韓国が日本を「ホワイト国除外」、本当の敵はメディア?

今週月曜日、韓国政府は日本を「ホワイト国」から除外するとの方針を発表しましたが、DRAMなどを除けば、正直、日本は韓国から基幹となる部品や素材を輸入しておらず、韓国の決定により何らかの影響を受けるとも思えません。強いていえば韓国政府高官が「DRAM輸出規制」などと迂闊に発言することで、日本企業がサプライチェーンから韓国を外す動きが広まる、といったところでしょうか。ただ、それと同時に注意しなければならないのは、とくに日米の主要メディアが、韓国政府の見解や、わが国の外務省にありがちな旧来型の対韓配慮論を、そのまま垂れ流し始めていることではないでしょうか。

日本政府関係者「ホワイト国除外は影響なし」

韓国政府は今週月曜日、日本を輸出管理上の「ホワイト国」から削除する方針を発表しましたが、これについて昨日の読売新聞に「日本政府関係者が『韓国以外に代替が利かない輸入品目はほとんどない』と述べた」、とする話題が掲載されています。

世耕経産相「韓国側会見を見ても…根拠全く不明」(2019/08/13付 読売新聞オンライン)

といっても、この読売の記事の実質的な「見どころ」は「日本政府関係者がそう述べた」という下りだけですので、それでも正直、「まぁ、そうでしょうね」という感想しか抱きません。

実際、ジェトロの『日韓貿易』を見ても、日本から韓国への輸出品目は半導体製造装置やフラットパネルディスプレー製造装置などの基幹デバイスが含まれている一方、韓国から日本への輸出品目は鉄鋼板や半導体、嗜好食品といった製品が中心です。

図表 日韓貿易額
日本の輸出(A)日本の輸入(B)収支(A-B)
201453,76832,18421,585
201545,85425,57720,277
201647,46724,35523,112
201755,12526,81628,309
201854,60430,52924,075

(【出所】JETRO『韓国・日本との関係』に掲載された『韓国貿易協会』資料)

日韓の貿易関係
  • 日本から韓国へのおもな輸出品目…半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器
  • 韓国から日本へのおもな輸出品目…石油製品、鉄鋼板、半導体、自動車部品、精密化学原料、金銀および白金、プラスチック製品、合成樹脂、鋳鍛造品、嗜好食品

(【出所】JETRO『韓国・日本との関係』)

「韓国から日本への輸出品目」のなかに、金や白金、嗜好食品などの品目が含まれているのは若干気になりますが(とくに貴金属は消費税法との関係でしょうか?)、いずれにせよ、半導体(DRAM)などを除けば、「これがなければ困る」という品目は、あまり見当たりません。

中央日報も「影響なし」

一方、日本側の読売の記事と類似する内容が、韓国メディア『中央日報』(日本語版)にも掲載されています。

日本「ホワイト国除外、影響ない」…韓国産輸入比率4.1%(2019年08月14日07時48分付 中央日報日本語版より)

といっても、中央日報の記事で読む価値があるのは、「日韓いずれの方が打撃が大きいか」、とする下りだけです。

中央日報は「韓国貿易協会」の資料を引用したうえで、今年1~6月において、日本の輸入高全体に占める韓国からの輸入比率は4.1%で、これは中国(23.2%)、米国(11.1%)、豪州(6.4%)と比べても割合は非常に少ないと指摘。そのうえで、

韓国産への輸入依存度が80%を超える石油精製品や鉄鋼は汎用であり、今回の韓国の措置を実行しても日本が代替品を確保するのは難しくない」「(韓国経済研究院の研究委員は)韓国は消費財を中心に日本に輸出していて、今回の措置が日本に被害を与えるのか疑問(と述べた)」

などとしています。

これに対し、日本が輸出管理上、個別承認に切り替えた品目は、対日依存度が非常に高く、かつ、代替品を探すのが困難であり、このことから中央日報は「打撃が非対称」、つまり韓国の側にのみ一方的な打撃が生じる、と結論付けています。

もちろん、なかには韓国産DRAMのように、「今すぐ規制されると困る品目」というものもあります。しかし、これについては『レアアース事件の再来?韓国はセルフ経済制裁に邁進するのか』でも報告したとおり、韓国政府が下手に「規制強化」と言い出せば、結果的に韓国自身のクビを絞めることにつながりかねません。

レアアース事件の再来?韓国はセルフ経済制裁に邁進するのか

なお、余談ですが、中央日報はこの記事を次のように締め括っているのですが、このあたり、何回読み返しても意味不明です。

匿名を求めた5大グループの役員は『韓日間の対立が深まり対日本輸出入の不確実性が高まったのが最も大きな負担』と述べた。言い替えれば韓国はもちろん日本企業にも「不確実性」という打撃を与えることができるということだ。

もっとも、韓国のメディアに掲載される記事には、「最後の下りが意味不明」というケースも多々ありますので、あまり気にしない方が良いでしょう。

韓国政府のプロパガンダ垂れ流すWSJ

一方、本件については米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)も月曜日時点で記事に仕立てています。

South Korea Kicks Japan Off List of Favored Trading Partners(米国夏時間2019/08/12(月) 06:38付=日本時間2019/08/12(月) 19:38付 WSJより)

執筆者欄には “Eun-Young Jeong” とありますが、おそらく韓国人記者なのでしょう。WSJはソウル発として、

South Korea dropped Japan as a favored trading partner, further escalating tensions between the two U.S. allies.(南朝鮮が日本を貿易優遇対象国から除外したことで、この2つの米国の同盟国間における緊張がさらに高まった。)

と述べています。

ただ、「米メディアのWSJに掲載されたほどだから信頼できる記事だ」と無条件にありがたがるのはいかがなものかと思います。というのも、WSJの記事では、意図的なのかどうかはわかりませんが、韓国のこの措置が「輸出管理上のものである」という事実を無視しているからです。

WSJは韓国政府の担当閣僚が「これは日本の類似する措置への対抗措置ではない」などと述べた、としていますが、何も事情を知らない人がこの記事を読めば、

  • 韓国政府の今回の措置は、日本が韓国に対する輸出規制(※)に踏み切ったことへの対抗措置
  • 米国の重要な2つの同盟国同士が日本の貿易制裁によって悪化している

という印象を抱くことは間違いありません(※ちなみに下線で示した部分については、原文では次のとおり、ハッキリと「規制」と書かれています)。

Japan has previously defended its trade restrictions against South Korea for national-security reasons.

これに加えてWSJは、

The saga, which traces back to the World War II era, has dragged relations to their worst levels in decades, experts say, setting off boycotts and protests in South Korea.

などとして、あたかも第二次世界大戦中の未解決の問題を契機に、「日本が安全保障上の理由を付けて韓国向けに輸出規制を敷いた」と読めてしまうのですが、正直、WSJのように影響力の大きなメディアがこの手の虚報を平気で垂れ流すあたり、本当に腹が立つ話です。

いずれにせよ、外信が今回の日本の措置を巡って、韓国政府のプロパガンダをそのまま垂れ流しているという事実については、私たち日本国民としては警戒を怠ってはならない点でしょう。

共同通信「安倍政権が対韓政策練り直し」

こうしたなか、いろんな意味で気になるのが、次の共同通信の記事です。

日韓関係、さらなる悪化は不可避/安倍政権は対韓政策練り直しへ(2019/8/13 12:34付 共同通信より)

内田恭司記者の署名入りの記事ですが、内田氏は最近の日韓間の緊張の高まりについて、

両国関係のこれ以上の悪化を食い止めようと、政治レベルを含めて水面下で解決策を模索する動きもあるが、主張の隔たりはあまりに大きい。安倍政権は長期戦を覚悟して対韓政策の練り直しに着手した

と述べています。

(※余談ですが、「政治レベルで水面下で解決策を模索する動き」というのは、当ウェブサイト流にいえば、「韓国のメンツを立ててやることを目的にした密室外交」という、ひと昔前の外務省に見られた典型的な「外交事なかれ主義」のことでしょうか?)

ただ、正直、内田氏には申し訳ないのですが、どうもこの記事自体、「日韓関係は破綻してはならない」という強いバイアスが見え隠れしてしてしまいます。

内田氏は韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領の「南北平和経済で日本の優位に追いつく」(『思わず「ホンネ」がポロリ?南北平和経済という発言』参照)という発言を、文在寅氏なりの「高麗連邦構想」としたうえで、今のところ日本政府はこれを「冷静に受け止めている」と指摘。

ただ、北朝鮮が8月10日までに、計5回にわたり短距離弾道ミサイルを日本海に発射するなどの「挑発行為」に出たことや、韓国が「日韓GSOMIA」破棄を示唆している点を巡り、「安保面での懸念も顕在化してきた」と述べています。

さらに、日本政府が先週、韓国向けのレジストの輸出許可を出したことについて、内田氏は

深謀遠慮はあるにせよ、日本が融和姿勢を示し、韓国に対応を促したのは間違いない

と決めつけたうえで、次のように述べています。

対話の糸口がほのかに見えたとはいえ、焦点となるのは、15日の「光復節」における文大統領の演説内容と、韓国が24日までに情報協定の継続を決めるかどうかだ。大統領が国民の反日感情をさらに煽り、協定も破棄するなら、日韓関係のさらなる悪化は確実だが、事態打開の意思を示し、協定の延長を決めれば、日韓は対話に入る可能性がある。

はて、そうですかね?

もちろん、私自身も安倍政権内に個人的知り合いがいるわけではありませんので、安倍晋三総理大臣が何を考えているのかを直接に知ることはできません。

しかし、あくまでも当ウェブサイトなりの見方では、日韓の信頼関係をぶちこわす動きを取ってきたのは一方的に韓国の側であり、韓国がこうした行為に反省と謝罪を示さない限り、日本は韓国との関係改善に動くべきではないと思いますし、安倍政権もまた大所高所から日韓関係を考えているように思えます。

韓国との交渉?あり得ない

内田氏は記事の末尾で、現在の安倍政権の対韓政策について、

文在寅政権とは関係をリセットする一方で、政権と距離を置くサムスンは日本側に引きつけ、日本の部品・素材産業のシェアを守る。日米韓の安保協力強化で南北連携を断ち、究極的には核武装した『高麗連邦』の実現を阻止する。こうした対韓政策を基本に、文政権の出方を見極めていくのではないだろうか。

と予想しているのですが、この点については、「ひと昔前の」外務省ならば考えそうなことであることは間違いありません。

しかし、2019年7月19日をもって、韓国側は自称元徴用工問題で日韓請求権協定に基づく協議・仲裁に応じる義務の不履行が確定したわけであり、もって韓国は正式に「法律や条約を無視する無法国家」にクラスチェンジしました。

そして、日韓関係は「話し合いや日本の譲歩で何とかなる」という次元を終え、今や行き着くところに行くしかなくなったのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いつも当ウェブサイトで報告しているとおり、日本政府が取り得る選択肢は、次の2つしかありません。

  • ①日本が再び韓国の主張する歪んだ歴史観を全面的に受け入れ、韓国にひれ伏す。
  • ②日本が法と正義と国際秩序に従い、日韓関係をオープンベースで再定義する。

外務省や朝日新聞、日本共産党などが考えているのは①の選択肢でしょうが、これはもう日本国民が許しません。日本国民の意思を尊重するならば、②の選択肢しかあり得ないのです。当然、現在の日本政府・安倍政権のスタンスは②であり、これについては国民の大多数が支持していると考えて良いでしょう。

問題は、日本政府がこのまま②の選択肢を取った場合です。

この場合、韓国が現在のまま、捏造された歴史観に基づき「反省と謝罪」を日本に求め続けるならば、究極的には日韓関係は破綻します。日韓関係の破綻を防ぐためには、韓国の側が次の2つのことをしなければなりません。

  • 国際法や条約、約束をきちんと守る。
  • 歴史の捏造と日本に対するヘイトを止める。

韓国にこれができるかどうかは知りませんが、1つだけ確実に言えることがあるとすれば、いまやボールは韓国側にある、ということであり、日韓関係を破綻させるも修復させるも韓国側の一存にかかっているのです。

読者コメント一覧

  1. 阿野煮鱒 より:

    国際世論はおおむね「どっちもどっち」「泥仕合」になっているようです。日本政府の発表は意図的に無視して結論ありきで見ているように思えます。外務省の、不作為という名の売国でしょうか。

    それはそれとして、韓国の対抗措置に対して、日本は「影響なし」とか言わずに、被害者面すればいいのに、と思います。関連企業の株価に影響? 市場関係者は見抜くでしょう。KOSPIですら暴落はしていないのですから? 円の信頼に影響? 口先で円安に誘導できるのだからむしろ好都合では?

    というわけで、「あー、韓国の措置は困っちゃうなー、どーしよー」「ねー、国際社会のみんなー、韓国が日本のことを虐めるんだよー」「えーん、日本は被害者だよー」とやってみてはいかがでしょうか? 道徳的優位性を揺るがされる韓国としては不愉快な事態になります。

    1. 阿野煮鱒 より:

      自己レスで恐縮ですが、言ってる側からこれでした。

      —-
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000552-san-bus_all

      外務省幹部は「ボールが転がってきたからといってすぐに投げ返さない方がいい。国際社会に『日韓はどっちもどっち』と見られないようにしなければ」と冷静な対応に徹する考えを示した。
      —-

      すでに「どっちもどっち」だというのに、直ぐには動きません、とは… 仕事をしないための言い訳だけは上手な組織ですね。

      1. 名無し親父 より:

        当てにならない外務省はもう結構です。
        今回の日本の輸出管理厳格化は国内手順の管理変更ですから、韓国側も同じですね!、なので”日本政府として申し上げることはございません!”と、菅官房長官が一言おっしゃれば良いのになあと思っています。
        小手先で相手になるから韓国に利用される訳ですから。
        それよりも、ウオンの価値を下げて経済的に黙らせる事を優先して欲しいです。<みずほ銀行に麻生さん一言お願いします>

      2. 隠居爺 より:

        外交は外務省に任せてはいけない。これが私の持論です。

        ではどうするかというと、それぞれの問題について担当省庁が受け持つべきです。各省庁に外交部門を設置したらいいと思います。

        外務省の業務は、外国との儀礼的な交流や邦人保護など限られたことに絞り、実質的な外交をさせないようにするべきです。あまりにも害が大きすぎます。

        そもそも、採用の段階からしてお坊ちゃまを雇い過ぎですね。外交官を見ていると、一人ひとりがまるで天皇気分になっているように見えます。

  2. ボタンインコ より:

    いつもためになる記事をありがとうございます。
    今朝たまたまつけたテレビ(羽鳥アナの番組)でも、日本製品の不買運動によってこんなに被害が拡大中です!と不安を煽るような内容を放送していました。
    特に佐賀空港発着便を運休したことによる、佐賀県のインバウンドに大きな被害が出ている、大変だ!とのこと。
    しかし、外国人観光客の中での韓国人の内訳だけ示して「大変だ、こんなに減ってますよ!」と煽るものの、佐賀県へ訪れる日本人数には触れず、果たして佐賀県への観光客全体の中での韓国人観光客が占める割合はどの程度なのか全くわからずじまいでした。
    こうやって、煽るような情報だけを放送して「ほら、大変でしょう?だから韓国とは仲良くしなくちゃいけないんですよ!日本から歩み寄って仲直りした方が良いんですよ!」と国民を洗脳しようとする、いやらしいですね。
    私達国民は、新聞もテレビもラジオも、もちろんインターネットもですが、与えられる情報を鵜呑みにしないで取捨選択し考える力を一人ひとり身に付けなくてはならないなと思います。
    その国民の考えが、結局は選挙に繋がり政治に繋がるのですから。

    1. 国防動員法 より:

      テレビ朝日は、中立的なイメージを持つ羽鳥慎一氏使って、日本国民に色々と吹き込みたいようです。

      羽鳥慎一氏は明るい爽やかイメージとは裏腹に、かなり朝日的な思考の持ち主のようで、見ていて気分が悪くなる気持ちは共感できます。

      彼は彼なりに、吉田清治氏の慰安婦捏造記事のイメージが強い朝日系列、自分と近い思考を持つ朝日系列を助けようとしているのでしょう。

    2. 福岡在住者 より:

      ボタンインコ様

      >「大変だ、こんなに減ってますよ!」と煽る
      左派系メディアや辺真一氏ら在日コメンテーターがしつこく主張してますね。
      佐賀空港の件ですが立地場所が海のそばでバードストライクも多く、また便数も少ない事、到着後の交通手段がバスやタクシーに限られる事から圧倒的に福岡空港を利用する人が多いです。
      佐賀県の人と仕事で羽田に向かった事が数十回ありましたが佐賀空港を利用されたのは2名様だけでした。数年前地元発のニュースではタイのドラマ撮影を誘致した影響でタイからの観光局が増えていると伝えていました。福岡経由で進入してくる韓国人が多いので少し位減ってもニュースにはなりませんし、むしろもう少し減って欲しいと思っている人は私以外にも多数います。

      佐賀県の有田焼の里へ行くと中国の方が爆買や騒がしさでその存在感を発揮されていますが、そこでの韓国人の存在感はありません。 20歳代とかの方が多く落とすお金も日本人のそれよりはるかに少ないと言われています。

  3. 隠居爺 より:

    韓国との間で密室外交だけは避けるべきですね。それこそ韓国の思う壺だからです。

    今後日本の対韓国姿勢は一つしかないと思っています。それは、少しずつ距離を置いていくということです。いきなりの国交断絶は副作用が大きすぎます。安全保障上の問題もありますし、民間企業の取引もありますし、不穏なことになりかねません。

    ですから少しずつ距離を置くようにして、いつの間にか「韓国はずいぶん遠い国になったね」というように持っていったらいいかと思います。それでも韓国と付き合おうとする人は自己責任でということにするべきですね。

    もちろん、韓国は日本を金づるとして見ていますから、日本が距離を置こうとしてもそう簡単にはいかないと思います。なんだかんだ難癖をつけて、金を巻き上げようとするでしょう。韓国の目的はヤクザと同じで、あくまで金です。

    そこに負けないように、日本も戦略、戦術を磨いていく必要があるかと思います。絡んできたヤクザとどうやって縁を切るかというのは、カタギにはけっこう難しい問題でしょう。

    昔、職場の研修で警察か何かのビデオを見せられたことがありますが、ヤクザに対してはとにかく金を支払わないことが企業の鉄則とそのビデオでは強調していました。金にならないと分かればヤクザは離れていくということでした。

    1. 国防動員法 より:

      隠居爺 様

      >韓国との間で密室外交だけは避けるべきですね。それこそ韓国の思う壺だからです。

      外務省出身者が、あちこちのメディアで、「水面下で交渉し韓国と手を結ぶべきだ。今のような全てオープンにする方針は良くない」と吹いて回っています。

      押し切られないようにしないといけませんね。

    2. 韓国在住日本人 より:

       隠居爺 様

       日韓の外務省が会談を持つそうです。

       韓国の趙世暎外交部第1次官が16~17日ごろ、東南アジアで日本の秋葉剛男外務次官と会談することが14日までに分かった。

      http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/14/2019081480047.html

       また、韓国にやられるのかと思うと腹が立ちますね。

       駄文にて失礼します。

      1. 韓国在住日本人 より:

         自己レスですみません。

         どうやら会談は中止になったようです。

         https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=003&aid=0009400477

         駄文にて失礼します。

        1. 匿名 より:

          デスよね。
          いまあっても日本にはマイナスしかないですもんね。

        2. 国防動員法 より:

          水面下で変なことをしないように、国民が監視を続けることは重要だと思います。

          ネットが普及した現代社会では、変なことをすれば、すぐに広められるのですから、一昔前とは比べられない破壊力があります。

  4. 非野阿礼 より:

    >>究極的には核武装した『高麗連邦』の実現を阻止する

    当たり前の話しじゃないですか、だから韓国、自国の怪しい企業を少しでもコントロール出来るように今回したわけですよね、今のままで高麗連邦なんて輸出入ストップするのに出来るわけ有りませんわなと私は捉えます。

    >>日韓対立が続く中、米国はマイク・ポンペオ国務、エスパー国防両長官、ジョン・ボルトン大統領特別補佐官(国家安全保障担当)ら高官を東京、ソウルに次々と送り込んでいる。

    何も変化が無い様ですが、アメリカは韓国イランのでしょうかね、次回の米朝会談で道筋が決まるように思います。

  5. 椿三十郎 より:

    韓国絡みの場合日本の記者は政治部でしょう。経済には暗いと思います。

    今回の韓国側処置で困るのは「電気を使う工業製品」だと思います。法人の電気代が日本は高いんです。
    どなたかが仰いましたが「氷」は電気で冷やします。多くの石油製品も電気加熱でしょう。軽油なんかが地味に痛いです。ステンレス製品も電気。価格転嫁しにくい製品ですから。短期的には還付対象にすべきです。

    半導体は90日ルールという業界紳士協定があって、半導体メーカーは「90日前に発注すれば必ず全数納入する」というものです。よってクリスマス商戦や年末年始商戦用の製品に関する部品発注は6月に終わってますので、今すぐは困らないでしょう。
    台湾は結構ぱっつんぱっつんでこの頃までは増産は無理でしたが9月からは大丈夫そうだしMicronも増産体制に入ってます。東芝・WD連合にも頑張って欲しいです。

    1. 定年間近 より:

      実は、日本は軽油の輸出国です、どうしても余るんですよね。
      経産省石油統計速報 令和元年6月分
      軽油生産量:3,498,621Kl、軽油輸出量:764,822Kl、軽油輸入量:62,579Kl
      ちなみに、輸入のほとんどは韓国からのもので、輸入するのは福岡県とかです。

      1. 椿三十郎 より:

        定年間近殿

        ご意見ありがとうございます。

        加温を150度くらいに抑えても軽油は出来てしまうとエンジニアから聞いたことがあります。
        それらは輸出しかないんでしょうね。

        軽油はいろいろなランクがありますから博多港経由で最適地に搬送するんでしょうね。

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    共同通信の内田恭二記者は、親韓派か日韓関係を元の形に戻したい派か、いずれにせよ今の日本の
    対韓方針を全く理解しようとせず、日本が韓国に譲歩せよと遠回しに言っている気がしますね。さすがマスゴミさんだ(笑)。

    日本が韓国に輸出を許可した事も「日本の宥和政策と受け取られる」「日韓が事態打開の道を開き会談すれば道が開かれる」え!あり得ないでしょう。だから日本は制裁て言ってないでしょッ。

    どうせ明日は文キチがとんでもない事を愚民に発破をかけるんだから。再爆発させるようなもんです。私は韓国の方針には何も理解しませんね。

  7. 匿名 より:

    いつも思うんだけど、中央日報の記事は翻訳が下手くそ
    たぶん機械翻訳を手直ししているだけなんじゃないか
    しかもそれほど日本語をよく知らない人が手直ししている予感
    朝鮮日報の日本語版と比べても文章が稚拙で、ただでさえおかしな内容の記事がいっそう馬鹿げた印象になっている

    1. 韓国在住日本人 より:

       匿名 様

       >中央日報の記事は翻訳が下手くそ

       韓国の新聞の日本語訳は大学生のアルバイトです。ソウル外大、韓国外大、梨花女子大日本語学科の学生です。大学院生ではないので、レベルはおのずと知れています。

       正直な話し、高額な翻訳ソフトを持っていないと機械翻訳は正確性が落ちます。これは、今まで翻訳した内容をデータベース化するソフトですが、結構高価だそうです。

       また、日本語⇒韓国語の翻訳は漢字を含むため正答率が上がるのですが、韓国語⇒日本語の場合は落ちます。

       学生のバイト翻訳なので、その程度と思って記事を読むしかないです。

       駄文にて失礼します。

  8. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    以下、今後の予想です。

    ・韓国、DRAM輸出規制がオプションだと言い出す ←まだここ
    ・リスク軽減のためサプライチェーンの再構築に動き出す(日本だけにあらず)
    ・韓国企業だけ在庫一掃のタイミングが遅れる
    ・韓国企業が価格を抑えて挽回を狙う
    ・DRAM価格が落ちる

    ということで、DRAM価格が底を打つのが却って先延ばしになる可能性を見てます。

  9. もまも より:

    俗な表現ですが、「外務省はやることがダサい」という認識が巷の女子高生まで広がれば少しは動くようになるでしょうかね。
    まっとうな感性・道徳・倫理観のある人はそもそも周りから何も言う必要もないのですが、基本的に人はチャラくてふわふわしており、信念も「この考え方、行動をしていたらモテる/認められるよね」というようなファッションとして上辺に貼り付けている方が殆どだと思うので、あなたの纏っているファッションは、死ぬほどダサいですよと、社会全体で教えてあげないといけないと思います。

  10. ATD-X より:

    DRAMも規格に則ってインタフェースが決められていますので、割合早めの乗り換えの動きが出るでしょうね。
    現場のリスクと言えば他社(米国や台湾)に乗り換え時のプリント基板変更(一部)とタイミングデータの変更に伴う信頼性確認ぐらいと思います。
    多少コストも掛かりますが基板の変更を伴う場合それが恒久対策としてその後の生産で継続しますので、韓国からのDRAMの輸出規制は結局自国企業の首を絞めます。

    資材担当者や技術担当者から言えばそんなリスクのある部品を使って生産計画や販売計画に穴を空けると事業責任を株主や顧客から厳しく問われます。
    何より生産ラインを止める訳には行きませんから、韓国の日本を困らせてやろうと言う脅しのセリフはむしろ客離れを一層刺激します。
    売り上げに影響(お金)が出るとなるとみんな血相を変え人が変わりますよ。
    去年または今年の始めごろには既に経営層から現場指示が飛んでいたはずです。そういうことにかけてはみんな逃げ足は俊足です。まして現在メモリーも余っていますから尚更です。

    それ程サプライチェーンというのはお互いの信頼関係が極めて重要というのは皆様ご想像の通りと思います。

  11. よくわかってないジジイ より:

    一度でも輸出業務に携わった方ならわかりますが、輸出する側が膨大な書類を作らねばならないことです。かつ法律もホワイト国がBグループに変わったように省令類も頻繁に変わります。輸出品目が多いと本当に何がなんだか分からなくなってしまいますが、日本のメーカーさんは概して真面目なのできちんと書類を作ってくれるので乗り切れています。これが韓国から輸出となると書類を作るのは韓国業者なので、書類不備の為なかなか輸出できない事態は考えられます。
    日韓両国共に相手を非ホワイト国にした訳ですが、より輸出が滞るのは韓国のような気がします。また、日本の官吏はあまり個人で恣意的なことはせず淡々と審査するでしょうが、韓国側の官吏は上からの指示がなくとも故意に遅らせるようなことをやりかねません。なんせ反日無罪どころか英雄ですから。
    DRAM等への影響はあるかも知れません。

  12. 椿三十郎 より:

    入管する手順が変わったり、そのせいで購入先を変えたりするとビジネスマンの立場でもたくさん困ります。

    まず、契約書の作り直しです。せっかく弁護士を入れて法務にチェックを入れ作成したのがやり直し。
    今回の場合、納期の項目に付帯条件を付けて自社の利益を守らねばなりません。商談のやり直しになります。
    特に韓国側から売り込まれた商品が規制にあった場合は納期違反時の罰則規定を厳格に規定します。韓国政府が韓国企業とケンカしろと言っているようなものです。

    半導体の場合、調達先からある程度韓国を外しますのでデバイス変更するとデバッグのやり直しですので設計に拝み倒すしかありません。
    「終わったプロジェクトなんだけどメモリとストレージの変更があるんで申し訳ないけど開発キットのOPKかWDKか立ち上げなおしてOSメーカーなんかに再申請してくれない?」など普通では信じられない工程が多数発生し回路図、修理手順、修理部品の変更マニュアルを世界中の修理拠点に送付します。

    石油製品は国内製油設備の見直しが絡み大騒動になります。
    結構広範囲に面倒が起きますが、ここは頑張るしかありません。

  13. 団塊 より:

    >椿三十郎 様
    詳しいご説明を勝手に読んで『えぇ~』と驚き『ご教授ありがとう』と勝手に感謝…です。

    韓民国大統領が商売に口を出し
    『日本への半導体輸出を規制する』『いや規制は止めた』『やっぱり規制するわ』

    なって我が国の製造業は調達先 変更するほかなくなった(韓民国をはずす)。
    それが、どんなに大変か(実は分かってないんですが)技術的に極めて面倒で事務的にもなんとも厄介なことになるということだけは分かった。
    _我が国以外ならこんな面倒になるなら政治家に頼み政治的に恫喝してもらうか or 屈服するか のどちらかだが

    系の層が厚くその上世界一優秀、おまけに働くことが大好きときている我が国にこれをやっちゃたら ダメだよねぇ~
    我が国の企業は
    『じゃあ~いいわ』
    『売る気がないなら『韓民国のものは いらねぇ~や』
    『自分で作るわ』

    自分たちでなんとかしてしまう。当然、韓民国を遠ざけ買わなくなる。

    1. 椿三十郎 より:

      団塊殿

      半導体も組み立てもいまやほとんどが台湾です。
      韓国に依頼することはあまりないでしょう。
      台湾は有数の親日国です。

      海外で日本人に最も考え方が近いのはベトナム人です。
      国内各社はこのことを知ってますが、韓国も進出してますので
      これを何とかしたいですね。

      今、安倍政権は国を挙げて友好関係を構築中ですが、
      大型進出の前に電力開発が望まれるんですが。
       https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H7Z_S6A121C1000000/

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。