当初の目処からかなり遅れてしまいましたが、当ウェブサイトの人気シリーズ「朝鮮半島の将来」について、3月版を更新しました。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

シナリオのアップデート

「平昌五輪閉幕後にアップデートしたい」と申し上げておきながら、長らく遅れていたのが、当ウェブサイトの人気シリーズ「朝鮮半島の将来」というシナリオです。

色々と悩んだのですが、結局、シナリオの数は6つで据え置くことにしました。というのも、現段階ではまだ、これらのシナリオを根底から書き換えるだけの材料に乏しいからです。ただし、①~⑥の可能性については微妙に修正したいと思います(図表1)。

図表1 現時点の「6つのシナリオ」
シナリオ名 シナリオ概要 現時点の実現可能性
①赤化統一 韓国(南朝鮮)が北朝鮮により赤化統一されてしまう 25%→30%
②韓国だけの中華属国化 韓国が中国の属国となるほかは、現状がほぼ維持される 30%→20%
③クロス承認 韓国が中国の属国となり、北朝鮮を日米などが国家承認する 10%→20%
④半島全体の中華属国化 南北朝鮮が統一され、そろって中国の属国となる 10%
⑤北朝鮮分割 北朝鮮をロシアと中国が分割占領し、韓国は中国の属国となる 20%→10%
⑥現状維持 南北朝鮮は、とりあえずはそのまま存続する 5%→10%

(【出所】著者作成)

これらのシナリオについては、これまでも当ウェブサイトでは何度か議論して来ました。過去の「シナリオ群」については、たとえば次のような記事をご参照ください。

また、これらに加えて、「ローソク・デモで文在寅氏が引き摺り下ろされる」、「軍事クーデターが勃発する」、「文在寅氏が暗殺される」などのサブ・シナリオも考えたのですが(図表2)、現段階ではこれらのサブ・シナリオについては織り込んでいません。

図表2 現段階で織り込まなかった「サブ・シナリオ」
サブ・シナリオ 概要 当座の結論
Ⅰ ローソク・デモ 朴槿恵(ぼく・きんけい)氏を引き摺り下ろしたときと同じようなデモが発生し、文在寅氏が大統領を引き摺り下ろされる ローソク・デモ自体、親北系の団体が主導したと思われるため、親北系の文在寅氏に対するローソク・デモは考え辛い
Ⅱ 軍事クーデター 軍部による軍事クーデターが発生し、憲法を停止し、文在寅氏の身柄を拘束する 現在の韓国軍に国民世論を敵に回してまでそのようなリスクを取る気概があるか不明
Ⅲ 文在寅暗殺 「何者か」が文在寅氏を暗殺し、文在寅政権を物理的に崩壊させる 可能性はゼロではないにしろ、シナリオに織り込むだけの確度はない

(【出所】著者作成)

以下では、この「シナリオの新確率」について、その概要と確率を修正した理由を説明していきたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



シナリオの背景

韓国社会の反日と親北は別物

さて、私が提示しているシナリオのうち、最初に掲げているのが、「①赤化統一」です。これは、読んで字のごとく、北朝鮮が主導し、韓国が併呑されるというものです。

前任の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代から、韓国社会では極左市民団体、あるいは親北派市民団体が暗躍していて、朴槿恵氏を引きずりおろす「ローソク・デモ」や、文在寅(ぶん・ざいいん)氏を大統領に当選させたことには、こうした市民団体が相当に寄与したと見るべきでしょう。

思えば、2016年の「ローソク・デモ」は、非常に奇怪な動きでした。最初は朴槿恵氏が長年の友人に国家機密を漏洩していた疑いで、一部の市民団体が大騒ぎしていたというものでしたが、回を追うごとに参加者が増加。ついには国会を動かし、朴槿恵氏の職務停止、大統領罷免にまでつながったからです。

加えて、日本大使館前などに慰安婦像を設置した市民団体も、おそらくは北朝鮮と密接なつながりがあると見るべきでしょう。つまり、この一連の動きからすれば、現在の韓国社会には、北朝鮮系の団体が相当程度に食い込んでいるのではないかと疑わざるを得ません。

韓国は民主主義国家であり、大統領は国民による直接選挙で選ばれますから、市民団体が大騒ぎし、「反日」「親北」という世論が醸成されれば、まともな判断が下せる人物が大統領に就任できる可能性が極めて低くなります。

もっとも、「反日」は歴代韓国政府の責任であり、それにより国家自体が崩壊したとしても、韓国の自業自得です。なぜなら、韓国は地政学的にも経済学的にも、日本との密接な関係がなければここまで発展できなかったわけですし、繁栄を維持するには日本との良好な関係が不可欠だからです。

そして、「親北」については、歴代韓国政府がこれを煽ってきたわけではなく、どちらかといえば、「反日」感情に乗っかり、親北系の市民団体が広めて来たという側面が強いのです。

中華属国化という流れ

逆に言えば、北朝鮮は、こうした韓国社会の「反日」をうまく利用しつつも、「親北」感情を植え付けることで、韓国社会の崩壊を招き、それにより韓国社会を自国に編入しようとしているのです。

ただし、韓国社会の激烈な「反日」を利用しようとしている国は、北朝鮮だけではありません。中国もそうです。私は昨年11月、『韓国は7割の確率で中華属国化する』のなかで、シナリオ②~⑤を合算すれば7割となると申し上げましたが、それだけ韓国社会が反日により迷走している証拠でしょう。

ところで、今回私は、図表1において、「①赤化統一」の可能性を3割に引き上げました。これにともない、シナリオ②~⑤の合計確率は60%に下がってしまいましたが、今後の展開次第では、確率がさらに低下することも考えられます。つまり、それだけ赤化統一の確率が上昇している、ということです。

しかし、それでも私が予想する「中華属国化」の確率は60%程度ある、ということです。もちろん、中華属国化への道は、「②韓国だけが先行して中華属国化」、「③韓国が日米から見捨てられる」、「④赤化統一後の中華属国化」、「⑤北朝鮮消滅後の中華属国化」など、いくつかのパターンがあります。

現在、ドナルド・トランプ米大統領が北朝鮮との首脳会談に踏み切ると報じられていることを受け、「南北デタント」から韓国社会が骨抜きにされ、赤化統一される、という流れを予測する人が多いのも事実ですが、私はこの「中華属国化」という流れについても、無視してはならないと考えています。

プレイヤーは米日朝

ところで、伝統的に北朝鮮の核開発を巡っては、「6ヵ国協議」が行われてきました。これは、北朝鮮を真ん中に据え、米国、日本、韓国という「自由主義陣営」と、中国、ロシアという「北朝鮮の伝統的な友邦」(?)を巻き込む手法で行われた協議です。

もちろん、北朝鮮がこの「6ヵ国協議」の成果を無視し、核開発に邁進したことで、もはやこの「6ヵ国協議」の枠組みは有名無実化していることも事実です。ただ、「北朝鮮処分」あるいは「朝鮮半島処分」を行う際には、常にこの6ヵ国が関わってくると見て良いでしょう。

しかし、実際にはこの6ヵ国の「関わり方」はさまざまです。そして、今回の北朝鮮危機において存在感がない国は、ロシアと中国です。とくに中国の場合、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が「終身国家主席」に就任しようとしている割には、この問題の主導権を握れないでいます。

また、ロシアの場合は、旧ソ連時代に事実上、北朝鮮を作った国でありながら、あたかも「蚊帳の外」にいるかの印象を受けます。とくに、昨年11月にトランプ大統領が北朝鮮核危機などをめぐってアジアを訪問した際も、日韓中3ヵ国を訪れておきながら、ロシアについては素通りした経緯もあります。

そして、中国、ロシアの2ヵ国に代わって、圧倒的に存在感を強めている国があります。それが日本です。わが国の安倍晋三総理大臣は、トランプ政権に対し、事実上、アジアの問題を「指南」しているとも伝えられますし、来月には訪米し、トランプ氏と首脳会談を行う予定でもあります。

わが国の多くのメディアは、「米朝会談は日本にとって寝耳に水だった」と報じましたが、これに対し、トランプ大統領自身が米朝首脳会談の実施を決断したのは、じつは韓国ではなく日本による働きかけが大きい、という報道もあるようです。

トランプ大統領「決断」の裏に日本あり(2018/03/10(土) 18:17付 Yahoo!ニュースより【FNN配信】)

リンク先は『Yahoo!ニュース』に掲載されたFNNの配信記事ですが、トランプ大統領が米朝首脳会談の決断に至る過程で、日本政府が主導的役割を果たしてきたと伝えています。

さすがにこの報道の真偽について私はよくわかりませんが、それでも先週金曜日のホワイトハウスの報道発表直後に日本政府が見せた動きを見る限り、少なくとも日本国内のメディアがいう「米朝会談は安倍政権にとって寝耳に水」という状況ではなさそうです。

つまり、現在の北朝鮮の核危機において、メイン・プレイヤーは米国、日本、北朝鮮の3ヵ国であり、そのほかの3ヵ国(韓国、中国、ロシア)は、やや「蚊帳の外」に置かれているという状況にあるのです。

もう1つの関心事は「米韓同盟の行方」

さて、私たちの国・日本から見て、韓国は何かと腹が立つ国です。朝日新聞が捏造したウソだとわかっている従軍慰安婦問題を使って、いまだにしつこく日本を糾弾し続けていることがその典型例ですが、世界中で日本人のふりをして、インチキ日本料理をばら撒いたり、日本起源の文化を剽窃したり、と、何かと困った国です。

ただ、そんな相手国であっても、「腹が立つから今すぐ日韓断交すべきだ」などと、軽々に主張すべきではありません。なぜなら、どんなに腹が立つからといっても、韓国は米国を介した間接的な同盟国だからです。

もちろん、日本が「日本国憲法第9条第2項」のくびきにより、独自の軍隊をもち、自力で国を守ることができない状況というのも、こうした不正常な日韓関係の原因でもあります。ただし、日韓ともに米国の国際戦略に位置付けられているという事実があることも、日韓関係の在り方を制約しているのです。

ただし、当ウェブサイトの「6シナリオ論」と、米韓同盟の先行きについては、密接に関連しています。とくに、シナリオでいえば①から⑤までが、いずれも米韓同盟の消滅を前提としています。

私は、極めて近い将来、早ければ文在寅政権の間にも、米韓同盟が何らかの形で変質すると見ています。米国がそれを許すかどうか、ではありません。想像を超える速度で韓国社会の左傾化が進んでいて、米韓同盟がねじれて破断する可能性がある、ということです。

いや、米国が無理やり同盟を維持しようとしたら維持できるかもしれませんが、その場合は米韓同盟ではなく、韓国社会の方が破断する可能性があります。

ただし、この「米韓同盟の先行き」を読むうえでは、もう少し論じるべき点があります。したがって、この点の議論については後日に譲り、まずは「6つのシナリオのアップデート」の論点に移りたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



具体的なシナリオの解説

赤化統一は30%に修正

さて、シナリオ分析に入っていきましょう。

①赤化統一…韓国(南朝鮮)が北朝鮮により赤化統一されてしまうシナリオ。確率は30%。

「①赤化統一」については、今年1月時点で、それまでの20%から25%に引き上げたばかりですが、今回、これを30%に引き上げたいと思います。平昌(へいしょう)冬季五輪やそれに続く韓国特使の平壌(へいじょう)訪問で示されたとおり、もはや韓国政府が北朝鮮に乗っ取られつつあることは明白です。

ただし、確率を30%以上に引き上げなかったのにも、きちんとした理由があります。それは、急激すぎる左傾化に対し、韓国国内で警戒論が高まっているからです。古今東西、あらゆる国に当てはまりますが、急激すぎる動きには、必ず反動が生じます。

もっとも、私が見たところ、その「反動」は、現時点ではそこまで強くありません。というのも、昨日の報道によれば、文在寅政権に対する支持率は依然として70%を超えているからです。

朴槿恵氏罷免1年、保守派停滞 韓国、文在寅政権を70%超支持(2018.3.12 13:09付 産経ニュースより)

産経ニュースは「五輪が成功した(※と韓国国民が思っている)ために支持率が上昇に転じた」などとしていますが、あまりにも急激すぎる北朝鮮シフトに対し、韓国国内ではそれほど強い反動が生じているようには見えません。

このため、今回のシナリオでは、このシナリオの確率を、「とりあえずは」25%から30%に引き上げ、様子を見ようと思います。

中華属国化シナリオは全般に引き下げ

一方、②~⑤については、③の「クロス承認シナリオ」を除き、いずれも引き下げか横ばいにしています。

②韓国だけの中華属国化…韓国が中国の属国となるほかは、現状がほぼ維持されるシナリオ。確率は30%から20%に引き下げる。

③クロス承認…韓国が中国の属国となり、北朝鮮を日米などが国家承認するシナリオ。確率は10%から20%に引き上げる。

④半島全体の中華属国化…南北朝鮮が統一され、そろって中国の属国となるシナリオ。確率は10%で据え置き。

⑤北朝鮮分割…北朝鮮をロシアと中国が分割占領し、韓国は中国の属国となるシナリオ。確率は20%から10%へ引き下げる。

引き上げたシナリオは「③クロス承認」、引き下げたシナリオは「②韓国だけの中華属国化」、「⑤北朝鮮分割」、据え置いたシナリオは「④半島全体の中華属国化」です。このシナリオ確率修正の背後にあるのは、何といっても中国の存在感の希薄化にあります。

昨年12月に文在寅氏が中国を公式訪問した際、中国は文在寅氏一行を徹底的に冷遇しましたが、その後、中国は韓国を「手下」にすることに成功していません。中国が韓国を冷遇した結果、韓国が北朝鮮に擦り寄ってしまったからです。これが、②と④と⑤の確率を引き下げ・横ばいとした理由です。

しかし、「③クロス承認」については、むしろ10%から20%に引き上げてみました。その理由は、北朝鮮が韓国を手繰り寄せ、急遽、大きなプレイヤーとして浮上したからです。その背後にあるのは、「米朝国交正常化」です。

これはもちろん、5月までに行われる米朝首脳会談の結果を見ないと見極めが難しい点です。また、米朝首脳会談自体が行われない可能性もありますし、米朝首脳会談で米国が北朝鮮に対し、事実上の「ハル・ノート」を突きつけるような形となり、交渉が決裂して米朝戦争に進むかもしれません。

逆に、米朝首脳会談の結果次第では、「6つのシナリオ」自体をさらに書き換えなければならなくなる可能性もありますが…。

現状維持のシナリオが少し戻った

その一方で、「現状維持シナリオ」の確率については、1月時点で10%から5%に引き下げましたが、今回、ふたたび10%に戻したいと思います。

⑥現状維持…南北朝鮮が現状のままで存続するシナリオ。確率は5%から10%に引き上げる。

この⑥の選択肢は、どちらかといえば「主要国が積極的に現状維持を目論む」というものではなく、「膠着状況に陥った結果、現状を維持せざるを得ない」というものです。ということは、不確実性が高まれば高まるほど、現状維持シナリオの可能性が高まるのも当然の話です。

ただし、いったん何らかの形で北朝鮮の核危機が終息したとしても、その時点から再度、シナリオ①~⑤(あるいはサブ・シナリオ、その他のシナリオ)の実現に向けた力学が働き始めることは間違いないでしょう。その意味で、あくまでも⑥については、一時的なシナリオと見るべきでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



北朝鮮攻撃はあるのか?

米国は北朝鮮攻撃のチャンスを逸したのか?

ところで、複数の情報によれば、昨年、米国が北朝鮮を奇襲攻撃する可能性が高まった局面が何度か訪れました。たとえば、北朝鮮攻撃の有力候補日が12月18日でしたが(『12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か?』参照)、結局、米国は今日に至るまで、北朝鮮攻撃に踏み切っていません。

一説によると、米軍は北朝鮮のミサイル拠点を、すでにかなりの割合で特定しているとの話もありますが(※これについては未確定情報です)、それでも常識的に考えるならば、冷え込んでいる地面を赤外線レーダーで探査し、温度が高い地点をミサイル拠点とみなしてピンポイントで爆撃するのが効率的です。

このように考えると、これから暖かくなれば、「赤外線レーダーで地上の熱源を特定し、その地点を爆撃する」という手法が通用し辛くなります。そして、このことをもって、一部の識者は、「これから春、夏にかけて、北朝鮮攻撃が行われる可能性は低くなる」としているのです。

ただし、こうした「米軍の赤外線レーダーが機能しなくなるから、米軍は夏場に北朝鮮攻撃をしないはずだ」という議論は、やや乱暴です。あくまでも「電力不足の北朝鮮で、赤外線レーダーを使った夜間のピンポイントの爆撃」が、軍事作戦上、有利であったというだけの話であり、決定打ではないからです。

しかし、米軍が貴重な攻撃機会を逃しただけでなく、今年1月以降、韓国からの要請に応じて米韓合同軍事演習を延期したことや、平昌五輪での北朝鮮との接触を自由にやらせたことなどは、いかにも不自然です。むしろ米国が文在寅氏を泳がせているのではないかとの疑念すら湧きます。

いずれにせよ、米朝首脳会談のタイミングまでは、米軍による北朝鮮攻撃の可能性は非常に低くなったと見て、ほぼ間違いなさそうです。

攻撃してもピンポイント爆撃

ただ、それでも私は、米軍が北朝鮮を攻撃する可能性はゼロになったとは考えていません。いや、むしろ、米朝首脳会談後に米国が北朝鮮攻撃を決断する可能性だってあります。ただし、攻撃したとしても、「北朝鮮の体制崩壊を狙った全面攻撃」ではあり得ないと考えます。

余談ですが、一部の報道では「米朝首脳会談を日本で行う」という観測もあったようですが、金正恩が東京にやってくる可能性はそれほど高くないと考えるべきでしょう。やはり、米朝首脳会談の舞台は北京か板門店、あるいはウラジオストクあたりではないでしょうか?

極端な話、東京でトランプ氏と金正恩(きん・しょうん)が会談し、それが決裂した瞬間、東京で金正恩の身柄を拘束し、同時に電撃的に米国が北朝鮮に軍事侵攻するという、ドラマか小説のような展開が生じたとしても不思議ではないからです。

このような極端なケースを除けば、米国が北朝鮮を攻撃するとしても、金正恩の所在地が特定されているならば全面侵攻もあり得ますが、そうでない場合は、やはりピンポイント爆撃に留まるでしょう。これを「サージカル・アタック」と呼んだり、「鼻血作戦」と呼んだりしますが、いずれにせよ「全面攻撃」ではありません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本国内の「お掃除」を!

以上、さまざまな要因のために、少し中途半端な形になってしまいましたが、現時点の「朝鮮半島の将来のシナリオ」を更新してみました。

私が一番申し上げたいことは、これだけ国際情勢が大きく動いているのに、日本国内のマス・メディア、野党は、いったい何をやっているのか、という強い不満です。下らない私学スキャンダルを追いかけるのも大概にしろ、と言いたい気分でいっぱいです。

むしろ、現在の私学スキャンダルは、森友学園事件については財務省と朝日新聞が、加計学園騒動については文科省と朝日新聞が、それぞれ結託して安倍政権を倒そうとしている行動にしか見えないのです。さしずめ、朝日新聞の裏で糸を引いているのは、中国共産党か朝鮮労働党あたりでしょうか?

森友学園問題にさっさとケリをつけ、朝鮮半島問題に本腰を入れないと、日本も大変なことになりかねません。その意味で、「言論テロ組織」をどう始末するかについては、わが国にとっても頭の痛い問題です。

私は、中・長期的には、「官僚、野党、マス・メディア」の3点セットこそが、日本の「最後の既得権益層」だと考えています。場合によっては、日本から駆除しなければならない勢力もあるかもしれません。この「日本国内のお掃除」については、並行的に進めていかなければならないのです。

当ウェブサイトがそのためのささやかな言論発信基地として機能するならば、私にとっては実に幸いなのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/10/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国を」追いつめる事になる韓国最高裁の徴用工判決 (10コメント)
  • 2018/10/21 05:00 【RMB|金融
    パンダ債と日中スワップ、そしてとても残念な読者コメント (8コメント)
  • 2018/10/20 08:00 【時事|国内政治
    議員としての地位が一番 立憲民主党に相応しい今井雅人議員 (8コメント)
  • 2018/10/20 05:00 【マスメディア論
    ネット対マスコミ:「結論ありき」で議論する朝日新聞 (13コメント)
  • 2018/10/19 12:00 【時事|外交
    価値と利益の外交:「マネージすらできなくなった日韓関係」 (6コメント)
  • 2018/10/19 08:00 【経済全般|金融
    軽減税率の特権を受ける朝日新聞社に消費税を論じる資格なし (4コメント)
  • 2018/10/19 05:00 【時事|外交
    文在寅に追い打ち掛けた安倍晋三、そして外交官の外交知らず (9コメント)
  • 2018/10/18 15:00 【雑感オピニオン
    神戸から鎌倉の快適な移動 「秋の鎌倉をお楽しみください」 (8コメント)
  • 2018/10/18 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国発の通貨危機?米財務省を「死神」とおそれる中央日報 (15コメント)
  • 2018/10/18 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞を「最も信頼できない新聞」と呼ぶ日本国民の良識 (5コメント)
  • 2018/10/17 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」 (7コメント)
  • 2018/10/17 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国への仏罰?自業自得?韓国に対する特別扱いをやめる日米 (9コメント)
  • 2018/10/17 05:00 【経済全般|金融
    読者コメントへの反論:色々と根本から誤解していませんか? (12コメント)
  • 2018/10/16 11:45 【時事|経済全般
    「人手不足倒産」のナンセンス:給料を上げれば済む話です (11コメント)
  • 2018/10/16 05:00 【時事|経済全般
    決算書から見える、NHKの呆れた実態 NHKこそ国民の敵 (10コメント)
  • 2018/10/15 13:30 【時事|経済全般
    ラオスダム事故巡るハンギョレ報道が事実ならば、許されない (11コメント)
  • 2018/10/15 10:45 【時事|韓国崩壊
    「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ (14コメント)
  • 2018/10/15 08:00 【韓国崩壊|金融
    米国は金融面で韓国を締め上げることができる (6コメント)
  • 2018/10/15 05:00 【韓国崩壊|外交
    「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅 (6コメント)
  • 2018/10/14 12:15 【時事|経済全般|国内政治
    消費増税と国民の敵・財務省 「増税決断」は改憲と引き換え? (23コメント)
  • 2018/10/14 05:00 【国内政治
    国民民主は「沈む船」?今こそ「政治家の使命」に向き合え (10コメント)
  • 2018/10/13 08:00 【マスメディア論
    アクセス急増御礼:ウェブビジネスの現況と「まとめサイト」 (9コメント)
  • 2018/10/13 05:00 【RMB|金融
    怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国 (9コメント)
  • 2018/10/12 13:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」 (10コメント)
  • 2018/10/12 08:00 【マスメディア論|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ (10コメント)
  • 2018/10/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国? (16コメント)
  • 2018/10/11 14:45 【マスメディア論|時事
    「麻生追放運動」の怪 なぜ枝野代表に文句を言わないのか? (3コメント)
  • 2018/10/11 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道を読んでも驚かないわけ (9コメント)
  • 2018/10/11 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    安倍総理「未来志向の日韓関係」発言の真意と「毒まんじゅう」 (6コメント)
  • 2018/10/10 10:45 【マスメディア論|時事
    加計理事長の会見受けた朝日の社説 説明になっていない (5コメント)
  • 2018/10/10 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか? (7コメント)
  • 2018/10/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    英語メディア報道「南北朝鮮が結託して日本と敵対」と読める (8コメント)
  • 2018/10/09 15:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    朝日新聞こそ自身の報道姿勢を後世に恥じよ (7コメント)
  • 2018/10/09 10:00 【時事|国内政治
    大串博志議員「疑惑は続く」、貴方が証明すれば済む話では? (3コメント)
  • 2018/10/09 05:00 【政治
    関係を積極的に破壊する韓国政府と「マネージ」の本当の意味 (5コメント)
  • 2018/10/08 14:04 【時事|韓国崩壊|外交
    日韓共同宣言から20周年の節目に合わせたような徴用工訴訟 (13コメント)
  • 2018/10/08 05:00 【時事|国内政治
    加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう! (12コメント)
  • 2018/10/07 10:00 【外交
    ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし (7コメント)
  • 2018/10/07 05:00 【マスメディア論|時事|外交
    期待に値する岩屋毅防衛相と、旭日旗騒動を無視するマスコミ (15コメント)
  • 2018/10/06 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    旭日旗騒動は日本外交の勝利だが、マネージするにも限界あり (37コメント)
  • 2018/10/05 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛隊の韓国の観艦式不参加通告は韓国外交の自滅? (21コメント)
  • 2018/10/05 14:10 【時事|韓国崩壊
    続・旭日旗騒動 韓国は自我と信頼のどっちを失いたいですか? (11コメント)
  • 2018/10/05 12:10 【時事|金融
    次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする (3コメント)
  • 2018/10/05 05:00 【経済全般|金融
    臨時国会を前に、財務省「国の借金論」のウソをまとめてみる (11コメント)
  • 2018/10/04 12:15 【日韓スワップ|金融
    今日も韓国メディアに「通貨スワップ」、いいかげんしつこい (16コメント)
  • 2018/10/04 08:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    朝日新聞社説批判 国民の敵を楽しくやっつける方法とは? (9コメント)
  • 2018/10/04 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動を巡り、韓国は国際社会の信頼を失い自滅に向かう (12コメント)
  • 2018/10/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    ポンペオ訪朝は米国の北朝鮮に対する優先度が低下した証拠 (5コメント)
  • 2018/10/03 05:00 【時事|国内政治
    マスコミ・野党「みんな!もりかけ国会、始まるよ~!」 (3コメント)
  • 2018/10/02 13:00 【時事|国内政治
    第4次安倍内閣・改造内閣の発足と「史上最長政権」の可能性 (6コメント)
  • 2018/10/02 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    目的を履き違えた韓国 ノーベル症と旭日旗騒動は病理の象徴 (17コメント)
  • 2018/10/02 05:00 【マスメディア論|時事|経済全般
    軽減税率の優遇受ける朝日新聞社に消費税を議論する資格なし (3コメント)
  • 2018/10/01 13:00 【時事|国内政治
    沖縄県知事選、敗因をしっかり受け止め「次に備える」べき (11コメント)
  • 2018/10/01 09:00 【時事|国内政治
    まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」 (6コメント)
  • 2018/10/01 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」? (12コメント)
  • 2018/09/30 10:00 【経済全般
    若者の結婚式離れも当然だが、「北海道方式」なら負担も軽い (11コメント)
  • 2018/09/30 05:00 【日韓スワップ|金融
    韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い (13コメント)
  • 2018/09/29 05:00 【時事|国内政治
    「国民の敵」立憲民主党と朝日新聞の主張の真逆こそが正解 (13コメント)
  • 2018/09/28 16:15 【時事|外交
    旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃 (17コメント)
  • 2018/09/28 12:15 【日韓スワップ|金融
    米利上げと「日中3兆円スワップ」を恨めしげに眺める韓国 (6コメント)
  • 2018/09/28 05:00 【マスメディア論|経済全般
    インターネット広告がテレビ局を倒産させる…のかもしれない (3コメント)
  • 2018/09/27 11:15 【時事|韓国崩壊
    韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ (13コメント)
  • 2018/09/27 10:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本外交よ賢くあれ!慰安婦合意破棄という動きへの賢い対処 (15コメント)
  • 2018/09/27 05:00 【経済全般|金融
    日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環 (11コメント)
  • 2018/09/26 14:00 【時事|国内政治
    菅官房長官のパチンコ換金規制は歓迎するが、優先順位誤るな (11コメント)
  • 2018/09/26 10:15 【時事|外交
    脱忖度:日米から孤立する韓国と新たな日韓関係構築に向けて (3コメント)
  • 2018/09/26 05:00 【時事|国内政治
    過ちは繰り返す:民主党政権を総括しない立憲民主とマスコミ (3コメント)
  • 2018/09/25 13:30 【マスメディア論|時事
    嫌韓ブログの傾向と対策:一概に悪いと言えないが節度は大事 (14コメント)
  • 2018/09/25 05:00 【国内政治
    マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る (8コメント)
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (11コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (47コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (15コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (16コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (7コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (11コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)
  • 2018/09/07 16:00 【時事|国内政治
    マスコミさん、カツカレー食べた石破氏を批判しないのですか? (2コメント)
  • 2018/09/07 12:15 【時事|国内政治
    改めて強調する、「立憲民主党・吉田統彦疑惑」の怪しさ (2コメント)
  • 2018/09/07 10:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正 (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。