首相、高市氏の質問に「中傷に毅然と対処」=世界遺産

高市早苗氏が岸田文雄首相から「いわれなき中傷には毅然と対応していく」との言質を取ったようです。本日の衆院予算委員会で、佐渡金山の世界遺産登録を巡り、高市氏は「必ず今年度に推薦を行うべきだ」と主張したところ、林芳正外相は「今年度の推薦をしないと決めたことはない」と説明したのだとか。

佐渡金山の世界遺産登録見送り報道

先日の『世界遺産登録見送りが10年後の日韓関係に与える影響』では、日本政府が韓国の反発で、今年の佐渡金山の世界遺産推薦を見送る、という観測報道を取り上げました。

具体的には、一部のメディアが「複数の政府関係者が明らかにした」として、政府が佐渡金山の世界遺産推薦を「見送る方向で調整に入った」、などと報じたというものです。

これについて当ウェブサイトでは、「岸田首相が韓国に対し弱腰を示した」という可能性だけでなく、「政府側がわざと一部のメディアにリークして、世論の反応を伺っている」という可能性もある、と考えてきました(もちろん、「岸田首相が先送りを決断した」、という可能性も否定できませんが…)。

そのうえで、こうした「見送り論」が出て来る理由についても、少し補足が必要です。

一部報道によると、「世界遺産委員会が一度不可と判断した推薦候補がその後に登録されたケースはない」ということであり、韓国の「朝鮮人強制労働」という主張に対し、「ちゃんと準備しないままで世界遺産推薦に踏み切り、失敗してしまうと、その後は世界遺産登録ができない」という懸念があることは間違いなさそうです。

歴史問題の2つの本質

こうしたなか、これについては、毅然と否定すべき「朝鮮人の強制労働」というウソを、これまでの日本政府がきちんと否定し切れていなかった、という事情もあります。

この点については当ウェブサイトで何度も指摘してきた、韓国のいう「歴史問題」に共通している次の2つの問題点を思い出しておく必要があります。

日韓歴史問題における本質的な2つの問題点
  • ①日韓間の請求権に関するあらゆる問題は、1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済みであり、自称元徴用工判決はこの日韓請求権協定に違反する状態を作り出している。
  • ②韓国側が主張する「被害」の多くは、(おそらくは)韓国側によるウソ、捏造のたぐいのものであり、最終的には「ウソの罪をでっち上げて日本を貶めている」のと同じである。

(【出所】著者作成)

日本政府が現在、韓国に対して主張しているのは、上記①の部分が中心です。

自称元徴用工問題、慰安婦問題がその典型例ですが、そもそも論として、韓国側が日本に対して要求してくる謝罪や賠償などについては、その法的根拠自体が存在しません。要するに、権利もないのに債権者として振る舞っているようなものです(『「韓国は権利もないのに債権国として振る舞う」の指摘』等参照)。

したがって、日本政府の①の主張自体は正当なものであり、この主張については是非とも強力に進めていただく必要があるのですが、それだけでは不十分です。やはり、そもそも論として日本政府には上記②の部分に関する努力が足りません。

とくに、『ユネスコ軍艦島遺憾決議、日本は「根元を断つ」努力を』あたりでも言及したとおり、そもそも論として2015年の軍艦島などの世界遺産登録に際しては、日本政府は “forced to work” という表現を使い、国際社会に対し、あたかも強制労働が行われていたかのような誤解を与えました。

こうした失態を踏まえるのであれば、やはり、準備に万全を期してから世界遺産登録をする、という発想が出てくるのも、ある意味では仕方がない話です。

高市氏の質問

もっとも、「軍艦島」の件に関しても、あるいは今回の佐渡島の件に関しても、どうも日本政府が国際社会に対し、「朝鮮人強制労働は韓国のウソだ」と毅然と否定しているフシは見られません。

しかし、「準備に万全を期してから世界遺産登録を申請する」という言い訳の前に、国際社会に対し、やることをやっているのかといわれれば、そこも大変に微妙でしょう。

こうしたなか、自民党の高市早苗政調会長は本日、衆院予算委員会で、本件について岸田文雄首相、林芳正外相に対して質問を行ったようです。

外相「韓国への外交的配慮ない」 佐渡金山の世界文化遺産推薦で

―――2022/1/24 09:57付 産経ニュースより

産経ニュースによると、高市氏は世界遺産登録について、「必ず今年度に推薦を行うべきだ」と主張し、これに対し林外相は「今年度の推薦をしないと決めたことはない」と説明したのだとか。

また、岸田首相も歴史認識に関し、「私の内閣でも重視している」、「国際社会において客観的事実に基づく正しい歴史認識が形成され、わが国の基本的立場や取り組みに対して正当な評価を受けることを強く求め、いわれなき中傷には毅然と対応していく」と述べたのだとか。

「いわれなき中傷にこれまで毅然と対応してきたのか」という点は脇に置くとして、岸田首相からこのようなコミットを引き出した自体は、歓迎すべきです。

そして、高市氏自身が政調会長という、与党である自民党としての意見を集約する立場にあるという点を踏まえるならば、今回の答弁は自民党側から岸田内閣に対する圧力として働いてほしいものだと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    お手並み拝見しましょう。

  2. ジロウ より:

    神輿は軽いほうがいいという言葉がありますが、軽すぎるとダメな見本のような首相ですね。岸田はちょっと前にツイッターで「決断の責任はすべて自分が負う」と書いてましたが、本当、信用ならない政治家だと思います。佐渡金山の登録もどっちにするのかよくわからないですし、世論の風当たりが予想外に強く当惑してるんでしょう。ワイドショーのコメンテータや中韓の声ではなく、ちゃんと国民の声を聞けといいたいです。どっちにしろ、こんなのが総理の間は自民党には投票しませんが。

  3. 引きこもり中年 より:

    今回の高市(自民党)政調会長の質問で、自民党内部や政界での存在感を示して、(たどり着くかは別にして)将来の総理大臣に一歩、近づいたと考えるのは、考えすぎでしょうか。

  4. 匿名 より:

    高市さん、ナイスフォローです。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      最初から質問内容決まった出来レースだろ

      1. KY より:

         こういう茶々松君には困ったものですね。冷や水ぶっ掛けて何が楽しいの?

  5. j より:

    竹島実行支配するなら、それなりの対価を支払っていただいた方が良いとおもうのですが。

    韓国になめられて、バカにされて、そのままなのも日本国民の一人として残念でございます。

  6. 赤鼻のアルテミス より:

    さすが!高市さん 素敵です! 

    韓国は江戸時代の佐渡金山に 朝鮮人強制徴用はスジが通らないのに、
    難癖のレベルも落ちたもんだよ!

  7. sey g より:

    朝鮮半島は、昔から資源もなく周りに誇れる文化もなく、交渉の材料が一つもない国でした。
    例えるなら、手札がブタの手持ち資金ゼロの状態でポーカー勝負をしている様なものです。
    この状態から、勝ちにいこうとするなら「いかさまだー」と相手に責任を押し付ける事です。
    宗主国様なら、イカサマと言われた時点に暴力で解決しています。
    しかし、日本はしてもいないイカサマを相手と一緒になって、イカサマの証拠を探してる様なもの。
    日本としては、ほら証拠はないよ。納得できたか?としたいところ 韓国はない証拠に対してあれが怪しいこれが怪しいと難癖をつけてきた。
    普通なら、手を出してる所に 日本は 勝手に相手の事を慮って 「ああ、アイツは手札も悪く金もないから騒いでるだけか。」と理解をしたうえで かわいそうだからと相手の嘘にのってあげて、これで相手はこちらの優しさに気付き もっと仲良くなれるだろうと思ったのが運のつき。
    韓国は日本は馬鹿だくみしやすしと調子にのりつづけて数十年。
    ようやく、高市氏の発言が日本人の主流派になったのかと 感慨深いものがあります。
    90年代、こんなマトモな事を発言すると 右翼だナンダと役職を辞任させられます。

    ホントいい時代になりましたね。

  8. Sky より:

    岸田さん、エマニュエル駐日新米国大使来日、高市さん、色々な所から釘を刺されはじめている様子。

  9. だんな より:

    岸田内閣支持率66% 佐渡金山「推薦すべき」5割超
    https://www.sankei.com/article/20220124-5MMI26GWL5LR7AQL3PDL7ABANQ/
    コロナ禍よりも支持率に影響するかも知れませんな。
    因みに立憲支持率は、維新より下です。

  10. 伊江太 より:

    隣国の木に竹を接ぐような難癖に恐れをなして撤回などは論外という、多くの方々のご意見に完全に同意することはあらかじめお断りしておきますが、ちょっとKYなコメントを。

    そもそも論として、わたしはこの佐渡金山の世界遺産登録は、そんなにむきになって推進するほどの問題かという点について、かねがね疑問に思っています。確かに江戸時代の前半期、この金山が幕府の貨幣経済を支える大きな柱だったのでしょう。しかしこの時期は日本が鎖国政策をとっており、日本の世界経済への関わりは微々たるものだったと思います。

    日本に住む我々にとっては、佐渡金山の歴史的重要性の認識はそれなりの大きさのものだとは思います。しかし、そういう自国固有の価値観をもって、これを世界遺産に押し込もうというのはどうなのかと思うのです。世界史との関わりについて言えば、メキシコの銀鉱が発見されるまで世界最大の銀算出量を誇った石見銀山の方がはるかに意味があるし、あれが世界遺産に既登録となった今、世界遺産の本来的な意味からして、佐渡金山の登録という事案が、それほど強力に推進しなければならないほどのものかと思うのですが。

    1. 匿名 より:

      そうなんですよねえ。
      自分なんかは学が無いもので「世界」遺産なんて名前が付くくらいなんだから、そりゃあ世界史レベルで影響のある物凄いものが、世界遺産として登録されるもんなんだろうと思っていたのですが。

      佐渡の金山が登録されるされないかでいったら、そりゃあされた方が日本国民として嬉しいんですけど。
      佐渡の金山って世界史レベルに影響与えてたの? みたいに考えると頭に?マークが浮かびます。
      そこも含めて、それだけの労力をかける文化的価値があるものなのか。価値があるとすれば、それはどんなものなのか、国民に説明が欲しいところです。

      1. 匿名 より:

        あと、自己コメントに追記ですが。
        昔、何かのセミナーで優先度は緊急性と影響度で決まるみたいに教わった覚えがあります。
        それを考えると、コロナや中国対策とかに比べると、遺産登録は後回しにしたところで特に問題が出るようにも思えないので。優先度も高くなく、今そこまでリソースを割かないといけない問題でもないと思います。

    2. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      難癖であれ何であれ
      「納得てきんぞ」と抗議する国が一つでもあれば
      登録できない
      という決まりになったのでは?
      日本の凄い運動で

    3. 匿名 より:

      自分もそこなんですよね。明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業なら軍艦島、石見銀山なら禿山になっていない山といった「顕著な普遍的価値」を代表するアイコンが無い。少なくとも報道からは伺い知れない。村おこし以上の価値観の提供が必要でしょうね。

  11. 名無しの権兵衛 より:

     第二次大戦中、兵役により失われた佐渡金山の労働力を補うため、朝鮮半島から労働者を募集および徴用により多数動員し、主に坑内作業に従事させたことは事実で、長崎県の端島(通称軍艦島)と共通の事情があり、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録に際して世界遺産委員会の場で「1940 年代にいくつかの施設において、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいたこと、また、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である」と約束したことは、日本政府が佐渡金山の世界遺産登録を推進する上で、大きな重荷になると思います。
     また、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の遺産委員会が昨年7月22日、世界文化遺産に登録されている長崎県の端島(通称軍艦島)など「明治日本の産業革命遺産」に関し、朝鮮半島出身の労働者に関する説明が不十分だとして「強い遺憾」を明記し、改善を求める決議案を採択したことも、大きな重荷になると思います。

    (参考)https://cc.nuis.ac.jp/library/files/kiyou/vol03/3_hirose.pdf

    1. 墺を見倣え より:

      > 第二次大戦中、兵役により失われた佐渡金山の労働力を補うため、朝鮮半島から労働者を募集および徴用により多数動員し、主に坑内作業に従事させたことは事実で、

      間違っているとは申しませんが、誤解を誘導するかの様な御発言では?

      朝日新聞が報じた様に、強制徴用は全部で245人です。

      多数の募集工の中に何ppmか強制徴用工が混入していたという話ではありませんか?

      1. 匿名 より:

        245人は1958年末時点で在日朝鮮人として日本に残っていた者のうち、徴用によって来日したものは245人という意味で、在日が徴用者由来ということを否定しているだけで半島人徴用者が全部で245人という意味という意味ではないです。

        1. 墺を見倣え より:

          なるほど。

          当時の在日朝鮮人61万人の中に245人居たという話で、既に引き上げた140万人の中に含まれる徴用工数は、カウント外という事ですね。

          韓国が、「140万人の殆どが、強制徴用工だった。」と滅茶苦茶な主張する余地がゼロではない様ですが、確率的には400ppm位の話だと思われます。

      2. りょうちん より:

        またこの人は、親切にスレ主が貼った「論文」をマトモに読まずあるいは理解せずにレスしてんなあ。
        「朝日新聞が報じた様」は失笑。
        スルー推奨。

  12. 比翼 より:

    佐渡金山の歴史的重要性については、反論するところはありません。
    しかし、この緊迫した国際情勢の中で、韓国一国に対して貴重な政治的リソースを割く余裕があるのかをまず疑ってしまいます。
    自由で開かれたインド太平洋、クアッドの結束を固め、対中、対北への日本全体の安全保障を高めることが何よりも最優先事項であることは、日米首脳会談の中でも確認していたはず。
    そこに貴重な政治的リソースを割くことが大事であるとは思います。
    それでも、韓国の難癖に対して政治的リソースを割いてもいいという判断をするのならば、岸田政権のお手並み拝見としかいいようがありません。

  13. 匿名 より:

    登録申請を通じた更なる牽制でしょうか。
    安倍陣営からバックアップをもらいながら、選挙後は速攻で手のひら返して媚中、都合の悪い意見は「考えてます」で先送り、マスコミからしっかり守られて情けないですね。

    コロナがこれ程の状態で、もし安倍さん菅さんなら連日聞くに堪えない放送を流しっぱなしにしているマスコミも、中国様に媚びる岸田さんは迂闊に叩けず困っているみたいです。

    本当に民意で変えられないものでしょうかね・・・。
    ニュースを見ると毎日絶望感に襲われるので、たまにこちらの論評を覗くくらいしか世間を見られない者の独り言です。

  14. がみ より:

    旭日旗芸人の芸能事務所所属のソ教授とかも、日本国と日本人全てに対する名誉毀損で賠償請求してもいいのでは?

    もうそろそろVANKとかも訴えていいレベルかと。

    兆円単位の損害出てるでしょ。

    科学的根拠や物証もってきて争えばいい。
    FIFAやIOCや国連にもメール攻撃してたし、アパレルメーカーや芸術家・クリエイターも愚弄してきた。
    各国のスポーツ選手にも異様なネット攻撃しておりやむ気配もない。
    被害者訴訟団vsソ教授で表出て争えばいい。

    許せない領域に自ら入ったのは奴のほうだ。

    1. 照顧 より:

      ソ教授、VANKを訴えるというのには大賛成です。日本の司法で決まったことに彼らはどう対応するのでしょうか。また、日本の被害者としては強くても、加害者の立場で攻められたら弱いのでは。日本には何をしても遺憾砲だけ、絶対マイナスにはならないという状況は変えてほしい。

  15. taku より:

    いろいろ論点があると思いますが、まず観測気球を上げて、世論の動向を見極めつつ、落しどころを図る(たして2で割る)という岸田首相の政治姿勢は、評価できません。佐藤政権時代(年齢が判るよね)のような高度成長期なら良いのでしょうが、衰退期に入った(?)我が国を、これでは永遠に立て直すことはできません。次に、佐渡金山の世界文化遺産登録は、難しかろうと考えます。最後に、それでも韓国の根拠なき主張(難癖ならぬ韓癖)を、事実を以て論破する良い機会として、「必ず今年度に推薦を行うべき」と考えます。これで登録を見送れば、韓国はまたちょっといえば日本は引っ込むと学習し、他の問題で更なる難癖を付けると考えられるからです。事実と合理的な推論に基づき、当時の欧米諸国と比べて、強制労働と言われるような筋合いのものか、国際的な論戦を行うべきと考えます。

    1. 門外漢 より:

      taku 様
      お説に同意です。
      登録は難しいでしょうが、韓国に言われたから取り下げる、のではアカンでしょう。
      申請して、堂々と根拠を説明し、韓国の主張にも言うべきことは言った(毅然と?)上で、ルール上登録できないかどうかはユネスコが判断することです。
      岸田・林のヘタレぶりには情けなくなります(涙)。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。