昨日、安倍総理は第198回国会の冒頭で施政方針演説を行いました。文字に起こすと13000文字と長大な文章ですが、なかなか読みごたえもありますし、私自身、読んでいて賛同、共感できる部分もあれば、そうでない部分もあります。もちろん、忙しい社会人がこうした「安倍演説」をじっくり読めるのかといえば、事情は人それぞれでしょう。そこで、本稿ではあくまでも私の主観ではありますが、「安倍演説」を読んで気付いた点、感じた点についてお伝えしたいと思います。そして重要なことは、「読みっぱなし」ではなく、「気付いたこと、感じたこと」を、短くても良いのでコメントとして世に出すことではないかと思うのです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「安倍演説」を読む

昨日も「速報」と称して少しだけ取り上げたとおり、安倍晋三総理大臣は28日、国会で施政方針演説を行いました。その内容が首相官邸ホームページに掲載されています。

第百九十八回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説(2019/01/28付 首相官邸HPより)

文字数にして約13000字と長大な演説ですが、お世辞抜きで、なかなか読みごたえがあります。さすが歴代最長政権を目指すだけのことはありますね。ただ、私が読んでみて、「素晴らしい」と思う箇所と、そうでない箇所が混在している演説でもあります。

本稿では、私が「平成最後の施政方針演説」を読んで感じたことを、ざっくばらんに申し上げてみたいと思います。

経済政策は中途半端だが…

平成最後の施政方針演説:天皇、皇后両陛下に言及

さて、安倍総理は演説の冒頭で、大きな自然災害が相次いだ平成の時代に、被災地の現場に必ず天皇、皇后両陛下のお姿があった、と述べました。

これは非常に大事な指摘です。

とくに阪神・淡路大震災にわざわざ言及してくれたことに対し、神戸出身である私は感銘を受けました。というのも、これは当時の村山富市首相の無為無策、被災地におけるマスコミの横暴など、私自身がウェブ評論活動を行ううえでの、忘れられない「原点」の1つでもあるからです。

しかし、両陛下は被災地を率先して訪問され、避難所で履物を脱がれて被災者にお声掛けをされたことで、被災地がどれほど勇気づけられたかわかりません。

また、東日本大震災では当時の菅直人首相の無為無策を差し置き、天皇陛下がわざわざテレビカメラの前で国民に向けてお言葉を発表されたことは、私を含めて多くの日本国民を勇気づけたのです。

ちなみに「安倍演説」では触れられていませんが、安倍総理自身、当時は一介の衆議院議員に過ぎませんでしたが、自ら率先して物資をトラックに詰め込み、秘書とともに被災地を回っていたというエピソードは、意外と知られていません。

当時の自分自身の活動には何も言及せずに、大災害を受けて国民に寄り添う両陛下への感謝を述べるあたり、いかにも安倍総理らしいと思います。

アベノミクスは中途半端に

ところで、安倍演説で触れられているのは、いわゆる「アベノミクスの三本矢」です。

確かに安倍総理が就任して6年間で、GDPは10%以上成長し、国、地方をあわせた税収は28兆円増加し、来年度予算における国の税収は過去最高の62兆円に達しました。

しかし、「6年間で10%」ということは、「毎年約1.25%」ということです。野田政権時代に成立した消費税率引き上げで盛り込まれた付帯決議「経済成長3%、インフレ2%」には、まったく到達していません。本来、正しい経済政策を採用していれば、毎年2~3%の経済成長は実現できたはずです。

では、いったい何が間違っているのでしょうか?

実は、安倍総理が「三本矢」と主張する政策については、事実上は「金融政策一本足打法」です。

確かに日銀は2013年4月以降、大胆な金融緩和政策(QQE)を採用しましたし、これにより中途半端ながらも日本経済はデフレ基調から脱しつつありますし、有効求人倍率は全都道府県で1倍を超えている状況です。

経済学の理論では「フィリップス曲線」と呼ばれる相関関係が知られています。これは、「インフレ率が上昇すれば失業率は低下する」という経験則であり、日銀が「インフレ目標」を掲げてQQEを実施したことと、有効求人倍率の上昇は、明らかに「フィリップス曲線」の理論そのものです。

消費増税はアベノミクスを殺す

しかし、2本目の矢である「財政政策」を巡っては、明らかに大失敗に終わっています。

まず、災害復興の財源は、増税ではなく国債発行によって賄うのが筋であるはずですが、野田元首相が主導した、東日本大震災からの復興を目的とした「復興所得税」については、現在に至るまで廃止できていません。

次に、野田元首相が仕組んだ2014年4月の消費増税については、結局、先送りができませんでした。現在の税率は8%(国税6.3%、地方税1.7%)ですが、これを今年10月には10%(国税7.8%、地方税2.2%)に引き上げようとしているのです。

しかも、複雑怪奇な軽減税率を設けるなどして、税制そのものも、とうてい「簡素」とは言い難い代物になろうとしています。

安倍総理は演説で消費増税を巡り、「国民の皆さまのご理解とご協力」をお願いする、と述べているのですが、正直、日本経済を殺しかねない消費増税の強行を「理解しろ」などと言われても、理解できるはずなどありません。

また、今回の増税については「頂いた消費税を全て還元する規模の十二分な対策を実施する」などと述べているのですが、これこそまさに「語るに落ちる」でしょう。増税すれば経済が落ち込むことを知っているからこそ、このような発想が出てくるのです。

「増税分を全額国民に還元する」くらいなら、最初から増税すべきではありません。

ちなみに最近だと、財務省がゴリ押しする「財政再建が必要」といったロジックがインターネット上で論破され始めているためでしょうか、「持続可能な社会保障制度」を増税の名目にし始めているようであり、「安倍演説」でも「財政健全化」と並んで「社会保障改革」に言及されています。

しかし、現在の日本に必要なのは、「税率の10%への引き上げ」ではありません。

むしろ減税、あるいは消費税法の廃止です。

「安倍演説」では貧困世帯への給付、児童手当増額などの成果を自賛したうえで、少子化対策としての教育無償化の意義を強調しているのですが、「子供を産み、育てやすい社会」の実現は確かに必要ではあるものの、優先順位を間違っているのです。

経済政策は「総花的」だが、電波利権に切り込むことは歓迎

さて、経済政策の下りについては、「総花的」、つまり「あれもこれも」と盛り込みすぎている印象がありますが、共感できる部分とそうでない部分があります。

私が全力で支持したいのは、「電波改革」です。

安倍演説では「電波は国民共有の財産である」として、「経済的価値を踏まえた割当制度への移行、周波数返上の仕組みの導入」と述べているのですが、これは放送法改革を念頭に置いているのでしょうか?

もしそうだとしたら、偏向報道ばかりで放送法を守ろうとしない地上波テレビ局に対する強烈な牽制であり、テレビ局と同一資本に属する新聞社にとっても、非常に都合が悪い話です。

新聞やテレビの多くは、この点を取り上げずに無視するのではないかと思いますが、私はこの部分については全面的に支持したいと思うのです。

一方、まったく支持できない部分は、「インバウンド4000万人目標」です。

「安倍演説」では「観光立国」という節を置き、訪日外国人旅客は6年間連続で過去最高を更新し、現在は3000万人の大台に乗ったと自賛しています。しかし、「安倍演説」では触れられていませんが、入国者の4分の1は中国人、4分の1は韓国人です。

中韓両国の観光客は、その圧倒的多数が善良な市民であることは事実ですが、ごく稀には困った犯罪者も含まれていますし、近い将来、朝鮮半島で動乱でも発生しようものなら、観光ビザで多くの難民が朝鮮半島から流入しかねません。

「2020年までに観光客4000万人」目標については、やはり、勇気を持って撤回して頂きたいものです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



戦後日本外交の総決算

「自由貿易」でトランプ政権を牽制?

さて、安倍政権に対する批判めいた記述が続きましたが、やはり安倍政権の「得意分野」といえば、間違いなく外交です。

真っ先に言及されているのがTPPと日欧EPAであり、また、「自由貿易」というキーワードです。安倍総理は「自由貿易が大きな岐路に立っている」と述べるのですが、聞く人が聞けば、暗に米国・トランプ政権を批判しているかのように見えなくもありません。

ただ、自由貿易が大切であるという点については私も原則としては共感していますが、「自由で公正な経済圏」には「自由・民主主義・法治・人権重視」といった価値観を共有する相手を厳選する必要があります。その意味で、TPPやEPAに言及したことは、非常に適切です。

ただ、外国との経済協力の下りで不安材料がないわけではありません。安倍総理は昨年秋の訪中によって「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」と述べているのですが、これは少々認識が甘すぎます。

安倍総理は習近平(しゅう・きんぺい)国家主席との間で、日中3原則(▼①国際スタンダード下で競争から協調へ、▼②たがいに脅威とならない、▼③自由で公正な貿易体制をともに発展させる)に達したと強調しています。

しかし、中国との間での「自由で公正な貿易体制」とは、たちの悪い冗談にしか見えません。

その一方、ロシアについても「国民同士、互いの信頼と友情を深め、領土問題を解決して、平和条約を締結する」と述べているのですが、私自身はむしろ、安倍総理の在任中に無理やりロシアとの領土問題を解決しようとしないで欲しいと思っています。

日米同盟と地球儀俯瞰外交

一方、安全保障面から重要なのは、米国との関係です。

安倍総理は「わが国の外交・安全保障の基軸は、日米同盟である」と指摘し、日米同盟がかつてなく強固なものになっていると主張。あわせて沖縄県の米軍基地問題の解決や、自主防衛力の強化などに言及しており、この点については一切ブレていないことは素直に評価に値します。

そのうえで、サーバーセキュリティや宇宙などの領域で「わが国が優位性を保てるよう」、従来とは「抜本的に異なる速度で変革を推し進める」とのことです(※余談ですが、安倍総理がもし本気でそう考えているのならば、やはり財源としての国債の発行は必要でしょう)。

また、「安倍演説」では、「インド洋から太平洋へと至る広大な空と海を平和と繁栄の基盤とする」と述べ、いわゆる「自由で開かれたインド太平洋」に言及していますが、これも安倍総理だからこそ実現できる、価値と利益の外交の集大成であるといえるでしょう。

改憲に言及せず北朝鮮問題が解決できると思うな

ところで、「安倍演説」では北朝鮮について「核、ミサイル、拉致問題の解決に向けて、相互不信の殻を破り、次は私自身が金正恩委員長と直接向き合い、あらゆるチャンスを逃すことなく、果断に行動」するなどと述べているのですが、ここには違和感があります。

私に言わせれば、核、拉致、ミサイル問題を解決する手段は、「交渉」ではありません。「圧力」と、場合によっては「戦争」です。

それなのに、「安倍演説」で改憲について触れられている箇所は、次の箇所だけです。

憲法は、国の理想を語るもの、次の時代への道しるべであります。私たちの子や孫の世代のために、日本をどのような国にしていくのか。大きな歴史の転換点にあって、この国の未来をしっかりと示していく。国会の憲法審査会の場において、各党の議論が深められることを期待いたします。

この下りを読むと、安倍総理が憲法改正を諦めてしまったのではないかという気がしてなりません。

さらに、安倍総理は「北朝鮮との不幸な過去を清算し、国交正常化を目指す」と述べていますが、地球上最悪の人権弾圧国家との「国交正常化」とは、正気の沙汰ではありません。

少し言い過ぎかもしれませんが、日本が朝鮮半島の旧宗主国としての道義的な責任を果たすならば、むしろ積極的に、北朝鮮の金正恩体制を滅ぼすことを目指すべきではないかとすら思います。

韓国の位置付け

ちなみに昨日の『【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは?』では、韓国メディアが「安倍演説で韓国が丸ごと無視された」と報じていましたが、原文を読むと、ちゃんと「韓国」というキーワードが出てきます。

それは、北朝鮮との「不幸な過去を清算し、国交正常化を目指す」という下りで、

米国や韓国をはじめ国際社会と緊密に連携してまいります

と述べている箇所です。

逆に言えば、かつては「基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」に位置付けられていた韓国は、「北朝鮮との関係で米国と並んで連携する相手」ということですが、米韓同盟が消滅すれば、「北朝鮮との関係で連携すべき相手」からも韓国の姿は消えることになるのかもしれません。

一気に良くなるわけではない

以上の「安倍演説」、僭越ながら私があえて評点を付けるならば、「100点満点中の70点」、といったところでしょうか。

「日米同盟を基軸にしたインド太平洋戦略」、「共通の価値観に基づく自由貿易圏」といった構想については、私自身も熱烈に支持したいと思いますし、経済政策の中にはきらりと光るものも見え隠れします。

しかし、外交では安倍総理が「成果」を急ぎ過ぎているようにも見受けられますし、その割にはハードルが高い改憲への意欲が後退したかにも見えること、北朝鮮との「不幸な過去を清算した上での国交正常化」などのように、私としては到底受け入れられないような内容も含まれています。

何より、消費税については、安倍総理でも財務省を抑え込み切れないのか、という落胆を隠すことはできません。

しかし、私は某経済評論家の方と違い、「アベには失望した!」などと短絡的に申し上げるつもりはありません。

長年に及ぶ大蔵省・財務省の「増税至上主義」に基づく霞ヶ関支配、利権構造で多様な言論から目を背けて来たマスコミ、不勉強で与党の足ばかり引っ張る無能で無責任な野党議員――。

こうしたさまざまな問題点に対し、安倍総理は政権を6年以上も持続させ、むしろ粘り強く対処して来たのではないかと思います。

それに、安倍総理がいくら有能だとしても、たった1人で戦後日本の積弊をすべて清算できるものではありません。日本のように完成された民主主義社会で問題を解決するためには、どうしても既得権益との摩擦は避けられませんし、時間もかかるのです。

それには結局、政治家に課題を「丸投げ」するのではなく、私たち国民の側が意識を変革し、意見を形成し、それを政治家らに伝えていかなければならないのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』も、「日本の民主主義をより良いものにしていく」ことに、ささやかながら貢献したいという意思で開設しているサイトです。

今回の「安倍演説」については、敢えて「70点」という点数を付けていますが、これはあくまでも私の主観であり、見る人が見たら「消費税を巡って失望した!」と思う人もいれば、「電波利権に踏み込んでほしい!」と思う人もいるでしょう。

実は、こうやって安倍演説を「ああでもない」「こうでもない」と議論すること自体、日本の民主主義の向上に役立っているのです。

安倍総理の演説をどう受け止めたか、どこに注目したかは、それこそ人それぞれだと思いますが、重要なのは、その気持ちをコメントとして書き込み、多くの人に見てもらうことではないでしょうか?

そのことを改めて痛感した次第です。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (22コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (23コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (25コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (14コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (29コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。