以前から当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、「外交は究極的には価値と利益で理解できる」と申し上げて来ました。ここ数日、どうしても特定国の話題ばかり紹介して来ましたが、少しだけ時事的な話題から離れ、「そもそも論」を議論しておきたいと思うのです。私自身、日本国民である以上、日本という国をより良い国にして次世代に引き継ぐという義務を果たさねばならないと考えているのですが、その前に日本とはどのような国であり、アジアからはどう思われているのでしょうか?

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアってどこですか?

さて、日本国内で「アジア」と聞くと、「むかし戦争で被害を与えたから日本はアジアで嫌われているに違いない」といった主張が聞こえて来ますし、私が存じ上げている某有名な在日韓国人の大学教授などは、常々、「日本は歴史を反省も謝罪もしていないから、アジアから嫌われている」と主張しています。

実際、中国ではいまだに「南京大屠殺」が「旧日本軍による犯罪行為だ」として記録されていますし、また、お隣の韓国や北朝鮮では「日帝の悪辣で残虐非道な植民地支配」を糾弾する意見が根強く残っている状況です。

ただ、ここでいう「アジア」とは、たいていの場合、「中国」と「韓国」と「北朝鮮」です。そして、「中国・韓国・北朝鮮」の3ヵ国を「アジア」と呼ぶのは明らかに不当であり、「アジア」の範囲はもっと多様で広いと考えるべきです。

広い意味では、「アジア」には東南アジア諸国連合(ASEAN)やその周辺地域、インドなどの南アジア諸国、さらにはロシアの一部、中東なども含まれますし、私は少なくとも台湾や香港、マカオは中国とは別の存在だと考えています(※もっとも、香港とマカオは中国化が進んでいるようですが…)。

こうしたなか、最近だと、インターネット上では、日本に対してやたらと批判的な中国と南北朝鮮のことに限定して、「特定アジア」(略して「特ア」)という表現をする人が増えています。裏を返せば、「アジアが日本を嫌っている」という、一部マスコミや学者の主張に同意しないという人が増えているのです。

アジアから嫌われている?

ASEANから深く信頼される日本

こうしたなか、「日本がアジア全体から嫌われている」という説が、明らかに誤っていると考えられる証拠があります。今月7日に産経ニュースが報じた次の記事です。

東南アジア諸国が最も信頼するのは「日本」 識者意識調査(2019.1.7 11:50付 産経ニュースより)

産経ニュースによると、シンガポールの「東南アジア研究所」がASEAN10ヵ国の識者に行った意識調査で、「平和や繁栄に貢献する国として日本が最も期待されていることが明らかになった」としています。

産経ニュースからの孫引きですが、この調査は昨年11月から12月にかけて、「政策、研究、ビジネス、市民社会、メディアの専門家ら1008人」を対象にネットで実施したものだそうで、『東南アジアの状況2019』として近く公表されるのだとか。

詳しい内容については産経ニュースを直接読んでいただきたいのですが、ここで重要なのは、国際平和と安全保障、繁栄、統治に「正しい行動を取ると信じている」との回答を得た主要国・地域の1位が日本だった、という事実です。

1位:日本(65.9%)

2位:EU(41.3%)

3位:米国(27.3%)

4位:インド(21.7%)

5位:中国(19.6%)

だったそうです(順位は引用者が付したもの)。比率を足し上げても100%を超えることから、おそらくは「重複回答可」というアンケートだったのでしょう。また、「不信感を抱いている」と回答された国でも、日本は最下位でした。

1位:中国(51.5%)

2位:米国(50.6%)

3位:インド(45.6%)

4位:EU(35.2%)

5位:日本(17.0%)

「中国が圧倒的に不信感を得ていて、日本が圧倒的に信頼されている。」

この事実は、重要です。

日本は期待に応じているのか?

ただ、それと同時に、もう1つ重要な点があるとすれば、日本がASEAN諸国からの期待に応えているかどうか、という点です。そして、残念ながらこの点については非常に心もとない気がします。

産経ニュースによれば、実際に東南アジアで「政治的かつ戦略的に最も影響力がある国」は、1位が中国(45.2%)、「経済的に最も影響力がある国」も中国(73.3%)であり、米国や日本などを大きく上回っているのだとか。

考えてみれば、中国がこの地域で存在感を高めつつあることは、以前から懸念されていることですし、さまざまな実害も生じています。

たとえば、日本企業のコンソーシアムが調査を実行したインドネシア高速鉄道計画を、インドネシア政府が勝手に中国に流出させた事件では、日本企業に実損害が生じています(『インドネシア高速鉄道案件とAIIBの現状』、『【夕刊】態度を改めるのはインドネシアの方では?』参照)。

また、中国は南シナ海で強引な領有権主張を繰り返していますし、スリランカのハンバントタ港などは「借金のカタ」として中国に取られてしまったとされていますが(次の産経ニュースの記事参照)、逆に言えば、石油タンカーの重要な通り道の安全通行が脅かされるようなことがあってはなりません。

【国際情勢分析】/まるで高利貸し “借金のカタ”でスリランカの港を奪った中国のやり口とは(2018.1.5 09:00付 産経ニュースより)

どうやら日本がASEAN諸国から期待されていることは事実だとしても、現実の日本が政治的、経済的な存在感という面で、ASEAN諸国では中国に完全に負けているという点については、現状の課題として認識しておく必要はあるでしょう。

(広告・スポンサーリンク)



日本社会の強さ

法治と公正さが何よりも大切

私がこのシンガポールの研究所による調査記事を読んで、強く意識したのは、「法治」の大切さです。

「法治主義」という言葉を「聞いたことがない」という人は、あまりいないと思いますが、改めて私の言葉でわかりやすく説明すると、法治国家とは

法律に書かれているとおりのことが実現する社会

のことです。

たとえば、法律で「他人の物を盗んだら最大で懲役10年か罰金50万円の刑を受ける」と書かれてあるのに、他人の物を盗んだ人に対して、政治家の息子という理由で無罪放免されたり、冤罪を付け加えられて死刑が適用されたり、とデタラメな刑罰が適用される国は、法治国家ではありません。

国によっては権力者の子息が会社や役所を私物化したり、犯罪をもみ消したりする、ということが、罷り通っていますが、日本の場合、少なくとも政治家の息子という理由で性犯罪者が野放しになることはほとんどありません(例外は立憲民主党の小川勝也参議院議員あたりでしょうか?)。

また、日本では贈収賄には基本的に厳罰が適用されますし、役所や大企業(とくに上場会社)の場合、縁故採用はほとんどありません(まったくないわけではありませんが…)。そして、役所や企業で出世する人は、ほとんどの場合、「親のコネクション」などではなく、実力です。

ナッツリターンの国

こうした日本社会の姿を浮き彫りにするために、あえて、お隣の国の事例を振り返っておきましょう。

韓国の「ナショナルフラッグ」である大韓航空の副社長を務めていた女性が2014年12月に米国の空港でトラブルを起こした事件については、以前、『ナッツ姫が韓国という国の信頼を破壊する』などでも紹介したことがあります。事件の概要は次のとおりです(文中敬称略)。

韓進グループのオーナーの娘で大韓航空の副社長を務めていた趙顕娥(当時:40)が客としてファーストクラスに搭乗した際、乗務員のサービスに激高し、その乗務員の上司にあたる事務長に降機を命じた

同機はすでに離陸のために滑走路に移動していたが、趙顕娥の命令によりいったん乗降口に引き返し、事務長を降ろしてから出発した

このため出発までに時間が掛かったが、250人の乗客には理由が説明されなかった

翌年2月に趙顕娥は「人格的尊厳を踏みつけた」として、韓国の地方裁判所から懲役1年の実刑判決を受けた(のちに控訴・上告し、2017年12月に最高裁で執行猶予が確定)

この事件を見て真っ先に抱く違和感があります。

当時40歳そこそこの女性が、「大韓航空」という、韓国の「ナショナルフラッグ」の航空会社の副社長を務めていたことです。しかも、乗務員のサービスに「キレ」てヒステリーを起こすくらいですから、人格としても極めて稚拙ですし、こんな人物に大企業の役員を務める資格があるとは思えません。

その理由は簡単で、彼女は大財閥「韓進(かんしん)グループ」のオーナーの娘だったのです。

日本でも欧米でも、「同族会社」の場合、オーナーの息子や娘などが、若いころから会社の役員を務める、といったケースは散見されます。しかし、国を代表する大企業でかつ「ナショナルフラッグ」の副社長を務めるというのは、どう考えても異常です。

ついでに「韓進グループ」といえば、系列の大手海運会社「韓進(かんしん)海運」が経営破綻し、それによって貨物や乗客を乗せたまま、海上を「漂流」するという異常事態を引き起こしたことがあります。

これについては『最低限の信義則も守れない韓国』などでも触れたことがありますが、子会社が少なくとも顧客や乗客に迷惑を掛けるような形で経営破綻しているのに、親会社がそれを放置している時点で、韓進グループのオーナーは「責任ある企業経営者」としては失格でしょう。

あまり人種差別的なことを申し上げたくはありませんが、やはり北は事実上の王朝国家、南は両班の支配する前近代的社会という意味で、共通しているのかもしれません。

日本は日本のやり方で?

ウソつきが得をする社会にしてはならない!

当ウェブサイトでは以前から主張しているとおり、日本はとくに中国、韓国、北朝鮮との外交において、かなり国益を損ね続けて来ました。

その最大の理由は、外務省という組織が非常に腐敗していて、「相手の顔色をうかがう事なかれ主義」に染まっているからだと思うのですが、それだけではありません。日本人はお人よしであり、「相手には自分と同じく公正と信義が通用する」と思い込むふしがある、という点も、理由の1つでしょう。

ただ、日本人が愚直であるという点は、決して悪いことだけではないのです。

たとえば、日本は基本的に、「ルールを守った人が得をする社会」です。鉄道に乗るときも「キセル乗車」は基本的に難しいですし、多くの学校では、試験でカンニングをすれば、ただちに失格となり、答案が没収されることが一般的でしょう。

もちろん、なかには「ルールを破っても破り得」のような事例もあるかもしれません。しかし、総じていえば、日本では「ルールを守ってカネ儲けすること」が評価されるのです。

一方で、「ルールなどあってなきがごとし」、「儲けた者が勝ち」という社会も存在します。しかし、「ルールを守ること」が評価される社会と、そうではない社会、どちらの社会の方が暮らしやすいかと問われれば、私はやはり「ルールを守ることが評価される社会」だと思うのです。

ウソをつかない、ルールを守る、努力する、人を助ける

私は日本国民ですし、日本のことを愛しています。当然、日本が諸外国から貶められていること自体、日本国民の1人として憤りを感じますし、とくに最近の某国の日本に対する不法行為の数々を見ていると、鉄拳制裁を加えたい気持ちを抑えるのに必死です。

ただ、最近になって私は、日本の強みとは「愚直さ」にあるのではないか、と思うようになりました。

私はおそらくいつか死にますが、その前に、1人の親として、日本をより良い国にして子供たちに引き継いでいくという義務を果たしたいと考えています。また、自分の子供には、「おこづかいをたくさん与えて贅沢をさせる」のではなく、

ルールを守る。

ウソをつかない。

正当な努力をする。

困っている人を助ける。

といった倫理観を教えつつ、必要な時に判断し、決断する能力を身に付けさせようと考えているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/08/23 17:10 【時事|韓国崩壊
    ナイスジョーク!(今日は疲れましたので…) (35コメント)
  • 2019/08/23 15:49 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA終了:対韓配慮の時代は終わった! (35コメント)
  • 2019/08/23 15:15 【時事|韓国崩壊
    米国政府が韓国を「深刻な勘違い」「強い懸念」と批判 (4コメント)
  • 2019/08/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、本気で書簡を本当に日本に伝達へ (11コメント)
  • 2019/08/23 12:30 【時事|金融
    「韓国で金利デリバティブ損失」の問題点 (6コメント)
  • 2019/08/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA破棄巡るメディアの反応 (28コメント)
  • 2019/08/23 05:00 【韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「日本の覚悟」 (58コメント)
  • 2019/08/22 22:22 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「南ベトナム・シナリオ」 (36コメント)
  • 2019/08/22 18:23 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA破棄、日韓新時代へ (174コメント)
  • 2019/08/22 12:30 【時事|韓国崩壊
    データで見る日韓関係 「日韓葛藤」説は正しいのか? (14コメント)
  • 2019/08/22 06:00 【時事|経済全般
    衝撃の事実 訪日観光客、大きく増えていた! (36コメント)
  • 2019/08/22 05:00 【韓国崩壊
    本日GSOMIA破棄なら、日韓関係清算のチャンス (41コメント)
  • 2019/08/21 17:05 【時事|韓国崩壊
    【明日発表】GSOMIAに「悩む」韓国高官 そこ悩むところ? (39コメント)
  • 2019/08/21 12:30 【読者投稿
    【読者投稿】犬の楽園 (29コメント)
  • 2019/08/21 12:00 【時事|韓国崩壊
    まさか、GSOMIA破棄は河野外相の態度次第? (18コメント)
  • 2019/08/21 10:40 【マスメディア論
    文在寅は「ウェン・ザイイン」? (23コメント)
  • 2019/08/21 06:00 【韓国崩壊
    「素人集団」・文在寅政権の空中分解リスク (35コメント)
  • 2019/08/21 05:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ「犠牲者氏名を速やかに公表せよ」 (14コメント)
  • 2019/08/20 17:45 【時事|韓国崩壊
    「勝ってプラス100、負けてもゼロ」のご都合主義 (17コメント)
  • 2019/08/20 15:00 【時事|国内政治
    野党連合、略して「野合」 (28コメント)
  • 2019/08/20 09:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、日韓GSOMIAを外交カードと勘違い (40コメント)
  • 2019/08/20 05:00 【マスメディア論
    「異論容認」という視点から反アベ界隈の論調を見る (27コメント)
  • 2019/08/19 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係を壁にぶつけた張本人が「現状打破」主張 (39コメント)
  • 2019/08/19 09:10 【時事|国内政治
    内閣支持率50%超と「れいわ新選組」の躍進の意味 (21コメント)
  • 2019/08/19 06:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ日本政府は韓国にペナルティを与えないのか? (32コメント)
  • 2019/08/19 05:00 【金融
    総論:経済制裁について考えてみる (4コメント)
  • 2019/08/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する経済焦土化は半導体産業から? (62コメント)
  • 2019/08/18 05:00 【韓国崩壊
    「多重債務問題」から日韓関係を眺めてみる (29コメント)
  • 2019/08/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月17日版) (202コメント)
  • 2019/08/17 08:00 【韓国崩壊
    韓国「告げ口外交」を機に、むしろG7で対韓制裁を! (71コメント)
  • 2019/08/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国のホンネは「安倍を何とかしろ」 (48コメント)
  • 2019/08/16 10:15 【時事|韓国崩壊
    文在寅爆弾演説契機に無責任国家の本質が出て来た! (58コメント)
  • 2019/08/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    世耕経産相「韓国と協議せず」、当然の発言だ (23コメント)
  • 2019/08/16 05:00 【マスメディア論|時事
    インターネットが破壊するマスコミの村社会 (19コメント)
  • 2019/08/15 21:30 【時事|韓国崩壊
    よ~く読むと…「2045年までに北朝鮮と統一」! (20コメント)
  • 2019/08/15 17:25 【時事|韓国崩壊
    対話を拒んだ側が「対話と協力」を求める文在寅演説 (47コメント)
  • 2019/08/15 12:45 【韓国崩壊|経済全般
    失業率が低いはずの韓国で「若者の4分の1がニート」 (23コメント)
  • 2019/08/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    NOジャパンからNO安倍へ? (31コメント)
  • 2019/08/15 07:30 【マスメディア論|時事
    新聞社経営に明日はない (22コメント)
  • 2019/08/15 05:00 【国内政治
    「歴代2位」に浮上する安倍政権に期待したいこと (18コメント)
  • 2019/08/14 15:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工「安倍氏に首相の資格なし」 (55コメント)
  • 2019/08/14 12:45 【時事|韓国崩壊
    「欧州告げ口外交」ツアー始まる 北朝鮮以下の韓国 (47コメント)
  • 2019/08/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本を「ホワイト国除外」、本当の敵はメディア? (27コメント)
  • 2019/08/14 05:00 【マスメディア論
    N国党とネットの重要な関係 (35コメント)
  • 2019/08/13 21:50 【時事|金融
    USDKRWの動きがまたしてもおかしい (24コメント)
  • 2019/08/13 12:10 【時事
    通貨安、DRAM輸出、GSOMIA破棄のコンボ (52コメント)
  • 2019/08/13 10:15 【時事|韓国崩壊
    国同士の信頼関係を壊したのは韓国の側 (22コメント)
  • 2019/08/13 05:00 【韓国崩壊
    レアアース事件の再来?韓国はセルフ経済制裁に邁進するのか (22コメント)
  • 2019/08/12 21:15 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本をホワイト国除外、ホンネは「協議したい」 (28コメント)
  • 2019/08/12 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、日本をホワイト国から除外 (97コメント)
  • 2019/08/12 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国危機:2008年当時との決定的な違いとは? (16コメント)
  • 2019/08/12 08:00 【時事|韓国崩壊
    日本大使館「跡地」前で、いったい何をやっているのですか? (17コメント)
  • 2019/08/12 05:00 【マスメディア論
    NHK「受信料制度ご理解下さい」は自滅への道 (39コメント)
  • 2019/08/11 11:11 【時事|金融
    【どうぞご自由に】米投資家「私なら日本脱出し中韓に移住」 (50コメント)
  • 2019/08/11 08:00 【時事|韓国崩壊
    外務省の妄言?「日韓が知恵を集める」の問題点 (48コメント)
  • 2019/08/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    「ライダイハン」めぐり、ダンマリ決め込む韓国政府 (56コメント)
  • 2019/08/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月10日版) (157コメント)
  • 2019/08/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国が日本をブラック国指定」、法的にはどうも可能らしい (36コメント)
  • 2019/08/10 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る、「韓国の良いところ」 (31コメント)
  • 2019/08/09 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の大学教授「慰安婦像と不買運動で日本人の心をつかめ」 (60コメント)
  • 2019/08/09 11:45 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は経済制裁本番に向けた予行演習だった? (49コメント)
  • 2019/08/09 08:00 【マスメディア論|時事
    国民の知る権利が大事、マスコミ記者の実名は公表を! (18コメント)
  • 2019/08/09 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府「経済報復だ」、世耕経産相の反論が面白い (40コメント)
  • 2019/08/08 17:20 【時事|外交
    日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき (82コメント)
  • 2019/08/08 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国人学者「日本は日米韓体制から韓国を追放する」 (24コメント)
  • 2019/08/08 09:45 【時事|韓国崩壊
    日本が韓国向け輸出を許可 「経済報復」ではない証拠 (46コメント)
  • 2019/08/08 08:08 【マスメディア論
    マスコミ改革はネットから!自由競争が言論空間を変える (11コメント)
  • 2019/08/08 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄に半数近くが賛同 無責任国家の現実逃避 (36コメント)
  • 2019/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    経産省の改正通達、「経済制裁」と呼べる代物ではないが… (46コメント)
  • 2019/08/07 12:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】経産省、「り地域」への輸出管理通達を公表 (13コメント)
  • 2019/08/07 12:15 【時事|外交
    日本も米国にならって入国管理の厳格化を実施すべき (11コメント)
  • 2019/08/07 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「エスパー長官が韓日に葛藤解決要求」に2つのウソ (29コメント)
  • 2019/08/07 06:00 【時事|韓国崩壊
    稼ぐ力弱まる韓国に「ベネズエラ化」という予感 (25コメント)
  • 2019/08/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する「セルフ経済制裁」がこれから本格化? (26コメント)
  • 2019/08/06 15:45 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係リセット」?相変わらず認識の甘い中央日報 (82コメント)
  • 2019/08/06 12:20 【時事|金融
    為替介入とトリレンマの基礎知識を確認しておく (10コメント)
  • 2019/08/06 10:00 【RMB|時事|金融
    米財務省、中国を為替操作国に認定 (6コメント)
  • 2019/08/06 06:00 【時事|韓国崩壊
    真のリスクは「文在寅排除」 (42コメント)
  • 2019/08/06 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係はどこに行く 外交論と「日韓断交リスク」 (28コメント)
  • 2019/08/05 21:30 【時事
    思わず「ホンネ」がポロリ?南北平和経済という発言 (52コメント)
  • 2019/08/05 15:45 【時事|韓国崩壊
    「日韓GSOMIA破棄検討」?それカードやない、地雷や! (66コメント)
  • 2019/08/05 12:00 【時事|金融
    【速報】中韓台通貨などが急落 (45コメント)
  • 2019/08/05 11:30 【時事|金融
    矛盾が解消しない、韓国の外貨準備統計 (6コメント)
  • 2019/08/05 06:00 【マスメディア論|時事
    知的訓練ができていないのは、むしろマスコミでは? (39コメント)
  • 2019/08/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    政府、メディア、政治家を貫く韓国の反友好的な姿勢 (64コメント)
  • 2019/08/04 12:15 【時事|国内政治
    あいちトリエンナーレの企画中止にネットの威力を見る (99コメント)
  • 2019/08/04 05:00 【韓国崩壊
    常軌逸する日本ヘイト 韓国はセルフ経済制裁を望むのか? (91コメント)
  • 2019/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月3日版) (212コメント)
  • 2019/08/03 06:00 【時事|金融
    約2年半ぶりに1200ウォンの大台超えた韓国ウォン (63コメント)
  • 2019/08/03 05:00 【韓国崩壊
    日本政府は勇気を持って「2の矢」「3の矢」を放て (81コメント)
  • 2019/08/02 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「経済報復に相応の措置」 むしろこれからが正念場 (121コメント)
  • 2019/08/02 13:15 【時事|韓国崩壊
    ホワイト国除外:韓国政府、何も準備していなかった? (111コメント)
  • 2019/08/02 11:26 【時事|韓国崩壊
    韓国ホワイト国除外は「新時代」の到来の象徴 (32コメント)
  • 2019/08/02 10:31 【時事
    【速報】世耕経産相、韓国を「ホワイト国除外」と発表 (27コメント)
  • 2019/08/02 10:10 【時事|金融
    トランプ政権の追加関税措置受けたアジア通貨下落 (8コメント)
  • 2019/08/02 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国はホワイト国除外に猛反発、朝鮮日報は意味不明に警告 (52コメント)
  • 2019/08/02 05:00 【時事|金融
    韓国の金融当局、日本の制裁を気にしはじめた? (18コメント)
  • 2019/08/01 17:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】「GSOMIA破棄」示唆する韓国外相の軽率な発言 (57コメント)
  • 2019/08/01 16:45 【時事|国内政治
    N国党は「次なる選挙互助会」なのか (15コメント)
  • 2019/08/01 11:00 【マスメディア論|時事
    「米国が日韓を仲裁へ」 巧妙化する情報ロンダリング (55コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。