政権交代から10年 「共犯者」の支離滅裂な主張

政権交代から10年 ネットがマスコミをぶっ壊す』でも報告したとおり、今年は民主党への政権交代が実現してからちょうど10年の節目です。民主党への政権交代は、民主党だけが成し遂げたわけではありません。オールドメディア(とくに新聞とテレビ)の猛烈な偏向報道によって助けられた、という側面は非常に強いと思います。こうしたなか、朝日新聞は昨日、「民主党政権の遺産を生かせ」などと主張する社説を掲げたようです。

政権交代から10年、何が変わったか?

10年前の2009年8月30日に実施された衆議院議員総選挙では自民党が大敗を喫して下野し、民主党への政権交代が実現しました。あれから何が変わったのでしょうか。

政権を取った民主党は、まさに「素人集団」と呼ぶにふさわしい勢力であり、「鳴物入り」で政権を握ったにも関わらず、日本は米国や中国との外交関係を悪化させ、東日本大震災直後に福島第一原発事故を発生させ、さらには政権公約にない「消費税率の引き上げ」まで実現してしまいました。

安倍総理は民主党政権を「悪夢のようだ」と表現し、野党やオールドメディアから批判されたのは記憶に新しいところですが、正直、個人的には民主党政権については「悪夢のようだ」という表現では生ぬるいとさえ思います。

民主党は2012年12月の衆院選で大敗して下野し、その後は国政選挙でも勢いを挽回できていませんが、不思議なことに、この3年3ヵ月の民主党政権について、反省した様子もなければ総括した様子もありません。

それどころか、民主党の「残党」(?)はその後、国政選挙のたびに、他党と合流して党名を「民進党」に変えたり、「国民民主党」と「立憲民主党」とその他に分裂したり、と、アメーバのように四分五裂を繰り返し、勢力を徐々に弱めつつあるように思えてなりません。

とくに現在の最大野党である立憲民主党は、「もりかけ問題」、「セクハラ問題」だの、あることないことでっち上げて国会の審議時間を空費することで、政府・与党の足を引っ張ることばかり考えているようです(『【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな』参照)。

つまり、結論からいえば、政権交代から10年が経過したものの、わずか3年少々で政権から追放された民主党とその残党は、何も変わっていないどころか、むしろ政治家集団としての劣化が進行した、という言い方が適切でしょう。

いずれにせよ、野党がこんな状況だからこそ、自民党としてもある意味「安心して」政権を担うことができる、という言い方ができるかもしれません(もっとも、『【内閣改造】野党・マスコミ総崩れ 緊張感欠く自民党』などでも述べたとおり、それが良いことだとは限りませんが…)。

【内閣改造】野党・マスコミ総崩れ 緊張感欠く自民党

反省なきメディアの反省なき社説

そもそも政権交代選挙自体、『政権交代から10年 ネットがマスコミをぶっ壊す』でも報告したとおり、当ウェブサイトではオールドメディア(とくに新聞やテレビ)の報道が有権者の投票行動を歪めた可能性が極めて高いと考えています。

政権交代から10年 ネットがマスコミをぶっ壊す

そして、民主党が3年3ヵ月の政権を反省も総括もしていないことは事実ですが、政権交代を自分たちの業界がさんざん煽ったことに関しては、「反省も総括もしない」という意味では、オールドメディア業界も民主党(とその残党)とまったく同様です。

いや、むしろ2017年から18年にかけて、「もりかけ問題」という虚報を追いかけ続けたことで、読者や視聴者の反発を招き、「責任あるマスコミ」としての権威を失っていることに、彼ら自身、まったく気が付いていないようにすら思えてなりません。

その「反省なきメディア」は、性懲りもなく、「反省なき社説」を出して来たようです。

(社説)民主党政権10年 「遺産」生かし対抗軸を(2019年9月16日05時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

リンク先は、オールドメディアの有力な一角を占める朝日新聞の、昨日付の社説です。

これは、民主党の鳩山由紀夫政権が発足してから、9月16日がちょうど10年目になるということで書かれた社説らしいのですが、朝日新聞は冒頭から、こんなジャブを放ってきます。

民主党政権は3年3カ月で幕を閉じたが、有権者に選択肢を示し、政治に緊張感をもたらす政権交代そのものの意義を忘れてはなるまい。

はて、そうでしょうか?

民主党政権の効果といえば、「首相なんて誰がやったって同じだよ」という無責任なセリフを社会から抹消したということくらいなものであって、むしろ、民主党政権瓦解後は、有権者にとっては自民党以外に選択肢がない状況が続いています。

しかも、朝日新聞はこうした現在の政治状況について、

一連の混迷の反動で政治に安定を求める民意が、今の「安倍1強」を支えている側面は否定できない

としつつも、驚いたことに、次のように言い放ちます。

民主党政権の『失敗』のツケは大きいと言わざるをえないが、安倍首相が繰り返す「悪夢」という決めつけは一方的過ぎる」「民主党政権が目指し、成し遂げたものを冷静、公平に評価しなければならない

…???

民主党政権が成し遂げたものといえば、福島第一原発の爆破でしょうか?

それとも政権公約になかった消費増税でしょうか?

日本国民はバカではありませんから、民主党政権が「成し遂げたもの」を冷静、公平に評価した結果が、現在の「安倍一強」ではないのでしょうか?

朝日新聞の社説に根本的に欠けている視点

何より、この朝日新聞の社説には、根本的に欠けている視点があります。

それは、オールドメディア自身が2009年の選挙前に麻生太郎総理を不当に攻撃し、有権者の意思決定を歪め、自民党が下野するうえで重要な役割を担ったことへの反省です。

それどころか、朝日新聞社説は、こう締めくくられています。

『市民が主役』を掲げて結党した民主党の政策体系の基本には、『お任せ民主主義』から『参加型民主主義』への転換があった。鳩山首相の最初の所信表明演説では、行政だけではなく、市民や企業など、地域の様々な主体が支え合う『新しい公共』の考え方が打ち出された。

はたして、民主党政権時代において、私たち国民の生の声が行政に反映されたという事例が、たった一例でもあったのでしょうか?

それどころか、国民の圧倒的多数の反対を押し切る形で、復興所得税や消費税などの増税が実現したのは、まさに民主党政権だったからではないでしょうか?

朝日新聞の社説は、

政権の挫折は、こうした理念が間違っていたことを意味しない。民主党の流れをくむ立憲民主党や国民民主党は、かつての政権運営の『遺産』を生かし、自分たちの理念を実現するための政策を磨きあげる必要がある。それこそが巨大与党に対抗する一歩となるはずだ。

と強弁するのですが、これほど空虚に響く主張はありません。

民主党政権が具体的にいかなる「遺産」を残したというのでしょうか。

いや、むしろ民主党政権が残したのは莫大な「負の遺産」であり、朝日新聞社を含めたオールドメディアはその「共犯者」です。慰安婦捏造報道を筆頭に、さまざまな報道を通じて日本の国益を妨害し続けてきた朝日新聞社にとって、政権交代はその集大成だったといえるのかもしれません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、政権交代から10年という節目は、安倍政権が長期安定していること自体が、民主党政権の「悪夢」を私たち日本国民が正確に評価しているからだということを、あらためて認識するよいきっかけになると思います。

そして、反省なきメディアが国民に打ち捨てられるのも時間の問題といえるのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. KARUSATONOTORA より:

    朝日の社説の感想。
    ちょっと何言ってるか分からない。
    開いた口がふさがらない。

    もう呆れ果てますね。
    具体的に批判する期にもなれないし
    その価値も見出せません。

  2. 自転車の修理ばかりしている より:

    今の野党は、本気で政権奪取を狙っているのでしょうか?

    国民の疑問や不満を汲み取ろうとしないその姿勢を見る限り、国民と正対し有権者の代表として戦おうという意図が見えないのです。同じような揚げ足取り、同じような反対のための反対、毎度ながらの矛盾する批判、実現不可能な提案・・・それは誰の需要を満たすのですか。身内受け狙いですか。国民の意見が吸い上げられないとは言わせませんよ、このIT時代に。

    本当は、もうずっと気楽な批評家でいいと思っているのではないのですか。実現性のある政策を組み立てる能力もないし実施する苦労も嫌なので、万年野党でいいと思っていませんか。与党になったら今までの批判がすべてブーメランになって刺さってくるので、恥をかきたくないだけではありませんか。

    もし本気で政権を取るつもりでその民衆と乖離した主張をしているのなら、あなた方は愚劣です。
    もし政権を取るふりだけして楽に議員生活を送りたいと考えているのなら、あなた方は卑劣です。

    どちらですか?

    1. 匿名 より:

      私自身もそう思います。
      今の野党は現状に満足してるように見えます。
      増税に関して野党はチャンスだったはず。野党団結してでも増税反対するかと期待したが、結果、野党はてんでバラバラ。これで安倍政権打倒とか笑うしかない。

      積極的に政権交代を狙うのではなく失敗するのを口開けて待っているだけ。
      失敗させようと躍起になるオールドメディア。
      日本は本当に不幸だな。

    2. 老害 より:

      自転車の修理ばかりしている さま

      そういえば、子供の頃は、社会党が「何に対してでも反対する政党」と言われていた気がします。子供心に、「反対ばかりで疲れないのかな?」と考えておりました。

      今から思うと、「何にでも反対する」のは、きっとすごく楽なんでしょうね。自分で新しいことを考えなくてもいいし。
      当時の社会党と今の野党とを比べてどうなのかは分かりませんが、「使えない」という点では同じかな。会社なら、間違いなくリストラ対象要員でしょうが、使えない存在と判明している議員に対しても税金から給料を払わないといけないのは苦痛です。

  3. オブ より:

    私も10年前は新聞やテレビの報道を鵜呑みにして、二大政党制への期待もあり民主党に投票しましたが、がっかりすることばかりで後悔したのを覚えています。
    報道もいい加減で、優先順位を間違えいつも時の政権のあら探しに熱をあげ、物事の根本を分析して報道する役割を怠っています。誤った報道をしてもろくに反省せず何かと言えば「報道の自由」「知る権利」を振りかざす姿勢には嫌悪感すらあります。
    今、野党に求められる役割は対立軸ではなく、現実的な国際状況の認識の中での日本の立場を政府と同じレベルで考え、補完する提案力でしょう。それを積み重ねれば力がつき、周囲の見る目も変わるはずです。国民民主党が生き残るとしたら、現実的方針を立て自民党と部分協力、連立をして力を蓄えるべきでしたが、ダメでしたね。
    今はインターネット、ソーシャルネットワークの発達でタイムリーに必要な情報を得て、誰でも発信できる、比較できるようになりましたので、新聞やテレビがなくても特に不自由はしませんしね。「報道のプロ」の存在理由が問われています。
    乱文失礼しました。

  4. りょうちん より:

    ミンスがそびえ立つクソのような代物だったのは確かでしたが、福島原発の事故が民主党政権のせいだというのは、不公平です。
    大震災による津波が襲ってくるまでの事前の積み上げが全てで、そこには民主党が介在する余地はありませんでした。東電とそれを許した自民党政権の責任です。
    菅直人が海水注入を遅らせたというデマは吉田所長が否定しています。
    せいぜいが糞の役にも立たないくせにヘリで飛んでいって現場の人間を苛つかせたくらいが関の山です。
    また最近の研究では海水注入したのが炉心には全然届いていなかったという驚愕の事実もわかっています。
    しかし起こってしまった後の不始末に関しては、責を負わすのに躊躇する必要はありませんが。

    1. じゃん より:

      大いに同意します
      原発事故に限ってを眠酢党に責任を問うならば、後始末の不手際だけでしょう。
      その不手際すら今となっては、おそらく誰がやっていても2019年現在の現状は大して変わっていなかったでしょうね。
      でも、アレだね。
      阪神淡路といい、東日本大震災といい、なんで「あのタイミング」で起きたのだろう…

      1. 還暦過ぎのエンジニア より:

        原発事故に関しては、政権はほとんど関係ありません。
        全電源喪失し、それでも動いていた冷却装置を作業員が止めた時点で、
        人間がなしうることはなくなりました。
        巨大システムの事故がどのように進むかは、前々から指摘されています。
        「いったん事故がおきると内部のエネルギーだけで事態が雪崩的に進行する」
        (巨大技術と人間 江沢洋 坂本百大 室田武 朝倉書店(1988))
        のです。
         この論を進めると、反原発に行き着かざるを得ず、これはこれでCO2と絡んで
        収集がつかなくなるのですが。
         政権の問題点としては、後始末の手際もさることながら(自民党ならもっとマシ
        だったという根拠は全く無いが)事故後に目立ってこのようにスケープゴートにされる
        ようになったため、本当の原因追求がおろそかにされたことではないかと私は
        おもいます。
         原発事故に関して「カンガ」というのは「アベガ」とさして変わりありません。

        でも、まあ、運はよかったですよ。大きな余震が来て、また津波が来たらどうなって
        いたことか。水蒸気爆発で容器はすべて吹っ飛んで、放射性物質が全部ばらまかれた
        可能性もありました。

    2. 名無Uさん より:

      りょうちん様へ

      『そびえ立つクソ』という表現は素晴らしいですよね。(笑)
      その著作権は、『パチンコ屋の倒産を応援するブログ』様にあると明示して欲しいところです。(笑)

  5. 酒が弱い九州男児 より:

    野党やマスコミは自分たちの勝手な理屈を押し付けてくるので全く共感できません。
    なんで、あんな自分勝手な理屈で追及してて共感が得られると思うか不思議でなりません。
    愚民どもは我々崇高な意見を聞いておけばよい、などと思っているのでしょうかねw

    それはさておき、朝日新聞の社説も読みましたが、これはこれで一つ意見として受け止めるべきものだとも愚考します。自民党は自民党で、正しく厳しく追及されないものだから、たるんでいるのも事実だと思います。

    韓国ネタ以外だと、意外と朝日はいい記事書くとも思ってます(毎日はダメ)ので、いろいろな角度から情報を検証するうえでは一つのメディアとしていいかもしれません。あくまでも韓国ネタ以外ですがね(笑)

    九州男児の勝手な意見でした。

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    朝日新聞の社説は、韓国進歩系紙の文大統領寄りのプロパガンダチックな記事、表現に似ていますね。およそ普通の神経の持ち主には理解不能のオンパレードです。

    いや、北朝鮮の労働新聞かな?(笑)。コレを休日に読んでるヒト、相当イタイよ。

    民主党政権時って、個人的にも大変辛い期間だったし、生活も荒んでいたから(笑)、余計に思い出したくないのかもしれませんが、偶然にも自民党が政権奪取し、安倍総理になってから運気が上がって来ました(笑 いや、ホンマですねん)。

    今では大概のことを笑って済ませれる(ネジ飛んでます)ようになりました(笑)。朝日新聞に【民主党政権時代は良かった】と、懐古趣味的な事言われると、根っからの腐ったオールドマスゴミだと確信しました。

    朝日新聞に【一連の混迷の反動で政治に安定を求める民意が、今の「安倍1強」を支えている側面は否定できない】と、言われてもね。それは違うと思う。

    今が安定政権で安泰、世の中平和ダ〜なんて国民の多くは思ってませんよ。野党第一党が政策をキッチリ出し、与党と論戦を展開するなら、なおヨシです。

    しかし、今そんな野党無いし、N国も一発屋で終わりそうだし、結局自民党しか無いというのが、自民党の怠慢、何もしないに留まっているわけです。親韓議員が与党にも居るなんて、許せない!即除名にして欲しいぐらいです。

    1. 酒が弱い九州男児 より:

      めがねおやじさま

      > 朝日新聞の社説は、韓国進歩系紙の文大統領寄りのプロパガンダチックな記事、表現に似ていますね
      社説、そうですね(笑)

      > 偶然にも自民党が政権奪取し、安倍総理になってから運気が上がって来ました
      自民党の奪取は必然でしょうw
      同感です。私も安倍総理になってとってもよくなったと思う一人です。

      > 野党第一党が政策をキッチリ出し、与党と論戦を展開するなら、なおヨシです。
      まったくその通りだと思います。キッチリ戦える野党が残念ながらいません。キッチリ追及できるマスコミもいません。ホント残念です。

      > 親韓議員が与党にも居るなんて、許せない!即除名にして欲しいぐらいです。
      先生の前に記事にあったかと思いますが、私も二階派はごっそり国民民主党に行けばいいと思います(笑)

  7. 匿名 より:

    確かに民主党政権時代は最悪でしたが、あの時国民は自民党に失望していて、民主党が選挙で大勝した事実はちゃんと覚えておかないといけないと思いますよ、
    それこそオールドメディアの偏向報道だけで成せたわけではありません。

    1. 匿名 より:

      匿名様
      こんにちは。

      よく考えてみてください。
      その失望という感情は、果たしてオールドメディアを介さない情報から思った事でしょうか?
      昔はオールドメディアの発信する言論を鵜呑みにする方法以外に選択肢はほぼありませんでした。
      少なくとも私はそうでした。
      個人が黎明期〜成長期に差し掛かるネットで頑張って報道に関する矛盾点を指摘しても、レッテル貼りなどで潰されてしまうような、そういう時代です。
      ましてやネット自体に良いイメージも皆無でしたからね。

      他でも書きましたが、昔の政治関連の報道姿勢の妥当性はどれだけあり
      実際はどうなのかの検証もする時代が来たのではないかと思います。

  8. 七味 より:

    かつて自民党にお灸を据えると思って投票したら、一票の重みを考えろとばかりにお灸を据えられたのは、苦いけど大切な思い出なのです♪

    >民主党政権時代において、私たち国民の生の声が行政に反映されたという事例が、たった一例でもあったのでしょうか?
    各県からの要望を民主党が勝ったか負けたがで差配してましたね 一応要望のとおった県は反映されたことになるのかな?

    あと首相自ら選挙公約を撤回して、辺野古移転を決めて普天間の危険除去を求める民意を反映したり、八ツ場ダムの工事を再開して継続を求める地元や周辺自治体の民意を反映したりしてたのです♪

    国の事業って規模が大きくて年月がかかるほど関係者が増えて、実施することのメリットもデメリットもあると思うのです
    そんな中で、急に方向転換しようとすると反動も大きくて混乱を招くだけだから、長期的な得失を考えつつ、続けるなら効率的にするにはどうすべきなのか、辞めるなら混乱を最小限にするためにどうすれば良いのかを、真摯に考える必要があると思います

    政策転換をするためには、そんな手順を含めてきちんと考えなくちゃいけなくて、それを考えてるとこじゃないと政権は任せちゃいけないってことを教えてくれたのが、民主党の遺産だと思います♪

    そして、そのためには誰と誰がくっついたとかの政局じゃなくて、どんなことをどんな道筋で実現しようとしてるのかの政策が情報として大切なんだと教えてくれたのが、朝日をはじめとするマスコミの遺産だと思います♪

    1. 七味 より:

      コメント書いてて思ったけど、政局って面白いんですよね♪ 政治家同士の駆け引きとか、正に人間ドラマって感じがするのです。

      でも政治って娯楽じゃないし、政権取ることはゴールじゃなくて国の舵取りをするスタートに過ぎないんですよね♪

      朝日とかマスコミの人たちは、そこを忘れて、なんかゲームとかクイズ感覚で選挙を捉えているのかな?って思うのです
      法律なんかも作るときは大々的にキャンペーンやって賛成とか反対とか言ってるけど、成立後の運用は見てない感じだし、国会中継も予算委員会はやるけど、決算委員会はあんましやってないし・・・・・
      政府がこれから何をやるのかってのとおんなじくらい、これまで何をやったのかって大事なんだと思うのです♪

  9. 通りすがりの会社員 より:

    東日本大震災直後に福島第一原発事故を発生させ って、
    りょうちんさんがおっしゃてる通り、事故発生自体に民主党政権の責任はないと思います。
    (そもそも論として、原因となった原発を推進したのは、自民党政権です。)
    また、その後の不始末と言っていますが、自民党政権ならどうしたというのでしょうか?
    自民党政権だったら不始末と後に言われるようなことはなかったと言い切れるのでしょうか?
    私はどの政権でも福島第一原発事故発生後の対応が良かったと多くの国民や国際社会が言えるようなことはできなかったと思います。

    政権公約にない消費税率の引き上げ って、
    2009年9年に政権交代を実現した時の政権公約では「消費税率は4年間上げない」でした。
    確かに消費税率の引き上げ法案を可決したのが2012年8月ですが、
    実際の消費税率の引き上げは2014年4月以降で政権公約の4年以降で問題ないはずです。

    私個人としては、民主党政権はもちろん合格点はあげられないが、やるべきことはやっていたと思います。
    (限りなく落第点に近いところかな~)

    失われた20年とも失われた30年とも言われていますが、この間のほとんどが自民党政権です。
    この間、いったい自民党政権は何をやっていたのでしょうか?
    この点こそ攻めるべきところではないでしょうか。
    私は自民党が政権奪回後の株価上昇は、ダメだった民主党政権からの政権交代からの期待値も一要因だと思っています。

    従来の自民党政権の不甲斐なさがあたかも今の自民党政権で帳消しになっているかのように言っていることは甚だ疑問です。

    1. WLT より:

      横から失礼致します。

      確かに、その「失われた20年の間に自民党は何をやっていたか」というのを
      マスコミフィルターをかけずに見てみる時代が来ているとは私も思います。

      その不甲斐なさというのは当時どういう報道されてきて、では実際はどうだったのか
      あるいはやるべきことをやったとあなたのおっしゃる事が、本当はどうだったのかを。

  10. WLT より:

    そういえば、オールドメディアの皆様方は昨今
    自身の使命は政権監視だとおっしゃっていましたね。

    民主党政権をヨイショしてた時代があり、反省も無く開き直り続ける間は
    「嘘つけ」とちゃんと言ってやるのが、我々国民に課せられた仕事なのではと思います。

  11. だんな より:

    私も、民主党に投票しました。自民党に初めて投票したのは、次の選挙からでした、
    反体制の方が、カッコ良いと思っていたのかもしれませんが、昔の自民党の利権政治が嫌いでした。
    民主党政権になっても暫くは、気付きませんでした。
    鳩山さんが辞めた辺りから、政府の無能なところに嫌気がさしました。
    私個人は、大して困った事は無かったのですが、日米関係、日中関係と悪化していくのを見て、これは国が無くなると思った事もあります。
    安倍首相は、前回の辞め方が、病気だったので不安でしたが、靖国に行ってアメリカと揉めた時に、逆に安心しました。
    新聞やマスコミの嘘、印象操作に気づくのも、その頃でした。朝日新聞に関しては、共犯と言うよりも、共同正犯じゃ無いかと思います。
    日本人全体が、マスゴミや反日政党の洗脳から、解けつつアもあるとは思います。
    彼らは、今までの論理を変えることは、無いでしょう。
    文大統領が法相を指名したように、自分の支持層を維持するのが、最優先となるほど追い込まれていると思います。
    日本は良い方向に向かって進んでいると思いますので、この流れを変えないように、しないといけないと思います。

  12. 匿名 より:

    元宮崎県民ですが、口蹄疫の一件だけでも民主党は絶対許さない
    あの時自民党は過去の口蹄疫を経験してるから恐ろしさをわかってて必死でなんとかしようとしてくれた
    自民党時代に口蹄疫発生した時はすぐに予算付けて対応してれた
    でもあの時は野党だからできることも限られてた
    当時知事は東国原さんだったけどこの人もすごい一生懸命言ってくれたけどとにかく官邸がことの深刻さを全くわかってなかった
    素人外交とはまさにこのこと
    宮崎はあの時本当に地獄を見た
    地獄だった、今も思い出すと涙が出る
    千葉の停電で自民党の対応が遅いって言われてるけどなら民主党なら早かったかというと多分もっと遅いと思うよ
    赤松以下絶対許さない

    民主党は口では偉そうなこと言ってたけど現場と地方を全くわかってなんていなかった

  13. はぐれ鳥 より:

    民主党政権及びそれをアシストした朝日新聞など左派メディアには「功と罪」があります。功の部分で言えば、リベラルを標榜する人たちがいかに中身が無いかを教えてくれた事であり、罪の部分で言えば、国民に、政権交代それ自体を悪い事と思わせてしまったという事です。無論、政権担当の経験が少なく、不慣れだった点は認めるにせよ、それを割り引いても政権担当の準備が全くできていなかったと言わざるを得ません。

    そしてそれは今も全く変わっていません。その典型例が、改憲反対の立場を今でも堅持している事です。現在の日本の実態が、特に国防に関し、憲法と著しく乖離している現実から目を背け、改憲に反対するなど、政権を担当する気が無いとしか思えません。また外交政策でも、一方的に中・北・韓を利するような立場をとっており、これら国々の反日行動に対して甘いばかりです。こんな事では日本の国益は護れず、そんな人たちに政権を任せる事はできません。

    そのような彼らですから、今、最も必要なのは、国家主権を放棄するが如き(かつて鳩山由紀夫氏は、日本は日本人だけのものではないと言ったと記憶する)、また、また戦争反対を唱えれば世界は平和になる等の夢想的、子供じみた国家統治理念を根本から見直す事です。しかし、彼らにはそんな気はサラサラにようです。溜息しか出ません。

    1. はぐれ鳥 より:

      最終行が、脱字してました。以下に訂正します。
      「しかし、彼らにはそんな気はサラサラ無いようです。」

      1. 通りすがりのA より:

        はぐれ鳥様

        1.一般市民の理想と現実を埋めるのが本物の政治。
        2.政治家や官僚の理想と現実を埋めるのは利益誘導や賄賂。

        私はそう認識しています。

        民主党の残渣(立憲民主や国民民主)は口では1.を言いながら実際の大半は2.だと思います。
        なので、私は民主党の残渣には選挙で落選を祈るばかりです。

        また、日韓議員連盟については、韓国に厳しく当たれる(法治主義を主張し、国際法を含めた法を守れ!と言えるかた。かつそれが実現し、ひっくり返されないようにバックストップまで厳しく言及し、実現できる)人なら良しとしますが、某幹事長や某元幹事長のように自分の利益だけを追求するようであれば、落選しても自業自得と思っています。

        憲法改正については、徴兵制については断固反対ですが、志願兵制については今と同じなので維持で良いと思います。
        (ここは安倍政権の憲法改正のアキレス腱だと思います。経済的徴兵だと言われないように、経済政策も万全を期して欲しいです。)

  14. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     朝日新聞としては、(「モリカケ問題」でも辞任しない)安倍総理に対
    して、せめて「安倍一強」、「自民党(?)一強」を崩すために、野党に
    投票するように、呼びかけているのだと思います。現実には朝日新聞の社
    説が、どれだけ効果があるのかは分かりませんが、朝日社内では、これに
    より、(過去の記憶が書き換えられることにより)自民党に投票していた
    人が棄権に回り、棄権していた人が野党に投票するようになるのでしょう
    (特に、現在18歳で、10年前は8歳だった人の投票行動が変わること
    に、なっているのでしょう)

     蛇足ですが、これまで「判官贔屓」で野党を応援していた人も、勝ってし
    まった「判官」は、「判官」のままでなく「頼朝(?)」にならなければ、
    次の成功はないということを、理解したと思います。

     駄文にて失礼しました。

  15. 新茶狼 より:

    私も自民党にはもううんざりだ、などと思い込み1票を入れた口です。
    そして、政権与党に文句を言うだけの野党が、いかにお気楽で信用できない存在であったのか、身をもって知らされました。

    これも我々(民主に入れてない方はゴメンナサイ)の責任として受入れ、二度と同じ轍は踏まないと心に誓えたこと自体、価値のあった経験であったと思っております。(その代償は大きかったけれど…)

    1. 匿名 より:

      多分こういう考えの人が多いんだと思う
      だからモリカケとかで騒いでアンチ安倍してももう日本国民は騙されないんだと
      ここまでオールドメディアが騒いでもビクともしないのすごい
      民主党って子供手当、辺野古移設中止、高速無料化などなど全部言ったことできなかったから、でも野党の場合どうせやるやる言ってやれないんだろ?と国民が信じてない
      野党が当時を反省した態度とってりゃ違っただろうけど相変わらず自民の揚げ足とってるだけだし

  16. 匿名 より:

    私は10年前の民主党誕生では、支持政党として票も入れたし、大きな期待を持っていました。そして彼らを成長させるべく、5年間くらいは、マズい政治をやっても見守ってやるべきだと思っていました。

    事業仕訳とか、稚拙ではあるが鳩山さんなりに理念を掲げて政治に取り組む姿勢に感銘もしました。

    しかし、ほどなくして?と思ったのは発起人の小沢さんが、政治などどうでもいい、大事なのは選挙だとばかり鳩山さんを無視しはじめたことだった。

    それからの瓦解は早かった。選挙互助組合の馬脚があらわになり、あからさまに無能集団の体になった。

    思うに、民主党は選挙ごっこが好きな小沢さんが選挙手腕を発揮して与党になれただけ。本当の意味で政治家ではない小沢さんの求心力が低下したらバラバラになるのは当たり前だったのだと思う。

    それにしても許せないのは、この民主党、選挙公約に掲げたのは「絶対に消費増税はさせない」だった。それが「消費増税は絶対に必要」に変節した。民主党というより、このとき国民を裏切って消費増税賛成に票を入れた民主党議員は、あとでどこの政党に鞍替えしても絶対信用できないウソつきとして、情報拡散すべきと思う。因みに野田、菅は言うに及ばず、枝野や原口、辻本なんかもそう。

  17. 在加賀京都人 より:

    更新ありがとうございます。
    久しぶりにおじゃましております。
    職業柄、夏の間ニュースを追うのもやっとで、秋になってじっくりニュースに触れて、日本を取り巻く状況の激変に驚いているところです。残念ながら消費税に関する驚きはありませんが。
    さて、本記事とは直接関係ありませんが、民主党政権時の忘れられない出来事のひとつが口蹄疫事件です。おそらく自民党政権下であれば問題化する前に関係省庁と連携を取ってうまく火消をしたと推察します(原発の問題もここまでことを大きくすることなく沈静化させたことは間違いないと思います)。
    政治とは有権者の支持を得て多数派を取るだけではなく、それを武器に専門家集団である官僚を動かすことです。ろくに政策を勉強もせず思いつきの公約を官僚に押し付けても、当然相手にされず、その結果逆切れして逆切れする長妻元大臣らの姿には唖然としました。
    民主党に政権を譲り渡した自民党は国民からお灸をすえられたことになっているわけですが、国民自身がそれまで自民党の政治家がどんだけやってくれていたのか知らなかったのが一番大きな問題ではないかと思います。自民党の閣僚は中には問題のある人もいましたが(真紀子先生は筆頭でしょうね)、多くは官僚を掌握し、政権の意思を貫徹することのできる政治家であったと思います。ただ概して短命政権であったことが官僚になめられる余地を残していたわけですが。
    その意味で、省庁の行っていることをわかりやすく発信してきた河野太郎氏の存在の重要性が改めて示されるように思います。政権の政策を官僚を通じて行うだけではなく、それをわかりやすく説明することの重要さです。これは政策の理解だけではなく政権の支持につながります。この認識が政権交代前の自民党には欠けていたのではないでしょうか。

  18. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     民主党政権の功績は反面教師(何処が与党でも同じだろうと無関心だった私に政治参加の大切さを教えてくれました)以外には軍拡ですね。

    https://togetter.com/li/1259398?fbclid=IwAR1cK-80OkhCKZmxkqZnleU0YLEM5Y4D5aLa8vvx-61QGY-2JrleOBbOtVE

     それにしても何故軍縮ではなく軍拡を頑張ったんでしょう?軍閥政治というのを目指してたのかなぁ。

  19. 加藤 裕 より:

    今でも明確に覚えている。民主党政権時代の何も決められない政府。
    あのイライラした毎日。
    我々が経済面で頑張っても、政治に足を引っ張られるあの焦燥感。
    個人的には、あれだけ迷惑を掛けられたことを決して忘れない。

    もりかけ騒動にしても、あれだけ騒いで、国民の時間と税金を無駄にして
    追及しきれなかった責任は取るべき。
    スポーツで言えばPKを10本打って得点ゼロだったのだから。

    民主党系の中にも、まともな人、立派な事を言う人もいると思うが、
    残念ながら、それを責任を持って実行して行くシステムが政党に備わっていない。
    その結果、内部の抗争に明け暮れ、外向きの仕事が出来ない。
    再度、政権を取ろうとするなら、言葉では不十分。システムの再構築から始めて欲しい。
    それが出来ないなら、静かにしていて欲しい。国民を代表する様な表現は控えて欲しい。

    革新を標榜する左翼は韓国でも日本でも、政権をとればなんでもできると
    勘違いする傾向が強い様に思える。民主党は日本をおもちゃにした。
    代表である鳩山さんは、日本の子供に嘘をついても良いということを教えた。
    これは決して許される事ではない。

    最近の韓国の政権を見ていてつくづく思うのは、
    国家の骨格は、思いのほか脆弱で、舵取り次第で本当に消滅するリスクがあるという事。
    民主党政権の最大の貢献は、そのことを事前に教えてくれたこと。
    政権選択に際しては、その時々の風潮に流されるのではなく、
    政党の実力を見極めることが重要であることを身を持って示してくれたこと。

  20. 匿名 より:

    民主党政権は悪夢だった。いや政権交代の要因だったかつての自民党政権もひどかった。政権を奪還した今の自民党も消極的支持で全面的に賞賛はできない。
    などなど政権についての評価は人それぞれのようです。
    ということで、ここは本質に立ち戻りどのような政権運営が最大多数の国民にとって有益であるのかを考察してみるのも一興ではないでしょうか、秋ですし。

    意外と難しいんですよね、どのような政権運営が理想なのかって。最大多数、あるいは国家の反映を最優先にするならば弱者にかまってなどいられません。逆に弱者に優しい国家運営はもどかしいことこの上ないでしょう。ではどちらがよいかイチイチ民意を問うていたら何をするにも手間がかかってしょうがない。

    結局はないものねだり、というのが私の印象です。現状では不満がありそれを解消すべく国家運営を変更したらば新たな問題が起きる。変更で満足した人々には現状でいいのでしょうが、新たな問題にストレスを感じる人々にとっては変更は改悪でしかない。とまあ、もぐら叩きのように国家運営は紆余曲折しながら、徐々にではありますが改善されてはいると。

    あまりにも抽象的な話で何が言いたいのかイマイチわからないかもしれません。書いてる自分もよくわからなくなってきました。まあ、思索の秋ということで許容していただけると幸いです。

    1. 匿名 より:

      自己レスでございます。
      訂正があります。

      国家の反映 → 国家の「繁栄」

      失礼しました。

  21. 名無Uさん より:

    ≫むしろ、民主党政権瓦解後は、有権者にとっては自民党以外に選択肢がない状況が続いています。

    はぁぁぁ~………
    連合戦勝国の占領政策は完璧なんですよね…
    戦勝連合国が絶対におさえておきたい日本に対しては、戦勝連合国の政策を忠実に実行しようとする親韓派と、それに反発しようとする北朝鮮シンパの両方を、日本の指導層にわざと配置しました。
    親韓派には、日本を左翼へと走らせようとする主張をさせる。共産主義に反発しようとする北朝鮮シンパには、日本の偽装保守を担当させる。日本人が本来の保守を守ろうとすれば、そこには偽装保守の北朝鮮しか受け皿がない。その北朝鮮と言えば表面上は保守を騙りながら、ぶっちぎりの反日が本音。
    戦後の日本は、日本人の純粋な願望を絶対に叶えることができない体制が整えられてしまった。

    右に行こうが、左に行こうが、そこには反日しか待ち構えていない。
    こうした体制は日本だけかと思っていました。
    ですがこうした体制は、イギリスもドイツもフランスもアメリカも、その他の国々も同じ状況でした。
    自分は陰謀論を馬鹿にせずに分析し続けて来ました。
    その成果がこの暗澹たる結果でした…

  22. 匿名で失礼します より:

    民主党政権は「悪夢」ではなく、「人災」と呼ぶべきだと思います。

    なぜ誰も言わないのか、不思議でなりません。

  23. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    民主党が政権を奪取する前のねじれ国会は本当に嫌でしたね。
    あの頃は「何のために参議院が必要なんだ、こんな参議院なんて必要ない」と本気で考えていました。そしてねじれ国会を嫌がるあまり、民主党に一度政権を取らせても構わないと思ってしまったのは黒歴史です。

    そもそも「政権交代」を連呼して選挙運動する民主党を見ていて、「政権交代」は国民の選択の結果であって、選挙運動で連呼するのは絶対違うと思っていたにもかかわらず、何故投票してしまったのか。この点について、オールドメディアの影響を受けて、色々な問題が自民党の責任だと思い込んでいたのも確かです。
    そして鳩山総理が誕生して、日本の顔として色々やらかすのを見て「なんてことだ」と早々に後悔しました。

    その後は、民主党の実際の政策によって国内の製造業は海外に移転する流れはもう止められず、自分たちも海外で仕事ができなければやっていけない、という意識になったのは結果的に良かったのか悪かったのか。
    経済がよくないことを肌で感じていた身としては、菅直人政権時に連呼していた「第三の道」については、毎回「第三って何のことだよ!」と突っ込みを入れていました。

    東日本大震災の時は、その数日後のフライトで海外に行き、水素爆発やヘリからの放水をCNNなどを通して見ていました。まさに血の気が引く思いです。株価はパニック売りで日本がまるで滅亡するような空気が海外で広がっていたように思います。

    民主党の対応の良し悪しについては色々調べてある程度の情報は持ってます。
    しかしあの時の危機感が民主党政権の記憶と結びついてしまって、もう、理屈じゃなく嫌なんですよ、旧民主党系に投票するのが。

    乱文、失礼しました。

  24. 心配性のおばさん より:

    悪夢の民主党から自民党に政権が戻って、10年になるのですね。でもあの時代のことは昨日のことのように覚えていますよ。一票を入れたトラウマで今も、羹に懲りて膾を吹きまくっております。これはこれで、困ったものですよね。

    さて、お題違いですが、3.11の津波による原発事故以来、管理もできない電力会社に危険なプロメティウスの火を委ねていていいのか。という思いを悶々としております。
    ただ、代替案を持たない身としては、安易に「原発反対」も躊躇されますの。

    でも、今回の台風被害による停電復旧どころか、被害の実態も掴んでいないなんて、実際の業務組織ではない電力会社は東電に限らず再編を考えたほうがいいとおもいます。

  25. 匿名 より:

    民主党の失敗は、政治が現実問題への対処であることを理解していなかった。これに尽きます。そもそもが、理念で政治をするとロクなことになりません。しかも、民主党の場合、右から左までの寄せ集めで、党内では常に理念の対立で内ゲバ状態。それに加え、政権運営をした経験がない連中が、目の前にある具体的な問題に対して、素人まるだしの対応をし続けた結果、日本の国益を大きく損なうことになりました。

    本当は保守でもリベラルでもいいんですよ。それらは目の前にある現実的な問題や政治課題をより効果的に解決する方法でしかないのです。だから状況に応じて、緊縮財政するのか財政出動するのか決めればよい。求められるのは、その状況判断能力と解決策であって、こうあるべきとする理念ではないのです。

    政権交代前の選挙で、小沢が埋蔵金があるだの省庁の予算は無駄が多いだの色々と国民の耳に心地よいことを言い、国民をペテンにかけましたが、そこからして民主党の人間は現状を把握できていなかったのだなと、今にして思えば民主党に政権を取られたのは痛恨の極みです。

    現実を正しく把握できない政党は、政権を担ってはいけない。

  26. やはわ より:

    当時は、ちょうどネットでノーカット党首討論が放映され始めたタイミングでした。「ノーカットもの」と「テレビで好き放題カットされたもの」を比較すると、とても民主党には入れられないなと感じたのをハッキリと覚えています。

    ただ、それを友人等に話すとネトウヨレッテル貼り付けられ、私の意見はどうでもいいから、ノーカット版だけでも見てくれと思いました。(確かに、ネットでも好き放題カットして、自身の政治主張をする輩はいましたが。)

    最近は、政治情報をネットで収集し、政治の一次情報を入手することに抵抗感を持たない人が増えてきたことは喜ばしいことです。

  27. すまないさん より:

    国会議員の給料を基本給(並の公務員に色付けた程度)+成果給にすれば
    モチベーションもあがるし、余計なカネを払わなくて済むように思いますが・・・
    与野党の質問時間も均等に、問題だのなんだのは国会外でやってもらえればw
    あとは代表たる品位・品格を持って、正しい言葉で議論してくれれば
    問題ない気がするんですがね~
    メディアに関しても「情報・補足」を淡々と精査→提供し、余計な事を言わなければ良いと思います。
    いずれも無理な話でしょうし、淘汰されていく事かと思います。
    駄文にて失礼します。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。