昨日、『二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる』のなかで、速報的にお伝えしたとおり、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に事実誤認も甚だしい記事が掲載されました。ただ、最近の韓国メディアの報道を眺めていると、「米中が対立している局面では、わざと米中双方に対し態度をあいまいにすべきだ」だの、「日本に対しては過去を糾弾し、未来協力を目指すツートラックを推し進めるべきだ」だのといった主張が平然と繰り返されています。韓国にとって「耳の痛い忠告」をする人がいないからでしょう。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中央日報記事の事実誤認が酷い

昨日、『二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる』で「速報」的にお伝えしたとおり、私の「愛読紙」(?)である韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、なかなか意味不明な記事が掲載されていました。

日本は二股外交で生きる道を模索中…韓国はまだ「対策検討」(2019年06月11日07時27分付 中央日報日本語版より)

タイトルでわかるとおり、「日本は二股外交を繰り広げている」、という指摘です。

記事はダラダラと長いのですが、早い話が、

韓国は米中貿易戦争の余波を大きく受ける立場にあるが、米中双方に対し中立を守ろうとしていると、米中双方から制裁を喰らう

という内容のことを延々主張しているものです。

そのうえで、中央日報は

難局を解決するカギは、米国に対して同盟国であることを再確認させると同時に、中国からの負担を最小化する緻密な両強外交だ

と述べているのですが、米国に対して同盟国であることの義務を果そうとしなかった韓国が、いまさら米国に「同盟国ですよね?」と擦り寄ったところで、手遅れではないか、という気もします。

ただ、なぜこの記事を取り上げたのかといえば、中央日報は安倍総理について、「合計30回、約15時間に達する電話協議」を「トランプのご機嫌取り外交」と侮辱したうえで、次のように述べているからです。

韓国が米中の間で右往左往している間に、日本は米中の二股外交を駆使して成果を出している。安倍晋三首相は12日、イランを2泊3日間の日程で訪問する。「イラン核合意」問題で対立している米国とイランの間の仲裁者としての訪問だが、それだけトランプ大統領の信頼の深さを示している。2017年1月のトランプ大統領の就任以降、両首脳は合計10回、22時間45分間の首脳会談を行った。

誠に失礼ながら、大手メディアでありながら、ここまで本質が見えていない記事も珍しいと思ってしまいます。さらに、

東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)領土紛争にまで高まっていた日中関係はほぼ正常化した。中国の一帯一路(新シルクロード戦略)事業に対して米国が快く思っていないにもかかわらず、昨年10月の安倍首相訪中時に同事業への参加を約束した。

という下りは、明らかな事実誤認であり、正直、「話にならない」というレベルです。

米中二股外交とは?

「二股外交」、そもそも韓国の専売特許だ

ただ、この「二股外交」という単語を聞いて、私が真っ先に思い出すのは、日本ではなく、韓国の行動です。

当ウェブサイトでは以前から公言しているとおり、私自身は日本経済新聞社元編集委員にして日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の大ファンであり、同氏が旧『日経ビジネスオンライン』に連載されていた『早読み深読み朝鮮半島』シリーズについては欠かさず読んでいたクチです。

鈴置氏の提唱した用語には非常に秀逸なものが多いのですが、その1つが「米中二股外交」です。これは、朴槿恵(ぼく・きんけい)前韓国大統領が、米国の同盟国という立場にありながら、中国に擦り寄った外交のことをわかりやすく表現した用語です。

実際に朴槿恵氏が韓国大統領として在任中に何をやったのか、思いつくままに列挙しておきます。

  • ①2013年2月に大統領に就任後、最初の外遊先に選んだのは米国だったが、2番目の外遊先に選んだのは中国だった。
  • ②その後も中国とは頻繁に首脳会談を実施する一方、米国を通じて事実上の「三角同盟」という関係にある日本の安倍晋三総理大臣とは首脳会談から逃げ回り、初めてそれが実現したのは2014年3月、バラク・オバマ米大統領(当時)を交えた3者で行った日米韓首脳会談だった。
  • ③中国が国際開発銀行である「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)の設立を主導した際、米国の反対を振り切ってAIIBへの参加を表明した。
  • ④2015年9月に中国・天安門で開かれた「抗日戦勝利70周年軍事パレード」に、国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状を請求されているスーダンのバシール大統領を含めた名だたる独裁者らと並んで天安門に上り、写真に納まった。

…、といった具合に、朴槿恵政権下の韓国は、「親中・反日」を基調としながらも、米国とは明らかに距離を置いたのです。

また、米国が韓国に対して求めていた高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の配備を含め、日米韓3ヵ国の軍事連携を巡っても、朴槿恵氏は「日本が慰安婦問題などの歴史問題で頑なな姿勢を取っている」ことを理由として、非常に消極的でした。

日本に対しても「猛烈な反日外交」

やや本論から外れますが、「米中二股外交」と並ぶ朴槿恵政権時代の特徴といえば、猛烈な反日外交でしょう。

韓国の反日がとくに先鋭化したのが2015年ですが、同年前半の動きをざっとおさらいしておきましょう。

2015年になにがあったのか?
  • 3月6日…韓国国会の鄭義和(てい・ぎわ)議長、安倍総理の米上下両院合同演説を阻止するために訪米し、米下院議長に「慰安婦謝罪しない安倍に演説の資格なし」と訴える
  • 4月22日…安倍総理、バンドン会議60周年記念式典で演説して万雷の拍手を受ける。同日、韓国外交省当局者、バンドン記念演説で安倍総理のお詫び発言がなかったことについて「深い遺憾の意」を表明
  • 4月29日…安倍総理、連邦議会上下両院合同会議で演説(いわゆる「希望の演説」)
  • 4月30日…韓国政府・与野党が安倍総理の米議会演説を一斉に批判
  • 5月6日…韓国国会議長、安倍総理に日韓関係改善の努力を期待するのは「愚かなこと」と発言
  • 5月12日…韓国国会、本会議で「反省のない安倍糾弾決議案」を採択
  • 5月中…尹炳世(いん・へいせい)外交部長官、「日本の世界遺産登録を全力で阻止する」と表明。6月以降、尹長官自身がユネスコ議長国のドイツを訪問し、韓国の立場に支持を求めたほか、外交統一委員会に所属する国会議員らが、日韓いずれを支持するかの態度を表明していない4ヵ国(ペルー、コロンビア、カザフスタン、クロアチア)を訪問し、登録反対の意見を直接伝える
  • 6月21日…尹外交部長が訪日、岸田文雄外相と「世界遺産登録で相互に協力」と表明
  • 7月5日…佐藤地(さとう・くに)ユネスコ大使がユネスコ諮問機関の勧告に「真摯に対応する」と表明。それを条件に世界遺産登録決定

(【出所】当時の報道等をベースに著者調べ。なお、肩書はいずれも当時)

安倍政権が「日韓慰安婦合意」を韓国との間で形成したのは、2015年12月28日のことでしたが、これもおそらく、米国からは「日米韓3ヵ国連携を妨げている」として、慰安婦問題を解決すべきとの強い圧力が日米両国に働いた結果でしょう。

私個人的には、この慰安婦問題にはさまざまな問題があったと考えていますが、少なくとも日韓慰安婦合意以降、THAAD配備と日韓包括軍事情報保護協定(GSOMIA)締結が実現していることからも、最大の目的は韓国を中国から日米陣営に引き戻すことにあったことは間違いありません。

米中二股外交の何が間違っているのか?

余談はこのくらいにして、本論に戻りましょう。

韓国国内では「米中双方に良い顔をする二股外交」のことを、聞こえが良いように「米中等距離外交」などと称しているようですが、彼らはその外交スタンスの何が間違っているのかについて、根本から理解していないフシがあります。

では、米中二股外交のいったい何が問題なのでしょうか?

最大の問題点は、「韓国にとって米国は同盟国であり、中国は同盟国ではない」、という点にあります。

同盟国であるならば、お互いに相手国のためになるように努力する義務を負っているはずなのですが、韓国の場合は権利ばかり主張して義務を果たそうとしません。たとえば、米国に国土を守ってもらっていながら、米国の世界戦略「自由で開かれたインド太平洋」にも参加していないのです。

そればかりか、朴槿恵政権は同盟相手ではない中国に近付き、同盟相手ではない中国が求めてきた「THAAD配備中止」という意向を尊重していますし、その結果、THAADはいまだに正式配備されていない状況が続いています。

また、朴槿恵政権が倒れたあとに成立した文在寅(ぶん・ざいいん)政権下でも、過去に中国に対して「三不の誓い」なるものを表明しています。

この「三不の誓い」とは、

  • 米国のミサイル防衛システム(MD)に参加しない
  • 高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の追加配備を検討しない
  • 「日米韓3ヵ国軍事同盟」に参加しない

というものであり(『「三不協定」の衝撃:米韓同盟崩壊が視野に入った』参照)、康京和(こう・きょうわ)韓国外交部長官(※外相に相当)が2017年10月30日に韓国国会・外交統一委員会の国政監査の場で明らかにしたものです。

韓国外交長官「韓日米軍事同盟はない…来月の韓中首脳会談を推進」(2017年10月31日08時02分付 中央日報日本語版より)

つまり、韓国の魂胆は「米国との同盟関係を維持したままで、あわよくば中国とも同盟国に準じて仲良くお付き合いしましょう」、という点にあり、米国とは同盟国としての義務を果たさずに権利だけ主張するという姿勢ですので、まさに「二股外交」と呼ぶのがふさわしいでしょう。

(広告・スポンサーリンク)



米中双方を敵に回す韓国

米国がいつまでも韓国に我慢するとも思えない

もっとも、現在の文在寅政権の対中姿勢を、朴槿恵政権時代のような「親中」と見るのは尚早です。

文在寅氏は親北派であり、極左的な政治志向を有しているとみられますが、だからといって親中とは限りません。私に言わせれば、文在寅氏の究極の目的は「大韓民国を北朝鮮の将軍様に献上すること」にあり、中国とはあえて積極的に親しくしようとしているようにも見えません。

ただ、極端な親北派である文在寅政権にとっても、中国様のご意向は怖いものらしく、文在寅政権が中国を公然と批判することもありませんし、米国が中国の華為(ファーウェイ)の排除を打ち出したときも、韓国としてはこれに協力するかどうか、態度をあいまいにしたままです。

また、先ほど「韓国の外交の特徴は米中二股外交だ」という話題に触れましたが、「中国」を「北朝鮮」に置き換えたら、そのまま文在寅政権が過去2年間でやってきたこと(韓国が米国と北朝鮮の「仲介者」として振る舞おうとしたこと)につながります。

米国にとってみれば、多大なコストを払って韓国を防衛してやっているにも関わらず、韓国は米国の敵対国である中国や北朝鮮に良い顔ばかりしていて、米国の利益になるようなことをしてくれません。

米国がいつまでも韓国に我慢するとは思えず、いずれは当ウェブサイトで「推薦図書」として何度も紹介して来た私の愛読書『米韓同盟消滅』でも指摘するとおり、米韓同盟は遅かれ早かれ解消されると見るのが正解でしょう。

二股外交は「二股相手」からも激怒される

一方、二股外交は、一般に「二股をかけている相手」からも激怒されるというオチがつくのが関の山です。

昨日、『「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国』のなかで、韓国が日米中3ヵ国に加え、北朝鮮からも報復を受ける可能性に怯えている、という話題を紹介しました。

「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国

ただ、これも考えてみれば、当然すぎる話です。

米中両国が厳しく対立している局面では、米国、中国ともに、お互いの陣営に入るように求めるのは当然のことです。

とくに、米国は韓国の軍事同盟相手国ですので、同盟で守ってやっている相手国である韓国が、自国ではなく、仮想敵国である中国の言うことを聞くという状況は許せません。

一方、中国から見れば、韓国から大量にモノを輸入してやっている相手国であり(※韓国にとっては中国が最大の輸出相手国です)、その「最大の得意先」である自国ではなく、米国の言うことを聞くという状況は許せません。

よって、必然的に、韓国としては米中両国を激怒させてしまうのです。

困った話は、これだけではありません。

米国には、「韓国のことが気に入らなければ米韓同盟を破棄する」という選択肢がありますし、中国には、「韓国のことが気に入らなければ中韓貿易戦争を仕掛ける」という選択肢があります。

結局のところ、軍事的には米国に、貿易的には中国に、それぞれ深く依存してしまった韓国が、米中両国に詰め寄られて右往左往している、というのが現状の韓国外交の姿なのです。

(なお、この議論は「米国」を「日本」に、「中国」を「北朝鮮」に変えても、まったく同じように成り立つ場合もありますが、この点についてはまたどこか近いうちに議論したいと思います。)

「耳の痛い忠告」:手遅れだが、あえて韓国に苦言を呈しましょう

韓国メディアからは、韓国が「米中間でわざと立場を曖昧にすべきだ」だの、「日本にツートラックでアプローチすべきだ」だのといった、「その場しのぎのご都合主義」論が堂々と展開されているのですが、あえて韓国のために、耳の痛い忠告、あるいは苦言を呈しておきたいと思います。

古今東西、どんな国であっても、究極的な目的はまったく同じです。

それは、「平和と繁栄」です。

平和を達成する手段は「戦争を起こさないこと」であり、戦争を起こさないためにはしっかりと自国を防衛する体制が必要です。憲法に「犯罪禁止」と書いても犯罪を撲滅できないのと同様、「戦争禁止」と書いても戦争を撲滅することはできません(『憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた』参照)。

そして、繁栄するためには正しい経済政策を採用しなければなりませんし、自由貿易を愛する諸国と交易するのがいちばん手っ取り早い方法です。

さて、韓国さん。

中国とお付き合いすることで、平和になりますか?繁栄できますか?

北朝鮮とお付き合いすることで、平和になりますか?繁栄できますか?

どの国とお付き合いするのが、貴国にとってもっとも効率的に「平和と繁栄」を達成できるのか。自国にもっとも脅威をもたらす国を敵視せず、自国にもっとも脅威をもたらさない国を敵視することを続けるのが、本当に貴国にとっての国益なのか、今いちどじっくりと考えて見られることをお勧めしたいと思います。

もっとも、今さらそれに気付いたところで「手遅れ」という可能性は濃厚ですが…。

信頼されているからこそのイラン訪問

さて、私自身は、まさか現在進行形で「二股外交」を繰り広げている韓国のメディアから「日本の外交は二股外交だ」と言われるとは思っておらず、冒頭に紹介した中央日報の記事には、非常に新鮮な衝撃を受けてしまいました。

ただ、別に日本の場合は二股外交とはいえません。

日米同盟を基軸にして、米国とのあいだでしっかりと同盟の義務を果たし、米国から信頼されているからこそ、中国を初めとするさまざまな国とも、対等に話し合えるのです。

以上を踏まえて、イランの話題にも触れておきましょう。

安倍晋三総理大臣は、本日からイランを訪問しますが、以前から報告しているとおり、あくまでも私自身の理解では、これには次のような意義があります。

  • イランと北朝鮮の密接な結び付きにくさびを打ち込む
  • 米国の同盟国という立場から米・イラン間の仲を取り持つ
  • 中東地域の安定化を目指す

このうち、イランと北朝鮮の結びつきについては、コリア・ウォッチャーのあいだではなかば常識のようなものだそうですが(『鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる』参照)、安倍総理は北朝鮮の非核化という目的のためには、イラン訪問を「しなければならない」事情があるのです。

米・イラン間の仲を取り持つというのは容易な話ではありませんが、少なくとも両国の対話の端緒を開くことができれば儲けものでしょう(ある方がメールで「米・イラン開戦を防げれば上出来」「それにより空母を北朝鮮に回せる」と教えてくださいましたが、これについてもまったくそのとおりだと思います)。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/06 15:00 【時事|金融
    「新興市場国債の価格上昇」を素直に喜んで良いものか (1コメント)
  • 2020/06/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/06(土) (27コメント)
  • 2020/06/06 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人「韓国さん、お達者で!」 (42コメント)
  • 2020/06/06 05:00 【韓国崩壊
    「誤った社説」を利用して作成した対韓輸出管理Q&A (26コメント)
  • 2020/06/05 12:00 【金融
    米ドルFIMA為替スワップ残高一覧20200604 (5コメント)
  • 2020/06/05 10:45 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体と徴用工団体などの内紛が発生している模様 (19コメント)
  • 2020/06/05 08:00 【マスメディア論
    劣化著しいマスメディア ポストコロナはSNS時代に (20コメント)
  • 2020/06/05 05:00 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は結果的に経済制裁の予行演習となった (25コメント)
  • 2020/06/04 14:00 【時事|外交
    茂木外相「習近平氏訪日日程、具体的調整段階にない」 (44コメント)
  • 2020/06/04 11:00 【時事|外交
    天安門事件から31年 日本に対し恩を仇で返した中国 (37コメント)
  • 2020/06/04 08:00 【マスメディア論
    「国民激怒」?勝手に国民の声を代弁しないでください (27コメント)
  • 2020/06/04 05:00 【韓国崩壊
    日本企業の在韓資産売却がいまだ実現しないのはなぜか (53コメント)
  • 2020/06/03 21:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】テレ朝「8月上旬にも韓国で資産の現金化へ」 (11コメント)
  • 2020/06/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/03(水) (116コメント)
  • 2020/06/03 11:11 【時事|韓国崩壊
    ウォンと韓国外貨準備の不自然な動きは為替介入の証拠 (23コメント)
  • 2020/06/03 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対する輸出管理はむしろ「厳格化」もあり得る! (38コメント)
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (26コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (24コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (43コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (8コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (26コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (39コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (46コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (83コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (46コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (44コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (55コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。