嫌な予感つきまとう「トランプ訪韓」、その目的は北朝鮮牽制?

どうも嫌な予感がしてなりません。ホワイトハウスはドナルド・J・トランプ米大統領が、6月下旬に大阪で開催されるG20首脳会合後に、韓国を訪問すると発表しました。トランプ氏のこれまでの言動からすれば、どうも彼の究極的な目的は、中国を牽制するために北朝鮮を自陣営に取り込むことにあるように思えてなりませんが、今回の唐突な訪韓発表も、米中貿易戦争や米朝合意などの文脈に照らせば、「コウモリ国家・韓国」を叩いてなだめて自国陣営に留める、という目的があるのではないか、との疑いを抱かざるを得ません。そして、その懸念がもし当たっていたら、割を食うのはいつも日本なのです。

米国大統領の訪韓

ホワイトハウス声明文

ホワイトハウスは現地時間の15日、ドナルド・J・トランプ米大統領が6月の大阪G20サミット後に韓国を訪問し、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領と首脳会談を行うと発表しました。

Statement from the Press Secretary Regarding President Donald J. Trump’s Upcoming Travel to the Republic of Korea(2019/05/15付 ホワイトハウスHPより)

報道発表内容の原文と意訳を紹介しておきましょう。

President Donald J. Trump will visit the Republic of Korea to meet with President Moon Jae-in, in conjunction with his travel to the region to attend the G20 Summit in late June.  President Trump and President Moon will continue their close coordination on efforts to achieve the final, fully verified denuclearization of the Democratic People’s Republic of Korea.  The two leaders will also discuss ways to strengthen the United States–Republic of Korea alliance and the friendship between our two peoples.

(仮訳)ドナルド・J・トランプ大統領は6月下旬のG20サミットでこの地域を訪れる機会を利用し、モオン・ジャエ・イン大統領と会うために韓国を訪問する。トランプ大統領とモオン大統領は朝鮮民主主義人民共和国の最終的、完全かつ検証された非核化を実現させるために緊密に協力することを継続する。2人の首脳はまた、米国・韓国間の同盟と両国民の友好を深めるための方策を議論する。

なんだか唐突なプレス・リリースですね。

先月、文在寅氏が訪米した際、「2分大統領」というあだ名まで付いたほどの冷遇ぶりと一転し、ホワイトハウスは公式声明として、わざわざ大統領自身が訪韓すると述べたうえで、両国の同盟と友好を強化することを検討する、とまで言い切っているのです。

一方、韓国メディア『中央日報』(日本語版)などによると、トランプ氏の訪韓は韓国大統領府も発表しています。

トランプ氏、来月末訪韓…G20を機に韓米首脳会談(2019年05月16日06時22分付 中央日報日本語版より)

韓国メディアの報道によれば、韓国大統領府の報道官が16日の「書面ブリーフィング」を通じて明らかにしたそうであり、「トランプ大統領の訪韓は文大統領の招待により実現され、これに向けて具体的な日程は今後外交ルートを通じて協議していく」(中央日報)と述べています。

FFVDからスタンスはぶれていないが…

いずれにせよ、「米国大統領が訪韓する」とホワイトハウスが断言したことは、4月の「2分首脳会談」の冷遇ぶりからすると、一見すると極めて大きな変化です。

表に見えてくる事実だけを追いかけていくと、米国は日本とともに、依然として「日米韓3ヵ国連携」などと言い続けていますが、その反面、日米両国は最近、あからさまに韓国を外して協議することもあります(『北朝鮮の挑発と「日米の韓国外し」 静観と経済制裁強化が正解』参照)。

北朝鮮の挑発と「日米の韓国外し」 静観と経済制裁強化が正解

つまり、日米両国は口先では「日米韓3ヵ国連携」などと言いながら、明らかに韓国のことを信頼していないように見受けられますし、実際、韓国はみずから日米の信頼を裏切る行動・疑念を持たれる行動(たとえばレーダー照射に加え、瀬取りに韓国の関与が疑われることなど)を続けています。

実際、日本は米国を通じて韓国とは事実上の「三角同盟」という関係にありますが、とくに日韓関係はさまざまな要因で極度に悪化しており、少なくとも大阪G20会合で日韓首脳会談は行われない可能性が極めて高いようです(『東亜日報記者は「必要条件」と「十分条件」を混同したのか?』参照)。

東亜日報記者は「必要条件」と「十分条件」を混同したのか?

では、こうした「韓国外し」という流れの中で、なぜトランプ大統領が訪韓を決断したのでしょうか?

ここでヒントになるのが、今回の声明文のなかで触れられている、米国が従来から繰り返している「FFVD」、つまり「最終的で完全かつ検証可能な非核化」(Final, Fully Verified Denuclearization)という表現です。

米国は最近、北朝鮮との間では「CVID」、つまり「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)ではなく、この「FFVD」という表現を好んで使う傾向があります。

ただし、私の理解では、どちらの表現であったとしても、「北朝鮮から核兵器を除去する」という究極的な目標については、何ら変わるものではありません。そして、わざわざ「FFVD」という言葉を利用したのは、そのメッセージが北朝鮮を念頭に置いたものであると見るのが自然です。

トランプ流の交渉術?

短距離ミサイルを「脅威と思わない」

これについて考える前に、『トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効』でも紹介した、重要なインタビューを思い出しておきたいと思います。

トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効

これは、北朝鮮が今月上旬、短距離ミサイルと見られる飛翔体などを相次いで発射したことを受けて、トランプ氏はニューズサイト『ポリティコ』(POLITICO)に、「北朝鮮との信頼関係が損なわれたとは見ない」(つまり、今回の短距離ミサイルなどの発射を基本的には相手にしない)、と述べたものです。

該当する記事は、次のリンクに掲載されています。

Transcript: POLITICO interviews President Donald Trump on Joe Biden, impeachment, Bill Barr, North Korea(米国夏時間2019/05/10(金) 20:22付=日本時間2019/05/11(土) 09:22付 POLITICOより)

インタビュアーはトランプ氏に対し、北朝鮮関連で2つの質問を投げているのですが、それを意訳すると、次のとおりです。

  • 問①:北朝鮮が発射した飛翔体が短距離ミサイルであったことを、昨日、国防総省(ペンタゴン)が明らかにしました。大統領はこれによって金正恩(きん・しょうおん)とあなたとの信頼関係が破棄されたとみますか?この件について怒っていらっしゃいますか?本件にどう対応されますか?
  • 問②:大統領はかねてより、北朝鮮がミサイル発射を停止したことがあなたの功績だと自信を示されて来ましたが、今回の北のミサイル発射が合意の後退だとみますか?

これらの質問に対するトランプ氏の答えは、「北朝鮮が発射したのはあくまでも短距離ミサイルであり、現時点においては米朝間の信頼を損ねる行為ではない」、というものです。トランプ氏の発言を、原文でそのまま紹介しておきましょう。

  • 答①: No. No. I’m not at all. They’re short-range. They’re short-range and I don’t consider that a breach of trust at all. And you know, at some point I may. But at this at this point, no. These were short-range missiles and very standard stuff. Very standard.
  • 答②: Well, this is — actually, some of them weren’t even missiles. Some of the things that they fired, they weren’t even missiles. But this is short-range, and I don’t consider it a breach of trust. I’ll let you know when I do. I mean, it’s possible that at some point I will. But right now, not at all.

トランプ氏のこの発言については、「トランプ氏は昨年6月12日のシンガポールにおける米朝首脳会談で合意した『朝鮮半島の非核化』という枠組みが今でも生きていると考えている」、と想定すれば、すっきりと説明がつきます。

この想定が正しければ、トランプ氏は北朝鮮に対して「対話と圧力」で非核化を勧奨し、もし北朝鮮が非核化に応じれば、米国としては北朝鮮に「すばらしい未来」を保証してやろう、もし非核化に応じなければさらに制裁を厳しくするぞ、と畳みかけているのです。

そして、こうした交渉における鉄則は、相手国を孤立させて脅すことです。

叩いて躾ける

そのうえで、視点を韓国に戻してみましょう。

韓国という国は、米国の同盟国でありながら、中国に擦り寄ったり、北朝鮮に擦り寄ったり、と、まことにコウモリ的な動きをする国です。米国がそんな韓国にかなりのフラストレーションを感じていることは間違いありません。

さらに、現在の文在寅政権は北朝鮮の「首席報道官」と揶揄されるほどに親北的であり、韓国のさまざまな行動は、結果的に事実上、北朝鮮の核武装を幇助しているようなものです(ちなみに私自身は、韓国政府が北朝鮮の「瀬取り」に関与していることについては、ほぼ間違いないと考えています)。

トランプ氏はビジネスマン出身者ですから、「言うことを聞かない相手」を脅し、いったんは徹底的に冷遇して心を折り、その後は懐柔して言うことを聞かせる、という交渉術(いわば「叩いて躾ける」)を身に着けていても不思議ではありません。

現時点で判断する限り、今回のホワイトハウスの発表も、こうした「叩いて躾ける」を実践するものではないかと思うのです。

さらに、米国独自の事情として、現在、米国が中国に対し、「貿易戦争」を仕掛けている、という点は見逃せません。先週、米中貿易戦争の一環として、米国は多くの中国製品に対して関税を25%に引き上げると決断し、10日からそれが実施に移されました。

これにより米中の対立構造は深刻化していきますが、いかに米国であっても、中国を正面から敵に回した状態で、北朝鮮問題に割ける余力が減少することは当然のことといえるでしょう。

そうなってくれば、韓国という「コウモリ国家」をそのまま好きにさせるというわけにもいきませんし、韓国をあまりにも冷遇し過ぎ、韓国が中国と結託することで北朝鮮を利する、ということになっても困ります。

おそらく、今回のトランプ訪韓決定には、こうした「コウモリ・リスク」を減らしておこうとするトランプ大統領なりの判断もあるのでしょう。

「関わるのはおよしなさい」

ただし、私自身、やはりトランプ氏の朝鮮半島との関わり方を見ていると、不安に思わざるを得ません。

韓国や北朝鮮は、基本的にきわめて戦争に弱い民族です。そして、戦争に弱い民族ほど、瀬戸際外交をはじめとする奸智(かんち)に長けているものです。

これまでのトランプ氏の言動から考えて、北朝鮮を自陣営に引きずり込み、「日本+南北朝鮮」で中国を封じ込める、という構想を捨て切れていないように思えてなりません。

しかし、そのような構想を実現すると、米国と並んで、日本も割を食うことになりかねません。

たとえば米国は、将来、「米朝国交正常化」が達成された場合、北朝鮮の復興資金というツケを日本に回してくる、ということをやりかねません。1965年の日韓国交正常化など、まさにその「前科」ともいえると思います。

そして、現在の韓国を見ている限り、日本と北朝鮮との国交正常化が実現した場合、北朝鮮もありもしない歴史問題を捏造しまくり、日本から無限に経済的利益を吸い取ろうとするでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もちろん、トランプ氏の訪韓目的を巡っては、さまざまな仮説が成り立つでしょう。

論者によっては、「トランプ氏は言うことを聞かない韓国に最後通牒を突きつけに行くに違いない」、と考えているかもしれませんし、逆に、「トランプ氏は本心では韓国との友好を望んでいるに違いない」、と考えるかもしれません。

ただ、「韓国に最後通牒を突きつける」のであれば、わざわざトランプ氏が直接、韓国に出向く必要などありませんし、「トランプ氏が本心で韓国との友好を望んでいる」のであれば、4月の「2分間首脳会談」というのも不自然です。

私自身は、現段階で考える限り、トランプ氏の朝鮮半島戦略は、「北朝鮮を非核化したうえで自陣営に引きずり込むこと」を念頭に置いているように思えてならず、もしその懸念が正しければ、そのこと自体、日本にとっては「悪夢のシナリオ」であると考えています。

ただし、相手は「外交の天才(災)」こと文在寅氏です。

心のどこかで、予想を遥かに超える「ナナメウエ」な展開で、トランプ氏を激怒させ、一気に米韓同盟が消滅する、といった「ウルトラC」的な展開を期待してしまうのは私だけではないでしょう。

読者コメント一覧

  1. 心配性のおばさん より:

    >韓国という「コウモリ国家」をそのまま好きにさせるというわけにもいきませんし、韓国をあまりにも冷遇し過ぎ、韓国が中国と結託することで北朝鮮を利する、ということになっても困ります。

    ただ、韓国を日米サイドに引き戻しておくためだけに、トランプ氏が訪韓するのであれば、今月、菅官房長官が訪米した後も、G20で日韓首脳会談がセッティングされていない理由がつきません。
    なにより、G20に訪日するトランプ氏との米韓会談もセッティングされていません。

    また、先ごろ北朝鮮が発射した飛翔体は、韓国全域を射程圏内とした短距離ミサイルです。これは、在韓米軍を攻撃対象にしたものであり、半島情勢は韓国経済の崩壊を引金に一気に展開するかもしれません。
    私がトランプ氏なら、在韓米軍駐留費交渉を装い、それを決裂に導き、撤収させます。むろん、在韓米企業の撤収も同時に行うでしょう。

    事態はWeb主さんのお考えより、深刻なのではと。おばさんの妄想ですかね。

    1. 門外漢 より:

      小母さんへ

      真摯に話し合う気なら前回も2分で終わらせることは無かったのでしょうね。
      日本に来て韓国に来なければ国辱ものだと騒いでいましたから、韓国からお願いしたであろうことは想像に難くありません。
      で、訪韓の条件が何であれ、現在下交渉中でしょう。
      交渉結果が気に入らなければ、直前で、或いは国技館でトロフィーを渡した後に、「やっぱ、止めとくわ」と言う事もあり得ますよ。
      ドタキャンなんて、メンツが何より大事な韓国としては絶対避けたいでしょうから、少々のこと(対北制裁強化?思いやり予算?)でも呑むんじゃありませんかね。

      これは上手い躾け方だと思います(笑)。

      1. 心配性のおばさん より:

        門外漢様 レスありがとうございます。

        >少々のこと(対北制裁強化?思いやり予算?)でも呑むんじゃありませんかね。

        対北制裁強化については、既にアメリカは韓国を信頼していないので、相談もしないと思います。
        思いやり予算(在韓米軍駐留費)の値上げは、現在の韓国経済からみて約束したとしても空手形となるので、約束に意味はない。
        即金回収を言い渡し、それができなければ撤退のシナリオではないかと思っています。おばさんの妄想かもしれませんが。

        ①北朝鮮が発射した飛翔体が、韓国全域を射程圏内とした短距離ミサイルであったこと。
        ②今月の初めに、菅官房長官が訪米して、アメリカ政府の実務者とかなり、突っ込んだ協議をしてるらしいこと。
        ③菅官房長官帰国後も、G20での日韓首脳会談も米韓首脳会談もセッティングされていないこと。

        ②③から、G20後のトランプ氏の訪韓は、①がらみで、アメリカから韓国への一方的な通達になる可能性が高い。と考えています。

    2. 鞍馬天狗 より:

      心配性のおばさん さんへ

      トランプ氏は、想像以上に交渉上手ですよ
      誰が見ても失敗のハノイ会談をワザワザやってみせた
      完全な無駄足ですよ(想定外でした)

      無駄だと分かっているコトを
      必要だからといって、恥まで搔いてやれる人間は少ないです

      トランプ氏は、無駄を承知で訪韓するんです
      次の一手に必要だから

      トランプ氏の思惑は分かりませんが、
      >決裂に導き、撤収させます。むろん、在韓米企業の撤収
      だったら良いですね
      日本がトバッチリを食わなきゃ、モット良い

      1. 心配性のおばさん より:

        鞍馬天狗様

        織田信長が後世の歴史家に天才と評価されている一つに、”桶狭間を2度狙わない”です。
        私は認めませんが、トランプさんが鞍馬天狗様が期待する天才であるなら、ハノイの決裂ショーは2度使えません。別のものを考えなくてはですね。何だろ。

  2. 福岡県民 より:

    拉致被害者やその遺骨が戻ってこないと、日本が北朝鮮と国交を結ぶのは難しいのではないでしょうか。
    そして北朝鮮は絶対に核を放棄しません。

    米国が日本に圧力をかけても、拉致被害者問題がある限り、日本が金を出すのは難しいと思います。
    少なくとも私は許しません。

     

    1. むるむる より:

      拉致被害で既に亡くなった方がいるのですから、北朝鮮に法外な賠償金などを請求し北朝鮮が求める援助金と相殺させるのもあり方では?
      拉致被害の実行犯、支持を出した人物の引き渡しも要求すれば北朝鮮などと国交正常化交渉などさせない、しない方便になるので北朝鮮をテコに米国の要求拒否が私はベストだと思います。

    2. 匿名 より:

      北朝鮮は拉致問題はないと主張してるし、
      日本国内でも拉致されたのではなく、本人が意図的に行った、あるいは日本政府が引き渡したなんていう無茶苦茶な事を言う人間もいます。
      政権によっては無条件で国交正常化してしまうのでは。

      1. むるむる より:

        多分それやったら日本海側の住人の人達は票を自民に入れなくなり別の所に流れると思いますよ。

        初めて富山県行ったら神社に拉致被害者救出、解決をってポスターあって驚きました。

        1. 鞍馬天狗 より:

          むるむるさんへ

          >自民に入れなくなり別の所に流れる
          正論です、
          でも、他に選択肢が有りますか?
          問題なのは、”自民の受け皿が無い”状況です

    3. 保守太郎 より:

      万一拉致問題が解決しても それだけで核武装国家へ経済支援は出来るわけもないし 万一と言いましたが核問題が解決しなければ拉致も解決するはずがありません。拉致の解決?政府認定分だけで解決と言いくるめるのなら別ですが拉致の疑いがある人々は100名近くいるともいわれていますがその人たちを切り捨てて 一部の例えば 横田さんたちが返されたら それで解決ということで 経済支援などやる気なんでしょうか?拉致解決の定義とは何なんでしょう?政府認定分だけなのでしょうか?生きて帰らない場合はどうなんでしょう?わざと曖昧にしている点がアヤシイ。政府の本音は経済支援やりたくてしょうがないという気持ちが伝わるのは私だけ?
      数千人の漁民の抑留という人質外交で日韓交渉は惨憺たる結果でしたが 今また北による人質外交です。当時と同じく人質を取られた外交ですが目先のレガシーの為に後の世に遺恨を残さぬよう慎重にやってもらいたいものです。間違っても一回や二回のシュノウ会談で「エイヤ」で決めてほしくないです。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    『トランプ大統領訪韓』という米国のリリース内容の大きさに比べ、韓国内の報道がおとなしめですね。もっと派手に、そして日本を貶める記事も出るかと思いましたが。

    穿った見方をしたら、韓国民は国内で人気落ち目の文の事を、「もっと躾けてやってくれ」「もっと米国の言う事を聞くように言え」と期待が高まりつつあるのでしょうかね(笑)。

    トランプ大統領の腹の中は分からないです。でも2分間大統領にわざわざ大阪から会いに行くのは、いかにも不自然です。電話するのも嫌な筈だ。やはり、中国を念頭に置いて北朝鮮を孤立化させる。その為には韓国を「同盟」に入れておく。仕方なく(笑)。

    で、韓国にはFFVDを呑ませ、北の核化と手を切るよう懐柔する。ココまでは良いでしょう。が、スグ裏切る韓国人に、また煮え湯を呑まされるのは米国。またそれ以上進んで北朝鮮を自由主義側に取り込んだら、ワリを食うのは日本。

    その時、拉致被害者奪回の条件に破産状態の国の資金導入を強要されるだろうが、私は致し方ないと思います。情けないし、悔しいが。但し、金一族には出国してもらう。

    1. りょうちん より:

      >でも2分間大統領にわざわざ大阪から会いに行くのは、いかにも不自然です。

      トランジットで仁川空港で会談すれば良いんじゃね。
      ってエアフォースワンかw

      真面目な話、在韓米軍への慰問は外せない行事なんですが、この聖域にずかずか入っていった前科があるからなあ・・・。
      今回もどんなヒドイエピソードができるのかある意味楽しみです。

      1. めがねのおやじ より:

        りょうちん様

        陸軍、海兵隊、空軍基地周りに立看板を。「韓国人は無断に入るべからず。許可証は10日前迄に申請せよ」を置いとかないと、文は必ずまとわりつきますね〜(笑)。

  4. ブリジット より:

    トランプ大統領より先にボルトン補佐官一人での訪韓を韓国側が拒否したみたいだし。
    メンツのために、必死だったんでしょうね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00080007-chosun-kr

    トランプ大統領は『訪韓するとしたら日本を訪問した後、米国に帰る途中に少し立ち寄れば十分だろう』と言った」と。ついでにってところでしょうかw

  5. 匿名 より:

    5/6、トランプ大統領との電話会談が想起される。

    安倍首相「私自身が金正恩・朝鮮労働党委員長と条件をつけずに向き合わなければならない」という発言とセットで考えてみると興味深い。

    安倍首相の唐突発言、つまりこれまで匂わせることもなかった発言であるだけに、相手、すなわちトランプ大統領から促されたものと読むことも可能。

    刺さった喉骨は拉致問題だが、そうした条件を横に置くとなると、米国の思惑に振り回されるリスクがある。つまり、金は日本が出すという類。これはバッドディールにのるわな。だからガースーが訪米したのかな?知らんけど。

  6. 匿名 より:

    トランプが話にならんと2分で帰ったら笑いますね。

    1. 名無しA より:

      トランプにとっては在韓米軍慰問がメインで、ムンとの会談は
      つけたしだと思います。G20終了後の6月30日に日帰り訪問かな。

      ムンに言うことは以下の2つだけ。
       ・駐留費用50%UPするから、払えよ
       ・対北制裁は維持するから、ちゃんと守るように

      記者の質問は米中貿易摩擦に集中するでしょうから、
      4月の米韓会談同様2min会談もありうるかと。

      1. りょうちん より:

        晩餐会拒否して、有名焼き肉店に寄って行ってくれると最高なんですがw

  7. 実行委員 より:

    米国「韓米連合司令部を平沢に移す」…戦作権は複雑に?
    2019年05月16日09時02分 [中央日報/中央日報日本語版]

    https://japanese.joins.com/article/412/253412.html

    米国が韓米連合司令部をソウル龍山(ヨンサン)の国防部内でなく京畿道(キョンギド)平沢(ピョンテク)のキャンプ・ハンフリーズ米軍基地内に移すという立場を韓国国防部に明らかにした。連合司令部は現在、龍山の米軍基地メインポストにある。キャンプ・ハンフリーズには在韓米軍司令部、国連軍司令部、第8軍司令部が位置する。

    /////////////////////////////////////////////

    長い目で見れば、米軍の韓国からの撤退。
    それともただ単に、ソウルは危ないから逃げる、または、機密情報が中国や北に漏れる可能性もあるから?

  8. 福岡在住者 より:

    5月の訪日後ではなくG20(6月)後というのがどうもひっかかります。5月の訪日は親善訪問でゴルフ・相撲、宮中晩餐会、護衛艦「かが」乗艦と日米親密アピールが目的で、韓国はその延長上で訪問する国ではないと世界に(特に韓国自身に)知らしめる事も含んでいるのではないかと思います。
    先週くらいから韓国メディアでまた日韓通過スワップの話が出始めています。それと昨日「格付け」=ムーディーズの記事が上がりました。次回は6月発表だそうです。新宿会計士様が御指摘された様に海外からの資金に頼る韓国はこの「格付け」に神経を使うのかも知れません。(日本は完全無視ですが、、、) そして「格付け」を下げさせて受身になった韓国をG20後訪問。会談後メディア(証人)の前で外交用語でなく露骨な表現(歪曲を許さない表現)で文大統領に釘を刺すのが目的だと思います。 米国としては紅海に空母やイージス艦を緊急配備した状態で半島が変化する事を望まないでしょう。
    そこで、皆様に質問です。この「格付け」の変化で貸付金利とかがどれくらい変化するのでしょうか。また、この「格付け」に際しKOSPIの値は考慮されるのでしょうか。もし、かなり考慮されるとしたらKOSPIの謎の値(相当高値)も解けると思います。

  9. 実行委員 より:

    知韓派」小倉元大使「日本の反韓はなぜ反韓国人なのか」
    5/16(木) 14:11配信 中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000039-cnippou-kr
    「日本人が反韓という場合、反韓国というよりも、韓国人はけしからん、という話になりがち。(逆に)韓国の反日は必ずしも反日本人ではない。日本と日本人を分けて考えることができる。日本人も韓国人を理解することが大切」

    「韓国を愛する外交官」として知られている小倉和夫・元駐韓日本大使(80)が16日付の読売新聞のインタビューでこのように述べた。

    小倉氏は韓日の関係悪化に関連して、韓国側と日本側の双方に要因があるとし、日本側の要因として韓国人に対する理解不足を挙げた。国民が互いに理解を高めてこそ「国家間の政治的関係が悪化しても国民間の交流が持続する『成熟した関係』の樹立が可能」という趣旨だった。
    //////////////////////////////////////////

    こんな奴が大使だったから、今の日韓関係がある。お決まりの”日韓双方”になってる。
    こいつ、日本の税金使って韓国で何してたん??

    1. りょうちん より:

      ええとリンク先読んでみましたが、

      「日本人は韓国人の価値観・人間性が嫌い」

      という冷徹な単純な事実が存在するだけなのでは。
      だから韓国人の集合である韓国という国が嫌いになるわけで。

      一方で韓国人の日本嫌いは「日本」という概念が嫌いなので実際に日本に旅行してみれば親日派に掌クルーする。これは中国人にも言えますが・・・。

      1. じゃん より:

        同意

        小倉氏は、
        >日本側の要因として韓国人に対する理解不足を挙げた。

        とか言ってますが、理解が進んだからこそ

        >「日本人は韓国人の価値観・人間性が嫌い」

        になったわけで。
        その意味では、「日本人の、韓国人に対する理解」は、まだまだ足りないかと。

      2. 鞍馬天狗 より:

        りょうちんさんへ

        だよネ~
        朝鮮人が嫌いだから、韓国が嫌いなダケ

    2. 匿名 より:

       もう、こういう連中しか日本も譲歩すべきと言ってくれない、ある意味、韓国と親韓派日本人の断末魔の叫び(笑)。詳しいことは分からないけど穏便に済ましたらいいんじゃない?っていう、韓国に都合のいい層を韓国自身が激減させている。

       先鋭化し常軌を逸した政権叩きでどんどん支持率を下げている日本の特定野党と同じ構図。

       閑話休題。

       朝鮮語なんていうマイナー言語を選んだ外交官は、韓国に好かれなければ(韓国のために働かなければ)就けるポストは限られているから、こういう売国奴が生まれる。

       大使館に勤務させようにも、受入国がノーと言えば(アグレマンがなければ)赴任させることができない。韓国のような面倒な国はそういう諍いを避けるたためにポチを量産し国益を損なってきたんでしょうね。更迭された釜山領事館の総領事もそういうタイプでは。

       韓国に厳しいこと言ってる風の武藤元大使も、文在寅政権と韓国民は別だ、韓国民は日本が好きだから韓国民を対象とする制裁はすべきでないなどと訳の分からない擁護をぶってるくらいで。

  10. 韓国在住日本人 より:

     また年齢詐称自称慰安婦を抱き着かせて、海老でも振舞うのでしょう。

     皆様の意見を見ていると、文在寅大統領はかなりの考えを持っていると仰います。しかし、小生はどうしても無能論から抜け出せません。

     http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/15/2019051580230.html

     例えばこの記事などは「韓国経済は成功」と言いながら、翌日の失業率、失業者数の発表でともに最悪レベルにまで膨らみました。さらに、この件に関する政府コメントはありません。こんなこと意図的にする必要があるとはとても思えません。逆にここまで無能を装えるのなら大した人なんですが、大統領に当選する以前から見ていた小生としては頭の中に「?」が沢山浮かびます。鳩山元総理と菅元総理を足して、さらにべき乗したレベルの政治をしているように感じます。

     話は変わりまして次のような記事が中央日報から出ています。

     https://japanese.joins.com/article/439/253439.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|breakingnews

     小生は仕事柄、韓国でいくつか特許出願し成立もしています。正直、韓国の特許庁はザルです。検索システムがダメで、弁理士もダメ。外国特許の丸写しでも韓国内で成立します。日本の特許庁は以前は審査が遅く、成立まで2年程度かかっていたのですが、15年ほど前から米国並みになりました。そのため審査官を増員して対応することになったはずです。韓国は確かに国内特許の成立までは早いのですが、PCT出願になると途端に却下されます。発明者の韓国人も殆ど特許を書いたことが無いので、特許未検索のまま弁理士に送ります。
     小生、韓国人のために毎年7本ほど書いていました(韓国人はノルマがありますので、小生との共同発明者にすればノルマ達成です)。特許は少し内容をいじれば、いくつか増殖するので、本数を稼ぐのは問題ないのですが、特許独特の言い回しを翻訳するのが大変らしく、翻訳担当者から苦情を言われました。
     弁理士もすぐに特許庁に上げて、特許庁も殆ど審査せず成立します。これがPCT出願になると、例えば日本に出願する場合は日本の弁理士を通しますので、一発で類似特許が山ほど出てきて出願を断念する状況になります。

     因みに特許と言っても色々ありまして、一般の方々が考える特許とは恐らく基本特許のことだと思います。特許の活用法は発明の権利を守るだけではなく、逆に攻撃したり、守りを固めたりいろいろあります。ですから特許訴訟が長引くのです。

     談話休題

     韓国のクソみたいな特許システムを自慢されても「なんかなー」という感じです。

     駄文にて失礼します 

    1. りょうちん より:

      やっぱり文在寅の「認知能力」は損なわれているのだと思います。
      なぜ損なわれているのかは、私は若年性アルツハイマー説を取っているのですが・・・。
      うつ病などでも、意欲・関心の低下などを生じるので一つの原因だけではないのかもしれません。

      1. ブリジット より:

        りょうちん様
        もし、アルツハイマーだったら、最後は強制入院でしょか…ガクブル。

        1. りょうちん より:

          レーガン大統領は任期中にアルツハイマー病の諸症状が出ていたそうです。
          それでも周囲の温かい支援でなんとか任期を全うしました。

          文在寅大統領も周囲の温かい支援があればたった三年の残りの任期を全うできるでしょうw
          ガンバ!(うつ病の人に対する応援的に)

      2. 心配性のおばさん より:

        りょうちん様 もし本当にそうなら、文在寅さんはお幸せですが(皮肉ですよね。笑)。

        >やっぱり文在寅の「認知能力」は損なわれているのだと思います。

        文在寅さんの行動が意味不明に思われているとしたら、それは、北朝鮮からの指令が混乱を極めているからでは、ありませんかね。文在寅さん自身は正常ですが、その能力は北朝鮮の指令範囲内です。もしくは、指令が途絶えて、惑乱しているのかもしれませんよ。

        1. ゲンじい より:

          りょうちん様

          横から失礼します。

          韓国では以前から研究されている韓国特有のテーマです。統合失調症(旧病名:精神分裂病)で、韓国人の精神分裂病患者にのみあらわれると言う遺伝子の変移があるそうです。これにより、精神分裂病の危険性が高まることが分かったそうです。

          「韓国型精神分裂病の遺伝的要素を発見」
          https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=59855
          中央日報、2005年01月23日16時00分

          「韓国成人6人に1人、この1年間に精神疾患を経験」https://japanese.joins.com/article/313/148313.html
          中央日報、2012年02月15日16時12分

          おそらく、文大統領もそうだったのではと思っているのです。

      3. 鞍馬天狗 より:

        りょうちんさんへ

        >「認知能力」は損なわれている
        普通の朝鮮人でしょ、
        元からですよ

    2. 老害 より:

      韓国在住日本人さま

      韓国特許の件は、納得できるお話です。韓国内で過去に一度出したものを、(優先権主張ではなく)別件として出す行為に、頭の中が「???」となったものですが、なるほどそういった事情があるのですか。事前サーチがザルなら、それでも権利化となるのかもしれないですね。

      中には、出願人が異なるのに、表現や図面が酷似しているものもあったりしましたが、まっ、それは国民性なのでしょうね。我々とは、異なる価値観の中で生きている人々ですな。

      1. 韓国在住日本人 より:

        老害 様

         レス有難うございます。

         >韓国内で過去に一度出したものを、(優先権主張ではなく)別件として出す行為に、頭の中が「???」となったものです

         優先権主張で思い出しました。一度会社の特許担当と話しをしたとき、「すぐに特許化しなくとも優先権主張すれば大丈夫だから、まずは国内だけ押さえましょう」と話しをしたら、「そんな制度はない、初めて聞いた」と言われたことがありました。小生は内心「あんたらの国にはなくとも、他の国にはあるわい」と思いつつ、「どうぞご自由に」とその後は無視しました。

         知財部署の担当がこの程度ですから、一般の技術者等は特許に対する知識が殆どないと言っても良いかと思います。

         駄文にて失礼します

    3. 韓国在住日本人 より:

       皆様方の意見を読んでいると、文在寅大統領は無能か策士かなんとも言えませんが、第三者の視点からは少なくともその行動に何らかの興味を持つことが良く分かります。

       やはり、残りの任期も頑張っていただいて、今後どのような事をしでかすのか、最後まで確認したくなります。やはり彼は色々な意味で人気者です。

       駄文にて失礼します

  11. ブリジット より:

    韓国在住日本人様
    私も同意します。
    文大統領って痛い人と感じます。
    経済についても何も考えていない、ただただ南北統一だけが目標で、韓国の拉致被害も無視。そこに正義感があるとも思えません。

    行き当たりばったり?みたいな。
    素人考えですが。

  12. 匿名 より:

     ボルトンが訪韓を打診していたということは、韓国にとって良いことは一つもないってことですね。順序が逆転してトランプが先に訪韓しても同じでしょう。文在寅は、開城と金剛山事業の再開をねじ込もうとするでしょうが…無理。

     トランプ訪韓の狙いは、南北首脳会談を阻止し、さらに溝を深めるよう楔を打ち込むためではないかと。

     6月下旬の訪韓を公表したことで、それより前の南北会談はなくなった。文在寅も金正恩も、米韓首脳会談の結果を受けて次の手を考えざるを得ない。

     そして、訪韓したトランプが文在寅にビッグディールの支持を命じ段階的制裁緩和はあり得ないと通告すれば、文在寅は金正恩に会わせる顔がなくなり、金正恩もトランプの言いなりの文在寅に会うなんて選択肢はなくなる。

     中露もアメリカを恐れて後ろだてにはなってくれず、全く役に立たないパシリ文在寅は抱き付いてくるだけ。孤立を深める金正恩…。狡猾だなぁ、トランプ外交。

  13. 10ru より:

    うーん,金豚にとって悪くない取引にするためには,
    確かに日本の経済支援は必須でしょうね.豚核のも
    たらすリスクを完全に取り払うことに,にいくら払
    えるか?.ってことになるのか.

    今2歳の子供を育てている身からすると,朝鮮半島で
    軍事オプションが選択されるのは一番嫌だし,豚核の
    脅威に曝され続けるのも困る.これ以外の第三の道と
    してトランプと豚の交渉進展がある訳ですが,豚が若
    いだけにちょっと期待してしまう.

    豚にしたらカダフィーになるのイヤだろうから,そこ
    んとこどうにか体制保証してやれば,あっさり核放棄
    する可能性がある気がする.犯罪に塗れた人間である
    ことは確かだけれども,もしこの判断をしたら,豚は
    世界史にpositiveに名を刻める.

    今のトランプの読みを想像するとこんな感じなのかな.

    それにしても,朝鮮族は南も北も本当に傍迷惑この上
    ないですね.そう考えるとロシアに半島進出して頂い
    て,北方領土とクリミア半島を本来の持ち主にご返却
    頂くのが,私個人のベストシナリオ.

    1. 鞍馬天狗 より:

      10ruさんへ

      露西亜は何が有ってもクリミア半島を手放しません

      もし、クリミア半島を失ったら、
      又、アフガニスタンで戦争が始まります
      今度は、インドも核を持ってますし
      中東を含めて、大戦争になるでしょうね

    2. 鞍馬天狗 より:

      10ruさんへ

      露西亜が欲しいのは、
      朝鮮半島では無く、遼東半島です
      旅順から下は邪魔なだけ

    3. 心配性のおばさん より:

      10ru様

      >そこんとこどうにか体制保証してやれば

      証人保護プログラムなんて、いかがでございましょう。整形手術つきで(笑)。
      でも、彼の本質はビビリなので、何回、保証しても乗ってこないと思います。残念ですが。

      1. 10ru より:

        皆様,

        コメントありがとうございます.まあ.ロシアの話は与太話
        だと思っていただければ幸いです.クリミアはセバストーポリ
        ありますからねえ.クロンシュタット,ムルマンスク,浦塩,
        と並ぶロシア海軍の拠点ですか.そりゃ手放さないのも納得.

        私がここで一番関心のある問題は,「核廃絶との交換条件と
        しての豚の体制保証に,実効的方法があるか」という疑問で
        す.普通は周辺各国が体制承認すればOKのはずですが,豚
        くんは確かに,悪くいえば臆病,良くいえば慎重.なので,
        コメント頂きましたように,乗ってこない公算が高そうです.

  14. 名無Uさん より:

    『来年の話をすると鬼が笑う』と言いますが、鬼に笑われることを承知で、近未来の半島情勢の展望(妄想文)を書いておこうと思います。
    まず『アメリカ』の決意(注意しておきますが、トランプやホワイトハウスの決意ではありません)は、北朝鮮の非核化達成です。外交局面で押したり引いたりはあるでしょうが、決意は固く根本は動かないと観ています。

    ①金正恩が非核化を受け入れ、核査察のために米軍やIAEA等を北朝鮮領内に入れることに同意する。
    ②武力行使によって、北朝鮮の核・ミサイル能力を物理的に排除する。
    大まかに二つの未来が想定できますが、双方ともアメリカは綿密なシナリオを組んでいることでしょう。
    ①、②のどちらかが実現するなら、アメリカの金融界は北朝鮮を自陣営の市場にすることを望むでしょう。このインセンティブが無ければ、アメリカはなかなか動きません。そして商品の宣伝を理由に、メディアの掌握を目指すでしょう。その過程で主体(チュチェ)思想を破壊してしまうことは第一条件になるでしょう。

    ①、②のいずれにしても、アメリカが北朝鮮に戦力投射を行うためには、韓国という橋頭堡は絶対に必要になります。したがって、米韓同盟の破棄も無ければ、戦時作戦統制権の変換もありません。米韓同盟の破棄が無ければ、自動的に日韓断交もありえません。
    米韓同盟破棄や戦作権の移行があるならば、韓国側からの動きでしか実現しないでしょう。

    現在のアメリカやメディアは、北朝鮮の息の根を止めるべく韓国における保守政権の返り咲きを目指す方向性を感じています。アメリカは保守派に『最後のチャンス』を与え、保守政権が復活するのを待っているのかもしれません。
    保守政権が復活しなければ…
    まあ、半島は泥々のベトナム戦争になるかもしれません。米政府関係者が『我々が韓国を離れるときは、韓国は焦土化する』という発言は伊達ではないのでしょう。

  15. 名無しさん より:

    日本に来るついでにぜひ韓国にお越しくださいっていうコバンザメ作戦で
    どれだけ韓国に行くのか予想したら面白そうですね。
    とにかく美辞麗句並び立て、おだててそれがダメなら泣き寝入り
    あるいは恫喝の朝鮮式外交官たち今日も頑張ってるんでしょうか。

  16. めたぼーん より:

    会計士様の懸念がどの位の確率で起こりえるかは分かりませんが、韓国には余計な動き、例えば突然北と併合とか中国に猛烈に擦り寄るとかを言わせないようにマネージしたいのでは無いかと思います。あと、2分の会談の憂さ晴らしで文氏がトランプ大統領を呼び付けたとかして、溜飲を下げたいと言うのが、たまたま一致しただけでは無いかと思います。また、ボルトン氏は北から嫌われているようですから、幾ら訪韓して話しをしても北に上奏出来ないと只をこねているだけかと。日本は安倍さんの外交力を信じるしか有りませんが、動きは把握しているのでは無いかと思います。駄文失礼します。

  17. 牛島 より:

    米国の意図は米中覇権戦争の勝利のため、その為にあらゆるものは利用される。それだけのこと。

  18. 捨韓人 より:

    米大統領がG20を重要視していないのは明らかですが、来日した同氏がその本題を離れてゴルフや大相撲など物見遊山三昧に数日もかけたのに、そこから行くのにそう難しくないはずの訪韓を、今回敢えて「しない」ことはムン政権に対する大きなネガティブメッセージになり得ると思っていましたが、今回の訪韓発表にはちょっと残念に思えました。
    願わくばトランプ氏には、訪韓でするのは安倍首相との朝鮮半島情勢に関する会談内容を「通告」するのみにしてもらいたいものです。

    そして、天皇陛下御即位の際の来日では、上記の理由に加え御即位を「もののついでにされたくない」日本の面子もありますが、日程終了の際は真っ直ぐお戻りされるか、少なくても半島に立ち寄ることだけはご遠慮いただくよう希望しています。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。