「加害国」の高官が「日本は高圧的で一方的」と逆ギレ

本日は三連休の真ん中の日曜日ですが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、看過できない記事を発見してしまいましたので、これについて緊急で取り上げておきたいと思います。それは、韓国大統領特別補佐官の文正仁氏が朝日新聞に語ったとされる、「いまの日本は高圧的で一方的」とする、韓国政府側の一方的な主張です。

2019/09/16 23:20付 追記

本文中に推敲が甘い下りがあり、文章が中途半端に切れている箇所がありましたので、修正しています。

被害国と加害国

韓国ではよく「被害国」「加害国」という言葉が出て来ます。

「被害国」「加害国」とは日本ではほとんど聞かれない用語ですが、要するに日本が過去に韓国に対して悪いことをした「加害者」であり、韓国は日本の加害行為の「被害者」だ、という流れで出て来ます。

そして、個人的には最近抱いている仮説があります。それは、韓国メディアの記事に、この「被害国」「加害国」という言葉が出て来たときには、たいていの場合、韓国自身が一方的に何か悪いことをしたときに、「日本にも悪いところがある」と逆ギレする際の「殺し文句」のようなものではないか、ということです。

日韓関係がうまくいっているとき(あるいは、韓国が現状に満足しているとき)には、こうした「被害国」「加害国」という言葉をわざわざ持ち出すことはありません。

しかし、たとえば韓国が通貨危機に陥りそうになっているときや、韓国大統領の政権支持率が低迷したとき、さらには韓国で何か大きな事故、災害などが発生したときほど、この「被害国」「加害国」という表現を見かける気がするのです(※厳密に実証したわけではありませんが…)。

そして、韓国が昨年秋口以降、自分で自分の立場を追い込んでいるためでしょうか、最近ではこの「被害国コスプレ」が酷くなってきた気がします。とくに元駐日大使や国会議員だけでなく、韓国大統領府の高官などが、「韓国は被害者だ」「日本は加害者だ」と改めて強調し始めているように思えてなりません。

究極の被害者コスプレ

こうしたなか、呆れたときに「開いた口がふさがらない」という表現がありますが、思わず口をあんぐりとあけたまま、頭の中にいくつもの「?」が浮かぶ記事を発見してしまいました。

韓国大統領外交安保特別補佐官「いまの日本は高圧的で一方的」(2019年09月15日09時30分付 中央日報日本語版より)

これは、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された、韓国大統領外交安保特別補佐官の文正仁(ぶん・しょうじん)氏の発言です。

中央日報は「朝日新聞の14日付のインタビューに応じたもの」として紹介しているのですが、朝日新聞デジタルに該当する記事が見つからなかったので、ここでは中央日報をベースに文正仁氏の発言を拾っておきたいと思います。

  • 韓日ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ
  • (日本政府は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった
  • (両国)指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ

…。

人間、思いもよらないことを相手に言われると、思わず思考が停止するそうですが、何より、安倍晋三総理が「歴史問題の解決という主張を繰り返している」という下りは意味不明です。安倍総理は「韓国は国際法と約束を守れ」としか主張していません。

「歴史問題が解決されないと協力は難しい」という主張を繰り返しているのは、むしろ文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国の方ではないでしょうか?まさか韓国の側からこれを言われるとは思ってもいませんでした。

また、国際法を守るのに国民感情は関係ありません。

韓国が一方的に日韓請求権協定などの国際的な取り決めを踏みにじっていることについては、100%、韓国側にのみ責任があります。韓国が昨年秋口以降、自称元徴用工判決などのさまざまな懸案で日本との関係を決定的に損ねていることを踏まえるならば、韓国こそ「加害国」の名にふさわしいでしょう。

「韓国の人々の心情を考えるべき」との下りについては、被害国である日本が加害国である韓国に対し、1ミリたりとも配慮する必要はありません。

テンプレート発言が続々

ただ、文正仁氏の発言をよく分析してみると、当ウェブサイトでここ数日、提示してきた議論の正しさの証拠にもなっていると思います。

たとえば、当ウェブサイトでは、「韓国は自分の過失割合が100対ゼロだったとしても、必ず相手に責任をなすりつけ、少なくとも50対50、あわよくば0対100に持ち込もうとする傾向がある」と警告を発して来ましたが、次の下りは、この仮説そのものです。

日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造になっている。相手に融和的な態度をとると国内政治で難しい状況に陥る。だから強い姿勢に出る

要するに、「韓日においてお互いを叩く構図が出ているが、それは韓国にも悪いところはあるかもしれないが、日本にもまったく同じく悪い部分がある。だから韓日はお互い反省し、過度にお互いに叩くことを控えるべきだ」、という主張でしょう。

繰り返しになりますが、この発言は、「韓国はそもそも自分が100%悪いときであっても、必ず相手にも責任をなすりつけ、『50%対50%』に持ち込もうとする」という当ウェブサイトなりの仮説そのままです。この文正仁氏の発言も、まさに「韓日お互いに責任がある」という方向に持ってくるものだからです。

コスプレはファクトチェックに弱い

さて、文正仁氏は、自称元徴用工問題を巡り、日本の側に大きな問題があると主張します。

  • 日本側は一方的に外交協議ができなかったと見なして次の手続きに進んだ
  • 韓国側は6月に対応案(韓日企業の自発的出資金で徴用被害者に慰謝料を支給する案)を出してから(請求権協定にともなう紛争解決の)最初の手続きである外交的協議に応じる構えを示した
  • しかし日本側は案とともに(外交協議を)拒んだ。(安倍政権は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった

この期に及んでこんなことを述べているというのにも、驚き、呆れますが、いちおう、簡単なファクトチェックだけしておきましょう。

韓国で自称元徴用工(戦時に強制徴用されたと自称する者たち)の訴えを大法院(最高裁)が初めて認めたのが、2018年10月30日のことです。

この直後から、日本政府は安倍総理、河野太郎外相(当時)、菅義偉(すが・よしひで)官房長官らが繰り返し、「韓国が作り出した国際法違反状態を、韓国自身の責任において解決しなければならない」という趣旨の発言を始めます。

それでも韓国政府が何ひとつとして対応を取らなかったからこそ、日本政府は今年1月9日に韓国政府に対し、日韓請求権協定第3条第1項に基づく外交的協議を申し入れたのです。韓国が条約を破っているにもかかわらず、日本は条約に基づいて、平和的、友好的に問題を解決しようとしたのです。

しかも、驚くべきことに、日本政府は外交的協議の申し入れから「次のステップ」に移らず、4ヵ月以上も我慢し、粘り強く韓国政府に外交的協議の申し入れを続けました。まったくお人よしな国だと思います。

結局、5月15日に入って李洛淵(り・らくえん)首相が「対応には限界がある」と述べたことを契機として、5月20日になってから日本政府はやっと、日韓請求権協定第3条第2項に基づく仲裁手続を申し入れたのです。

しかも、結局、韓国政府は7月18日までこの仲裁手続を無視したのですが、その途中で日本政府が最初から「話にならない」と拒絶している「1+1基金構想」を日本に持ち込んだのです。

「安倍政権は韓国の心情を考えて形式的にも協議に応じるべきだった」とは、すごい言い草ですが、こうした「被害者コスプレ」も、韓国が実際に何をやってきたのかという「ファクト」の前には弱いというのも事実でしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただ、今回の文正仁氏の発言を見ていて痛感したのは、もしかして現在の韓国政府は、本気で日韓関係を終わらせようとしているのではないか、という仮説です。

日韓関係と米韓同盟はセットのようなものであり、北朝鮮との赤化統一を目指すのであれば、韓国にとって、いずれ日韓関係、米韓同盟はいずれも終わらせなければなりません。

もし文在寅政権の目的が「大韓民国を北朝鮮に献上すること」にあるのだと仮定すると、「わざと日本を悪者にすることで国民感情を煽る」という意味では、文正仁氏のやっていることは、極めて正しいことだと判断せざるを得ません。

では、日本はこれにどう対処すべきか。

答えは簡単。原理原則を崩さず毅然と対処することです。

むしろ警戒すべきは、「文正仁(氏)の発言にも一理ある」、「日韓関係を壊さないためには韓国を追い詰めすぎるべきではない」といった言説が出て来ることではないかと思うのです。

読者コメント一覧

  1. クロワッサン より:

    >「安倍政権は韓国の心情を考えて形式的にも協議に応じるべきだった」とは、すごい言い草ですが、こうした「被害者コスプレ」も、韓国が実際に何をやってきたのかという「ファクト」の前には弱いというのも事実でしょう。

    此処、実際には「文在寅政権は日本の心情を考えて形式的にも仲裁手続きに応じるべきだった」ですもんねw

    韓国民の特徴は、弱者が弱者様になり、被害者が被害者様になるところでしょうね。

    でも、この手法って相手が文明人じゃないと通用しなくて、しかも、やり過ぎると逆効果になって。

    非文明人相手にこの手法を取ると、優しく書くと「え?よく聞き取れなかったんだけど、君は今自殺願望を述べたの?自殺したいなら手伝おうか?」的な反応になったりしますが。

    1. 新宿育ち より:

      日本に帰化した 呉 善花さんの著書、「韓国を蝕む儒教の怨念 反日は永久に終わらない」を昨日買いました。韓国では自国民が絶対善で日本は絶対悪!→韓国では憲法よりもこの原則が最優先される。

      読後感、ただただ哀れな国です。

      1. クロワッサン より:

        大戦後、ほとんど日本に同化していた元朝鮮系日本人達の民族意識を掘り起こす為に鬼畜米英ならぬ鬼畜日帝教育を延々としてきましたから。
        結果、対日レイシストに非ずんば韓国民に非ず、レベルの純粋な対日ヘイト国家に成長。

        でも、哀れまないほうが良いです。
        情につけ込まれますし、助けたら助けたで助け方が気に入らないとか不十分だとか後からイチャモンを付けてきますから。

        最初は「お恵みを…」「ご慈悲を…」と言い、
        哀れんで恵むと「これだけぇ?もっと出せるだろぉ?ケチクセェなあぁ」と更にせびり、
        嫌になって恵むのを止めると「お前には情が無いのか!この人でなしめ!」と非難する、
        って感じですから。

  2. おっさん より:

    連中が如何にでたらめか、救い難い某略陰謀でしか生きられない国家、部族であることがよくわかる。

  3. だんな より:

    韓国は、韓国の望む日韓関係以外は、認めないという事で、日韓関係を破棄したい訳では有りません。
    日韓断交をカードとして使っても、今回のGSOMIA破棄と同様、韓国が望む日韓関係になるなら、いつでも国交を回復するというでしょう。
    この大統領補佐官は、文二号です。文大統領の発言を代わりにしているだけですが、韓国政府の総意です。
    まさにリスカブスの行動です。

    1. 阿野煮鱒 より:

      同意します。「韓国の望む日韓関係」とは永遠の序列確認です。被害国である韓国が道徳的優位、加害国である日本が道徳的劣位であることを認め、永遠に謝罪と賠償を行えと言いたいだけです。

      用日の保守政権からド素人の左派政権になって、より韓国人の本音を露わにするようになったという事だと思います。

      日本が敗戦し、戦勝国史観によって正義を奪われたことと、華夷秩序の序列観がうまいこと一致して、これまでながらく戦犯国だの加害国だのという言葉が、日本でもそれなりに機能してきました。自虐史観に洗脳された人々が韓国の主張に共感し、進んで謝罪と賠償を行ってきたわけです。

      日本人は華夷秩序なんか関知せず、自虐史観に基づく贖罪の意味で頭を下げ続けたのですが、韓国人はこれを華夷秩序の序列観の共有と勘違いしてしまいました。日本人から見れば、誠意ある謝罪と賠償を続ければいつか許されるというを夢見ていました。全く話が噛み合っていないのに、双方とも気付かなかったのです。

      「ムービング・ゴールポスト」などという韓国批判の言葉が出てきたのも、問題解決のゴールがあると信じているからです。対韓国にゴールなどありません。彼らの要求は永遠の謝罪と賠償です。それが序列を定め、宇宙の秩序を守ることだからです。

      1. だんな より:

        阿野煮鱒さま
        韓国の侮日に、ご同意頂きまして、ありがとうございます。
        呉さんの著者のコメントもありましたので、韓国人が考える反日について、私なりの考察を加えて簡単に。
        本とネットの知識ですが、手間なので、断定調に書きますが、ご理解ください。
        日韓の上下関係について、韓国の考えがあるように、韓国国内にも、上下、左右などあらゆる面で葛藤が存在して、ウリ(味方)とナム(敵)という観念で説明される事が多いです。ウリとナムの中間は無く、ウリ以外は、全てナムになります。
        韓国は、個人や組織レベルで、序列を競い合う社会で、
        その序列は、生きていく上で、日韓関係の上下のように重要な要因になっています。
        当然序列が、下の人は上に対する不満を持っていますので、上下関係を入れ替えようとします。
        韓国の価値観は、善悪=上下で、相手が悪いから自分が正しいというものです。そのため入れ替えようとする手段は、相手が悪である事を証明する行為になり、それで自分が善で上になるという理屈です。
        だから、韓国の最近の嫌がらせは、旭日旗=悪で日本が悪、それを指摘することで、韓国は善=上になるという事です。また韓国の上下は、相対的では無く、絶対的なものなので、国際社会で韓国の地位が上がるとも、考えています。
        やっと反日の話に辿り着きましたが、韓国にとって日本は、絶対悪でないとなりません(聴いたような話になって来ましたね)。韓国人は、利己主義の集団ですので、基本的にどんどん分裂して行きます。その国内の分裂を防ぐために、最大の悪として日本が有るのです。
        日本が悪として存在する事で、国内の善悪は些細な事になりますし、反日としてのみ韓国が纏まることができるのです。韓国に取っての反日は、国が纏まる為に必要なので、反日無くなるには、それ以上の悪を作り出す事が、唯一の方法です。
        反日は、国内の序列争いにも、利用されます。それが、最近文政権が行なっている、親日派のレッテル貼りです。「文大統領のやる事に文句を言うのは、親日派だ」と言うのは、親日派いうレッテルを貼ることで、ナムの発言を妨害して、上下関係を守るために利用しているんです。
        キリがありませんので、この辺でおしまいにします。

        1. 匿名 より:

          阿野煮鱒さま
          だんなさま

          私が辿りついた韓国感に非常に近く、大変興味深く読ませていただきました。
          日韓関係の拗れって実は先の大戦が直接の原因ではなく、お互いの価値観の違いが原因なのではないかと思うんです。
          全員が「自分が絶対正しい」と思っている社会なんて衝突ばかりで成立しないと思いきや、徹底した序列社会があり序列上位の「正しい」に下位の者は絶対服従。
          序列下位のものは表面的には上に従いつつも「自分が絶対正しい」という思いは消えないので恨みを溜め込みながら精神病んだり、逆転する機会をうかがっていると。
          不正が見つかった権力者(序列上位者)が異常な叩かれ方するのはこの辺が原因なんでしょうね。
          まぁー修羅の国ですね。韓国に生まれ無くて本当に良かった。自殺率が高いのも納得です。ただ、それで社会秩序が成り立っている人々を我々がとやかくいう権利は有りません。

          さて、そんな韓国序列社会の中で、逆転される心配が無く、序列下位のものでも優位になって叩ける存在があります。それが「日本」です。
          韓国社会を成立させるためには5000万人のウリが一致団結し、何のリスクも無く叩ける「序列最下位の日本」が絶対必要で、そのナムに日本を押し込めるために戦争と絡めるのが最も都合が良かったと。韓国にとって戦後問題はそもそも解決されては困るわけです。
          一方、そんな韓国の事情を知らず、戦後問題として「誠心誠意」対応して解決しようとしてきたのが今までの日本。
          スタートもゴールも全く別のものを思い描いているのですからすれ違って当たり前です。

          じゃあどうやって関係正常化していくか?ですが、ちょっと長くなったのでこの辺で終わります。

  4. NANASHI より:

    産経に以下の記事があります。
    外相が茂木さんに、経産相が菅原さんに変わりましたが粛々と勧めていただきたいものです

    日本、冷静な対韓「世論戦」 虚偽・曲解の対日批判に事実発信強化

    https://www.sankei.com/politics/news/190914/plt1909140010-n1.html
    日本政府が8月に輸出管理をめぐり安全保障上の優遇対象国から韓国を除外して以降、韓国政府は貿易と関係のない分野でも国内外で対日批判を強めている。都合良く解釈した一方的な報道発表も目立つが、日本政府は韓国と同じレベルの応戦で国際社会に「どっちもどっち」と捉えられないよう、事実に基づいて発信する「世論戦」を静かに進めている。

    (中略)

    こうした中、外務省は9月に入り、日韓関係悪化の背景について海外メディアを通じた発信に力を入れている。

     河野太郎前外相は米通信社ブルームバーグなどに相次いで寄稿。韓国側が日韓請求権協定の合意事項を一方的に覆し、いまだに国際法違反の状態を是正していないと説明し、いわゆる徴用工問題は「輸出管理の運用見直しとは無関係だ」と強調した。外務省幹部によると、寄稿は「この間の日韓の流れを整理しているため、欧米人の評判がよく、『パワフルだ』との感想が寄せられた」という。

  5. なんちゃん より:

    文正仁は青瓦台の観測気球役っぽい感じです。安倍内閣改造前の萩生田みたいな。
    数日前にもこんな発言を。


    「核武装なら米韓同盟不要」「15年で北朝鮮と経済連合」 文在寅氏ブレーン、露メディアに語る
    https://www.j-cast.com/2019/09/10367128.html

    文正仁特補「南北関係最大の障害物は国連軍司令部」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00080020-chosun-kr

    今はアメリカが韓国の味方をしてくれないことへの鞘当ての範囲でしょうが、アメリカが応じないならばこれ幸いに、舵をきっちゃうのだろうかという気もします。後先考えてなさそうなので、あり得そうなんですよね。
    GSOMIA以降、加速しているように感じます。

    今回の発言については、徴用工も輸出管理も全部同じ問題で、協議に応じないのは日本だというやつですね。
    論理が稚拙であるのはいつものことですが・・・
    マジメな人を困らすのに長けてます。

  6. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     韓国にとっては、国際社会に「日本の悪口」を言うのは、特権であり、
    既得権であるのでしょう。だから、日本が反論するという、かつてない事
    態に、戸惑っているのではないでしょうか。

     蛇足ですが、日本の閣僚の資格として、海外メディアに英文で投稿でき
    ることも、あってもよいのではないでしょうか。

     駄文にて失礼しました。

    1. 惚け老人 より:

      引きこもり中年様

      >蛇足ですが、日本の閣僚の資格として、海外メディアに英文で投稿でき
      ることも、あってもよいのではないでしょうか。

       英文そのものは閣僚が直接書く必要はなく、閣僚が英文をかけなくても英語の専門家に依頼すればよいと思います。問題は海外メディアに投稿できる文章作成能力を要求すべきでしょう。

       あと一つ、徴用工問題で朝鮮人に騙されたと思われる「強制労働」を認めるような英語能力のないような職員を少なくとも外務省には採用しない必要があるでしょう。

  7. 心配性のおばさん より:

    韓国大統領特別補佐官である文正仁氏ですが、某報道によると、文在寅大統領の本音を語る人だそうです。
    ただ、同時に駐米大使就任を当のアメリカから拒絶された人物だったような・・・。つまり、アメリカ側の信用は文在寅氏同様ない。国債発信力については心配ないかと思います。
    某報道なんて言い方を止めます。こちらの方にご紹介いただいた次の記事です。

    文在寅の側近がついに「韓国核武装・米韓同盟破棄」を言い始めた真意
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67161

    記事では、彼の人格なのか、役割なのか、その発言内容は、関係国の思惑に配慮(警戒)せず文在寅大統領の本音を語ってしまうことだそうです。

    こういうことから、私は今回、Web主様がご紹介下さった文正仁氏の「日韓どっちも論」や、先日ご紹介下さった「日韓スワップ待望論」は、むしろ、韓国側の弱音ととります。
    こちらのコメント主様のお一人からのコメントですが、半島人は追い詰められるほど虚勢を張るそうですから。(南北は本当に同じ民族なのですね。そっくりです。笑)
    ただ、ダメモトで日本国内に生息する親韓メディアや親韓知識人に呼応を呼び掛けているのかもしれませんね。Web主様がおっしゃるようにそこは警戒をしておくべきかと。

    1. 心配性のおばさん より:

      修正いたします。

      誤:国債発信力については心配ないか
      正:国際発信力については心配ないか

  8. j より:

    日韓基本条約による話し合いに応じなかったのに応じる構えを示したと語るところは、日本人の感覚からしたら普通ではありません。

    日本では、反社会的勢力が語りそうです。

    私もこれを読んで、腹がたつし、恐ろしい考えの国であると改めておもいました。

    そういう国から日本を守るという今の政府で良かったです。

    昭和の時代は、非武装中立に一票、左よりでした。

    募集工判決が、すべてを変えました。

    コメント欄で武力を伴わない宣戦布告という意見に、全く賛成です。

    伊藤博文の件で、片方はテロリスト殺人犯、片方は英雄
    深入りしない関係がよいと直感的におもいます。

  9. 匿名 より:

    15日の産経新聞で元外務省の佐藤氏が 将来北朝鮮との国交開始交渉に伴い「韓国が半島における唯一の正当な国だ」との文言がある日韓条約の見直しが必要になると書いていた。もちろん将来も北朝鮮が存在していればの話だが。その際は韓国が半島代表として北朝鮮の分までふんだくった日本からの支援金の再分配が必要でしょうね。それともお人よし日本は「お代わり」をあげるんでしょうか?その時までに日本人自身が「半島で日本がやったこと(してあげたこと)」を周知徹底しておかないとね。おかしなことを政府がまた始めたら「おいおい 何やってんだ?」と言える国民にならなきゃね。 

    1. だんな より:

      匿名さま
      日本政府は非核化と拉致問題が解決し、国交を結ぶ際には、平壌宣言を履行するという方針ですので、約束の金額を払うことになります。

    2. 匿名 より:

      あなたにはお気の毒ですが 北朝鮮が核を手放すことはありえませんね。体制が崩壊した場合は別です。またはセラミ戦術におバカな日本政府がのせられた場合は別です。そっちの方が可能性は高いです。ところで平壌宣ってとっくに反故にされたんじゃないのかな?

  10. 国防動員法 より:

    >韓日ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ

    自分が一方的に攻撃しておきながら、心情に縋って相手の行動を封じようとするやり方は、韓国人のお決まりのパターンですね。

    日本に対する怒りや憎しみを煽って一方的な解決を迫っている韓国側が、妙なことをしています。

    <「怒りや憎しみで何を解決できるの」浅草でフリーハグをした韓国人女性の思い>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010000-bfjc-soci&p=1
    冨田すみれ子 BuzzFeed Japan 9/14(土) 20:44配信

    日韓友好と言うなら、彼女はなぜ、韓国内で日本との友好を訴えないのでしょうか?

    >スヨンさんは2015年から日本や韓国で何度もフリーハグをしてきたが、今回はそのような状況もあり「少しは不安だった」。しかし、そのような思いは実際に路上に立つと、消え去った。

    これは嘘でしょう。

    韓国内と違って、日本国内では大したことは起こらないことを知っていたからこそ、日本国内だけでこのような活動をするのでしょう。

    韓国人が何をしても日本人は何もしてこない、そんな日本人の人の良さをよく理解していて、そこに付け込んでいるだけです。

    >国単位で見て、その国が嫌い、その国の人が嫌いという人は「その国の人に会ったことがなかったり、その国の友達がいない人が多いのではないでしょうか。

    一般的にはその通りですが、韓国人だけは違います。
    だからこそ、在日韓国人に対して厳しい批判が飛ぶのです。

    >「フリーハグは誰でもできて、今すぐに始められる一番簡単な平和構築手段だと思います。今の世の中、人々を分断するような活動や憎しみを煽るような活動が増えているような気がします」

    彼女はまず、日本人の行動を「怒りや憎しみで起こした行動」と貶めるのを止めて、日本に対するろくでもない行為を止めるように主張するデモを韓国内でおこなうべきでしょう。

    こんな一方的なものは日韓友好でもなんでもない。

    日韓友好を謳うなら、日本人だけを変えようとするのではなくて、まずは韓国人自身を変えようとする努力をしなくてはなりません。

    韓国側の起こした根本原因を解決しようとすることもなく、このように「人の絆」を悪用して、日本人の情けを利用して、日本人を操ろうとするやり方は見ていて吐き気がします。

  11. カニ太郎 より:

    そういえば元徴用工問題における日韓請求権協定3条の紛争の解決って、まだ途中だったんですね(笑)

    「ホワイト国外し」とかあったんで、すっかり忘れてました。

    え~と、重要ポイント日時だけ見てみると、

    ①10/1 大法院が元徴用工に勝訴判決。

    ②1/9 日本が2国間協議の申し入れ、ですか、ここまで70日かかってるんですね。

    ③5/19 仲裁委員設置の申し入れ、ですか、ここまで130日もかかったんですね。

    ④6/19 第3国に仲裁委員設置の付託、ですか、ここは30日だったんですね。

    ⑤7/19 ・・・あれ、待つのはここまででいいはずですよね。

    次の段階「ICJ提訴」へは行かないんですか?

    ああそうか、ここまで待つ前に、あれがあったんだ。

    ⑥7/1 半導体素材3品目の輸出管理適正化ってやつ、やったんですよね、安倍政権。

    ⑦8/1 ホワイト国外しの政令改正。

    ⑨・・・あれ、この先はないんですか?

    ああ、これは対抗措置じゃないんでしたっけ。

    でも、ちょっとおかしくないですか?

    元徴用工裁判における紛争解決の手段で日韓請求権協定3条の手続きが、途中から「ホワイト国外し」のゴタゴタに誤魔化されてる気がするのは私だけ?

    つまり、私は騙された気がする。

    この、「ホワイト国外し」の輸出管理適正化ってやつを、日韓請求権協定3条の手続きの延長線上だと認めてたから、⑤7/19で韓国が第3国への仲裁委員付託を無視したとき、日本政府が当然すべきだった次の1手「ICJへの提訴」をしないのを黙認していた自分がいるのです。

    しかし、ここ最近の報道では、

    「輸出規制じゃない輸出管理適正化だ」
    「元徴用工裁判への報復じゃない輸出管理適正化だ」
    「韓国への対抗措置じゃない輸出管理適正化だ」
    「韓国への経済制裁じゃない輸出管理適正化だ」

    とのたまう。

    そして、あろうことか、経済産業省が、本当にフッ化水素の輸出許可を出している。

    ああ、なんと、本当に「半導体素材3品目の輸出管理」はただの「輸出管理適正化」で「韓国への対抗措置」ではなかったのだ・・・悪夢だ、騙されてた私がアホだった。

    そうとわかれば、安倍政権は、さっさと7/19日にやるべきだった「ICJ提訴」をやれよ。

    もう9/15だぞ、2ヶ月も遅れてる。

    私は、「輸出規制」をとったから、参院選でも自民党へ投票したし、「ICJ提訴」しない現状に我慢してるんだ。

    それが、もう「フッ化水素輸出許可」をバンバン出すのであれば、「輸出管理適正化」は対抗措置とはいえない「半導体素材3品目輸出管理適正化」のせいで日韓請求権協定3条の流れを忘れてしまっていた。

    もう騙されない。

    いったいいつになったら「ICJ提訴」してくれるんですか?安倍さん。

    1. 匿名 より:

      (何度も言います)安倍政権は対抗措置とか制裁など 出来もしないしやる気もないのです。制裁もどきの輸出管理の件も一説には アメリカからの情報と要請があったからやったと言われていますよ。(私はN国に投票しましたけどね)

    2. tono より:

      > いったいいつになったら「ICJ提訴」してくれるんですか?安倍さん。

      同感です。
      竹島の件でも ICJ提訴について何度か実施したものの、それっきり放置状態です。
      韓国が受け付けなければ意味がないという記事も見ますが、日本側が提訴することに意味があります。
      それで韓国が乗ってこなければ、日本の勝ちです。そういった状況の上で、実際の現金化が発生したときの制裁がより説得力を増します。

      だいたい、実害があったら許さないとか言っていたのに、今は不買運動、放射能風評拡散、旭日旗侮辱、戦犯企業を設定した各自治体の不買運動、もう実害のオンパレードです。これを放置している政府のやり方は海外から見ても異常です。せめて韓国が海外に向けて発信している情報が誤っていることを日本政府も発信すべきなのに、河野さんの記事以外は何も目に見えた発信はない。

      確かに文政権のほぼ自滅ともいえる動きに面食らっていて、なんとなく傍観している気持ちも分からなくもないですが、今の韓国の反日運動を放っておいてよい理由になりません。

      朝鮮日報では、「反日種族主義」への反論として、河野談話や軍艦島世界遺産登録時の日本大使の言葉を使用してきています。その場しのぎの日本政府の対応が、しっかりブーメランとして返って来ています。

      日本政府は、このネット時代、昔と違うんですから、もう違うことは違う、誤りは誤りと、しっかりと日本国内外に向けて情報を発信すべきです。さらに日本への攻撃に対しては毅然とした対応を取るべきです。

    3. とある事務屋 より:

      日本はICJへ提訴された場合の応諾宣言をしていますが韓国はしていません。日本が提訴した場合は韓国が応諾しない限りは「却下判決」です。市井において「却下判決」と「請求棄却判決」の区別がつかないという実情がある以上「却下判決」が出ることは国際世論というフィールドでは不利に働きます。なぜなら「日本が裁判に負けた」という物言いをされた場合に反論がし難いからです。
      そうなった場合韓国が応諾しなかったからといって経済制裁や軍事力行使をすれば、日本は「裁判で負けたから実力行使をした野蛮な国」という非難を浴びる可能性も覚悟しなければなりません。(国内外の「良心的」メディアや独仏中露あたりはこれ幸いと尻馬に乗るでしょうね)
      結局ICJ提訴は韓国が世論と現実の狭間で押し潰される寸前に、キレイに敗ける為のリングを用意するという意味であり、韓国からギブアップのサインが出てこない限り使えないのです。

      1. カニ太郎 より:

        とある事務屋さまへ

        本当ですか?

        ネットではこう書いてましたよ。

        >単独提訴しても被告国が同意しなければ裁判が行なわれることはない。

        仮に日本政府が国際司法裁判所に提訴しても、仲裁委員会の設置を拒んだ韓国政府が、国際司法裁判所の裁判開始に同意する可能性は低そうだ。そうなると日本政府が提訴する裁判は、いつまでたっても開かれないことになる。

        それでも日本政府が国際司法裁判所に提訴することによって、韓国最高裁が下した日本企業への賠償命令が、国際法違反であることをアピールする効果はある。労力はかかるが、日本の正当性を国際社会に主張していくのか、それとも他の方法を模索するのか。近いうちに日本政府の対応が決まる。<

        https://maonline.jp/articles/icj_japan_korea20190721

        どこにも「却下判決」なんて書いてませんよ。

        どこの情報ですか?

      2. 匿名 より:

        >日本が提訴した場合は韓国が応諾しない限りは「却下判決」です。「却下判決」が出ることは国際世論というフィールドでは不利に働きます。なぜなら「日本が裁判に負けた」という物言いをされた場合に反論がし難いからです。
        ??相手が裁判に応じなかったら 訴えた方が負けたことになる? よくわからないのですが。

  12. 陰謀論者 より:

    「韓国の人々の心情を考えて」との表現は「韓国に対する愛がないのか」の変形表現だとするといよいよ余裕がなくなってきたのでしょうか。
     理解に苦しむのは「放置して時間は経過したが」「状況はほぼ何も変わっていない」のに「韓国側の対応だけが変わる」という状況でしょうか。まさに駄々っ子を放置したらこうなったですね。
     さらに放置すると一体どうなってしまうんでしょうか。何が起きるか見てみよう!

  13. 七味 より:

    リンク先の記事を読みました
    ちょっとだけコメントしますね♪

    > 文政権は朴氏弾劾の民意から生まれた。こうした法的、政治的な敏感さを日本が少しでも理解し、特別法制定など解決に向けて協力すれば『共通の代替案』を見いだすことができる

    要は、慰安婦問題で日本との間で解決策をまとめたことに韓国人はNOを突き付けたってことを、日本は理解しろってことかな?
    だったら、自称元徴用工について、なんらかの解決策を模索することは無意味だと思うし、そうすると「既にある約束を守ってね」という以外にはないんじゃないかな♪

    あとは、韓国の国内問題だから、特別法制定ってどんな法律を作ろうとしてて、日本にどんな協力を求めてるのか分かんないけど、「共通の」代替案じゃなくて、日本との約束と韓国内の判決を両立させる案を、韓国が自ら考えて実施すれば良いだけだと思うのです♪

    >反日、反韓は若い世代の方が強くなるのではないか
    というのは十分にあり得ると思うのです♪そんな状況の中で無理に友好を求めるよりも、まずは、反日・反感があっても、決定的な対立に陥らない方策を模索することが大切だと思います
    ひとつの解としては、関係を疎にして、相互不干渉をすすめるのが良いと思います

  14. 匿名 より:

    >答えは簡単。原理原則を崩さず毅然と対処することです。
    ずいぶんと甘い対応だと思いますね。
    あいつらは止めませんよ。
    毅然とした対応でその時は収まったとしても、その場しのぎの対応でしかない。
    あいつらは失敗しても損なし。
    手を変え、品をかえて、都合の良いタイミングでまた仕掛けてくるだけです。
    日本に理不尽な要求非難を100やれば、マイナス100になってしまうと思い知らさないと止まらない。
    大恥かかすか、大損させる。
    中共みたいにやらないとダメでしょうね。
    安倍総理や自民党見てたら、ため息しかでません。
    なぜ過去の失敗から学べないのか、知能も記憶力も無いのかと思います。
    殴りかかって来たら、殴り返すのが当たり前の対応というものでしょう。
    毅然と! 防御だけやってて国が守れるはず無いでしょう。

  15. 惚け老人 より:

    引きこもり中年様

    >蛇足ですが、日本の閣僚の資格として、海外メディアに英文で投稿でき
    ることも、あってもよいのではないでしょうか。

     英文そのものは閣僚が直接書く必要はなく、閣僚が英文をかけなくても英語の専門家に依頼すればよいと思います。問題は海外メディアに投稿できる文章作成能力を要求すべきでしょう。

     あと一つ、徴用工問題で朝鮮人に騙されたと思われる「強制労働」を認めるような英語能力のないような職員を少なくとも外務省には採用しない必要があるでしょう。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 徴用工問題で朝鮮人に騙されたと思われる「強制労働」を認めるような英語能力のないような職員を

      佐藤地のことなら、彼女の英語力の問題ではありませんよ。彼女は、外務省にありがちな左翼性向の持ち主で、韓国への配慮が問題解決の道と信じ込んで、意図して韓国に加担したのです。
      https://samurai20.jp/2015/07/kolie-14/

      当時の外務大臣・岸田文雄氏は、佐藤地から交渉過程の報告を随時受け取り、交渉内容を把握していたはずですが、事の重大性は認識できなかったようです。

      外務省は自由裁量が与えられれば日本の国益を損なう方向に動きます。大臣の監督力が頼りです。あの事件は、監督ができないとこうなるという好例です。

      1. j より:

        佐藤地さんとかかる省庁にはいまからでも、賠償を要求する権利はあるがそれは韓国の問題である。と付け加えて、発表して欲しいです。

        少なくとも私はそうとってます。

        韓国が逆の立場なら、そのくらいのフォローは日常茶飯事にやってます。

  16. 匿名 より:

    文正仁氏の発言は、

    韓日ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ

    (日本政府は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった

    (両国)指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ

    とのことですが、これは勘違いも甚だしい。実態は下記の表現が正しいでしょう。

    1。日本-南朝鮮ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の南朝鮮は高圧的で一方的だ

    2.(南朝鮮政府は)日本の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった。

    3.(両国)指導者間の不信もある。国際法を守れと主張をする安倍晋三首相に対し、国際法など守る気はさらさらないと思われる文在寅(ブンザイトラ)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ。

  17. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    今回の文正仁氏の発言を見ていて痛感したのは、現在の青瓦台・韓国政府は、本気で日韓関係を道徳的優位で恒常的に上に立とうとし、更に内政の不始末を日本に目を向かせる事で愚民を操る事です。

    対日コメントが、『ここまでは言っても相手に許されるだろう』というリミッターを、既に振り切れています。だから下記のような血迷いごとを記事にして放言する。

    ①【韓日は相手の立場になって考えてきたが、今回の日本は高圧的で一方的だ】は?

    ②【韓国人の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべき】ダンマリで逃げ回ったんはオマエラ。

    ③【歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張する安倍晋三首相に対し、文大統領は疲れを感じ、諦めかけている】逆やろッ。

    文政権は日韓関係、米韓同盟を本気で破棄しようとしている。でないと、ここまで相手を侮辱、卑日、反日、反米したら、どうなるか、自明の理です。

    但し、朝鮮半島という緩衝帯地勢から、韓国側は「米軍はまだ撤退しない。米軍が居なくなれば中国が来るから。大切な朝鮮半島を失いたくないはず」と過大評価していますが、私は、昔ほど値打ちがないと思う。

    その気になれば、北朝鮮の侵攻を韓国軍は防ぎようが無いですし、無論、文は統一朝鮮を夢想しているので、北朝鮮に南朝鮮を献上する事しか考えてない。

    その最悪の一大事に至らぬように、日本は韓国の勢いを削ぎ、北朝鮮を潰す計画を是非とも早期立案すべしです。

    それには改憲、防衛費の増加、防御ラインの策定、不逞人から国を守る国民意識の高揚を急がねばなりません。

  18. よくわかってないジジイ より:

    >原理原則を崩さず毅然と対処することです。

    正論でありますが、「専守防衛」と同義語に近く多分勝てないと思います。
    韓国人の弱点が見えて来ました。 彼らは面子や自尊心に挑戦を受けると、実害がなくても論理的思考が止まり、自分にとってもマイナスの手だろうと何だろうと自尊心が満足されるまで暴走します。
    輸出管理と同様の弾を連射することです。

  19. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     韓国が「被害国」の立場を守るために、朝日新聞と一緒になって、安倍
    内閣の閣僚などが、海外メディアへ投稿するのを、「(事実上の)検閲し
    よう」と(実現するかは別にして)考えるかもしれないと、考えるのは考
    えすぎでしょうか。朝日新聞としても、(例えばアメリカのNYTで)朝日
    新聞からの記事と、閣僚からの投稿記事との間に矛盾があると、気が付か
    れるのは避けたいはずです。

     蛇足ですが、日韓の問題だけなら、海外のメディアも日本マスゴミ村の
    記事を頼りにするかもしれませんが、日米韓の問題になれば、ワシントン
    DCでの取材と、日本からの記事とが比べられることなる可能性も、あるの
    ではないでしょうか。

     駄文にて失礼しました。

  20. 匿名 より:

    今回は、半島食糞乞食の泣きごと特集。

  21. NANASHI より:

    週刊実話からです

    2019年09月15日 18:20 韓国
    【話題】 日韓対立の裏側に潜む「恨」の恐怖・・日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る、彼らの恨を無用に刺激するのは危険

    http://kimsoku.com/archives/10115007.html
    >日本人の多くは他人事と思い、SNSでは過激な言葉を普通に書き込んでいるが、日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る。彼らの恨を無用に刺激するのは危険だろう。

    刺激しないことももっともかと思いますが、韓国破綻に伴う難民の流入を避けるためにも、刑法適用の厳格化を行い第五種補給品を中心とする不正を見逃されている方々の強制退去ほ実施するとともに、請求権協定違反への反撃として、これに付随する在特特権(通名の使用、生活保護、退去強制の厳格化、年金・各種補助金、入国時の指紋押捺免除? 等々)の廃止をとっとと実施していただきたいと思います。(3世以降はについては、比較的適用が容易なのではと)

    1. 惚け老人 より:

      NANASHI様

       彼らの恨を無用に刺激するのは危険、とのことですが危険ならば日本の法律に従って処理すればよいだけのことでしょう。それが嫌なら朝鮮に帰ってもらえばよいだけのことでしょう。日本に住み付いて朝鮮の恨にこだわる行動をとることは違法でしょう。

       後半に書かれている対応処置はもっともだと思います。

      1. りょうちん より:

        散々、ヤクザなどの日本の裏社会をネタにしてきた週刊実話ならではの記事ですなw
        しかし、

        >危険ならば日本の法律に従って処理すればよいだけのことでしょう。
        >それが嫌なら朝鮮に帰ってもらえばよいだけのことでしょう。

        今できていないのに有事ならできるというのは、希望的観測に過ぎないでしょうね。

        「や、やればできるし・・・」

        ってできない子の言い分です。

  22. 新宿育ち より:

    文在寅の顔が嫌い。ズルさが出ている。

    まるっきり女の勘

    1. 惚け老人 より:

      新宿育ち様

       行動を批判するのは自由と思いますが、顔が嫌いと批判するのはいかがなものでしょうか。ブンザイトラがずるいことは正論ですが、それは彼の行動を指摘してずるいと言えばよいことで、顔の好き嫌いとは別物ではないでしょうか。私自身は玉ねぎ法相の顔よりも顔だけは遥かに男らしい整った顔をしているように感じますが。顔が良くても行動がダメなのでブンザイトラは無能且つ有害なダメ人間と認定していますが。

    2. 匿名 より:

      顔の事なら文喜相のほうがダメ。
      生理的に無理。

    3. カニ太郎 より:

      余計なお世話かもとは思いましたが、念のためご忠告いたします。

      ここでは、容姿に関しての批評は厳禁です。

      私など、政治学者の三浦瑠璃様の容姿を誉めただけで怒られました(笑)

  23. 名無Uさん より:

    ≫驚くべきことに、日本政府は外交的協議の申し入れから「次のステップ」に移らず、4ヵ月以上も我慢し、粘り強く韓国政府に外交的協議の申し入れを続けました。まったくお人よしな国だと思います。

    新宿会計士様は、そんな日本が好きなのでしょう?
    自分は好きであります。
    そして、原理原則を崩さず、毅然と対処する日本が好きであります。
    文正仁から徹底的に無視され、やっと『何故、日本に言及することが無いのか?』だけを言えた木宮正史教授のような日本は嫌いです。

    あまり好悪を言うべきではないのでしょうが、最終的には論理ではなく、好悪の感情が国民性と国の形を作っていくように思えます。

  24. 匿名 より:

    >「韓国は自分の過失割合が100対ゼロだったとしても、必ず相手に責任をなすりつけ、少なくとも50対50、あわよくば0対100に持ち込もうとする傾向がある」
    管理人さんがたびたび言及しているこの点について私も同意です。
    韓国ウォッチ界隈では韓国からの日本を非難する発言は「日本」を「韓国」と入れ替えて読むとしっくりくるとよく言われますが、今回の文正仁の「日本は高圧的で一方的」発言もこのパターンですね。
    他にも10日ほど前には韓国国防相が暗に日本を指して「隣国との安保対立を助長し、自国の利益を追求しようとする懸念される動きまで表れている」という同じ類の発言もありました。
    韓国がこの手の自分たちが行った悪事を逆に相手側の日本が行っているように印象づける主張を国際社会に喧伝する行為は間違いなく計算して行っていることだと思います。
    決して良く言われるような「支離滅裂、逆だろ!」とか「韓国政府の現状認識がひどい」とかそれだけの問題ではありません。

    韓国は自分の主張や行為が自分勝手なものと知っていながら日本に対してそれを呑むことを要求します。それと同時に国際社会に対して事実と真逆の内容を流して自分たちの悪い行為を「中和」しようとします。
    それによって韓国とは地理的に遠く、利害関係の少ない欧米の人たちは部分的にも韓国の嘘の主張を信じてしまい、結果的に韓国が過失100:0の事案でも「日本も韓国もどっちも悪い、双方反省しなきゃね」という国際的世論が形成されるのだと思います。
    韓国はどんなわがままをやっても結果は引き分けになり損はしないので、何度も同じことを繰り返すだけです。何度も繰り返していればいつか日本側が折れて韓国に譲歩するか、国際社会が過失割合0:100と盛大な勘違いして、韓国側に勝利が訪れます。

    日本語が下手で無駄な長文吸いません。一回言いたかった

    1. 下駄屋 より:

      同意します
      だからこそもっと政府としての所見を
      発信してほしい!

    2. j より:

      そのとうだとおもいます。
      勉強になりました。

  25. 惚け老人 より:

    りょうちん様

    >今できていないのに有事ならできるというのは、希望的観測に過ぎないでしょうね。

     そのご高説に従えば元記事にあるように「彼らの恨を無用に刺激するのは危険」と言うことを肯定することになり、彼らを無用に刺激しないように注意しましょうと言うことになりますが。

     現実に今はいろいろな力が裏から働いたり、天の声が発せられることなどから残念ながら現実にはできていないのが事実ですが。

     従って極端な例を挙げれば、生活保護を受けていながらベンツを乗り回したり、在日三世が「在日は資産を凍結されてガス室に送られる。この国ならきっとやると思ってます。でも韓国語を話せないから帰国できない」と言う自分勝手な意見が堂々と日本の中で主張されるのが実情です。http://blog.livedoor.jp/dqnplus/ 

     今できていないのに有事ならできるというのは、希望的観測に過ぎないと断定されることは、彼らを腫物に触るような状態で扱い「彼らの恨を無用に刺激しないようにしましょう」と言っているのと同じで
    「や、やればできるし・・・」ってできない子の言い分であると決めつけるのはいかがなものでしょうか。

     ですから彼らの恨を無用に刺激するのは危険、などと言わずどんどん恨の考え方を刺激し、危険な行動を起こすなら日本の法律に従って処理すればよいだけのことでしょう。できない子の言い分であると主張されますが、オーム真理教のようにあまりに危険な行動が行われれば警察も行動したので、いかに裏からの力が働こうが、天の声が下りてこようが、さすがにその時は警察や公安も放置することはないと思いますし、それでも政権中枢部がその危険行動を許容するなら政権をつぶしてでも彼らの行動を抑え込むべきではないでしょうか。

     どうせできないから放置しようという考え方が一番被害を広げ、朝鮮人をつけ上がらせることは彼らに有利な世界を日本に広げることになると思います。

  26. KARUSATONOTORA より:

    泣き言に感じますね。
    これまで日本は韓国に必ず譲歩して来ました。
    韓国政府が国民をたきつけ、国民世論を考えると妥協できない。
    日本政府さん助けてください。
    裏でこういう感じのやり取りが行なわれてきたのでしょう。
    さらには国際的に告げ口外交で日本を貶めて譲歩させる手法も通用したのでしょう。
    しかし今回は不買運動を行なおうが告げ口外交を行なおうが
    日本は決して譲らない。
    韓国としてはこれまでの手が通用しないので
    泣き言を言っている。

    そんな印象を受けました。

  27. 匿名 より:

    被害者ぶって旭日旗を戦犯旗呼ばわりしている韓国人には、第2次世界戦中に旭日旗ふり日本軍と共に戦った大勢の朝鮮人は靖国で安らかに眠っているという事実を教えてあげるのがよいでしょう。なお韓国人の嘘を世界に人々が信じないよう日本も世界に正しい朝鮮人の歴史を発信するとよいでしょう。正しい朝鮮人の歴史は決して被害者ではなく、朝鮮人の言葉を借りればアジアを侵略した戦犯民族です。だって日本軍と一緒に同じ行動してて、どうして朝鮮人だけ被害者なの?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。