安倍総理の国葬を今秋実施=産経

本日の速報です。産経ニュースによると、政府は安倍晋三総理の「国葬」を今秋に実施すると報じました。事実だとすれば歓迎すべき話です。なぜなら、史上最長の在任期間を通じ、安倍総理は全世界に友人を持っているからであり、これらの友人が安倍総理のために日本に集まってくれることが、安倍総理の遺志を継ぐうえで大変に重要だからです。

今朝の『「その遺志を世界に」:安倍総理「国葬」が必要な理由』でも取り上げたとおり、安倍晋三総理の国葬には、非常に大きな意味があります。安倍総理の友人が全世界にいるため、これらの友人が安倍総理のために東京に集うこと自体、安倍総理の遺志を全世界規模で継承する機会とすることができるからです。

安倍総理は第二次内閣発足以降だけでも81回も外国を訪問(外務省ウェブサイトの『総理大臣の外国訪問一覧』参照)したほか、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)を提唱し、日米豪印4ヵ国「クアッド連携」の基礎を作るなど、日本の外交と安全保障にも多大な貢献をしました。

このように考えていくならば、とくにFOIPの理念に賛同する諸国の首脳や首脳経験者を集めること自体、FOIPの概念やその必要性を、より世界全体に示すことにつながりますし、また、FOIPの理念に必ずしも賛同しない国も、間接的にはFOIPの大きさを痛感することができるからです。

また、『安倍総理への追悼文は1700件以上:世界各地で追悼』でも触れましたが、安倍総理を追悼する動きはむしろ全世界にも広まっています。

こうした状況を踏まえるなら、日本が国葬を実施すること自体、むしろ自由、民主主義を愛する諸国を含めた全世界に対する責任でもあるのです。

こうしたなか、非常に良い報道がありました。

安倍元首相の「国葬」を今秋実施へ

―――2022/7/14 17:20付 産経ニュースより

産経ニュースの「速報」によると、政府は安倍総理の国葬を今秋実施する方針を固めたのだそうです。

大変短い文章でもあるため、「誰がどう検討しているのか」、「規模はどの程度なのか」など、これだけでは状況はよくわからないのですが、いずれにせよ、これが事実だとしたら、とりあえずは歓迎したいところです。

続報を待ちたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    国葬とのことですが、反安倍は猛反発するでしょう。コロナがーとか言って一般人にも受け入れやすい理由をつけそうです。
    まあ、コロナを理由にするなら海外の観光客受け入れをまず止めろとなるのですがね。

    1. ナニガシ より:

      まあ、反安倍に国葬に値する人はいませんから。仕方ないかと。
      今度こそ警備は厳重にしてほしいですね。

  2. 引きこもり中年 より:

    素朴な疑問ですけど、安倍元総理の国葬は、本人の生前の希望を忖度して靖国神社で行うのでしょうか。

    1. 引きこもり中年 より:

      すみません。追加です。
      鳩山由紀夫(元)総理も菅直人(元)総理も「自分たちも死んだら、国葬にしろ」と言い出すのではないでしょうか。

      1. 通りすがり より:

        本人の生前の希望というソースはなんでしょうか?
        忖度だなどとこの期に及んでそこまで言われるんですか?
        常識を疑う。

        1. 引きこもり中年 より:

          どんな人でも、お亡くなりになる瞬間に、どう思っていたのかは、推測するしかありません。(どうせ、「安倍元総理も、最期の最期に改心して、考えを改めた」と言い出す人がでてくるでしょう)

          1. 通りすがり より:

            まぁあなたが何を妄想しようと勝手ですがね。

      2. 匿名 より:

        告訴ではどうでしょうか、札幌高裁なら賠償金たんまり取れそうですね。

  3. 元一般市民 より:

    いやぁ、安倍総理の国葬だけでなく原発9基の稼働まで明言しましたよ。
    139円30銭まで進んでいた円安が、138円80銭までいきなり押し戻されました。
    国葬は、法改正が必要だとも言われていますが、これをやりとげたら、嫌いだった岸田さんをちょっと見直すことにします。

    1. ビトウ より:

       コメント失礼します。

       >元一般市民様

       岸田総理は安倍総理暗殺で心境の変化でもあったのでしょうか?ともあれ国葬に原発再稼働指示は有難い次第です。
       弔問外交で友好国との絆をさらに深めて欲しいです。

      1. 匿名 より:

        横から失礼します。

        根拠と言えるほどの根拠は無いですが、元々、岸田総理と安倍元総理は対立していたというよりは、結構近い間柄だったように思います。
        「宏池会だから」などという、どれほど根拠になるのか怪しいイメージだけで、岸田総理が判断され続けていただけで。

        これも、ネットの書き込みで見ただけなので真偽は不明ですが、お酒の飲めない安倍元総理の代わりに、岸田総理が飲んであげていたとかいうエピソードも見掛けました。
        仲良かったのかも知れません。

        岸田総理がやっていたことって、スピード感はともかく内政も外交も一貫して安倍路線の踏襲です。
        岸田総理はのらりくらりと目立たないように回避楯の役割をしつつ、裏では安倍元総理に相談して、そうしてステルス安倍政権の構造を作り上げていた。
        そんな可能性というのも、あるのではないかと思います。

        それが、安倍元総理という相談相手がいなくなり、岸田総理は否応なしに存在感を出していくしか無くなった。そんなところではないかなあとか、少し思っています。

        1. より:

          安倍先生の凶報の後の岸田先生の表情(本部に戻る時だったか)が安倍先生と岸田先生の繋がりを示していると思っています。
          秋の内閣改造で岸田先生の方向性が推察できると思います。

    2. 名無しのPCパーツ より:

      個人的には原発再稼働の方がインパクトありますね。
      広島から出てるのに再稼働を決断したのはなかなか大きい。

      1. 通りすがり より:

        中国電力管内の島根2号機は既に再稼働の認可が出てますし、岸田だからどうこうというようなことでもないと思いますよ。

        サハリン2の件で広島ガスが困っているのでなかなかそっちは決断できないようですがw

      2. 匿名 より:

        本来なら核を平和利用するということで問題ないのですがね、あの人たちのマインドは失敗から学ぶのではなく失敗したら失敗から逃げるですからね。

        1. 通りすがり より:

          >失敗から学ぶのではなく失敗したら失敗から逃げるですからね。

          近畿大学で安倍さんが行ったスピーチを100回くらい見せた方がいいですねw
          長いこと安倍さんの直近で働いて何を学んだのやら。

    3. 匿名 より:

      驚きましたね。吹っ切れたというか、総理になりたいだけの人間だと思ってましたが、総理として何をやるのかが重要だと、思い直したのではないか。
      心境の変化なんでしょうね。

      1. 通りすがり より:

        安倍さんが暗殺されたことによって変化したのなら、これほど皮肉なことはないですね。
        岸田の首相就任以降、安倍さんが岸田の尻を散々叩いてきたもののほぼ暖簾に腕押しのような状態が続いてきましたが、ここにきてようやく…。
        結局命を懸けてやった安倍さんの最後の仕事になってしまった、ということだと思うとやり切れません。

        どれほどの決意と覚悟を以てこの先海千山千の連中と渡り合って行くのかはお手並み拝見、というところですが、安倍さんのように四方八方をならず者に囲まれても、一度失敗したくらいではへこたれずに再び立ち上がれる程のメンタルの持ち主であるかどうかは微妙ですけどねw

        しかし安倍さんのような強い意志を以て政権・国政運営に注力すれば、麻生さんや菅さんなどの安倍政権を支えた実力者が必ず助けてくれるでしょうし、次回衆院選でも日本に仇為す抵抗勢力を更に討ち減らすこともできるでしょう。

    4. りょうちん より:

      >国葬は、法改正が必要だとも言われていますが

      法律上、「国葬」と定義されるものが無いと言うだけで吉田茂の場合でも閣議決定で国葬と言ったものの、大勲位などの合同葬と事実上何が違うのかというと特に法律上の差は無いのでしょう。
      政治的には大いにありますが。

  4. 匿名 より:

    トランプさんには是非とも来てほしいですね。

    1. はにわファクトリー より:

      トランプ前前大統領には是非とも来日していただきたいと当方も思います。
      それこそが、嘘を塗り固めた現代アメリカ政治へのカウンターアタックとして有効と思います。安部元首相の人徳が示されることになることでしょう。

  5. より:

    個人としては国葬、もしくは準ずる形で行って欲しいです。
    その席で、弔問や弔電を送ってくれた多くの国の指導者たちが一堂に会して外交を行えば、少しは今よりも良い世界になると思う。
    そうなれば安倍先生も少しだけだろうが安堵すると思う。

  6. 迷王星 より:

    安倍晋三という政治家は,戦後の日本の総理大臣として最も(つまり国葬で送った吉田総理よりも)グローバルな視野を持って戦略的な外交を繰り広げ,国際社会における日本への信頼を少なくとも戦後に限れば(というのも戦前の国際連盟の常任理事国に選ばれた時の日本への信頼度がどれほどであったかは知らないので戦後に限定しますが)未だかつてないほどに高めて国際社会における日本の存在価値や地位を確かなものに確立して下さった日本のリーダーだったお方なので,国葬でお送りするのが筋ですし,その筋がきちんと通されると決まって本当に良かった.

    死去の報から時を措かずして日本外交にとって極めて重要な諸国の元首や行政トップの方々から届けられた無数のお悔やみの言葉などによるプレッシャーによって岸田内閣として国葬でお送りすると決めたのでしょうが,とにかく大宰相と呼ぶに相応しい日本が世界に誇れる稀有なリーダーをきちんと日本という国家としてお送り出来ることになって安心しました.

  7. 一之介 より:

    国葬は大変良いことだと思います。が、日本国の為に全然まともに仕事をしていない諸悪の根源の外務省と財務省は、なんて事するんやって内心憤慨していると推察します。各国との調整大変やん。お金かかるやん。とかとか。警察庁は汚名挽回、警備に一層気合がはいるでしょうね。と、心が曇っている私はごく自然にこんな事を思ってしまいました。

    1. 匿名 より:

      >警察庁は汚名挽回

      恥の上塗りはやめて…

      1. 匿名 より:

        警察力の低下をお望みなんですか?

        1. りょうちん より:

          いやこの文章見て「皮肉」でわざと書いたと理解出来ないと…。

    2. Atsh より:

      一之介さま
      汚名は返上です念の為。

      記事更新ありがとう御座います。名宰相のお別れ、公民として恥じぬお見送りをしたいものです。そして仰るように憤慨する親中の虫を見定めるときでもありますね。

      1. ねこよん より:

        汚名挽回は…誤用ではないですよ。

        1. わんわん より:

          おっしゃるとおり
          https://news.mynavi.jp/article/20220519-2347556/
           誤解をまねかないために「汚名返上」「名誉回復」を使用した方がよろしいかと思います

          1. わんわん より:

            ごきげんよう の時間なのに寝惚けてた
            「名誉回復」→「名誉挽回」

  8. 通りすがり より:

    国葬も決まりましたし、これからどんな人間がこれについて異議を唱えるのか、注視しましょう。
    そいつらのうち反対する理由を合理的に説明できない者は、今後の日本国民の敵認定でよろしいかと。

  9. 福岡在住者 より:

    肌感覚で普通に国葬ですよね。

    現政権の対応が3周遅れなのが、残念です。 例えば半旗を掲げるタイミングとか。 
    自民党議員の中には、選挙目的で安倍首相に賛同ていた「ナンチャッテ(へへへ)」議員も多いのでしょうね。 これから精査しましょう。 

    「肥溜め議員」より少しだけマシな「三角コーナ議員」の選択を考えましょう!というブログ主の主張ですが、自民党関連で「肥溜めの元締め」的議員・秘書・政治団体がいることは事実です。
    本日、飯島さんがTVに出ていましたが、元「肥溜めフィクサー」が堂々と表に出て来られるのも、残念ですね。 

    だったら小泉の奇行を引きずり下ろせよ!ですが、今では全く影響力がない。  

  10. 匿名 より:

    ヤフコメを見ると、安倍元総理=もりかけさくら、みたいな認識の人が驚くほど多いんですね。
    他人の優れた功績や人格などを素直に評価して優しい気持ちで生きられたら幸せに暮らせるのに、他人の些細なミスやエラーに目くじら立てて、イライラしながら自分自身で不幸になっていく、そんな風に見えてしまいます。なんでなんでしょうかね。

  11. 世相マンボウ_ より:

    国葬決定の報道に 
    今回の暗殺事件が銃弾で命を奪う
    人類と民主主義への災いであるにも関わらず
    少数のご自身の思い上がりの鬱憤たぎらせ
    自己逃避に走っていたそんなこんなの人たちは
    『なんてことだ 世も末だ』と滑稽に
    悲鳴を上げています。

    日頃言論に富に寛容な日本は
    先進国では取締法まで現存する共産党を
    オウム真理教と同じ公安指定にとどめてあげて
    政党としても扱って上げるという過剰サービスです。

    その支持者は世界が羨む社会保障制度の恩恵に
    もっとも浴している役立たずだけでなく
    デマのようなデモに参加してしまっている人たち
    がほとんどと知られているにもかかわらず
    なのです。
    テロへの種を蒔いた『あべがあ』を反省するどころか
    さらに勢いづいて多数派国民良識層の支える
    平和な日本を既存しようとのよこしまな心根には
    彼らのリアル社会での位置づけに正しくみあった
    ふさわしい厳しい位置づけで扱って上げる必要が
    あると考えます。

  12. 理系初老 より:

    橋下が出演していたのでBSフジ避けていましたが、菅さん見たさに昨日見ました。彼が安倍さんの思いを継ぐと確信できました。岸田さんのケツを引っぱたいてくれると。
    安倍さんの国葬では、トランプさんとモディさんだけでなく、台湾総統にも来ていただきたくべきですね。G7とオーストラリアは当然です。韓国はいろいろとお忙しいでしょうから、無理しなくていいですよ、本当に、心から。

    1. 匿名 より:

      橋下徹は阿部元総理の死は納得いか無いと言ってるが、視点があっちの方向。

      自然死やかなり高齢で無い限り、納得する死など無い。

  13. 元日本共産党員名無し より:

    国葬は必要でしょうね。更に安倍晋三神社を造って封じる必要があると思います。神社建設はさすがに政府では出来ないのでどこかの神社が安倍晋三神社建設の願主になって全国から寄付を募って10年でも30年でも時間かけて募金を集めて。

    1. 元ジェネラリスト より:

      クラウドファンディングやればすぐ集まりそうな気がします。

  14. 普通の日本人 より:

    国葬は行って頂きたい。
    いろんな意見があることは正常な状態だと思います。
    100%なんて北のかりあげだけでしょう。
    長く戦後の縛りがあったアメリカの追従でしか無かった日本を独り立ちの方向性を示しました。
    それもアメリカの賛成の元で。十分に国葬に値します。

    ところで宗教の危険性は歴史が証明しています。
    ・元国税局員が記した貨幣経済黎明期に天皇が出した5通の通知は3通が宗教団体
      経済に大きな影響を持つ宗教団体が千年以上前から有った。
    ・キリスト禁止令を秀吉が出したのはポルトガルの植民地政策対抗、日本人奴隷の禁止
      最近の資料発掘により世界との繋がりが見えてきています。
    ・ロシア正教会がプーチンにお墨付きを与えウクライナ侵攻を後押し
      宗教が絡んだ戦争は数多し
    この様に宗教は危険性が非常に高い事がわかります。
    せめてお金の流れを掴むためにも一般人なら普通のことである収入に税金を掛けてください。
    統一教会だけで無く都会の寺の坊さんは良い車に乗ってますよ。
    当然本部への上納金も多く、更に彼等の中での慶弔袋は膨らんでいます。
    宗教を野放しにして良いことは無いと考えます。
    本気になって考えませんか

    1. ねこよん より:

      どちらかというと、宗教の名を借りたサイレントインベージョンじやないでしようか。

      統一教会、エヴァが日本でアダムが韓国、天皇はサタン…こんな韓国の宗教とズブズブって(ため息
      しかも、表の顔は保守で裏では韓国のサイレントインベージョンに手をかしてたとか…悪質すぎ

  15. わんわん より:

    【速報】安倍元総理の県民葬 知事が実施の意向示す(KRY山口放送)
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/0fd18567db26fd42b0f848e27a5cb83de90beb54&preview=auto

     県民葬も行うようですね

  16. いたちくん より:

    世界的な政治家安倍晋三であるならば、世界葬でしょう。
    その方法は、世界からクラウドファンディング方式で資金を募る。
    その金額が安倍晋三元首相の世界的評価となり歴史に残る。

    国葬令は既に、廃止され閣議決定だけでは合法的に国の資金を使えません。

    この点クラウド不安ディングですたら文句を言う反対論は出ません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。