【メモ】安倍総理、昨日も20人の外国要人と会談

本稿は、一昨日の『安倍総理、即位礼を前にすでに20人の外国要人と会談』や『令和時代を象徴する吉祥』の「続報」です。天皇陛下の御即位に関する即位礼正殿の儀で日本を多数の外国要人が訪れていますが、安倍総理は昨日だけでさらに20人との会談をこなしており、副総理兼財相である麻生太郎総理もあわせれば、わずか3日間で都合延べ48人の外国要人と会った格好となっています。

本稿は、一昨日の『安倍総理、即位礼を前にすでに20人の外国要人と会談』や『令和時代を象徴する吉祥』の「続報」です。

令和時代を象徴する吉祥

天皇陛下の御即位にかかる即位礼正殿の儀が行われ、諸外国から国家元首、首脳級などの多くの要人が来日していますが、安倍晋三総理大臣がこのうち誰と会談したのかについてのメモを更新しておきたいと思います。

安倍総理が会談・面会した相手は昨日までに44人であり、昨日面会した相手を列挙しておくと、次の20人です。

図表 安倍晋三総理大臣の会談相手(2019年10月23日)
相手国会談相手
モンテネグロジュカノビッチ大統領
ドイツシュタインマイヤー大統領
米国チャオ運輸長官
カザフスタンナザルバエフ初代大統領
トルクメニスタンベルディムハメドフ大統領
キルギス共和国ジェエンベコフ大統領
ブラジルボルソナーロ大統領
マーシャルハイネ大統領
ナウルエニミア大統領
チェコバビシュ首相
アフガニスタンガーニ大統領
アブダビハッザーア執行評議会副議長
アイスランドヨハネソン大統領
タイプラユット・ジャンオーチャー首相兼国防大臣
パキスタンアルビ大統領
バーレーン王国サルマン皇太子
中国王岐山副主席
シンガポールハリマ・ヤコブ大統領
スロベニアパホル大統領
ブルネイボルキア国王

(【出所】外務省トップページ『新着情報』を参考に著者作成)

21日からの累計では、

  • 国王…8人
  • 大統領…23人
  • 首相…4人
  • その他…9人

と、すでに44人もの外国要人との会談をこなした格好です。

また、今回の即位礼では、副総理兼財相として入閣している麻生太郎総理も、すでに4件の会談をこなしています。

  • 王岐山・中国国家副主席(22日)
  • モラレス・キューバ閣僚評議会副議長(23日)
  • ピクラメノス・ギリシャ共和国副首相(23日)
  • バビシュ・チェコ共和国首相(23日)

つまり、安倍・麻生両総理はこの3日間で合計延べ48人の外国要人と会談・面談した格好ですが(うち王岐山・中国副主席は安倍・麻生両総理と会談しています)、短期間にこれほど多くの外国要人と会談する機会も、素直に珍しいと思った次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    麻生副総理が会談したチェコ(本文中に記載あり)が
    『図表 安倍晋三総理大臣の会談相手』に含まれているようです。

    チェコ バビシュ首相

    【外務省】https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/czech/index.html
    麻生副総理兼財務大臣とバビシュ・チェコ共和国首相との会談
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/c_see/cz/page6_000424.html

  2. 匿名 より:

    外務省要人来日スケジュールを先日見ましたら、
    10月はサモアの偉い人のみでした。
    概要を見たら、安部総理とお二人でサインしたラグビーシャツを交換されてるお写真がありました。

  3. だんな より:

    これだけの要人と会談するのは、大変だと思いますが、相手が来てくれて居ますので、訪問して会談する事と比べると、とてもパフォーマンスが良いと思います。
    これも天皇陛下の即位礼のおかげで、皇室の存在価値を証明していると思います。

  4. 鬼首取乃介 より:

    バビシュ相との首脳会談は、今日の午後の予定みたいですね。
    https://www.google.com/amp/s/www.nikkansports.com/m/general/news/amp/201910240000271.html
    〉安倍首相は午前、アルメニアのサルキシャン大統領らと会談。午後にはチェコのバビシュ首相、イランのジョネイディ副大統領らとの会談を予定している。

    なおバビシュ首相、東京モーターショーに顔を出したとのこと。
    https://www.parlamentnilisty.cz/politika/politici-volicum/Premier-Babis-Z-Tokia-si-odnasim-velky-zazitek-na-cely-zivot-600525
    〉彼は日本首相、セルビア首相、ドイツ連邦共和国大統領、または日本の副首相兼財務大臣と話をします。バビス首相は、トヨタとNECの代表者とも交渉します

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。