共同通信は金曜日、「大学3年生全員を対象にした授業評価制度を始める」と報じましたが、これに対して法政大学の山口二郎教授がご自身のツイッターに、「楽して単位を取りたい学生に評価者の立場を与えれば、教育は崩壊する」などとして、これを批判する書き込みを投稿されました。ただ、冷静にいろいろ調べていくと、どうも山口教授の授業は学生からの評価が非常に高く、なかには「楽をして単位が取れる」という評価もあるようです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「大学授業の評価調査」、開始へ?

共同通信によると、大学3年生全員を対象とした「授業評価調査」が行われるそうです。

大学3年生全員を対象に授業評価調査(2019/6/13 18:16付 共同通信より)

といっても、共同通信のこの記事では情報源などが明らかにされておらず、また、記事本文に「対象は60万人前後」とありますが、これは「評価をする学生が60万人前後」なのか、「評価をされる教授・講師が60万人前後」なのか、「評価する側・される側の関係者が60万人前後」なのかもわかりません。

(ま、常識的に考えれば「評価をする学生が60万人前後」、という意味なのだとは思いますが…。)

ここでは、この共同通信の報道を、私なりにこう解釈したいと思います。

  • 文部科学省はわが国の大学に通う3年生全員を対象に、自身が受講している授業の担当者(教授、准教授、講師、助教、助手など)に関しての満足度調査を来年度から実施する
  • 調査結果は学部別にすべて実名で公表される

(※ただし、これは私が記事の文脈から勝手に解釈したものであり、事実と異なっている可能性がありますので、ご注意ください。)

これを、どう考えるべきでしょうか。

自身の経験

大学教授は「象牙の塔」に閉じこもる?

はじめにお断りしておきますが、私自身は現在、大学に通う学生でもなければ、大学で講師を務めているわけでもありませんので、現在の大学の事情にはあまり詳しくありません。

私が大学生だった頃は、今から二十数年前のことであり、現在とまったく事情が異なっているでしょうし、そんな自分自身の体験を基に議論することは少々危険だという点も、重々承知しているつもりです。

ただ、あえてそのことを承知の上で、自分自身の体験を少々申し上げたいと思います。

私が大学に入学したときは、大学の受験勉強を終えたばかりで、バリバリ、勉強をやる気になっていました。

しかし、実際に授業に出てみたら、必修科目の授業で教授が喋っている内容が聞き取り辛いという場合も多く、また、正直、なにを言っているのかよくわからない教授もいて、非常に困惑してしまいました。

もちろん、高校時代までと異なり、大学とは「自主的に学ぶ場」ですので、統一的で整合的なカリキュラムが存在しないことは仕方のないことですが、しかし、大学教授のなかには、毎年まったく同じノートを読み上げているだけの御仁も多く、さらには学生に対して理不尽に高圧的な姿勢で接する人もいました。

もちろん、学生側も評判の良い教授の授業は好んで選択しますし(レポートや試験が多いにも関わらず、人気のある教授もいました)、そうでない教授の授業は誰も出なくなりますが、それでも「受講者数が少ない」ことを理由にクビになる教授はいませんでした。(現在はどうなのでしょうか?)

端的に言えば、当時、明らかにレベルが低い授業もたくさん行われており、かつ、低レベルな授業を繰り返す教授を排除する仕組みが大学には存在していなかったのです。

また、私自身も大学時代にはさまざまな授業を取ったものの、大部分はまったく役に立たず、結局、現在に活きている「大学時代の勉強らしい勉強」といえば、UNIXと政治思想史くらいなものです。

実務家となれば感覚が違ってくる?

自分自身の話をもう少し続けますと、現在、私は「ウェブ評論家」を名乗りつつ、本業を所持しているのですが、これらの専門知識やスキルは、あくまでも大学教育で身に着けたものではありません。

国家Ⅰ種試験と公認会計士第二次試験を受験した際の猛烈な詰め込み学習と、実社会に出て働きながら実務的に身につけたものです(※試験名称はいずれも当時のもの)。

こうしたなか、実務家となって気付いたのですが、やはり勉強をするためには2つの視点が必要です。

1つ目は、「とにかくその勉強が必要だからやる」、という視点です。これは「目的意識」と言い換えても良いかもしれません。

たとえば、会社に入れば電子メールやエクセル、ワードやパワポ、アクセスといったオフィス系のソフトウェアの使い方を学ばなければなりませんし、名刺交換を含めたさまざまなビジネススキルを身につけて行かねばなりません。

人によっては海外子会社に赴任しなければならないケースだってあるでしょうし、その場合は語学をこなさなければなりません。つまり、興味があろうがなかろうが、「仕事で必要だからこそ学ぶ」、ということです。

また、日常生活でも、自分自身の資産をうまく運用するためには、最低限、株式や投資信託、保険などのことを勉強した方が良いですし、債券やデリバティブの世界になれば、偏微分など、最低限の数学的な素養も求められます。

さらに、子供が生まれれば各種手当や保育園、幼稚園、学校などのことを勉強しなければなりませんし、親御さんがご健在なら、介護制度や老健制度などについても勉強しなければならないかもしれません。

純粋に「知的好奇心」を楽しむ

ただ、実際に自分が実務家となって、もう1つ気付いた視点があります。

それは、「知的好奇心を刺激することの楽しさ」です。

たとえば、一見すると無味乾燥な経済学の理論も、財務省が増税原理主義に基づき強引な消費税の引き上げを行うための詭弁を論破するうえで、非常に役に立ちます。また、資金循環統計などの統計データも、「データの上できちんと裏付けたうえで、財務省やマスコミの詭弁を見抜く」という意味があります。

また、経済学を初めとするさまざまな理論を学び直し、経済基本統計を自分で調べ、いくつかの仮説を立ててそれらの仮説を検証するなどの作業を行えば、「新たな発見」を得ることもできるでしょう。

さらに、このインターネット時代ならではの特徴があるとすれば、その気になれば、自分自身で研究した結果をウェブサイトで発表することもできますし、それらに対してさまざまな人からのコメントを頂き、ブラッシュアップしていくこともできる、という点です。

人間の能力には限界がありますから、よっぽどの天才でもない限り、森羅万象に関する理論をたった1人で組み立てる、などということはできません。

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を以前からご愛読頂いている方ならご存知だと思いますが、当ウェブサイトで提示している考え方には穴が多く、ツッコミどころもたくさんありますし、未来予測も外してばかりです(笑)。

しかし、インターネット空間を活用し、より多くの人々から「知的好奇心を刺激されて楽しい」と思っていただけるようなテーマを投げかければ、そのことによって、1つの仮説に対して数多くの人々の批判的検証を得ることができ、結果的に理論のレベルを高めることができるのです。

実際、当ウェブサイトで提示している考え方のなかには、それなりに多くの方々から「参考になる」とご好評をいただいているものも多数ありますが、これは結局、私が1人で考えたものではなく、読者の皆さまのお知恵をお借りして編み出したものだという言い方ができるでしょう。

(※余談ですが、当ウェブサイトでは、コメントガイドラインに反しない限り、批判コメントも含めてすべてのコメントを自由としているのですが、これには「活発な議論を通じて考え方を洗練させていく」、という狙いもあるのです。)

いずれにせよ、こういう勉強は楽しいものです。

(広告・スポンサーリンク)



知的好奇心は素晴らしい!

法政大学・山口二郎教授のツイート

さて、冒頭に挙げた「大学授業の評価調査」について、法政大学の山口二郎教授がご自身のツイッターで、

この調査は、すべての大学生が自らの知的関心のみに照らして授業を正当に評価するというありえない前提に基づいている。楽して単位取りたい学生に評価者の立場を与えれば、教育は崩壊する。

と、強く批判されています。

あえて山口教授の気持ちを忖度(そんたく)して申し上げるならば、これは、「大学生のなかには楽して単位を取りたいという安易な考え方の者が一定数含まれている」、という山口教授なりの問題意識があるのでしょう。

そして、そのような安易な考え方の学生に評価されるようになれば、大学教授のなかにも、学生に阿(おもね)って「楽をして単位を与えようとする」という者が出てくるかもしれず、そうなれば良質な授業を提供しようとする大学教授が駆逐され、教育が崩壊してしまう、といったことでしょうか。

山口教授、じつは学生からは大評判?

山口教授といえば「反アベ」界隈ではちょっとした有名人ですが、正直、このツイートを読んだ第一印象を申し上げると、「ちょっと学生をバカにし過ぎじゃないか」、と感じてしまいました。

また、山口教授のツイートに対する人々の反応を読んでみても、「自分は他人を批判するのが好きなくせに、他人から批判されるのを嫌がるのか?」、「自身の科研費疑惑について説明するのが先じゃないか」、といった批判的コメントが非常に多かったようです。

自分自身の経験に照らして、学生時代には本当に授業がつまらない教授がたくさんいましたし、そうした経験から、「この人物も旧態依然としたつまらない授業をしていて、しかも単位を厳しくしているがために、学生から嫌われているに違いない」と思ってしまったのです。

ただ、大学教授の評価は、べつに文部科学省が音頭を取らなくても、すでに実施されているものがあります。それが、『Rakuten みんなのキャンパス』というウェブサイトです(※ただし、内容を閲覧するためには、楽天へのユーザー登録などが必要です)。

そして、このサイトで山口二郎氏が学生から「どう評価されている」のかを調べてみたのですが、意外なことに、非常に高い評価を受けているようなのです。閲覧したのは山口教授が受け持っているコマのうち、「行政学」という授業です。

以下に学生の声を紹介しておきましょう。

  • 非常に興味深い。有名な教授であり、面白い。
  • テスト範囲を事前に教えてくれるので、テスト前に解答できるように用意しておけば大丈夫。
  • 出席もレポートもなく、テストが後期の1回だけなのでかなり楽。
  • 先生は左翼活動家なので、言うことをあんまり鵜呑みにしないように。批判的思考は大事です。
  • 反自民+反安倍の立ち位置から、かなり左に偏った政治思想を講義するだけの楽な授業。反日活動家を育てることが開講目的のよう。単位はラクに取れるが、この授業を真に受けると社会で浮くこと間違いなし。
  • 基本的に先生が話していくのをノートに取る。板書もちょくちょくある。プリント配布や教科書、パワポ等は一切使わない。テストは2題の論述で50点ずつ。1題は事前に教えてもらえる。もう1題は~~を説明せよみたいなシンプルなもの。
  • 年間講義で全30回。行政学を指定教科書に基づきつつ、先生独自の視点でゆっくりと解説。出席は取らない。試験評価は、前期にレポート課題、後期に試験がある。後期の試験は、私の時は論述2問であったが内1問は直前期のいずれかの日に問題を教えてくれる。その1問をきちんと書けばCは確実で、前期のレポート課題は救済として使われている可能性がある。要するに、指定教科書を買って言われた問題をそれを元に事前に考えれば単位は取れる。
  • 話は面白い、野党の味方山口二郎さんのお話が聞ける。

…。

いかがでしょうか?

授業内容に対して批判めいた書き込みもありますが、これらの書き込みの共通点は、「話も面白いしわりと簡単に単位もくれる」という点にあります。複数の人がこうした回答を寄せているということは、実際、山口教授の授業は現役の学生からは非常に高く評価されていると考えてよいでしょう。

もっとも、「出席を取らない」「試験は後期に1回だけ」「前期のレポートは救済目的」といった評価を眺めていると、山口教授の「行政学」の授業とは、山口教授ご自身が批判した、いわゆる「楽をして単位を取れる科目」の特徴そのものなのではないか、という気がしますが…(笑)。

大学の授業とは「教えてもらうもの」ではない!

ただ、そもそも論として、大学というのは義務教育ではありませんし、高校生までにありがちな、「教科書に書いてある内容を無批判にそのまま教えてもらう」というものでもありません。大学の教育を活用するためには、自主的に知的好奇心を発揮しつつ、ときとして批判的に学ぶ姿勢が重要です。

そして、「知的好奇心」を刺激するという意味では、自身とはまったく違う考え方の極論に触れてみるのも良いことです。

あくまでも先ほどのサイトの評価を読む限り、山口教授の場合は「反アベ」という点で一貫しているようであり、学生はそのような視点から安倍政権批判を聞かされるということですが、学生も盲目的ではありませんから、山口教授の話を聞きながら、「何が正解」なのかを自分で考えるのではないでしょうか。

実際、山口教授はテレビのコメンテーターなども務めていらっしゃるようですし、「話が面白い」という評価が非常に多いようです(話している内容が正しいかどうかは別として)。

かくいう私自身、大学時代にはかなり「極左的」な教授から政治思想を学んだのですが、この教授はマルクス経済学を信奉していて、朝日新聞のことを「クオリティ・ペーパー」だと本気で信じていた人物でもあります(※ちなみに私はその教授からはA評価を頂きました)。

ただ、こうしたエッセンスが現在の自分にも確実に生きていて、「共産主義者はこういう局面でどういう思考をするのか」という点を想像する際には、とても役に立っているのです。

いずれにせよ、現在の大学生の皆さんは、ご自身の知的好奇心を刺激する手段として、また、自分の将来の方向性を探る手段として、大学という場をうまく利用すれば良いのだと思います。

文部科学行政は別問題

もっとも、私自身は日本の大学教育が優れているとはまったく考えていません。

理系の基礎研究の場合、ノーベル賞受賞者を続々と輩出していますが、とくに経済学の分野では「ノーベル経済学賞」の受賞者は皆無ですし、「日本の最高学府」とされる東京大学法学部出身者などで構成される財務官僚が、増税原理主義で国の方向性を誤らせていることは深刻な問題です。

また、文部科学省自体、少女買春疑惑がもたれている人物でもあり、違法天下り斡旋などを堂々と行っていた前川喜平氏が事務次官にまで登り詰めてしまうような組織ですから、問題がないとはいえません。

さらにいえば、「もりかけ問題」とは、「安倍晋三氏が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的友人が経営する学校法人に対し、違法な便宜を供与した疑い」のことですが、その実態は、証拠も何もないくせに、マスコミや野党が印象だけで「アベが怪しい!」と大騒ぎした問題だと言い換えても良いでしょう。

そして、このうちの加計学園「問題」については、そもそも「問題」ですらありません。

というのも、文部科学省自身が獣医学部の新設を禁止していた行政そのものが、違法だからです(『加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう!』参照)。

加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう!

また、最近だと、文部科学省は東京の大学で学生の定員を抑制しようとするバカげた方針を打ち出していますし、「吉田統彦(つねひこ)問題」についてもまったく片付いていません。

こうした事情を踏まえ、当ウェブサイトとしても、いずれ大学や文部科学行政のさまざまな問題点について、議論して行きたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/07(土) (52コメント)
  • 2019/12/07 10:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たGSOMIA騒動既視感 (39コメント)
  • 2019/12/07 05:00 【数字で読む日本経済
    韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11コメント)
  • 2019/12/06 15:15 【時事
    韓国メディアの「逆ギレ」と北朝鮮の突然の体制崩壊 (36コメント)
  • 2019/12/06 11:40 【時事|外交
    米政府が中東への兵力増派を示唆 (6コメント)
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (59コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (26コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (25コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (28コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (26コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (24コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (49コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (38コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (117コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (97コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)
  • 2019/11/20 06:00 【韓国崩壊
    土曜日以降の焦点はGSOMIA破棄より米韓同盟消滅 (41コメント)
  • 2019/11/20 05:00 【数字で読む日本経済
    外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (13コメント)
  • 2019/11/19 18:30 【時事|外交
    安倍総理を「度量が狭い」と決めつける人物が知日派? (42コメント)
  • 2019/11/19 14:00 【時事|国内政治
    史上最長の安倍政権、次なる焦点は「来年8月24日」 (22コメント)
  • 2019/11/19 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国「韓日が水面下で協議」、「米国が対日圧力」 (28コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」 (50コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【数字で読む日本経済
    「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (13コメント)
  • 2019/11/18 15:30 【マスメディア論|時事
    NHKの肥大化を巡る東洋経済の特集記事に対する雑感 (25コメント)
  • 2019/11/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張 (41コメント)
  • 2019/11/18 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA消滅目前で韓国メディアから悲鳴が上がる (52コメント)
  • 2019/11/18 05:00 【数字で読む日本経済
    欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (15コメント)
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (46コメント)
  • 2019/11/17 06:00 【韓国崩壊|国内政治
    GSOMIA問題は「省益の抑え込み」に成功した好例 (46コメント)
  • 2019/11/17 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4コメント)
  • 2019/11/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/16(土) (135コメント)
  • 2019/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか (99コメント)
  • 2019/11/16 05:00 【数字で読む日本経済
    日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (13コメント)
  • 2019/11/15 17:15 【時事|外交
    マイケル・グリーン氏、「日本が譲歩すべき」の無責任 (38コメント)
  • 2019/11/15 14:15 【時事|国内政治
    五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵 (66コメント)
  • 2019/11/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「自称元徴用工側が2+2基金を初提案へ」 (22コメント)
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (33コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (42コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。