【昼刊】あらためて「韓国への」経済制裁を提唱する

以前から当ウェブサイトでは「無能な味方は有能な敵よりも大きな脅威だ」と申し上げ続けて来ました。昨日、主要メディアがいっせいに「韓国船籍のタンカーが北朝鮮の『瀬取り』に関与していた疑いがある」と報じましたが、私に言わせれば「まったく予想通り」です。手遅れになる前に、韓国に対する何らかの「セカンダリー・サンクション」を発動すべきではないでしょうか?

対韓経済制裁の必要性

コウモリ国家・韓国の本領発揮か?

6月12日に予定されている米国と北朝鮮との首脳会談を控え、北朝鮮の動きに対する注目が集まっています。しかし、意外と無視できないのは、韓国という「こうもり国家」の行動です。韓国は米韓同盟を通じて米国と同盟関係にあり、日米同盟を通じて米国は日本と同盟関係にあります。

したがって、韓国は間接的に「日本の同盟国」だといえなくもありません。しかし、その韓国は、日本に対してウソの慰安婦問題をはじめとするさまざまな攻撃を仕掛けて来ています。私たち一般の日本人から見て、「韓国が友好国だ」と言われても、納得できるという人は少ないでしょう。

以前から私は、「無能な味方は有能な敵よりも大きな脅威だ」と申し上げ続けて来ました。「味方のふり」をしながら、陰に陽に、さまざまな邪魔をしてきている国は、いっそのこと「敵対国」だと位置づけた方がすっきりします。

当ウェブサイトでは、以前、『韓国も経済制裁の対象にすべき』のなかで、韓国が北朝鮮を支援するのであれば、いっそのこと韓国が日米からの経済制裁の対象に加えられるべきであると申し上げました。あれから2週間少々が経過しましたが、その証拠がいくつかでてきました。

その1つが、次の報道です。

韓国船、「瀬取り」関与か=北朝鮮密輸で調査要請-日本政府(2018/05/13-17:05付 時事通信より)
韓国船、北朝鮮の瀬取り関与疑い 日本政府が照会(2018/5/13 16:00付 日本経済新聞電子版より)
韓国船が瀬取り未遂か…政府、韓国に調査要請(2018年05月13日 19時38分付 読売オンラインより)
ほか多数

これらの報道によれば、「5月上旬に韓国船籍のタンカーが東シナ海の海上で北朝鮮船籍のタンカーに横付けしていたのを海上自衛隊が発見した」としています。報道では「日本政府は韓国政府に対して調査を要請した」とありますが、実際には「調査要請」ではないと思います。

「日本としては韓国が北朝鮮と内通していることはすべて把握しているぞ」、という警告でしょう。

韓国はCVIDを望んでいない

考えてみれば、韓国は以前から日本に敵対し続けてきており、このこと自体には別に新味はありません。しかし、昨年5月に文在寅(ぶん・ざいいん)政権が発足して以来、韓国は、日本どころか、直接の同盟国である米国の神経を逆なでるような動きを繰り返しています。

たとえば、日本と米国は一貫して「CVID」(※)を求めて、北朝鮮に圧力を掛け続けて来ましたが、韓国はあたかも北朝鮮と内通しているかのごとく、日米の一致した外交努力を妨害するような動きを続けています。

(※)CVIDとは:英語の “Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement” の略で、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」の意味。

今年1月以降だけで見ても、平昌(へいしょう)冬季五輪を名目に、恒例の米韓合同軍事演習を延期すると言い出したり、南北高官級協議を開くと言い出したり、2015年の日韓慰安婦合意を見直すと言い出したり、と、あきらかに「日米韓3ヵ国連携」の枠組みを破壊する動きに出ます。

4月27日に行われた南北首脳会談と、それに続く「板門店宣言」では、「朝鮮半島の非核化」を提唱したものの、CVIDにはヒトコトも言及していません。これは、むしろ韓国こそがCVIDを望んでいないという証拠でしょう。

セカンダリー・サンクションの意味

私に言わせれば、核開発を続け、無辜の日本国民を拉致し、世界中でテロを起こす北朝鮮という国家は、地球上から消滅させるのが相当です。ただ、北朝鮮を今すぐ軍事攻撃して金正恩(きん・しょうおん)体制を崩壊させることは、現実には困難です。

このように考えていけば、日本と米国が編み出した「最大限の経済制裁」という考え方は、非常に有益です。なぜなら、軍事攻撃を加えなくても、おカネを絶てば、北朝鮮経済が干上がり、核開発を続けるだけの余裕を削ぐことができるからです。

もちろん、本来であれば軍事的な行動と経済的な制裁をセットにすべきですが、北朝鮮は中国、ロシアと国境を接しており、中露両国の協力がなければ、有効な軍事行動を加えることはできません。このように考えていけば、日米だけでできる経済制裁こそが、現状でもっとも有効な戦略なのです。

ただ、こうした北朝鮮への経済制裁を無効にしてしまうのが、協力国による「裏切り」です。先ほども紹介した、韓国が「瀬取り」に関与していたという話題は言語道断ですが、それだけではありません。韓国は北朝鮮に対し、おそらく「板門店宣言」に従い、北朝鮮に経済的支援を与えようとしています。

このようなことをされてしまうと、北朝鮮に対する経済制裁の威力が薄まってしまいます。そこで、北朝鮮だけでなく、韓国に対しても、経済制裁を加える必要が出てくるのです。こうした制裁を、一般にセカンダリー・サンクション(二次的制裁)と呼ぶのです。

いまや、韓国に対するセカンダリー・サンクションを発動することも検討すべきでしょう。

韓国がG7に押し掛ける?

一方で、私が週末に眺めていて、おもわず呆れたのが、次の報道です。

G7/韓国参加で調整 米朝会談前、南北支援要請へ(2018年5月11日 23時09分付 毎日新聞デジタル日本語版より)

来月カナダで行われるG7サミットに、韓国が勝手に押しかけようとしている、という話題です。現在のところ、わが国のメディアで報じているのは毎日新聞だけですが、韓国大統領がG7に出席できると韓国大統領府が考えているとすれば、能天気のヒトコトに尽きます。

もっとも、毎日新聞によれば、カナダが他の参加国に対して韓国の参加を打診しているということであり、日米が強硬に反対しなければ、韓国大統領のG7参加が実現する可能性も否定はできません。しかし、ここは韓国の参加を認めてはならないでしょう。

なぜなら、韓国は世界の犯罪者である北朝鮮と、事実上、内通しているからです(余談ですが、北朝鮮や韓国政府の立場を日本国内でそのまま垂れ流す毎日新聞というメディアとは、いったいどこの国のメディアなのでしょうか?まったく意味がわかりません)。

いずれにせよ、私自身はいまや、韓国が日本の「味方」であるとはまったく思っていません。日本政府が韓国に対してどのような対応を取るのか、個人的には深く注目したいと考えています。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    < 第3号ありがとうございます。
    < 6月、カナダで行われるサミットに、韓国は何を言いに来るのかな?どうせ来るのは子供らは米国籍を『敢えて』取らせている英語堪能な康外交長官と、文大統領だろう。北朝鮮絡みでの宥和策か。
    < 『南北は統一の機運に溢れている』とか『G7国には平壌への訪問も歓迎する』とか『金委員長は親しみやすい男だ、私が保証する』なんて喋りそうだが、オマエが一番信頼できないって。保証を確信するG7元首はいない。いずれにしても、文が来たら『支援』という美名で金を無心しそうだ。
    < 「瀬取り」はいわば密輸です。貿易港で税関を通して荷移しするならともかく、北朝鮮船に西海や東シナ海でやるのは各国の制裁を蔑ろにする行為だ。さて、どういう処罰がいいか。接触を見かけたら威嚇発砲、停船命令。これは当然でしょう。全力で逃げ出しても、鈍足のタンカー、貨物船は逃げ切れない(敵が発砲してきたらエンジンルームを狙えば良いし、最悪腹に発砲し浸水させる。乗組員は強制退去)。臨検を更に拡大し、日、豪、米、英、加軍で北朝鮮船と韓国船を東シナ海から海上封鎖してはどうか。完全に干上がるだろう。
    < 失礼します。

  2. a4 より:

    何時かアメリカは裏切り者韓国に経済報復をするでしょう、アメリカは日本にも要請します、その時日本も喜んで同調すると思います。
    米朝会談の後(ドタキャンも含め)、動き始めると思います時間の問題でしょうね。

  3. 歴史好きの軍国主義者 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信有り難うございます。

    瀬取りに関する非協力に対し韓国に制裁すべしとの管理人様の意見に全面的に賛成します。

    やるなら韓国の人口を9割減らす位の「えげつない」制裁をしなければいけません。

    一つ目は韓国が瀬取りを永久にしない確証が得られる迄工業部品と製品の韓国への輸出全面的禁止です。

    次に韓国向けの全ての金融取引の禁止です。

    最後に韓国ビザを持つ人間に対しあらゆる物品金銭の持ち出し禁止です。

    これぐらいの事をして北朝鮮に韓国と手を組むメリットは無い事を見せつけるべきです。

    韓国のデフォルトの引き金を引く?

    その通り。その為の制裁です。

    韓国内の日本人が拘留されて迫害される?

    甘受すべき。女子供赤ちゃん全て死ぬ迄見棄てて下さい。
    例え日本人が凌遅
    刑に遭うのを世界中に流されても一切譲ってはいけません。
    大事なので繰り返します。

    「見棄てて下さい。」

    此処までやらないときっと日本の要求は北朝鮮に通りません。

    皆様、犠牲を出す覚悟を持ちますか?

    以上です。
    駄文失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。