外国人記者「なぜ国葬反対デモには若者が少ないのか」

安倍総理の国葬儀に反対する人たちが14日、日本外国特派員協会で記者会見を行ったところ、外国人記者からは「国葬当日はデモをせず喪に服するべきでは」、「皇室の国葬には反対なのか」、「デモに高齢者が多く若者が少ないのはなぜか」、などとする厳しい質問が飛んだようです。ある意味では当然の反応といえるかもしれません。

立憲民主、やっと国葬儀欠席を決定

ついに、でしょうか。あるいは「やっと」、でしょうか。

報道によれば、立憲民主党が本日、故・安倍総理の国葬儀の欠席を決定したようです。ここでは産経ニュースの記事を紹介します。

立民、安倍氏国葬欠席を決定

―――2022/9/15 12:07付 産経ニュースより

産経によると、立憲民主党は15日、臨時の執行役員会を党本部で開き、27日に行われる安倍総理の「国葬(国葬儀)」に関し、泉健太代表ら党執行役員が欠席する方針を決めたのだそうです。

その理由は、立憲民主党が政府に提出した「国葬の法的根拠などを問う質問書」(※原文ママ)に対する14日付の回答を巡って、「内容が不十分だ」「立民が指摘した問題点については何ら解決されなかった」、というものなのだそうです。

何をどう回答したところで、どうせ「答えになっていない」などと文句をつけるのではないか、という気はしないではありません。ただ、これに先立ち、すでに立憲民主党の議員らは、相次いでツイッターなどに安倍総理への国葬儀への欠席を投稿していたので、ある意味ではわかりやすい反応ではないかと思う次第です。

ちなみに産経の記事の末尾には、こうあります。

国葬に対し、野党は日本維新の会、国民民主党、NHK党、参政党が出席の方針。一方、共産党、れいわ新選組、社民党は欠席するとしており、立民と足並みがそろった」。

立憲民主党、日本共産党、れいわ新選組、社民党の4政党が同時に不参加というのは、ある意味では大変にわかりやすい状態になりました。

外国人記者クラブで国葬儀反対派が会見

さて、この国葬儀に関連し、もうひとつ、大変に興味深い話題がありました。

「国葬反対デモは高齢者ばかり」外国人記者から厳しい質問、呼びかけ人はどう答えた?

―――2022年09月14日 17時01分付 弁護士ドットコムニュースより

『弁護士ドットコムニュース』によると、日本外国特派員協会(FCCJ)で14日、安倍総理の国葬儀に反対する3人が会見を行い、「法的根拠のない決定であり、思想・良心の自由を侵害している」などと訴えたのだそうです。

ただ、これに対して、当の外国人記者からは、「国葬当日はデモをせず喪に服するべきでは?」、「皇室の国葬には反対なのか?」といった「厳しい質問」も上がったのだそうです。

とくに、会見に応じた83の市民団体を取りまとめる代表は、国葬儀が日本武道館で行われる27日に向けて、まずは19日には代々木公園で、前日の26日には新宿で、当日は国会前でのデモを予定していると述べたところ、インドネシアの記者からはこんな趣旨の質問があったのだそうです。

自国では国家元首が亡くなった時には、反対派も含めて喪に服して尊敬の念を示す。それでもデモをするのはなぜか」。

故・安倍総理自身は「国家元首」ではありませんでしたが、政権史上最長の政権を率いたことは間違いなく、これに加えて紛れもなく民主主義の手続に従って内閣総理大臣に選ばれ続けた人物です。そのような人物の国葬儀にデモで反対することへの違和感を抱くのは、当然でしょう。

「人の死を悼むことと、政治的業績の評価は別」

ただ、これに対する代表の回答は、こうでした。

憲法の精神では、多くの市民が自由に自分の意思を表明することを妨げることは間違い。立憲主義の象徴である国会前で意思表示することが大事です。人の死を悼むことと、安倍さんの政治的な業績を評価すること、自分たちの意思を表明することはそれぞれ別のことだと思っています」。

明らかに矛盾しています。

もしこの人物の認識がこの発言通りなのだとしたら、安倍総理自身の死を悼む場と安倍総理の「功罪」を批判する場を明示的に分けるべきであり、27日の当日にかけてデモを行うという行動自体、安倍総理の死を悼む場を安倍総理の業績を評価する場にしようとする試み自体、言行が一致していません。

また、外国人記者からは、デモに参加する人たちを巡って「高齢者が多く若者が少ないのはなぜか」、といった疑問に加え、「それでも安倍政権が選挙で選ばれてきたのではないか」などの指摘が上がったのだそうですが、代表はこれらについても次のように応じたそうです。

私たち世代は過去の経験から政治が変わると信じているが、今の若い人たちは変わらないことを見てきた。変わることを恐れている。もっと若者と接触して話し合うべき。努力が足りなかった、これは私たちの責任です」。

安倍政権が勝利してきた背景に、旧統一教会と醜い癒着をしてきたことを改めて知った。後継である岸田政権を変えるべく、力を尽くしたい」。

旧統一教会に「若い人たちを動員して自民党に投票させる力」があったとは初耳です(※というよりも新聞、テレビなどのオールドメディアが証拠もなしに騒いでいるだけ、といった方が実態に近いかもしれませんが)。

ただ、それ以上に驚くのは、「デモで政治が変わる」といまだに信じている、という点でしょう。大変失礼ながら、日本は民主主義社会ですから、政治を変えるのは私たち有権者の投票行動であり、彼らがデモで大騒ぎを続けてきたところで、有権者が自民党政権を選び続けたという事実は変えられません。

もっと厳しいことを言えば、「変わることを恐れている」のは「今の若い人たち」ではなく、「あなた方」ではないか、という気がしてなりません。

結局、日本は議会制民主主義国ですので、たとえば自民党が変わらないのであれば、最大野党である立憲民主党あたりが、自民党に代わって政権を担うことができる政党に変わるべきではないか、という議論になるのではないでしょうか(もっとも、個人的には「悪夢は一度で十分」だとは思いますが…)。

せめて当日のデモは避けるべきでは?

こうしたなか、弁護士ドットコムの記事の続きを読むと、「英国でエリザベス女王の国葬が予定されていること」などを受け、「皇室や王室との比較をする質問」もあったそうですが、これについて会見に応じた人物は、こう答えたそうです。

評価が定まっていない政治家の場合に、国葬をするのは法的根拠がない。これは独裁国家と同じです。民主国家ではありません」。

「評価が定まっていない政治家の国葬を実施するのは独裁国家だ」、というのも、なかなかに強烈な発想です。

ただ、裏を返して言えば、この発言は「国葬を実施して良いのは評価が定まっている人に限る」という意味にも受け取れます。その理屈で行けば、北朝鮮で金正日(きん・しょうじつ)などの国葬が行われているのも、北朝鮮の国内では金正日は「すばらしい指導者」という「評価」が確立しているからなのかもしれませんね。

いずれにせよ、安倍総理の国葬儀に対し、弔意を示したくもない人たちにも弔意を強制するのは間違っていますし、実際、最大野党である立憲民主党自身が、代表を含めた執行役員全員が欠席すると決めているわけですから、弔意を示す必要などありません。

ただ、弔意を示そうと世界中から要人を含めた多くの方々が日本を訪れること、日本国内にも安倍総理の功績をしのび、心静かに安倍総理のご冥福を祈る人々が数多くいることを踏まえるならば、せめて27日の当時はデモを控えるのが故人と日本国民に対する礼儀だと思うのですが、いかがでしょうか?

読者コメント一覧

  1. 犬HK より:

    一部の日本人(かどうか怪しいですが)による国葬反対騒ぎとか、まったく理解できません。

    駐日ジョージア大使も国葬をめぐり
    「メディアや一部オフィシャルからあれこれ発言が出ていることは残念」
    「それどころか、故人に対する目に余る言動に心を締め付けられている」
    「たったひとりでも国外からの来賓があるならば、国民が一丸となって対応することが日本の懐ではないか」とツイートしていたようです。

    日本人は死人にムチ打つことも厭わない人種なんですかね。

    市民団体などが、国葬は憲法違反だとして差し止めを求めた訴訟は全て却下されてます…。
    バカなのは構わないがここまでしますかね?
    日本人というものが結構わからなくなったこのごろです。

    1. 門外漢 より:

      >日本人は死人にムチ打つことも厭わない人種なんですかね。

      だから、それは一部の日本人(かどうか怪しいですが)なんですよ。
      答えはお判りなのに、お人の悪いことでww

  2. 元ジェネラリスト より:

    >ただ、それ以上に驚くのは、「デモで政治が変わる」といまだに信じている

    最近気づいたのですが、多分彼ら、デモが趣味なんですよ。
    顔見知りのお友達と遊んでるんですよ。
    主張の中身はそのコミュニティで皆が同意できるものなら何でもよくて。
    コミュニティ内での自分の存在価値も確認でき、お友達とも楽しく時間を過ごせる。

    >「評価が定まっていない政治家の場合に、国葬をするのは法的根拠がない。これは独裁国家と同じです。民主国家ではありません」

    人を弔うってのは、評価が何かはとりあえず置いといて、すぐにやるもんですよ。
    評価が定まるまで待ってから葬式やるなんて、聞いたことがありません。
    屁理屈です。
    人の死は、人にとって特別なものなんですよ。

    1. わんわん より:

      >多分彼ら、デモが趣味なんですよ(略)

       おもしろい考察ですね
      沖縄のデモはほとんどが本土からの動員 地元民は少ないとききます
      お仕事 w としての動員もかなりあるのではないでしょうか? w

       

      1. 引きこもり中年 より:

        いつも自分たちのデモを取材してくれて、ほめたたえてくれる記事を書いてくれる記者も、仲間なのでしょう。(もしかしたら、仲間の記者に会いたくて、デモをしているのかもしれません。だから批判する外国人記者は、仲間でなく敵なのです)

      2. 元ジェネラリスト より:

        うちの近所で憲法9条のビラ配ってた一団のうち、半分くらいはそんな感じの人だったんですよね。
        首都圏のデモなんかはそんな人多いのかなぁと思ってました。

        革マルの専従やプロ市民も、確実に存在してはいるようですが。
        「国葬上めろ」って書くような人も。w

      3. sqsq より:

        「プロ市民」という言葉があったけど、あれかな。

        1. kumaboss01 より:

          ビラを配っている反対派の人間は、ほとんど老人で卑しい顔してますからね。
          この前、ビラを貰って目の前で破って捨て時の、あの連中の顔を忘れられませんよ。
          自分達が一般人から全く支持されていないことを理解して欲しいです。

    2. 引きこもり中年 より:

      元ジェネラリスト さま
      >評価が定まるまで待ってから葬式やるなんて、聞いたことがありません。
       結局のところ、自分たちの感情が嫌いだからけしからん、ということではないでしょうか。だから、感情を同じくしない人には理解できないのです。法的決定に(建前だけかもしれませんが)感情をいれるべきではない、と思うのですが。
      蛇足ですが、彼らの葬式も、評価が定まってから行うのでしょうか。

      1. 元ジェネラリスト より:

        そう思います。
        国葬をやってはいけない決定的な理由は、一つも見たことがないです。せいぜい個人の価値観の違いに含まれる範囲に含まれます。

        >彼らの葬式も、評価が定まってから
        葬儀って極端な話、死者の為じゃなく残った者のためにやるものと思います。
        怖いけど避けられない死を迎えても、みんなでこうやって分け隔てなく弔うからねという、これからいつか死ぬ人へのメッセージ。
        ここにケチをつけたら、社会の信頼関係の基本部分を壊すと思います。

        1. 引きこもり中年 より:

          元ジェネラリストさま
          >国葬をやってはいけない決定的な理由は、一つも見たことがないです。
          「俺が、嫌だと思っていることが決定的な理由だ。一緒に嫌だと思わない若い者はけしからん」

    3. 伊江太 より:

      元ジェネラリスト様

      >多分彼ら、デモが趣味なんですよ。
      >顔見知りのお友達と遊んでるんですよ。

      これ、わたしもそう思います。

      知り合いで、元々そんなことにはまりそうな人ではなかったんですが、
      いつの間にやら、「九条改悪反対」だの「武力事態対処法阻止」だののデモに参加してるって話を耳にして、へえって思ってたら、

      大して酒を飲めなかった人なのに、最近はデモの後の打ち上げで、居酒屋あたりで盛り上がって、ぐでんぐでんになって帰ってくると、奥さんがこぼしていると、後になって知りました(笑い)。

      1. ビトウ より:

         コメント失礼します。

         デモにはオフ会やサークル活動の側面もあるみたいですね。
         「反日と反日が繋がる。反日の血は濃くなる」といった所でしょうか。

        https://www.yaserucola.com/entry/2017/05/18/210000

    4. のりさん より:

      •••多分彼ら、デモが趣味なんですよ。

      それだわ!
      病院の待合室にたむろしていたお年寄りと同じだわ。
      Aさん「○○さん今日来てないな〜」
      Bさん「○○さん調子悪いみたいよ」
      って、病院は調子悪い時行く所じゃないの?みたいな。
      デモに参加する事が彼等なりの生存確認になっているのでは。

      1. 引きこもり中年 より:

        未来の広辞苑(?)に、「この時代のデモは、高齢者が健康のために、仲間と歩くことである」となっているのではないでしょうか。

        1. 門外漢 より:

          上手いなあ(^^♪

    5. 匿名 より:

      高齢者出会いの場なんですよ。

      1. 不和琴 より:

        昔の話ですが、安保法制の反対キャンペーンの解散後の現場を通りかかったことがあります。
        その団体も年寄り主体だったのですが、談笑しながら歩いていました。
        見ていたら近くの生協の駐車場にワゴンがとめてあってそこに横断幕やプラカードなど一式を入れて去っていきました。
        一連の行動は非常に慣れていると感じたと同時に、関係なくても駐車してさしつかえない場所を把握しているなどなかなかのものだと思いました。
        趣味というのはあたっていますね。

    6. 元ジェネラリスト より:

      「デモは趣味」に、ピンと来られた方が多くいらっしゃったようでよかったです。
      具体例もその思いを強くするものになりました。
      ありがとうございます。

    7. 赤ずきん より:

      最近はカルチャーセンターでの趣味にもお金がかかります。デモ趣味人達のお金はどうなっているのでしょうかね。某国からの工作資金か 壺代の一部なのか。五輪の電通疑惑も結局お金の流れを調べて究明されつつあります。真のジャーナリストの登場か 内部告発しか解明する手段はないものか。

      1. 元ジェネラリスト より:

        デモ趣味はお金かからないと思います。
        ダンボールと絵の具と電車賃くらいかな?年金で生活できてる人なら、趣味デモは十分可能と思います。むしろ、お金をかけなくても生き生きと暮らせていいことづくめ。

        デモやってるすべての人が趣味人ではないとも思います。
        上納金のあるコミュニティだと辛いかもですが。

    8. ちょろんぼ より:

      元ジェネラリスト様

      「デモは趣味」とのご意見を承りましたが、
      私案では、それより南国の民主主義を思い出します。
      町中でローソクを持ってデモすれば、大統領だって弾劾できるという
      ヤツです。 これが民主主義だと世界に誇っていたヤツです。
      「趣味がデモ」ではなく、南国系の人達がデモを行っている
      又は南国に感化された人達だと思います。
      その証拠にデモをする人達って「必ず漢字を間違う」のです。
      もし日本の老人なら漢字を忘れても、手が勝ってに漢字が
      書けるように訓練されている世代ですよ。

      1. 元ジェネラリスト より:

        デモ参加者も色々な属性があると思います。
        プロ市民もいるし、革マルもいるし、「上めろ」のプラカード書く人もいると思います。割合はわかりませんけど。
        それぞれの人々の思惑の総体がデモの形で現れていると思います。

        デモ趣味の人は、主張は割とどうでもいいと思うので、属するコミュニティの主張に自分の主張を寄せていくと思います。
        工作員からするとカモだと思います。コミュニティには工作員のいるところもあるでしょう。

        デモ趣味の人たちは高齢者が多そうなので、時間が経過すると減っていくと思います。

        と、想像はいくらでも膨らみますが。(笑)

  3. 匿名 より:

    マスコミの他人の迷惑を顧みない、自らの報道の自由ばかり主張する態度。それが通ってしまう状況が、大量の馬鹿を生み出すんですよね。
    テレビを見てると馬鹿になる、というのは真実で、若者がデモに参加しないのもテレビを見ないからでないのかな。

    1. 赤ずきん より:

      大いに同感です。反日マスゴミを整理すれば それだけで本来の日本人の感性に戻っていくでしょう。大本営発表しかなかった時代からSNSの時代になったように 多方面からの情報こそが 縄文時代から受け継いだ日本人の感性を呼び戻すと信じたい

  4. より:

    予想通り左翼界隈の阿鼻叫喚。安倍さんの国葬儀は彼ら残り火に燃料を投下したのだけれども、彼らも今は燃え上がり、高揚感に包まれて幸せではないかな。そしてその後の喪失感を恐れている。上を向いて歩こう。

  5. 引きこもり中年 より:

    素朴な感想ですけど、「安倍元総理の国葬に反対している市民団体を批判してはいけない」という日本マスゴミ村のルールは、外国人記者には通用しない、ということではないでしょうか。(だから、村のルールを守らない外国人記者が、記者クラブに参加することを、今の日本マスゴミ村の村民は反対しているのですね)
    蛇足ですが、日本マスゴミ村は、この外国人記者クラブでのやりとりを報道するのでしょうか。

    1. 引きこもり中年 より:

      すみません。追加です。
      安倍元総理の国葬に反対している市民団体の高齢者にとって、これに賛同しない若者は、それ故に愚かで、それ故に自分たち高齢者が優れているという証明になるのではないでしょうか。つまり、「これだから最近の若い者は」ということです。

    2. 引きこもり中年 より:

      すみません。追加です。
      外国人記者には分かっている「国葬反対デモに若者の参加が少ない」を、日本のオールドメディアの記者が気づくことは出来るのでしょうか。もっとも、「そもそも、日本ではデモは若者が参加しないもの」と思っているのかもしれませんが。

  6. 通勤嫌いな不良サラリーマン より:

    国葬儀反対派(マスゴミ、立憲共産党、共産党、れいわ新選組、社民党含む)の正体

    ・死体蹴り(格闘ゲームで倒して動けなくなったキャラに更に攻撃を加える極悪行為)が趣味
     →ゲームでなく現実なのに、死者を悼むどころか鞭打つのが趣味
    ・議会制民主主義で通算在任日数3188及び連続在任日数2822で最長な「首相」を貶める趣味
     →民主主義を尊重せず貶めるのが趣味
    ・所謂「アベガー」が趣味
     →表現の自由の行使は、特別の義務及び責任を伴うことを知らないらしい
     →なんだか憲法なんて、守る気ない人たちみたい

    一体全体、どこの国の人たちかと・・・

    1. nanashi より:

      >一体全体、どこの国の人たちかと・・・

      儒教の影響を強く受けた特定アジア三ヶ国の人達と同じと考えた方が良いでしょう。
      中にはズバリの人もいますが…。

    2. 匿名 より:

      世界の多く人の良識である
         「死者に鞭打つことを恥じる」
      のは日本人の特色でもあったのではないですか?

      デモ参加者の多数らしい高齢者、代表者の年代からして いわゆる全共闘世代?
      彼らは「あしたのジョー」世代でもあるんではないのでしたっけ?

      「ジョー」は、憎っくき最大のライバルの死に際して、自分の精神を壊すほどの悲しみにくれ、
      ファンはたかがマンガの敵役の死に、合同葬儀まで出し、、
      例え敵であっても死後はその功績に敬意を表し、追悼したのが、全共闘世代の日本人じゃなかったのでしたっけ?

      、、、それが国葬当日に大規模デモで騒ぎたて、死者を冒涜する

      思想信条以前に 「人として恥ずかしい」 と彼らは思わないのでしょうか?
      本当に彼らは同じ日本人なのでしょうか?

      >せめて当日のデモは避けるべきでは?

      本当にこの通りですね。

      —-
      余談:
       近頃ずいぶんと儒教が悪者にされてますが 「孔子の名言」等、軽くググれば、例の特定アジア三ヶ国の言動の殆どは儒教の教えに背くものであることがわかります。
       彼らは儒教の一節だけ切り出して元の趣旨を捻じ曲げ(マスゴミのよく使う手法)、自らの悪行を儒教に責任転嫁しているだけですね。

  7. 匿名 より:

    デモに年寄りが多いのは情報の入手手段の違いでしょ。
    モリカケサクラでつくられた虚像に対して反応しているだけですね。
    正面切って対峙できず人格攻撃と印象操作で貶めることしかできなかった、それにまんまと騙されたのがオールドメディアしか情報の入手ができなかった人。
    野党もマスコミも十分に知ってのことなのに、亡くなった時点でノーサイドとはしなかった、人間として失格だよ、こいつら。

  8. Inamane より:

    有り余る時間を持つ高齢者は、コロナ禍以前は病院に行って井戸端会議を行なっていましたが、コロナでその楽しみが奪われてその吐口をデモで補ってるだけ。
    いつテレビで観ても、小汚いジジイとババアが小汚いプラカードを持って、シュプレッヒコールを行ってる姿は哀れの一言。金を持っている高齢者はこんな事しないと思いますよ。
    次は何処に行って時間を潰すかワクワクしてるかも。

  9. 匿名 より:

    日常生活、社会であまりに会話が噛み合わず独特のオーラを発してて、周りに相手にされてないだろうな…と感じる方々に遭遇することは多いですが、そうした直感が間違ってることはありません。人間の防衛本能みたいなもんです。外国人記者もそう感じたでしょうね。
    すくなくとも日本人の総意とかけ離れた思想を持った連中だとわかってもらえたでしょう。

  10. なんちゃってギター弾き より:

    皆様こんばんは。
    外国人記者を相手に記者会見を行った方々は、外国人記者の皆さんから満場の賛意で迎えられると思っていた…いや、まさかそんなことないですよね?!

    それにしても、次の内閣まで拵えた野党第一党が国葬欠席とは外交センスが無さ過ぎです。既にわかっているだけで米ハリス副大統領や濠の現・元首相団ほか多数が来るのですから、何でもいいから面会でも会見でもして、ついでにその写真でも撮れば、充分なPRにも絵にもなると思うんですけど。

    >今の若い人たちは変わらない
    ワタシはリベラルな方から「今の若者を変えるのはもう無理だから次の世代をしっかり教育しよう」みたいな意見を聞いて唖然としたことがあります。思想教育やる気満々ですね。本当にできるかどうかはわからないですが。

    ところで余談ですが、今の60代以上で一財産築いた所謂「お金持ち」に、妙にリベラルというか左翼な人が多い気もします。よく「生活に困ってそうな人が」とか教員公務員マスコミ…みたいな話も聞きますけど、必ずしもそれだけではない感じがします。

  11. 田舎の住人 より:

    死せる孔明生ける仲達を走らす。

    今のご時世は、この通りと思います。
    安倍さんは凄いです。

    1. 世相マンボウ_ より:

      田舎の住人さま

      まったく同感です
      私も同じことが頭に浮かび
      国葬反対派の弁護士猪野先生の
      ブログにコメントしてました。

      『死せる安倍生けるどぶサヨを炙り出す』
      を添えて(^^)/

      猪野先生は、
      「おのれ!マンボウ!全人民の敵!」
      と飼い猫に八つ当たりして蹴り入れてた?
      かも知れませんが削除せずに
      掲載してもらいました‥(^^);

  12. 市井の蛙 より:

    >「高齢者が多く若者が少ないのはなぜか」

    若者は、リアル(=21世紀前半の東アジア)に生きる者として、阿部氏の功績を正しく理解していると思います。(一部の)高齢者の方々は、前世紀の(輝かしい?)闘争ゴッコの時代を懐かしんでいるのでは?

    「♪時の流れを止めて、変わらない夢を、見たがる者たち・・・(by中島みゆき)」
    は、誰なんでしょうね???

    1. 市井の蛙 より:

      あら恥ずかしい誤変換 ✖「阿部氏」→〇「安倍氏」です。

    2. はるちゃん より:

      >「♪時の流れを止めて、変わらない夢を、見たがる者たち・・・(by中島みゆき)」
      は、誰なんでしょうね???

      この歌が歌われた当時は、保守派を批判していたのでしょうが、今や昔の革新派が今の保守勢力になってしまいました。
      現実を見たくない方々の末路と言うべきでしょうね。

  13. ジン より:

    >国葬をするのは法的根拠がない

    旧統一教会との関係云々も何がどうダメなのか
    という法的根拠も今のところはありません。
    いつものダブスタですね。

    1. 門外漢 より:

      自民党も「今後一切の関係を断つ」って言ってるんですが、何がダメだから絶つんでしょうね?
      それを曖昧にして、絶つ、絶つって言われても・・・って思います。

      1. WindKnight.jp より:

        政党にも支援者を選ぶ権利はあると思うので、
        そこは自由じゃないかな。

        ただ、早く、スパイ防止法などを整備して、
        そういう「支援者」からの影響を減じないと。

  14. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     日本の常識は世界の非常識というのは、国際化、多様性、地球市民、外国に倣えと訴える反日連中にも当て嵌まる。国際法(慣習や合意。国内法と違って強制法ではない)や国際常識を知らないばかりか知ろうともしないから。
     自国を悪し様に罵り、信仰や死者にも敬意を払わない輩を好む外人は少ないでしょうね。
     無責任反日野党の殆どが国葬バックレみたいですが、奈良県警の様にテロの幇助をしたり、テロのどさくさに紛れて悪さや何らかの演出をする為にも参加した方が得だと思いますが…地獄の民主党政権然り、国内の反日連中は日本国滅亡の闘志がイマイチ。私腹を肥やして終わり。
     私としては外国の反日連中が本気で侵略=虐殺凌辱強奪してくる前に国内の雑魚反日で予防接種というか、かませ犬に利用して自信と実績を獲得して欲しい次第です。その為にはまだまだ血というか危機感が足りてない。
     安全は血や犠牲無しでは得られない。交通戦争と言いましたか、歩道橋、バイクでのヘルメット、シートベルト義務化に至る迄は無血ではなかった筈です。
     反日連中が過去の成功体験に縋りつき、前提が変わっても尚、考えも振る舞いも改められない(故にカルト)。そして狂気を帯びて不合理な動作を繰り返し続けどんどん弱体化している。
     安倍総理暗殺という反民主主義的行為(創作の悪の組織は独裁が多く失敗した部下をあっさり殺すのが珍しくない。民主主義が大事にしている話し合いと多数決、そして気分で殺さないという事を分かり易く且つ楽しく教えてくれてます)を達成した反日連中は暗殺犯を咎めず称え、ホトケさんになった安倍総理を今でも責め続けている。反民主主義を隠さず晒してくれている。おかげで多くの若者が反日連中を警戒してくれている。
     武漢肺炎、露の宇への侵略=虐殺凌辱強奪、安倍総理暗殺。反日連中の暴虐が大分身近になってきました。日英の国葬当日でも何か仕掛ける筈です。
     大勢の犠牲者が出て反日連中を喜ばせながら日本人を国民に目覚めさせるのか、見事防いで最小限の犠牲にして目覚めさせる(と良いのですが)のか、私達が試されてるのかも知れません。結構凄い状況を生きてる?
     私は無力なので「死ぬ時は死ぬ」という覚悟完了する位しか出来ませんが、出来るなら少ない血と犠牲で改善される事を望みます。

  15. トシ より:

    >「なぜ国葬反対デモには若者が少ないのか」

    厳密にいうと若者でも熱心なのはいる。

    https://www.youtube.com/watch?v=goI_ak5caok

    見てみ?これw

    日本でどう生まれ育ったらこうなるのかが理解できないw
    まあ、彼女の両親は活動家だったのでそれを引き継いでいるのか。

    どうであれこれが地方議員だぞ?
    杉並区長は国葬反対デモに参加していたよな。
    お隣の武蔵野市長は筋金入りの反日市長だ。

    やはり左派勢力の浸透にもっと危機感を持つべきだろう。

    1. はるちゃん より:

      東京都民、特にサラリーマン層が多いと思われる西半分は、終身雇用で守られてきた人が多いせいかと思いますが、現実から遊離した人が多いような気がします。
      あくまで私も仮説ですが。
      日本の左翼も、北海道や沖縄など、国からの手厚い保護で守られてきた地域に蔓延っていると思います。
      韓国も、日本やアメリカが甘やかした結果、現在の手に負えない状態を招いているのではないでしょうか?
      国際情勢の現状を考えますと、日本はそろそろ甘えが許されない社会に変わらないといけない時代に差し掛かったのでは無いかと思います。

  16. 生え際 より:

    野党やマスコミが弔意を示したくないのは自由だと思うのですが、逆に弔意を示したい人間の自由はどうなのでしょう?
    彼らは、逆の立場の人間の邪魔をして、弔意を示す自由の妨害を行っているように見えるのですが。

    いつものあれですかね。
    自分たち以外の多様性は認めない、っていういつもの。

    1. 門外漢 より:

      野田元首相は参列だそうです。
      泉クン、また一つ梯子が外れたんでしょうか。

  17. カズ より:

    >なぜ国葬反対 ”デモ” には若者が少ないのか

    バブル時の現役世代は、現況を物足りなく感じている。
    就職氷河期世代は、民主党政権での悪夢を覚えている。
    その後の若者世代では、雇用等に対する満足度が高い。

    ネット空間では情報がより正しく共有化され、社会に疑問(“でも”)を呈する若者が減少した。

  18. sqsq より:

    今回の騒ぎは自然発生的に起こったとは思えない。

    どうも「XX新聞」あたりが後ろで動いている気がする。

  19. 門外漢 より:

    >なぜ国葬反対デモには若者が少ないのか

    これは60年代に粋がって左巻きを演ってた連中がそのまま歳を取ったってことですね。
    参院選でも旗を持ったり、ビラを配ったりしてた動員さんは、その手の方たちでした。年寄りをあんなに酷使してはいけません。そのうち国連から勧告されますわ。
    尤も若い人はネット情報源がありますから、号令を掛けられてもそうは動きません。
    これではならじと、一時は若者が自発的に立ち上がった(設定の)シールズなんてのを押し出してみたんですが、実態は党幹部の2世・3世で構成なんて、どこの太子党だよって話です。
    あの時も動員さんを使って「若い人もなかなかやりますねエ」とか「これで日本も安心だ」なんて触れ歩いてたもんですが、続きませんでしたねエ。
    うちの町内の某共産党シンパの小父さん(お爺さん?)も、日焼けして真っ黒ですww

  20. 攻撃型原潜#$%&〇X より:

    日本のマスコミは少数の国葬反対派のデモや意見のみ流し、大多数の国葬賛成派のニュースは一切流していない。 こんな極端な情報操作はあるだろうか。このような姿勢のマスコミが行う国葬に関する世論調査を信じられるのだろうか。
    中立であるべきNHKでさえ一方的に反対派の言動をニュースで取り上げるのみです。なにが「皆様のNHK」だ、「皆様の反社会NHK」と変えるべきと思います。

  21. 同業者 より:

    ほとんどが学生運動崩れの連中だからじゃないですか?
    彼らの属性は道徳の欠如と暴力支配ですから、何をしでかすかわかりません。
    カルト教団のようなものです。

  22. WindKnight.jp より:

    今の若者は、「政治が変わる」ことを知っていますがね。
    安倍氏の功績の一つは、民主党政権が掘った墓穴の埋め戻しですから。
    その過程で救われた人も多いでしょう。

    だから、(立憲)民主党の議員には、
    「自戒」「反省」「けじめ」「総括」という意味でも、
    国葬に出席すべきだと思ってます。

  23. 引きこもり中年 より:

    「ネットでは、一部の過激意見が多数派に見える」
    「オールドメディアの高齢者のデモ写真は、アングル次第で国民全員がデモしているように見える」
    蛇足ですが、オールドメディアの自民党批判は、依存症になってしまったため、(内容に関係なく)批判し続けることに意味がある、と思っているのではないでしょうか。

    1. より:

      > 批判し続けることに意味がある

      というよりは、批判し続けることしかできなくなっていると言うべきでしょうね。
      政府の動きや政策に賛否両論が常にあり得るというのは、ある意味で当然だと思いますが、特に左巻きと言われるメディアは、政府が何をしようが批判することしかしてきませんでした。とにかく政府のやることなすこと全てにケチを付けることこそが「じゃあなりずむ」の任務であると固く信じているのでしょう。その時点ですでに思考停止に陥っていることには考えが及ばないに違いありません。

      余談:
      「批判(critic)」という語は、本来の意味として、「徹底的に分析した上で考察を加え、対象の実相を表そうと試みるもの」という含意があります。カントの『純粋理性批判』などで言うところの「批判」はまさにそれです。その意味では、メディアなどが行っている「批判」は到底批判とは呼べず、単なる「非難(abuse)」と呼ぶべきでしょう。

      1. 引きこもり中年 より:

        龍 さま
        英語のcriticとabuseは、漢字(中国語)、韓国語、朝日新聞語の批判、非難とは別ものと、考えた方がよいのではないでしょうか。朝日新聞語だと「批判は朝日新聞が他人にするもの」、「非難とは他人が朝日新聞に不当にするもの」という意味になるからです。
        蛇足ですが、高齢者のデモは、叫んで歩くことによって、言霊効果や洗脳効果で、願いが実現すると思っているのではないでしょうか。だから「この世は、お花畑であれ」と叫んでいれば、この世がお花畑になるか、お花畑の共同幻想の世界になるのです。だから、その共同幻想の世界を壊すことは最大の罪になるのです。

        1. より:

          実態としては仰る通りであると思うのですが、朝日新聞や左巻きの方々は自分たちが正しくcriticを行っているのだと思い込んでいるあたりが救いのないところです。だからこそ、「自分たちは正しい。なぜならば自分たちは正しいからである」という大前提(実は単なる錯誤)に基づくご高説を平気で垂れ流せるのです。
          ただ、そんなご高説(ご託宣)を鵜呑みにしてしまうような人たちは、おそらくですけれども、「批判」と「非難」の違いなど理解していないのでしょう。だって、ご託宣を垂れ流しているご本人も理解していないのですから。

          かねてから、朝日新聞は戦前戦後を通し、一貫して全体主義を賛美し続けた新聞であるという説を唱えてますが、「自分たちは~」というのは典型的な全体主義的思考法です。これだけを見ても、いかに朝日新聞の論調が全体主義と親和性が高いかを見事に表していますね。

          余談:
          ネットの発展によってもたらされたマスメディアによる情報発信の独占状況の解体を多くの方が非常に肯定的に捉えているようですが、個人的には情報発信の独占が崩れることを歓迎しますが、そのことによって「より良い世界」になるかと問われると、少々懐疑的です。というのも、上記に挙げたようなご託宣を真に受けていたような人、さらにはその受け売りを得々として語り、あたかも「自分はよく考えているんだぞ」と思いこんでいたような人たちが、突然「正確な情報」を識別できるようになるとは思えず、むしろ情報源が多岐に渡ることによって「惑わされる」ことばかりがかえって増えるのではないかということを危惧しているためです。そうなれば、「より良い世界」どころか、「より分断された混沌とした世界」になりかねないのではないかと思うのです。

        2. 門外漢 より:

          朝日の社是は「自民党政治の否定」なのだと、かつて某主幹が述べていました。
          だから自民党政府が何をしようと反対なのです。その点では一貫してます。

  24. 小市民 より:

    統一教会と醜い癒着があったなら統一教会にデモして下さい

  25. DEEPBLUE より:

    二昔前は民青に若い女性がいてノンポリホイホイしてたらしいですが、今や自称ギャルしか共産党にはいないらしいですね。
    まあ1例でもシンパがいたら多数のように取り上げるので問題ないのでしょう

  26. トーシロ より:

    不安なのですが、最近は国葬反対が若年者でも増えていると聞いたのです。

    海外要人も参列を渋る様子と記事を数件見て心配です。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。