てばプラス100、引き分けてもプラス50、負けてもゼロ」という意味で、まったく腹は傷まないのです(逆に言えば、日本としては「勝ってゼロ、引き分けてマイナス50、負ければマイナス100」、ということでもあります)。

ジョセフ・ナイ氏がこうした韓国の不当な主張に肩入れするのは自由ですが、この場合、私たち日本国民の側も、ジョセフ・ナイ氏自身を「日本の敵」と位置付ける自由を有します。

3点目の「ツッコミどころ」は、ジョセフ・ナイ氏を「世界の知性」に位置付けている点でしょう。「ジョセフ・ナイ氏が本当にこの記事のような与太話を口にしたのならば」、という前提条件が付きますが、その彼の主張を「知性」と呼ぶのは、「知性」に対する侮辱だと言っても過言ではないでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、普段から当ウェブサイトで報告しているとおり、民主主義社会においてもっとも必要なことは、「議論」であり、「知的好奇心を刺激する営み」だと思います。「韓国は重要な国」でお終いになるのではなく、そもそもの前提条件をじっくりと分解し、個別に吟味するという試みも重要ではないでしょうか。

本稿が読者の皆様にとって、こうした議論の一石になるならば、著者としても幸いです。

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「8月4日は運命の日」 (29コメント)
  • 2020/07/05 05:00 【韓国崩壊
    「韓国とは交渉するな、叩き潰せ」=慰安婦問題の教え (32コメント)
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (102コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (10コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (50コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (35コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (17コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (48コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (27コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (39コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (90コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。