東亜日報「韓国首相訪日で日本国民の心をつかめる」

昨日の『慶事にそぐわない、安倍総理と韓国首相の会談』でも触れましたが、どうも報道各社のあいだでは、今月22日の天皇陛下御即位に関連する一連の行事に、李洛淵韓国首相が出席することがほぼ確定したことになっているようです。こうしたなか、韓国の「保守メディア」とされる『東亜日報』(日本語版)に、「李洛淵氏の訪日を契機に日韓両国政府は関係改善に向けて努力せよ」とする、まことに都合がよい(そしてまことに意味不明な)記事が掲載されています。

皇室外交

今月22日に予定されている天皇陛下の御即位に関連する一連の行事に向けて、わが国の政府も準備を進めているようです。

こうしたなか、数日前の産経ニュースに、こんな記事を発見しました。

両陛下、外国王族を招き茶会をご主催 23日に赤坂御所で(2019.10.7 16:52付 産経ニュースより)

産経ニュースによると、天皇、皇后両陛下におかせられては、22日に即位礼正殿の儀に参列する外国王族を赤坂御所にお招きになり、茶会をご開催になられるそうです。その際、秋篠宮皇嗣同妃両殿下をはじめとするご皇族方もご陪席される予定だそうです。

この茶会は、平成時代には当時の天皇・皇后両陛下(現在の上皇・上皇后両陛下)が国家元首級の王族を、当時の皇太子殿下(現在の天皇陛下)がその他の王族を、それぞれもてなされたそうですが、今回は外国王族を一堂に招待されるのだとか。

まさに華やかな皇室外交であり、多くの外国賓客にとってはまたとない素晴らしい思い出になることでしょう。

やっぱり来るんですか?

さて、日本を貶めるための勢力(たとえば日本共産党)が天皇陛下の御即位関連行事をボイコットするらしい、という話題については、先ほどの『日本を貶めるために日本共産党などと結託し始めた韓国』で紹介しました。

日本を貶めるために日本共産党などと結託し始めた韓国

ただ、その一方で、日本の友好国を装う韓国からは、いまのところはボイコットという話は聞こえて来ません。

それどころか、『慶事にそぐわない、安倍総理と韓国首相の会談』でもお伝えしたとおり、李洛淵(り・らくえん)首相が日本にやってくるのではないか、といった観測があることも事実です。

こうしたなか、韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に、なにやら意味不明の主張が掲載されていました。

天皇即位式に参列する安倍・李洛両氏は、関係修復への一歩を踏み出すべきだ(2019/10/10 9:24付 東亜日報より)

記事の内容は、おそらくタイトルのとおり、「日韓両国は李洛淵氏の訪日を契機に関係修復への一歩を踏み出せ」、とするものです。東亜日報はこれについて、次のように述べています。

韓日関係が1965年の国交正常化以降、最悪という指摘が相次ぐ中、李首相の即位式参列は様々な点で意味がある。隣国の慶事を祝う美徳を示し、新天皇の誕生を喜ぶ日本国民の心をつかむことができる良い機会だ。

正直申し上げて、国を挙げてあそこまで日本に対して徹底的に泥を掛けるような真似をしておきながら、平然とこういう主張ができる東亜日報というメディアの見識を疑ってしまいます。

外国メディアであるため、百歩譲って、天皇陛下に対する敬語が用いられていないという点については、許容してやらないではありません。しかし、「隣国の慶事を祝う美徳」を示したから、「日本国民は韓国に対して心を開け」とでもいわんばかりの高慢さに対しては、どうしても違和感を払拭することができません。

そして、そもそもこの文章からは、「日韓関係が1965年の国交正常化以降、最悪」という状況にした責任が、ほぼ全面的に韓国の側にあるという視点がまったく欠落しているのです。

東亜日報は韓国の政権に近いメディアではないため、この文章がそのまま韓国政府の現在の見解を代表するものであるとは限りませんが、仮に李洛淵氏がこんな認識を抱いて日本に来るのならば、日本国民の1人としては、思わず「塩を撒いて追い払いたい」という気持ちになってしまいます。

残念ながら、韓国側が現在のような高慢な姿勢を保ったままでは、李洛淵氏は「日本国民の心をつかむ」どころか、「日本国民の神経を逆撫でする」のが関の山ではないでしょうか。

典型的な用日派:上皇陛下の訪韓という不敬

さて、当ウェブサイトではかねてより、韓国側には「用日」という考え方があるのではないか、と申し上げて来ました。

この「用日」とは、「日本に対しては歴史認識で責め立て続けて贖罪意識を抱かせるとともに、現在・未来の課題では韓国が都合よく日本からの協力を引き出す」というもので、俗に「ツートラック」と呼ばれることもありますが、端的にいえば「義務を果たさず権利を行使する食い逃げ外交」のことです。

東亜日報のこの記事も、読んでいると思わず嫌悪感を抱くような「食い逃げ外交」の発想で満ち溢れており、たとえば、

今回、生前譲位を終えた上皇を招待することも検討してみる必要がある

という下りには、心の底から呆れてしまいます。

「生前譲位」という極めて無礼な表現もさることながら、政治的な問題から距離を置き続けられた上皇陛下に対して訪韓を求めること自体、明らかに「皇室の政治利用」であり、「用日」の極致でしょう。

東亜日報はまた、日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)が11月22日に終了日を迎えることに加え、自称元徴用工関連の日本企業の資産現金化措置が実現すれば、

両国関係は後戻りできないどん底に陥ることになる

としたうえで、

外交も結局は人と人の出会いと意思疎通、理解を通じて一歩ずつ進展していく

などと言い放っているのです。

先に相手を殴りつけておいて、「話し合いで解決しよう」とは、意味がわかりません。

ただ、逆にいえば、東亜日報が

両国政府が天皇の即位式と李首相訪日を関係修復の突破口にしなければならない。

と主張していること自体、韓国社会の空気を間接的に感じ取ることができます。要するに、韓国では李洛淵氏の訪日が韓国にとっての日本に対する「譲歩」を意味しているのではないか、という仮説ですね。

この仮説が正しければ、韓国側は、「わが国は譲歩して日本の天皇の即位式に来てやったぞ、だからこそ日本は韓国に譲歩しろ」、という高圧的な態度で日本に接して来る、ということでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

そういえば最近、「韓日GSOMIAを必要としているのは日本の方だ」といった主張が再び韓国側から出てくるようになりました。

韓国合同参謀本部議長 「日本、GSOMIAの必要性を切実に感じるだろう」(2019年10月08日 16時00分付 ニフティニュースより【Wow!Korea配信】)

また、日本国内では二階俊博・自民党幹事長が「譲れるところは譲るべき」と述べている(『二階氏の「日本は韓国に譲歩せよ」論は正しいのか?』参照)ほか、一部の「(自称)保守政治家」らの間でも、「日本の対韓輸出管理の強化措置をいったん撤回してはどうか」、といった説が流れて来ています。

二階氏の「日本は韓国に譲歩せよ」論は正しいのか?

そして、一連のこうした動きは、韓国国内の「用日派」と日本国内の「対韓配慮論」が結託し始めているという証拠と見るべきなのかもしれません。

ですが、現在の日本には、これ以上、韓国に対して原理原則を譲る場面はありません。

日本政府が毅然として韓国に対処できるかどうかは、むしろこれからが本番といえるのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. マスコミ関係の匿名 より:

    韓国は天皇陛下の即位式典をボイコットして筋を通したら如何でしょうか。
    韓国の首相が来ても「日本国民の心をつかむことができる」訳がないですから。

    1. j より:

      そのとうりです。

      「独島は、わが領土。」

      の意味がようやくわかりました。

      戦後弱っている日本に対して戦争を仕掛けて勝って、日本の領土をぶんどった。

      戦争に勝って日本の領土をぶんどったのに、返すわけにはいかない。

      心の中でもそうおもう。対外的には通用しないので、元々韓国の領土という。そういうことなら、韓国人らしい考えで理解できます。

      北朝鮮と同じような関係でよいのではと、おもえてきました。

      1. 匿名MK より:

        結局、ヤクザと変わらなないですね。朝鮮民族は。
        盗人猛々しいという意味の言葉ばそのまま返してやらんといけませんね。

        1. 匿名MK より:

          ごめんなさい。
          バスが揺れる中での入力で、誤字が多くなりました。

      2. だんな より:

        jさま
        竹島のwikiを読まれたんでしょうか。
        日本人は、終戦後の朝鮮半島からの引き揚げでも、酷いめに有ってます。中国には、残留日本人孤児が居ました。二国の国民性の違いが、良く分かると思います。

  2. 心配性のおばさん より:

    >正直申し上げて、国を挙げてあそこまで日本に対して徹底的に泥を掛けるような真似をしておきながら、平然とこういう主張ができる東亜日報というメディアの見識を疑ってしまいます。

    鏡を差し上げましょう(笑)。韓国は等身大の自身の姿がどれだけ醜い姿をしているか、ご存知ないようなので(笑)。

    さて、シリアのクルド人勢力にトルコが軍事攻撃を始めました。香港問題は予断を許さない状況です。
    どちらも、シリアスな問題です。そして対象である人々は、自身を誇れる人々です。

    お祭り気分でデモを行ったり、働きもせず権利だけを主張する韓国とは、同じ人類としての比較ができません。

    考えるのも嫌ですが、そこに存在するので忘れる訳にもいかない。いっそのことですが、私個人としては、彼らを人類史上から抹殺してなかったことにしたいです。

    1. 匿名 より:

      おばさま過激ですね・・・
      でも完全に同意します。

      とにかく韓国のやる事なすことが「ウザい」
      腹立たしい以上にうんざりします。

      「もしもボックス」が欲しいですね。

  3. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     韓国にとって、首相の訪日で心をつかむことだけが出来る人だけが、日
    本国民であり、そうでない人は人間ですらないのでしょう。(日本マスゴ
    ミ村など、愚民を見下すために、心をつかまれたい人が、ある程度は、い
    るでしょうから)

     駄文にて失礼しました。

    1. j より:

      私も同じ考えです。

      韓国の言うことを聞かない=安部首相と一部の右翼

      韓国の言うことを聞く=一般的な普通の日本人

      韓国のコメントを見ても、そう思っていると考えて間違いないとおもってます。

      いままでの経緯からも、日本は韓国の言うことを聞いていたから、悲しいですがそう思われても仕方ない部分はございます。

      完全に間違ってた。

      しかし、日本人はそれは誤りであったと、素直に認める心もあるとおもいます。

      もう誤った対応をしてはいけない。

      そう、強くおもいます。

      二階さん大丈夫か?日本人だろ。しっかりして欲しい。

      完全になめられていることを、認識して欲しい。

  4. だんな より:

    新宿会計士さんの文章を読んで、「リスカブス」とは、良く言ったものと思います。
    韓国は、日本が道徳的に下で有ることを認めて、譲歩するのであれば、即位の礼でも不買運動でも何でも良いんです。
    外交は、基本的に政府同士の関係です。原因は、韓国に有り、両政府共に譲れないところまで来ています。
    丁寧な無視は、日韓の国交の最善策と思われていますが、私はそうは思いません。
    日本政府は、約束を守れというだけで無く、韓国に言う事を聞かせる制裁をしなければならない時期に至っていると思います。制裁で頭を押さえつけて言う事を聞かせるべきです。もし上手く行かなくとも、結果は断交で同じ事。
    朝鮮半島が、統一された時の力関係にも影響します。
    日韓関係が破綻する選択肢しかないと思うなら、無視するよりも叩いた方がいいと思います。

    1. 匿名 より:

      自分は制裁に関しては今の時期はまだ早いと思います。

      WTO勝訴の改善期限が過ぎた訳ですが、まだ米韓同盟、ジーソミアも生きている状態で行うのは時期が悪いかと思います。

      ※ないとは思いますがアメリカの一部で騒ぎ出されても面倒なので

      11月、12月には償還もあり、年末には在韓米軍の撤収も見えてきます。

      自分としては

      11月償還に応じない
      ⇒制裁としてビザ復活により人の流れを遮断したように見せる
      ⇒韓国がまた規制だと騒ぎ出す
      ⇒在韓米軍撤収、更に償還できずデフォルトへ
      ⇒またまた韓国がスワップしろだ規制だと騒ぎ出す
      ⇒金融の貸し剥がし、外国資産の引き上げ
      ⇒もう宣戦布告しかないと騒ぎ出す。
      ⇒そして親愛なる某国と元同盟国の手で亡国へ

      と言うミラクルなコンボを見たいと思っております。

  5. クロワッサン より:

    >この「用日」とは、「日本に対しては歴史認識で責め立て続けて贖罪意識を抱かせるとともに、現在・未来の課題では韓国が都合よく日本からの協力を引き出す」というもので、俗に「ツートラック」と呼ばれることもありますが、端的にいえば「義務を果たさず権利を行使する食い逃げ外交」のことです。

    或いは、嫌がらせをして「嫌がらせを辞めて欲しければ言う事に従え」ってヤツで。

    義務を果たさず権利を行使すると言えば、朝鮮学校の付属幼稚園が各種学校だから無償化対象では無いって事で在日朝鮮人とかが不平不満を言ってるみたいですね。

    在日朝鮮人児童の教育の世話をする義務を有するのは北朝鮮政府であり、日本政府は何ら義務を負っていないのですが、日本政府が金を出すのが当然であるかのように勘違いしている在日朝鮮人らがイタイなぁと。

  6. 七味 より:

    >「外交も結局は人と人の出会いと意思疎通、理解を通じて一歩ずつ進展していく」

    言葉だけ読むと全くそのとおりだと思うのです
    で、60年間一歩ずつ進展した結果が今の状態なんだと思うのです♪

  7. 宇宙戦士バルディオス より:

    >仮に李洛淵氏がこんな認識を抱いて日本に来るのならば、日本国民の1人としては、思わず「塩を撒いて追い払いたい」という気持ちになってしまいます。

     でも、ここはぐっとこらえて、源頼朝に習って次のように申し渡しましょう。
    「李洛淵、馬を引け!」と。
     あるいは、皇居前広場で、三跪九叩頭の礼をさせてやってもいい。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    李首相が来ようが、日韓関係が元の位置に戻る事はありません。また元に戻すべきじゃない。「李首相訪日が韓国の譲歩で、それに日本も乗れば上手く修復の糸口になるんじゃないか」なんて考えている日本人!多分居るでしょう。

    何故あの国とは気を使ってまで付き合わねばならないのか?

    苦しい時は、すぐ抱きついて来るくせに、ちょっとマネシイの駄物の車、造船、テレビ、携帯電話が売れて国力が上がったら、侮日、反日行動で波状攻撃する。ま、白物家電や車、造船は中国に取られたが(笑)。

    そんな非常識な韓国とは一切お付き合いしなくて結構です。それを断交と呼ぶならそれでも良い。統一する前に南を先に焦土化した方が良い。守りを固めましょう!

  9. 非野阿礼 より:

    >>「隣国の慶事を祝う美徳」を示したから、「日本国民は韓国に対して心を開け」

    序でに恩赦も受けてやるニダ!って都合の良い脳内誤変換をするのが韓国人。

    1. 簿記3級 より:

      このパターンは2011年の東日本大震災で一回味わった気がします。

  10. ハゲ親爺🐧 より:

    朝鮮人の皆様、理解してますか?🐧
    日本の文化は、貴殿方の小中華や御本尊と異なり「穢れ」を忌み嫌います。🐧
    貴殿方の存在は「穢れ」その物です。🐧
    それなのに何故、天皇陛下の御即位正殿の儀に参列しようとするのですか?🐧
    何の得もないですよ。🐧
    逆に貴殿方が「穢れ」その物だと世界中に宣伝するだけですよ。🐧
    ついでに申し上げますが、辞退した方が「まだ得」ですよ。🐧
    来てしまったら、「日の出る国」の国家予算から貴殿方の代表の面倒を見なければなりません。🐧
    どれだけ迷惑で、無用な金銭的負担を「日の出る国」に掛けてしまうか判りますか?🐧

    別に私が日本人の総意を代表している訳ではありませんが、一定の割合で日本人は貴殿方に対して、私と同じ思いでいると考えて良いですよ。🐧

    貴殿方は「穢れ」です。🐧
    晴れの場にはそぐいません。🐧

    この度の儀式もオリンピックも、ボイコットされた方が、大多数の日本人に歓迎されますよ。🐧

    「やっと朝鮮人も身の程を理解したか」とね。🐧

    来るな

  11. 匿名 より:

    どうですかね
    結局、今まで通り、譲歩するのは日本ってことになりそうですね
    譲歩しなければ良い、では方向は変わらない
    譲歩させなければ意味はないんですよ
    米中はちゃんとやってるでしょ、、、こちらの言うことを聞けと圧迫してるでしょ
    日本というか、安倍首相には何の迫力もないですね
    だから朝鮮人は平気で日本を侮辱する
    安倍首相では何も変わりませんよ、飴玉あげないと言っても応えはしない
    飴玉取り上げて、殴らないと分からない
    でも自民外交の延長でしか対応できない安倍首相には無理ですね

    旭日旗も放射能も輸出管理も、日本は世界に言い訳するのが大変ですね
    安倍首相のやってきたことなんてこんなものです
    専守防衛ジリ貧

    1. 匿名 より:

      〉「韓国首相訪日で日本国民の心をつかめる」

      どの面で言うwww

    2. gommer より:

      誰なら出来るとお考えなのでしょう。

      もしかして批判するだけの人なのかな?

    3. りょうちん より:

      「協力を感謝する、スワップはドルと円、トラベラーズ・チェック、どれがいい」
      「ミスターサトー、ドルがいい」
      「ほら!」BRAM

      節子それ飴玉やない鉛玉や(ハジキや!にするか迷った)

  12. 農家の三男坊 より:

    「隣国の慶事を祝う美徳」という発想自体、さすが『醜い精神』の“嘘つき国韓国”の新聞ですね。
    日本人にとっては、敵国でない限り当たり前のこと。

    李洛淵さんは、きっと「朝鮮半島出身労働者問題」に関し『日本政府及び日本企業に、一切の迷惑及び不利益を発生させない』と云う『誓約』と『謝罪と関係者の処罰の報告』をしに来るのだと思います。

    日本中で「李洛淵さんが謝罪に来る。」という話題で一杯になってほしい。

  13. よくわかってないジジイ より:

    譲歩、譲歩って何を譲歩して欲しいのだろ。何もしていないのに。輸出管理の問題は韓国経済には何も影響がなく勝利したと自分で言ってたんじゃなかったですか。

    日本側は徹頭徹尾約束を守るべしといい続けているのみなのに、譲歩して韓国にすり寄ろうとしている人がいること自体わからないです。
    よっぽど、うまい汁を吸えるのですかね。

    1. 匿名 より:

      うまい汁ね
      安倍首相なんか慰安婦合意でうまい汁飲んだんじゃないのかな
      アメリカがどうとかいう人が多いけど、アメリカは合意を歓迎するとしか言ってない
      責任は全て安倍首相にある、外務省さえ反対した慰安婦合意

      日本を切り売りして政権維持してきた自民党の体質ですよ
      変わらないね

      1. emanon より:

        慰安婦合意に関しては賛否あるでしょうが、
        私は消極的賛同派ですね
        ベストじゃないけどそこそこベターな判断って評価でしょうか

        私は「日韓がこの問題を最終的かつ不可逆的に解決することを明確にしたことを歓迎する」
        とアメリカに言わせたことが重要だと思いますけどね

        まあ普通の国ならこれがどういう意味か伝わるんでしょうが韓国には効果はありませんでしたが
        外交プロトコルに沿った発言などを全く理解できない人たちなので当然と言えば当然ですが
        アメリカは日韓での慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決した」ことを公式に認知して歓迎したわけです
        そしてそれを破ったほうがアメリカからどう思われるかということですね

        日本としてはもともと合意が守られるとは思ってなかったためアメリカに談話を発表してもらったというのもあるでしょうね
        今までだとアメリカが日本に圧力かけてきて日本が譲歩するというのが繰り返されてたわけですが、
        これによってアメリカに対して日韓関係に極力口出しさせないためのカードをつくったわけですね

        そして韓国に対しても今後「最終的かつ不可逆的に解決した」と言えて韓国の外交カードを1つ無効化したわけです
        まあ厳密には請求権協定で解決済みといえばそうですが
        今は韓国が日韓基本条約及び請求権協定を破ってそっちがあるので
        今となってはあまり役には立たなくなりましたが、
        韓国との外交でまずは合意を守れというカードも一応はつくったわけです

        あと付け加えると韓国が合意を破ってのイチャモン対策で反論するために
        自称慰安婦との金銭の受け渡しの際に文書と音声での記録をとってたのはいい対応でした

  14. めたぼーん より:

    勧告の首相は偉いのですかね。何ヶ月も知恵を出そうとしていたが出ないのでちゃぶ台ひっくり返した愚かで何の権限も無いとしが見えませんが、そんな輩に日本が何かしてくれると盛大に勘違いしていますね。ホント理解できませんね、韓国の考えは。

  15. 名無しA より:

    >李洛淵韓国首相が出席することがほぼ確定したことになっている

    ⇒ 明日の韓国のWTO提訴に係る日韓協議で風向きが変わるのでは?
      日本姿勢は変わらないでしょうから。韓国のネット世論も首相の
      出席について否定的なようですし。

    ところで河野さんが文藝春秋のインタビューで下記発言。
    韓国政府内の分裂を煽ってますね。

     河野氏「康京和外交長官とは考え共有も…青瓦台の認識が誤った」
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000033-cnippou-kr

  16. 宇宙戦士バルディオス より:

     なお、首相と言うと偉そうなイメージがありますが、韓国の場合、実権力では大統領秘書室より下だそうです。大統領の下で実権を握っているのは秘書であって、総理も閣僚も、秘書の取りまとめた政策の下請けでしかない。
     朴槿恵は報告も命令も必ず秘書を通じて文書で上げ下げしたそうですが、こうなると大統領秘書が大本営参謀化して、権力を壟断するのは、自然な成り行きでしょう。各省庁の責任者である長官から直接聞くのではなく、秘書を通じて報告を聞けば、必ず秘書がメーキングします。結果、報告はお花畑になり、命令は雲をつかむようなものになります。大統領たるムンたんが、韓国経済を破綻させつつある所得主導経済を、絶対に止めようとしない理由も、理解できるでしょう。
     こんな国が、今まで保って来た理由が、逆に分からないくらいですが。

    1. おでん より:

      秦の末期が、こんな体制だったような。

    2. チキンサラダ より:

      日本の歴史でも中国の歴史の大半でも、君主が直に大臣と対話せず、取次を設けることはよくあります。君主が凡庸で取次が有能な場合は効果があります。
      中世以降の日本の天皇制もある意味これに近い形です。天皇親政は行わず、摂関や将軍が実質的な政治を行い、礼儀的に天皇にその報告を行ってきたわけです。

      世襲の場合、大多数の君主は凡庸になるのは止む得ませんし、取次は実力重視で選定されることの方が多いので、ある意味合理的な体制でもあります。

      ただ、問題は取次が長年実権を握るうちに、私服を肥やすのに専念したり横暴を極めてしまう点ですね。

      韓国の場合は一応大統領の任期があるので、大統領秘書室が実権を持つこと自体はシステム的には弊害も出似にくく、そう悪いシステムとも言えません。国民に人気のある人間を大統領として祭り上げ、有能な秘書室長が切り盛りするのは決して悪くはないですね。

      別の言い方をすれば、文政権の問題は文在寅という個人の問題ではなく、そのブレイン、取り巻き、支持層を含めた韓国の従北勢力全体も問題だとも言えます。

      1. 宇宙戦士バルディオス より:

         日清・日露戦争の戦争指導では、明治大帝は御自ら大本営において重臣、閣僚、軍部から直接報告を受けられ、親しく大命を下されました。(もちろん、事前に重臣会議で政治と軍事の最高指導層が討議を重ねた上ですが)時として、日露戦争時の乃木大将更迭論を一蹴されたように、まさに大元帥。言いなりの存在ではあり得なかったのです。
         大正天皇はご病弱であらせられ、この時期の大正デモクラシーの影響もあって日本憲政も欧米流の自由主義の色を濃くしますが、政治における内閣の輔弼責任が旧憲法上に欠けていた点が仇になりました。昭和天皇は非常に英米的自由主義を愛されましたが、それ故立憲君主としてのお立場に留まられ、明治大帝のように強く政府や軍部に出られなかった(オフレコの場では別。軍部を激しく叱る時も何回かあった)。軍の上層部がこうした昭和天皇を軽んじていたのは今では明らかで、中堅の参謀たちは、もう大御心を勝手にねつ造する始末。結果、陸軍も海軍も負けると分かっている戦争に自ら突入することとなりました。

         立憲君主制が上手く機能にするには、君主が人徳において優れていることと、政治を担う者が有能でなければならないことが、良く分かります。

  17. クロワッサン より:

    >先に相手を殴りつけておいて、「話し合いで解決しよう」とは、意味がわかりません。

    韓国の価値観では「韓国が日本を殴ったのではない!韓国は日本に殴らされたのだ!日本の所為だ!日本が悪い!日本は謝罪と賠償をしる!」ってなるからじゃないですかね?

    一度韓国の価値観や考え方を理解すれば万事理解出来ますが、理解出来ても共感したり賛同したりは無いですね。

    1. 韓国在住日本人 より:

       小生は「韓国は日本を殴っていない。日本が韓国を痛めつけるために顔をぶつけてきたのだ。御かげで韓国は拳を痛めた。賠償と謝罪を求める。」だと思います。

       駄文にて失礼します。

      1. クロワッサン より:

        >韓国在住日本人さん

        おぉ!コメントありがとうございます!
        韓国便り興味深く読ませて頂いてます。

        なるほど、韓国の握り拳目掛けて日本が頭を持っていったから、と。
        納得…(*_*;)

  18. チキンサラダ より:

    李洛淵首相は以前、東亜日報の記者として日本に赴任していたようですね。
    東亜日報が李洛淵の日本派遣で興奮するのには、そういう理由もあるのでしょう。

    李洛淵首相のことはよく知りませんが、どうも政権の厄介事処理係になっているようですね。

    ゴミ箱理論というのがあるのですが、面倒な案件をなんでも放り込めるゴミ箱が存在することでチームは効率的に運用できます。李洛淵首相は、文在寅政権の「ゴミ箱」係になっているように見えます。
    なお、ゴミ箱係は有能である必要はまったくなく、押し付けられた案件をすべて塩漬けにしてしまってもチームのパフォーマンスに影響はありません。むしろ無能な方がよかったりします。

    ともあれ、李洛淵首相は面倒なことを全部押し付けられているようで、少々同情しなくはありません。
    過去の日本に対する過激な発言も、文在寅大統領に代弁させられたという側面が強い気がします。

  19. マスコミ関係の匿名 より:

    台風19号がいよいよやってきます。またアホな韓国人が東日本大震災の時と同様にお祝いをしてくれそうです。
    そういう侮日への返礼として、反日とか韓国が道徳的に高いとか、スワップしろ等々生意気な寝言を二度と言わないように、ありとあらゆる手段で経済制裁を加えきゃいんきゃいんと泣き叫ぶほどのお灸を据える躾をしなければならないと思いますが、如何でしょうか。

  20. 匿名 より:

    朝鮮人の方たちの付き合いは、安倍首相の言ってるように、まずは約束を守る、と言う考え方が、身についた時から、始める必要が有り、今のままでは、何事も前に進めません。
    考え方が、幼稚と言うか、話になりません。嘘を言う人、感謝しない人、見栄を張る人、自己中の人、など、
    これら全て、生まれてきた、環境と、血筋と、教育によるものなどでしょうね!!
    厄介な、民族です。・・・

  21. 匿名 より:

    韓国首相が訪日したぐらいで日本国民の心をつかめると思ってる????ことにあきれる。

  22. ブリジット より:

    李首相は、大統領の無能さへの批判を逸らすために存在する犠牲の羊として飼われているだけでしょう。
    パシリですね。
    国民の批判の矛先が大統領に向いたら、全ての責任を押し付けられる。

    『〜しなければならない』って表現が本当にお好きなようで。今回は、いつも以上に気合が入ってますね。
    そんな大風呂敷広げて韓国の国民感情は大丈夫?
    放射能気にされてるんでしょ?
    できれば『日本とは、断交しなければならない』にしてもらえば幸いなんですが。

  23. H より:

    やはり来るのでしょうか
    招待状送らなければいいのに
    そこまで覚悟はないのかな

    奴等はわざわざ行ってやった
    とか言いそう

  24. はぐれ鳥 より:

    韓国首相が、日本人の心を掴めるかは、彼の言動次第です。しかしそれは、最初から‘雲を掴むような話’です。何故なら、彼には、これまでの、日本に対する無礼、約束違反の数々に対する詫びも、靖国に詣でることも期待できないからです。

    多分、日本側との会談では「約束を守れ!」と言われ、それに対し、韓国のこれまでの立場をモゴモゴ繰り返すだけでしょう。それでも図々しい韓国は、かつての朝鮮王が、宗主国皇帝の代替わり時に、慶賀使節を送った気分で、天皇即位礼への高官派遣を恩着せがましく言い、「回賜(お土産)」をねだるでしょう。

    そんなのには、言葉による返礼で十分。それでも五月蠅くねだるなら、菊の御紋を染め抜いた手ぬぐいでも下賜してやれば十分です。絶対に、外交的な融和姿勢など、アメを与えてはなりません。

    まったく、こんな事を書いてるだけでも、腹立たしくなってきます。

  25. 匿名希望 より:

    いつも興味深く読ませて頂いております。

    日本政府は本当に韓国を招待しているのでしょうか?

    最初から「環境が整えば招待する」とか言ってそのまま進展させていないのではないでしょうか。

    それに対して韓国政府が日本政府に「李首相なら行けますよ」と揉み手しつつ自国メディアに勝手にリークしてるだけでは?

    この場合、注意すべきことは「環境」とは「国際法違反云々ではない」ということですよね。明らかに。
    これほどの慶事に政治を持ち込むわけがないですから。

    政府はこのことをちゃんと韓国に説明してあって、だからこそ、韓国の返答は「誰が行くか」の人選に絞られているのでしょう。

    もしこのまま日が進んだ場合、他に参加いただけない国もあるでしょうから、直前に菅官房長官が「個々の国の欠席の事情説明は差し控えさせていただく」と説明すればいいのです。

    文大統領も自分のことで手一杯でしょうから、招待されていないことを公にして「国家的無視だ!」と騒ぐより、なにかメンツの立つ言い訳(事情を鑑みこちらから遠慮した、とか)を考えるのではないでしょうか。

    妄想ばかりの駄文、失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。