「粉飾決算」という言葉があります。これは、わかりやすくいえば「儲かってもいないくせに儲かっている」「財政状態が不健全なのにあたかも健全である」かのごとく決算書を発表する行為のことです。わが国の場合、上場会社がこれをやれば金融商品取引法違反であり、犯罪とされているのですが、外国では必ずしもそうではないようです。それを読み解くカギが、「インチキ会計基準」であるIFRSと「トレーディング商品」にあるように思えてなりません。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーマン危機とIFRS

2008年の金融危機とIFRS9

知られると不都合な事実とは、こういうことをいうのでしょうか?

2008年9月、米国の大手投資銀行の一角を占めていたリーマン・ブラザーズが経営破綻し、これにより国際的な金融危機が発生しました(これをわが国では「リーマン・ショック」と呼ぶことが多いようです)。

ただ、この「リーマン・ショック」は、本来の震源地である米国よりも、むしろ、欧州に対して深刻な打撃を与えました。なぜなら、当時の欧州の金融機関は、普通の商業銀行でありながら、「証券化ビジネス」など、リスクの高いビジネスに深く関与していたからです。

欧州諸国は当時から「四半期決算」が一般的でしたが、このままで2008年9月期決算をすれば、どの金融機関も巨額の損失計上を余儀なくされる、という事態に追い込まれていたのです。

これが日本の場合だと、決算をごまかせば、後日、厳しい刑事罰が待っていますし、ごまかさずに決算をすれば巨額の損失を余儀なくされ、銀行等の金融機関は「自己資本比率」が8%を割り込んで業務停止処分を喰らうおそれもあります。

ところが、欧州の場合、まったく事情が異なりました。

何と、彼らは「会計基準そのもの」を歪めることで、決算を乗り切ったのです。

英フィナンシャル・タイムス(FT)は2008年10月31日付の記事で、ある欧州系金融機関(※といってもタイトルでばれてしまいますが…)が、会計基準の変更により、最大250億ユーロ(当時の為替相場で324億ドル相当額)の損失計上を免れたと報じられています。

Accounting changes aid Deutsche Bank profits(2008/10/31付 FTオンラインより)

これは、国際的な会計基準を策定する団体「国際会計基準審議会」(IASB)が金融商品会計基準である「IAS39」を突如として改定し、これにより、銀行等が保有する、時価が暴落した不良資産を「塩漬け」にすることを容認する、きわめて恣意的なルール変更のことを指しています。

保有目的区分とは?

ここで重要な概念が、「保有目的区分」です。

日本の会計基準だと、企業が保有する運用目的の有価証券は「売買目的有価証券」、「満期保有目的の債券」、「その他有価証券」の3つに区分することが必要です(※)。

(※ただし、有価証券にはほかにも「子会社・関連会社株式」という区分もありますし、また、保険業の場合は「責任準備金対応債券」という区分がありますが、これらの区分の説明については割愛します)。

こうした区分については、基本的に当時はIFRS(IAS39)も米国基準もまったく同じでした。

IFRSでは、「トレーディング」、「満期保有目的投資・債権」、「売却可能資産」と呼ばれていたのですが、基本的には会計処理は日本と同じです。

図表1 保有目的区分(2008年当時)
日本基準IFRS会計処理
売買目的有価証券トレーディングFVPL
満期保有目的の債券満期保有目的投資・債権償却原価法
その他有価証券売却可能資産FVOCI

(【出所】著者作成)

ここで、「FV」とは “fair value” 、つまり「時価」のことを意味していて、「PL」とは「損益計算書」、「OCI」とは「包括利益計算書(純資産直入)」のことです(詳しい内容については割愛します)。

そして、「売買目的有価証券」(IFRSでいう「トレーディング」)で保有する資産は、毎期、時価(FV)評価をしたうえで「PL処理」(時価変動を毎期の損益として処理すること)をしなければなりません。

早い話が、リーマン・ショックで時価が急落した資産をしこたまトレーディングで持っていて、このままだと巨額の損失計上を余儀なくされる、という状態ですね。

一方で、「満期保有目的の債券」、「満期保有目的投資・債権」の区分で保有する金融商品については、そもそも時価評価自体が必要ありません。そこで、トレーディング資産を時価評価の不要な満期保有目的投資・債権の区分に振り替えたことにすれば、時価評価逃れが出来てしまいます。

しかし、そんなことをしたら、粉飾決算であり、違法です。そこで、IASBがやったことといえば、それを「合法化すること」だったのです。

これぞまさに、合法的粉飾決算の極みでしょう。先ほどの英FTの記事によれば、

  • トレーディングで保有していた金融商品については、そのままだと巨額の損失計上が不可避だった
  • そこでIASBは急遽、デュープロセスを無視して、トレーディングで保有する金融商品を、2008年6月末に遡ってその時点の時価で振り替えたことにして良いことにした
  • その結果、●●銀行は最大で250億ユーロもの巨額損失の計上を免れた(※●●には実名が入ります)

ということが記載されているのです。

問題は、それだけではありません。

IASBはその後、2009年11月には「IFRS9」という、「粉飾決算」に悪用されかねない、史上最悪レベルの会計基準を公表。欧州連合(EU)当局からしばしば突っ返されるという醜態をさらしました(ただし2018年1月から強制適用開始)。

こうした事件があったことからも、私は、IFRSにより作成されている欧州系金融機関の決算書については一切信頼できないと考えています。

国際決済銀行(BIS)は「欧州金融機関のリスク」を問題視

ただ、金融機関の場合、金融商品会計だけでなく、もう1つの重要な規制を受けています。

それが「銀行自己資本比率規制」です。

これは、銀行等の金融機関に対して一定水準以上の自己資本を持っておくことを義務付ける規制のことで、計算式は次のとおりです。

自己資本比率=自己資本÷リスク・アセット

ここで、自己資本比率を高めようと思えば、自己資本を増やすか、リスク・アセットを減らすか、そのいずれかしかありません。ところが、欧州系の金融機関が、この「リスク・アセット」の金額を過小に見積もっているとの疑惑が、以前から出ています。

議論の前提は、自己資本比率を計算する際の、「標準的手法」と「内部格付手法」の2つの方式です。簡単にいえば、

  • 標準的手法…金融機関が持っている資産などに対し、あらかじめ決められている「リスク・ウェイト」を掛け合わせて加重平均して「リスク・アセット」を計算する方法
  • 内部格付手法…金融機関が独自に統計などを取り、内部で格付を付与することで、自分たちで計算上のパラメーターを決めて「リスク・アセット」を計算する方法

のことです。

世の中の大部分の銀行などは「標準的手法」を使うことが一般的ですが、「高度なリスク管理を行っている」とされる金融機関は、当局承認(日本の場合は金融庁の承認)を得た場合だけ、内部格付手法を使ってリスク・アセットを計算することができます。

そして、標準的手法と内部格付手法でどのくらい、リスク・アセットに差が出るかといえば、極端なケースでは2~3倍の開きが出ることもあるようです(※このあたりの情報源については伏せます)。

この「リスク・アセット」の計算方式は国際的に共通しているのですが、これを策定しているのが、スイス連邦・バーゼル市内に本部が置かれた国際決済銀行(BIS)に事務局を持つバーゼル銀行監督委員会(BCBS)です。

少し古いデータですが、2013年7月にBCBSが公表したレポートによれば、日本、米国、欧州の金融機関を比べてみたときに、欧州の金融機関は最大で自己資本比率を2%以上嵩上げしている可能性があることがわかっています。

Regulatory Consistency Assessment Programme (RCAP) – Analysis of risk-weighted assets for credit risk in the banking book(2013年7月付 BCBSウェブサイトより)

リンク先記事のP8によれば、欧州の中で最も酷い銀行は、2.2%程度、自己資本比率を嵩上げしているとされていますが、これはリスク・アセットを計算する際のパラメーターを不当にいじって、リスク・アセットを低く抑えているという疑惑ですね。

なお、この資料はBCBSが公表しているものであり、どなたにでも読めます(※ただし英語ですが)。

共通通貨の欠点

自力で危機を乗り切った日本

では、金融危機が発生した場合、諸国はどうやってそれを乗り切ったのでしょうか?

例えば日本の場合、1990年代には「住専問題」に端を発する金融機関の経営危機が表面化。大手都市銀行は合併を余儀なくされ、いくつかの銀行には公的資金が注入され、中には経営者が刑事訴追されるなどしたケースもありました。

また、銀行再編の過程で、多くの融資先企業なども、経営再編に加え、民事再生法や会社更生法の適用申請を余儀なくされたケースは多数あります(※このあたりは私自身も駆け出し会計士時代に最前線で経験しました)。

ただ、日本の場合、1つの特徴があるとすれば、「国際的な支援を全く受けずに、自力で金融危機を乗り切った」ことです。

結局、今から20年以上前に20社以上存在していた大手金融機関(都銀10社、信託銀行5社、長信銀3行)はわずか5グループ(三菱UFJ、みずほ、三井住友、りそな、三井住友信託)に集約されてしまいました(図表2)。

図表2 20年間で日本の銀行はどうなったのか?
区分1998年3月2018年3月
都市銀行105
地方銀行6464
第二地銀6441
信託銀行74
長信銀30
合計148116

(【出所】全銀協データより著者作成)

金融危機の事例は欧州に集中

しかし、ここで1つ、重要な事実があります。

ドイツを含めた欧州諸国では、銀行が経営難に陥ったとしても、政府が銀行を救済することは難しい、ということです。2008年の金融危機では、ユーロ圏を含め欧州各国が国際社会からの支援を受けましたが(図表3)、その理由は、その国の金融当局が外貨・共通通貨を調達できなかったからです。

図表3 日本と欧州の金融危機の比較
経緯結論
日本1990年代の住専危機や長信銀の経営破綻、2000年代の不良債権問題などが相次いで噴出した最終的にはいくつかの金融機関グループの経営破綻も経て、外国の支援なしに日本は自力で解決した
アイスランド英国などの外国人から預かった預金を外債投資などに投資するというシンプルなビジネスモデルで巨額の預金を集めたものの、2008年に国内3つの銀行が相次いで経営危機に陥ったGDPの数倍という巨額の債務を抱え、自国で金融機関の経営破綻処理をすることができず、最終的にはIMFなどの国際社会からの支援を受けた
アイルランド国内の銀行の経営危機を受け、2009年にアイルランド政府が資本注入を行おうとした同国はユーロ加盟国でもあり、単独での資本注入ができず、EU、ECB、IMF(トロイカ)からの支援を受けた
スペイン国内の貯蓄銀行(カーハ)が巨額の住宅ローンの焦げ付きを抱え、相次いで経営危機に陥った2012年に国際社会からの支援を受けながら、カーハを7行に集約する経営再編を行った
キプロスロシアなどからの「オフショア預金先」として人気があったが、大手銀行の預金の払い戻しができなくなった2013年に国際社会からの支援を受けながら、預金の払い戻しを凍結するなどした

(【出所】著者作成)

政府が銀行救済できないのが欧州諸国

ここでよくわかるのは、2000年代の金融危機は大部分が欧州に集中している、ということです。

とくに、アイスランドを除けば、いずれの国も危機が表面化した時点でユーロ圏に属していたという共通点があります。欧州といえば「先進国」というイメージがありますが、その「先進国」であるはずの欧州に、ここまで危機が集中する理由は何でしょうか?

その最大の理由は、ユーロという通貨の構造的な欠陥にあります。

たとえば、ある国において政府が一時的に巨額の財政支出を余儀なくされるとき、一般的には特別法により国債などを発行して対応するはずですし、一時的に国債発行残高が増えた場合に、中央銀行はその国債を市中から購入するなどして金利の急騰を防ぐ仕組みがあります。

しかし、ユーロ圏の場合、中央銀行である欧州中央銀行(ECB)がどこの国にも属しておらず、かつ、特定国の国債の発行残高が急増したときに、ECBがその国の国債を市中から購入する、という仕組みもありません。

とくにユーロ圏共通財務省の創設に対してはドイツが強硬に反対していているのですが、日本などでは普通にできることが、ユーロ圏では実施できないというのは、非常に重要なポイントでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ユーロ圏発の金融危機?

こうした状況で、ドイツで銀行の経営危機が表面化してしまうと、果たしてどうなるのでしょうか?

おそらく、ドイツ政府には銀行救済などできません。怖いのは、「インチキ会計基準」であるIFRSを使っている欧州で、金融機関が不良債権をしこたま抱え込んでいる状態が長引いている中、ドイツ政府が問題の先送りを続けていることではないかと思います。

  • ドイツを含めた欧州の金融機関は、インチキ会計基準であるIFRS9のもとで損失を隠している可能性が高い
  • 仮にユーロ圏で金融機関の経営破綻が再発した場合、ユーロ圏各国政府にそれを救済する能力はない

ちなみに、この状態はべつに今に始まったものではありません。

ユーロ圏独特の問題は、2008年の時点ですでに生じていて、彼らはその抜本的解決から目をそむけ、逃げ続けてきたのです。その意味で、ひとえにこの問題はユーロ圏が自ら解決しなければならないはずのものですが、彼ら(とくにメルケル)にそれを解決する意思や能力があるのかは疑問です。

そして、ユーロ圏発の金融危機は、彼らに事態収拾能力がないという意味で、非常に長引きます(欧州債務危機がその典型例です)が、下手をすればリーマン・ショックなどをはるかに上回る危機が世界経済に襲い掛かることも考えなければならないでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、先日紹介した『髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」』のなかで、財務省の「増税プロパガンダ」がコロコロ変遷してきたという話題を紹介しました。

そのなかでも傑作なのが、「大震災リスクがあるからこそ、日本は今のうちに消費増税でそれに備えるべきだ」、とする理屈です(※このロジックは朝日新聞の原真人編集委員が口にしたところ、髙橋洋一氏からその場で完膚なきまでに叩き潰されたという代物でもあります)。

ただ、その理屈が通るならば、「将来、金融危機の危険性があるのなら、日本は今のうちに消費減税と財政出動をしておかねばならない」、という理屈も通るはずであり、「少なくとも日本は財務省のプロパガンダに乗せられて消費税の税率を上げて良い局面ではない」、ともいえるのではないでしょうか。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/20 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係が新たな時代を迎えたことを、素直に歓迎したい (3コメント)
  • 2019/06/19 22:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】火に油を注ぐ、韓国政府の厚顔無恥な提案 (12コメント)
  • 2019/06/19 16:45 【時事|韓国崩壊
    日本が第3項措置を通告 これに対し韓国は周回遅れの様相 (41コメント)
  • 2019/06/19 10:30 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続の「次の議論」とは、韓国の経済的焦土化? (15コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|外交
    習近平の行動は安倍総理というフィルターを通せばよくわかる (14コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    順調に無法国家と化す韓国 このままだと国交の維持も困難に (8コメント)
  • 2019/06/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日列車」、正しくは「破局に向かって突き進め」、では? (39コメント)
  • 2019/06/18 11:00 【時事|金融
    基本に立ち返る:消費税と財務省の、いったい何が問題なのか (15コメント)
  • 2019/06/18 10:00 【マスメディア論|時事
    「上級国民論」と、なぜか詳しく報じられないNHK職員逮捕 (11コメント)
  • 2019/06/18 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「食い逃げ外交」、そろそろ年貢の納めどき (31コメント)
  • 2019/06/17 12:30 【時事|外交
    資料:「日韓請求権協定第3条」の原文と解説 (28コメント)
  • 2019/06/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    マトモな議員にとって、韓国の政治家と会うこと自体がリスク (24コメント)
  • 2019/06/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仲裁委員任命期限」が近づく まずは観光ビザから始めよう (17コメント)
  • 2019/06/17 05:00 【時事|外交
    香港の自由を守るために、私たち日本には何ができるのか (14コメント)
  • 2019/06/16 17:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ファーウェイ問題で米中双方から脅される? (11コメント)
  • 2019/06/16 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の経済の「空洞化現象」、そしてなぜか低い失業率の謎 (20コメント)
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (54コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (35コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (49コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (23コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (29コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (60コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (30コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (98コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (234コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)
  • 2019/05/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の重鎮議員を迎えたのは「ワタミ」さん1人だったが… (42コメント)
  • 2019/05/29 12:15 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業 (33コメント)
  • 2019/05/29 10:45 【RMB|時事|金融
    米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国 (7コメント)
  • 2019/05/29 05:00 【外交
    朝日新聞と韓国の共通点は「日米首脳会談の成功を妬むこと」 (26コメント)
  • 2019/05/28 22:15 【時事|外交
    アジア要人が続々来日:スピード感のある仕事をする安倍政権 (10コメント)
  • 2019/05/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    日韓防衛相会談見送り報道とマスコミ関係者の「思い込み」 (41コメント)
  • 2019/05/28 11:11 【時事|外交
    トランプ訪日成功に慢心するな 次の一手は日台通貨スワップ? (24コメント)
  • 2019/05/28 05:00 【韓国崩壊
    「別に日韓関係改善を望んでいない」というのは日本も同じ? (44コメント)
  • 2019/05/27 17:30 【時事|韓国崩壊
    外務省が旭日旗説明資料を掲載したことの本質的な意味とは? (33コメント)
  • 2019/05/27 14:25 【時事|外交
    「あの国」のメディアが天皇陛下会見と緊密な日米関係を詳報 (30コメント)
  • 2019/05/27 12:11 【時事
    天皇・皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と面会 (3コメント)
  • 2019/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    ついに韓国メディアが「コウモリ外交の破綻」を認めてしまう (23コメント)
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (55コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (38コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (49コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (103コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。