突然ですが、ここ数日、当ウェブサイトへのアクセス数が急増しています。PV数は、1年前と比べると10倍近くに増えた計算ですが、ウェブサイトを運営していると、ある日突然、アクセス数が増えるということをよく経験します。これこそ、新聞やテレビといったマスコミには絶対にない特徴であり、ウェブビジネスの醍醐味といえるのかもしれません。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブビジネスの現況

大手ブログから独自ドメインへの切り替え

最近、当『新宿会計士の政治経済評論』を読んで下さる方が非常に増えているようです。アクセス解析をしてみると、とくに韓国の旭日旗騒動を解説した記事などに対するアクセスが好評です。

これまでも当ウェブサイトではときどき報告申し上げて来ましたが、私自身がウェブを使った情報発信を開始したのは2010年7月の話であり、当時は大手ブログサービス『アメーバ・ブログ(アメブロ)』や『楽天ブログ』を使っていました。

ところが、2015年10月の起業をきっかけに、ウェブ評論の事業化を念頭に、2016年7月に当ウェブサイトを開設。現在は大手ブログサービスのブログ更新を完全に停止し、私のウェブ言論活動は、基本的に当ウェブサイトに一本化しています(※ただし、ブログ過去記事は、いちおう、現在でも読めます)。

そして、当ウェブサイトを開設して2年少々が経過した現在、大手ブログサービスをやめて独自ドメインに切り替えたことの効果は、非常に良い形で出ています。とりわけもっとも良かったことは、アクセス数の急増です。とくに、「ページビュー(PV)」が大きく伸びました。

まず、アメブロ時代の『新宿会計士のブログ』は、1日当たりのPV数が500~700件、多い時で1千件を超えるくらいでした。ただ、あとになって調べてみると、アメブロの場合、管理画面に表示されるPV数が、実態と比べてかなり水増しされているという問題もありました。

というのも、当ウェブサイトを開設後、当ウェブサイトとアメブロの双方にアクセス数を正確に検証するソフトウェアを組み込んだところ、アメブロ側のアクセス数は1日100~150件ていどに過ぎなかったからです。いわば、アメブロの管理画面に表示されるPV数は、実数の5倍から10倍に水増しされていたのです。

やや酷い言い方をすれば、自分では6年間、大手ブログサービスで一生懸命ウェブ評論活動をしているつもりだったにも関わらず、実質的には1日せいぜい100件から150件ていどしか読まれていなかったのです。

身を持って体験した、インターネットの威力!

しかし、独自ドメインを取得し、レンタルサーバ上に当ウェブサイトを開設したところ、1日あたりの平均PV数は順調に増加しています。開設した直後だと、ウェブサイトの知名度がゼロに近いため、PV数はゼロに近かったのですが、それが2016年12月末ごろには、何とか600件弱に達しました。

そして、最初の転機が訪れたのは、ウェブサイト開設後半年目となる、2017年1月のことでした。

ある日、アクセス解析をしてみると、当ウェブサイトの平均PV数が、いきなり3000件にジャンプしたのです。直前に600件だったPV数が3000件に増えたということは、一気に5倍になったということです。その後、PV数は増減を繰り返しつつも、2017年中は、だいたい3000件前後で推移しました。

ところが、今年以降、PV数がまたジリジリと上昇し始め、1月には4000件、5月には5000件を突破。なんと、8月に入り、いきなり倍増して1万件を超えたのです。この件については『なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に』で触れたので、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に

当時の私は、「アクセス数の増加なんて一時的な現象だろう」と思っていたのですが、不思議なことに、このアクセス数の増加は「一時的な現象」ではなく、結局、9月末に至るまで、平均して1日あたり1万件を超えた状態が続いたのです。

さらに驚いたことに、今月初旬、PV数が再び倍増し、現在では1日平均PV数が2万件に迫る勢いとなっています(図表)。

図表 当ウェブサイトの1日平均PV数(概略)

(【出所】著者作成)

バズを何度か経験し、「ウェブ・メディア」の仲間入り?

私自身が運営するサイトの例で恐縮ですが、図表の動きを見ていると、ウェブサイトの成長には、1つの大きな特徴があることがわかります。それは、「ある日突然、アクセス数が急増する瞬間が到来すること」です。そして、「ある日突然、アクセス数が急増すること」を、一般に「バズ」と呼ぶこともあるようです。

もちろん、アクセス数が急増しても、一時的な現象で終わることもあります。ずっと1日100件ていどしかPVがなかったサイトが、ある日、突然PV数が数百倍(つまり数万件)に増え、またもとの1日100件に戻ってしまった、という話も、よく聞きます。

しかし、当ウェブサイトの場合は、「ある日突然、PV数が数百倍になる」といったことはありませんでしたが、「ある日突然、PV数が数倍になる」ということは、いままで3回発生している計算です。この程度の「バズ」であれば、持続性もありますし、ウェブサイトにとっては非常に理想的な成長だと思います。

そして、正直、当ウェブサイトへのアクセス数の急騰には、自分でもとても驚いています。「1日平均2~3万件」という状況が継続すれば、月間PV数は50万件、いや、100万件すら視野に入ります。こうなってくると、当ウェブサイトは単なる「ブログの延長」ではなく、小規模な「ウェブ・メディア」かもしれません。

日本マスコミ村への挑戦

ただ、私自身、このウェブサイトがこんなにたくさんのアクセスを集める資格があるのか、いまひとつ、自身が持てません。アクセス数が大きく増えていること自体は非常に嬉しい話ですが、それにしても、当ウェブサイトを執筆しているのは、ジャーナリストでも何でもない、ただの中小企業経営者に過ぎないからです。

そんな中小企業経営者である私が、偉そうにウェブ言論活動などをしても良いものでしょうか?私ごときの人間に、他人様に対して偉そうに高説を垂れる資格などがあるのでしょうか?

この点、読者コメント欄などを通じて読者のみなさまの反応を見ていると、幸いにして、おおむね好意的なご評価を頂いているようですが、その理由について私なりに考えてみるならば、おそらく、「読者のみなさまと同じ目線で記事を書いているから」ではないかと思うようになりました。

とくに、多くの読者のみなさまからいただく意見を読んでいて痛感するのは、現在の新聞・テレビを中心とする「日本マスコミ村」の報道に辟易している人が多い、という点です。そして、「日本マスコミ村」は記者クラブなどの閉鎖的な特権に守られた「村社会」であり、その村を批判すれば、「村八分」にされるようです。

当然、おかしな報道についても是正されることもありませんし、誤報、偏向などの問題報道がただされることもありません。だからこそ、マスコミの報道、論調には不満を抱いている人が、最近はとくに多いのではないでしょうか?

しかし、私自身は「日本マスコミ村」のしがらみをまったく持っていません。というよりも、別にマスコミの報道に依存しなくても、現代社会では、必要な情報はたいてい官庁などから直接入手できますし、ツイッターなどを眺めている方が有益な情報に出会える可能性が高いのも事実です。

そして、マスコミが「マスコミの報道の在り方を批判するメディア」は、従来のマスコミ報道では絶対に存在し得なかったものです。ということは、当ウェブサイトに寄せられている期待とは、結局、新聞、テレビなどの既存メディアが逃げている論点にしっかりと向き合うことではないかと思うのです。

何より、既存のメディアでは、たとえばテレビの視聴者数が、ある日いきなり数倍に増えるということは滅多にありませんし、新聞の販売部数が、ある日いきなり数倍に増える、ということも、まず考えられません。

これだからこそ、ウェブサイトの運営は楽しいのです。

まとめサイトとアンテナサイト

まとめサイトの傾向と対策

ところで、当ウェブサイトの場合、コンテンツはほぼ100%、運営者である『新宿会計士』が執筆したオリジナルのものです。他人が執筆した文章については批評目的で引用することはありますが、記事の中身を100%、他人様の文章で構成するということはありません。

しかし、これと真逆のサイトが、最近激増している「まとめサイト」と呼ばれるウェブサイトです。これは、主に「2ちゃんねる」「5ちゃんねる」などの匿名掲示板で話題になった内容を転載するものであり、ジャンルもさまざまです。

私が執筆している政治経済評論と似たようなジャンルの「まとめサイト」は、多くの場合が匿名掲示板の『政治ニュース』『東アジアnews』などから題材を取ってきて、その話題(スレッド)の書き込みをほぼそのまま転載する、という仕組みです。

正直、気楽な商売だな、と思うサイトも数多くあります。もちろん、「まとめサイト」のなかには、まとめ方が上手なサイトもありますし、読む人の利便性に配慮したサイトもあります。しかし、あえて厳しいことを申し上げれば、「他人のふんどしで相撲を取っている」のと大差ない「まとめサイト」も多く見られます。

そして、「まとめサイト」によっては、あきらかなフェイク・ニューズを垂れ流すものもあります。たとえば、最近の話題だと、韓国が主催する観艦式で、参加を予定している日本の海上自衛隊に対し、旭日旗を掲げないように求めたという「事件」がありました。

これについて、9月28日の時点で、当時の小野寺五典(おのでら・いつのり)防衛相(※今月の内閣改造で退任)は、「観艦式に参加するなら旭日旗の使用は自粛しない」と述べました。

防衛相、旭日旗の使用自粛せずと/韓国での「国際観艦式」(2018/9/28 13:31付 共同通信より)

しかし、これについて、一部の「まとめサイト」で、小野寺前防衛相が韓国に対し、

自粛するわけねーだろバーカ。嫌なら韓国がボイコットすれば良い

と発言したとする、明らかなフェイク・ニューズが堂々と掲載されていました(『まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」』参照)。

まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」

はて、いったいいつ、小野寺氏が「自粛するわけねーだろバーカ」「嫌なら韓国がボイコットすれば良い」と発言したのでしょうか?

アクセス数のためにフェイクを主張する

結論的にいえば、この「自粛するわけねーだろバーカ」「嫌なら韓国がボイコットすれば良い」という発言は、某匿名掲示板のスレッドのタイトルを、そのまま「まとめサイト」の記事タイトルに転用しただけだったようです。

どうしてこんなウソのニュースがタイトルになってしまったのかといえば、センセーショナルな内容のタイトルにしておけば、それだけたくさんの人のアクセスが期待できるからでしょう。そして、アクセス数が増えれば増えるほど、広告料などの収入も得られます。

要するに、「ウソでも何でも良いから主張した者が勝ち」、なのです。

私自身は普段から当ウェブサイトを通じて、マスコミが垂れ流すフェイク・ニューズや偏向報道を批判している立場にあります。しかし、「小野寺氏が『自粛するわけねーだろバーカ』と述べた」といった記事は、フェイク・ニューズとしてはマスコミの報道と同じくらい、いや、それ以上に悪質です。

もちろん、最近は嫌韓サイトを含めたさまざまな「まとめサイト」が増えていることも事実ですし、私自身はこうしたサイトがインターネット言論空間の多様性をもたらす効果もあると考えており、一律に否定すべきではないことは間違いありません。

また、新聞やテレビを中心とするマスコミ報道だと、報道が偏ってしまうという側面も強く、その意味では、マスコミの報道にツッコミを入れるような「まとめサイト」は、言論空間の歪みをただす効果もあります。

物事には常に良い側面と悪い側面がありますが、少なくともインターネット空間では、情報を受け取る私たち自身が賢くなり、悪質なフェイク・ニューズ・サイトをえり分けて行かなければならないのです。

他サイト様へ、強引なアンテナ飛ばしや広告はどうかと思いますよ

ここで、「まとめサイト」について言及したのであれば、「アンテナサイト」についてもコメントをしておくべきでしょう。

読者の皆様方のなかにも、「ネットサーフィンをしていて、気になる記事をクリックしたら、目的の記事ではなく、ひたすら他サイトの記事のリンクばかりが掲載されているページに飛ばされた」という経験をした方もいらっしゃると思います。これが「アンテナサイト」と呼ばれるものです。

じつは、この「アンテナサイト」は「まとめサイト」と表裏一体の関係にあります。各「まとめサイト」と「アンテナサイト」はお互いにリンクを貼っていて、記事が更新されたときにリンクが自動で生成される、という仕組みを採用しているからです。

ある「まとめサイト」で記事が更新されたら、その「まとめサイト」が登録している先の「アンテナサイト」すべてに情報が送られ、その「アンテナサイト」の新着記事情報がほかの「まとめサイト」にも表示されることで、あるユーザーを「まとめサイト」同士で効率的に回遊させる、という仕組みです。

ただ、「アンテナサイト」に飛ばされてしまうと、そのサイトに表示される記事をもう1回クリックする必要があり、正直、面倒臭いです。また、スマートフォンで閲覧中に、目当ての記事をクリックしようとしたら、その瞬間、広告が表示されて、思わず誤タップしそうになることもあります。

そのくらいならまだ何とか我慢できるのですが、中には、話が「前編」「中編」「後編」と分けられていて、前編から中編、中編から後編に行くのに、いちいち「アンテナサイト」を経由する必要があり、そのたびに別ウィンドウが立ち上がり、いちいち見たくもない広告を見せられる、という不都合が生じるのです。

結局はサイト運営者のポリシーの問題

ちなみに、私自身は別に、当ウェブサイトを使ってカネ儲けをしようとは思っていません(といっても、儲かるなら儲かった方が嬉しいですが…笑)。当ウェブサイトの場合、レンタルサーバ代やドメイン取得手数料、通信費などの経費を賄うために、グーグルなどの広告配信サービスを利用していることは事実です。

しかし、それと同時に、「広告をクリックしないと先に進めない」、「紛らわしい場所に広告を表示して誤タップを誘導する」、といった仕組みの強引な広告を入れるつもりはありませんし、さらには自分自身が目にして不快な広告については積極的にブロックするようにしています。

一方で、ウェブサイトを運営するようになってから気付いたのですが、他サイトを閲覧していると、フェイク・ニューズすれすれのタイトルで読者を釣り、わざと「アンテナサイト」を経由させることで、なかば強引に広告をクリックさせようとする仕組みを導入している事例が散見されます。

また、広告の種類によっては、猥褻なもの、下品なものが画面いっぱいに表示されるケースもありますし、画面のなかほどから「じわー」っと広告が浮かび上がり、誤タップを誘導するような仕組みもあります。

しかも、「アンテナサイト」によっては、記事がやたらとたくさん羅列されていて、目的の記事が見つからないケースもありますし、やっと目的の記事を見つけてクリックしようとしたら、強引に広告が表示される、という酷いサイトもあります。

さらに調べていくと、どうもこの「アンテナサイト」のなかには、表示されるだけでサイト運営者に広告料が支払われるという仕組みのものもあるらしく、また、「まとめサイト」側も、わざわざ「アンテナサイト」を経由させることによって、アクセス数の増加が見込めるという効果が期待できるのだとか。

つまり、「2ちゃんねる」や「5ちゃんねる」などの匿名掲示板で議論されている内容を勝手に転載する「まとめサイト」と、それらの「まとめサイト」群をつなぐ「アンテナサイト」という構造が、現代社会では「ネット・ビジネス」として成立している格好です。

ただ、非常に申し訳ないのですが、ユーザーサイドとしては迷惑です。つまり、「アンテナサイト」はユーザーの利便性を落とすことはあっても、ユーザーの利便性向上につながることは絶対にありません。

「まとめサイト」などのウェブサイトが増えて来れば、手軽にカネになる「アンテナサイト」が蔓延るのも仕方がないのかもしれませんが、あまりにも「アンテナサイト」が増え過ぎるのも困りものです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ウェブビジネスの今後

ただ、私自身は「他人は他人、自分は自分」というスタンスで、ウェブサイトを運営して来ましたし、今後もそうするつもりです。

もちろん、「まとめサイト」のなかには、必要以上に広告をベタベタ張るのではなく、ユーザーの利便性を考えた、非常にすっきりしたデザインで読みやすいサイトもあります。「他人の議論をそのまま転載するだけ」ではない、付加価値があるサイトもあるのです。

しかし、それと同時に、サイトによっては「ウソでもなんでも良いから、とにかくアクセス数だけを稼ぐ」という悪質なものもありますし、最近だと、在日外国人女性が「まとめサイト」を名誉棄損で訴えて勝訴した、という事例もありました。さらには、

  • 【速報】 河野太郎閣下、韓国との断交を決意!!!!
  • 【ラオスダム決壊】 韓国「責任取るべきは施工した鹿島建設であり、SK建設に責任は一切無い」ついに無関係な日本企業に責任を押し付け始めるwwwwww
  • 韓国政府「国際観艦式で旭日旗の使用自粛な?」⇒ 小野寺防衛相「は?自粛するわけ無いだろ。嫌なら韓国がボイコットすればいい」 小野寺防衛相「旭日旗?自粛するわけねーだろバーカ」

といった、明らかに根拠がない悪質なフェイク・ニューズ・ブログもたくさんあるのが実情です。

いずれにせよ、「アクセス数がある日いきなり倍増する」といったダイナミックさが楽しめるのはウェブビジネスの長所だと思いますし、ウェブサイト運営がやめられない理由の1つでもあります。

そして、当ウェブサイトは少なくとも、他人様の議論をそのままコピペするようなサイト運営をするつもりはありませんし、何か主張するにしても、できるだけ客観的根拠資料や自分自身の判断根拠を提示することに務めたいと思います。

さらに、読者コメント欄への投稿については、ウェブサイトと無関係な宣伝スパム・コメントや反社会的な内容でない限りは完全に自由ですし、当ウェブサイトの内容についても、ルールを守って下さる限りは、どなたでも私の承認なしに、自由に引用、転載して下さって構いません。

(※ただし、有料読者限定サイトに転載するなどのケースは、事前にご連絡を頂きたいと思います。)

当ウェブサイトは、私が自分勝手なことばかり執筆しているウェブサイトではありますが、どうかご愛読とお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/24 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓「未来志向」削除:韓国メディアの「逆ギレ」は限定的? (9コメント)
  • 2019/04/24 10:00 【時事|外交
    イラン産原油・SRE廃止の影響 中国、トルコ、韓国の反応 (16コメント)
  • 2019/04/24 05:00 【マスメディア論|国内政治
    ウェブ時代・議論拒否するサヨクさん 保守とサヨクの違いとは (15コメント)
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (44コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (28コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (32コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (21コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (60コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (24コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。