今週、当ウェブサイトでは『「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅』と『文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」』で、韓国外交の迷走と自滅の証拠を相次いで紹介しましたが、それに「追い打ち」を掛けたのが、文在寅氏に2日遅れてマクロン仏大統領と会談した安倍総理の成果です。正直、「安倍外交の完勝」であるとともに、ごく一部のブロガーにとっても非常に都合が悪い結果に終わったようです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

文在寅外交の自滅

韓国の対フランス外交の大失敗に「追い打ち」

私は今週、『「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅』のなかで、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領がフランスを訪問し、北朝鮮制裁の緩和をエマニュエル・マクロン仏大統領に要求する予定だ、という話題を取り上げました。

「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅

そのなかで私は、フランスが日本との間で、外相・防衛相の「2+2会談」を過去4回にわたって開くなど、最近、とくに関係を強化しているという事実を指摘した上で、次のように予言しました。

まことに申し訳ないのですが、文在寅さんがノコノコ出掛けて行って、すでに日仏両国が合意した「圧力による核放棄」を覆せると見るのは、非常に甘いのではないかと思います(※もっとも、相手がエマニュエル・マクロン大統領であるという点については、少し不安も払拭できませんが…)。

いわば、常識的に考えてマクロン氏が文在寅氏の提案を呑むことはあり得ないとは思うものの、マクロン氏のことだから、いきなり文在寅氏の要請を呑んでしまうリスクもないではないな、という私自身の判断です。

この私自身の予言(あるいは判断)、果たしてどういう結論だったのでしょうか?その答えは、2日後に掲載した『文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」』のなかで触れたとおりです。

私自身はマクロン氏に対し、ちょっとした懸念も持っていたものの、結論的には急に終わり、マクロン氏はごく常識的な判断を下しました。具体的には、韓国大統領に対し「ゼロ回答」を示したのです。いや、事実上の「門前払い」と言うべきでしょうか?

文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」

そして、韓国外交に対し、事実上の「追い打ち」を掛けたのが、次の話題です。

日仏首脳会談(ワーキング・ランチ)(2018/10/17付 外務省HPより)

欧州歴訪中の安倍晋三総理大臣は現地時間の17日午後、エマニュエル・マクロン仏大統領との会談(ワーキング・ランチ)を行い、次のような発表を行いました。

  • 安倍総理は、来年のG20の議長国である日本と、来年のG7の議長国であるフランスが緊密に連携していきたいと述べた
  • 両首脳は、防衛協力の基盤となるACSAの署名を歓迎しつつ、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、日仏間の具体的協力をさらに積み重ねていくことで一致した
  • 両首脳は日EU・EPAや日EU・SPAの早期発効に向けて引き続き協力していくことで一致した
  • 安倍総理はマクロン大統領に対し、英国のEU離脱についての透明性と予見可能性、法的安定性の確保を要請した
  • 北朝鮮情勢について、両首脳は、引き続き、米朝プロセスを後押ししていく必要があり、そのためには、安保理決議の完全な履行の堅持が必要であることで一致した
  • 両首脳は、ASEMやG7の場を含め、日仏が結束して「制裁回避」を防ぐ取組を維持・強化することの重要性を確認した
  • 両首脳は、拉致問題の早期解決を含め、引き続き日仏間で連携していくことで一致した
  • 両首脳は、核合意を含むイラン情勢等についても意見交換を行い、日仏で引き続き緊密に連携していくことを確認した

ただし、引用にあたっては一部項目を割愛しているほか、文章を要約しています。正確な原文を詳しく知りたい方は外務省のウェブサイトでご確認ください。

北朝鮮については2項目

私の印象を申し上げれば、よくぞここまで完璧な合意を取り付けたものだと驚きます。

とくに、欧州の大国であると同時に核保有国・国連常任理事国でもあるフランスとの関係を良好にしておけば、インド・太平洋戦略において中国を牽制するのにも役立ちますし、安倍総理や麻生総理が掲げる「セキュリティ・ダイヤモンド」、「自由と繁栄の弧」などの考え方とも整合しています。

その意味で、今回の安倍総理訪仏の成果は極めて大きく、外交の勝利点をまた1つ重ねた格好だと断言して差し支えありません。とくに、北朝鮮問題については、日本が求める非核化と拉致問題解決の2項目がどちらも含まれ、マクロン氏はほぼ完全に、安倍総理と立場を共有した格好となりました。

共同声明にあった、「安保理決議の完全な履行の堅持が必要である」とは、「北朝鮮に対する最大限の圧力」に基づく現在の厳格な経済制裁を完全に維持する、というものです。

言い換えれば、この声明文自体、韓国外交(あるいは北朝鮮外交)の完敗です。これについて確認するために、文在寅氏の要請内容を、もういちど確認しておきましょう。

文大統領、マクロン大統領に「北朝鮮制裁の緩和に力を貸してほしい」(2018年10月16日07時08分付 中央日報日本語版より)

韓国メディア『中央日報』日本語版によると、文在寅氏は15日、マクロン大統領に対し、

少なくとも北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に来たという判断に立つなら、国連の制裁緩和を通じて非核化をさらに促進していくべきだ/マクロン大統領が安保理常任理事国としてこのような役割を果たしてほしい

と要請。これに対しマクロン氏は

北朝鮮が非核化とミサイルプロセスに対して実質的な意志を示すよう期待している。その時までは国連制裁を継続しなければならない/フランスは北朝鮮の非核化に対し、完全かつ検証可能で不可逆的なプロセスが始まることを希望する

と即答した、というものです。

誰がどう見てもゼロ回答です。いや、ここまで来ると、もはや「門前払い」と言った方が正しいのでしょうか?そして、安倍総理との会談で、非核化なしに国連の制裁緩和はあり得ないこと、拉致問題解決に向けて日仏が緊密に協力していくこと、という2点が、改めて示された格好となっています。

この一連の流れについて、外交をウォッチしている立場からすれば、文在寅氏はフランスで恥を晒しただけでなく、2日後にフランスを訪れた安倍総理によって追い打ちを掛けられ、完膚なきまでに叩きのめされたのだ、と評価することができるでしょう。

外交的に孤立し、自滅する韓国

考えてみれば、朴槿恵(ぼく・きんけい)前政権のころは、「国際社会で日本を貶める」という韓国の戦略は、ある程度うまくいっていた気がします。

たとえば、2015年7月には、明治期の産業革命関連施設のユネスコ世界遺産登録を巡って、もともと存在しなかった「朝鮮人徴用工問題」があたかも事実であったかのごとく日本のユネスコ代表に認めさせ、あわせて日本政府に「朝鮮人徴用工問題」についての説明版の設置などを呑ませたことがありました。

当然、日本外交が敗北した理由には、当時のユネスコ大使だった外務省の佐藤地(さとう・くに)という愚か者による「自滅」という側面もありましたが、韓国の旺盛な「ジャパン・ディスカウント戦略」がかなりうまく行ってしまっていたという点は見逃せないと思います。

しかし、朴槿恵政権時代も含め、韓国が米国を裏切り、①中国に擦り寄ったり(李明博(り・めいはく)、朴槿恵政権)、②北朝鮮に擦り寄ったり(金大中(きん・だいちゅう)、盧武鉉(ろ・ぶげん)政権)していて、米国政府内では対韓不信がじっくりと溜まっていたこともまた間違いありません。

しかし、文在寅政権になって以降は、韓国政府は完全に北朝鮮に乗っ取られてしまい、これにもともと韓国民の間で根強かった反日感情が理不尽に増幅され、暴走し始めています。

「旭日旗騒動」「観艦式騒動」については『旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」』でも触れましたが、観艦式に参加した各国の海軍は、韓国に対し、「わかる人にはわかる嫌がらせ」をしたというオチまで付きました。

旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」

それに今回の「マクロン密使事件」(?)です。

文在寅氏の訪仏は、米国が「北朝鮮制裁を緩和すること」に同意してくれないから、米国の同盟国で、国連常任理事国でもあるフランスを味方に付けようとして、門前払いされた事件だ、と総括できます。

これは、歴史上有名な「ハーグ密使事件」と構造がそっくりですね。

私など、1907年と比べ、本当にこの国は100年間でまったく成長していないのだな、と痛感してしまいました。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



天木直人さんのブログに思う

日本の外務省こそ外交を知らない

ところで、私が普段から申し上げているとおり、「外交」とは、別になにも難しいものではありません。簡単にいえば、「国益を高めるための手段」です。

以前、私は外交を人間関係に例えたことがありますが(『ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし』参照)、人間関係に「親族」「友人」「利害」があるのと同様、国と国の関係にも「民族」「利益」「価値観」という親しさの尺度があります。

ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし

そして、人間関係で「嫌いな人であっても、仕事関係で必要ならば、割り切って我慢しなければならない」というのと同様、国同士の関係でも、「嫌な国であっても、国益のために必要ならば、割り切って我慢しなければならない」のです。

しかし、いかに仕事関係であっても、人間関係には我慢の限界があります。それと同様に、いかに国益のためであっても、外交関係にも我慢の限度があるのです。

つまり、私のような中小企業であっても、ビジネスマンとして日々、さまざまな人、さまざまな会社と交渉し、対話を続けていると、自然と「話が分かる人」と「話が分からない人」を峻別しなければならない、ということに気付きます。

意見表明に対する批判は自由だ!

ところが、日本の外務省の場合、どうもこの「人間関係」について、根本的に理解していないのではないかと思わしき人が多すぎるような気がします。先ほど例に挙げた佐藤地などはその典型例ですが、外務省OBの方々の中にも、正直、主張内容にまったく共感も同意もできない人が複数名います。

その典型例が、元外交官で「新党憲法9条」の天木直人氏です(代表者でしょうか?)。そして、天木氏は『天木直人のブログ』というブログを更新されているようです。

あらかじめお断りしておきますと、現役の外務省の外交官、官僚、職員などであれば、官庁という権力を握っている組織の構成員であり、かつ、私たち日本国民が税金で食わせてやっているという立場にあるため、その人格、行動を含め、かなり踏み込んだ批判が可能です。

たとえば、元ユネスコ大使である佐藤地については、人格を含めて厳しく批判しても許されますし、むしろ佐藤地は厳しい批判を甘受しなければならないほどの失態をした人間でもあります(※ちなみに、どうして外務省は佐藤地を懲戒免職にしていないのか、それが私にとっては不思議でなりません)。

しかし、天木氏はすでに外務省の職員ではありません。天木氏が外務省職員だったころの行動については、手厳しく批判しても問題ではありませんが、現在の天木氏の人格や行動を批判することは適切ではありません(※もっとも、これは天木氏に限ったことではありませんが…)。

現在、天木氏自身は政党に所属されているようですが、それでも当ウェブサイトでは、現在の天木氏に対する批判は、あくまでも同氏がブログなどの形で一般国民に向けて公表している意見に対して行いたいと思います。

天木氏「安倍総理は文在寅氏に先を越された」

前置きが長くなりましたが、私が思わずのけぞってしまった記事が、これです。

欧州訪問で文在寅大統領に先を越された安倍首相(2018-10-17付 天木直人のブログより)

記事が公表されたのは10月17日付だそうですが、内容は「お粗末」のヒトコトに尽きます。

安倍総理の欧州出張を、天木氏は

文字通り外遊が最優先の安倍首相だ。

と厳しく批判。さらに、

その欧州外遊でも、安倍首相は文在寅韓国大統領に遅れを取った。

と述べたうえで、次のように主張します。

先を越されたのはタイミングだけではない。/その会談内容こそ先を越されたのだ。/きょうの各紙が報じている。/文在寅大統領はマクロン大統領に、北朝鮮の金正恩委員長は自分(文在寅大統領)に対し、米国による「相応の措置」が見られれば、「核・ミサイル実験の中断や生産施設の廃棄だけではなく、現在保有する核兵器と核物質全てを廃棄する用意があると明らかにした」ことを伝えたというのだ。/そして、マクロン大統領に、「少なくとも北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に来たとの判断が立てば、国連制裁の緩和を通じて非核化を更に促進すべきだ」と安保理の常任理事国としての役割を果たすよう求めたというのだ。

ただ、この文章が公表されたのは17日だそうですが、文在寅氏が北朝鮮制裁緩和をマクロン大統領に求め、マクロン大統領が即座にゼロ回答したという事実は、この時点までに明らかになっていたはずです(実際、私自身の記事も、17日時点で「マクロン大統領からはゼロ回答だった」と申し上げています)。

それなのに、天木氏のブログでは、安倍総理が文在寅氏に「会談内容で先を越された」ことになっているようです。それだけではありません。天木氏は、安倍総理とマクロン大統領の首脳会談についても、

その後にマクロン大統領と会談する安倍首相は、例によって北朝鮮の非核化に向けて制裁を緩めてはいけないと要請するに違いない。

と予想しているのですが(※この部分自体は的中しました)、そのうえで、ブログの末尾には凄まじい結論が控えています。

しかし、金正恩委員長と直接会って得た極秘情報を携えて首脳会談に臨んだ文在寅大統領の首脳外交と、何の情報も持たずにひたすら拉致問題の解決と北朝鮮への制裁を緩めるなと繰り返すだけの安倍首相の地球儀外交のどちらに、マクロン大統領が聞く耳を持つかは明らかだ。

…あ、はい。

マクロン大統領は「何の情報も持たずにひたすら拉致問題の解決と北朝鮮への制裁を緩めるなと繰り返すだけの安倍首相の地球儀外交」に100%、聞く耳を持ちましたね。それに対し「極秘情報を携えて首脳会談に臨んだ文在寅大統領の首脳外交」とやらはゼロ回答に終わりました。

それを踏まえたうえで、

文字通り安倍地球儀俯瞰外交は、文在寅大統領の南北融和の懸命の首脳外交に先を越されたのである。」

という意見を読んで、どう思われるでしょうか?

あとのご判断は、読者の皆様にお任せしたいと思いますが、個人的には「日本の外務省に外交を任せると危ない」という私自身の仮説が補強できたという収穫はあったと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ウェブ評論の大切さ

さて、私自身は天木直人さんなどの有名人と違い、別に外交の世界の実務を知っているわけではありませんし、華やかな外交の世界で必要となる(?)ワインの銘柄や味、社交ダンスのやり方だとかについては、まったくと言って良いほど知識がありません。

しかし、それと同時に、小規模ながら自分自身でビジネスを営み、日々、さまざまな方々とお会いして商談をしているという感覚は、そのまま「ウェブ評論家」としての活動にも生かされているのではないかと、私自身は考えています。

何より、この『新宿会計士の政治経済評論』にはネームバリューがありません。私はけっして有名人ではありませんし、有名人ではない、どこの誰が書いたか分からないようなウェブサイトなど、最初から見向きもしない、という人もいるでしょう。

ただ、逆に言えば、ウェブ評論の楽しさは、純粋に「主張している内容」だけで勝負ができる、という点にあります。つまり、有名人が書いているブログやウェブ評論と違って、どこの誰が書いたかわからない文章を多くの人に読んでもらうためには、「説得力」が何より必要です。

当ウェブサイトも、もうすぐ開設から2年3ヵ月が経過しますが、いつのまにか、1日あたりで2万前後のページビュー(PV)、多い時で3万近いPVが頂けるようになりました。

なお、私自身は読者の皆様に対し、このウェブサイトで主張している内容に100%賛同して頂きたいと思っていませんし、むしろ、納得できない部分、異論がある部分についても、積極的にコメント欄を使ってご意見を頂きたいと思っています。

記事の内容に沿ったコメントであれば、反社会的な内容でない限り、賛同コメント、反論コメント、批判コメントなど、どうぞご自由にコメントをお寄せくださると幸いです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/11/21 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓新時代へ:慰安婦財団解散に踏み切った韓国政府の蛮勇
  • 2018/11/21 11:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、「慰安婦財団」の解散を正式発表 (3コメント)
  • 2018/11/21 09:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】中央日報「本日、慰安婦財団解散を公式発表へ」 (7コメント)
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (6コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (11コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (22コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (18コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (17コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (12コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)
  • 2018/11/13 08:00 【金融
    どうして「日本国債はデフォルトしない」のか、改めて考える (40コメント)
  • 2018/11/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    ルール守らぬ韓国の無法も国際問題化に成功すれば日本の勝利 (13コメント)
  • 2018/11/12 15:45 【時事|韓国崩壊
    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する (27コメント)
  • 2018/11/12 11:45 【時事|雑感オピニオン
    原爆投下、越えてはならない一線を越えるのはいかがなものか (18コメント)
  • 2018/11/12 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対するセカンダリー制裁はすでに始まっているのでは? (21コメント)
  • 2018/11/12 05:00 【マスメディア論|時事|政治
    後を絶たないマスコミ不祥事 捏造防ぐ特効薬は放送自由化 (22コメント)
  • 2018/11/11 11:11 【時事|金融
    「国民1人当たり878万円の借金になる」?なりません。 (15コメント)
  • 2018/11/11 05:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国へのフッ酸禁輸報道は北朝鮮核開発の関係があるのか? (16コメント)
  • 2018/11/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係はここが踏ん張りどころ 安易な妥協論を排除せよ (38コメント)
  • 2018/11/10 05:00 【韓国崩壊
    キレる、逃げる、責任転嫁 実体験に基づく韓国の傾向と対策 (17コメント)
  • 2018/11/09 17:00 【時事
    【速報】慰安婦問題・植村元記者の「捏造」主張を地裁が却下 (16コメント)
  • 2018/11/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も (40コメント)
  • 2018/11/09 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中央日報『日商会頭「日韓関係早急な正常化を」』報道の真偽 (12コメント)
  • 2018/11/09 05:00 【マスメディア論
    新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない (6コメント)
  • 2018/11/08 14:30 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国が南北鉄道連結事業着工を強行したら米国はどう動くのか (12コメント)
  • 2018/11/08 11:30 【時事|韓国崩壊
    逃げ腰で反論を試みる韓国首相と冷ややかに突き放す日本政府 (30コメント)
  • 2018/11/08 08:00 【時事|韓国崩壊|国内政治
    安易な日韓断交論は不適切にしても、日本が変わることは必要 (10コメント)
  • 2018/11/08 05:00 【マスメディア論
    赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落 (13コメント)
  • 2018/11/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    都合悪いと相手を批判?徴用工判決巡り韓国大統領府が初反応 (32コメント)
  • 2018/11/07 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決と日本人拉致事件の共通点:最終的に制裁が必要 (14コメント)
  • 2018/11/07 05:00 【時事|経済全般
    国際ルール守らぬ中国に米国が対決姿勢 日中接近は慎重に (12コメント)
  • 2018/11/06 15:00 【時事|韓国崩壊
    「ICJ提訴」はそれほど過激な選択肢でなく、むしろ不十分 (14コメント)
  • 2018/11/06 11:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】産経ニュース「日本政府が韓国政府をICJ提訴」 (9コメント)
  • 2018/11/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 日本政府は遅くとも今月末に「次のステップ」へ? (13コメント)
  • 2018/11/06 05:00 【雑感オピニオン
    改めて「国民の敵」とその対処法について考えてみる (15コメント)
  • 2018/11/05 10:30 【時事|韓国崩壊
    駐日大使らが「韓日双方が努力すべき」、そんな認識で大丈夫? (28コメント)
  • 2018/11/05 08:00 【時事|国内政治
    なぜ今、改憲を持ち出すのか?それは改憲阻止勢力が負けたから (4コメント)
  • 2018/11/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅大統領が破滅させるのは日韓関係ではなく韓国そのもの (24コメント)
  • 2018/11/04 08:00 【RMB|時事|金融
    通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する (19コメント)
  • 2018/11/04 05:00 【マスメディア論
    「国民の敵」としてのNHK いったい何が問題なのか? (12コメント)
  • 2018/11/03 08:00 【マスメディア論
    YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい (14コメント)
  • 2018/11/03 05:00 【韓国崩壊|外交
    「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に! (19コメント)
  • 2018/11/02 17:00 【時事
    河野外相の100%発言を100%支持する (22コメント)
  • 2018/11/02 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし (59コメント)
  • 2018/11/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「ツートラック外交」追求のうちに米韓同盟は破綻へ? (26コメント)
  • 2018/11/02 05:00 【マスメディア論
    改めて当ウェブサイトの姿勢を説明し、活動内容を紹介します (12コメント)
  • 2018/11/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」? (27コメント)
  • 2018/11/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考 (25コメント)
  • 2018/11/01 05:00 【雑感オピニオン
    何と月間PVが70万件に!保守系言論サイトの話題あれこれ (9コメント)
  • 2018/10/31 10:45 【時事|韓国崩壊
    事態収拾責任は韓国政府にあり 徴用工判決巡るメディアの反応 (37コメント)
  • 2018/10/31 08:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決「毅然たる措置」ビザ厳格化と外為法金融制裁は? (16コメント)
  • 2018/10/31 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物 (6コメント)
  • 2018/10/30 15:20 【時事|韓国崩壊
    越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至 (50コメント)
  • 2018/10/30 14:25 【時事
    【速報】徴用工訴訟で日本企業の敗訴が確定 (9コメント)
  • 2018/10/30 11:30 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決を前に:「約束」の意味を理解しない韓国人記者 (7コメント)
  • 2018/10/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    いよいよ本日2時に徴用工判決:日韓関係は破綻するのか? (7コメント)
  • 2018/10/30 05:00 【時事|外交
    日中外交:テーブル上で握手し、テーブル下で足を蹴る関係へ (7コメント)
  • 2018/10/29 12:30 【時事|韓国崩壊
    日本が「米中二股外交」で失敗したことにしたい韓国メディア (4コメント)
  • 2018/10/29 10:00 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイが新潟市長選で大恥さらすも自民党は慢心するな (3コメント)
  • 2018/10/29 08:00 【時事|国内政治
    安倍総理の訪中を巡って、ツイッター上で右と左が大ゲンカ? (7コメント)
  • 2018/10/29 05:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【重要】お詫び:ユーザー登録機能の重要な機能の中止について (4コメント)
  • 2018/10/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    混乱する日韓関係、ついに徴用工訴訟「介入疑惑」で逮捕者出現 (17コメント)
  • 2018/10/28 07:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ユーザー登録の手動修正につきまして (3コメント)
  • 2018/10/28 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係破綻が避けられないなら日本は米国と足並み揃えるべき (10コメント)
  • 2018/10/27 08:00 【日韓スワップ|時事|金融
    「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路 (9コメント)
  • 2018/10/27 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV数が50万件に到達 皆様に改めて御礼申し上げます (6コメント)
  • 2018/10/26 21:30 【RMB|時事|金融
    【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった! (7コメント)
  • 2018/10/26 12:00 【時事|金融
    安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解 (7コメント)
  • 2018/10/26 08:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ついにユーザー登録ができるようになりました! (16コメント)
  • 2018/10/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓関係破綻の危機が迫っている」という現実に備えるべき (19コメント)
  • 2018/10/25 10:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える (14コメント)
  • 2018/10/25 08:00 【時事|経済全般
    読売新聞、歴代経団連会長がIT弱者だった疑いを報じてしまう (15コメント)
  • 2018/10/25 05:00 【時事|外交
    日中関係改善という幻想 日本に必要なのは是々非々の姿勢 (7コメント)
  • 2018/10/24 13:00 【時事|国内政治
    玉木雄一郎氏が「野党再編の主役」?間違ってもそれはない
  • 2018/10/24 08:00 【マスメディア論|時事
    臨時国会開幕 マスコミのプロパガンダが効かなくなってきた (6コメント)
  • 2018/10/24 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる (4コメント)
  • 2018/10/23 12:30 【日韓スワップ|時事
    韓銀総裁が日韓スワップ待望?まず約束守れ、話はそれからだ (44コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。