防衛白書でウクライナ情勢を解説:韓国は即刻撤回要求

政府は本日、令和4年版の防衛白書を閣議で了承したそうです。産経によると今回の白書ではウクライナ戦争に関する章が設けられたほか、ロシアの中国との接近や中国軍のAI化、将来的な台湾危機の可能性への警戒が指摘されたそうです。また、隣国メディアの報道によると、韓国政府はこの白書をめぐって「即刻撤回」を要求したのだとか。

令和4年版の防衛白書、閣議了承

首相官邸ウェブサイトによると本日、『令和4年版・日本の防衛(防衛白書)』が閣議で了承されたそうです。

令和4年7月22日(金)定例閣議案件

―――2022/07/22付 首相官邸HPより

その肝心の内容については、現時点ではまだ防衛省のウェブサイトにはアップロードされていないようであり、私たち一般国民が原文を直接読むことは、まだできません。ただし、その概要についてはすでにメディアが報じています。ここでは産経ニュースの次の記事を紹介したいと思います。

日本周辺の露の動き「懸念を持って注視」 中国の軍事動向にも警戒感 今年の防衛白書

―――2022/7/22 10:08付 産経ニュースより

ウクライナに関する章を追加、中国に警戒感

産経によると、防衛白書では今年2月に発生したロシアによるウクライナ侵攻やその国際情勢に与える影響について解説した章を追加したほか、台湾についても「力による現状変更は世界共通の課題」と初めて表記し、「将来的に台湾侵攻の可能性も指摘される中国の軍事動向に警戒感を示した」のだそうです。

防衛白書はまた、ウクライナ侵攻をめぐって、「ロシア軍がウクライナ側の抵抗や軍の能力を楽観的に見積もった」などと指摘しつつも、ロシアの国力が中・長期的に低下するとの予測を踏まえ、「中国との関係をさらに深化させる可能性がある」、などと指摘したのだとか。

さらには中国についても「先端技術の獲得による軍隊の『智能化』(AI化)」が進んでいるなどとの指摘も盛り込まれたのだそうです。

このあたり、日本を取り巻く安全保障環境が厳しい状況にあるという事実を、白書が率直に認めるような時代になった、ということであり、白書のなかの正確な現実認識も、ある意味では故・安倍晋三総理の置き土産のようなものかもしれませんね。

中央日報「韓国政府が即刻撤回を要求」

ところで、白書のレビューは公表されて以降に改めて実施するとして、ここでは隣国メディアの反応についても取り上げておきたいと思います。

日本防衛白書、18年連続「竹島は日本領土」…「日韓連携が益々重要」の記述も

―――2022.07.22 11:07付 中央日報日本語版より

韓国政府、日本防衛白書発表に「独島の領有権主張に強く抗議、即刻撤回を要求」

―――2022.07.22 11:51付 中央日報日本語版より

【写真】韓国外交部に呼ばれる林誠政務公使

―――2022.07.22 11:58付 中央日報日本語版より

要するに、隣国メディアとしては韓国が不法占拠中の島根県竹島を「日本固有の領土だ」と述べた部分に突っかかっている、ということです。

そもそも韓国が他国の領土を不法占拠している時点で、日本とは基本的価値(自由・民主主義・法の支配・人権)を尊重する国とは言えませんが、その事実を指摘しただけで白書の撤回を要求するような相手国と、本当に連携すべきといえるか、大いに謎と言わざるを得ないでしょう。

なお、余談ですが、昨年の防衛白書では、日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)では韓国が明示的に除外されているというのも興味深い点でしょう。

【参考】FOIP

(【出所】令和3年版防衛白書)

個人的には、今年の防衛白書で韓国とのハイレベル防衛交流が復活しているのか、復活していないのか、といった論点についても確認してみたいと考えている次第です。

読者コメント一覧

  1. G より:

    そういえば、外相会談を受けて竹島への表現が若干配慮されるかもとか、勝手な妄想を韓国メディアは期待してましたね。
    外交白書なんて、既に刷り上がってて閣議決定を待つだけだからそんなすぐに変わるわけないのに。

  2. 七味 より:

    調査船に抗議したときは、「定例行事に文句言うなんて関係改善の機運を蔑ろにしてる」みたいなこと言ってなかったかな?

    おんなじ文脈で、韓国のマスコミは、韓国政府に文句言うべきだと思うのです♪

    1. 門外漢 より:

      ヒント:ネロナムブル

  3. 世相マンボウ_ より:

    日本の白書に反論という
    インネン付けてくる呆れた姿勢が
    まさに韓流というものですなあ。

    「こそ泥が盗もうとしてる」
    ことを述べたら(今は)
    ウリの手元にあるものニダ
    だから おまえこそ こそ泥ニダと
    言ってきているようなもので、
    対等に相手にしてあげること自体が
    おかしな 韓流というものなのでしょう。

    ちなみにこの件を
    韓国のポータルサイトネイバーで
    『日本政府が今年発刊した「防衛白書」を通じて
     独島領有権の強引な主張(??!!)を
     18年連続で繰り返しました。』との記事の
    韓流本国のコメント欄が 
    有名なカイカイ掲示板で
    翻訳紹介されています。

    そのごく一部を引用すると・・・

    『過去を反省しない厚かましい国との協力は必要ない
     日が沈むように衰退しつつある日本とはなおさらだ』
    『地球が滅亡する日まで手を握ってはならない国だ
     日本が韓国を助けたことがあるか?』
    『日本が独島に手を出すなら仕方がない
     我々は日本の本土に手を出す』
    『本気で核で一発殴りたい!』
    『今回、東京にミサイルを一発撃て』
    『独島は我が領土!
     対馬も我が領土!
     韓国の方が日本より対馬により近い』

    ・・・とまあ、
    日本国内での韓流ゴリ押しの人たち
    の言うこととはツートラックどころか
    まったく異なるホントの韓流の姿が
    あらわになっています。

    まあ、檻に入った危険で臭う猛獣を
    安全にガラス越しに観察できる
    動物園のような観賞価値はあるものです。
    暇つぶしに ぜひどうぞ。

    1. j より:

      お疲れさまです。

      以前はよく見ておりました。
      同じようなことを言っているばかりなので、最近は見ておりません。

      キムハゲさんがおっしゃってました。
      「韓国には、思ったことを全部言ってしまう文化がある。それがいやだった。日本には、そういうのがない。」

      「それを言っちゃぁおしまいよ。」という言葉もございます。
      人間関係を続けたいのであれば、言ってはいけない。
      日常生活でも、言わなくて良かった。そういう場面は、よくございます。

      そういえば韓国人は、日本人が一番嫌がることをたくさんします。

      競馬から距離をとった方が、日本人にとって良いと私はおもいました。

      1. 世相マンボウ_ より:

        jさま コメントありがとうございます。

        おっしゃるとおり、
        動物園の猛獣珍獣も一度は行って
        おくことは有用ですが
        毎日見にいかなくても
        知っておけば十分ですからね。

        韓流方面は、
        ごく一部のネトウヨ発言元にあたかも
        向こうは友好求め紳士的なのに日本の巷では・・・
        との印象操作をなさってます。
        吽国際政治学者の 増すピカよう言ぅっち 
        さんとかの面々は、韓流の 嫌日・反日どころか 
        倒日・斬日の実態を 一番よおく
        ご存知なはずなのに隠して
        『実態を知らぬ“嫌韓”の罪深さ』とかの
        表現などで韓流に譲歩せよ的な主張
        を続けてしまってます。

  4. sey g より:

    竹島を日本の領土と言うだけでなく、また韓国の不法占拠と言うだけでなく、次の様に付け加えてほしい。

    韓国の不法占拠は、国際司法裁判所から逃げ回る事をみても明らかで、逃げ回るのは司法で勝てないのを理解しての事。
    等、韓国を煽りまくる記述が欲しかった。

    1. 世相マンボウ_ より:

      WEB上に、
      自称従軍慰安婦や竹島不当上陸や
      その他モロモロの韓国の嘘捏造を
      体系だって解説展示する各国語での
      『韓国捏造博物館』構想をどこかが立ち上げ
      開設してほしいものです。

      今までないのが不思議なぐらいですが
      いざ作ろうとなると、
      企業が主体だと、不買運動や
      潜入した内部からの裁判沙汰起こしなど
      嫌がらせで難しいことが想像されます。
      団体設立しても、先頭立った著名人は、
      色仕掛け攻撃や引っかからなくても
      でっちあげられ葬られるリスクから
      やはり相手にするには大変すぎる
      ことが想像に難くありません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。