安倍総理暗殺事件巡るメディア報道「3つの不自然さ」

安倍総理の暗殺を生んだのは、一部のメディア、政党、自称知識人らによる、権力者に対する行き過ぎた批判にあったのではないか――。著者自身は暗殺事件以来の2日間で、こんな仮説を持つようになりました。そして、このこと自体は当ウェブサイトが以前から持っている問題意識とも密接にかかわっているのですが、本日は選挙当日ということもあり、その核心の部分については、本日に限定して伏せたいと思う次第です。

選挙当日になりましたので記述があいまいな部分があります

最初にお断りがあります。

本日は参議院議員通常選挙の投票日であるため、公選法の規定に基づき、「インターネットを通じた選挙活動」ができませんし、また、それに該当するとみなされる行動については厳に慎む必要があります。

このため、本来であれば「特定の政党・政治団体」を名指しして批判したいところであっても、我慢してその政党・政治団体の実名を伏せている箇所がありますので、この点についてはご了承ください(ただし、リンクをたどっていけば内容がわかると思いますが…)。

安倍総理暗殺事件で「不自然な3つの点」

以上を踏まえて本論です。

一昼夜経過すれば、平常通りに戻れるのかと思っていたのですが、やはりまだ難しいようです。

8日に発生した安倍晋三総理の暗殺事件から丸2日が経過しますが、それでもやはりまだ著者自身も大きな衝撃をひきずっていて、なかなか頭を切り替えていくことができない状況が続いています。

こうしたなかで、メディアの報道をめぐって不自然な点が、少なくとも3つあります。それは、いくつかのメディアが「暗殺という用語をかたくなに使わないこと」、「自衛隊をやたら強調していること」、「特定宗教団体とのかかわりを強調していること」です。

最初の論点が、「言葉の問題」です。具体的には、この暗殺事件をめぐって、ほとんどのメディアは「襲撃事件」「銃撃事件」などと報じているのです。これに対し、海外メディアの多くは「暗殺」(assassination)という用語を使っています。

日本のメディアはなぜ、「暗殺」という用語を使わないのでしょうか?いったい何に忖度(そんたく)しているのでしょうか?

次の論点が「自衛隊」です。いくつかのメディアの報道によれば、容疑者が「元自衛官」であり、暗殺という凶行に及んだ理由は安倍総理が「特定の宗教と関係を持っている」からだと供述している、などと報じているのですが、これも焦点を当てるべきポイントが間違っていないでしょうか?

産経ニュース『海自護衛艦で勤務 逮捕の山上容疑者と同一人物か』によると、そもそも容疑者が自衛隊に採用されたのは、今から約20年前の2002年8月のことであり、しかも期限3年の「任期制自衛官」に過ぎませんでした。どちらかといえばその後の職歴・活動歴などの方が重要でしょう。

「安倍総理と統一教会の関係」

さらには、安倍総理が「特定の宗教団体と関係を持っている」というのも、あくまでも容疑者が供述している内容に過ぎないのですが、ツイッターなどのSNS上では、この部分が独り歩きしているフシもあるようです。

ウェブ評論サイト『アゴラ』に昨日付で掲載された『安倍元首相を暗殺した動機は「統一教会への恨み」?』によると、「安倍総理が統一教会と関係を持っている」とする言説を流していたのは特定の政党や「左翼系メディア」なのだそうです(※具体的な党名についてはリンク先記事で直接確認してください)。

この「安倍総理が統一教会と関係を持っている」とする主張をめぐっては、事実なのか、事実ではないのかについて個人的に裏付けが取れていないのですが、一般に「関係がないこと」を証明することは不可能ですので、この「安倍総理=統一教会」説は、「もりかけさくら」と同様の「根も葉もない噂」という可能性が最も濃厚です。

しかし、こうした「自衛隊」、「特定の宗教団体(統一教会?)」といった風説を、大手メディア自身が好んで流しているのだとしたら、本当に日本のオールドメディア(とくに新聞・テレビ)は根元から腐っていると言わざるを得ません。

いずれにせよ、「暗殺」の用語を頑なに使わないこと、容疑者について「自衛隊」をやたら強調すること、さらには安倍総理があたかも「特定の宗教団体」と関係しているかのごとく印象操作していることなどを眺めれば、日本のメディアが社会から急速に信頼を失っていことと無関係ではありません。

朝日新聞が「もりかけさくら(MKS)」と絡めて議論

こうした流れで取り上げておきたいのが、こんな話題です。

森友・加計、桜…「負の遺産」真相不明のまま 安倍元首相が死亡

―――2022年7月9日 6時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より

これには素直に驚きました。

安倍総理の暗殺を、例の「もりかけ・さくら」(MKS)とわざわざ絡めて、しかもそれを「真相不明のまま」などと述べた記事です。

そもそも論として、これらの問題は、事実上、朝日新聞を含めた特定メディアや特定野党を中心とした、捏造・歪曲・誇張などに基づく言いがかりであり、また、論破されたら次々と論点をずらすという、どこかの国とソックリな「ムービング・ゴールポスト」のようなものです。

「もりかけ問題」に限定していえば、これは「安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的友人に対し何らかの違法な便宜を図った疑い」のことですが、これを舌鋒鋭く追及してきた朝日新聞自身が、いったい何が問題なのかを明らかにしないまま、「怪しい」「疑わしい」を繰り返してきたものです。

近代主権国家では当たり前の話ですが、ある人が「有罪である」と決めるためには、捜査当局が犯罪の事実の証拠を積み上げ、刑事裁判で認められる必要がありますし、こうしたプロセスをすっ飛ばして、「怪しい」「疑わしい」のことばだけである人を犯罪者にしてしまえば、それはどこかの国と同じ未開国家そのものです。

それも、国会を空転させながら、論点をひたすらずらし、延々5年間も繰り返す方が問題です。

安倍総理に危害を加える発言を容認してきた人たち

安倍総理の暗殺が生じた背景には、まさに朝日新聞を含めたメディアが「安倍(総理)に対してなら、どんな攻撃をしても許される」といった社会的な雰囲気を作り上げてきたことと、やはりどう考えても無関係ではありません。

その意味で、メディアが「暗殺」という用語をかたくなに使わず、積極的に「容疑者は自衛隊出資」、「特定宗教団体」などと繰り返すのは、今回の事件が発生するに至った責任の一端が自分たちにもあることを、暗黙の裡に自覚しているからではないかと思うのです。

さらにいえば、安倍総理に対し危害を加えるかの発言を平気で行ってきた者たちの存在も、罪深いものです。

『女性自身』という雑誌のウェブ媒体版によれば、とある政治団体の演説会で、「麻生、安倍、森の飛行機が墜落、助かったのは日本国民」などとする、大変に不謹慎な発言が飛び出した、という事件がありました。

誰がその発言をしたかについてまで引用してしまうと「選挙活動」に該当する恐れがありますので、本稿ではそのリンクを示すにとどめます(タイトルもあえて伏字にしています)が、こうした活動も、結局のところはその政党・政治団体などの本質を示すものなのでしょう。

「麻生、安倍、森の飛行機が墜落。助かったのは日本国民」●●●●●●の応援演説での“不謹慎ジョーク”に批判殺到

―――2022/06/09 06:00付 女性自身より

こうしたなか、当ウェブサイトでは『安倍総理銃撃:民主主義の脅威・テロを絶対に許すな!』などのなかで、「テロを許してはならない」と申し上げたところ、一部の読者の方からは「何をどう許してはならないのか」、といった疑問が提起されているようです。

これに関しては、ここまで議論からだいたい明らかになったのではないでしょうか(※これ以上申し上げると公選法に抵触する可能性も出てくるので、このあたりにとどめておきたいと思います)。

現代日本の問題そのもの

いずれにせよ、今回の安倍総理暗殺は、現代日本の問題そのものではないかと思います。

もちろん、安倍総理自身、とくに2012年12月に第二次内閣を発足させて以来、2020年9月に退任するまで、史上最長の政権を維持していた実績を持っており、最近では自民党内最大派閥の会長に就任するなど、「権力者」であったことは事実でしょう。

そして、日本は民主主義国でもありますので、権力者に対する批判は、人格批判を含めて広範囲に認められているのが実情です(※当たり前ですが、国会議員や高級官僚、政党や中央官庁らのような権力者・組織に対しては、相当に広範囲な批判の自由が認められなければなりません)。

しかし、安倍総理に対する批判がときとして行き過ぎていたことは間違いありませんし、また、私たち日本国民も有権者として、あるいはメディア報道などの読者・視聴者として、こうした状況を変えていくことができる可能性を持っているのです。

そのために具体的にお願いしたいことが3点あるのですが、本日に関しては、これらの「3つのお願い」については述べないことにしたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 門外漢 より:

    安倍氏暗殺事件に関係あるのか、無いのかに関わらず、統一教会の件は一度ケリをつけておく必要があるかも知れません。
    実際に犯人の家庭のように、教会への寄付で崩壊してしまった家庭が多々ある(伝聞)ようですし、宗教アイテムを売りつける商売も相変わらずの様です。
    もともと勝共連合を称していた時期もありますから、アンチ左翼の素地はあるのでしょうし、保守系政治家との関連も無いとは思えません。どの程度の深さなのかは別にして。
    わが国では宗教と言うと、似非宗教でも、腰が退けてしまう所がありますから、今まで放置されてきたのは止むを得ませんが、集団結婚式のような非人道的な行いもあり、日本の富が韓国・朝鮮に流れているのも間違いないでしょう。
    少なくとも犯人の供述(家庭崩壊への恨み)の裏取りのために、教会に捜査の手を入れるべきでしょう。それが出来ないとすれば、与党との癒着が疑われても仕方がありません。
    出来ればオームのようにテロ組織認定まで行って欲しいのですが、与党に某宗教党が居る間はムリかなあ?

  2. 匿名 より:

    このサイトの趣旨上、安倍総理がなぜ狙われたのか、というところを主題に考える方が多いと思います、その結論として、安倍総理は狙われるべき人物ではなかった、となるのも当然でしょう。

    言い換えると「誰でもよかった」ということになります。

    今回のようなことをする人物は社会に一定数存在するという、ネット上の論客であるひろゆき氏の提唱する「無敵の人」を主体で議論することも、大切だと思いますよ。

    1. 元ジェネラリスト より:

      犯人の置かれた環境を考慮すべきという点は同意しますが、警察の意図的リークをオールドメディアがフィルターした情報しか、我々は得られていないので、犯人の実像は殆どわかっていないと思ったほうがよいでしょう。

      また、「誰でもよかった」のであれば、わざわざ警護がついて殺しにくい元首相を狙う理由がありません。そこらへんの一般人でよかったはずです。
      安倍氏である理由があったのです。

      仮に、失うものがなにもない「無敵の人」の凶行だったとしても、そういう人はどこにでもいるわけで、それがなぜ「安倍氏を狙ったのか」は結局ついて回る疑問として分離できないと思います。
      社会が安倍氏への憎悪を許容する雰囲気が作用した可能性を排除できません。

      一方で、オールドメディアが安倍氏の死に際してとても奇妙な報道姿勢を取っていることは事実です。

    2. namuny より:

      安倍さんがその宗教団体にコメントを寄せたのは事実のようです。
      憎まれている宗教に肩入れするのは危険、ということでしょう。
      https://www.news-postseven.com/archives/20210929_1694534.html?DETAIL&from=imagepage_f-h1
      https://news.yahoo.co.jp/articles/7516906241ff0df152c139cc31ed99d970987951

      これに関連して、全国霊感商法対策弁護士連絡会から安倍さんに抗議が寄せられていた事実もあります。
      https://www.stopreikan.com/kogi_moshiire/shiryo_20210917.htm

    3. namuny より:

      https://www.youtube.com/watch?v=fjqogSsYf7k

      旧統一教会、現世界統一家庭連合による記者会見です。

      なお、会見には全国5大紙と日本TV局のみ参加許可とのこと。
      当然、編集権は統一教会側何でしょうね。

  3. 赤ずきん より:

    ロシアがウクライナを侵略したのは 紛れもなくロシアが悪いが ロシアに短期間で侵略可能だと思わせたほうがむしろ真の原因に近いと思っています。つまりEUの主導権を握っているドイツがアメリカから何度もエネルギーをロシアに頼り 国防をおろそかにしていると指摘されたにも関わらず 放置したことです。今回の安倍元総理「暗殺」も 紛れもなく暗殺犯が悪いが 安倍氏抹殺が無罪であるかの如き風潮を故意に広めた勢力(あえて列挙は必要ないでしょう)が真の犯人と思える所以です。安倍氏の道半ばだった理念を実現するよう微力を尽くすのが せめてもの手向けとなるでしょう。

  4. 匿名 より:

    安倍元首相が何故こんなにマスコミや特定野党、特定団体に嫌われるのかよくわかりません。
    モリカケサクラにしても安倍元首相と関連があるらしいから疑惑があるかもしれない、から始まった問題ですし、赤木氏の遺書で関与は無かったことがわかりますし、加計問題も元愛媛県知事の加戸氏の閉会中審査での発言からも全く関係のないことが明白ですが、なぜか彼らはその事実からは目をそらし執拗に疑惑に仕立てようと躍起です。
    そのような悪の権化のイメージを多くの人に浸透させたことが今回の凶行に及んだ一因なのかもしれません、特定団体への個人的恨みだけでは犯行には及ばないでしょう、そこには何をしてもいい存在との認識が根底にあるからだと思います。

    1. sey g より:

      匿名様

      マスコミは常に自民党総裁の悪口を書いて、総理の首を取りに来てます。
      普段は、それですぐに総理の人気が落ちて総理交代が起こります。菅前総理の様に。

      しかし安倍総理は違いました。
      どんなに虚報捏造罵詈雑言の嵐でも安倍総理の支持は落ちませんでした。
      ので、落とそうとする為により強い表現となり、しまいにはその感覚がマヒして際限が無くなったのだと思います。

      1. 凹凹 より:

        より日本の為になる、より日本が強くなる施策をしようとする首相を貶める傾向だと思います。
        ですから現首相はあまりオールドメディアには叩かれません。
        オールドメディアの立ち位置は常に
        「日本が弱くなる為に」です。

    2. マスオ より:

      > 安倍元首相が何故こんなにマスコミや特定野党、特定団体に嫌われるのか
      それは、既得権益を壊す人だからじゃないですかね。

      例えば、このサイトでもよく話題になった、獣医学部の問題でも、文科省の既得権破壊ですし、財務省で言えば緊縮増税路線の破壊を目論んだのが安倍さんだし、パチンコ利権、朝鮮総連の利権を削いで行ったのも安倍さんだと思います。そういった人たちがスクラムを組んで、アベガーをやっていたと思います。
      さすがに電波利権(電波オークション)までは切り込めませんでしたが、提言はしていたと思います。

      たかが、学術会議の利権をほんの少し削いだだけで、あれだけ騒がしく菅さんを攻撃していたことを思えば、安倍さんがやってきたことは、彼らにとって並々ならぬ恨みがあったんじゃないかと推測します。

      そういう意味では、安倍さんは本当に国家国民の為に頑張ってくれた、稀有な政治家だったと思います。惜しまれてなりません。

  5. 理系初老 より:

    河野太郎さんはパパのこととか太陽電池好きとか賛成しかねる点もありましたが、「無礼でございます」とまともな事をしかるべき方にどうとうと言った方です。「民主主義がー」という戯言ではなく、「安倍晋三氏が目指した自由で開かれたインド太平洋戦略の実現を引き継ぐ」と明言されました。さすがです。

  6. ビトウ より:

     コメント失礼します。

    http://2chcopipe.com/?p=2 からのコメント引用
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     令和元年
    札幌で安倍元総理の演説中に男が接近

    警官が男を排除

    左系マスコミ「表現の自由が侵害された」と抗議

    令和4年
    地裁→警察の排除は人権侵害だと判決

    演説中に誰かが接近しても警察は排除出来なくなる

    演説中に安倍元総理射殺
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     余計な自由を与え続けた結果がコレかぁ…。法の基本である

    「法は制定するものではなく発見するもの」
    「必要は法に勝る」

     が蔑ろにされてるのは残念です。アカ組は上手い事やりやがりましたね。
     安倍元総理の悪魔化(だから殺しても良い。いやむしろ殺すのが正しい)、経済成長阻害、その他日本国の生存と発展に繋がりそうな行いは無視や弾圧、結果私含めて生きるのがしんどい日本人大量増加。更に不安と不満を煽るマスゴミ。
     今迄は2万人以上(多い時は3万超え)の自殺で本人に殺意が向く事が多かったですが、ここ数年は通り魔報道が増えてきた気がします。衰退はしてますがマスゴミの扇動、洗脳力は侮れない。繰り返しの刷り込みは強い。

     カルトとは「前提が変わっても結論が変えられない、異端と異論が許せない」と認識してます。カルトは国家の為ではなく自分達(個人、~党、~省、~教等)の為に働き、悪化すれば犯罪も辞さない連中です。
     そして日本国民でありながら「外国の生存と発展」最優先で働く輩も居る様子。日本国にはスパイ防止法も無いから扇動も工作も容易でしょう。桜田門組にも恐らく多数居るのでしょう。堂々と安倍元総理を見殺しにした位ですし。

     今回の選挙の投票率が高い事を願います。

  7. Atsh より:

    ご心痛の中の記事更新ありがとう御座います。
    今回の暗殺事件、これから犯行動機、警備の不手際等どこまでも追求されなくてはなりません。
    まだ不確定のことが多い段階ですが日本憲政史上稀有な元総理が”ソフト”かつ”社会的効果大(ともすれば現総理以上)”なターゲットになってしまった事は否定の余地がありません。某所では早速今回の兇器を詳細に解説、犯人が優秀であると称えているようです。ネットの中とはいえこれ程醜いものかと吐き気がします。
    時には心の自衛も大事、私も昨日は大分逃避していました。皆様もサイト主様も時にはご自愛くださいますよう…

    今日はまずは選挙、まずはそこからです。出来ることをしてまいります。

  8. すみません、匿名です。 より:

    >安倍総理の暗殺が生じた背景には、まさに朝日新聞を含めたメディアが「安倍(総理)に対してなら、どんな攻撃をしても許される

    はっきり言って、「日本テレビ」含むメディアによる陰湿ないじめが連日繰り広げられていた。学校のいじめと同じ構図がメディアによって、(娯楽をかね)行われていたマスゴミの影響下にある人々は知らず知らずいじめの参加者になってる。

    「だから暗殺をしてもいい」マスゴミ人の作り出した暗殺者・・・・・

    ネットから真実を伝えるまともな意見、マスゴミへの反論・抵抗する世論がなければ、いじめられている人々は孤立し追い詰められていく。
    マスゴミの社会的影響力を本当にに低下させたいです。

  9. 美術好きのおばさん より:

    私は、「メディアが特定宗教団体とのかかわりを強調していること」に引っかかっています。

    先に門外漢様がご指摘されているように、その特定宗教団体にはさまざまな問題があることを我々は知っています。また、その宗教団体の創始者が何処の出身者で、日本における信者の方々に関するもろもろのことを知っています。ヘイトスピーチ条例の成立の経緯も知っています。

    メディアは特定宗教団体を強調して、いったい何をしたいのでしょうか? 世論をどのように誘導しようとしているのでしょうか? 

    1. 農家の三男坊 より:

      こんな所でマスコミ批判をしても仕方がないと思いつつ、

      マスコミは犯人の証言の裏を取っているのだろうか?

      単に、警察の発表を自分の都合に合わせて垂れ流しているだけの気がする。

      マスコミは何か知っていて、一生懸命世間の目を逸らそうとしているように見える
      (陰謀論ですね)。

      1. 農家の三男坊 より:

        ”統一教会幹部を狙った。出来なかったので(関係が有るらしい?)安倍さんを狙った。”
        ここに論理の飛躍があると思うのだが。

        1. 匿名隊員 より:

          今回はマスコミ発表の情報のみで間が飛んでいるかもしれないですが、アベガーの方々は安倍さんをヘイトするために論理の飛躍を普通に行う人が多い印象があります。知人がそうでしたので(苦笑)

    2. 世相マンボウ 。 より:

      私も、マスコミが躍起になって
      特定宗教団体やずいぶん前の
      3年だけの自衛隊勤務に誘導している
      画策がプンプン匂います。

      加えて、最初の
      『安倍を殺そうと思った』から
      その後の宗教団体への憎悪への
      供述の不自然な流れが気になり、
      弁護士の接見時間を知りたいと思います。

      なんせ日頃、
      『人権ビジネスでおまんま派』の
      どぶサヨ弁護士さんは、
      すわ一大事と駆けつけるでしょうが、
      普段の事件においても、
      そうした手合の弁護士の接見が、
      犯人にシナリオを与えてしまったのでは?
      と思われる指摘があとを絶ちません。

  10. ポプラン より:

    うーん。
    暗殺事件の犯人を探すなら、正直言って誰が一番利益を得るか?からでしょう。
    A氏が暗殺されて、中韓や防衛費、核兵器シェアリングなどA氏が自分の耳に痛いことを発言しなくなる。
    A氏の達成したことが、自分の功績になる。
    A氏の派閥が、後継争いで分裂し一部が自派閥に移って来るかもしれず今後の政権政党運営が楽になる。
    一部で指摘されているパヨク筋のせいなら時期が悪すぎる、今日の選挙で与党が敗北する理由が見えないじゃないですか。
    奈良県警本部長に警備の強弱を支持できる立場の人間って誰でしょう?
    犯人は、Kだ!
    とコナン君なら言い出しそうではありませんか?
    今回、注目したのはあのスタンドプレイが嫌いなSさんが奈良へ出かけたことです。
    全ての国会議員が東京へ戻る中彼だけが奈良へ出かけた。
    Kに対抗するには、生きていることになっているうちにあっておく必要があった。
    A派閥崩壊を防ぐには、A政治の継承を宣言して派閥の領袖は明確にせず次回総裁選ではS派閥と共闘すると宣言する。
    そんな妄想しました。選挙日なので名前は伏せます。
    海兵隊出身者が選挙中に暗殺という事で、ケネディ暗殺と類似する点が多くて陰謀論に傾いています。

    1. すみません、匿名です。 より:

      一番得をしたのは、中国・韓国ではないでしょうか?
      陰謀論の陰謀論になってしまいますが、中国・韓国からズラしたいめ
      中国・韓国のネット工作員が、「ケネディ暗殺の真相」を使っていたりして。

    2. F6F より:

      ポプラン様

      御存知かもしれませんが、私も真っ先に頭に浮かんだのはこのことです。迷王星様も同様のコメントを残されてましたね。

      メディアによる刷り込みで心の中に少しずつ澱(毒)が溜まっていった犯人、そこにちょっとした唆しをした人形使い、そうした動きを知りつつ不自然に見えない範囲で警備に穴を開けた(もしくは不作為を貫いた)誰かさん、そうした図式かなあと思いつつ、でもそんなことを考えていても安倍さんは戻ってこず、虚しくなるばかりで考えることを止めました。

      先ほど「誰が安倍さんの御遺志を引き継げるのか」を主眼に投票してきました。私の危惧が当たれば現政権は平氏の如く我が世の春を謳歌することでしょう。でもそこに将来への希望の芽が残ることに一縷の望みを抱いて。

      後はその芽が悪意ある者の手で摘まれないよう、自分の出来る範囲で声を上げ続けるだけです。

      「自分と異なる意見を持つ者の人権は踏みにじっても構わない」連中は許さない!と。

      1. F6F より:

        最後の一文、日本語が変ですね。日本人なんですがw

        「自分と異なる意見を持つ者の人権は踏みにじっても構わない」と考える連中は許さない!と。

        です。

    3. 青色労働者 より:

      一部で取り沙汰されている某宗教団体(設立10年未満)は既に事実無根無関係のコメントを出しているようですが、《直接行動者の動機がすべてではない》という考え方に立てば陰謀論の世界への扉が大きく開かれるのはむしろ自然なことの様に思われます。
      間接的示唆、あるいは示唆ともいえないかもしれないレベルの方向提示、角度をつけた誘導、動機付け、等、等、等
      誰もが広く情報を取れるというインターネット社会が情報探求者のバイアスを掛けた情報先鋭特化と非常に親和性が高いこともまた真であり、山上容疑者を《候補者予備群から出た実行者のひとり》にすぎないと仮定すれば、大きく緩く広げられた網の上で《核心》に向かい同心円状に蠢く《候補者予備群》はまだまだ隠息している…
      陰謀論的視座のひとつとしていかがでしょうか?

      こうしたとりとめのない思索の断片が舞うのは自分でも喪失感の穴埋めなのかと判然としませんが、少なくとも「私」はしばし時間を必要としている様だとの自認に至りました。

    4. 匿名 より:

      ご自身でも仰ってますが、その可能性は、陰謀論による想像の部分が大きいと思いますよ。

      まず、疑いを持たれるリスクが高すぎる。
      あなたのように、そんな風に考える人が一定する出てくるのも当然というくらいに、読み易すぎます。
      ミステリーものなら、まず最初に疑われて~という王道展開の犠牲になる役どころですね。

      あと、派閥がどうなるのか分かりませんが、自民党内が不安定になる可能性は高いでしょう。
      その混乱に乗じて力を得ようとかする前に、党内を纏める方が大変になる。
      別の派閥の内部は、その派閥の長に任せておけばよかったものが、そうじゃなくなる。
      そこで上手く立ち回って都合のいい未来を掴もうなんて、よほど自身の力を過信した人間でもないと、これまたリスキーな真似はしないでしょう。

      黒幕はよほどの馬鹿かつ、裏では強い力を持った頭の切れる人間という矛盾した都合のいい人物を想定しないと、成立しない話に思えます。

    5. わんわん より:

      陰謀論は好きではありませんし陰謀論は支持しません

       あえて陰謀論的考察をすれば
      ①長野選挙区の松山氏の女性問題(文春)
      ②応援演説の変更(長野→奈良)
      ③奈良の警備不備(以前から使っていたとはいえ背後に選挙カーが止められない場所の選定)
      を踏まえて考察する必要があるかと思います

    6. より:

      B級ミステリの読み過ぎでは?
      安倍氏の急逝を受け、安倍派が混乱に陥ることはほぼ確実でしょう。清和研の顔ぶれを見ても、直ちにトップとして派閥をまとめ上げられそうな人はいませんから。弱小派閥の長でしかないK氏が、自身の政権の最大の後ろ盾である派閥が混乱に陥ることを、しかもこのタイミングでやらかすとすれば、K氏はよほどの阿呆であるに違いありません。
      K氏と安倍氏とで路線が100%一致しているわけでは必ずしもないこと、そしていろいろと手法が異なっていることは明らかですが、このタイミングで自らの政権基盤を揺るがすような真似はしないでしょう。一部の方が固く信じるような、K氏がよほどのドたわけであるならばともかく。

      安倍氏の急逝で、良くも悪くも重しが外れたことは確かでしょう。しかし、安倍派の一致結束が期待できないとなると、むしろ路線変更が難しくなったように思います。これまでならば、安倍氏を説得できれば路線変更も可能だったでしょうが、今後はそれでは到底済みません。大勢の一家言だけは持っている議員諸公を納得させるだけの説得力と求心力をK氏が持ち合わせているようには見えませんので。

      余談:
      これから誰が清和研を率いていくのか、ちょっと見えてきません。東京選出のS氏が色気を出しまくっているのは明らかですが、彼には大派閥を率いるだけの人望と力量はないでしょう。さりとて、同じく東京選出のH氏や兵庫選出のN氏ではまだ貫目不足。和歌山選出のS氏は、まず衆院に鞍替えしてからの話。大穴で山口選出のK氏はあり得るかもしれませんが、健康面に不安を抱えてます。一つ間違えば、清和研の大分裂もあり得るかもしれません。

      1. F6F より:

        龍様

        予めコメントしましたように、私は既にこの犯罪の裏に何が有ったのかを考えることは虚しいばかりなので止めております。

        ただ、貴兄のご意見は一理あるとは思いつつも、なんとなくその論立ての前提が貴兄の言われるほど当然のことなのか(例:自身の政権の後ろ盾の派閥が混乱に陥ることをする筈が無い、一家言を持っている議員諸侯を納得させられるか、等)、少し判断しかねているのが現状です。
        多数派閥であろうと混乱に乗じて分断すれば押さえ込むことは可能ですし、私はK氏はそうした組織内サバイバル術に関しての能力は余り疑ってはいませんので。
        何より今回の選挙で大勝しようものなら棚ぼたであろうがなんだろうが、大義名分はK氏のものです。

        従い、貴兄のご意見通りになることを切に望みつつも、重石の取れたK氏が今後の日本をどこに導いていこうとするのか、懸念が拭えない、と言う状況です。

  11. sey g より:

    今我々が出来る事は、過去にアベガーと暗殺も持さないなどと書いた言論のアーカイブを作ること。
    誰がこんな事を書いていたと。
    彼等は今頃過去の言論を見直し、消せるものなら消去してるでしょう。
    もしかしたら、新聞のアーカイブからも証拠隠滅をはかってるかも。
    そして、現在安倍総理の死に対してなお、いわれなき誹謗中傷を繰り返す輩です。
    見るのに気分が悪くなりますが、それでも我慢して集めましょう。
    そして、貯まったら それらの証拠を武器にこの言論が安倍総理なら殺してもいいという空気を作り暗殺者を作り出したのだと。

  12. 匿名 より:

    「報道特集」膳場アナ「功罪を冷静に」と呼びかけ「アベ政治」回顧
    https://news.yahoo.co.jp/articles/42555d97140aa474fed2ef11a256f35009d2feb7

    「アベマサハルを許さない」のお仲間が台本を書いていることが丸わかりで、これはひどい。
    「空気に流されるなという気風をつくるのに必死でした」というコメントもありました。よくこんなの流すな。

    1. 元ジェネラリスト より:

      >「わたしたちは今、試されているんじゃないかって感じるんです」

      こういうときこそ、個人的な見解を公共の電波に乗せるのは控えてほしいですね。

  13. 匿名 より:

    不自然さは感じますが、そこに何らかの陰謀があるかというとそういう話ではないと思います。
    何かしらの事件の背景となると、どこか(マスコミがイメージしている)一般人とは異なる経験がその理由になったと発想するのは自然なことです。

    その異なる経験というのが、「自衛隊経験」や「安倍総理と統一教会の関係」という情報であり、彼らはそこを強調しているだけなのでしょう。
    あまり、深くものを考えてやっているわけではないと思われます。

    「銃撃事件」と「暗殺」については、その言葉の使い分けにどれだけの意味が分かりませんが。
    最初の速報の時点で、まだ安倍元総理は亡くなっていなくて「銃撃されたと報道」して。しかし、惜しくも亡くなってからも、横並びから変える切っ掛けも見失ってそのまま使ってしまっているとか、そんな理由も考えられると思います。

    1. 裏縦貫線 より:

      選挙期間中であることを考慮して、政治色の濃い表現を差し控えているのではないかと。私としては一応その考え方は理解します。
      明日以降、早ければ本日20時以降、表現を変えるメディアが出てくるかどうか。

  14. 犬HK より:

    >「テロを許してはならない」と申し上げたところ、一部の読者の方からは「何をどう許してはな>らないのか」、といった疑問が提起されている

    その一部の読者です。オツムの弱い私のコメントを拾っていただき、感謝申し上げます。

    サイト主のおっしゃりたいことは理解できても、テロを助長させている(かのような)某政党自身が「テロを許してはならない」などと平気で同じ言葉を吐いています。
    おかしなメディアから距離を置き、選挙で必ず一票を投じることで、テロを許さない社会転換への足掛かりとしていくことは否定しませんが、それだけで足りるとも到底思えません。

    警備の問題や個人の思想・信条など様々な因果関係がある中で、巷では当たり前の「許すな」のオンパレード状態。そういったモヤモヤや違和感もあり、つい疑問を呈してしまったものです。
    余程気に障られたようで…申し訳ありませんでした。

    1. 匿名 より:

      「許さない、と叫ぶだけで」また同じことが起きた時に防げるのか、そもそも再発予防になるのか。
      犬HK様のモヤモヤや違和感、至極全うなものであり謝罪する必要はないと思いますよ。

      サイト主様は、特定の〇〇による権力者への行き過ぎた批判が今回の暴挙の原因である、との仮説に立たれてます。
      なので、行き過ぎた批判を抑制する方向へ社会が動けば、今後は悲劇を生み出さないことが期待できるとお考えなのでは、と推察します。

      ただ、犯人の動機や背景が解明されてない現時点では、それも仮説の一つに過ぎず、犬HK様のよう(ではないかもしれません、これは私の考えです)にそれが有効なのかな、との懸念は突飛なものではないと思います。

  15. taku より:

    「暗殺」は、広辞苑によれば、「政治的に対立している要人をひそかに狙って殺すこと」だそうです。伝えられる狙撃犯の「母親が宗教にのめりこんで破産した、その幹部を狙っていたが果たせず、代わりにその団体と関係が深い安倍元首相を狙った」という供述が真実であれば、暗殺というワードは適切ではないように、思います。
    統一教会と安倍氏との関係は、私も良く知りませんが、福田赳夫以来、清和会と親密なことは有名ですよ。1980年代に霊感商法で、人の不幸に付け込んで高額の壺やら何やらを売りつけて、国会で問題となった際に、守ってあげたようです。
    いずれにせよ、続報を待ちたい、と思います。

  16. 匿名 より:

    安倍さんを◯したのはマスコミ、アベガー、だと思っております
    マスコミに関しては私は完全に今回のことで、人◯し達のたまり場だと認識しました
    キー局のテレビ職員と一部芸能人は人◯しです
    私は20代ですが、彼らから完全に決別しました

  17. マスオ より:

    私なりの回答
    1.なぜ「暗殺」と呼ばないか
    より同情の集まりにくい言葉を選んだ結果だと思う。

    2.「自衛隊」に固執する理由
    自衛隊を悪者にしたい。憲法9条改正を阻止したい

    3.統一教会の関係
    自分たちマスコミに全く非が無いことにするための世論誘導。すり替え。

    こんな感じじゃないかと思いました。

    最後に、死してなお、死者の尊厳を貶めようとするマスコミには怒りが湧きます。
    総務省も同罪じゃないかと。

    1. 匿名 より:

      むしろ 今時ネットを検索する層ならみんな 統一教会と知ってる状況下でも
      「宗教団体」を「統一教会」と マスコミが名指しできない状況に
      この国の言論に 大きな問題があると感じます

  18. 元ジェネラリスト より:

    事件の議論はあって当然と思いますが、その議論の範囲を縮小しようとするコメントには違和感を感じます。

    今はまだ、犯人の動機に関わる情報は、警察のリーク情報しかありません。本来漏れてはならない情報ですから、怪文書と同じ類いのものですし、世論を意図的に誘導する意図がないとは限りません。

    例えば、「政治的信条以外の安倍元総理の態度に不満を持っていた」は価値判断を含みますが、情報の流し手が何を以てそう判断したのか、我々にはサッパリわからないわけです。

    そんな中で、「犯人の動機はこうだから議論の範囲は○○に限定すべきだ」というのはまあ、早いでしょう。
    今はまだ情報が少ないのだから、いろいろな可能性が論じられて当然と思いますが。

    1. Yさん より:

      賛成です。

      *欧米メディアが躊躇なくassassinateを使っているは気になりますね。

  19. 匿名 より:

    特定の宗教団体とか言われるとその統一なんちゃらよりもお伊勢さんとか靖國神社とか言われた方が納得がいくんですよね。統一教会の幹部と多少談笑した程度なんて大抵の政治家だったら会食とかでありそうですし。
    実行犯は前者の宗教団体との関係と思い込んでなのかもしれないけど、教唆というか囃し立てた人達は後者のほうな人達な気がしてしまいます。
    レッテル張りなのかなあとも思いますけれども。

  20. 四国の片田舎の老爺 より:

    安倍晋三元総理の訃報に接し、いまだに動転しております。まことに、痛恨の極みであり、ご冥福をお祈り申し上げます。

    皆様のお説を拝読しつつ、故山本七平氏が上梓された、「空気」の研究を読み返しました。私も含め我々は、「空気」に弱い。この日本国民の宿痾が、紺藍の凶行を引き起こしたものと思いました。私には、昨今の政治批判は、昭和初期と全く同じ匂いがするのです。

    私達が為すべきことは、意図的に「空気」を作り拡散するメカニズムを無効化する智慧ではないでしょうか。

  21. アーモンドチョコ より:

    計画的に何者(団体)かが暗殺したことを、隠したいからでしょうね。
    自然にそう見えます。
    逮捕された彼は、たまたま居ただけだったのではないか。
    居ようが居まいが、凶行は行われたように思います。

  22. トシ より:

    https://t.co/rkhHbPq8lM

    この一面見てみ?
    普通こうなるか?

    これだけで日本の新聞は死んでると言える。

  23. 匿名 より:

    朝日グループは椿事件のころから根っこは変わらない

  24. 同業者 より:

    1.なぜ「暗殺」と呼ばないか
    安倍憎しのオールドメディアにとっては、山上容疑者は安重根なのでしょうね。
    彼らの大願成就というわけです。

    2.「自衛隊」に固執する理由
    元自衛官、オールドメディアの報道でもよく使われますが、職場でも使われることがあります。
    問題社員に対して「元自衛官じゃないの?」と。
    日教組やオールドメディアの反自衛隊運動の成果です。
    つまり、彼らの本質は何ら変わっていないのでしょう。

    3.統一教会との関係
    安倍家の信仰は浄土宗ですから、異教である統一教会との関係云々は考えられません。
    むしろ、「特定の宗教団体」と実名を隠すオールドメディアの方を「関係があるのではないか」と疑います。

  25. 名無しの権兵衛 より:

     明治維新は、欧米から開国を迫られ、不平等条約を押し付けられた国家的危機でしたが、坂本龍馬、大久保利通、小栗上野介、福沢諭吉をはじめ綺羅星のごとく偉人が現れ、彼らが育てた多くの人材によって日清・日露戦争を勝ち抜くことが出来ました。
     安倍晋三氏が政権を担当された期間も、経済・外交・安全保障面で国家的危機と言っても過言では無い時期だったと思いますが、アベノミクス、自由で開かれたインド太平洋構想、集団的自衛権容認等の安保法制などにより、日本を未来に向けて前進させた偉大な政治家だったと思います。
     そして眼前にはロシアのウクライナ侵攻があり、その先には台湾海峡危機が待ち構えています。この危機に際して、我が国には安倍晋三氏の遺志を継ぐ政治家が必ず現れることを私は信じております。
     「日本国の将来に栄光あれ!」

    1. 蝉が泣き止んだ より:

      同意いたします。

      正直、逝去にかかるマスコミ報道にはやりきれない思いが込み上げます。
      「いったい、どの口が」と。

      思うに第二、第三の安倍晋三氏は政治家である必要はないと思います。
      私は私の立場で遺志を継ぎたいと思います。
      松陰先生亡き後の松下村塾塾生の志で。

  26. 迷王星 より:

    ブログ主様が挙げられている疑問は非常に重要なポイントだと思うので,前の記事へのコメントと重複する内容がありますが,私の考えを書かせて頂きます.

    >日本のメディアはなぜ、「暗殺」という用語を使わないのでしょうか?いったい何に忖度(そんたく)しているのでしょうか?

    それは簡単な理由だと推測します.
    日本語の日常の使用において「暗殺」という言葉は「殺害」や「襲撃」といった「人を殺した」とか「人を襲った」といった事実を直截的に述べたニュートラルな言葉に比べて,読み手に犯罪の「計画性」や「背後関係」や「個人的感情を超えた政治的な意図」の存在をより濃く感じさせ,それらは「誰かが指示をして殺人が実行された」とか「背後に今回の殺人の筋書きを書いた者がいる」というニュアンスを読み手に感じさせる効果があるからです.

    つまり我が国の報道機関が今回の犯行に関して「暗殺」という言葉を徹底的に避けているという事実は,裏を返せば「自分では考えようとしない大多数の情弱な国民に計画性に関して思い至らせたくない」という意図あるいは意識がマスコミ側にあるということを表しているのではありませんか.

    >次の論点が「自衛隊」です。いくつかのメディアの報道によれば、容疑者が「元自衛官」であり、暗殺という凶行に及んだ理由は安倍総理が「特定の宗教と関係を持っている」からだと供述している、などと報じているのですが、これも焦点を当てるべきポイントが間違っていないでしょうか?

    これも簡単な話ですね.近年の日本のマスコミの殆どは著しく左傾化(というよりも売国化=日本自身のでなく日本と利害が対立している極東の周辺国家の国益を重視する)ような報道姿勢になってします.ですから災害救助機能以外の本来の機能である国防に関しては自衛隊など無いに越したことはない訳で,今回の犯人が元自衛官であることを自分で考え判断しようとしない大半の情弱な国民に「自衛隊はやっぱり殺人集団で危険だ」という印象を与えてアンチ自衛隊化する良いチャンスだと思っているのでしょう.

    ということで結論は前の記事へのコメントの結論と同じですが,再掲させて下さい.即ち,
    アリバイでも犯行動機でも余りに良く出来過ぎているのは疑え,これはミステリードラマでの鉄則な訳ですが,そのミステリーの鉄則がドラマだけでなく現実にも通用するとすれば,今回の安倍総理暗殺は最初から綿密にストーリーが練り上げられて実行された黒幕のいる暗殺計画ということになるのですかね?

  27. 陰謀論者 より:

     報道の中には「逆恨み」という表現も散見されます。使うメディアが加害者の恨みの対象と、安部さんの関係を暗に事実認定していないと出てこない表現です。
     加害者が逆恨みしてなどと供述するわけはなく、中立客観的に表現するなら「八つ当たり」としか表現できないはずです(もしかしたら捜査機関の発表をそのまま引用しているのかもしれませんが、そうであるなら双方に国語知識がないか、よほど捜査機関が「うかつ」なのでしょう)。
     個人的には事件の本質は個人を狙った暗殺ではなく、テロだと思います。犯人に背景組織や思想はなさそうですが、「宗教的なテロ」でしょう
     。時に無関係な人や建物に巻き込まれるのがテロです。たとえ実行者の主張に耳を傾けるに足る内容があるにしても、手段が間違っていて決して許してはいけないことは間違いないでしょう。

  28. 人工知能の中の人 より:

    辞書的意味合いでは今回の事件は暗殺Assassinationで合っているんですね。
    暗の字から実行犯不明の場合かと思っていました。
    とはいえ現在知られている背後関係があまりに個人的すぎて字義に当てはめることがなんともしっくりこないでいます。

  29. ひやかし より:

    こういう事件に限りませんが、犯人個人の動機や家庭的背景を詮索するのは余り好きではありません。犯人個人の動機や背景を追求して見えてくるのは、多くの場合、我国社会に内在する数ある問題の一つに過ぎません。それを詮索し叩けば、一般大衆の興味やカタルシスを満足させることはできるでしょう。しかし、国家全体としての方向付けにはつながり難いと思われます。そしてそれは、亡き氏の望む処ではないはずです。

    また、私はいわゆる「陰謀論」にも与しません。仮に陰謀があったにせよ、まず、その計画者の思惑通りいくなんてことは考えられないからです。むしろ計算とは逆の影響が生ずる可能性が大です。一国の政治状況に影響を与える因子はそれほど多く、さらにそれに確率的要因(偶然)も加わるからです。それを全部読み切るなんて現代の張良・孔明といえども不可能でしょう。

    ということで、今、我々にできることは、氏を喪ったことで、日本の将来がどう変化するか「占う」ことだけだと思います。例えば以下のような点です。

    1)世論の保守化が促進されるのか、はたまた左翼勢力が勢いを盛り返すのか?(具体的には改憲の可能性など)
    2)アベノミクスは廃却されるか否か、その結果日本経済はどうなるか?
    3)世界を俯瞰する外交は続けられるのか、否か?国際外交の場で、日本は今同様の影響力を維持できるか?
    4)ますます覇権的になっている近隣諸国に対し、今後も、国一丸となって強い態度で臨めるか?
    5)日本の政党政治はどうなっていくか?(当分、自民一強体制は変わらないだろうが、中長期的に変化はあるか)

  30. めたぼーん より:

    こういう時こそ、NHKが公共放送の名の下に、事実に基づく報道を期待したいですが、無理か。

  31. nanashi より:

    茶請け様の「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」を読んでみて下さい。
    本日は、「雑音に惑わされず投票へ」です。
    ソースを貼っておきます。

    https://pachitou.com/2022/07/10/%e9%9b%91%e9%9f%b3%e3%81%ab%e6%83%91%e3%82%8f%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9a%e6%8a%95%e7%a5%a8%e3%81%b8/

    この中で統一教会の話も出てきます。
    統一教会と繋がりのあった日本の宗教団体は法華宗系の新宗教・立正佼成会です。

  32. 欧州某国駐在 より:

    こちらでは普通にassassinateとして報道されていますので、その報道ニュアンスから個人的には強烈な背後関係がある感じがして仕方ありません。よって皆さんがされているアタマのおかしな犯人、統一教会云々、マスコミが云々という話がピンときません。安部さんがいなくなって一番喜ぶのは中国のトップの方のような気がしますので、政府は特別調査員会のようなものを立ち上げてこの犯人の周囲を徹底的にお金と時間をかけて洗ってほしいと思います。適当に警察幹部の首切って終わらさないでほしいですね。そこまでやって個人的な犯行というのなら仕方ないですが。平和ボケしていなかったらそこまで徹底して調査するのが普通かとも思いますがね・・・。考えてみれば、時をさかのぼってケネディ大統領の暗殺の真意なんかもわからないし、身近では國松警察庁長官狙撃の真意や真犯人もよくわからんし、今回の件もなんだかそうなりそうな気がしてイヤだなぁ(表層的にはアタマのおかしなおっさんの単独犯行で決着)

  33. ぴー より:

    お優しい言い方ですね。私に言わせればマスゴミ連中は批判の名を借りた、誹謗中傷でしたよ。それでも証拠があればまだましでしたが、魔女裁判もかくやといえるかもしれないほどで、俺なら精神を病んで自〇したかもしれないほどでした。このマスゴミ連中の姿勢こそ安倍元首相が暗殺された大きな要因になったと思いますよ。

  34. WLT より:

    まぁ仮に動機が統一教会で真の場合、今まで過剰に安倍氏に向けて統一教会ガーをやってた連中が法を超えて「何をしても良い」土台を作り上げたとも言えますね。
    ツイッターでは水を得た魚のように息巻いてる人間が溢れでてますが、放った事に対する責任を持って欲しいと、投げかけの一つも言いたくなります。

  35. 元ジェネラリスト より:

    限られた情報の中ですが、岡山の演説会場に関する犯人の”供述”と現実の食い違いを指摘する記事がありました。

    【現地レポート】安倍元総理銃撃容疑者の供述「岡山市の会場、手荷物検査で近づけず」は勘違い?実際の現場状況と食い違い(KSLライブ)
    https://ksl-live.com/blog53278
    容疑者供述と食い違う現場状況
    ・まず、岡山市民会館に入場する際に手荷物検査などはなかった。
    ・容疑者が過剰に警戒することなく、平然を装って入場しようと思えば可能であった。

    ご興味ある方はリンク先をどうぞ。
    筆者はフリージャーナリストです。精力的に地道な取材を続ける姿勢に、私は好意的に見ています。

  36. パーヨクのエ作員 より:

    完全に根拠なき妄想ですが、関係を切って逆恨みに見せかけて行動したと仮定しても筋がとおりますね(笑)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。