なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり

今月28日朝、川崎市で登校中の子供たちが巻き込まれる通り魔事件が発生しました。私自身も含めた幼い子供を持つ親のなかには、今回の事件を他人事とは思えないという人も多いでしょう。こうしたなか、本日、本稿で問題視したいのは、まったく学ばないマスコミの腐敗し切った取材・報道姿勢です。ほんの2週間前、『罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性』で議論したこととまったく同じことを、再び議論しなければならないというのも陰鬱ですが、それでもマスコミの腐敗については、誰かが勇気をもって指摘しなければならないと思うのです。

またしても悲惨な事件

川崎市で28日朝、登校中の小学生や保護者らに切りかかり、加害者1人を含めた3人が亡くなり、17人が重軽傷を負う悲惨な事件が発生しました。

この事件は、安倍政権も非常に重く見ており、安倍総理自身が関係閣僚会議を開催し、「子供たちの安全を何としても守らなければならない」と発言しています。

登下校時の子供の安全確保に関する関係閣僚会議(令和元年5月29日付 首相官邸HPより)

また、私自身を含め、幼い子供を持つ全国の親にとっても、今回の事件を他人事とは思えないという人も多いでしょう。

ところが、今回の事件でも目立ったのは、マスコミ各社の乱暴ともいえる強引な取材手法です。

今月8日に大津市で発生した保育園児を巻き込んだ自動車事故で、NHKを筆頭とするメディアが被害者家族の「そっとしておいてほしい」という要望を無視した件については、当ウェブサイトでも『罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性』で紹介したばかりです。

罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性

こうしたなか、マスコミ各社(新聞・テレビなど)は、今回も事件現場の中継に始まり、被害者の通っていた学校や職場に突撃取材を行い、さらには加害者の生い立ちや近隣の人のインタビューなどの動画を作成しているようです。

ヘリで爆音を轟かせる共同通信

共同通信は、現地上空を撮影し、その様子を動画サイト『YouTube』にアップロードしています。

正直、事件現場でヘリの爆音を轟かせていること自体、救援活動を妨害しているようなものですが、日本のメディアは、大震災などの災害時を含め、こうした報道ヘリを現場上空に派遣することが大好きですが、私などはこの手の中継を法律で禁止することはできないものなのかと、見ていてもどかしくなります。

実際、阪神淡路大震災のときには、報道ヘリの爆音に邪魔され、助かったはずの命が助からなかった事例があったと聞きますし、報道ヘリや取材車両が現場の救援活動を妨害しているという事例は、枚挙にいとまがありません。

とくに、大規模災害の際には、現行の自衛隊法などに限界がありますし、「被災地に報道機関が入ってはならない」とする法律も存在しませんし、自衛隊が救援活動を妨害する車両を強制排除する規定も存在しません。

私など、救助活動を邪魔する勢力を消防、自衛隊などが強制排除しても良いとする規定を今すぐに設けるべきだと思います。

突撃取材を行うマス「ゴミ」

また、時事通信は5月28日付で、近所の目撃者に「事件当時の様子」を語らせている動画を掲載していますが、こうした事例は時事通信だけではありません。

次のJ-CASTニュースの報道によると、事件のあった28日、TBSが小学校の記者会見の模様を中継するなかで、校長先生がマスコミ各社に対して子供たちへの取材自粛を呼びかけている最中に音声を絞ったという「事件」も発生しました。

TBS、学校会見でマスコミへの注文時に音声絞る 児童ら殺傷事件報道めぐり批判(2019/5/28 20:30付 J-CASTニュースより)

J-CASTニュースによれば、校長先生が保護者の方々からの一番のお願いとして、

子どもたちの写真を撮ったり、それから子どもたちにインタビューをしないでほしいっていうことが出されていましたので、これは保護者の願いですので、どうぞ受け止めていただければありがたく思っております

と、取材の自粛を呼びかけている場面で中継の音声を絞り、スタジオの音声に切り替え、井上貴博アナウンサーが「そういったマスコミに対する声を肝に銘じて、わたくしたちも放送してまいります」などと述べたとしているのですが、まさにこういうことをするから、「マスゴミ」と呼ばれるのではないでしょうか。

ちなみに、この「マスゴミ」とは、ゴミのように愚劣で害悪に満ちた報道を撒き散らすマスコミに対する、私たち一般国民の間で自然発生した、怒りを込めたネットスラングの一種です。

当ウェブサイトとしては、いくらマスコミの報道が酷いからといって、彼らのことを公然と「ゴミ」呼ばわりすることは極力控えたいと思っていますが、このようなマスコミ各社の報道姿勢を眺めていると、1人の人間(あるいは1人の親)としては、やはり「ゴミのような存在だ」という感想を抱かざるを得ません。

そういえば、昨年6月に発生した大阪北部地震では、共同通信の力丸将之(25)記者が震災で亡くなった方の居住するマンションに不法侵入し、マンションの理事から退去を命じられたという話題を紹介しました(『【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる』)。

また、東京・秋葉原の歩行者天国で2008年に発生した無差別殺傷事件から10年目の節目となる昨年6月8日には、マスコミ記者が献花台の真ん前で座り込んで記事を執筆している様子が写され、ツイッターに投稿されて大きな反響を呼びました。

私自身、傍若無人な振る舞いや行き過ぎた取材を続けるマスコミ産業関係者は立派な加害者だと思いますし、マスコミからの取材を受ける犯罪被害者、災害被災者、事故被害者らは、「マスコミ取材」という「二次被害」を受けていると思います。

救いは一般国民の良識ある反応

ただし、1つだけ救いがあるとしたら、一般の国民がこうしたマスコミ各社の報道姿勢を、比較的公正に評価しているという点でしょう。

先ほど紹介した、共同通信時事通信がアップロードした『YouTube』動画に関して言えば、いずれも動画へのコメントが禁止されていて、一般人がどのような感想を抱いたのかを知ることはできません。

しかし、「高評価」と「低評価」の総数については知ることができるようになっており、爆音をとどろかせて現場上空を徘徊した共同通信の記事に対しては、昨日午後4時半の時点で、「高評価」が1090件に対し、「低評価」が2493件に達しています(視聴回数880,503回の時点)。

さらに、時事通信の方の記事では、同じ時点で「高評価」が264件に対し、「低評価」は何と1655件と、5倍以上に達しているのです(視聴回数332,564回の時点)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

私自身、ウェブ評論家の1人として、月間PV数が100万件を超える当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を主宰しております。

もちろん、月間100万PVといっても、既存メディアと比べて社会的影響力はわずかなものですが、それと同時に、取材・報道姿勢に代表されるマスコミ各社の腐敗については勇気をもって告発し続けたいと思います。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    やっぱりマスゴミやな。

    コレまでしばらく、会計士さんも使ってなかったので私も自重してましたが、滋賀大津といい、川崎登戸といい、マスゴミの報道姿勢は何もあらためられてない。

    映像撮る前に介抱してやれよ。病院連れていけッ。ヘリコプターは、該当地域は飛ばしてはならん!

    神戸の震災の時、阪神高速道路が崩落した映像を記憶されてる方もいるでしょうが、そのスグそばにすんでました。もちろん凄い音で縦揺れを感じましたが、それより近くの戸建て住宅のおばあさんの「助けて」という声がヘリコプター爆音で消されました。

    「向こう行けッ」「やかましい!」と手を回して言ってもも旋回中。結局、消防、自衛隊が来ましたが亡くなられてました。至るところでそんな例があり、花束を手向けた所は倒壊家屋で亡くなった人がいる、という目印になりました。やっぱマスゴミだ!

  2. 匿名 より:

    このように断続的に繰り返される事件を通して得をしているのは誰か?を損得勘定で考えた場合、「すべてを通して得になっている」のは(表面上は)マスゴミだけなのです。

    世間から指摘されている愚行をこうまで嬉々として繰り返す行為を日本語では「マッチポンプ」といいます。

    マッチポンプ報道の処罰規定の制定と、大手マスゴミとその背後にいる人物(組織)に至るまでをあぶり出すことができたら平和な令和が訪れるでしょう。

  3. 匿名 より:

    マスコミはサイコパスの割合が高い職業らしいですが、いろいろと思い当たることが多すぎて納得してしまった

  4. りょうちん より:

    共同通信にしろ時事通信にしろ、公式チャンネルの動画はコメントを禁止しています。チキンですねw
    この次はYouTUBEに、サムズアップ・ダウンもオフにできるようにしろ!とか要求しますよ。

  5. 一般市民 より:

    ちょっと本稿の趣旨とは別の話ではありますが、小生は、どうしてオスプレイの配備を巡っては、安全性が保証されていないのに配備を急ぐのだ、などと論評するにも関わらず、同じくらいの安全性と思われるヘリコプターには文句を言わず、しかも自らは市街地でとばしまくっている、という姿にも疑問を感じざるを得ません。
     加えて、地球温暖化対策が急務だと主張するにも関わらず、100%安全でないから原発は稼働させるべきではないとして、大量の化石燃料を燃やして発電していることには何も論評しない、という姿も同様と思っています。
     まだまだいくらでも事例はありますが、マスゴミなんてそんなものだと思っています。

    1. 鞍馬天狗 より:

      一般市民さんへ

      >地球温暖化対策が急務だと主張する
      ゼブZEBと云うワードをググってみて下さい
      日本がイニシアティブを取って進捗させているんですが、
      マスゴミが、無視しているのが良く分かります
      それでも、ソロソロ隠せなくなってくると思いますが

  6. 鞍馬天狗 より:

    更新ありがとうございます

    誰が、どう見てもマス”ゴミ”ですね
    正に鬼畜の所業の数々

    但し、社会学的には、益も無い訳じゃない
    人の理不尽な死の周知は、必要不可欠で
    扱いがゾンザイな程効果が有ります

    人は、”死”をケガされるたと感じた場合ほど
    強く子孫を求めるのです

    少子化の歯止めには若干の効果が有ります

    社会正義を、求める気持ちも増大しますね
    対象は、マスゴミへの制裁要求になりますけど

  7. りょうちん より:

    >ヘリで爆音を轟かせる共同通信
    >共同通信は、現地上空を撮影し、その様子を動画サイト『YouTube』にアップロードしています。

    画像見たんですけど、あれドローンでしょ。ヘリじゃあそこまで寄れない。
    ドローン空撮はフライトプラン提出も要らないし、コストも安いってんで、報道ヘリを食っているとヘリパイロットの方の愚痴がどこかのブログでありました。
    バッテリーで動くドローンは音では気づけないほどの静粛性がありますから、これからは「ヘリで爆音」という非難はできなくなるかもしれません。

    1. 匿名 より:

      なるほど!
      取材ヘリの爆音問題については私も認識していましたが・・
      問題提起そのものを見直さないといけないですねー
      過去の常識・実績の上にあぐらをかくな、ということですね。
      わたし自身も耳が痛いです

      1. りょうちん より:

        航空法で人口密集地では、ドクターヘリや救難ヘリなどを除き高度300m以下での飛行は禁じられています。報道ヘリ如きに許可はされません。なので広域を撮る様な絵しか撮れません。

        もちろんヘリには比較的長時間飛べるという利点がありますが、事件現場全景のショットを1シーン程度の用途では牛刀割鶏というところでしょう。

  8. 貰った子猫は名前がパブロフ より:

    不幸な事件の被害者になったとき、日本人は悲しむ。涙をこらえる。辛さを耐えようとする。
    不幸な事件の被害者になったとき、韓国人は悲しむ。辺りかわまず泣きわめく。これ見よがしに辛さをアピールする。

    どっちが美しい悲しみか、どっちがより悲しいかということではない。
    どちらも悲しくて、どちらも美しいのだとわたしは言いたい。

    などとは実は最近思わなくなった。

  9. ダブスタ より:

    >突撃取材を行うマス「ゴミ」
    労組副委員長の名前は隠す癖に…

  10. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     本日のBS-TBSの「報道1930」に、元駐日韓国大使が出演されまして
    「韓国の世論調査会社は、政治団体である。だから、その数字は信頼でき
    ない」と発言していました。勿論、私にはその真偽は分かりませんが、も
    しそうなら、(日本のメディアが行う世論調査は勿論ですが)第三国での
    世論調査も、(会社の願望や、その社員の意見で、多少なりとも)歪んで
    いるという疑いを逃れることはできないと思います。(トランプ大統領が
    誕生した大統領選挙も、その結果なのかもしれません)

     駄文にて失礼しました。

  11. 匿名 より:

    マスゴミ 歩道にカメラ持ってたらぶんなぐる
    何人も殺して見せしめにしないとな。

  12. ラスタ より:

    一点確認したいのですが、筆者氏はいわゆるマスコミといわれる報道機関を無くしてしまえと言っているわけではないですよね。

    報道という名目をカサに着た傲慢な態度。さらにはマスであるという影響力に乗じて事実とは違う言説を流布する。
    このような驕った体質を改めよ。そう言っているのであろうと理解しています。
    これで合っていますか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

りょうちん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。