京アニ事件とマスコミ取材の二次被害が酷い

先週、京都アニメーション(京アニ)のスタジオがガソリンで放火され、多くの犠牲者が出るという、痛ましい事件が発生しました。これについて、京アニは先日、マスコミに対し、関係者に対する直接の取材等を控えてほしいという内容の報道発表を行っています。裏を返せば、「マスコミ取材」という名の二次被害が生じているということであり、こうした状況を見ると、本当にマスコミ産業関係者とは、「過去の失敗に学ばない」という特徴があるのだと思わざるを得ません。

京都アニメーションに心の底からお見舞い申し上げます

7月18日午前10時半ごろ、京都アニメーション(京アニ)のスタジオがガソリンで放火され、将来のある多くの方が犠牲になるという、悲惨な事件が発生しました。志半ばにして亡くなられた方々の無念を思うと本当に胸が張り裂けそうな気持になります。

ただひたすら、亡くなられた方々のご冥福と、負傷された方々のご快癒をお祈り申し上げるほかありませんし、被害者のご家族、ご親族の皆さまにおかれても、心の底からお見舞い申し上げたいと思います。

当ウェブサイトとしても、せめてもの協力として、「株式会社京都アニメーション支援金口座」のURLをお知らせしたいと思います(※ただし、転載許可は取っていませんので、有志の方はぜひ、直接、リンクを直接クリックしてアクセスしてください)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さらに、今回の放火事件は人的な被害もさることながら、日本のアニメ業界にとっても甚大な損失を与えました。

それだけではありません。事件の衝撃の大きさもさることながら、京アニの高いクオリティのアニメーションが全世界を魅了していたためでしょうか、世界中の主要メディアもこの事件を大きく取り上げました。

Kyoto Animation fire: Arson attack at Japan anime studio kills 33(2019/07/18付 BBCより)
Kyoto Animation, un éminent studio d’animation dévasté par un feu meurtrier(2019/07/18付 Le Mondeより)
Er zündete das Gebäude an und rief dabei: „Sterbt!“(2019/07/19付 WELTより)
Japan Fire Killed Mostly Women, at a Studio Known for Hiring Them(2019/07/19付 The New York Timesより)

全世界の反応を見ていても、とにかく京アニに対する追悼のコメントとともに、同社のアニメのファンが深く落胆している様子が見て取れます。

いずれにせよ、とにかく現在は亡くなられた方々の弔いが終わり、傷ついた方々が1日も早く快癒され、京アニが立ち直ることを、心の底から祈らざるを得ませんし、各自ができる範囲で関係者の皆さまを支援することに努めつつも、そっとしておくことが大事だと思います。

「マスコミの所業は許せない!」

こうしたなか、本日は1本の報道が目につきました。

京アニ、実名報道を控えるようメディアに申し入れ 「弔いが終わるまで、当社から犠牲者氏名は公表しない」(2019年07月26日 09時52分付 ITメディアニュースより)

ITメディアニュースによると、京アニは犠牲になった従業員の氏名については、遺族の意向を最優先にしつつ、弔いが終わるまでは同社から公表するつもりがないことにくわえ、警察とメディアに対して、実名報道を控えてもらうよう、書面で申し入れたとしています。

参考までに、京アニの報道発表の原文を読んでみると、次のようなくだりが確認できます。

当面の間、弊社、弊社社員及び弊社社員のご家族・ご親族、ご遺族及びご友人、弊社お取引先等に対する直接のご取材等はお控えいただきますよう、お願い申し上げます。

ということは、言い換えれば、マスコミは京アニの関係者や取引先などに対し、直接の取材を行うことで、犠牲者の方々の実名を入手しようとしていた、ということでしょうか?

無神経にもほどがあります。

さらに、先日はツイッター上で、こんなツイートを見かけました。

献花の前に、マスコミ各社が脚立を放置して、親族の方々に突撃取材をかませたのだそうです。

本当に残念というほかありません。毎日新聞、NHK、MBS、読売新聞、TBS、産経新聞の各社は、ただちに京アニに対し謝罪するとともに、自社の行動について検証番組なり、検証記事なりを書いて、読者・視聴者の批判を甘受すべきです。

何も学ばないマスコミ

さて、マスコミといえば、災害報道、事件報道での「やんちゃ行為」に定評があります。

以前、『罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性』のなかで、今年5月8日に大津市で発生した、保育園児を巻き込んだ交通事故を巡る報道についての話題を紹介したことがあります。

罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性

犠牲となった園児のご遺族がマスコミ関係者に対して送付した書面を紹介する際、その書面に含まれた「自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します」という下りを、多くのテレビ番組がわざと報じなかったという捏造事件が発生しています。

また、『なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり』でも紹介したとおり、5月28日に川崎市で発生した通り魔事件でも、TBSが学校側の会見を中継している際、マスコミに取材自粛を呼びかけている下りでわざと音声を絞ったという事件が発生しています。

なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり

さらには、昨年6月に発生した大阪北部地震では、共同通信の力丸将之(25)記者が震災で亡くなった方の居住するマンションに不法侵入し、マンションの理事から退去を命じられたという事件発生しています(『【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる』参照)。

繰り返されるマスコミ関係者による不祥事を見ていると、本当に彼らが何にも学ばない人たちだ、ということがよくわかるでしょう。

サルのように路上に座り込むマスコミ関係者

さて、今回の京アニに関連する一連のマスコミの取材姿勢を見ていて、「▼犠牲者を冒涜する、▼献花に訪れた方々の気持ちを踏みにじる、▼傷をえぐるように強引な取材をする」、といった姿勢はまったく変わっていないと思わざるを得ません。

そういえば、昨年6月には、秋葉原の通り魔事件から10周年を迎えた献花台の前で、マスコミ関係者が路上に座り込み、献花台を訪れた弔問客を妨害する、という行動を取っていたことがあります。

余談ですが、この献花台の前にだらしなく座り込むマスコミ関係者を見て、まったく関係ないツイートを思い出してしまったのはここだけの話です。

読者コメント一覧

  1. でもぼくはゴミで結構 より:

    「おまえらいい加減にしろよ」と憤って「正義感」でツイッターで画を揚げる。それも「マスゴミ」さんと同様の煽情行為でしょう。欲しいのが賞賛か金かの違い。それを商売にするかしないかの違いでしかない。

    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか?それは視聴者や読者が「ゴミ」だからです。受け手側がゴミでなくなれば、マスコミは「マスゴミ」でなくなるでしょう。自戒を込めてそう思います。

    1. 迷王星 より:

      >「おまえらいい加減にしろよ」と憤って「正義感」でツイッターで画を揚げる。それも「マスゴミ」さんと同様の煽情行為でしょう。

      全く違いますよ。それすら分からなくなるほど神経が麻痺してしまっているのかな?

      そういうツィッターへの画像・動画のアップは、マスコミがちゃんと報道しないマスコミ自身の問題ある実態、つまり実際に起こっている一つの事実を皆が知られるようにしているのです。つまり、これは事実の正しい「報道」ですよ。

      マスコミが「ゴミ」呼ばわりされるのは、事実を事実としてそのまま報道せず、自分らに都合の良い形に歪めたり場合によっては事実とは正反対の印象を与えるように印象操作するという、もはや報道ではなく単なるプロパガンダと堕しているからですよ。

      >受け手側がゴミでなくなれば、マスコミは「マスゴミ」でなくなるでしょう。

      おやまあ、責任を他人に押し付けて自分は悪くない、ですか。君は幼児並みの倫理観や精神年齢ですね。
      小学生でさえ高学年になれば自分の責任をちゃんと理解し意識できるようになるものだが、君はそれ未満だな。

      少なくとも自分らが「ゴミ」だという自覚があるならば、ゴミでなくなるように努力したまえ、大人ならば。

      大衆には確かに「ゴミ」と言われても仕方のない部分はある(自分で考えずマスゴミの扇動に簡単に乗せられてしまう部分が正にそうだ)が、大衆のほとんどは「間違った行為を反省し繰り返さない」という意味で君みたいな本物のゴミよりは遥かにマシだよ。例えばマスゴミに扇動されてあの地獄の民主党政権を産み出したことを反省したからこそ、安倍政権に不満があっても選挙では民主党の末裔共に投票するのはとても少数であり続けている。これは君が「ゴミ」呼ばわりする受け手、つまり日本の大衆のほとんどが過去の間違いを反省し行動を改められることの立派な証明だ。

      ところが、君は相変わらず受け手がゴミであるのが原因であって自分らマスゴミには一義的な責任はない、と主張し続けている。

      君のようなマスゴミ関係者と大衆とどちらがよりゴミなのか?
      大衆は反省し行動を改める、だが君はいつまでもその大衆をゴミ呼ばわりして己の行動を反省し改めようとしない。

      答えは明らかだ。
      君こそが本物のゴミなのだ。自分らがゴミを垂れ流し続けている自覚はありながら、あくまでもその責任は自分らでなく他者(受け手)にあると強弁し反省も行動も改めもせず開き直るしか能のない君こそが、社会のゴミなのだ。そしてゴミは遠からず捨てられて焼却炉で灰にされて社会から消え去るのみ。

    2. 隠居爺 より:

      脚立の高さが各社揃っているような気がします。

      抜け駆けしないように申し合わせがあるんでしょうね。脚立の高さは〇〇cm以下とする、みたいな。
      ひょっとして、メーカー名と品番まで指定されていたりして(笑)

      ちょっと余計なことで申し訳ありません。

    3. 無学な老人 より:

      >それは視聴者や読者が「ゴミ」だからです。受け手側がゴミでなくなれば、マスコミは「マスゴミ」でなくなるでしょう。

      違法薬物の売人「それは購入者・使用者が「薬物依存症」だからです。購入者・使用者側が依存症でなくなれば、私も売人でなくなるでしょう。」

      1. 匿名 より:

        その通りですよね?w

        そもそも買う人がいなかったら、売る人の商売は成り立たないのでは?

        1. 名無し親父 より:

          ”でもぼくはゴミで結構様”の論調、隣国の方なのでしょうか?
          朝日や毎日+NHKあたりの関係者でしょうかね。

        2. 通りすがり より:

          論点のすり替えですね。
          どちらか一方を悪にして、自分の正当性を主張(自分は悪くないと)しても多くの人には受け入れられないと思います。

          買う方も売る方も悪いと思いますが。

          今回の報道で当てはめるのなら、報道する側もそれを求める側もNGなのではないでしょうか。
          また、あえて言うのなれば、それを求めるのが個人なのに対して、報道側は企業ですから、個人と非価格して社会的な責任を求められるのはおかしな事ではないでしょうか。

          読者側もモラルが必要だと思いますが、情報を提供する側はさらに高いモラルを求められる。

    4. 烏帽子 より:

      求める者の欲求を叶えるためにマスコミは暴走する、それを嗜めるための写真撮影をもマスコミと同様に欲求を叶えているに過ぎないとのお考えは、他者を批判する一方で他者の批判を受け入れないマスコミの姿勢を良く示しておられるようにお見受けします。ましてマスコミに批判的な写真を示す者の動機を賞賛を得るためとのご意見は理解し難いところです。

      仮にマスコミが十分に自浄作用を持つなら、かように写真を上げての批判を受けるまでに至らないでしょう。なぜならマスコミが起こした不調法を自らが批判的に論じておれば本記事に掲載されている写真の如き事態の繰り返しは自戒により当然に抑止されると考えるためです。

      マスコミの不調法の問題を解決する方策として、視聴者や読者、受け手側がゴミでなくなれば良いとのご意見は、そもそも問題を生じせしめている自戒なきマスコミの責をすりかえているのではないでしょうか。私は貴方様のこの論法に関し、批判されたとき、互いに問題があると表明する行為に極めて近似を示しているように感じるのです。

      1. 八咫烏 より:

        >でもぼくはゴミで結構

        ゴミにクズと言う事ですか
        あわれな人だ

    5. 匿名 より:

      「受け手がゴミでなくなればマスゴミでなくなる」「でも僕はゴミで結構」
      これ責任転嫁と開き直りでしょ。自戒はどこにもないよ

      1. でもぼくはゴミで結構 より:

        お尋ねします。被害者の実名、写真、卒アル。遺族のコメント。あなたは見たいですか?

        ぼくは見たい。ゴミですから。下世話な事が大好きです。煽情的な事も劣情を催すことも好きです。でもその取材をするなら、遺族にも(もしかして)良識のある皆さんにもゴミ呼ばわりされながら記者は取材しなければならないでしょう。

        もちろん見たくない人もいるでしょう。遺族感情を慮れよと一方でぼくも思います。もし自分が取材される立場ならゴミのぼくでも抗議します。そんなものなのです。だからこそ自戒すべきだと思います。開き直りでしょうか?責任?転嫁なんかしてませんよ?むしろ責任なら下世話な読者である我々にこそあると言っているのです。

        ところで上記の情報をあなたは知りたくはありませんか?
        知りたいと思う人が一定数いるからこそマスゴミになっているのです。

        お断りしておきますが、ぼくは業界の関係者ではありません。

        1. 迷王星 より:

          >ぼくは見たい。ゴミですから。

          被害者や被害者遺族に人権があることを理解できないのかな?

          流石は社会のゴミ、人間のクズですね。

          法律に基づかない限り、誰も他人の権利を侵害する自由などない。
          被害者やその遺族にはプライバシーという自己の権利を侵害されることを拒否する権利がある。
          他人のその権利を尊重する者だけが社会で自分の権利を主張できる。

          犯罪被害者人権保護法でも制定して、マスコミの被害者あるいはその遺族への取材は本人側が書面で取材を求める意思表示した場合を除き原則禁止にし、違反した場合には記者個人には刑事罰、所属企業(報道機関、出版社)には一定期間の営業(報道活動)停止処分を行えるようにすべきですね。

          率直に言って、誰が殺されたか、誰が強姦されたかは、自分の身内や知り合いでない限り、どうでも良い。名前など知りたいと思わないし顔写真を見たいとも思わない。しかし誰が殺したか、誰が強姦したかは、のちのち危険人物を回避する上で絶対に必要な情報だから強く知りたい。殺人・傷害・性犯罪を犯した人間の再犯率は未だ犯したことのない人間が今後それら犯罪を犯す率よりも遥かに高いからね。

          だから、君のような自他ともに認めるゴミの実名・住所・顔写真も知りたいですよ、のちのちゴミを間違って踏むという不愉快を予め回避するためには。

        2. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

          需要と供給の話と、人に迷惑を掛けるな、というのは違う話では。
          同様に、知りたいかという話と、人に迷惑を掛けてでも報道して欲しいか、というのも違う話。
          さらに偏向しているとなれば、人に迷惑かけてまで偏向報道するなんて、けしからんとしか思いません。

        3. 匿名 より:

          いやだから同意を求めるなよ。我々じゃなく「自分のせい」と言い切れよ
          お前のせいなんだから。そこから逃げるなよ

        4. 墺を見倣え より:

          > お尋ねします。被害者の実名、写真、卒アル。遺族のコメント。あなたは見たいですか?

          そんな処に全く関心は無い。多くの一般人が知りたがっているのは、

          1)NHKの取材日時等の情報が犯人に漏れていたか?
          2)NHKのディレクターは、犯行日時等を予め知っていたか?
          3)犯人がネットカフェでしていた事は、本当に京アニの下調べか? 誰かから指令を受けていたという事はないのか?
          4)犯行に必要な資金はどこから出ているのか?

          等々の、マスゴミ各社が「報道しない自由を満喫」している部分、または、「現状知らないから報道していないだけで、例え知ったとしても、報道しない自由を満喫する予定」な部分でしょ。

          どうも事件を、生活保護男の単独犯に矮小化しようとしている匂いがする。

        5. 立ち寄り人 より:

          貴方はマスゴミ関係者でしょうか?それほど実名等個人情報を欲するならばまずは貴方自身の実名住所を公開してください。自称ゴミなので希望通りでしょうか。読んでいて自己満足臭とコピーライター臭を感じますよ。

    6. すまないさん より:

      取材・報道方法が間違っているし、それを加工(偏向・歪曲)して流すからゴミと呼ばれるんですよね。
      自浄作用も無いからたちが悪い、そういったあり方を正したいと思うのは間違えていないと思います。

      事件であれば、いつ・どこで・何が起こって・どういう状況なのかを知りたくなると思います。
      しかし、被害者の個人情報や事故直後の身内のコメントって必要ですか?
      現場に張り込んで、弔いに来る人にいきなり取材する必要はあるのですか?
      取材者が放送される優越感に浸ってるだけじゃないでしょうか。

      天災や事件・事故のたび繰り返し同じように周りの迷惑を気にせず
      使命感に駆られて取材してるのは、不快でしかありません。

      それぞれの裁量ではなく、ルールをしっかりと決める必要があると思います。
      でもぼくはゴミで結構さんも取材責めにされたら考えが変わるかと思います。

      @個人攻撃的な記載や匿名記載は紳士的では無いと少し感じております。
       理性的・建設的な議論に期待しております。
      以上です。

    7. なんちゃん より:

      報道は世の人々が真実を知るためにあると思います。
      既存のマスコミも、弊害もあるものの不十分ながらその機能を多少は果たしています。

      今回ツイッターに挙げた人々は、マスコミの実態という真実を世に流しています。

      どちらも、私にとっては貴重な情報です。
      それを知らない人々にとっても貴重でしょう。
      それを流した人に、賞賛を得るためという別の動機があったとしても、私からするとwin-winなので、全然かまいません。

      私としては、情報源が多いほうが、判断材料が増えるんで、圧倒的に価値があると思います。

      情報発信者が気持ちよくなって満足することが許せず、情報発信そのもの否定するってのが、いかにもケツの穴が小さい発想だと思います。

      まさに、情報の受け手の問題です。

    8. 匿名 より:

      小学生の頃、一人掃除をサボってる奴が「どーせお前らほめられたくてやってるだけだろ」と言い放ち、
      みんなしばらくぽかーんとしてたけど結局「いいから働け」と怒鳴りつけてやらせてたのを思い出したw
       
      アクセス数が増えるといろんな人が来ますね。夏休みですしね。

    9. じゃん より:

      >でもぼくはゴミで結構
       典型的な…であるならば、この方は二度とおいでにはならないでしょう。
       「書き捨て」が彼らの性なのですから。

  2. NANASHI より:

    ほんの一ヶ月前の大阪府吹田市の交番前で警察官が刺されて拳銃が強奪された事件で同様のことを実施し、各社以降は気をつけると言っているのですが….

    カエルのツラに…
    馬の耳に…

    https://www.j-cast.com/2019/06/20360548.html?p=all

    NHK大阪放送局の広報部は20日、取材に対して次のように回答した。

    「カメラマンは、撮影場所の確保にあたって、歩行者の通行の妨げにならないよう、歩道を避ける形でご指摘の場所に脚立を置きました。警察から要請があり、別の場所に移動させましたが、近隣の方にご迷惑をおかけすることになり、申し訳ありませんでした。これまでも撮影にあたっては、通行等の妨げや近隣の皆様のご迷惑にならないよう指導を進めてきましたが、さらに徹底してまいります」

    毎日放送の広報部は19日、次のように取材に説明した。

    「芝生部分が立入り禁止という認識なく入ってしまいましたが、ご指摘を受け撮影機材を撤去いたしました。ご指摘いただいた方には地域の方々のお気持ちを害することになったことを謝罪するとともに、以後このようなことがないよう十分に気を付けるとお伝えしました。また、撮影担当者全員にご指摘いただいたことを共有するとともに、脚立を放置するなど現場で迷惑となる行為は厳に慎むよう改めて注意を促しました」

  3. りょうちん より:

    「公道での三脚・脚立禁止」って道交法を改正すべきですね。
    三脚・脚立代わりの人員の雇用も生まれてイイですよ。

  4. くろらぶ より:

    報道とは、真実を伝えることです。
    献花スペースを俯瞰カメラで固定録画、ネットでリアルタイムで流しましょう!
    それを見た人が判断すれば良いのです。

  5. 阿野煮鱒 より:

    私は、報道機関に対して「真実」を求めるのは危険だと思います。なぜなら「真実」には主観が含まれるからです。

    一方「事実」は客観的に認められる事項です。ただし、「群盲象を撫ず」の寓話にあるように、象が平べったいものだとか縄のように細いものだとか言う「事実」は、物事の全体像を捉えているとは限りません。

    ま、この辺りのことはこの↓サイトのまとめ方がわかりやすいと思います。
    https://chigai-allguide.com/事実と真実/

    ここ↑に掲載されている画像を、「男装の麗人」が「男の娘」の太ももを撫でていると想像するのが私は大好きです。

    それはさておき、報道機関に「真実」を求めると言うことは、報道機関のフィルターを通した主観を受け入れることになります。現在の「マスゴミ」の主観など百害あって一利なしです。それならばいっそ、パズルのピースの断片情報だけもらって、全体像は自分で組み立てたいと「私は」思います。

    1. 七味 より:

      阿野煮鱒様

      >全体像は自分で組み立てたいと「私は」思います。
      あたしは自分だけではくみたてらんないので、いろんな人のお話を聞きたいと思うのです♪

  6. 立ち寄り人 より:

    毎日の更新お疲れ様です。マスゴミは相も変わらず、いや腐敗海化してますね。インフォメーションとインテリジェンスの区別が出来ないのは情報に関わる組織として末期的です。

  7. 名無Uさん より:

    自分は『涼宮ハルヒの憂鬱』という作品が特別に好きだったため、京アニには通常とは異なる思い入れがあります。
    そういう思い入れは極力排さなくてはならないでしょうが、世界各国には自分と同じような思い入れがある方が多いのもわかる気がします。
    BBCやCNNのように『日本の至宝』とまで持ち上げる気はありませんが、日本の大きな宝の存在であったことは間違いないでしょう。

    この件は安倍総理が事件の全容解明のために、公安に徹底捜査の指示を出しています。
    これは自分の直感でしかないのですが、この件は公安でも手に余るのではないのかと予感しています。
    何故なら、日本の国家公安委員会の設立は1947年まで遡り、戦勝連合国の占領下の意図で設置されたことが明白だからです。公安はNHKや朝日新聞(もっと言えば、BBCやCNN、NYT)などと同じ側の組織なのです。
    もし、NHKが日本に不満を持つ外部勢力と結託し、ホームグロウンテロリストを稼働させたのならば、事の次第は明らかにはできないでしょう。
    迷宮入りという形を取らせないために、だいぶ時間が経ってから、中核派や関西生コンの破壊活動のせいにしてくるような気がしますね…
    その時は、日韓間(日朝間)で戦争を選択する覚悟がついた時でしょう…
    また、日韓間で戦争をさせる踏ん切りを付けさせるために、メディアは工作を仕掛けているのだとも深読みができます。そしてメディアが共犯者と疑われないために、わざわざ『日本の至宝』と持ち上げている気配すら感じます…

    1. 名無Uさん より:

      追記。
      ≫TBSだけ目立ってるのも不公平なので、全部社名晒しときます。
      左から順に、毎日新聞、NHK、MBS、読売新聞、TBS、産経新聞。

      何かが欠けていますよね…
      そう、朝日新聞がいません。画竜点睛を欠く、というものです。
      ここでは、『朝日新聞は犯人ではありません』というアリバイ作りを感じますね。
      朝日新聞のボスであるBBCやCNNが『京アニは日本の至宝』と持ち上げているのに、ボスに迷惑をかけてはいけません…(笑)

  8. 七味 より:

    痛ましい事件・事故の取材は、原因や対策を考察することによって、同じような事件・事故の再発を防ぎ、被害を減ずるために必要 (`・∀・´)エッヘン!!

    とかいう立派な心がけを見たことがあります♪
    でも、戸締まりはしっかりしましょうとか、犯人を実行に走らせた心の闇はみんなが持ってる、以上の対策って出てきたことがあるのかな? 
    あと、事件直後くらいは静かにしてあげて欲しいのです♪

  9. 七味 より:

    読者・視聴者が求めてるってのを言い訳にするなら、それは需給に基づく商売なのです。であれば、国民の代表とか言わないで欲しいのです♪

  10. NANASHI より:

    恥ってなんですかっていうマスゴミ

    https://twitter.com/kyodonewsosaka/status/1157208293195935744

    死者に鞭打つってこのことでしょうか

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。