久しぶりに「AIIB」、つまり中国が主導する「アジアインチキ投資銀行」…じゃなかった、「アジアインフラ投資銀行」についての話題を提供したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

AIIBの現状

当ウェブサイトでは一時期、定期的にアジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank, AIIB)の状況(加盟国数や融資の状況など)について、報告をしていました。しかし、どうも融資案件が「鳴かず飛ばず」という状況にあったため、最近はご無沙汰気味でした。

そこで本日、久しぶりにAIIBの現状のアップデートを行ってみたいと思います。

AIIBとは、中国が主導する「国際開発銀行」です。この「国際開発銀行」とは、代表的なものだけで見ても、全世界に十数行あり、金融規制の世界では“multilateral development banks” を略して「MDBs」と呼ばれることがあります。

一般にMDBは、比較的、信用力のある国(先進国など)が、主に発展途上国のインフラ開発などを担うために設立されることが多く、アジアの場合はアジア開発銀行(Asian Development Bank, ADB)が先駆的な事例です。

ところが、AIIBの場合は、最大出資国であり、かつ、事実上のスポンサーでもある中国が、先進国ではありません。また、ADBのような「透明性の高い融資基準」を有しているわけではなく、むしろ、中国が進めている、いわゆる「一帯一路構想」を資金面から支える金融機関という方が、実態に近いでしょう。

日本のメディアはAIIBが始動した2015年前後に、「日本もバスに乗り遅れないよう、AIIBに参加すべきだ」といった論陣を張っていました。しかし、最近ではあまりこうした論調を見かけなくなった気がします。

始動してから3年も経過するのに、諸外国から集めたカネの使い道がなくて困っているという実態が見えて来たためでしょうか?それとも「もりかけ問題」で倒閣運動をするのに精いっぱいで、AIIBにまで気が回らないためでしょうか?

しかし、私はAIIBについて、決して侮ってはならない組織だと考えています。それも、中国がAIIBを使い、ADBや日本のODAなど、わが国が築き上げてきたアジア支援の仕組みを横取りし、ダーティー・マネーでアジアを支配しようとしているという野心が見え隠れするからです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



融資的には「鳴かず飛ばず」だが…

使われている資金はわずか3%!

まず、どんな組織であっても、経営状態を見るためには「数値」が必要です。そこで、AIIBのウェブサイトから、現時点で公表されている最新の貸借対照表を確認しておきましょう(図表1)。

図表1 AIIBの貸借対照表(非監査ベース、抄)
項目名 仮訳 2017/09/30(千ドル)
Cash and cash equivalents 現金・現金同等物 142,984
Term deposits 定期預金 5,071,660
Investment at fair value through profit or loss 売買目的金融商品 3,225,936
Funds deposited for co-financing arrangements 共同投資案件預託金 9,577
Loan investments, at amortized cost 償却原価区分貸出金 637,847
Paid-in capital receivables 払込資本債権 9,431,965
Intangible assets under construction 建設仮勘定 541
Other assets その他資産 1,793
Total assets 総資産 18,522,303
Total liabilities 負債合計 9,954
Paid-in capital 払込資本 18,598,700
Retained earnings 利益剰余金 98,177
Total Members’ equity 出資金合計 18,512,349
Total liabilities and members’ equity 負債純資産合計 18,522,303

(【出所】AIIBの財務諸表より著者作成)

ざっくりいえば、総資産は185億ドル程度ですが、このうちMDBとしての「本業」である貸出に回っている金額は6億ドル少々に過ぎず、残りの179億ドルは投資や定期預金、払込資本の未収額などで占められています。

いわば、「カネを集めてみたものの、全然融資案件に回っていない状況」だといえるでしょう。

ちなみに、また、AIIBが「ライバル視」しているADBの資産規模は、1ケタ違います。ADBのアニュアル・レポート日本語版(2017年版、PDF)によれば、ADBの資産規模は1566億ドルで、約8倍です(図表2)。

図表2 ADBの資産規模(2017年1月1日時点、「通常資本財源」部分のみ)
項目 金額(百万ドル) 備考
資産合計 156,666 うち融資残高は94,624百万ドル
負債合計 108,640 おもに債券
資本合計 48,026 資本金、剰余金等

(【出所】ADBの『年次報告2016』(P51)より著者作成)

しかもADBの融資残高は約946億ドルと、AIIBの実に148倍(!)に達しています。したがって、現状で見る限りにおいては、AIIBはADBと比べ、「鳴かず飛ばず」であると結論付けても良いと思います。

加盟国数ではやっと64ヵ国に

ただし、AIIBの出資金のコミット金額は、ADBのそれをはるかに上回ります(図表3)。

図表3 AIIBの加盟国数と出資約束額(2018年4月3日時点)
区分 加盟国数 出資約束額
リージョナル 42 73,732
ノン・リージョナル 22 22,267
合計 64 95,999

(【出所】AIIBウェブサイトより著者作成)

出資約束額は約1000億ドルで、将来、この全額が払い込まれた場合には、AIIBは資産規模だけで見ればADBと並ぶことになります。

また、現時点での加盟国数は、ADBが67ヵ国であるのに対し、AIIBは64ヵ国で、まだ若干ADBの方が上回っていますが、「加盟すると約束した国の数」では84ヵ国と、ADBの規模を遥かに上回っています。

参考までに、加盟国数の推移を示しておきましょう(図表4)。

図表4 AIIB加盟国数の推移(2018年4月3日時点)

(【出所】AIIBウェブサイトより著者作成)

主な加盟国

ついでに、「リージョナル」、「ノン・リージョナル」の別に、おもな加盟国を眺めておきましょう(図表5図表6)。

図表5 主な加盟国(リージョナル、2018年4月3日時点)
出資約束額 比率
中国 29,780.40 31.02%
インド 8,367.30 8.72%
ロシア 6,536.20 6.81%
韓国 3,738.70 3.89%
オーストラリア 3,691.20 3.85%
その他(17ヵ国) 21,617.90 22.52%
合計(22ヵ国) 73,731.70 76.80%

(【出所】AIIBウェブサイトより著者作成)

図表6 主な加盟国(ノン・リージョナル、2018年4月3日時点)
出資約束額 比率
ドイツ 4,484.20 4.67%
フランス 3,375.60 3.52%
英国 3,054.70 3.18%
イタリア 2,571.80 2.68%
スペイン 1,761.50 1.83%
その他(37ヵ国) 7,019.60 7.31%
合計(42ヵ国) 22,267.40 23.20%

(【出所】AIIBウェブサイトより著者作成)

この手のMDBであれば、たいていの場合、出資国に名を連ねているはずの米国と日本が、いまだにAIIBに1ドルも出資していないことはさておき、「リージョナル」ではアジア太平洋地域から42ヵ国、「ノン・リージョナル」では欧州を中心に、実に22ヵ国が、出資しているのです。

潜在的には日本が主導するADBにとっても脅威ではないとは言えないでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本がAIIBを支援する愚

MDBはどうやっておカネを集めるのか?

ところで、MDBは一般に公的な性格が強いと思われているものの、加盟国からの出資金だけで運営されているわけではありません。実際には、MDBの多くは債券を発行し、これを民間の機関投資家が積極的に買っています。

日本の場合、銀行や信用金庫などの金融機関が巨額の資金をあり余らせているので(『「国の借金」解説(2017年12月版)』参照)、少しでも利回りが高い債券を買おうとして、虎視眈々と狙っているほどです。当然、公共性の高いMDBが発行した債券は、日本の銀行等の機関投資家に大人気です。

さきほどのADBの貸借対照表を見ていただいても、資本は500億ドル弱に過ぎませんが、負債で1000億ドル以上を調達しています。これらの多くは、債券の形式で民間投資家から集めた資金であり、いわば、日本のマネーがADBを支えていると言っても過言ではありません。

ところが、図表1をもう一度見ていただくとわかると思いますが、AIIBの場合は、債券をまったく発行していません。これはいったいなぜでしょうか?

あくまでも私の見解ですが、現在のAIIBは融資案件が少なすぎて、債券で資金を発行しても使い切ることができないからです。せっかく185億ドルものおカネを集め、実際に90億ドルも払込を受けておきながら、83億ドルを定期預金や投資商品に運用している状況です。

愚かな金融庁

ただ、以前『金融庁よ、AIIBにゼロ%リスク・ウェイトを適用するな!』でも申し上げたとおり、AIIBは将来の起債に向けて、粛々と準備を進めています。

実際、バーゼル銀行監督委員会はAIIBを「ゼロ%リスク・ウェイトの適用対象MDB」に指定してしまいましたし、また、愚かなことにわが国の金融庁も、AIIBをゼロ%リスク・ウェイトの適用対象にしてしまいました。

金融庁のウェブサイトでパブリック・コメントの結果を見て頂くと、私自身が実名で日本政府に提出した要望の内容が掲載されています。

「自己資本比率規制(第1の柱・第3の柱)に関する告示の一部改正(案)」等のパブリックコメントの結果等について(2018/03/23付 金融庁HPより)

金融庁は

金融庁では、「自己資本比率規制(第1の柱・第3の柱)に関する告示の一部改正(案)等」につきまして、平成29年12月22日(金)から平成30年1月22日(月)にかけて公表し、広く意見の募集を行いました。その結果、2の団体から5件のご意見をいただきました。本件について御検討いただいた皆様には、御協力いただきありがとうございました。

と述べていますが、私が送付した意見だけでも4件あるので、意見の件数が明らかに合っていません。それはさておき、私自身の指摘と、これに対する金融庁の回答を見比べておきましょう。

私の指摘は次のとおりです。

中国が主導する国際開発銀行(MDB)であるアジアインフラ投資銀行(AIIB)に対し、標準的手法におけるゼロ%のリスク・ウェイト(第1条第26号ト、第60条第2項)については再考されたい。本来、銀行自己資本比率規制はBCBSによる国際合意に準拠するのが筋であることは理解するが、AIIBにゼロ%リスク・ウェイトを付与すれば、そのことによりわが国の金融システムから巨額の資金が債券の形でAIIBに流入し、わが国の資金で中国の「一帯一路構想」を金融面で支えるという奇妙なことになりかねない。行政官庁に過ぎない金融庁が、国会決議なしにこのような重大な決定を行うことは許されない。

しかし、これに対する金融庁の回答は、

本件については、バーゼル委員会における国際的な議論により零パーセントのリスク・ウェイトの適用が認められた国際開発銀行に対して、各国当局と同様の取り扱いを行うものです。

というものであり、まったく答えになっていません。

いずれにせよ、金融庁という愚かな官庁のせいで、日本の銀行から巨額の債券がAIIBに流れ込む可能性が出てきてしまいました。

今、この瞬間で見ると、AIIBの融資金額は「鳴かず飛ばず」ですが、将来的にAIIBが日本国内で円建ての債券を発行し、ゼロ%リスク・ウェイトの優遇措置を受けたうえで、日本から中国に資金が流れ込む可能性があることについては、警戒しておく必要はあるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



現状まとめ

以上、現状で見る限り、AIIBは今のところ、融資件数の積み上げもそれほど進んでおらず、したがって、払い込まれた資金の活用にも苦慮している様子が見てとれます。しかも、AIIBはガバナンスが不透明です。

「途上国に無理な貸し込みを行い、それによって中国の海洋進出を助けるのではないか」、という邪悪な意図も見え隠れします。そのような組織に日本が距離を置くことは正しい選択肢ではありますが、それと同時に、AIIBがADBの融資案件をかっさらう「ダンピング」を行うリスクについても注意が必要です。

何より、銀行自己資本告示を定めた金融庁の担当官は、独断でとんでもない告示を書いたものです。本来、国防上も、潜在的な敵国である中国に、巨額の資金を流すような仕組みを整えることは厳に慎みたいものです。

いずれにせよ、私は独立の評論家という立場から、まずはAIIBの客観的な姿を正確に把握すべく、今後も材料の提供に努めていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (2コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (5コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (8コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。