本日はメディアに対する「雑感」です。新聞・テレビによる虚報、誤報、捏造が相次ぐ中、これらを防ぐためには、インターネットという手段を用いて日本人の意識変革を図るしかない―。そういう私の持論を、改めて角度を変えて申し上げたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/02/23 10:00 【時事
    【夕刊】日韓は「特別な関係」から「普通の関係」へ
  • 2018/02/23 00:00 【外交
    犯罪者・金正恩の逮捕状を請求せよ! (4コメント)
  • 2018/02/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】見えてきた韓国への「制裁」 (2コメント)
  • 2018/02/22 00:00 【金融
    借金と通貨危機を考える(前編) (5コメント)
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (5コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (4コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (17コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (4コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • ↓本文へ

    ここからが本文です。
    記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    本当に時間がない!

    読者の皆様、本日もご多忙の中、わざわざ私のウェブサイトをご訪問下さり、心より感謝申し上げます。

    実は、ここに来て、本格的に時間がなくなってきてしまいました(笑)

    私は現在、5月末を締切とする専門書の執筆を進めているのですが(こちらは何とかうまくいきそうです)、それと並行していくつかの仕事をこなしており、どうしても当ウェブサイトに割くことができる時間が限られてきてしまっています。

    ただ、私は当ウェブサイトの記事を「量ではなく内容で勝負したい」と考えているため、「読んで下さる方の知的好奇心を刺激する」という観点から、執筆活動を続けたいと思っています。どうかご期待ください。

    「虚報」とどう対処するか?

    誤報、虚報、捏造報道―報道機関の不祥事

    さて、マス・メディアには悪い点があります。それは、「言ったら言いっ放し」、「報じたら報じっぱなし」という点です。インターネットが普及する以前だと、マス・メディア(とくに新聞とテレビ)は「絶対」の存在だったのではないでしょうか?

    新聞に掲載された記事やテレビで放送された情報は「事実」として刷り込まれ、私たち国民はそれを信じるしかなかったのです。もちろん、「テレビよりも新聞の方が信頼できる」とか、「民放よりもNHKの方が信頼できる」、といったたぐいの違いはあったかもしれません。しかし、これはあくまでも我々読者・視聴者側の妄想であり、NHKを除けば新聞とテレビは同一資本による強力な持合い関係で支配されているため、根は同一だと思います(図表)。

    図表 新聞とテレビの「資本持合い関係」
    グループ名 新聞社 テレビ局
    朝日グループ 朝日新聞社 テレビ朝日(東京)、朝日放送(大阪)など
    毎日グループ 毎日新聞社 TBS(東京)、毎日放送(大阪)など
    読売グループ 読売新聞社 日本テレビ(東京)、読売テレビ(大阪)など
    フジサンケイグループ 産経新聞社 フジテレビ(東京)、関西テレビ(大阪)など
    日経・テレ東 日本経済新聞社 テレビ東京(東京)、テレビ大阪(大阪)など
    公共放送 NHK

    もちろん、フジテレビと産経新聞のように、同一資本であっても論調がやや異なる場合もありますし、日本経済新聞社とテレビ東京の関係や、TBSと毎日放送の関係のように、同一資本であっても「新聞社側(テレビ局側)が圧倒的に強く、テレビ局側(新聞社側)が圧倒的に弱い」という事例もあります。しかし、重要な点は、日本のメディアは少数の資本が事実上、強力に支配しているということであり、それと同時に「記者クラブ制度」、「新聞の再販売価格維持制度」、「テレビ局の電波利権」など、強力な利権により守られている存在だ、という事実にあります。

    私は、「従軍慰安婦問題」を捏造した朝日新聞社を筆頭に、日本のメディアにはさまざまな問題があると考えていますが、その問題の根源こそ、こうした「マス・メディアの既得権益」に求められるのです。

    努力しないで金を稼ぐ工夫とは?

    さて、幸運によらずに他人よりもお金を稼ぐためには、他人よりも努力するか、何らかの「工夫」をするか、そのどちらかが必要です。そして、マス・メディア人らは、高給と見合うだけの「努力」を、明らかにしていません。

    では、彼らが行っている「工夫」とは、いったい何でしょうか?

    一般に、「努力をしないでお金を稼ぐ工夫」には、「合法的な手段」と「非合法的な手段」があります。後者の例としては、「明らかな犯罪行為」(窃盗、詐欺など)もあれば、犯罪スレスレの行為(談合など)もあります。一方、「合法的な手段」の典型例は独占でしょう。

    この点、現在の日本のメディアが「独占状態」にあるのは明らかです。というのも、5大資本グループが全国紙とテレビ局全国ネット網(NHKを除く)を支配している状況にあるからです。取材源にしても「記者クラブ」という独占的な組織が存在しており(※1)、新聞に至っては宅配網を支配しています(※2)。

    (※1)「記者クラブ」はパリに本拠を置く「国境なき記者団」(RSF)からも、「日本の報道の自由度を下げる要因」として、毎年のように指摘されています。

    (※2)この典型的な例として、昨日の産経新聞によると、沖縄タイムスが新聞販売店に対し、八重山日報の配達を妨害しているそうです。

    当然、新聞社やテレビ局としては、「努力をしないでも金を稼ぐ」という意味で、「独占」という心地良い状態は維持したいと思うでしょう。これを読者、視聴者、広告主の立場から言い換えれば、「高いお金を払っているのに質の低い情報しか得られない」という状況です。

    新聞の捏造報道禁止法には反対!

    ただ、私が新聞やテレビの虚報、捏造報道について調べると、インターネット上では、

    「新聞やテレビの捏造報道を禁止する法律を作るべきだ」

    といった意見を目にすることがありますが、私は(少なくとも新聞については)そのような法律を設けることには反対です。

    テレビの場合、日本国民は、本来であれば国民共有の財産である電波を、NHKや民間テレビ局に対して使わせてやっている立場です。また、NHKは「受信料」と称する「事実上の国民の血税」を使って、問題のあるコンテンツを量産している組織でもあります。

    一方、新聞の場合は、たしかに宅配網を独占的に有していることや、「再販売価格を維持させる」という独禁法が禁じる販売方法を例外的に認められているという意味では問題ですが、ただ、「新規参入」は不可能ではありません(※ただし、厳密には「第三種郵便物認可」などの論点もありますが…)。

    テレビ局などに対し公正な番組制作を義務付ける「放送法第4条」が存在している理由は、新規参入が事実上不可能であるためだと思いますが、その理屈が正しければ、「放送法第4条に相当する規定を新聞社にも設けるべきだ」とする考え方には賛同できないのです。

    それでは、どうやって報道の客観性・公正性を確保すれば良いのでしょうか?

    私が考える最善の方法とは、インターネットの言論を振興させることです。そして、インターネットの言論を振興させるために政府や国会が一番やらなければならないことは、「政府も国会も何の対策・介入もしないこと」―、いわば、メディアへの参入を完全に自由にすることにほかなりません。つまり、政府も国会も、憲法第21条に定める「表現の自由・検閲の禁止」の規定を守ることが重要です。

    ハッキリ申し上げるなら、昨今、インターネットが急速に普及し、既存メディアの欺瞞を暴くようになっているのですが、こうした流れに水を差すな、ということです。

    実は、私自身が運営し、記事を執筆しているこの「独立系ビジネス評論サイト」も、憲法第21条に定める「表現の自由」の規定に基づいています。要するに、自分自身の信念に従って、自由に意見発信をして良い、というのが憲法の趣旨ですので、私もその趣旨を踏まえて自由に意見を発信しているという次第です。

    「長谷川幸洋を公的言論空間から追放せよ」?

    ところで、今年の初め頃に、沖縄県での反基地運動を取り上げたニュース番組に、「パヨク」と呼ばれる勢力が一斉に咬み付いた事件がありました。私はこの問題について随分と取り上げ、たとえば『政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ』などでも「今までは特権階級だった既存メディア側が、特権を失いつつあることに危機感を抱いている」と主張しました。

    ところで、東京新聞の論説副主幹だった長谷川幸洋氏は、その『ニュース女子』という番組の司会を務めていたことが原因だったのでしょうか、「副主幹」から「論説委員」に降格されています。そして、長谷川氏に対しては、「謝罪がないなら公的言論空間から追放せよ」と主張した法政大学の政治学教授がいるようです。

    私は、この人物に対しては「思い上がりも大概にしろ」と申し上げたいと思います。

    長谷川幸洋氏の主張が自分の意に沿わないからと言って、それを言論という手段ではなく、「言論封殺」という手段により対抗しようとするのは、呆れて物も言えません。

    ただ、朝日新聞を始めとするメディアは、ことあるごとに「表現の自由を守れ!」「報道の自由を守れ!」と主張する割に、自分たちが批判されると、とたんに「謝罪がないなら公的言論空間から追放せよ!」などと叫び始めます。典型的なダブル・スタンダードであり、呆れるばかりです。

    自分たちマス・メディア側は「言論の自由」に基づき何を主張しても良く、マス・メディア以外の者には「言論封殺」で対抗しようとする―。そういう勢力に言論の自由を語る資格などありません。

    ウェブ・メディアの双方向性

    自分自身の記事の検証

    さて、私も偉そうなことを申し上げていますが、その割に、自分自身の記事についても、後日、やや論拠薄弱な部分を発見し、恐れ入ることもあります。具体的には、『ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する』という記事について、です。

    私はこの記事の中で、朝日新聞が「文科省の内部文書」だとして報じた文書に、「ビジネス文書」として不自然な点が多々あることを指摘。「ビジネスマンなりの気付きで朝日新聞の記事が捏造である証拠を挙げる」ことを試みました。

    ただ、この記事を公表して以降、「フォントがゴシック体であることや数字が全角であることなどは、役所が出した文書ではない証拠としては力不足だ」とするコメントを複数頂きました。言われてみれば全くその通りです。実際、役所が出した文書にはゴシック体のものや、数字を全角にしている事例なども存在するからです。

    私は、自分自身が「役所のウェブサイトから複数の事例を調べて裏取りをする」という作業を怠ったことについては深く反省したいと考えていますし、また、これらのコメント主様には心より感謝申し上げたいと思います。

    もっとも、問題の記事が掲載された翌日、朝日新聞は性懲りもなく、フォントを明朝体に変えた文書を報道。民進党もこの「出所不明の文書」を手に国会で政権を追及したものの、インターネットをはじめとするメディア側から厳しい反論を受け、しどろもどろ状態になっています。大手メディアが「言ったら言いっ放し」「報じたら報じっ放し」だった時代も、着実に変化してきている証拠でしょう。

    リアルタイムにコメントが載るメディア

    ところで、「新聞社」の中に、ネット版で全ての記事に対して自由にコメントを打つことを許しているメディアがあります。その新聞社とは、残念ながら日本の新聞社ではありません。韓国のメディア『中央日報』です。

    同メディアにおいて報道される記事は、日本に対する侮辱や歪曲、捏造も多く、内容については一切同意できませんが、ただ、中央日報は読者のコメントを自由に受け付けています。この点については、日本のメディアも大いに参考にする余地があるでしょう。

    ためしに昨日の記事から、興味深いものを紹介しましょう。私が驚いたのは、次の記事です。

    「韓米は全面的に意見一致」…「慰安婦問題を賢く克服することで合意」(2017年05月22日07時44分付 中央日報日本語版より)

    記事のタイトルだけ読むと、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が米国に派遣した「特使」が、米国との間で「慰安婦問題を賢く克服することで合意した」とするものですが、記事の本文のどこを読んでも、そのような記載はありません。

    おそらく、中央日報の(というよりも韓国人の)希望的観測を記事のタイトルに仕立ててしまったという事例でしょう。

    ただ、中央日報という、記事のクオリティ自体は極めて低いものの、自由にコメントを打つことができるメディアを通じて、日本人の意識も急速に変わりつつあると思います。それは、「メディアの報道を鵜呑みにしてはならない」という、当たり前の事実に、日本人もようやく気付くようになった、ということです。

    皮肉なことに、中央日報という韓国メディアが日本人の意識変革の一翼を担っていると考えてよいでしょう。その意味で私は、中央日報というメディアに対しては深く感謝しなければならないのではないか、とすら思っているのです。

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、シェアして下さい。

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/02/23 10:00 【時事
    【夕刊】日韓は「特別な関係」から「普通の関係」へ
  • 2018/02/23 00:00 【外交
    犯罪者・金正恩の逮捕状を請求せよ! (4コメント)
  • 2018/02/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】見えてきた韓国への「制裁」 (2コメント)
  • 2018/02/22 00:00 【金融
    借金と通貨危機を考える(前編) (5コメント)
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (5コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (4コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (17コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (4コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 2018/02/06 11:00 【時事|金融
    【夕刊】暗号通貨窃盗事件続報と犯罪国家・北朝鮮 (5コメント)
  • 2018/02/06 00:00 【国内政治
    民進党?まだあったんですか! (6コメント)
  • 2018/02/05 11:15 【時事|国内政治
    【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避 (5コメント)
  • 2018/02/05 00:00 【マスメディア論
    「読者の反応」に希望を感じる時代 (3コメント)
  • 2018/02/04 09:50 【政治
    【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった? (8コメント)
  • 2018/02/04 00:00 【韓国崩壊
    見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国 (3コメント)
  • 2018/02/03 13:00 【時事
    【夕刊】不完全な「海外安全情報」 (11コメント)
  • 2018/02/03 00:00 【韓国崩壊
    日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ (9コメント)
  • 2018/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ (3コメント)
  • 2018/02/02 00:00 【金融
    暗号通貨と新たな金融の可能性 (4コメント)
  • 2018/02/01 13:10 【過去ブログ
    【過去ネタ再録】悪魔を浄化する君が代 (2コメント)
  • 2018/02/01 00:00 【韓国崩壊
    今月のキーワード:「さよなら韓国」と「前後関係」 (3コメント)
  • 2018/01/31 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】アメリカ合衆国との関係を終わらせつつある韓国 (7コメント)
  • 2018/01/31 00:00 【雑感オピニオン
    超高給取りのNHK職員は「正当な努力」をしているのか? (3コメント)
  • 2018/01/30 11:00 【時事
    【夕刊】悪意に満ちた中央日報が日本を良くする (3コメント)
  • 2018/01/30 00:00 【国内政治|外交
    改憲後も日米安保を保持すべきだ (8コメント)
  • 2018/01/29 13:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国は名実ともに敵対国になる? (4コメント)
  • 2018/01/29 00:00 【金融
    ソフト・カレンシー建て債券の危険性 (2コメント)
  • 2018/01/28 12:00 【時事|金融
    【夕刊】580億円窃盗事件:暗号通貨を金商法の対象にせよ (2コメント)
  • 2018/01/28 00:00 【政治
    「人間の盾」構想と試される日本人 (3コメント)
  • 2018/01/27 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】しょせんは党名ロンダリング (2コメント)
  • 2018/01/27 00:00 【マスメディア論
    新聞業界が生き残る方法 (8コメント)
  • 2018/01/26 11:00 【時事
    【夕刊】「安倍訪韓」に関する分析の現時点のマトメ (6コメント)
  • 2018/01/26 00:00 【国内政治
    痛感する、安倍総理の説明責任の欠如 (9コメント)
  • 2018/01/25 08:30 【韓国崩壊|過去ブログ
    過去ブログ再録:「韓国と国際社会」 (1コメント)
  • 2018/01/25 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪:安倍総理は政治利用されるのか? (5コメント)
  • 2018/01/24 08:55 【時事
    【速報】安倍総理の平昌参加を支持しない (16コメント)
  • 2018/01/24 00:00 【政治
    2017年の日韓観光統計を読む(前編) (1コメント)
  • 2018/01/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    【緊急提言】韓国大使の「ペルソナ・ノン・グラータ」を議論する (3コメント)
  • 2018/01/23 00:00 【国内政治|外交
    【速報】施政方針演説から外交を読む (1コメント)
  • 2018/01/22 12:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:韓国は国際社会への加害者だ (3コメント)
  • 2018/01/22 00:00 【金融
    産業構造の変化に対応する業界、しない業界 (2コメント)
  • 2018/01/21 12:00 【時事
    【夕刊】金正恩の刑事告訴を支持する (2コメント)
  • 2018/01/21 00:00 【マスメディア論
    ビジネスマンと政治経済評論 (5コメント)
  • 2018/01/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「主要国が韓国抜きで協議」報道の真偽 (2コメント)
  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か? (1コメント)
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (6コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)
  • 2018/01/02 00:00 【外交
    今年も日韓関係は年初から波乱含み (4コメント)
  • 2018/01/01 00:00 【マスメディア論
    ウェブ言論元年宣言 (5コメント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。