日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か?

先日の『中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び』や『「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手』で述べたとおり、韓国の「保守派」(あるいは「用日派」)からの「このままだと韓日関係が壊れてしまう」、「日本は対韓配慮を!」と求める声が強まっています。その際に問題となるのは、日本国内にも安易な「対韓配慮派」が跋扈していることですが、さすがに文在寅政権下の韓国の日本に対する不法行為が受忍限度を超えているため、韓国に対する「大人の対応」については、すでに日本国民の多数が認めないでしょう。ただ、韓国に対しては、単に経済制裁をすれば済むという話ではありません。不誠実な韓国との関係を清算するのならば、むしろ「東アジア新秩序」についても深く考える必要が出てきます。

日韓関係6類型

日本は厄介な隣国たちと、どう付き合うべきか――。

これは、私がウェブ評論を行ううえで、かなり以前から抱いている課題です。

おぼろげながら見えているのは、「最悪の状態をいかにして回避するかが一番重要だ」という点であり、その意味で、「最悪の状態」を仮定すれば、「それを避けるためにはどうすれば良いか」が見えてくる、という側面もあります。

以前からたびたび紹介しているとおり、日韓関係を巡っては、わが国にはだいたい次の6つの類型があります。

  • (1)日韓友好論
    • ①対等関係論:日韓両国は対等な主権国家同士として、ともに手を取り合い、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ。
    • ②対韓配慮論:日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。
    • ③対韓追随論:日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ。
  • (2)日韓非友好論
    • ④韓国放置論:日韓関係をただちに改善することは困難であり、関係がこれ以上悪化しないように管理しつつ、敢えて日本側からは積極的な関係改善に動かず、放置するべきだ。
    • ⑤日韓断交論:日韓関係を破壊しているのは韓国の側であり、もうお付き合いできない。日韓関係は破綻させ、断交すべきだ。
    • ⑥誅韓論:韓国に自由に動くことを許していると、韓国は日本の国益を破壊しようとして来る。よって、日本は積極的に韓国を滅ぼすべきだ。

この6つの考え方は、あくまでも日韓両国の論壇や有識者らの主張、インターネット掲示板の書き込みなどをベースに、私が分類したものに過ぎません。しかし、この6つの類型を知っておけば、だいたい日本国内(あるいは韓国国内)の「日韓関係に関する主要な考え方」について、網羅していると思います。

問題があるのは②

思想遍歴:韓国と距離を置くべきと判断した理由

実は、このうちの①と②は、私自身の思想遍歴でもあります。

若いころは朝日新聞が大好きだったためでしょうか、昔の私が理想としていたのは、間違いなく、①の関係です。高校生の頃、実家では朝日新聞を購読していましたし、大学生になり上京すると、学費を自分で稼ぐために「新聞奨学生」として朝日新聞専売店で働いたほどです。

また、大学時代には中国人や韓国人の留学生とも知り合いになり、「東アジア3ヵ国連携」という、不思議な熱気を感じていたことも事実です。

ただ、中国人はともかく、韓国人に関しては、仲良くなればなるほどぶつかるのが「歴史問題」でした。

韓国人の学友のなかには、「日本が悪辣な植民地支配を行い、朝鮮民族を収奪した」とかたくなに信じている人もいましたし、「韓国から出ることで、さすがに朝鮮民族を収奪したというのはウソだ」と気付いたという人もいましたが、それでも、彼らの主張の共通点は「歴史について日本は謝罪しろ」、でした。

結局、「日韓関係がうまくいく」ためには、何らかの形で日本が韓国に対して配慮し、形の上だけでも良いから謝罪しなければならない、というのが、学生時代の私が得た結論だったのです(ただし「うまくいく」の定義自体はあやふやでしたが…)。

ただ、その後、社会人になり、仕事をするなかで、さまざまな人と知り合いになりましたし、また、世界各国を随分と訪れるなかで、どうも「隣国に一方的に配慮し続けるという形での関係は正常ではないのではないか」、と気付くようになりました。

また、2008年のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発した金融危機で、日本経済新聞が「時価会計停止へ」とする盛大な誤報事件をやらかしてくれたおかげで、「新聞の情報は間違っているのかもしれない」と思うようになり、その後は自分自身で一次情報を調べる癖を付けるようになりました。

さらに、ブログ黎明期に三橋貴明さんをはじめとした優れたウェブ経済評論家と出会ったことも、私の人生を大きく変えたように思います(※といっても、現在でこそさまざまなウェブ経済評論家の皆さんがいらっしゃるものの、彼らの主張に必ずしも全面的に賛同するものでもありません)。

なにより、私がインターネットと出会ったことの最大の収穫は、「この世には客観的事実と主観的意見がある」ということと、「100%絶対に正しい意見を述べる人はいない」ということを理解したことだと思います。

こうしたなかで、改めて「ウェブ評論家」としての視点で私自身の片方のルーツでもある韓国を眺めてみると、あまりにも彼らの主張が支離滅裂すぎて驚いたのです(※この10年間で韓国人の親戚相手に訴訟をしたという個人的事情もありますが…)。

その結果、現在の私は、「『隣国だから』というのは、深いお付き合いをする理由にはならない」と考えるようになったのです。

韓国の「用日派」は「特別な関係」を求める

さて、あくまでも私の主観ですが、少なくとも日本では韓国との「友好関係」が必要だと考える人は少数派になりつつあるのではないかと思います。

昨年の秋口以降、旭日旗騒動に始まり、徴用工判決、慰安婦財団解散、レーダー照射、国会議長による天皇陛下侮辱発言などが続き、さすがに外交に関心を持たない人や、安倍政権を支持していない人の間でも、さすがに「この国は異常だ」と認識したのではないでしょうか?

ただ、日本の側で国民レベルで変わりつつあるのだとしても、韓国も同じとは限りません。

いや、むしろ、『中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び』や『「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手』で述べたとおり、韓国側の「保守派」の側は、今まで以上に「このままだと韓日関係が壊れてしまう」、「日本は対韓配慮を!」と求めて来ているからです。

先日は中央日報や朝鮮日報の「韓日友好論」について紹介したばかりですが、ついでなので本稿ではもう1つ、『韓国経済新聞』が配信した、次のコラムについても紹介しておきましょう。

韓経:【コラム】「反省しない日本」に勝つには…(2019年02月21日09時14分付 中央日報日本語版より【韓国経済新聞配信記事】)

リンク先の記事は『韓国経済新聞』に掲載され、『中央日報』が日本語訳して掲載しているものだそうです。論旨は必ずしも明確ではありませんが、文中に文喜相(ぶん・きそう)国会議長による天皇陛下侮辱事件が、次のように紹介されています。

韓日議員連盟会長を務めた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の「天皇謝罪論」をめぐり韓日関係が急速に冷え込んでいる。「韓国の植民時代の日本軍慰安婦被害者に天皇が謝罪しなければならない」という発言が日本の政治家らを刺激したのだ。天皇は敗戦後に「人間宣言」をする前まで日本人に「現人神(人間の姿をした神)」としてあがめられた。信じようが信じまいが、日本人はいまでも自分たちの君主を「天から降りた皇帝(天皇)」と呼ぶ。そうした存在に謝罪を要求したので文字通り逆鱗に触れたということだ。

私はこの文章を読んだ瞬間、「あぁ、やはり韓国では保守派から左派に至るまで、もれなく天皇陛下を侮辱するのか」と、改めて失望しました。それと同時に、「日本人は自分たちの君主を天皇と呼ぶ」という表現からは、韓国国内で天皇陛下を「日王」と呼ぶ、という幼稚な発想の背景を窺い知ることができます。

そのうえで、私が敢えて「日本国民の皆さんに読んでほしい」と思う下りが、次です。

だがしっかりと確認しなければならないことがある。日本は第2次大戦の同盟国だったドイツと違い、隣国を侵奪し戦禍に追いやったことに対する代価をまともに払っていない。被害者の傷を慰める確実な反省をしたこともない。/韓日国交正常化過程で両国政府合意の下にいくらかの賠償金を出したので「外交的にも国際法的にも決着の付いた問題」といっては困る。戦勝国に分割占領され、分断の懲罰を受け、ポーランドなど隣国に領土まで分け与え、暇ができるたびに過去の過ちを謝罪しているドイツと比較せざるをえない。日本は逆だ。19世紀末の韓半島情勢が混乱していた時に一方的に領土宣言をした独島(ドクト、日本名・竹島)をいまだに自国領と言い張りあらゆる外交挑発を止めすにいる。

正直、怒りで手が震えるとは、このことを指すのでしょう。そもそも論として、ちゃんと韓国と話し合うならば、日本が韓国に対して「被害」を与えたということ自体、歴史的事実に照らして妥当なのか(※私はそうは思いませんが)、そこの認定から始めるべきでしょう。

また、百歩譲って日本が韓国に被害を与えたのだとして、そのことはすでに1965年の日韓請求権協定により完全かつ最終的に決着がついている話であり、外交的にも国際法的にも決着が付いていることは明らかであるといえるでしょう。

韓国の弱み、日本の弱み

ただ、逆に言えば、韓国が日本に対して「精神的優位」に立つための材料が、「歴史問題」しか存在しない、ということでもありますし、国際法の世界に持ち込まれると、韓国には勝ち目はまったくありません。これが韓国の弱みです。

だからこそ韓国はこれまで、「日韓関係をうまく運びたければ、日本こそ韓国に配慮せよ」という倒錯した発想を続けてきたのであり、何度も何度も過去を蒸し返して来たのです。そして、日本側の弱みとは、韓国が歴史問題を蒸し返して来たときに「どう対処するか」という国民的な合意が取れていない点にあります。

日本側には冒頭に挙げた6類型でいう②や③の考え方をする人が多かった、というのが実情でしょう(※さすがに最近では減って来たと信じたいところですが…)。

これが中国だったら「ふざけた発言をしてきたら即座に叩いて躾ける」、という対応を取るところなのかもしれませんが、日本は外務官僚あたりが「自分の任期中に日韓関係を悪化させたくない」とでも思っているのでしょうか、「相手が怒っているなら日本が譲歩すれば良い」という短絡的な考えがまかり通っていたのです。

おそらく、これこそが韓国側に誤ったメッセージを与え続けた根本的な原因の1つではないでしょうか?

最近でこそ、さすがに文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国の異常性が国民にも周知徹底され始めた気がしますが、それにしたって「あの厄介な国とどうお付き合いするか」に関する国民的な合意が取れているとは言い難いのが現状だと思うのです。

日韓関係、破綻させよ!

日韓非友好論に着目すべき

さて、少し、私自身の「思想遍歴」に話を戻しましょう。

私は学生時代、朝日新聞にドップリと浸かっていたのですが、監査法人に入社したときに時間的余裕がなくなったことを受けて朝日新聞を購読するのをスパッとやめました。偶然かもしれませんが、私が「反日史観」と距離を置き始めたのは、これが大きな要因だったのかもしれません。

また、その後は某大企業で仕事をする中で、「どう説得しても関係部署を動かすことができない」という経験を重ねました。そのときに得た結論は、「どう頑張っても関係部署が動いてくれないときには、いっそのこと、プロジェクトを破綻させる方が良いこともある」、というものです。

実際、ある社内有力者の肝いりのプロジェクトを進めていたときに、ある部署が非協力的で、いったん、プロジェクトが頓挫したことがありました。ただ、私がその際に最大限、努力したのは、そのプロジェクトが頓挫した責任が、私にではなく、その部署の部長にある、ということを周りに見せつける、ということでした。

その結果、私の思惑はうまくいき、そのプロジェクトが頓挫したことに関する社内有力者の怒りが、私に対してではなく、その部署の部長に向かい、結局、半年後の定期人事異動でその部長は更迭され、プロジェクトが再開した、という経緯がありました。

このときの経験は非常に大きく、「人間関係だから仕事がうまくいかなくなることもある」ものの、「仕事がうまくいかないならばいかないなりに、仕事を止めている人間に責任を押し付けて逃げるのが正解だ」ということを学んだ気がします。

日韓関係もこれとまったく同じである気がします。

社内プロジェクトを日韓関係に例えれば、プロジェクトが頓挫する非協力的な部署を韓国、その部署の部長を文在寅氏と置き換えると、まったく同じことが言えるかもしれません。

日本政府はこれまで、「日韓関係で韓国が怒っているから穏便に済ませるために日本が譲歩する」ということを繰り返してきましたが、韓国の狼藉がここまで酷くなれば、これまでと同じような「日本が譲歩する」という選択肢を取れば、国民の怒りは韓国ではなく日本政府に向かいます。

しかし、韓国に一切譲歩をしないことにより、日韓関係を破綻させたうえで、「日韓関係を頓挫させた責任が全面的に韓国側にある」という事実を、日本国民と全世界(とくに米国)に対してしっかりと周知徹底する、というのは、決して悪い選択肢ではありません。

いわば、「日韓関係がうまくいかない責任」のすべてを韓国に押し付け、日本は日韓関係破綻を甘受する、ということですね。

日本政府の不思議な時間稼ぎ

さて、先週、当ウェブサイトでは『徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ?』のなかで、なぜか日本政府がまだ日韓請求権協定に基づく仲裁手続に踏み切っていない点を、話題として取り上げました。

徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ?

なぜ日本政府がいまだに仲裁手続に踏み切っていないのかを巡り、私が提示した2つの仮説は、次の(A)と(B)です。

  • (A)首相官邸と外務省の間で綱引きをしている
  • (B)日本政府としてはわざと時間稼ぎをしている

このうち(A)については、首相官邸側が「さっさと仲裁手続に移行しろ」と指示を出しているのに対し、韓国との決定的な関係悪化を渋る外務省が、「あらゆるチャネルでもう1度、韓国に対して督促してみる」という抵抗をしている、というものです。

もちろん、この可能性はゼロではありません。

しかし、今月20日、衆議院予算委員会で河野外相は、徴用工判決を巡って韓国への「対抗策」の発動を示唆しています。

県民投票、辺野古移設に影響せず=徴用工、韓国へ対抗策も-衆院予算委(2019年02月20日17時40分付 時事通信より)

この発言をもってすべてを判断するのは尚早ですが、もし外務省が対韓制裁措置に後ろ向きだったとしたら、河野外相がこのように発言するとも考え辛い点です。

このため、この2つの選択肢では、私はあえて(B)説を支持したいと思います。

この(B)説とは、首相官邸を含めた日本政府全体が「何らかの狙い」をもって、わざと手続を遅延させている、という可能性です。そして、その「具体的な狙い」については、思いつくままに並べるだけでも、いくつもあります。

  • 韓国政府の出方を見極めがら、慎重に対応策を検討することができる。
  • 2月末の米朝首脳会談の結果などを踏まえて対策を講じることができる。
  • 3月1日の「100回目の独立節」を挟むことで、韓国側からさらなる国際法違反が出て来ることが期待できる。
  • 韓国側で原告団が差し押さえている新日鐵住金の在韓資産の売却手続が進むかもしれない。
  • 日本企業に対し、「韓国は約束を破る国だ」という警告が波及する効果が期待できる。

この見立てが正しいかどうかは、まだわかりません。

いずれにせよ、日韓関係を「わざと破綻させる」にしても、「破綻のさせ方」というものがあります。あえて私の希望的観測を申し上げるならば、おそらくすでに日本政府なりに「最適解」を持っていて、あとは何らかの条件が成就するのを待っている、ということではないかと思います。

最悪のリスクとは?

さて、世の中の森羅万象に言えることが1つあるとすれば、それは、「無理なことは続かない」、ということだと思います。

日韓関係を巡っては、韓国が歴史問題を持ち出してイチャモンをつけ、日本側が「対韓配慮論」「大人の対応」と称し、事なかれ主義的に韓国に配慮してしまう、という「無理なこと」が続けられてきました。

しかし、その結果、韓国側では「日本は押せば引く国だ」といった誤った認識が一般化し、また、韓国では政府、国民を挙げて「日本なんて大したことがない国だ」などと日本を卑下するようになったのです。

これまでのように日本が「大人の対応」を続けていると、韓国の無茶な対日要求はますます暴走します。そうなれば、いずれ日本国民にも我慢の限界が到来し、日本政府が有効な対策を講じなければ、日本国民の怒りの矛先は、韓国ではなく日本政府に向かいかねません。

だからこそ、日本国民の怒りの矛先は韓国に向けられるべきであり、また、その結果、日本国民の総意として日韓関係の清算に向かうということであれば、結果的には「良かったこと」だといえるのかもしれません(現在の日本政府がそのような努力を十分にしているかどうかは別として)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

現在の日本政府が日韓関係清算に向かっているのかどうかはよくわかりませんが、仮にそうだとしたら、私はそれもやむを得ないと考えるでしょう。

ただし、この場合の最大のリスクは、文在寅政権の崩壊です。

文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ』で申し上げたとおり、韓国の政治家には、親米派、親北派、親中派など、さまざまな種類がいますが、みな、「反日」という点では共通しています。

現在の文在寅氏は「親北/反日/反米」というスタンスですが、前任大統領だった朴槿恵(ぼく・きんけい)氏は「親中/親米/反日」というスタンスでした。このため、文在寅政権が倒れ、朴槿恵氏のような「親中/親米/反日」の政治家が後任大統領に就任することは、日本にとって大きなリスクです。

つまり、米国を味方に付け、「米国から日本に圧力を掛けさせよう」とする可能性が高いからです。

そうならないように、日本政府がやるべきことといえば、表面上は「日米韓3ヵ国連携は大切だ」などと言いながら、水面下では米国に対して米韓関係の清算を働きかけ、米韓関係をむしろ破綻に追い込むのを助けることなのかもしれません。

日本としての最大のリスクは、朝鮮半島に「核武装した反日の経済大国」が出現することであり、逆に言えば、「朝鮮半島の北部がロシアと中国の共同管理区域、南部が中国の自治共和国として外交権を失う」、など、日本にとって好ましい朝鮮半島の未来を予想する段階ではないかと思うのです。

読者コメント一覧

  1. より:

    日本政府がいつどのように動くか本当に見えないですね。台湾の蔡英文総統が対中国に対して「台湾が攻撃の第一波をしのいだ後は、世界が立ち上がり、中国に強い圧力をかけることを期待している」と仰っています。日本政府を見ていると切ないです。
    https://www.cnn.co.jp/world/35133034.html

    日本は未だに国連の敵国条項から外れていません。レーダー照射で韓国がここまで挑発行為をするのは、北朝鮮との瀬戸りもあると思いますが、あわよくば「最初の一発を日本から」と考えているのではと思います。

    ちなみに、外務省では対日理解促進交流プログラムとやらで韓国の大学生を呼ぶとの事。何故この時期なのかと驚きました。まだまだ外務省には韓国に甘い人がいるという事なんでしょうか??
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007080.html

    1. 匿名 より:

      慣例に従っているだけだと思います。

  2. 保守太郎 より:

    安倍首相のことだから 対抗措置のタイミングを計っているのだろう と考えたい気持ちはわかりますが おそらく何もする気はありません。事なかれ主義と先送りが安倍政権を含めたこれまでの政府の「やり方」です。竹島で何かやったか?慰安婦像で何かやったか?ユネスコで何かやったか?レーダー事件で何かやったか?天皇侮辱で何かやったか?そう 何もやってませんね。ずっと前の竹島では「制裁とは言えないICJ提訴」すらやりませんでしたね。政府も外務省も忙しいのです。あれもこれも片手間で対応できる問題ではない。出来ないのならそれ専門の機関を作って全部任せましょう。無能なのに自分だけで仕事をいっぱい抱え込んで何も処理できない社員がよくいますよね。そっくりです。

  3. ヒロ より:

    おはようございます。
    取り上げられた記事について、私はいつも思うのですが、日本の方がきちんと反論をしないことが現状を招いているとつくづく思います。ポーランドは第二次対戦で戦場になった国です。日本は第二次対戦で戦場になったフィリピンなどとは良好な関係を築いています。韓国は単なる植民地です。
    朴槿恵前大統領がフランス訪問時に日本とドイツを比較するような発言をしましたが、歴史を知らない、馬鹿としか言いようが無い発言でした。フランスはドイツが謝罪したから許したわけではなく、単に国益を考えて、第二次対戦で荒廃した国、そしてヨーロッパを復興させるために妥協したに過ぎず、国益最優先だった、というだけです。フランスも我慢したのです。その気持ちを無視してドイツを褒めるとか、本当に何を考えているのやら。
    河野大臣のように、無礼なものは無礼、勘違いをしているのなら勘違いしている、それをはっきりと言い続けることが大切です。メンツを気にする韓国ですから、指摘され続ければ恥をかかないようにもう少し考えるでしょう。韓国のメンツに配慮するようなことをやめれば、必然的に適度な距離が取れますよ。

  4. 匿名 より:

    自ら動いてアメリカの方針を変えさせる能力が日本にあるかというとかなり?ですね。むしろ積極的に何もせずにな韓国自壊を促し、日韓関係を自然崩壊させようていうポジションを取っているように思われます。下手な考え休むに似たりと言ったところではないでしょうか。堪え性のない人が過激な物言いをしますが、そのくせ日本が近い将来、米中の軍事バランスの均衡による核の傘の消滅の帰結としてせざるを得ない核配備には、なんの覚悟もないように見えますね。

  5. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    日韓関係の破綻自体は異議はないのですが、モノにはTPOが有ります。

    今直ぐの破綻加速化は当方は反対です。

    ①日本人の安全保障意識が低すぎて半島の爆発に天皇の継承が巻き込まれると取り返しがつかない状況を招く可能性が高い。
    今よりはるかに安全保障意識が高い明治で日本は伊藤博文を守れなかったのです。
    平成の安重根から天皇と皇族一同を守れなかったら取り返しがつかないと思います。

    ②破綻後の半島の緩衝帯としてどうするかのグランドデザインが日米ロ中で描けていると思えない。
    描けていれば日露で平和条約結べています。

    ③法的な制約で半島の日本人の安全を守れない。
    当方は自力救済論者ですので日本人の安全は日本人が守るべきと考えています。アメリカにおまかせではいけません。法的整備は必須です。

    以上三点に基づき早急な破綻は時期尚早ではないでしょうか。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. クク より:

      賛成です
      なにごとによらず ソフトランディングに越したことはなく
      法整備は 必須です

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    『何も考えてない安倍政権』とかいう声が聞こえて来ますが、私はそうは思いません。韓国への制裁、最大の効果と日本だけが悪者にならないよう、準備は出来ていると思います(今朝は冷静だな 笑)。斯く言う私も②でした。若い頃20代迄は。

    日本は多分、3・1の100回忌と、米朝会談を見てるのでしょう。確かにじれったいが『誰が先に日米韓破綻』を言い出すか、ですね。

    かといっても、李や朴のような親米派が台頭しても、今更困ります。日本の国益にならない。崩壊して貰うのが一番です。経済ガタガタの韓国、カネナシ食い物ナシの北が更に落ちて北主導て高麗統一国誕生なら、露と中または露と日で半島をくれてやり、千島列島は日本が戴くのは夢ではありません。凍土の島より、半島で眼を光らすほうが露も存在感増やせれるでしょう。

    あんまり短絡的な日本対韓国北朝鮮の構図で見ないほうが良いです。嫌韓の方ら分かってんのかなぁ。

  7. 一国民 より:

    このコーナーをお借りして恐縮ですが、昨日の産経新聞の談話室の欄に、読者の方から非常に気になる投稿がなされていましたので、お知らせいたします。観光地の「韓国化」歯止めを~と題するものです。韓国人観光客を呼び込む込もうと、済州島発祥のトレッキングコース仕様「オルレ」を地方自治体が率先して導入しているという内容。韓国の審査機関の認定を受け、認定されれば、「太極旗」を連想させる標識やリボンが設置され、運営などで様々な制約を受け、ブランド料も払わなければならないとのこと。そういえば、私が住む県でも何箇所か認定されたと聞たことを思い出しました。国(省庁名は忘れましたが)が以前進めていた我が国の自然風土、地域文化を踏まえた「自然歩道」事業がいつの間にか消えてしっており、それと類似した「オルレ」=韓国文化に置き換わっていくのではないかと大変心配になり、危機感を抱きました。ここまで触手を伸ばしてくるのかと、呆れています。我が国でこのような取組を果たして進める必要があるのか、「自然歩道」を復活させればよいのではないかと、思っております。地方自治体若しくは観光協会でしょうか?、太極旗的なものを交付してもらってまで、ライセンス料をしはらってまで韓国の認証機関の認定を受けるなどまったくもってナンセンスだと思います。ここは大きく取り上げ、国民的な議論に持ち込むべきだと思いますが、皆様如何でしょうか。

  8. 韓国在住日本人 より:

    小生の意見としては現職の文在寅大統領は日本に対して何も考えていないと言うのが持論です。単に頭の悪い日和見的な人間が大統領になっただけだと思っています(ただし、最近は皆様方の意見を拝聴し、もしかしたら少しは思考能力があるかもと疑っています)。彼は現状の日韓関係が何故悪化したのか正確には把握できていないと思います。「全ての罪は日本にあるため、日本が困ろうが何だろうが知った事じゃない」、「悪である日本は経済的に韓国に配慮すべきである」、「金も技術も国土も全て差し出すのが真正性のある謝罪だ」など、本人の意思かどうかは別にして、現在の韓国政府とマスコミは暗にそのような考えを滲ませています。

     韓国人と中国人の違いは「韓信の股くぐり」を大志を得るための我慢と取るか、恥だと取るかの違いです。韓国人は「韓信の股くぐり」の意味は知っていても、一時の感情が大きく働き実践できません。何においても常に勝者となれが韓国人の考えです。この後先を考えず、一時の感情や思考だけで揉んだ解決を図るので、時間が経てば結局は窮地に陥ったり大きな事故を起こします。

     では、なぜ今までその部分を修正し反省しないのか? それは、努力をしないという韓国人のもう一つの悪い部分です。韓国人はサムソンへの就職や公務員が人生の最良のゴールです。つまり、「サムソンに就職した」、「公務員になれた」がゴールなので、目的を達成した後は努力をしません。日本では会社に就職しても学校で学んできたことと実際の会社業務とのギャップを埋めるために勉強します。そのため通勤時間中に本を読んだり、休日でも何かと知識を習得しようとします。本ブログも同様な部分を持ち合わせていると思います。ところが韓国人は本を読むという習慣が殆どありません。地下鉄や電車に乗っても、本を読んでいる人は見たことがありません。会社でも同様で、ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、紙で資料を配ろうとすると途端に嫌がられます。

     韓国人にとって資料とは見るものであって、決して読むものではないのです。もし、仕事で韓国人と付き合う必要が生じた場合は紙の資料を持っていく事は控えて下さい。ただの「燃えるゴミ」になってしまいます。PR資料やカタログだけではなく報告書すら「燃えるゴミ」になると思ってください。基本的に資料は電子データが好まれます。

     閑話休題

     韓国人の「後先を考えない」と「勉強をしない」は今後の日韓関係を構築(破壊?)するうえで重要になると思います。この部分を理解しておけば、韓国人との付き合い方も何となく分かってくると思います。後先を考えなからすぐにばれる嘘を平気でつくし、誤魔化し、責任転嫁、恫喝等が平気で出来ます。勉強をしないので同じ失敗や失言を何度も繰り返し、嘘や出鱈目を簡単に信じるのです。

     さて、文在寅大統領も韓国人です。小生の思う「後先を考えない」や「勉強をしない」を地で行く人だと思っています。そのお仲間達も同様で国会議長等は最たるものです。「天皇陛下謝罪発言は日本国憲法に照らし合わせて行き過ぎた発言だった」と言えば何ら問題なく済んだ話です。後先を考えないから嘘をつき、それがばれると開き直る。それが自国にとってどれだけのデメリットを生んでいるのが分かっていない。李明博元大統領の天皇陛下謝罪に対する発言の時に何が起こったか少し勉強すれば分かる事です。

     今後、韓国との関係は悪化することはあっても好転することはありません。どのような人間が大統領になろうがこの反日は終わらせることが出来ないからです。子供のころから日本悪玉論を教育されているので、韓国社会から離脱しない限り日本を嫌悪し続けます。とは言え韓国にはない日本のコンテンツに魅了される人も多くいるため、日本を嫌悪しながら日本が好きという変な思考を持っている人が増えてきています。これは新たな韓国人的思考が構築される途中であり、このような思考の韓国人が増えてくるとどのような世論を形成するのか、小生はその部分に多少興味を持っております。

     支離滅裂になりました。
     駄文にて失礼します

    1. りょうちん より:

      韓国人は行動様式が画一的・単純すぎると思いませんか?

      日本人なら、良い人も悪い人も、いろんな行動パターン・思考様式を見せるのに、私が韓国系のサイトを見る限りでは、予想を裏切る様な発言や行動を見せてくれたことは、ほとんどありません。
      (まさかそこまでおろかか!というのはありますがw)

      韓国という社会で適者生存するうちに、そういう「韓国人」に収斂するのかもしれませんね。
      全ての人が最終的にチキン屋になる如く。

      1. 韓国在住日本人 より:

        りょうちん 様

         レス有難うございます

         >韓国人は行動様式が画一的・単純すぎると思いませんか?

         小生もそこは不思議に思いますが、一般の人を見ていても一つに凝り固まる部分が多々見受けられます。例えば、韓国で「7080」という店があり、そこはおじさんおばさんのデートスポットです。日本で言うライブハウスような感じですが、1970~1980年代に流行した曲やトロット(韓国風演歌)を歌い踊ったりする場所です。そこに行くおばさんの服装はタイトなパンツに編み上げブーツという見事に統一されたファッションです。タイトなパンツを着るので両足がボンレスハムのようなおばさんも結構見ます(笑)。

         また、昨年の冬季五輪で韓国ではロングのダウンコートが大流行しました。右も左もみな同じ格好です。小生はその2、3年前から着ていたので、何処で買ったのかよく聞かれました(日本のユニクロです)。

         このように、韓国は老若男女問わず流行に敏感ですぐに流されます。特に女性は年齢に関係なく流行りに飛びつきます(日本も同じですね)。最近はK-popで女性グループが短いスカートで番組に出ているので、50代、60代と思しき女性のミニスカート姿も見かけることがあります(松田聖子でもそこまでせーへんと思うのですが・・・)。ある意味大胆で、ある意味下品です(下品は言い過ぎですね)。

         日本旅行する韓国人も旅行の内容がかなり画一的です。旅行した話を聞いたりブログ等を見ると、「市場寿司」、「グリコの前で写真」、「福岡の趣味やでハンバーグ」、「コンビニで卵サンド」等々、同じ話題ばかりです。

         ある時、何故市場寿司に行くのか聞いたことがあり、「市場寿司に行かないと、日本旅行をした話が出来ない」と意味不明な返事が返ってきました。即ち、韓国人は定型パターンから逸脱していると、変な人と見られることを気にするところがあります。また、失敗すると嫌なので、誰かが推薦したところに行くと言う心理もあります。

         K-popを見ても殆どが同じ顔で同じような歌とダンスであり、政府から苦言が出たぐらいです。同じものを選び、同じものを食べ、同じものを着る。これも韓国文化の一つなのかも知れません。

         駄文にて失礼します

    2. 心配性のおばさん より:

      韓国在住日本人様 ご無事ですか?

      >単に頭の悪い日和見的な人間が大統領になっただけ

      うーん。韓国側から見ると、そう見えるということですかね。
      でも、日本のニュース番組なんかに出演している韓国の保守派のおじさんたちは、そうは言っていないですよ。
      「文在寅は、韓国を北朝鮮に差し出すつもりだ!」とか目を吊り上げて言っています。(笑)
      「韓国軍の予備役将校は毎日のように、抗議活動をしているのに、日本では報道されていない!」あなたの国の報道機関も報道してないことを何故、日本で報道しなくちゃいけないの?
      何が言いたいのかが分からない。自国の問題は自国で解決して下さい。日本にすり寄られても困ります。(笑)

      ただ、日本人として、外から見ているだけの韓国ですが、デジャブ感があります。悪夢のような(笑)民主党政権の頃、日本もめちゃくちゃになりましたから。まぁ、日本はどこにも差し出されなかったんですけどね。(笑)
      日本の民主党の皆さんも、一生懸命やっているつもりだったのでしょうね。理想に燃えて(笑)。
      私の持論ですが、「政治家は、理想家であってはならない。実務家でなくてはならない。」です。だって、一家のお父ちゃんが、夢ばかり追う理想家だったら、困るでしょ。ご飯が食べられない。
      政権が自民党に移って、ほっとしています。いろいろ問題のある政党ですが、彼らが実務家であることだけは確かなことなので。
      そして、実務家として経験を積んだことのない人々に政権を渡した私の一票を、私自身許していません。
      韓国在住日本人さん、最後にくれぐれも、お気を付け下さい。

      1. 韓国在住日本人 より:

        心配性のおばさん 様

         レス有難うございます。

         >文在寅は、韓国を北朝鮮に差し出すつもりだ!

         確かに韓国でも100人に1人くらいはそのような考えを持っている人もいます。また、100人に9人は韓国主導の統一しかあり得ないと考えています。残りの90人は何も考えていません。

         小生が「統一すると北朝鮮になる」と言うと「経済的に韓国が上だからあり得ない」と言います。「米国が金正恩朝鮮労働党委員長の体制を保障をしたと言うことは、今直ぐ統一すればそれは北朝鮮になると言うことだよ」と言うと殆どの人が話題を変えます。

         文在寅大統領は韓国を北朝鮮に差し出す考えを持っているように見えますし、実際にそうなることを願っていると思います。しかし、如何せんのそのやり方があまりにも下手糞です。今のようなやり方では国際社会からの経済制裁緩和や統一の承認はまず得られません。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉がありますが、文在寅大統領は自国の力量を全く理解しておりません。それで国際社会で訴えたところで誰も聞く耳を持ちません。

         普通は先のヨーロッパ歴訪であれだけ無残に無視された時点で理解するはずですが、それにも懲りずASEANでまた同じ話をして犬無視(韓国風の表現)されました。現実的にあり得ない話ばかりをしても無視されるしかありません。小生は文在寅大統領をopportunistを通りこして、単なる無能としか思えないのです。それ以外に経済の面でみれば数えきれないほどの失敗を繰り返しています。日本の総理大臣なら即刻引きずりおろされているレベルです。

         最後に、常日頃から小生の身を気にかけて頂き有難うございます。今のところまだ平穏なので会社からクビを宣告されない限り、あと1年程度は仕事を続ける所存に御座います。

         駄文にて失礼します
         

  9. りょうちん より:

    竹島は本当に韓国の自爆だったと思います。
    竹島の地理的位置は、日本が管理保全するには無理があるので、筋を通して譲渡を要求すれば、昔の日本だったら、素直にあげてしまったかもしれません。
    漁業協定での片務的な条件だとか接続水域の設定などの甘々ぶりを見れば、韓国のおねだりを聞かなかったとは思えませんね。
    それを日本がSF条約締結前の自衛隊の影も形も無かった時代に李承晩ラインなんぞぶち上げて日本人を拉致までして実効支配してしまったので、日本はもうこの件で引くことはできなくなってしまった。
    北朝鮮の拉致問題が政治的な聖域になったのと同じ構造です。
    やっぱり同じ民族なんだなあと思います。

  10. ダルマさん より:

    >百歩譲って日本が韓国に被害を与えたのだとして
    こういう事を言うから、甘やかしにつながったわけで、
    徹底的に事実を突き付けるに限ると思う。
    35年の間に人口が2倍に増え、学校・義務教育も施し、
    鉄道やインフラ整備も行った。
    農業改革により、安定して農作物を収穫できるようにもなった。
    どこに被害を与えているのか?と。

    もう一歩も譲ってはいけない。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      ダルマさん様

      以下の気持ちは分かります。

      ダルマさん様>もう一歩も譲ってはいけない

      ただ向こうの言い分としては韓国としては謝罪に全然足りないと言う事ですけどね。
      管理人様が引用した記事が明確に物語っています。

      管理人様>ポーランドなど隣国に領土まで分け与え、暇ができるたびに過去の過ちを謝罪

      そう、「領土をくれないからダメ」と言う事です。
      きっと韓国が思っている貰うべき領土は日本総てです。

      そんな意志を持つ国に主権を認め、隙だらけで「核兵器の保有を認めよう」とする日本という国は安全保障意識があまりにも低すぎて当方としては途方にくれる状況です。

      さて今当方は日本が半島の「核兵器の保有を認めようとする」と書きました。

      遺憾の言葉しか言えず憲法を言い訳にしてアメリカ任せで自分から行動で自国の安全を確保しようとしないからです。

      とはいえ、生きるか死ぬか凶器を持つケンカをするならば「隙を見せて」挑んではいけません。この当たり前の事を行えない日本につけるクスリははたしてあるのでしょうか?
      先ずは日本にはどんな隙があるか、言い換えれば核兵器を持った韓国が日本を併合するのにどんな手段を使えば「戦う前に日本を詰ます」事が出来るか考えることが大切と思うのですが。

      以上です。駄文失礼しました。

  11. 怒髪天 より:

    この様な状況下でゴールデンウィークに韓国に旅行を計画する日本人の感覚が理解出来ない。
    ボッタクリだけでなく、食べ物に何かされる懸念も大。

    1. 保守サブロー より:

      バイトテロの韓国版・・。前々からうわさはありましたからね。ウリジナルは韓国です。

    2. 通りすがり より:

      怒髪天様

      煽りとかではなくて、今から8年ぐらい前の話ですが、友人が家族で韓国に旅行に行った時に飲食店で子供の頭にバナナジュースをかけられた。
      ソファに座っていたのでバナナジュースを乗せたトレーが頭の上を通ることはないし、誤りもしなかったって言ってた。

      北親大統領のおかげで失業率も高く韓国社会の不安定要素が目立ち初めてあるからバナナジュースではすまなくなるかもしれない気がする。

      8年程前のことなのでネットの住人以外は韓国実体がそれほど知られていなかった頃で、友人は韓国が反日思想が染み着いた国民が多いとは思っていなかったみたい。

      この状況で政治と民間交流は別とか本気で言っている人は考える能力が根本的にない人だと思う。交流の結果、犯罪に巻き込まれても幸せなんだろうね、きっと。

  12. 心配性のおばさん より:

    >社内プロジェクトを日韓関係に例えれば、プロジェクトが頓挫する非協力的な部署を韓国、その部署の部長を文在寅氏と置き換えると、まったく同じことが言えるかもしれません。

    ごめんなさい。Web主さん。この1年で、あくまで私個人はという限定ですが、韓国との友好関係は終了させたい。中断ではなく永久終了ということです。
    とは言っても、隣にいるのですから没交渉という訳にはいかないでしょうが。
    それでも、あの国との友好関係はかけらでも残したくない。1つのかけら(油断)でも残したら、子々孫々、後悔することになる。
    こう考えているのは、多分、私1人ということはない。と思います。怒りのレベルじゃなく。嫌悪のレベルに入っているからです。
    嫌悪しているのは、文在寅氏個人ではありません。彼の政権を誕生させ、なおかつ、都合が悪くなると、文在寅政権に責任を負わせて逃げを打つ国民性です。
    その国民性は、自分たちのコンプレックスさえ他者のせいにします。私は半島の人々の反日(そのうち反米)は、彼ら民族が共通でもつ、その恨の文化(?)による。と考えています。
    私は、Web主さんや、私自身にも流れているであろう半島の血を否定しているのではありません。彼らの文化と国家を嫌悪しています。

    >しかし、韓国に一切譲歩をしないことにより、日韓関係を破綻させたうえで、「日韓関係を頓挫させた責任が全面的に韓国側にある」という事実を、日本国民と全世界(とくに米国)に対してしっかりと周知徹底する、というのは、決して悪い選択肢ではありません。

    Web主さんは、あくまで冷静ですね。日韓関係を破綻させるにしても、歴史上、日本が世界に後ろ指さされる可能性を排除して行うのが上策と説いています。
    これについては、私もそう思います。この大切な局面(日韓関係破綻のチャンス)で日本(政府と国民)は対応を誤ってはいけません。

  13. カズ より:

    >「日本は押せば引く国だ」
    との感違いは、是正しなくては、なりません。

    まずは、「真の国交正常化〔特別な配慮をなくす〕」を徹底することですね。これらは、本来あるべき姿に戻るだけなので、どの国からも非難されるいわれはありません。

    ①日韓関係で「片務的」な事項を解消し相互の負担を求める。〔他人のふんどしで相撲を取らせない〕
    ②韓国の不正行為を国際社会に対してオープンな場で追及する。〔不正事実の積極的な広報活動・WTOへの提訴〕
    ③不条理な要求を受け入れない。〔国際社会から「沈黙=肯定」と見なされるので、持論を持って粘り強く反論し続ける〕
    と、これだけでも「徹底」すれば違うと思います。
    *****。
    ついでに言えば、自称徴用工判決による日本企業の在韓資産差押えは日韓請求権協定を順守しない「韓国政府の不法行為」です。
    国際的にも、不法行為に対抗措置を施すのは通常行為です。過制裁でなければ「報復」ではないのだから、対抗措置の実施に特別な名分は必要ないと思います。
    早く法整備を進めて韓国〔政府・中央銀行〕の在日資金を凍結しましょう。

  14. 私も日韓友好論者だった。 より:

    韓国に顕著に見られる思考法、戦略、感情を非常に的確に分析しているブログがありますので是非一読下さい。私も韓国とは本当に心から仲良くなれると信じていましたが、このブログを読むようになり韓国の本当の姿を知ることができるようになりました。韓国を決して侮ってはいけません。中国という大国と1000年、2000年と渡り合ってここまで生き残ってきた彼らの無意識レベルの戦略戦術は極めて強かです。侮ること無くこれに気づいて気を引き締めて対処すべきです。https://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1733831

    1. 匿名 より:

      このブログもまた鋭い分析がなされているようで、大変勉強になります。ありがとうございます。こういった情報交換は大事ですね。

      1. あまみ より:

        私も日韓友好論者だった。様

        よく見聞される中国や韓国の反日ロビー活動に関しましては、強かかもしれませんが手段は洗練されていないと感じます。
        中朝韓の政治戦略で致命的なのは、「根本的に人間性というものを侮っている」事だと思います。
        その精神病質的な底の浅さ故に、歴史的にも同じ間違いを繰り返す傾向が見てとれます。
        皇紀2600有余年(ハッタリの部分も無きにしもあらずですが)、日本は日本独自の強かさを発揮していって欲しいものです。

  15. 一般主婦 より:

    韓国から700万人が訪日する状況ですが、日本からもたくさんの人々が観光目的で訪韓していますね。
    こちらの皆さまは気が知れないとお怒りになるかもしれません。

    高校生が「卒業旅行に行きたい場所」1位は韓国!インスタ映え目的か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010005-abema-ent

    娘の高校は共学ですが女子の割合が高く、卒業生の女子中心に各クラス3グループ12人くらい、クラスの3割くらいは卒業旅行に韓国に行くようです。
    3月上旬は避けてもらいたいものです。

    向こうも日本好きの若者に手を焼いているようです。
    特に日本が誇る漫画は韓国語に翻訳されたり、アニメ放送があったりして、子供の時から親しまれているようです。
    スラムダンクやワンピース、ドラえもん、しんちゃんなどです。
    (あんなに反日ならアニメ放送しなければいいのにと思いますが…)

    子供の時から反日なのに、子供の時から日本の漫画を読んで育つ、
    韓国在住日本人様がおっしゃるように、反日教育を受けつつ日本文化が大好きな若者たちがどうなっていくのか、自分は個人的に興味を持っています。

    1. 匿名 より:

      その統計はあてにできるのかな?
      エキサイトニュースでは韓国への修学旅行は10年で七分の1に激減とのこと。いろんなソースを当たり、確かな情報に基づきコメントしていただけると助かります。

    2. 匿名X より:

      年頃のお嬢さんをお持ちでしたら、昨今の状況を考えると色々と心配なこともあるでしょうね

       ↓の放送のコメント欄 主のWWUK TV さんによっての一番上に固定されている
      私は日本が大好きな韓国人高校生です。というのがあります。

      もし、興味がおありならそのコメントをのぞいてみてはいかがでしょうかなにかしらヒントがあるかも知れません

      WWUK TV
      【東大名誉教授曰く】日本は韓国植民地支配に対して謝らなければならない!韓国人反応和訳
      https://www.youtube.com/watch?v=95_PDtwBFb0&t=

  16. 匿名.com より:

    歴史の神はルーレットがお嫌い。神ご自身を試される事は特に嫌われる。
    天災バカ文は朝鮮ガマガエルと一緒になって、故意に日韓関係を破壊に導いている。混乱を現出し、南北統一を達成しようと策謀している。統一してしまえば、後から核の力で日本などどうにでも出来ると高を括っている。
    策士策に溺れる。策を承知の上で、お望み通りキツーイ制裁を喰らわして上げよう。ハーメルンの笛吹き男(文)の思い通りに行く訳が無い。
    神や仏を信じない赤に言っても詮無き事。「歴史を弄ぶ者は歴史に滅ぼされる。」

  17. 匿名.com より:

    天災バカ文の不審政策や取り巻きの不興行為に依って、はっきりした二つの事がある。
    一つは韓国はれっきとした敵国となった事。もう一つは「
    政治は別、民間は友好を。」の欺瞞。朝鮮人その者が真から信用出来ない民族である事。
    撃ち方用意!

  18. 匿名 より:

    〉ハーメルンの笛吹き男

    130人の少年少女たちは笛吹き男の後に続いて町の外に出てゆき、市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。そして穴は内側から岩でふさがれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかった。

    私はこの物語の結末が最近よく頭に浮かびます。
    日本や外国に迷惑をかける彼らが、先を急いでハーメルンの元に集まり穴に入り、その後長い時間半島には誰もいない(風の音)、みたいな。
    これですと日本は棚からぼたもちなので日本が外交力、自衛力が上がれない。
    だから今の混乱がありそれを克服する努力してこそ日本はレベルアップなのかなと。(思いたい)

  19. 名前はまだない より:

    会計士さんの仰る(B)説の時間稼ぎの狙い、
    以前に日本国内の節目(新天皇即位、参院選など)を待っているのだろう、と書いたが、
    少し違うかも、という気がしてきた。
    所詮、日韓関係は米韓関係に大きく左右される。つまり米国が韓と公然と敵対してよし、となるまでは
    待たされる可能性があるかも。
    ではそれはいつか?
    米朝首脳会談どころではなくそのはるか先、”北朝鮮処分”が決まるまで、かもしれない。
    この”処分”とは、核・ミサイルの完全破棄/金王朝崩壊(正恩は絶対に核を手放さない)
            /傀儡政権の樹立/北国内のそれなりの安定(一部順不同)、
    までを含むもの。それには中国の全面的な協力が必要で、何しろ傀儡のヌシは中国しか
    あり得ないのだから(米は当然やる気なし、露もしかり、韓は弾かれる、日本は論外)。
    その協力をせざるをえない程に(経済戦争で)中国を追い詰める、もしくは中国自身が北の核に脅威を感じて
    自ら動く、までの時間稼ぎを米国がしているように思える。
    そうなって初めて、米は韓を用済み(以後はレッドチーム)として切り捨てることが出来るし、日本も同じ。

    さて、何時になるのでしょうか?

  20. 私も日韓友好論者だった。 より:

    韓国の強かさ、韓国を侮っていたが故の、典型的な日本のミスが半導体です。
    一時期は世界の50%を占めていた日本の半導体は今や見るも無残。
    米国の強力なパワーに屈したことも一因ですが、それ以上に情けないのが韓国の強かさ戦略戦術前に敢え無く敗退した日本の半導体産業の戦略ミスと、日本の技術者たちの行動。
    日本を愛し守りたいという気概のある日本国民が相対的に少なすぎるのか、
    自分さえよければ国などどうでもいいという日本国民が相対的に多いのか、
    今の栄光に自惚れて脇が甘過ぎたのか、
    あまりにも韓国のために色々としてあげたいという人が多かったのか、
    様々な要素があるでしょうが、
    そこに入り込まれ付け込まれて半導体業界、韓国に惨敗したという現実を直視すべきだと思います。
    濃厚な韓国の接待に身も心も捧げた日本国国民を沢山見てきました。
    多少であっても半導体業界に関わってその現実を見てきてしまった私としてはあまりにものため息です。
    ですので決して韓国を見くびっても侮ってもいけないという思いになります。
    その意味では、今の韓国の日本への仕打ちは、官民上げて韓国のことを配慮して頑張ってきた日本国民に目を覚まさせるいい仕事をしていると思います。

    「日韓防衛防衛協力改善の兆し」などと言う言葉も出ているようで、思わず勘ぐってしまいましたが、これを機に呉呉も再びその濃厚な韓国の接待になびかない日本国国益中心の気概ある日本国民に目覚めてくれることを願うばかりです。

    これも是非一読下さい。
    日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか? | 2018/12/25 の記事
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/post-11458.php

    1. 阿野煮鱒 より:

      半導体は買う立場でしたが、業界の栄枯盛衰をお客様の立場で見ていたことがあります。

      DRAMはかつては日本のメーカーの製品が価格と品質で無敵でしたので、世界を席巻していました。NAND Flash, NOR Flash市場が成長した頃から風向きが怪しくなってきたと記憶しています。国産メーカーの新製品が中々出てこなくなり、安定供給を約束してくれなくなり、仕方なくHynixやSamsungのメモリを採用せざるを得なくなり… 当方は国産メーカーを買いたかったのに、売ってもらえず、消えていきました。

      メーカーの説明会に行ってロードマップの話を聞いても「本当に出るのかな? 幾らで売ってくれるのかな?」と半信半疑でした。「状況を見ながら」という言葉が多く、業界の最先端を走ろうというスピード感がなく、安全志向で投資戦略を練っていると感じました。その頃のサムスンは、李健熙(イゴンヒ)会長の号令一下、ものすごいスピードで開発投資を行っていると日経エレクトロニクスなどに書き立てられていました。これはいずれ負けるだろうと思わざるを得ませんでした。

      同じ頃、週末になると韓国や台湾に行く日本のエンジニアが話題になっていました。土日だけあちらで働いて高額の報酬を得ているらしいという記事が、これも日経エレクトロニクスや日経ビジネスに載っていました。けしからん話ではあるのですが、私も安月給でこき使われていた身ですから、彼らの気持ちは何となく分かりました。彼らの技術力を会社が正当に評価し尊重してくれていれば、彼らもあんなことはしなかったでしょう。

      私は、日本の弱電メーカーが韓国に破れたのは、韓国を侮ったからというよりも、日本のメーカーの経営者の自滅だと思っています。意思決定が遅く、大胆な投資をためらい、現場を尊重せず、自社の技術者を大切にせず、これでうまく行くはずがありません。

      1. 匿名老人・元半導体技術者 より:

        『私は、日本の弱電メーカーが韓国に破れたのは、韓国を侮ったからというよりも、日本のメーカーの経営者の自滅だと思っています。意思決定が遅く、大胆な投資をためらい、現場を尊重せず、自社の技術者を大切にせず、これでうまく行くはずがありません。』

        深く同意いたします。

      2. 心配性のおばさん より:

        阿野煮鱒様 私もそう思います。

        日本の技術が世界に伍していくことができても、経営陣に人材がいません。そういう意味では、台湾、韓国に負けているのでしょうね。
        かといって、安易に海外から経営者を招くというのは、危険極まりない。どうしたらいいと思います?

        1. 匿名X より:

          私とサムスンの李さんとの和解
          シャープ元副社長・佐々木正氏
          https://toyokeizai.net/articles/-/9665

          以下、抜粋転載

          シャープと韓国サムスンの関係は長きにわたります。サムスンは商社から始まって、電器産業に進出したが、半導体の開発で行き詰まった。それで、李健熙さん(現会長)がわざわざ訪ねてこられた。1970年ごろのことです。

          当時、日韓定期閣僚会議が始まり、両国間で提携の機運が高まっていました。ところが、日本電気の小林(宏治・元会長)は、「韓国は技術を盗んでいく」と警戒感をあらわにしていた。困った李さんが、「何とか小林さんを納得させてほしい」と。そこで駐日韓国大使と小林さん、李さん、私とで食事する機会を作ったんです。その後、私以外の3人でゴルフに行ったら、小林さん機嫌直しちゃったらしいんだ(笑)。

          それ以降、李さんが頼りにしてこられるんです。半導体の開発にしても、「佐々木さん、辞めてこっちへ来ませんか。韓国籍にならんか」とまで言う(笑)。じゃあ、僕がシャープを説得するから、頭を下げて技術を教えてくださいと言ってくれ、と。数年間、4ビットマイコンの製造技術の提携をしました。

          サムスンが何かの記念式をするときは軍隊式でしたね。社員が第1連隊、第2連隊……の順で並ぶ。第1連隊って、第1工場のことですよ。その根性で成果を上げていった。

          そうなると欲が出る。「今度は液晶を教えてくれ」と言ってきた。僕は断った。「依頼心はサムスンを殺す」と。李さんは納得してくれたが、その部下になると、そうはいかない。盗んででもやるんだ。フライデーフライトでうちのキーマンを韓国に連れていく。連中は土日に働いて日曜夜、サンデーフライトで帰ってくる。シャープは最後には技術幹部のパスポートを全部預かっちゃった。

          そのときも、私個人は、「与えられるものどんどん与えて、感謝してくれればいい」と思っていた。少なくともシャープの味方にはなるだろうとね。ところが、李さんがトップを離れた時期に、サムスンがシャープを相手に特許訴訟を起こしたんです。あれはサムスンが情けなかった。

          ————————————————-

          天真爛漫・無邪気・お人好しと三拍子そろった
          これが典型的な技術者上がりの日本人経営層???

      3. ショゴスライム(技術者) より:

        もちろん経営陣の責任はとても大きいと思います。ですが私は経営陣の責任だけではないと思っています。欧米では、と安易に言いたくはないのですが、理系出身の社長が欧米に比べて少なすぎると思うんです。

        なぜ経営陣がそんな判断をしてしまったのか?技術に詳しい人が判断に影響できていないからです。たいてい社長になるのは営業など文系の人間です。それ自体は別に悪くはないのですが、技術的な素養が全くない人間が経営者になってしまう事は問題です。

        話は少しズレますが、そもそも数学や化学を勉強したくないから文系に行ったり、英語や社会を勉強したくないから理系に行くという事自体が間違いの始まりだと思うんですよね。

        このような状況を作り出した原因の一つに技術者が現場にいたがるというのがあると思います。文系が経営し、理系が作る、この構造自体は効率的でしょうし、うまく尊重し合っている限りは問題ありません。ですが、これが常態化すると世代交代した段階で上下関係が固定化され当たり前になってしまいます。これが問題の一つ目です。

        次に問題になのは営業やクライアントの無茶振りに対して現場でどうにかしてしまう事です。この無茶が評価されるとなると結果的に誰も得しない事を知るべきです。技術を理解しようと努め、現場と協力してやっていくより、どれだけ無理そうでも案件を取ってきた方が評価され昇進するのですから無茶が加速していきます。その上、上にいるのは技術的に無知な人間ばかりという事になりかねません。現場の方も無茶に対応したのなら特別な事だったのだという事が伝わるように訴えなければいけないんです。

        今からでは遅いかも知れませんが技術者はもっと出世に興味を持つべきだと思います。というか技術者として出世し影響力を増やそうとする事は義務だとすら思っています。技術者が技術だけやっていれば良いというのは贅沢なんです。それが許されるのは本当に力のある一部の人間だけだと思っています。

        これは会社だけの話ではありません。政治家や官僚もです。理系出身の政治家なんてほとんどいません。同じような人間ばかりで多様性が足りないんです。理系出身の国会議員と言えば菅直人と鳩山由紀夫という残念な人が有名です。ですが、こんな人が理系なのだと思われたり、政治なんて理系にはできないと思われる事自体がはマズイと思うんです。バランスこそが大事なんだと思います。

        というか現場と決定者が離れていたり、力関係が崩れているとダメなのだと思います。現場の人間は経営に興味を持つべきです。経営の人間は現場に興味を持つべきです。国民は政治に関心を持つべきです。全部同じ事なのだと私は思うのですが皆さんはどう思いますか?

        1. 匿名X より:

          ショゴスライム(技術者)さん
          豊富な知識と多角的な視点からのバランスの取れた分析にいつも感心しております。

          私の個人的な理想は、 ホンダ 創業時のツートップ
          本田宗一郎(技術一筋) 藤沢武夫(財務並びに販売)の関係ですが、
          今の時代には合わなくなってきてるのでしょうかね
          当然、創業者と2代目3代目となってくると運営意識も違うでしょうが

          >というか現場と決定者が離れていたり、~最後の下りは
          私も同意です。

          TOPと現場を結びつけるためやや暴論ですが
          日本国を運営している政治家や官僚に国防の何たるかを知らしめるために
          自衛隊への体験入隊で沖縄の不発弾処理の経験を義務化させる
          これは体力がなくてもできるらしいので爺さんでも大丈夫らしい。
          特に財務官僚・内閣法制局

          最近、色々と日本の置かれている状況などを勉強して感じるのは日本の最重要課題は国防であるという事その国防の一番の要(カナメ)は、経済なのではないかと思うことです。
          それについては色々と思う所はありますが、また次の機会にでも

          いつもまとまりのない文章にて、かき捨てゴメン…

    2. 匿名X より:

      記事のご紹介ありがとうございます。

      上念司氏の言うところの
      八木アンテナの呪いと比喩されているNANDフラッシュメモリ
      東芝はNANDフラッシュメモリ技術を1992年にはSamsungに惜しげもなく供与してしまった。「(発明者:舛岡氏は当時を振り返り)『(東芝は)半導体技術をきちんと評価してこなかった。

      日本で発明した八木アンテナを当時の軍部は有用性を理解してなかった。
      英・米が国家プロジェクトで共同研究してレーダーに仕上げた。

      いずれの例も、日本のTOP層は官僚的で前例を踏襲することしかできない阿保ぞろいであるということ。
      特に技術系で成長した会社の経営陣は技術者軽視がはなはだしい。
      韓国に技術移転をしたリストラされた現場の技術者を責めることは出来ないと思います。

      日本のオウンゴール 自業自得であるとさえ思います。

    3. あまみ より:

      私も日韓友好論者だった。様

      上記の記事、実は当方も読んだ事があります!
      遠藤誉氏の記事は重厚感があり、姿勢がしゃんとなります。

      古今東西「媚薬のごとき接待」に抗えるのは聖人か君子的な方だけでしょうし、正直どこにでもある話かなと思っておりました…。
      現在の中韓は、技術的にも「日帝残滓」だらけと申しますか、何ともはや。
      その日本の技術だって根っこの部分は西洋から学んだものですし、中韓の若者は文化的に日本への憧れが強い所をみると、「巡り巡って生じた日本の文化侵略、恐るべし」とも捉えられます。
      政治的には「反日」にこだわる世代との葛藤で、今ややこしい状態になっているのでしょう。
      それが安全保障問題にまで影響してくるとなると、安穏としてはいられない状況ですね。
      次世代が「それと解った上での強かさ」を持てるよう、今の「嫌韓」ムーブメントが高まっていけばと思います。

      また、半導体の分野も技術革新がめまぐるしく、活況を呈しているようです。

      「SiCを上回るポテンシャル? 次世代半導体材料「酸化ガリウム」に熱視線デンソーなど大手企業が相次いで出資」
      https://limo.media/articles/-/9758

      これからの若者は「世界を股にかけ進化した技術」を用い、勝負していくのだと思います。
      そこは洋の東西を問わず「頑張れ」とエールを送りたい気持ちです。

      1. 匿名X より:

        あまみさんのおっしゃる 「酸化ガリウム」に関しては、
        ↓この記事を読んで私もひそかに期待を寄せています。

        世界を一変させる日本発、画期的半導体
        京都大学初のベンチャー、酸化ガリウムの新技術
        http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55502

        これからも、自動車関連で稼いでいくなら必須技術だと思いますが
        産業機器と違って民生機器はコスパが命ですからね

        あとは、日本の経済活動にどう結び付けられるかTOP層次第ですね

        1. あまみ より:

          匿名X様

          記事のご紹介誠にありがとうございます!早速読んで参りました。
          日本発のベンチャー企業という事で、いやが上にも期待が高まりますね。

          また、トンチンカンな言かもしれませんが、日韓友好論者だった。様が、もし過去の半導体業界の失策で「後悔」や「罪悪感」をお持ちでいらっしゃるのでしたら、どうかお心を安らかにして頂きたいです。
          当方は、やれ「一生負け組」だの「棄民世代」だの、世間では散々な言われようのロスジェネ(初期)世代(しかも高卒…今は自営業)ですが、諸先輩方の努力のおかげで楽しい子供時代を過ごせた事に感謝しております。
          裕福だった訳では決してありませんが、間違いなく時代の恩恵は受けていたと実感しております。
          国益や経緯についてはどうあれ、中韓の若者たちがその恩恵に浴した事による「化学反応」に、ほんの少し期待してみたいと、個人的には思っております。
          今現在の極端な反日にはブルブル拳が震えますが(笑)

    4. 阿野煮鱒 より:

      心配性のおばさん様

      > 安易に海外から経営者を招くというのは、危険極まりない。どうしたらいいと思います?

      ゴーン氏の事ですよね。彼を批判する人を批判したいのは、またの機会にして…

      一般論はわかりませんが、自分がいた職場で得た実感としては、銀行からの天下り人材がろくでなしでした。製造業よりも銀行の方が社会的地位が上というプライドがあるのでしょう。現場を上から目線で見下ろし、偉そうでした。そのくせ技術のことは何も分かりませんので、稟議書にケチを付けるばかりで、意思決定の妨げでした。技術者をないがしろにするのは、彼らが何も知らないことを隠すためだろうと感じていました。でも、彼らは財務関係には強いのですから、それだけやって貰えばよかったのに、余計な権限を与えた取締役会の責任ですね。

      で、どうしたらいいのか、ですが、技術出身の取締役比率を上げることを前提に、取締役の権限を整理し、米国式を導入するのが現実的かと思います。いわゆるCEO, CFO, CTOなどの役割と権限を明確化することです。工場からのたたき上げのような企業にとって、銀行からの天下りはCFOとして必要な人材です。プロパーな技術者はCTOに成り上ってご活躍いただきたいと願います。

      1. 心配性のおばさん より:

        阿野煮鱒様

        要は、経営の役割分担ですね。日本ではあまり、進んでいないようですが。

        それから< 安易に海外から経営者を招くというのは、危険極まりない。>ですが、海外から、というのがマズイと私は思うんですよ。
        経営に外部からの刺激は必要ですが、海外だと、政府関与とか1企業では対応できない。と思うんですけど。対策案はあります?

      2. 阿野煮鱒 より:

        ゴーン氏擁護のことは書きたくなかったのですが、安易かどうかはさておき、プロパーの取締役ではできない大胆なリストラを実行するには、日本語と日本語を前提とした根回しが通じない外国人を経営者に据えるしかないのですよ。

        ゴーン招聘前の日産は、赤字を垂れ流していながら「もっと日産になる」とかいう寝言をCMに使っていました。「もっと日産になったら大赤字じゃねえか」と呆れたものです。現在の官僚やマスゴミが自己改革できないように、赤字企業は上から下まで自己改革できないのです。

        そこを日本語ができず英語ですらネイティブでない怪しいフランス人がやってきて、情け容赦なく人を切り組織を改廃しました。しがらみも温情もありません。収益が改善するまでひたすらリストラクチャリングしたのです。解雇を通知する人事担当者は、必ずゴーン氏を言い訳に使ったでしょう。「あなたのような優秀な従業員を私は解雇したくない。でもゴーンさんが決めたことだから…」 嘘をつくな! ゴーンを隠れ蓑にして善人面しながら、気に入らない社員を切り捨てたのはお前だろう!

        未だに日本人は自己改革が下手なのです。外圧を利用しないと黒字化できないのです。安易でも何でも、赤字を続ける企業は存続できません。外国人経営者が求められるゆえんです。

        それを解決するには、ショゴスライムさんがおっしゃるように技術者が現場を離れてでも経営に参画する覚悟を決めるしかありません。米国ならCTOに就任することによって数百万ドル(数億円)以上の年俸を受け取る道もあるでしょうが、日本の企業では社長でも二千万円程度だったりします。滅私奉公の美徳を強要されたら嫌いな経営よりも大好きな現場にいたくなります。そうなれば文系経営者の地位と権力は安泰です。

        技術者の怠慢との誹りは免れないと思いつつ、それでも文系経営者にあえて問います。理工系出身者を経営陣に招かず、技術者を奴隷のごとく扱い、それで自分の地位を確保した結果、会社そのものが市場から放逐されてしまった半導体業界のような成り行きをあなたは希望するのですか? どうしても技術者の頭を押さえつけたいですか? 部分最適と全体最適は違いますからね。あなたの地位を確保しようとした結果、国が沈下するかもしれません。

        かような次第で、特効薬を思いつきません。きれい事やべき論はいくらでも言えますが、それでは通じません。理系社員を弾圧する企業は滅び、そうでない企業は生き残るという事例が一般化し、文と理が共存共栄する未来を願います。

        1. 心配性のおばさん より:

          阿野煮鱒様

          解りにくい聞き方をしてしまいました。
          私がいいたいのは、ゴーン氏のことじゃないんです。彼については、是非があり、私にはなんとも言えません。
          外国人経営者は経歴が追い難くく、背後に何があるのかが解かりにくい。日本の1企業がその経営を任せるのは危険な(手に余る)ことじゃないか。と思ったのです。
          日本の企業に限らず、日本の組織は、自己改革が苦手だから、外国人経営者に委ねた。そのことの、お勉強の高い代価をN社は払っているのでしょうね。
          外部からでしか、改革ができないのであれば、その任を今まで担ってきたのが銀行でした。銀行は債権回収のため、非情ともいえる経営改革をする。
          N社が、今回ような事態を想定せずに、外国企業との提携、外国人経営者への経営委託に踏み切ったのではないか。その無邪気さが怖いのです。

          >理系社員を弾圧する企業は滅び、そうでない企業は生き残るという事例が一般化し、文と理が共存共栄する未来を願います。

          本当にそう思います。T社やS社の衰退も、現場(技術)を知らない経営(事務系)の判断ミスだと思っています。

        2. 戦争を知らないおじさんたちさ より:

          「日産リバイバルプラン」自体は、日産の社員が作ったものだと、当のゴーン氏は語っています。

          ・グループ関連企業を含め人員を21,000人削減(人件費削減)
          ・下請企業を約半分に(購買コスト削減)
          ・生産能力の適正化(工場閉鎖)240万台から165万台へと減少

          これの実施でで2兆円の有利子負債を4年後に完済(2003年)し「奇跡の復活」を遂げました。

          かなり乱暴な陰謀論ですが、ゴーン氏という悪役を配してコストカットさせて経営を再建させておき、
          時期が来たら背任やらで自滅させて追い出す深謀遠慮。つまり「怪しい外人ゴーン使い捨て計画」まで絵を描いていたとするならなかなかどうして「外圧をあえて利用して自己改革した」策士がいたことになります。

          う~ん、なんぼなんでも無理スジすぎるかなあw

        3. 心配性のおばさん より:

          戦争を知らないおじさんたちさ様

          >ゴーン氏という悪役を配してコストカットさせて経営を再建させておき、時期が来たら背任やらで自滅させて追い出す深謀遠慮。

          本当に、そうなら、とっても嬉しい。今の日本に必要なのはそれぐらいのことが、涼しい顔でできる怪物です。

  21. 匿名X より:

    なんとぉ~ ブログ主様が新聞奨学生であったとは、私も世代がかなり上ですが読売新聞の奨学生でした。ますますシンパシーを感じてしまいます。
    コメント欄をあまり制約を設けずに開放していただいていることに感謝申し上げます。

    政府の置かれた立場や制約等を勘案して韓国に対して
    日本政府のやれることもある程度見切っているので
    日本の政府・経済界TOP層には期待しておりません
    平成最後の悪夢となるのか?世紀末的な様相を呈してきました

    近々、新天皇陛下をお迎えすることが出来るのは。
    日本にとって新たな時代を開く切っ掛けとなるかも知れませんね

    対韓国に関して言えば、これまでのことを奇貨として福沢諭吉先生が「脱亜論」で説いたといわれている関係になればベストではないかと思います。

    —–以下、私の妄想———————————————————
    現状の韓国は経済的にも国際社会の中でもかなり苦境に追い込まれている。
    国家情報院の路線変更により軍内部はほぼ北朝鮮に掌握されている。
    これは、文在寅政権内部や国の中枢組織も同じ構図
    韓国内には日本に対しての積年の恨みを晴らしたいという思いが
    長い時間をかけて醸成されてきている。
    すなわち、日本に軍事侵攻して強制占領する。
    色々な要素が絡みあい、膨らんだ風船が何かの切っ掛けで一気に破裂するように
    何とかの最後っ屁みたいな形で表に出てくるかもしれません。
    それらはすべて韓国自身が悪いんですけどね

    私が考える最悪のシナリオ
    韓国軍が日本に軍事侵攻を仕掛けてくる。
    自衛隊とガチでやると自衛隊が負ける可能性が高い
    何故ならば、抗戦能力・継戦能力があまりにも低すぎる
    初戦でガツンと叩いて戦意を失わせない限り、中・長期戦になるとお手上げになる
    一説によると自衛隊がフルに戦えるのは、何と… 3時間

    侮れない韓国軍、
    よくポンコツ装備などとまとめサイト等で嘲笑侮蔑されていますが
    軍事費は、日本と同程度
    共同軍事訓練している米軍関係者から漏れてくる話は
    彼らは殺傷に対する意識はかなり高く軍事能力も高い
    サッカーや野球の試合を見てもわかる通り対日本戦になると異様に闘志を燃やしてくる。

    日本国内にはそれを手引する勢力や有事に破壊工作をするスリーパーが
    数えきれないほどいる状況。
    頼りの米軍はと言えば、もし突然軍事攻撃を受けた場合態勢を立て直して反撃するため一旦グァムに引き上げるというシナリオ。米軍が反撃をするまでの時間は最低2か月
    その間に、沖縄諸島・北海道は中国・ロシアに盗られるでしょうね。

    韓国による占領がそれほど長く続くとは思えませんが、短期とはいえ占領下の日本は少しでも反抗的な男子は屠殺・ほとんどの婦女子は凌辱を受け性奴隷とされる。
    後日、韓日のハーフが多数誕生して社会問題の禍根となる。

    もしそうなった場合、私は米軍が反撃して来てくれることに望みを繋ぐため
    車に偵察用のオフロードバイク・キャンプ道具・2か月分の備蓄食料を積んで山岳方面に逃げ込みます。
    趣味仲間と連絡とれる手段が確保出来たら、日本を守るためゲリラ活動でもしまかね

    —以上、日々感じる極東状況を見ていての妄想でした————————–

    私の今の信条、最悪の状況を想定して、楽観的に生きるです。

  22. 初老_その1 より:

     基本的にサイト主様に同意です。
    ネットや報道の情報ではなく、私の住居周辺の井戸端会議での意見を書
    かせ下さい。トンチンカンかもしれませんが書きます。長文ご容赦です。
    また、井戸端会議の連中も本サイト閲覧しているらしいです。

    ★★韓国の思う壺
     日本政府は、国民を置き去り、国民感情への配慮不足と私は思う。
    これだけが原因とは言いませんが、数々の韓国問題に数々の憶測がなさ
    れ、日本が混乱し、待ってましたとばかりサイト主様のいう国民の敵さ
    んたちが報道し始め日本人を苛立たせている。韓国の思う壺ですね。

    ★★私の1つの見解
     過去に数々の韓国問題などほっとけと本サイトで書かせて頂いている。
    都度、それなりのことを書き添えたと思いますが、また1つ書きます。
    それは、韓国問題は米国を始め連合国が解決する問題であると思う面が
    あります。

    ★★井戸端会議の無駄な行動?
     その解決する際に日本がとばっちりを受けることがないように、制裁
    というより対策(国防強化、核兵器所有とかいろいろな事案決めること)
    を講じる必要ありと日本政府ページにもメールしたらしい。返信受けま
    したが、求める内容ではなかった。再送信中とのこと。

    ★★韓国の目的
     韓国は、南北統一つまり38度線を撤去し、核兵器を手にしたい。

    ★★韓国に必要な行動
     韓国が朝鮮戦争休戦状態解消=終戦したいのであれば、韓国は連合国
    と協議しなさいということです。朝鮮戦争において、日本も物資輸送等
    の間接的な関与はあったらしいが、朝鮮半島を分断させたのは誰かとい
    うことにおいて日本の関与はないというのが通説であろう。

    ★★韓国の悲しさと甘えと日本との貿易額
     過去に書かせて頂きましたが、連合国特に米国は、北朝鮮をマーケッ
    トと見なし韓国だけでなく日本も駒として扱っている。
    今、数々の韓国問題は、日本を挑発し続けて巻き込みたいという韓国の
    思惑があるように見えるわけです。この見解が妥当なら韓国政府は政府
    レベルで日本と正式会談し朝鮮戦争休戦状態解消の協力要請すればよい
    わけだが、日本に頭を下げられないという悲しい国民性と日本、日本人
    なしに自国を語れないという韓国の実体(日本の属国?)=歪んだ教育
    の解決こそ最優先課題であり、韓国の甘えである。私は、ほっとけです。
    仕事柄言及しますが、韓国の日本との貿易額数値には日本の信用額が加
    味されておらず、日本が韓国と疎遠になれば長いスパンでの韓国経済へ
    の影響は続くであろうと予想します。

    ★★日本の苦悩
     日本、安部首相は米国、韓国、北朝鮮、中国、ロシアの思惑ご承知と
    推測致します。そして、おそらく安倍首相の基本に犯罪国家北朝鮮によ
    る拉致問題に対する怒りを私は感じます。すると、政府の声明を出すの
    も適切な言葉選びが難しいだろう。

    ★★韓国は国なのか?
     現韓国政府はロウソク革命?で生まれたテロ活動家集団が青瓦台アジ
    トで人間バリケードを作っていると見える。更に事態を混乱させて日本
    を挑発している。資金継続中はそれも可能だろうが、長く続くかな?
    領土、国民、政治、社会、経済システムなんてテロ活動家には関係ない。
    彼等にとって韓国国民は働き蜂、虫けらと同じであろう。
    米国がテロ組織韓国と見ているかどうかは2回目米朝会談が示唆してく
    れると思われる。過去に書かせて頂いたように、日本としてはテロ組織
    韓国相手に制裁以前に対策必要であるというのが私の意見の1つ。

    ★★テロ組織への対応
     まあ、資金を断つことから始まるのが普通でしょう。
    本サイト主様の「韓国の外貨不足..」の記事、鈴置高史さんの記事「
    米国財務省から韓国銀行への「恐怖の電話」」もあり、韓国銀行が米国
    の顔色伺い状態継続中のようだし、日本も始めてる?そろそろかな?
    一方、米国は、北朝鮮へ向けて投資家、著名人という鉄砲玉を撃ち放ち
    始め、資金の支配計画立てている噂も米国であるようです。日本のマス
    コミが喜んでそういう米国の投資家、著名人のコメント垂れ流している
    そうです。こういうことこそダンマリ戦略だね。相手国に垂れ流してど
    うするの?我が家TVなし。新聞購読なしで真偽は私には詳細不明です
    が、情報開示されている前提で私も書きました。どこの国の報道なの?
    潰すべき国民の敵かな。

    ★★日本の姿勢
     永らく(約40年)在外人、帰国し1年の私は、とても日本が民主主
    義国と感じません。今回の数々の韓国問題、懸案の拉致問題等国難の類
    と思いますが、普通の民主主義国の政府なら主権者たる国民にご協力を
    求めるのが当然の行動でしょう。できない理由あるなら、それが日本の
    ガン細胞であり、主権者国民に明示し解決を促すのが「民主」だろう。
    世界とか、エセ組織国連、国際裁判所、何だかわかりませんが、一体ど
    こに助けを求めてるの?まあ、戦時朝鮮人労働者の件で韓国を国際裁判
    所に提訴していないらしいので、少しは政府も感じてるのでしょうかね。

    ★★井戸端会議の結論らしきもの
     サイト主様「日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択
    肢か?」との記事ですが、当方の井戸端会議では日韓関係は破綻完了し
    ちゃっていて「もう、元には戻れない」です。
    米朝会談後でも、日本政府の日本国民に対する対韓政策の説明をしろよ。
    これが結論となるようです。

    ★★私が追加
     私は、日本政治は社会(自由)主義と見なしている。
    その観点で言えば、日本政府に何ができる?何もしないだろうというこ
    とになりそうかな。すると、国民の憤慨は政府へと...となるか?
    永らく在外人の感覚では、手の内のいくつかを見せることも対策、制裁
    になることは、米国大統領が見せてくれていると思うが。まあ、行動が
    なければ効力ないが。過去に書かせて頂きましたが、憲法が邪魔なら、
    憲法改正発議を急ぐことが得策。日本の核兵器所有の決断時期が間近で
    しょうから。

    ★★知人の企業
     知人の企業は、過去の日本国内産業の失敗を学び、日本の象徴商品を
    再び生み出すという意気込みであり多くの方々の協力で成果も目に見え
    てきたとのこと。暗いことばかり書いたようなので少しアクティブなこ
    と書かせて頂いてやめます。

    こういうトンチンカンか?見方もあるかと思い書かせて頂きました
    短時間で乱雑に記述する癖のために、いつも長くなり失礼しました。

  23. 匿名 より:

    雑感
    今日は竹島の日だね。実効支配をしている韓国は日本で竹島の日を開催することに強く抗議してくるが、日本政府の対応は知らぬふり。島根県だけでどうすればいいというのだろうかと思うね。そもそも実効支配している韓国が抗議っておかしいだろう。このような理不尽さを学校教育の中で深く広く浸透させていって欲しい。あまりにも政府の不甲斐なさに失望するしかない。レーダー照射問題しかり、天皇陛下侮辱問題しかり。いったいぜんたいどうなっていらのだろうか?行動力のない政府に国民は信が置けないだろう。そのうちヒトラー的な国民受けする政治家が出てきそうな気がするわな。

    1. 匿名 より:

      今、極右政治家や政党が出てくれば、参議院選で勝てそうな気がしてきました。

  24. 心配性のおばさん より:

    夕方のニュースにこんなのが出ました。

    <トランプ政権、北非核化引き換えに「大規模支援」 実務者協議> 産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190222/wor1902220018-n1.html

    まぁ、米朝会談は、蓋開けてみないと分からないんですけどね。
    ただ、ここに気になることが・・

    >一方、ホワイトハウス報道官室は21日の声明で、トランプ政権が非核化を受けた「北朝鮮の明るい未来」の構築に向け、関係諸国と共に北朝鮮に投資し・・

    1回目の米朝会談で、金正恩さんがトランプさんに何て言ったか知らないけど、金正恩さんの本音は北朝鮮の経済発展じゃありませんから、どうして分からないのかな。北朝鮮が経済発展したら体制が維持できないでしょ。金正恩さん、殺されちゃうでしょ。
    それとも、アメリカは分かっていてやっているの?なぜ?

    それから、5月にトランプさんが日本に来るそうです。新天皇拝謁のため?(だけ?)

  25. 通りすがり より:

    >日本としての最大のリスクは、朝鮮半島に「核武装した反日の経済大国」が出現すること

    「核武装した反日の経済大国」の現実性あるのかな。

    南北統一したら経済大変でしょう。

    核は持たせておいた方がよいよ。時間をかけてゆっくり中国に食わせた方がいい。

    反日なんてやっている余裕はなくなるでしょ。

    核を持っていればとどめの経済制裁というカードも残るし。制裁くらったら財閥系韓国企業やばいでしょ。

    海外の反日プロパガンダも金がなければ止まるよ。

    1. 心配性のおばさん。 より:

      通りすがり様

      南北統一の費用を日本から貰うつもりらしいです。(なんでぇ?)
      都合の悪いことは聞こえなくなる韓国にならって、日本も「いい、お天気ですねぇ。」って白を切っておきましょう。

  26. 匿名 より:

    よく安倍さんと統一教会との関係が指摘されることがあるけど。。
    もしかしたら韓国カルトに忖度して制裁をためらってる?

    1. 心配性のおばさん。 より:

      匿名様

      >安倍さんと統一教会との関係

      どゆこと?創価学会(公明党)なら、苦しいけど、なんとか繋がる?けど。
      統一教会????

      1. 匿名 より:

        自民党安倍政権と統一教会。いつ安倍晋三は「変節」したのか<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・
        https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00183496-hbolz-soci

        1. 心配性のおばさん より:

          匿名様 

          記事読みました。うーん。伝聞調で説得力がいまひとつ。申し訳ない。

  27. 心配性のおばさん より:

    偶然入り込んだ中央日報のサイトで、河野外相の仕事の跡を見つけました。当サイトのコメントで河野外相の弱腰を嘆くコメントがあったと思いますが、大丈夫です。皆さん。河野外相、仕事やっています。
    それにしても、日本メディアじゃなくて、韓国メディアで紹介されているって。どゆこと?

    <河野外相「康長官、きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」 20181127>
    https://japanese.joins.com/article/515/247515.html?servcode=A00&sectcode=A10

    <河野外相「金剛山・開城工業団地の再開はできない」…韓日米連携に「冷や水」 20190222>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000037-cnippou-kr

  28. 東西線は悪い文明 より:

    いつも興味深く読ませてもらっています。

    最近は韓国政府の思惑より日本政府の思惑の方が気になってきました。
    私も(B)日本政府としてはわざと時間稼ぎをしている、と思いたいですが、
    気になるのは日本政府はいつまで時間稼ぎを続ければよいか予想をつけているのだろうか?という点です。

    要は計画的に時間稼ぎをしているのかが気になるのです。

    今の状態は籠城にも似ていますが、籠城というのは援軍が来る予定があるとか、
    敵軍が自壊する目算があるとかの前提がないとなりたちません。

    この場合は韓国に通貨危機が訪れるなり、政権が倒れてまともな政権が現れるとかだと思いますが…

    後者はまあないとして、前者も確実に来るとは限りません。
    こちらのサイトのどこかの記事のコメント欄の誰かも言っていましたが、
    あの国は破綻する破綻するとウォッチされ続けて、しかし今日までフラフラ走り続けています。

    それでも仮に数年以内に韓国が弱ってしおらしくなる日が来ると仮定して、
    それまで時間稼ぎ戦術を続けた場合、安倍政権は今の支持率を維持できると考えているのでしょうか?

    もちろん日本という砦は韓国という小国に侮辱され続けたところで、
    兵糧不足になるわけでもなし、内部経済だって小動もしないでしょう。
    しかし砦の内で暮らす人たちはどう思うでしょうか。

    ここのコメント欄を眺めているだけでも今の政府の対応に不満を持つ人たちはボチボチ出てきています。
    それも当然で、第三者から見ると政府が
    「あえて時間稼ぎのために手を出さずに口だけ出して」いるのかそれとも
    「いままでの日本政府のように手を出さないだけ」なのか区別できないからです。

    こればっかりは国民が見たいように見るしかないと思いますが、
    残念なことに韓国に対する日本政府の対応には悪しき定評があります。(いわゆる遺憾砲)

    とはいえ日本国民もあの悪夢は忘れていないようなので、いきなり政権交代とかはないでしょうが
    自民一強の状態を維持できるかは疑問です。

    かくいう私の一票も次の選挙では自民には使わないつもりです。
    なんというか、もう嫌気がさしました。
    韓国政府にも、そして日本政府にもです。

  29. ごんべ より:

    私は昔から④に近い立場です。
    正確には④ともちょいと違うかなと。

    半島は単なる隣人。
    そしてかなりイっちゃってる隣人。
    そんな隣人との付き合いは、顔を合わせたら挨拶はするが、できるだけ関わらないのが一番。
    そんな隣人と挨拶以外では直接的に話はするべきでないと。話をするだけで、関わっちゃいますので。

    ただし、関わらなくてはならないことも多数あるのも事実。
    そもそも隣人からちょっかい出してきますし、隣人の世話をした過去もある。
    そんな時に、直接隣人とだけ交渉したって無意味。イっちゃってますので、交渉にすらならないのですから。
    そんな隣人に対しては、町内会を利用して、隣人がイっちゃってることを町内の総意とするべく動くのが良い。
    そのため隣人に対して交渉するのではなく、町内の人の目がある中で交渉すべきであり、全てを大っぴらにして行うべき。

    最近、ようやく町内会でも、隣人がイっちゃってるという認識が進んできているように感じます。

    …と言う立場です、昔から。
    ただ、⑤に近い人には、⑴に見えるようでしたし、⑴の人からは⑤とか⑥のように見えたようです。
    なかなか理解してもらえませんでしたね、昔は。

    ちなみに、竹島以外は全て町内会利用で解決が図れると見ています。
    竹島はいわば隣家との境界にある樹木みたいなもので、それが果実をつけるから問題になっている。
    その場合は、樹木ごと引っこ抜けば良いかと。あるいは、樹木を町内会の所有物にする。
    つまり、竹島自体をなくすか、竹島を公共物扱いにすれば問題にならないと。
    そのため、『爆破して島そのものの存在を消す』『国連統治領とする』が昔からの持論です。

    ちょうど北の核処理に困ってるなら、いっそのこと、竹島を吹き飛ばしちゃうとか。まぁ極論ですが。

    1. ごんべ より:

      ちなみに、時間『稼ぎ』と言うより、町内会での総意構築に時間『が掛かっている』と、見ています。
      単独制裁は、町内会からすれば、町内の問題でなく、両家の個人的な問題と見做されるだけです。
      町内会として制裁する方向に持っていくには時間『が掛かる』のです。

  30. 匿名 より:

    韓国国会議長訪米のわけ

    しかしより重大なのは、そもそも文氏が何のために訪米したかである。その主目的は、27日からの米朝首脳会談を控え、ナンシー・ペロシ下院議長ら米側要人に、北朝鮮に対する制裁緩和を訴えることであった。
    https://japan-indepth.jp/?p=44250

  31. とらじろう より:

    この1〜2年ぐらいの日本の対韓世論を眺めていると時代も変わったなあとつくづく感じます。
    もう亡くなりましたが、かつて江藤隆美総務庁長官が「日韓併合は強制的なものだったとした村山首相(当時)の発言は誤りだ。植民地時代に日本は悪いこともしたが、良いこともした」とオフレコ発言をしたらそれが韓国側に伝わり更迭されたという事がありました。
    そもそも日韓併合は植民地ではない点と政治家のオフレコ発言が外国に伝えられた点で色々と問題だったのですが、当時は日本の世論としても「韓国に配慮すべき」という声が強かった記憶があります。
    今の日本の世論だと上記発言をしても日本で反発するのは共産党や旧民主党ぐらいなのではと思います。

  32. マスコミ関係の匿名 より:

    確認は取れていない話ですが、昨年10月中旬、ある人が私的に訪韓し旧交を温めるため韓国立法府の保守系重鎮と面会したという話があります。その際「万一徴用工に日本企業が賠償金を支払わされた場合には日本はこういう制裁を韓国に加える可能性がある」と警告したところ韓国の重鎮は「そんなこと日本政府ができる訳がない」と一笑に付したそうです。ところが最近「おい、そんなことはないよな」と国際電話が何回もかかってくると苦笑していたと某紙の主幹が話してくれました。
    その制裁が「外為法16条の適用対象国に韓国を指定する」というものです。これがどういうことかは新宿会計士さんはお解りだと思いますが、実行した場合韓国への送金は財務大臣の承認が必要になります。その結果、日本などの外資は一斉に韓国からジャンピングを始める可能性が高く、早々にに韓国経済はご臨終を迎える可能性が高いと思います。その他にも何通りもの制裁案が検討されていると聞いておりますが、まあ日本が韓国を潰したなどと百年千年韓国から恨まれるのはたまりませんから日本政府は慎重にことを進めると思います。その前に昨年のフッ化水素のような口先制裁が行われるかも知れません。

    外為法(支払等)
    第十六条 主務大臣は、我が国が締結した条約その他の国際約束を誠実に履行するため必要があると認めるとき、国際平和のための国際的な努力に我が国として寄与するため特に必要があると認めるとき又は第十条第一項の閣議決定が行われたときは、当該支払等が、これらと同一の見地から許可又は承認を受ける義務を課した取引又は行為に係る支払等である場合を除き、政令で定めるところにより、本邦から外国へ向けた支払をしようとする居住者若しくは非居住者又は非居住者との間で支払等をしようとする居住者に対し、当該支払又は支払等について、許可を受ける義務を課することができる

    1. 新宿会計士 より:

      マスコミ関係の匿名 様

      コメント大変ありがとうございます。

      当ウェブサイトでも外為法第16条と第48条についてはかなりの関心を持っており、『共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道』などでも取り上げたとおりですが( https://shinjukuacc.com/20190208-01/ )、やはり、心配する点は皆同じなのかもしれませんね。

      引き続き当ウェブサイトのご愛読とお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2. 苺一円 より:

      >実行した場合韓国への送金は財務大臣の承認が必要になります

      そういう制裁方法が実際にあり、日本政府が検討しており、もしかしたら・・・といった「噂」を政府がマスコミに流すだけでも十分な牽制になりそうなもんです。フッ化水素の件は韓国のネットでも話題になるレベルになりました。小心で付和雷同、同調性向の高い韓国人は反応も過剰です。対韓だけでなく情報戦略は立派な武器なのになぜ活用しないのかと歯がゆい思いが募りますね。
      まあただ、実行に移さず「噂」だけで終わることの繰り返しなら、オオカミ少年日本と学習させるだけの逆効果なのですけどね。ちょっとはやってみろよ、と思います。

      1. 鞍馬天狗 より:

        苺一円さんへ

        >オオカミ少年日本と学習させるだけ
        この場合、
        日本が本当のウルフガイになったら時に困るのは
        韓国なのですから問題無いと思います

        PS.サイボーグブルースも好き

        1. 匿名X より:

          あれまー
          鞍馬天狗さんが平井和正をお好きとは
          サイボーグブルースは傑作ですね アンドロイドお雪とか初期作品も好きです

          慰安婦問題・徴用工問題と次から次へと蘇ってくる(死霊)達を狩る ゾンビー・ハンターも忘れてはならないですね
          ちなみに、私は、ブルーバード510SSSを駆るアダルトウルフガイの神明がお気に入りです。

          いい加減、四肢を切り刻まれ反撃も許されず耐えに耐え続ける日本よ!
          満月にはフルパワーで反攻を!と願うばかり

  33. 戦争を知らないおじさんたちさ より:

    >国際平和のための国際的な努力に我が国として寄与するため特に必要があると認めるとき

    今がその時でなく、いつならそうなの?
    で、いつやるの? > 「 」でしょ?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。