昨日、『日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える』のなかで、私は、「徴用工判決」「慰安婦財団解散」という2つの爆弾が日韓関係に投下されたら日韓関係はいったいどうなってしまうのか、非常に気になると申し上げました。そこで、本日はさしあたって10月30日をまえに、「日韓関係破滅」という可能性を見据えたうえで、現状の整理と議論の前提、そして「日韓関係の6類型」について、私見をまとめておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日韓関係、3つの問題

慰安婦、徴用工、旭日旗

現在、日韓関係には、さしあたって3つの問題が横たわっています。

1つ目はいわゆる「(従軍)慰安婦問題」、2つ目は「徴用工問題」、そして3つ目は「旭日旗問題」です。

ただ、便宜上、私はこれらに「問題」と呼称を付けましたが、良く考えてみれば、いずれも「問題」ではありません。

まず、「慰安婦問題」は、戦時中に日本軍が朝鮮人で少女を誘拐・強制徴発し、性的奴隷に仕立てたとされる問題ですが、国際法的には2015年12月28日の「日韓慰安婦合意」により、「最終的かつ不可逆的に」解決済みです。

次に、「徴用工問題」は、戦時中に朝鮮人が日本企業によって強制徴発され、強制労働させられたとされる問題です。これも法的には1965年の「日韓請求権協定」に基よれば完全に解決済みですが、今月30日には韓国大法院(最高裁に相当)が日本企業敗訴の判決を下す可能性が高まっています。

さらに、「旭日旗問題」は、「植民地支配を受けた朝鮮半島で大日本帝国を惹起させるような軍旗である旭日旗を戦犯旗として禁止しよう」とする流れであり、今月11日に韓国・済州島(さいしゅうとう)海軍基地で行われた国際観艦式で日本の自衛艦が参加を辞退するという騒動に繋がりました。

しかし、そもそもなぜ韓国国内で旭日旗が敵視されるようになったのかといえば、そのきっかけは、2011年1月25日のAFCアジアカップの日韓戦において、韓国の奇誠庸(き・せいよう)選手が日本を侮辱する猿真似パフォーマンスを行った際、「旭日旗を見てカッとなった」という言い訳をしたことにあります。

このように考えていけば、「慰安婦」「徴用工」「旭日旗」は、いずれも「韓国が」「最近になって」「日本を貶めるために」でっち上げた「問題」である、という共通点があるのです。

「旭日旗騒動」で恥をさらした韓国海軍

ただ、旭日旗騒動については、当ウェブサイト上も『「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ』などでまとめたとおり、結局、韓国側の理不尽な「旭日旗自粛要求」に対し、日本側が参加をボイコット。

さらに、観艦式に参加した諸国は、韓国の理不尽な要求を受けた日本に同情したからなのでしょうか、招待状を受け取った14ヵ国(または15ヵ国?)のうち4ヵ国(または5ヵ国?)が欠席。参加した9ヵ国のうち7ヵ国が、「海軍関係者にしかわからないような嫌がらせ」をしたというオチまで付きました

  • 韓国が観艦式に招待状を発送していた相手国は14ヵ国(15ヵ国、との報道もあり)
  • 日本と中国は事前に観艦式への出席をキャンセル
  • マレーシアとフィリピン(と英国も?)は当日欠席
  • 観艦式に参加したのはインドネシアを除く9ヵ国
  • うち7ヵ国は韓国政府の事前要請を無視して艦旗を掲げる
  • シンガポールは韓国国旗を半旗(つまり弔旗)にし、タイは韓国国旗のサイズを小さくする
  • いくつかの国はメインマストに艦旗を掲げる(「戦闘中」の宣言とも受け取れる)

つまり、旭日旗騒動は「韓国のウソにより、日韓両国の関係が、修復不能なほど悪化しつつある」という事実を、おもに海軍関係者に見せつけた格好です。

「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ

ついでに指摘するならば、旭日旗騒動以来、どうも日本は韓国への「特別扱い」を完全にやめてしまったかの感があります。

実際、『文在寅に追い打ち掛けた安倍晋三、そして外交官の外交知らず』でも触れましたが、韓国は現在、北朝鮮支援を巡って欧州からもアジアからも孤立し始めています。

文在寅に追い打ち掛けた安倍晋三、そして外交官の外交知らず

やはり、旭日旗騒動で日本政府・安倍総理は、韓国に対して相当に怒っているのかもしれません。

まずは10月30日が重要なわけ

そして、次に訪れる日韓関係の「山場」が10月30日です。

徴用工判決で大使一時帰国か 日韓新共同宣言無期限延期も?』でも触れた話題ですが、徴用工を巡る日本企業を相手取った訴訟で、韓国の最高裁にあたる「大法院」による判決が予定されている日だからです。

徴用工判決で大使一時帰国か 日韓新共同宣言無期限延期も?

これについては、すでに日本政府側は韓国政府側に対し、「もし日本企業に損害賠償を命じる判決が下された場合、韓国を国際司法裁判所(ICJ)に提訴する」と通告しているようだ、とする報道もなされています。

韓国大法院の強制徴用判決控え…日本「企業の賠償確定ならICJ提訴」(2018年10月08日07時33分付 中央日報日本語版より)

というのも、この「強制徴用訴訟」とは、戦時中の自称「強制徴用被害者」の遺族が日本の三菱重工業と新日本製鐵(現・新日鉄住金)を相手取って起こした損害賠償請求訴訟ですが、日本政府の立場は「1965年の請求権協定によって個人の請求権は消滅している」というものだからです。

つまり、仮に新日鉄住金側が敗訴すれば、これは新日鉄住金だけでなく、日本社会と日本企業全体の問題に化けます。というのも、日韓請求権協定が韓国の司法当局により無効にされたという実績になるからです。とはいえ、中央日報は

日本とは違って韓国は「自国を当事者とする紛争が生じる場合、裁判に無条件に応じる」というICJの強制管轄権関連の選択議定書に加入していない。ICJに提訴されても韓国側の同意がない限り裁判権が自動的に発動されるのは難しい。

としており、おそらく、日本が韓国を訴えたとしても、「訴えた」という実績だけが出来ておしまい、でしょう。そうなれば、国際法による解決を図ることは著しく困難となります。もちろん、まともな日本企業ならば、韓国を「サプライ・チェーン」から外さないと、事業に思わぬリスクが生じることにもなりかねません。

つまり、この「徴用工訴訟」は、日韓関係を、おもに産業・経済面から破壊するメガトン爆弾になりかねないのです。

慰安婦合意の実質破棄は11月上旬?

ところが、爆弾はこれに留まりません。もう1つの「メガトン爆弾」となりかねないのが、韓国政府による「慰安婦財団解散」という動きです。

昨日、『日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える』のなかで、韓国側で「慰安婦財団」を解散する動きが出ている、という話題を紹介しました。

日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える

複数のメディアによると、韓国政府当局者は(自称)元慰安婦らの癒やし事業を行うための財団を決定し、11月上旬にも具体的な措置を発表するそうです。当然、「慰安婦合意は動かない」とする姿勢を堅持してきた日本政府としては、このような措置はとうてい受け入れられないと反発するでしょう。

しかも、時期が11月上旬、すなわち、「徴用工判決」の直後です。タイミングがあまりにも悪すぎます。

現時点において、日米による「北朝鮮封じ込め」という方針において、韓国は「日米韓陣営」に留まっています。もちろん、度重なる韓国の米国に対する裏切りを受け、米国は韓国に怒り心頭という状況にありますが、それでも、このタイミングで日韓関係が決定的に悪化するのは、無用の混乱要因となりかねません。

いずれにせよ、この2つの爆弾が直撃すれば、今度こそ本当に日韓関係は破壊されてしまうでしょうし、そのこと自体、米国における「韓国切り捨て」議論にも影響を与える可能性もあります。

その意味で、私のような「韓国ウォッチャー」にとっては、目が離せない展開が続きそうです。

議論の前提

当ウェブサイトは「嫌中・嫌韓サイト」ではありません

ところで、昨日の記事『日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える』に、私はタイトルのなかで、敢えて「日韓関係破滅」という文言を入れましたが、これは、私自身が「日韓関係の破滅を願っている」、という意味ではありません。

「このままではいずれ日韓関係の破滅は避けられない」、という、ある意味での危機感を示したものです。これを捕捉する意味で、後半の議論に先立って、当ウェブサイトにおける私自身のスタンスを改めて説明しておきたいと思います。

当ウェブサイトは、「嫌中・嫌韓サイト」ではありません。世の中にあふれる「嫌中サイト」「嫌韓サイト」と違って、当ウェブサイトは、あくまでも客観的な情報と私自身の専門知識、そしてできるだけ冷静な考察に基づき、事態を分析し、それに向けて準備をすべきだ、と主張するものです。

当然、「中韓両国の滅亡」など、彼らの不幸を積極的に願うというつもりはありませんし、「中韓は大嫌いだ」「中韓の人間は日本から出て行け」など、民族ヘイト的な主張をするつもりもありません。

その代わり、私が大事だと思っているのは、あくまでも「愛国的な視点」です。「愛国」とは、視野狭窄に陥って中韓などの外国を排斥しようとする姿勢ではありません。「日本国民の1人として、日本の国益が実現することを心の底から願う姿勢」のことです。

(※余談ですが、先の大戦中、日本政府がよりにもよってナチス・ドイツと手を組み、「鬼畜米英」などと叫んで米英を敵に回した姿勢も、今日の一部の過激なネット民に見られる「嫌中」「嫌韓」の姿勢と大差ないような気がします。)

だいいち、私自身は母親(故人)が在日韓国人二世だったため(※生前に日本に帰化済み)、「中韓人とその子孫は全員日本から出て行け!」などと攻撃的な主張をすれば、その攻撃は自分自身にも向けられることになります。

ついでに申し上げれば、私の勝手な見解によれば、日本人だと名乗る資格があるのは、「日本民族の両親から生まれた純粋な日本民族」だけではありません。日本という国を愛し、日本のために尽くし、日本に骨を埋める覚悟があれば、私のような「日韓ハーフ」であっても、日本人と名乗って良いと思うのです。

「現実を踏まえた理想の日中・日韓関係」とは?

繰り返しになりますが、私自身の議論のスタンスは、常に「日本」が出発点です。

「どの国の国益を重視すべきか」という観点からは、つねに、「どうすれば日本の国益が最大化されるか」と考えていますし、「どこの国と仲良くすべきか」という観点からは、つねに、「どの国と仲良くするのが日本の国益にいちばん即しているのか」と考えています。

そして、この姿勢は、日中関係、日韓関係について考察するときも、例外ではありません。

もちろん、隣国との関係は悪いよりも良い方が良いのはまちがいありませんし、仲が良いに越したことはありません。日中両国、あるいは日韓両国は、ともに手を取り合い、未来に向けて発展して行ける関係になるのが望ましいに決まっています。

しかし、外交について論じるときは、人間関係と同じで、必ず「相手の視線」を取り入れなければなりません。

たとえば、中国にとっての理想は「偉大なる中華民族の復興」です。そして、中国はその理想を実現するために、「利用できるものは何でも利用する」、という姿勢を打ち出しており、日中関係「好転」も、中国共産党の都合で演じられているという側面が大いにあることを理解しなければなりません。

一方、韓国にとっての理想は、「常に日本よりも上位にいること」です。「自分たちの方が日本よりも上位にいる」ということを確認し続けなければ、安心できないのでしょう。だからこそ、あることないこと捏造して、「自分たちは日本に対する被害者だ」と国際社会に宣伝し続けるのだと思います。

いずれにせよ、非常に重要な点があるとすれば、日本が日中関係や日韓関係を構築するときに、最も大切なことは、「どうすれば日本の国益が最大化できるか」、もっといえば、「そもそもその国と付き合うことが日本の国益にどう役立っているのか」を考え続けることなのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日韓関係、どうあるべきか?

日韓関係の6類型

さて、ここから先は日韓関係に焦点を絞って考えていきましょう。

私の勝手な分類で恐縮ですが、現在の日本には、「韓国とどう付き合うか」について、だいたい6つくらいの考え方があると思います。

  • (1)日韓友好論
    • ①対等関係論:日韓両国は対等な主権国家同士として、ともに手を取り合い、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ。
    • ②対韓配慮論:日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。
    • ③対韓追随論:日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ。
  • (2)日韓非友好論
    • ④韓国放置論:日韓関係をただちに改善することは困難であり、関係がこれ以上悪化しないように管理しつつ、敢えて日本側からは積極的な関係改善に動かず、放置するべきだ。
    • ⑤日韓断交論:日韓関係を破壊しているのは韓国の側であり、もうお付き合いできない。日韓関係は破綻させ、断交すべきだ。
    • ⑥誅韓論:韓国に自由に動くことを許していると、韓国は日本の国益を破壊しようとして来る。よって、日本は積極的に韓国を滅ぼすべきだ。

この6つの類型は、私が「賛同して」書いているわけではありません(いや、後述しますが、私はむしろ、この①~⑥のすべての考え方に賛同できません)。あくまでも、「こういう考え方がある(ようだ)」という意味で、紹介するために書いているものです。

日韓友好論、一見するともっともらしいが…?

これらのうち、①は「対等、仲良く、未来志向」という、いわば「理想の隣国関係」をそのまま述べただけですが、現実の日韓関係は「対等に、仲良く、未来志向」ではありません。現在の日韓がこのような関係になれると信じている人は、おそらく日本国内にはもうほとんどいないのではないかと思います。

そうなれば、日韓「友好」を目指す方法は、「②多少韓国に配慮する」か、「③全面的に韓国につき従う」かのどちらかしかないのだそうです(※余談ですが、なぜ日本の論壇に、「韓国の頭を地面に叩きつけて土下座させ、どちらが上でどちらが下かを体で教え込む」という選択肢がないのが不思議でなりません)。

まず、②については「日韓関係を円滑に推進するためには、多少、韓国側に配慮してやるべきだ」、といった考え方が、とくに外務省や歴代自民党政権のなかでは、かなりの期間、主流を占めていたのではないかと思います。

それは安倍政権でも例外ではありません。いや、少なくとも2015年12月28日の『日韓慰安婦合意』を結ぶまでの間、安倍政権の姿勢は①や②に近かったのではないかと思います。

安倍総理は2012年12月の就任以来、一貫して韓国のことを「価値と利益を共有する最も重要な隣国」と言い続けて来ましたし、実際、日韓慰安婦合意自体が②の考え方に立脚していたことは間違いありません。

そして、2015年12月28日までの安倍政権の姿勢よりも、さらに酷かったのが、歴代首相や外務省、あるいは朝日新聞を筆頭とする「反日メディア」の姿勢でした。とくに、最近だと「相手が『もう良い』というまで謝罪し続けるべきだ」、といった悪質な主張も見られます。

実際、慰安婦問題や歴史問題などをめぐり、歴代の日本の首相、政府関係者などは、くりかえし、くりかえし、くどいほど韓国の求めに応じて謝罪を繰り返してきましたし、こうした歴代首相や外務省、反日メディアなどの言動のベースにあるのは、いずれも②や③の考え方だったことは間違いないでしょう。

もっといえば、彼らの頭の中からは、「国益」という「一番大事な項目」が、すっぽりと抜けてしまっていたとしか思えません。

日韓非友好論が台頭した理由

ところが、最近になって、あくまでも私が見た限りですが、韓国との付き合い方を巡っては④や⑤のような考え方が台頭しつつあります。

このうち、④については、明らかに現在の安倍政権の姿勢そのものです。

もう少し正確に言えば、2017年1月6日以降、安倍政権がそれまでのスタンスをガラッと変えて、日韓関係を「戦略的利益を共有する重要な隣国」から、「これ以上悪化しないようにマネージする対象」に格下げしたのです。

私はこのスタンスについて、100%、満足しているわけではありませんが、それでも今までの日本政府の対韓外交姿勢と比べれば、随分と踏み込んだ姿勢であり、雲泥の違いがあると言っても過言ではないでしょう。

ただ、インターネット上では、もっと踏み込んで、⑤、つまり「いっそのこと日韓断交してしまえ!」といった極論も台頭し始めています。

もちろん、私自身は先ほどから申し上げているとおり、いたずらに嫌韓を煽るのは正しくないと考えていますし、どこかの嫌韓サイトのように、「韓国の不幸を願う」、といった姿勢に共感はできません。しかし、それと同時に、⑤のような考え方が出てきてしまった理由については、きちんと考えなければなりません。

その理由とは、端的に言えば、度重なる韓国の非礼、ウソ・捏造に基づいて日本を貶める姿勢、何より都合が良いときだけ日本にたかる態度に、辟易としている日本人が激増したからです。つまり、「嫌韓」、「日韓断交論」は、韓国の度を越した反日行為に対する自然な反応なのです。

「もう一歩先」へ

ところで、この①~⑤の考え方については、いずれも短所を抱えています。

①は「韓国側が対等な関係を望んでいない」という点、④は「日韓関係悪化が悪化しないよう、日本がどんなに努力しても、韓国側が台無しにしてしまう」という点、⑤は「どんなに嫌な相手であっても、今すぐ断交はできない」、という点です(なお、②や③のような考え方は論外でしょう)。

ということは、「もう一歩先」の議論が必要です。

この点、私が少し注目している考え方は、⑥の「誅韓論」です。といっても、「賛同している」という意味ではありません。だいいち、「韓国を積極的に滅亡させよう」という考え方は非常に不穏当ですし、乱暴であり、こんな考え方に無条件で賛同できるはずがありません。

しかし、この「誅韓論」という考え方を、「主権国家として取り扱わず、責任能力がある国(日本、米国、中国、ロシアなど)で処遇を決定し、誰かに統治を信託する」と言い換えれば、決して「乱暴な議論」ではありません。

いずれにせよ、日本が重視しなければならないのは「日韓友好そのもの」ではありません。「日本の国益」です。したがって、現在の制約条件のもとで、「日本の国益を最大化するためにはどういう関係にならなければならないか」と考える必要があります。

その結果、出てくるのは、「日韓友好」という耳触りの良いキャッチ・フレーズとは限りません。いや、むしろ冷徹な国際政治の世界における現実を踏まえた解決策こそが求められることは間違いないでしょう。

ただ、私自身、その「冷徹な現実を踏まえた解決策」というものを、ここで申し上げて良いものかどうか、まだ迷っている節があります。その意味で、それを述べるよりも前に、まずは10月30日の徴用工訴訟の結果を待ちたいと思います。

はたして、鬼と出るのでしょうか、それとも蛇と出るのでしょうか。今から緊張しています。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (1コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (15コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (17コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (15コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (61コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (34コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (48コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (32コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (66コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (61コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (92コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (64コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (46コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (49コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (16コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (31コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (33コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (57コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (31コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (19コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)
  • 2019/01/23 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「低空近接威嚇飛行脅威論」は典型的な深追いの失敗 (41コメント)
  • 2019/01/23 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「また近接飛行」 自衛隊よ萎縮することなかれ (70コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。