菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」

【速報】日韓首脳が「歓談」』と『今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」』でも触れた、昨日の日韓首脳の「歓談」もしくは「対談」について、日本政府の公式発表や菅義偉内閣官房長官の反応などが出そろってきました。現時点における結論としては、日韓関係の「改善」を演出したい韓国政府側の思惑ばかりが先行しており、実際には日本政府は(少なくとも公式的には)従来の冷淡な立場を維持していると考えて間違いないでしょう。

昨日の日韓首脳の対談について

昨日、安倍晋三総理大臣が訪問先のタイ・バンコクで文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領と短時間の会話を交わした件については、すでに当ウェブサイトでも『【速報】日韓首脳が「歓談」』と『今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」』でも触れたとおりです。

今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」

ところで、このうち今朝の『今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」』で報告した内容について、簡単に補足をしておきたいと思います。

「昨日深夜時点で外務省『安倍総理大臣のASEAN関連首脳会議出席(令和元年11月3日~5日)』のページに掲載されている『二国間会談等』は、次の5つだけだった」と述べました。

これについては先ほど同じウェブサイトをチェックすると、次の2つのリンクが追加されていました。

おそらく、外務省は本日午前中までにこれらのリンクを追加したのだと思います。

しかし、「日韓首脳会談」というリンクはいまだに掲載されていませんし、時間的に考えても「日・タイ首脳会談」と「日中首脳会談(?)」の間に掲載されていなければ不自然です(※そもそも李克強(り・こっきょう)中国首相を「首脳」と呼ぶのも不自然ですが、この点については本稿では割愛します)。

いずれにせよ、少なくとも外務省は今回の文在寅氏との「歓談」を公式の「首脳会談」とは位置付けていないことはほぼ間違いないと見てよいでしょう。

菅義偉官房長官「韓国に聞け」

さて、政府の見解が知りたければ、いちばん手っ取り早いのは、内閣官房長官記者会見です。

内閣官房長官記者会見(令和元年11月5日(火)午前)

本日午前の官房長官記者会見のやりとりについては、日韓関係に関する質問が全体(8分23秒)の半分以上を占めました。以下、記者の質問の概要と、これに対する菅官房長官の回答のできるだけ正確な文字起こしを紹介しておきましょう。

昨日、バンコクで行われた日韓首脳の対話について(共同通信記者)

安倍総理はバンコクにおいてムンジェイン韓国大統領と(聞き取り不能)約10分間言葉を交わしました。

首脳間ではムン大統領の御母堂のご逝去および天皇陛下の御即位に関するやりとりが行われたうえで、日韓二国間の問題については、総理から大統領に対して、わが国の原則的な立場をしっかり伝達いたしました。

日韓関係については引き続き、政府としての一貫した立場に基づき、韓国側に対し、賢明な対応を求めていく考えに変わりはありません。

韓国側からの呼びかけに応じて対話が実現したことへの受け止めと、韓国側が提案したハイレベル高官級協議への対応方針について(共同通信記者)

今回のやり取りは、安倍総理が控室に入り、各国首脳と握手するなかで、ムン大統領とも握手をして、自然な流れで空いているソファに座り、会談をしたものということです。

韓国側の発表にある高官級協議については、総理からは、従来、努めて来ておるとおり、外交当局間の協議を通じて懸案を解決する旨、応じたと承知しております。

日韓対談の雰囲気について(朝日新聞記者)

いま申し上げましたように、本件のやりとりは首脳のみの控室で行われたやりとりであり、双方とも通訳のみが同席したなかのやり取りであります。韓国側の発表内容についてコメントは差し控えます。

厳しい環境が続いていた日韓関係は改善の方向に向かっているのか?(朝日新聞記者)

今後の日韓関係の動向について、現時点で予断を持って発言することは控えますが、いずれにせよ政府としては、引き続き政府としての一貫した立場、ここに基づいて韓国側に対してですね、賢明な対応を求めていく考えに変わりはありません。

文在寅氏がハイレベル協議を呼び掛け、安倍総理がこれに前向きに応じたとする韓国側の発表は本当にあったのか?(朝日新聞記者)

首脳間のやりとりについて、詳細については差し控えたいと思います。ただ、私が今申し上げてきたとおり、従来どおり外交当局間の協議を通じて懸案を解決しようと応じた、と、このように承知しております。

日韓双方で発表内容が食い違っている理由は?(朝日新聞記者)

(少し間を置いて)ま、韓国側の発表については韓国側に聞いていただきたいな、というふうに思います。

韓国が日韓GSOMIA延長を決断する可能性は?(NHK記者)

日韓関係については、政府としては一貫した立場に変わりはなく、韓国側に賢明な対応を求めていく、ということです。

12月の日中韓サミットでの日韓首脳会談の対応方針は?(読売新聞記者)

まず、政府としては一貫した立場に基づいて、韓国側に賢明な対応を求めていく、ということに変わりはないということであります。日中韓首脳会談の際の件については、何も決まっていない(※聞き取り不能)ことです。

…。

相変わらず日本のマスコミ記者のレベルの低さと菅長官のスルー能力の高さが目立つやり取りですね。

個人的には朝日新聞記者の「なぜ日韓両国政府で発表内容が食い違っているのか」という質問に対する、菅官房長官の「それは韓国側に聞いていただきたい」という切り返しのうまさに、「さすが!」と思ってしまった次第です。

どうしても日韓関係好転につなげたい韓国政府

ただ、それと同時に、菅官房長官の説明が事実であれば、先ほどの外務省のウェブサイトに掲載されている情報や菅官房長官の記者会見のやりとりから判明するのは、次のとおりです。

  • そもそも首脳控室で同室し、通訳のみを交え、空いているソファに腰かけて話をしただけのものであり、少なくとも日本政府は「公式の会談」とは位置付けていない。
  • 日本政府としては韓国側に「賢明な対応を求めていく」という姿勢に変化はない。
  • 安倍総理は従来どおり外交当局間の協議を通じて懸案を解決しようと応じたに過ぎない。

(ちなみに「韓国側に賢明な対応を求めたい」という言い方は、裏を返せば、現在、日本側は韓国の対応が「賢明でない」と考えている証拠です。)

つまり、日本側のスタンスは

日韓関係は韓国側の非合理・非友好的な態度によって非常に厳しい状況にあるが、わが国は外交当局間の協議を通じた懸案の解決を探っているし、韓国側にももっと賢明な対応を求めたい

というものであり、これは従来から何ひとつとして変わっていません。

もちろん、これらは日本政府側の発表であるため、本当のところ文在寅氏が「ハイレベル級協議をさらに進化させよう」と呼びかけたのに対し、安倍総理がこれに応諾したという可能性がゼロであるとは限りません。

しかし、それと同時に感じるのは、韓国側の政府、メディア、さらには日本のメディアがこぞって

  • 約1年ぶりに、安倍・文会談が実現した!
  • これで日韓関係の膠着状況は打開に向けて動き出した!

という印象を植え付けようとしているのではないか、という懸念です。

もちろん、メディアの中には慎重な姿勢を示している意見もないではないのですが、やはり、日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)の終了をあと2週間後に控え、韓国政府側にもかなりの焦りが見え始めた、というのが実情ではないかと思う次第です。

もっとも、当ウェブサイトとしての私見ですが、少なくとも日韓GSOMIA破棄により、日本には特段目立った不利益は生じませんので、日本政府は口先では「残念だ」と言いつつ、予定どおり粛々と破棄の準備を進めているのだと思いますが…。

読者コメント一覧

  1. 名無しA より:

    官房長官会見が韓国でも報道されました。

    ◆冷たい菅官房長官「韓国の発表は韓国に聞いていただきたい。
     日本の立場に変わりない」 中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000030-cnippou-kr

    さて、この状況でGSOMIA破棄撤回できるのか?
    楽しみですね。

    1. 名無しA より:

      自己レスです。

      APECが中止になったからには、文在寅が突撃かまして
      くるのは予想できたはず。それを受け入れ、韓国政府に
      ホルホル発表させた後で、菅さんがばっさり。
      これはわざとGSOMIA破棄撤回しにくい状況を作って
      いるのでは?と邪推してしまう。

      1. 匿名 より:

        文在寅が突撃かましてくる可能性は予想していたようで、話しかけられてしまったならばどう対応し何を言うかはシミュレーションしてたそうです。
        写真を撮って公表するとまでは予想してなかったようですが。

    2. だんな より:

      名無しAさま
      ただ、日本側に譲歩しやすい口実を作ってやったと、考えているんじゃないかな。

      1. はるちゃん より:

        これは文大統領のアメリカに対するアリバイ作りですよ。
        「韓国は話し合いで解決しようとしたのに頑固な安倍のせいでGSOMIA破棄の見直しは不可能になった。」とアメリカに言い訳するための”会談”です。
        会計士さんが言うようにホワイト国復帰出来れば儲けもので韓国の勝ち、復帰出来なければ日本が悪いという事です。

  2. ハゲ親父🐧 より:

    「武士は喰わねど高楊枝」
    文在寅は、もっと朝鮮人の矜持を持って反日しないと、政権が保たない。🐧

    いずれは、命惜しさで「戒厳令」だろうけど、それをやる計画や予定時期もあるだろうから、中途半端は止めて、徹底的に反日反米をするべきと期待している。🐧

    文脈がオカシイ?🐧
    「矜持が無いから朝鮮人」
    それを失念していたか。🐧

    1. だんな より:

      ハゲ親父さま
      書いてる内容は、全然違うんですけど、不思議とシンパシーを感じます。
      へたらずに「もっと反日しろ」と言うところでしょうか。

  3. だんな より:

    日韓マスコミの報道を見るよりも、菅官房長官の記者会見が事実、という時代になったのだと思います。
    韓国マスコミは、面談を成果として仕方ない様ですが、韓国ネット民の反応は、冷ややかです。
    文大統領が、日本に負けないと国民に対して言ったのが、ブーメランのように返ってきているのかなと思います。
    韓国の価値観では、上から手を差し出したら、負けです。
    ここ最近の日本への擦り寄りは、韓国人のメンタルに、ダメージが有るのではと思います。
    最悪の時に最悪の選択をするのが韓国人。この斜め上の行動は、予想しづらいんですよね。

  4. ちかの より:

    あのソファーに座っている写真は、韓国側の隠し撮り?らしいですね。一応、控え室での写真撮影は禁止されていたとか。まあ、いつものルールを守らない韓国らしさ全回ですねー。

    1. 墺を見倣え より:

      KBSニュースで撮影者の名前を言ってましたが、誰だか忘れました。韓国政府関係者です。

      1. ちかの より:

        墺を見倣え様
        さっきミヤネ屋で、国家安全室長のチョン・ウヨン氏がスマホ撮影した、と言ってました。
        それで、思ったのは、コレって青瓦台主導のサプライズごっこだよね?というか、トランプ大統領に慰安婦婆さんを抱きつかせた一件と同じノリですよねー。
        「わーいわーい、やったー!」と小躍りしているムンムンと愉快な仲間たちの姿がw
        呆れるのを通り越して、楽しそうでなにより、です。

    2. 福岡在住者 より:

      ソファーに座っている写真ですが、左派・ハンギョレの写真と保守・中央日報の写真で 両首脳の位置が微妙に違っています。
      察するに、当初安倍総理が中央に座っていたソファーに 文氏が厚かましく座ってきたのではないでしょうか(笑)

      ハンギョレ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00034861-hankyoreh-kr.view-000
      中央日報
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000001-cnippou-kr.view-000
      *安倍総理の心の声、「なんでそこに座るんだ?」

      1. のり より:

        自分も写真の座っている位置には不自然さを感じました。
        会談をするのであれば普通は別々の椅子に座るものだと思うのですが、
        真ん中に座った安倍首相の横の狭い空間に無理やり座り込んできたように見えます。
        テーブルの位置も真ん中からずれていますし、
        後からやってきた文氏がテーブルを安倍首相の前にずらして、立ち上がり辛くさせ逃げられないようにした上で、
        どっかりと横に座り込んできたのかなあと。

      2. だんな より:

        福岡在住者
        私もそう思います。
        通訳も英語だったらしいので、押しかけ対談ですね。

      3. りょうちん より:

        最初は、アポ無し会談を演出するために、安倍首相がまん中に居座って、文大統領を恥に・いや端に追いやったが、生理的嫌悪感はいかんともし難く、だんだん安倍首相が遠ざかっていった・・・という分析はどうでしょうw

        しかし、わざわざ、「文大統領のご母堂逝去へのお悔やみ」「即位礼列席への御礼」などの社交辞令を11分間の間に、英語通訳二人を介して、話したとわざわざ公表するのは、事実上、中身のある会談では無かったと外交的に表現しているようなものですね。私的な会話の場合、安倍首相に英語通訳は要らないというのはトランプ大統領との過ごし方でわかっています。

        まあ日本にしてみれば「条約は守れ」と言うだけの話なので、別にそれで困らないのですがw。

      4. 新茶狼 より:

        安倍総理が座っているソファーに強引に割り込んでくる文在寅、いやはや凄いですね。

        目的のためには手段を選ばない姿勢、逆に感心してしまいます。

        自分の蒔いた種なので仕方ありませんし恥知らずではありますが、日本には到底できないマネでしょう。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    どうしても『日韓友好ムード、雪解け進む』と韓国政府・マスコミは持って行きたいんですね(そんな雰囲気、微塵もないだろが)。10分を11分と言ったり、内容は全くスッカラカンの挨拶程度なのに。

    菅官房長官の記者会見がすべてを物語ってます。『韓国の事は韓国に聞け』(笑)。ま、あんな嘘つき国に聞いても、盛って盛って、てんこ盛りでしょうが。

    つまり今回のASEAN+3会議の肝は、
    日・フィリピン首脳会談
    日・シンガポール首脳会談
    日・印首脳会談
    日・中首脳会談
    日・タイ首脳会談
    日・ベトナム首脳会談
    日・インドネシア首脳会談
    の日本含めて8か国である。他は申し訳ないが時間が取れない。【特に】韓国は普段シカトしているクセに、擦り寄って来んな!という事です。ハイ。

  6. 夜空 より:

    ジョーカー(米国等)の動きに気をつけて、普通に国益を考えてカードを切っていけば負ける外交(勝負)ではない。

    ※無能でない限り。

    1. 迷う人 より:

      同意します。負ける要素は皆無といっていいぐらいですね。
      むしろ、勝ち方の演出が重要でしょう。勝ちすぎるのは、
      それなりにリスクを背負うことになります。

      日本は毅然とし、米国は満足し、文政権は韓国内ではかろうじて
      面子が立った。そうなるように、文政権にもたせる、事実上
      なんの価値もないけど、韓国のマスコミだけは大喜びする
      ようなおみやげを研究しておくといいように思います。

  7. 一国民 より:

    韓国のアリバイ作りでしょう。

    なので、日本側とは違う発表になっていて、つじつまが合わない。

    GSOMIAについて、韓国は批判をかわすため、日本の誠意を引き出そうと努力したが応じなかったので、結局破棄に至ったということにしたいのでしょう。

    GSOMIAの破棄、ひいては米韓同盟の解消は、反米・貶日の文在寅の規定方針。

  8. 一般市民 より:

    文さんが控室で安倍首相を待ち構えていて対話を申し入れた、という写真を見て、電波少年インターナショナルで、松本明子さんがアラファト議長に会えたシーンを思い出したのは、僕だけでしょうか?

    1. だんな より:

      一般市民さま
      覚えていますが、思い出せはしませんでした。
      笑える。

      1. 一般市民 より:

         電波少年インターナショナルはアラファト議長に会えたことを大々的に放送しましたが、恐らくPLOはほとんど言及しなかったでしょうね。確認はしていませんが。そのシーンとほとんど大差ありませんよね。
         ちなみに松本明子さんは、『アラファトと私は~』って感じで、てんとう虫のサンバをデュエットする目的で会いに行ったのですが、その目標は達成できませんでした。オチも一緒です(笑)。

    2. りょうちん より:

      今は、出川のイッテQの「アポ無しセレブとのツーショット」で生き残っていますね。
      あれは恥ずかしいです。

    3. ワヤンゴレ より:

      一般市民 さま
      「松本明子がアラファト議長に」の部分、テレビ見てなかったので知りませんでしたが、「やばい(危険)」んじゃないかなと思いました。「アラファト議長にハグしようとした瞬間、SPが銃の安全装置を解除したという」のくだりがあります。2016/09/16/15:26 https://news.livedoor.com/article/detail/12027050/ やっぱり・・・。

  9. だんな より:

    中央日報の報道です。
    その名も「冷たい菅官房長官「韓国の発表は韓国に聞いていただきたい。日本の立場に変わりない」」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000030-cnippou-kr
    「韓国への愛は無いニカ?」聞こえてきそうですね。
    最後だけ引用
    菅長官は前日、歓談が実現したことそのものについても「控え室で握手をする過程で自然な流れでソファに座って対話することになった」としながら意味を縮小した。
    おまいらが、勝手に意味を誇大にしているんだろう。と突っ込んでおしまいにしようと思ったけどやはり、リスカブスだと思います。

    1. 福岡在住者 より:

      だんな様
      「韓国への愛は無いニカ?」=「韓国に対する愛情はないのかーっ!」 名言ですね(笑)
      たぶん御存知の事と思いますが、もしかして 御存知でない方がいらっしゃるかもしれませんので 復習です(笑)
      発端は「日韓歴史共同研究」(2002年~2010年 計2回)
      日韓の意見が対立した時に、日本側が「資料をご覧になってください」と言うと、韓国側は立ち上がって「韓国に対する愛情はないのかーっ!」と怒鳴り、日本側がさらに「資料を見てくれ」と言い返すと、「資料はそうだけれど」とブツブツ呟いて、再び「研究者としての良心はあるのかーっ!」と怒鳴ったという。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6
      「日本側研究者が見た韓国側研究者の態度」というところを見て下さい。

      歴史を妄想と愛情で語られても困ってしまいますよね。

      1. だんな より:

        福岡在住者さま
        丁寧な補足解説、ありがとうございます。
        事実ですので、知らない人の知韓が、進むと思います。
        事実によらず、感情で何でも決まる、韓国社会の一例です。

      2. ハリー より:

        福岡在住者様

        どうもありがとうございます。

        韓国人(朝鮮人)は、見たくない事実は見ないし、受け入れない(なかったことにする。)、重要な事実を指摘されると逆切れする。学者レベルでこうですから、国民一般はもっとひどいのでしょう。

        文政権のGSOMIA破棄も、同じ思考回路をたどっていると思います。

        事実と現状分析を正確に行わないでどうやって、政府は政策判断を、学者は研究をするのか、理解できないです。

        1. 福岡在住者 より:

          ハリー様
          >理解できないです。
          全く理解できません。 しかし、それを愚か者として放置した 我々日本人にも反省するところがあるのかもしれません。 「読者専用雑談記事」で投稿(阿修羅)しましたが、「天に似て天に非ざる」ものを 日本人感覚で同一視してしまったところに 間違いがあったのかもしれません。

  10. 自転車の修理ばかりしている より:

    これだけ何度も何度も「そんなことは言っていない」リプライを食らっているのに、同じ手を使う韓国政府の無策と、その政府をまだ(公称)4割が支持する国民の蒙昧さに眩暈がします。

    日本も米国も欧州もASEANも、常に韓国政府発表と異なるステートメントを出しているのを見て、帰納的に「おかしいのは自国では?」と解を導き出せないのは知能ある生物としておかしいです。それを方程式として無理やり成り立たせるために、日本のロビー活動とかいう「宇宙項」を無理やり導入することになるのでしょう。

  11. 心配性のおばさん より:

    韓国が決定した日韓GSOMIA破棄ですが、それを今撤回して、何か変わるのかしら???
    撤回したからといって、破棄以前のものに戻るわけがありませんでしょう?信頼関係による情報共有システムなのですよ!それにシステムのこともありますが、それ以上に、GSOMIAは日米韓安全保障が問題なく稼働していることの象徴的な意味があると思いますの。

    韓国がその一端である日韓GSOMIA破棄を宣言したということは、取りも直さず韓国が日米韓安全保障の枠組みから外れたことを宣言したことになります。それを宣言してしまったということではありませんの?

    アメリカはそれを折り込んだ上で撤回を強要しているとみております。破棄を宣言しても今月の23日までは有効であるから、それまでに撤回せよと?有効なのはシステムであって、撤回が有効なわけじゃないと思うのですが。破棄した以上は再締結となる。そうなれば、韓国にとって有利な再締結にはなりません。当たり前のことでございましょう。

    1. 福岡在住者 より:

      心配性のおばさん様
      >撤回したからといって、破棄以前のものに戻るわけがありませんでしょう?
      戻りません(笑) でも、撤回したら 一時的に裏切ったけれど 身の程を知って戻ってきた「怪しいヤツ」としてとりあえず「生あたたかく」見逃してくれるかもしれません。
      しかし、破棄すれば ムーディーズとかS&Pとかの怪しい(?)格付け会社が格下げして 更に資金調達が厳しくなるかもしれませんし、米国の後ろ盾が無くなったと判断すれば 更に強行に出る「つわども」が出て来るかもしれません(笑)
      戦国時代の弱小大名を想像して下さい。 

      1. 心配性のおばさん より:

        福岡在住者様 レスありがとうございます。

        レスのレスにはなっておりませんが、先日、某国の国会議長のおぞましい顔をPCで見てから体調を崩しておりますの。安静にしていなくてはとは思っていたのですが、こちらで日韓GSOMIA破棄の話と、すり寄って来た某国大統領の話が出たので吐き気が・・・

        >でも、撤回したら 一時的に裏切ったけれど 身の程を知って戻ってきた「怪しいヤツ」としてとりあえず「生あたたかく」見逃してくれるかもしれません。

        アメリカが民主党政権だったら、面倒くさいから見逃すかもしれませんが、ありがたいことに共和党政権というより、トランプ政権です。ビジネスマン以外のなにものでもないトランプ大統領は一度?裏切った相手を再び信じるととはしないと思いますよ。そして、トランプ大統領は自分の裏切りは許せても、相手の裏切りは許せないと思います。ですから、トランプ政権である限りは、一旦裏切ったら、修復は不可能かと。
        まあ、許したふりをして、じりじり殺すということはあるかもしれませんが。

        ごめんなさい。今日はこれ以上ムリ。おやすみなさい。

  12. 匿名 より:

    NHKの記者が本当に「延長」と訊いたのなら、不勉強ではなかろうか。
    破棄は去る8月に決定した事項であり、延長も糞もない。
    破棄したものをたった3か月で翻意するのであれば、新たに協定を結び直すことになる。
    自動更新に比べれば事務手続きが格段に面倒なわけで、日本は唯々諾々と破棄撤回を承諾せず、公的な謝罪を要求すべきである。輸出管理規制撤回とバーターなんてもってのほかの論外。

  13. だんな より:

    プライムニュースによると、文3号の早稲田大学の講演で話した内容が、放送されています。
    徴用工問題に関しては、以下の提案の様です。
    韓国企業、日本企業、韓国国民からの寄付+慰安婦財団の費用=基金を作り被害者に慰謝料を支払う。
    二度と裁判できない法律にする。
    支離滅裂な話をハッタリでしゃべって帰ったようですね。

    1. 新茶狼 より:

      NHKニュースWebでは、早稲田での講演で

      「私の発言で日本の方々の心を傷けてしまったことについて改めてお詫び申しあげたい」と述べ、この直後、会場にいた人からムン議長に対し、さらに謝罪するよう求める声が上がり、講演が一時中断する一幕も、とあります。

      ヤレヤレ…相変わらず謝罪になってないですな。

      1. 新茶狼 より:

        追加です。(2ちゃんからの拾いですが)

        「ムン・ジェイン大統領の地方区である釜山(プサン)と安倍総理の地方区である下関を行き来する連絡船の上で開かれる首脳会談を想像してみよう」として「その会談で日本のホワイトリスト韓国排除と韓国のGSOMIA終了措置を原状復旧とし、立法を通じて懸案(徴用問題)を解決するという大妥結がなされることを期待する」

        などと寝言は寝て言え的な発言をしたとのこと。

        いやいやいや、面白いな~

  14. 匿名 より:

    政府もマスコミのあしらい方がうまくなってきたな。

  15. クロワッサン より:

    韓国側が焦った結果、ホワイト国にしない日本が悪い!との理屈で宣戦布告でもしないかなぁ〜と楽しみ?にしています。

    日韓関係正常化の流れはこのまま続いて欲しいですね。

  16. 逆印象操作 より:

    NHK夜のニュースで、韓国が北や中国に対して重要だから、
    輸出管理で譲歩する必要等々、流していました。
    相変わらずの、印象操作w

    これって、流石に逆印象操作。
    7割程の日本人が韓国と距離を置きたいと思っている時に、
    日本から譲歩のコメントを放送したら、逆目かと。

  17. 匿名 より:

    韓日議連の姜昌一会長(共に民主党)が、文喜相議長の案を、「個人的なアイデアだろう」と言ったそうです。

    与党の国会議員の、しかも韓日議連の会長からこういわれたということは、議長案は、まだ彼の脳内で考えたばかりで、韓国内の誰とも調整していないものだったということで、確定でしょう。
    奥さんくらいには相談してるかもしれませんが。

    今日、日本のマスコミ各社がトップニュースで真面目に健気に報道していましたが。
    マジメに気持ち悪いんですけど。


    山東参院議長を批判 韓国議長への冷遇は「外交的欠礼」=韓日議連会長
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/05/2019110580167.html

    文氏が現地で記者団に対し、強制徴用問題で韓国と日本の企業から寄付を募り、被害者に支給する内容の法案を作ったと言及したことに関しては、「踏み込んだ議論があったわけではない。個人的に考えている一つのアイデアではないか」と述べた。

    1. なんちゃん より:

      また、HN入れそこないました。
      使い慣れないキーボードで、誤操作頻発です。

  18. ハリー より:

    朝鮮半島は日本の安全保障上、地政学的には極めて重要ですが、そこに住んでいる人たち(韓国人・朝鮮人)が、日本の国益にとって必ずしも重要ではない(むしろ明治維新以降、日本の害悪になってきた)という点が、幕末・明治維新以降、今日に至るまで、長い間の日本の不幸といいますか、問題です。

    「韓国が北朝鮮や中国に対して(防衛上)重要だから、輸出管理で譲歩する必要」というのは、印象操作というよりミスリーディング(虚偽誘導)だと思います。

    かつて朝鮮半島に進駐して併合したらその後、日本全体がものすごい不幸と人災とにみまわれたので、あの国にあまりかかわってはいけないというのが歴史の教訓です。譲歩したり、変な関わり合いをすると、またしても、日本の国益を損なうと思います。

    文在寅が安倍総理にニタニタ(ニダニダ?)すり寄ってきたのには、笑わせてもらいましたが(魂胆があるのが見え見えなので、薄気味悪いですよね。)、安倍総理や菅官房長官にみたいに、韓国に対しては、毅然として、丁寧な無視をするのが一番正しい対応なのでしょう。

  19. 僭越至極 より:

    いつも、客観的事実と会計士様の思想的なご見解を明確に分けた上で、淡々と論評される姿勢に、大変に興味深く拝読させて頂いております。
    長らく論評を拝読させて頂いておりますが、会計士様の発言の前提に、いくつか主観的な断定を感じる点もございます。例えば、1️⃣上皇陛下が誰にでも敬愛される存在であること、2️⃣鈴置氏の論評に関して論理構成が甘い点も受け入れられている点等、些か会計士様の論評らしからぬ点も見受けられると感じております。
    これらの点に関し、改めて会計士様の前提を置かない姿勢を貫徹し、客観事実を積み上げた上でのご見解を論評して頂ければ、一層論旨が肉厚になるのではと感じております。どこぞの右傾化した論評と一線を画した差異をお示し頂けることを期待しております。

  20. 埼玉の暇人 より:

    日本のマスコミは本当にマスゴミでした。同じ事を何度も質問され官房長官は大変ご苦労様でした。
    10分を4人で割れば1人2.5分なのにただの挨拶でしかない、カップラーメンも出来ません。

  21. ハニワファクトリー より:

    昔ある男が太陽の塔によじ登って篭城する事件がありました。GSOMIA破棄するする脅迫は、鉄塔篭城戦術となんら違いがありません。できやしない要求を掲げて、受け容れられなかったら飛び降りるというのです。篭城戦術は、彼ら流の交渉戦術としてしばしば使われているように当方は思えます。今回見事飛び降りて不死身なところを見てみたいものです。

  22. クロワッサン より:

    ATMのTは、「友好的な文在寅」と「冷淡な安倍」という構図を作り出そうと見出しで印象操作してました。

    アレは友好的なのではなく集りに来てるだけなんですけどねぇ。。。

  23. なんちゃん より:


    徴用問題 国会議長の寄付金支給案に「憤り禁じ得ない」=韓国支援団体(朝鮮日報)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/06/2019110680214.html

    訪日中の韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題を巡って、両国の企業と国民から寄付を募り、被害者に支給する案を提案したことについて、韓国支援団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は6日に南西部・光州で記者会見を開き、「民意を代弁する国会議長の言葉なのか耳を疑った」として、「驚愕(きょうがく)と憤りを禁じ得ない」と批判した。

    ということで、慰安婦系が「聞いてねえよ」です。
    あとは徴用工系と青瓦台ですが・・・何か出るかな。

    1. なんちゃん より:


      元徴用工遺族ら 「日本に免罪符」と反発
      https://www.fnn.jp/posts/00426801CX/201911061929_CX_CX

      徴用工の反対も出てました。
      青瓦台も「個人的なアイデア」といっとったそうですが、ニュースが見つかりません。

      河村日韓議連幹事長は、慰安婦財団の5.8億円を新財団に入れるという話は、事前の説明ではなかったと言ってました。

      きっと、講演の時に思いついて付け加えたんでしょう。

      このネタについては以上です。もう飽きました。(笑)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。