昨日、大人気インターネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』を視聴していると、著名ユーチューバーのKAZUYAさんが興味深い動画を紹介されていました。それは、小西洋之参議院議員の『こにたんちゃんねる』です。気になって調べてみたところ、『こにたんちゃんねる』では高評価、低評価が非表示にされているほか、視聴者によるコメントも禁止されているらしく、私自身が以前『サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ』でも申し上げたのとそっくりな状況が生じていたのです。一方、「インターネット時代」という観点から、本日は「ネット時代の議論はどうあるべきか」、「広告はどうあるべきか」についても考察してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット番組の時代

ユーチューバーという新たな職業

昨日、大人気インターネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』を視聴しました。

この回では作家の百田尚樹さんと大人気ユーチューバーのKAZUYAさんが出演され、なかなか興味深く視聴することができたと思います(※ただし、同番組は2週間経過すると視聴できなくなるようですので、ご注意ください)。

いちおうお断りしておきますと、私自身、百田尚樹さんやKAZUYAさんの主張のすべてに自動的に賛同するつもりはありません。しかし、百田先生の著作には優れたものが多いと感じていますし、また、KAZUYAさんの動画は議論の姿勢がフェアであり、とても好感が持てると思います。

ところで、百田尚樹さんの場合は、もともとは放送作家として、大阪のテレビ局・朝日放送の人気番組『探偵!ナイトスクープ』などのチーフライターを務めていたという経歴の持ち主ですが、KAZUYAさんは、そのような経歴をお持ちではありません。

KAZUYAさんは純粋に政治系ユーチューバーとして、YouTubeなどの動画サイトに動画を投稿し続けることを通じて著名人になった方であり、「マスコミ(新聞・テレビなど)を通じて顔が売れた人物」ではないのです。

まさに、マスコミを経由せず、インターネットだけで有名になった人物が社会的影響力を持つ時代が到来しつつあるのです。

「インターネットだけで有名になる」というパターンの走りはブロガーの三橋貴明さんだと思いますが、昨今はブログだけでなく、もっぱらYouTubeなどの動画サイトにおける動画配信で有名になる人が増えているのは、非常に興味深い現象だと思うのです。

YouTubeの仕組みはシンプル

動画サイトYouTubeの仕組みはとても簡単で、まずはグーグルにアカウントを設定し、ログインした状態でYouTubeにアクセスし、「動画をアップロード」ボタンを押して動画ファイルを選択(または動画ファイルをドラッグ&ドロップ)すれば終了で、あとはタイトルを付けて公開するだけの話です。

一方、視聴者の側は、動画を見て、「高評価」、「低評価」などの評価を付けることができますし、動画のアップロード者が「高評価」「低評価」数を表示させる設定を選べば、この動画を見た他の人が、その動画をどう評価しているのかについて知ることも可能です。

そして、YouTubeの場合は「収益化」が可能です。これは、動画に広告を流すことで、動画のアップロード者が広告収入を得るという仕組みですが、テレビのCMをイメージすると分かりやすいでしょう。

ただし、収益化するためには、「チャンネル」を作ったうえで、一定以上の「チャンネル登録者数」を得るなどの条件が必要だそうです(※なお、テレビのCMと異なり、1つの動画にどれだけの広告を挿入するかは、動画の条件に応じて基本的にはアップロード者が自由に決められるようです)。

もちろん、もし「収益化」を狙わないのであれば、本当に誰でも簡単に動画のアップロードができてしまいますが、世の中の「ユーチューバー」と呼ばれる人たちの多くは、魅力的な動画を作ることで動画の再生数、チャンネル登録者数、高評価などを稼ぐことで、より多くの広告収入を得ようとしているようです。

想像するに、チャンネル登録者数・視聴回数も多く、「高評価」もたくさん付くユーチューバーの動画には、広告主も高い単価で広告を出稿しようと思うはずです。そして、YouTube側もそのような仕組みを作ることで、動画のアップロード者にクオリティの高い動画を投稿するインセンティブを付与しているのでしょう。

さらに、動画のアップロード者がコメントを許可していれば、視聴者は動画に対して自由にコメントを書き込むことができますし、他の視聴者は動画だけでなく、それらのコメントに対しても「高評価」「低評価」を付けることができる、という仕組みです。

ただし、動画によっては、視聴者コメントを付けることができない場合や、「高評価」「低評価」が表示されない場合もあります。

ちゃんと統計をとったわけではありませんが、視聴者コメントを許可している動画や、「高評価」「低評価」がきちんと表示される動画の方が、再生回数もチャンネル登録者数も増える傾向にあるように思えます。

KAZUYAさんが青山繁晴氏を批判

さて、ついでに申し上げておけば、KAZUYAさんは「保守系の論客」と思われていますが、実際には同じ「保守系」の政治家を舌鋒鋭く批判したこともあります。

KAZUYAさんが批判した相手は、青山繁晴参議院議員です。

青山氏といえば、私自身も「国士」だと感じている人物ではありますが、KAZUYAさんは青山繁晴氏のことを、(名前を伏せながらではありますが)批判する動画を配信されています。

KAZUYAさんの青山氏に対する批判については、コメント欄でも賛否両論あるようですが、私なりに要約すれば、青山氏がときどき信憑性のない話を口にすること自体、青山氏に対する信頼を損ねることになるから、あまり変な発言をするのは控えた方が良い、ということだと思います。

実際、KAZUYAさんは青山氏が

  • 腕全体から金粉が出た
  • 100mを12.4秒で走った
  • 生まれてすぐたらいの上に立った
  • 握手したら癌が消えた

などと語ったというエピソードを引用しているのですが、これらの中には私自身も視聴した記憶があるものが含まれています。

もっとも、私の理解では、KAZUYAさんは青山氏の支持者が青山氏を神格化するあまり、青山氏が妙な主張をしてもそれを諌めるという「自浄作用」が働いていないということを批判しただけに過ぎず、青山氏のすべての主張を否定したわけではありません。

それよりも重要なことは、KAZUYAさんが「①論拠を明らかにしたうえで」、青山氏を「②具体的に批判」していて、青山氏を「③全否定しているわけではない」という点にあります。これは、具体的な指摘もなしに「アベは独裁者だ」などと抽象的で意味不明なことをのたまう極左系の人たちにはない特徴です。

言い換えれば、KAZUYAさんの主張に納得しない人は、その具体的な論点と論拠を批判すれば良いということでもありますし、KAZUYAさんが批判している論点が明らかなので、それ以外の部分については青山氏を全否定しているわけではない、ということでもあります。

これこそまさにフェアな議論の方法だといえるのです。

小西洋之氏のご都合主義

『こにたんちゃんねる』の動画と評価

さて、KAZUYAさんが出演された回の『虎ノ門ニュース』では、ユーチューバーならではの視点として、「政治家のユーチューバー」の紹介コーナーがありました。

番組内で取り上げられていたのは、立憲民主党の小西洋之参議院議員、日本共産党の小池晃書記局長、国民民主党の玉木雄一郎代表の3名ですが、そのなかでも特に私が興味を感じたのは、小西氏が開設する『こにたんちゃんねる』です。

番組視聴後に気になっていろいろ調べてみたのですが、同氏の議論の姿勢を眺めていると、日本の「サヨク」と揶揄される人たちの特徴が凝縮されていて、非常に面白いと感じました。それは、「コメントを許可していないこと」、「高評価・低評価を非表示にしていること」の2点です。

もっとも、最初の動画と、2番目の動画については、「高評価・低評価」の表示がオンにされています(※視聴者コメント機能については一貫してオフに設定されています)。

現時点で小西氏が投稿した動画は9本あり、もっとも再生数が多い動画は、最初に投稿された『安倍総理に聞いてみたら「人の支配」を知らなかった』とする動画で、投稿日は3月8日ですが、昨日時点までで約3.4万回ほど再生されています。

初回の動画については「高評価」が約340件であるのに対し、「低評価」はその20倍近い6600件を超えていて、この動画を視聴した人の圧倒的多数が、この動画に対して低い評価を付けたことがわかります。

その次に投稿された『横畠長官にいきなり攻撃されてしまった』という動画(※投稿日は先ほどの動画と同じく3月8日)の場合は、再生回数は1.3万回に激減。「高評価」も200件弱に対し、「低評価」は2500件に達している状況にあります。

ただ、あまりにも「低評価」が多すぎることに驚いたのでしょうか、さらにそれ以降の動画について眺めてみると、小西氏は「高評価」「低評価」の数は非表示にしてしまったようであり、これに伴い、3月12日の『横畠長官に質問したらすべて答弁拒否だった』の視聴回数は4000回弱に留まっています。

自信がないなら投稿しなきゃ良いのに

小西氏の投稿した9本の動画を調べてみた結果が、次の図表です。

図表 『こにたんちゃんねる』の動画と評価
アップロード日と動画名とリンク再生回数評価
2019/03/08:安倍総理に聞いてみたら「人の支配」を知らなかった34,247高評価342:低評価6,639
2019/03/08:横畠長官にいきなり攻撃されてしまった13,465高評価196:低評価2,465
2019/03/12:横畠長官に質問したらすべて答弁拒否だった3,854(不明)
2019/03/12:辺野古強行は「地方自治の本旨」違反!と追及したら防衛省丸ごと完無視だった6,332(不明)
2019/03/22:国会議員は議員バッチを二個持っている!?1,474(不明)
2019/03/22:安倍政権では第三者委員会も隠ぺいする!(統計不正問題)2,177(不明)
2019/03/27:本会議場で「安倍総理とは、一体何者なのか」と演説したらずっと下を向いていた1,845(不明)
2019/03/27:参議院予算委員会 平成31年度予算反対討論764(不明)
2019/03/27:参議院本会議 平成31年度予算案反対討論889(不明)

(【出所】2019年4月23日夕方時点において著者調べ)

とてもわかりやすいですね。

最初の動画だけ3万回少々の再生があったものの、回を追うごとに再生数が減少。また、1本目と2本目の動画では、圧倒的な「低評価」が付いていて、3本目以降の動画については高評価・低評価について、内訳を非表示にしてしまっている、という状況です。

さらに、これら9本の動画に対しては、いずれもコメントができません。小西氏自身、国民の代表者である国会議員という立場にありながら、「俺は絶対に、国民・有権者からの声は聴かないぞ」という姿勢が見えてくるような気がします。

都合が悪いと異論、反論をシャットアウト!

考えてみれば、個人がマスコミ(とくに新聞、テレビ)を経由せず、直接に意見を発信することができるようになったというのも、すばらしい時代だと思います。ただし、インターネット時代の特徴である「双方向性」をフル活用しないのはもったいない話でもあります。

新聞、テレビの特徴は、基本的には情報の発信者(新聞社やテレビ局)が自分たちの言いたいことを一方的に発信しておしまい、というものでしたし、悪い言い方をすれば「新聞社・テレビ局の主張は絶対のもの」であり、異論は認められませんでした。

しかし、インターネット時代だと、情報は双方向に流れます。たとえば、僭越ながら当『新宿会計士の政治経済評論』の場合だと、情報の発信者である私自身が「絶対的に正しい」というものではありませんし、本文だけでなく読者コメント欄を読むという楽しみがあります。

実際、当ウェブサイトの場合は読者コメント欄にはかなり正鵠を射た意見を頂くことも多く、また、私自身がそれらのコメントを参考にさせていただき、あらためて記事を執筆して好評を博すというパターンも、最近になって増えて来たと思います。

また、先ほどのKAZUYAさんの場合は、チャンネル登録者数が50万人を超えているのですが、実際、分かりやすい語り口調とフェアな姿勢が圧倒的に多くの人々に支持されているのでしょうし、基本的にKAZUYAさんの動画もコメント、評価はいずれも自由です。

これに対して小西氏は、政治家でありながらコメント機能をオフにし、評価を非表示にしたうえで、ご自身が言いたいことだけを主張しておしまい、という姿勢で動画配信を行っているようです。

私自身、千葉県民ではありませんから、小西氏といえば、国会でダイビングをしたり、くだらないクイズを出したりして悦に入っている人間、という程度の認識しかありません。しかし、せっかく動画配信をするならば、ご自身の考え、人となりを伝え、コメント欄で忌憚なき意見を集めれば良いのに、と思うのです。

そういえば、以前、当ウェブサイトでも『「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた』や『サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ』で、「サヨク」のみなさんの議論姿勢を紹介したことがありました。

早い話が、彼らに共通しているのは、自分にとって都合が良い内容だけを受け入れ、自分たちの意見に批判的な意見はシャットアウトする、という姿勢です。まさに小西洋之さんの姿勢もこれとそっくりではないかと思います。

(広告・スポンサーリンク)



ネットビジネスと広告

インターネット時代は「広告モデル」が主体に

さて、以前からときどき申し上げていることですが、インターネットサイトの多くは無料で閲覧可能です。

ただし、当ウェブサイトを含めて、多くのウェブサイトは運営費を広告収入で賄っています。その意味で、多くのウェブサイトのビジネスモデルは民放テレビ局とそっくりなのですが、その一方で、「とにかく広告収入で稼ぎたい」という意図が見え見えのサイトも増えてきたような気がします。

私自身が「これは酷い」と思ったのは、ツイッターで見掛けた、とあるプロモーション(広告)ツイートです。

投稿日は4月20日で、穴の写真とともに「この写真は編集されていません。穴をよく見てください」というメッセージのみが掲載されています。

気になってリンク先をクリックしてみると、何のことはない、単に庭に穴を掘って倉庫か何かを作るだけのブログ記事です。結論を知ってしまえば「何だ、くだらない」と思う人が非常にたくさんいると思うのですが、せこいのは、そのウェブサイトの作り方です。

数えてみると、1つの記事に写真が28枚あるのですが、これらの写真を1ページずつ分割し、合計28ページにわたって掲載しているのです!

当ウェブサイトの例でいえば、この記事自体を含めて、たいていの場合はいくつかの小見出しを設けているのですが、小見出しごとに「続きを読む」というボタンを押さなければ続きが読めない、という姿を想像して頂けるとわかりやすいと思います。

正直、分割し過ぎですし、結末もつまらないという代物ですが、1ページごとに広告が張られていて、結論に至るまで何十回もクリックさせることで、ウェブサイト運営者に広告収入が落ちる、という仕組みでしょう。

ツイッター社にカネを払ってでも広告ツイートを出稿し、それによって多くの人にクリックさせることで広告収入を稼ぐというのは、インターネット時代のあだ花のようなビジネスモデルではないでしょうか。

ウェブも立派な「マス・メディア」に?

ただ、インターネット時代に上記のような強引な広告で稼ぐサイトが出現するのも過渡期ならではの仕方がない現象です。

その一方で、日曜日に発生したある事故が、インターネット上で話題になっています。

これは、神戸の中心・三宮で市営バスが人をはねる事故が発生し、それを「ある新聞社」のカメラマンが強引に撮影している様子です。

「とある新聞」でピンと来た人も多いと思いますが、それは、朝日新聞です。

ちなみに、朝日新聞デジタルの記事を読むと、問題の写真が掲載されています。

神戸市営バスがはね、男女死亡 容疑の64歳運転手逮捕(2019年4月21日17時22分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

写真自体は合計20枚掲載されているのですが、撮影者の氏名が入っているものをピックアップすると、

  • 小川智
  • 井手さゆり
  • 水野義則

とあります(敬称略)。

ツイッターの動画で見る限り、朝日新聞のカメラマンは男ですので、ツイッター動画の主がこの3人のうちの1人だとすれば、「小川智」というカメラマンが問題の人物だ、ということではないでしょうか。というのも、「水野義則」というカメラマンは報道ヘリから撮影しているからです。

(※どうでも良いですが、爆音を響かせる報道ヘリは救助活動の迷惑以外の何物でもありません。)

つまり、ツイッターが朝日新聞の悪行を人々に伝達する重要な媒体として機能している、ということでもあるのです。

まさに、ウェブサイトもマス・メディアの役割を立派に果たす時代が訪れつつあるのかもしれません。

ウェブサイト運営上の留意点

このように考えていくと、当ウェブサイトの場合も、1日のページビュー(PV)数が3~5万件に達しており、一定の影響力が生じている、という言い方ができるかもしれません(※最近だと、多い日には10万PV近くに達することもあります)。

ちなみに中日新聞グループの広告代理会社のウェブサイトによると、2017年下半期の東京新聞の部数は50万部弱だそうです。

紙媒体の部数とウェブ媒体のPV数を単純に比較するのは不適切かもしれませんが、東京新聞が日々、50万部印刷されて配られているのに対し、当ウェブサイトは日々、5万回閲覧されているのだとしたら、たかが個人のウェブサイトであっても、東京新聞に対抗できる時代が到来する可能性だってあります。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、当ウェブサイトの場合は私が個人で運営しているものであり、話題も視点も偏っていますし、「一次情報」はほとんど含まれていません。あくまでも私自身の独断と偏見に基づく意見が綴られているだけのウェブサイトです。

しかし、ただ1つ気を付けている点があるとすれば、当ウェブサイトの場合は「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を目的としている、という点であり、知的好奇心を刺激されたと思ったならば、是非とも読者コメント欄にコメントを賜ると有難いと思っている点です。

言い換えれば、当ウェブサイトの場合は、記事そのものもさることながら、それらの記事に付された読者コメントを読み、自身も議論に参加する、という楽しみがあるのです(※当たり前ですが、当ウェブサイトに対する批判もまったく自由です)。

そして、当ウェブサイトくらいのクオリティでも5万PV稼げるという事実がもっと広まれば、似たようなウェブサイトを立ち上げる人が増えても良いと思いますし、それらのウェブサイトが一種の言論プラットフォームになれば、やがて社会を変える原動力になるに違いありません。

その意味で、当ウェブサイトへのコメント主様は、ご自身のブログ、ウェブサイトなどを開設されていれば、是非、それをコメント欄に書き込んで下さい。是非、社会全体で議論をしていきましょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/09/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴、日本は毅然として受けて立つべき (3コメント)
  • 2019/09/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    歴史は繰り返す?日韓問題に中国を引きずり込む韓国 (18コメント)
  • 2019/09/17 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工問題巡る換金は「お手並み拝見」 (13コメント)
  • 2019/09/16 12:00 【時事|国内政治
    自然災害と「国民の敵」という二次災害 (71コメント)
  • 2019/09/16 05:00 【韓国崩壊
    韓国が日本をホワイト国除外:瀬戸際外交は無視に限る (38コメント)
  • 2019/09/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    「加害国」の高官が「日本は高圧的で一方的」と逆ギレ (50コメント)
  • 2019/09/15 06:00 【韓国崩壊|金融
    ムーディーズが韓国企業13社に「格下げ」警告 (21コメント)
  • 2019/09/15 05:00 【韓国崩壊
    常識を疑え 「朝鮮半島は日本の生命線」、本当か? (42コメント)
  • 2019/09/14 12:30 【韓国崩壊
    絶対譲るな!旭日旗騒動は韓国のウソ崩壊の第一歩 (78コメント)
  • 2019/09/14 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年9月14日版) (97コメント)
  • 2019/09/14 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考の重要な指摘は「文在寅の問題ではない」 (51コメント)
  • 2019/09/13 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国の新金融委員長から日韓スワップ待望論、なぜ? (28コメント)
  • 2019/09/13 11:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理適正化に関する高安雄一教授の優れた論考 (12コメント)
  • 2019/09/13 06:00 【時事|金融
    ECBの中途半端な緩和政策にトランプ氏が噛み付く (9コメント)
  • 2019/09/13 05:00 【マスメディア論
    韓国、財務省、NHK、共産党の共通点は議論の拒否 (40コメント)
  • 2019/09/12 16:00 【マスメディア論
    朝日新聞さん、内閣改造に承服していただく必要はありません (19コメント)
  • 2019/09/12 12:45 【時事|韓国崩壊
    「米韓同盟は成り立たない」といい加減気付いたら? (38コメント)
  • 2019/09/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    もう聞き飽きた、「日韓双方が努力すべき」論 (26コメント)
  • 2019/09/12 06:00 【マスメディア論|時事
    「最初から朝日に刺さるブーメラン」 ほか (14コメント)
  • 2019/09/12 05:00 【韓国崩壊
    韓国のWTO提訴はセルフ経済制裁への近道 (18コメント)
  • 2019/09/11 11:11 【時事|韓国崩壊
    WTO「日本が実質勝利」に気を抜いてはならない理由 (27コメント)
  • 2019/09/11 09:40 【時事|外交
    トランプ大統領がボルトン氏を解任 北朝鮮問題は? (16コメント)
  • 2019/09/11 05:00 【国内政治
    閣僚人事、日本共産党が批判している時点で大成功? (54コメント)
  • 2019/09/10 17:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓議連総会、今年も」 いったい何のために? (25コメント)
  • 2019/09/10 09:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキは長文が苦手 韓国政府が河野外相に反論 (58コメント)
  • 2019/09/10 06:00 【時事|韓国崩壊
    タマネギ男の法相就任:混乱する韓国からは距離を置け (56コメント)
  • 2019/09/10 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】パパママショップの消費税 (9コメント)
  • 2019/09/09 16:45 【時事|韓国崩壊
    河野太郎氏、またしても「やらかす」 (33コメント)
  • 2019/09/09 11:00 【時事|韓国崩壊
    法を守らぬ韓国政府 リセットできない日韓関係 (44コメント)
  • 2019/09/09 09:09 【金融
    財務省「消費増税で日本経済をぶっ壊す!」 (17コメント)
  • 2019/09/09 05:00 【外交
    内閣改造を前に、日本外交の現状を簡単にまとめてみた (16コメント)
  • 2019/09/08 11:30 【国内政治
    「河野太郎防衛相」という観測記事をどう読むか (28コメント)
  • 2019/09/08 10:15 【時事|国内政治
    「ヘイトをやめろ」?まずは韓国に言って下さい (52コメント)
  • 2019/09/08 05:00 【マスメディア論
    「日本社会が在特会化」、公正な議論といえるのか? (55コメント)
  • 2019/09/07 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人は相容れない、韓国の生活 (44コメント)
  • 2019/09/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年9月7日版) (171コメント)
  • 2019/09/07 05:00 【国内政治
    【内閣改造】野党・マスコミ総崩れ 緊張感欠く自民党 (34コメント)
  • 2019/09/06 17:30 【時事|韓国崩壊
    やっと米CSISも「米韓同盟消滅」の可能性に言及 (43コメント)
  • 2019/09/06 13:00 【韓国崩壊
    「用日派」論考にこそ「あるべき日韓関係」が見える (56コメント)
  • 2019/09/06 10:15 【時事|金融
    イランがウラン20%精製を見送り、なぜ? (30コメント)
  • 2019/09/06 05:00 【韓国崩壊
    日本に「ドーバートンネル」がないのは僥倖 (49コメント)
  • 2019/09/05 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅氏、ダムに言及せず? (14コメント)
  • 2019/09/05 17:30 【時事|韓国崩壊
    もう1度言う、韓国は「加害国」だ! (44コメント)
  • 2019/09/05 11:11 【経済全般
    【速報】カレーメシvsねるねるねるね問題 (26コメント)
  • 2019/09/05 10:00 【国内政治
    河野太郎外相の交代論、いったいどこから? (33コメント)
  • 2019/09/05 06:00 【時事|外交
    香港の混乱を私たち日本人はどう見守るべきか (15コメント)
  • 2019/09/05 05:00 【マスメディア論|国内政治
    朝日「ブーメラン社説」が却って丸山議員の追い風に! (40コメント)
  • 2019/09/04 17:00 【時事|外交
    コーノ・タローの英文論考 史上最も仕事をする外相 (48コメント)
  • 2019/09/04 12:20 【時事|金融
    韓国の外貨準備「行方不明の10億ドル」 (11コメント)
  • 2019/09/04 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の復元が難しい理由 (48コメント)
  • 2019/09/04 05:00 【RMB|韓国崩壊
    米国は中国と韓国を「通貨安」でどう追い込むのか? (15コメント)
  • 2019/09/03 17:45 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAとホワイト国、「交換条件」ではない! (51コメント)
  • 2019/09/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    告げ口外交の落とし前 「曲がり角」迎えたのは韓国の方だ (41コメント)
  • 2019/09/03 06:00 【金融
    韓国の輸出不振と通貨危機のつながり (16コメント)
  • 2019/09/03 05:00 【マスメディア論
    オールドメディアの硬直性 ウェブに無限の可能性 (33コメント)
  • 2019/09/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏の現実逃避と「数合わせのGSOMIA」 (50コメント)
  • 2019/09/02 11:00 【時事|外交
    対独90兆円請求も?ポーランドの戦後処理問題 ほか (24コメント)
  • 2019/09/02 06:00 【時事|韓国崩壊
    竹島侵入の韓国国会議員6人こそ犯罪者として裁け (27コメント)
  • 2019/09/02 05:00 【時事|国内政治
    日本政府は「日韓交流おまつり」後援を国民に説明せよ (14コメント)
  • 2019/09/01 21:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日葛藤は独断的民族主義」?具体的提言を欠く悪文 (17コメント)
  • 2019/09/01 08:00 【韓国崩壊
    日韓関係悪化の1年を振り返る (59コメント)
  • 2019/09/01 05:00 【国内政治
    インターネットで健全な民主主義が実現する! (41コメント)
  • 2019/08/31 14:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が米軍基地返還要求 (62コメント)
  • 2019/08/31 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国の宗教」 (52コメント)
  • 2019/08/31 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月31日版) (101コメント)
  • 2019/08/31 05:00 【韓国崩壊
    「文在寅の真の野望」に見るリスク (42コメント)
  • 2019/08/30 12:00 【韓国崩壊
    「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか? (75コメント)
  • 2019/08/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    「日本は永遠に謝れ」からの脱却 (68コメント)
  • 2019/08/30 05:00 【マスメディア論
    なぜ自社の不祥事は実名報道しないのですか? (17コメント)
  • 2019/08/29 15:00 【時事|韓国崩壊
    日本よ、これが韓国だ (88コメント)
  • 2019/08/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    【輸出管理】韓国政府が勘違い 外務省は管轄外  (38コメント)
  • 2019/08/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄問題、米国の「逃げ得」を許すな (44コメント)
  • 2019/08/29 06:00 【時事|韓国崩壊
    経産省が韓国に即日反論 日本政府の変化を歓迎する (66コメント)
  • 2019/08/29 05:00 【マスメディア論|国内政治
    政権交代から10年 ネットがマスコミをぶっ壊す (41コメント)
  • 2019/08/28 16:15 【時事|韓国崩壊
    オウム返しのウソツキ国家は「泳がせる」のが正解? (47コメント)
  • 2019/08/28 11:00 【韓国崩壊|金融
    ホワイト国からの除外が完了、日韓は新たなフェーズへ (42コメント)
  • 2019/08/28 06:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府「韓国は歴史書き換えるな」「賢明に対処せよ」 (29コメント)
  • 2019/08/28 05:00 【韓国崩壊
    待望の鈴置論考、「米韓同盟はすでに終わっている」? (13コメント)
  • 2019/08/27 22:00 【マスメディア論|時事
    【速報】京アニ事件「実名報道」蛮行を批判する (75コメント)
  • 2019/08/27 14:10 【国内政治
    史上政権最長に王手 安倍内閣の改造をどう考えるか (17コメント)
  • 2019/08/27 12:01 【時事|韓国崩壊
    明日の「ホワイト国外し」をセルフ経済制裁化する韓国 (21コメント)
  • 2019/08/27 09:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国パッシング」の先にあるもの (35コメント)
  • 2019/08/27 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIAでまた瀬戸際外交 「相手にしない」が鉄則 (70コメント)
  • 2019/08/26 15:00 【時事|韓国崩壊
    韓国にはラオスダム決壊の加害者という意識があるのか (58コメント)
  • 2019/08/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日米韓連携破綻を視野に入れた国民的議論が必要 (61コメント)
  • 2019/08/26 09:05 【時事|外交
    天皇陛下の即位式に呼ばれていない国 (53コメント)
  • 2019/08/26 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    短期債務急増とセルフ経済制裁が第3次通貨危機への道? (14コメント)
  • 2019/08/25 17:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が破棄するから先に破棄する」の支離滅裂さ (38コメント)
  • 2019/08/25 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮日報「米高官が韓国政府の説明をウソと抗議」 (72コメント)
  • 2019/08/24 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「法を軽視する韓国人」 (59コメント)
  • 2019/08/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月24日版) (206コメント)
  • 2019/08/24 05:00 【韓国崩壊
    もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ (117コメント)
  • 2019/08/23 17:10 【時事|韓国崩壊
    ナイスジョーク!(今日は疲れましたので…) (42コメント)
  • 2019/08/23 15:49 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA終了:対韓配慮の時代は終わった! (40コメント)
  • 2019/08/23 15:15 【時事|韓国崩壊
    米国政府が韓国を「深刻な勘違い」「強い懸念」と批判 (10コメント)
  • 2019/08/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、本気で書簡を本当に日本に伝達へ (11コメント)
  • 2019/08/23 12:30 【時事|金融
    「韓国で金利デリバティブ損失」の問題点 (9コメント)
  • 2019/08/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA破棄巡るメディアの反応 (29コメント)
  • 2019/08/23 05:00 【韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「日本の覚悟」 (58コメント)
  • 2019/08/22 22:22 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「南ベトナム・シナリオ」 (36コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。